« 日本維新の会 「全国政党」への遠い道 | トップページ | 安倍の国葬粉砕に向け、あらゆる所で行動を! »

2022年7月30日 (土)

カジノ反対、府議会闘争の長い  高橋もと子さんのFBより~一緒に19時まで傍聴してました

★7月29日、長い1日でした。
午前9時半~豊中駅人工広場にて「カジノ住民投票条例制定」の採決が本日の大阪府議会で行われることをお知らせするチラシまき。
13名の「豊中カジノシスターズ&ブラザーズ」が集合しました。
★電車で大阪府庁前に移動。
すでに座りこみならぬ集会が行われていました。
給水所も設けられ、冷たいお茶も配られて用意万端。
豊中市議会で大阪府への意見書提出が可決されたことも報告しました。
★13時からの臨時府議会の傍聴に向けて、府庁前で待機。
46名の傍聴と20名のテレビ視聴ということでしたが、昼食も摂らずに並んで傍聴券を手に入れました。
★「カジノ住民投票をもとめる会」山川事務局長はじめ、豊中市の井上さん、四条畷市の山本さん、堺市の山口さんたち6名が全員で30分の意見陳述。
山川さんは「ようやくお会いできましたね、吉村さん」から話が始まり、カジノ計画の問題点と住民への説明責任が果たされてこなかったことを指摘。何度も知事は大阪府民880万の代表であることを自覚してほしいと伝えました。
★吉村知事の答弁は、市議会・府議会で十分審議して可決されたこと、住民には説明会や公聴会で説明したので住民投票は必要ないことを繰り返すのみ。
その後の質疑では、維新、公明、自民しか発言できず、少数会派は一言も発言できません。府議会で十分審議されたと繰り返されましたが、その際にも少数会派である民社クラブ(立憲民主党)や共産党、無所属の府議は一言の質問もできない状況です。
ちなみに、府議88名のうち、維新府議団48名、公明府議団15名、自民府議団13名、自民保守の会3名、共産府議団2名、民主ネット府議団2名、旭区民の会1名という構成です。
★長々と続く維新と公明の反対理由の説明は、カジノによる大阪の発展やギャンブル依存症対策のすばらしさ、選挙結果、市議会・府議会での可決などが繰り返し。
傍聴席からは終始、野次が発せられます。
自民党はカジノ計画には賛成してきましたが、住民投票を求める署名活動の成果を認めるべきだと賛成意見で傍聴席からは大きな拍手。
少数会派の質疑については賛成少数で否決されました。
★しかし、その後の2時間にも及ぶ「暫時休憩」で自民党の修正案(住民投票には賛成だが、その際には外国人などは投票できない)について話し合っていたとのことで再開は6時30分。
いつ再開するかも告げられないまま、傍聴者たちは2時間も待たされました。
★そして、再開され、自民党の修正案をめぐる討論を経て採決。
もちろん少数会派の質疑はなし。
自民党の修正案は否決され、
原案は5名の賛成(民主ネット2名、共産党2名、無所属1名)で否決されました。
当然のことながら、傍聴席からは怒号が浴びせられましたが、
維新議員たちは「はよ帰れや」などと大声で笑いさざめいていました(永井公大を中心に)。
これが大阪府議会の実態。
こんな府議会で「カジノ住民投票を求める条例制定案」は圧倒的な反対多数で否決されました。
予想はしていましたが、横暴な維新とそれに追随する公明党の酷さには怒りしかありません。そして、維新大国・大阪を目の当たりにし、心底悔しい!!です。
★その後、記者会見も行われ、各局でも報道されましたが、次は国への働きかけなどまだまだやらなければならないことはあります。

« 日本維新の会 「全国政党」への遠い道 | トップページ | 安倍の国葬粉砕に向け、あらゆる所で行動を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本維新の会 「全国政党」への遠い道 | トップページ | 安倍の国葬粉砕に向け、あらゆる所で行動を! »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村