« ●レイバーネットTV・第169号放送 <特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート> | トップページ | 不正の塊=維新の館① 非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ »

2022年5月18日 (水)

大学のあとに高層マンション 公共財がつぎつぎ金もうけの対象に 無策続く伊丹市


テーマ:

本市南部にあった大手前大学が移転し、

キャンパス解体工事がほぼ終わった。

 

解体前

 

現状

 

 

大手前大跡地はどうなる。その可能性を調べてみた。2021年09月12日

 

 

5月15日、地元公共施設で、

大手前大学跡地活用の

住民説明会が開催された。

 

 

午前に稲野センターで2回

午後に稲野東センターで2回。

私は午前2回に参加した。

 

 

 

 

 

事業主は

三井不動産レジデンシャル(株)

近鉄不動産(株)

JR西日本不動産開発(株)

総合地所(株)

 

 

事業主から委託を受けた

設計・施工を担当する事業者

(株)長谷工コーポレーションが

建設概要、及び工事車両運行図を

使って説明した後、質疑応答。

 

 

 

建設予定地

伊丹市稲野町2丁目2番地2

 

 

 

上から。赤い部分が建物

 

 

横からのイメージ

 

 

構造・規模

鉄筋コンクリート造り

15階建て 571戸

 

工期

1工区 9月末~2025年3月末

2工区 9月末~2025年11月末

 

 

様々な視点から

質問・要望が続出した。

 

 

まだ整理できていないので、

後日、ご報告できればと思う。

« ●レイバーネットTV・第169号放送 <特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート> | トップページ | 不正の塊=維新の館① 非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ●レイバーネットTV・第169号放送 <特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート> | トップページ | 不正の塊=維新の館① 非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村