兵庫県教育委員会は1月30日に同県高砂市立中学校の校長を懲戒免職にしたと発表。校長は昨年12月に同市内のコンビニでコーヒーを購入した際、レギュラーサイズ(110円)で注文したのにラージサイズ(180円)の分量をカップに注いでいたという。その場でコンビニ店員に声をかけられて校長は事実を認め、警察沙汰に。窃盗容疑で書類送検となり、不起訴(起訴猶予)となっていた。

 

 校長は59歳。懲戒免職ということで退職金は出ない。県教委によると、校長は同様の窃盗行為を計7回やっていたと告白したという。常習性は認められそうだが、SNSでは処分に疑問の声が出ている。落語家の立川談四楼は「X」(旧ツイッター)で「裏金と構図が似てるねえ。ぜひ裁判に訴えて欲しい。『3000万円で許される人がいるのに、私は490円で職を失った』と」と投稿。差額70円が7回で490円ということだ。

 

 校長はコンビニ店員にバレて、警察から事情聴取を受ける直前に自ら学校に電話をかけ事情を説明。その日のうちに県教委は事案を把握していた。

 

 どうして懲戒免職なのか。県教委の担当者は「過去の処分例を踏まえて決めました。過去に窃盗行為を繰り返して免職になったケースがあり、公平・均衡に処分をする必要があります。起訴猶予ですが、刑事処分の重い軽いとはリンクしません。(窃盗の)事実関係はあったので県教育委員会として処分を判断しました」と説明した。

 

 懲戒免職の報道を受けて、県教委には県民から「重すぎるのではないか」などの問い合わせがあったという。「重い」との指摘に、「過去の処分例もあり、県教委として厳正に処分を行ったと考えています」と前出担当者は話した。

 

 校長は「校長として県職員の先頭に立ち、服務規律の順守および不祥事の未然防止に取り組み、生徒たちにとっても安心安全な学校づくりを推進していくべき立場である者が今回このような事案を起こしてしまい、心の底から申し訳なく思っております」とコメントしている。

 

 1月31日には安倍派の政務官2人が政治資金パーティーのキックバックを政治資金収支報告書に記載していなかったとして辞表を提出。自民党の裏金議員は3人だけ立件されて、あとはおとがめナシという現状と比べると、いくら別次元の話だとしても校長に同情が寄せられるのも無理はない。