« 25年10月に岡山・井原市で、第6回大逆事件サミット開催 | トップページ | 海自の巨艦が “旅”に出る!「いずも」「かが」インド太平洋に長期展開へ »

2024年5月 3日 (金)

岸田首相「6月解散」まだ画策? 囁かれる6.25公示、7.7投開票“出し抜き自爆選挙”の不気味


岸田首相「6月解散」まだ画策? 囁かれる6.25公示、7.7投開票“出し抜き自爆選挙”の不気味
公開日:2024/05/03 06:00 更新日:2024/05/03 06:00

印刷

逆張りの人、何をし出すか…(岸田首相)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する
 衆院3補欠選挙の「自民党全敗」を受け、永田町では急速に「6月の衆院解散は遠のいた」との見方が広がっている。自らの政治生命がかかるだけに、自民党内から慎重論が噴出。「いま解散なんかしたらボロ負けだ」「羽交い締めにしてでも解散を止める」といった怒声が上がる。

 岸田首相本人も4月30日、補選全敗について「自民党の政治資金の問題が足を引っ張った。候補者や応援していただいた方々に申し訳なく思っている」と陳謝したうえで、解散・総選挙について「全く考えていない」と否定した。

 これまで記者から同じ質問をされると「今は考えていない」が定番だったが、今回は「全く」と強めに否定したことや、終始、険しい表情だったことから、新聞・テレビは「岸田首相の解散戦略練り直し」などと報じていた。さすがに、岸田首相の解散熱はしぼんだのか。

「いや、むしろ逆に警戒感が高まった」というのは自民党の閣僚経験者だ。

「岸田さんは逆張りの人。何を考えているのかさっぱり分からないし、突然の派閥解散宣言に政治倫理審査会出席と、誰も想定しないことをまるで愉快犯のように実行する。昨年は自ら解散をあおって党内を浮足立たせ、結局やらなかった。今回は強めの否定や慎重な言い回しをしていることが、逆に不気味です」

« 25年10月に岡山・井原市で、第6回大逆事件サミット開催 | トップページ | 海自の巨艦が “旅”に出る!「いずも」「かが」インド太平洋に長期展開へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 25年10月に岡山・井原市で、第6回大逆事件サミット開催 | トップページ | 海自の巨艦が “旅”に出る!「いずも」「かが」インド太平洋に長期展開へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

日本ブログ村