« 当面の行動 | トップページ | 居直り杉田水脈議員…人権侵犯認定を「言論弾圧」 »

2023年11月 4日 (土)

11・12伊丹ホール集会資料 10・15京都集会での、金平成紀さんの講演

1112伊丹ホール集会資料 1015京都集会での、金平成紀さんの講演

取材から見える「新しい戦前」

 

Img_6055 金平成紀さんは、「ジャーナリストとして来た。取材でどう考えたかを伝え、共有できることがあるのでは」と始めた。タモリがいった「新しい戦前」は、ちょっと行くとすぐに戦時下になる。戦時では、ものすごく異論を許さない社会になる。戦後的価値観を体現してきた人がどんどん死んでいる。大江健三郎、西山太吉(毎日新聞、沖縄密約を暴露)、坂本龍一(音楽家)の各氏をあげた。

 2001年「9・11」がニューヨークで起きたとき、アメリカで報復・仕返し感情が「テロとの戦い」として国是になった。その時に、坂本龍一がつくった音楽「アンダー・クールド」を紹介。似ていることが今、イスラエルが第4次中東戦争以来最大の軍事的打撃を受け、ガザへの地上侵攻、報復・虐殺へ動いている。ものすごい数の人が亡くなるかもしれない。後世の人は2022年が転換点だと言うかもしれない。①ウクライナ戦争。これはロシアの侵略戦争だと思う、②安倍銃撃死をキッカケにパンドラの扉が開いた。統一教会の件が明らかになった。ウクライナ戦争と安倍の死をテコに『ショック・ドクトリン』のように日本を戦争のできる国にしようとしている。直撃するのは憲法9条改悪だ。

「新しい戦前」になれば思想・言論・出版、学問の自由、移動の自由が奪われ、監視が強まり、インボイスやマイナカード(国民総背番号制)、ナショナリズムが強まる。

   関東大震災100年。10万5千人の死者のうち6千人が憲兵・自警団に虐殺された。少数意見・異論を許さないようになる。

 3 戦前的特徴のもう一つとして、次の世代が受け取るべきものが奪われてしまう。防衛費の財源、国債にしても次の世代が支払う。原発回帰も廃棄物処分を次の世代に押し付ける。戦争の具体的準備は始まっている。沖縄で激変している。ウクライナ戦争でロシアが勝つことはない。

 最後に、「殺すな」というメッセージを出したい。

 

« 当面の行動 | トップページ | 居直り杉田水脈議員…人権侵犯認定を「言論弾圧」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当面の行動 | トップページ | 居直り杉田水脈議員…人権侵犯認定を「言論弾圧」 »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

日本ブログ村