« 参議院選の勝利をめざして 当面の行動 | トップページ | 大崎事件、4度目の再審請求棄却〜「疑わしきは裁判官の利益に」でいいのか »

2022年6月26日 (日)

「食べる者・作る者・暮らす者」に逆行!〜大規模農業政策は間違っている 菅野芳秀(山形)  レイバーネット日本

「食べる者・作る者・暮らす者」に逆行!〜大規模農業政策は間違っている

菅野芳秀(山形県・菅野農園)

 


 *菅野さんの田んぼ

 日本の水田平均耕作面積は2020年調べで2.50h。10年ほど前、それを政府が山間地で20h、平地で30hを目指すという話を聞いて驚いたが、既に新潟県や、秋田県、山形県庄内地方の平野部では50h、100hの大規模経営が生まれているという。

 他方ここに来て小さな農家の離農が一層目立ってきた。「大規模農家に田んぼを任せろ。そうすれば離農補助金をだす」。こんな政策が離農に拍車をかけるようになって久しい。*写真左=菅野芳秀さん

 たとえば、どの農家もやがて迎えることになる農業機械の更新。大規模経営を目指す、農家や農業法人には更新費用の1/2や1/3を国が助成するが、それを目指さない(目指せない)農家には一切の助成金は無し。でも、生産原価にすらとどかない今のコメの価格(生産原価は1俵60kgあたり15,000円前後・・農水省発表。農家のJAへの売り渡し価格は同じ量で12,000円~9,000円ぐらい)からは機械の更新代はままならず、故障を機会に農業をやめざるを得ない。

 誘導される規模拡大によって多くの人たちが幸せになって行けるのなら、これも仕方ないが、向いている方向は化学肥料と農薬にいっそう傾斜するケミカルの世界。循環型農業などは遠い世界の話だ。環境や生態系、人体に与える影響は軽視できない。

 またその規模拡大政策では村に人が残れない。原価を割るひどいコメ価格の中、大規模農家とて決して経営が安定できるわけではない。かくして村社会の崩壊はいっそう進む。

 煎じ詰めて言えば、食べる者、作る者、暮らす者には決して貢献しない農業政策。SDGsに逆行する。農水省が言う「みどりの食料システム戦略」が聞いてあきれる。

 我が家の水田面積は今年も約470アール。農薬を減らした循環農業はこれで精一杯。だから規模拡大は出来ないし、しない。よってわが菅野農園は離農を後押しされる側にいる。

 菅野農園では農薬を減らしたコメ作りに早くから取り組み、この農法を支持してくれる方に直にお米を届けることで、どうにか暮らしていけるが、そうでないならとっくに離農せざるを得ないところだ。

 こうして志しある生産農家の意欲を潰し続け、後継者を排除し、豊穣の国、瑞穂の国日本を「先進国」中最低の自給率37%国家にしてしまった。未来を作る政策の基本構図が根本的に間違っている。

 バイデンだって79歳。そこからしたら俺はまだ72歳でしかない。俺もこの国の首相に立候補しようかな。

« 参議院選の勝利をめざして 当面の行動 | トップページ | 大崎事件、4度目の再審請求棄却〜「疑わしきは裁判官の利益に」でいいのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 参議院選の勝利をめざして 当面の行動 | トップページ | 大崎事件、4度目の再審請求棄却〜「疑わしきは裁判官の利益に」でいいのか »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村