« 5・7ウクライナ反戦デモに180人 | トップページ | 5・15軍事要塞化と闘う琉球弧の人びとー宮古島の自衛隊ミサイル基地反対運動ー集会のご案内 »

2022年5月 8日 (日)

すでに7人が消された…プーチン大統領を支える「オリガルヒ」続々“怪死”の真相~日刊ゲンダイ

すでに7人が消された…プーチン大統領を支える「オリガルヒ」続々“怪死”の真相

公開日: 更新日:

5.9戦勝記念日目前で異変が…

異論は徹底的に潰す(C)ロイター/Sputnik/Kremlin
異論は徹底的に潰す(C)ロイター/Sputnik/Kremlin
拡大する
バリバリの親プーチン派“美人すぎる検事総長”は何を見た? 反体制ナワリヌイ氏に同情発言 「プーチン暗殺クーデター」計画をウクライナ政府機関がFB投稿 露エリートと側近結託の信憑性 総資産1.9兆円のロシア資産家が取った行動は…ヨット2隻死守の逃避行だった

 5月9日の対独戦勝記念日を目前に控え、ロシア軍によるウクライナ南東部への攻撃が激しさを増している。軍事パレードで掲げる「成果」の獲得に躍起になっている状況だ。そんな中、プーチン大統領の周辺で異変が起きている。政権を支える新興財閥「オリガルヒ」が、次々に謎の死を遂げているのだ。

 ◇  ◇  ◇

 ロシアの経済紙RBC(4日付)によると、国内で数十店舗を展開するレストランチェーン「カラバエフ兄弟の料理店」の共同創業者、ウラジーミル・リャキシェフ氏が今月1日、モスクワの自宅マンションのベランダで、頭を銃で撃たれ死亡していたのが見つかった。発見した妻によると、脇には本人の猟銃が置いてあった。

 不気味なのは、これまでもオリガルヒの不審死が相次いでいることだ。リャキシェフ氏を含め、2月24日のウクライナ侵攻開始前から少なくとも7人が怪死している。

「ロシアの天然ガス独占企業・ガスプロム子会社のガスプロムバンク元副社長が4月18日、モスクワ市内の住宅で妻と娘を射殺した後に自殺したとされています。その翌日、天然ガス大手ノバテク社の元副会長がスペインの別荘で妻子と共に死亡しています」(国際ジャーナリスト)

“口封じ”で粛清された可能性大

モスクワでは軍事パレードのリハーサルが行われている(C)ロイター
モスクワでは軍事パレードのリハーサルが行われている(C)ロイター
拡大する

 7人全員が自殺したとされているが、短期間に次々に自殺するのは、さすがに不自然だ。プーチンに粛清された可能性が高いのではないか。筑波学院大教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

「これまで亡くなったのは、プーチン大統領の秘密を知りうる立場の人物が中心です。“口封じ”のために粛清されたとみるのが自然でしょう。とくにロシアの主要産業であるエネルギー関連企業の内部で、カネの動きを把握していた幹部ばかりが死亡している。プーチン大統領の汚職の実態を知っていたために殺されてしまった可能性があります」

 ただし、リャキシェフ氏の仕事はエネルギー関連でなく、飲食関係だ。

「恐らく、リャキシェフ氏は今回の軍事侵攻について批判的な意見を周囲に漏らし、それがプーチン大統領の耳に届いたのでしょう。オリガルヒに『反戦』を訴えられれば、世間に与えるインパクトは大きい。プーチン大統領は9日の戦勝記念日を無事に迎えるため、批判を徹底的に抑え込みたいはずです。今後、あらゆる業種のオリガルヒが粛清の対象になるでしょう。現状でも、7人以外に不審死を遂げたオリガルヒがいるとみられます」(中村逸郎氏)

 政権を支えるオリガルヒの排除は、プーチン政権にとってマイナスにならないのか。

「ほとんどダメージはないでしょう。プーチン大統領は、今回の粛清であいた“ポスト”に、息のかかった別の人物を押し込めばいいだけです。そもそも、オリガルヒは政権とつながることでカネ儲けしてきました。虎視眈々と“ポスト”を狙っている『オリガルヒ候補』は大勢いるとみられます」(中村逸郎氏)

 これまでもプーチンは、開戦以来の苦戦にいら立ち、情報機関幹部を粛清してきたとされる。今後、何人が“消される”ことになるのか。

« 5・7ウクライナ反戦デモに180人 | トップページ | 5・15軍事要塞化と闘う琉球弧の人びとー宮古島の自衛隊ミサイル基地反対運動ー集会のご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5・7ウクライナ反戦デモに180人 | トップページ | 5・15軍事要塞化と闘う琉球弧の人びとー宮古島の自衛隊ミサイル基地反対運動ー集会のご案内 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村