« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月31日 (火)

5・29老朽原発うごかすな!集会・デモ

  Img_4320 5月29日(日)13:00~大阪市のうつぼ公園で題記集会が開かれました。炎天下の下、2,100名が集まりました。余りに直射日光がきついので、木陰に大勢の人が避難していました。14:30~デモに移り、御堂筋を通って、難波まで歩きました。若い女性がコールを先導し、若い女性たちが驚くような大きな声を張り上げていました。

  炎天下、会場後方には日陰を求めて多くの人が。で中央には右の写真のような「少数派」。
 コロナ感染で2か月以上入院した中嶌哲演さんを先頭に、福井・全国・滋賀の第一グループを先頭に、第2グループは京都。兵庫・奈良。第3グループは大阪で、難波・元町公園までデモを宇あり切りました。兵庫派の仲間は集会後例によって記念写真撮影。デモでは第2グループ最後にコープ自然派(兵庫、京都)、都市生活、れいわ(大阪・兵庫)が混在し、ゆっくりデモ行Img_4350 進しました。

Img_4330

細田衆院議長「セクハラ疑惑」報道から見えてきた、マスコミ業界の“体質”~自民のセクハラ体質も変わらない

女性記者が“告発”できないのはなぜ? 細田衆院議長「セクハラ疑惑」報道から見えてきた、マスコミ業界の“体質”

配信

コメント268件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

細田博之氏 ©時事通信社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最も狙われている」女性記者の回答

 

 

 

 

 

 

日本維新の会・松井一郎氏にSNSで“公開パワハラ告発” の裏事情~維新のセクハラ・パワハラ、そしてもみ消しは日常茶飯事

日本維新の会・松井一郎氏にSNSで“公開パワハラ告発” の裏事情 維新議員が明かした「パワハラ問題は二の次」「“維新スピリッツ”が感じられない」ワケ

配信

コメント331件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

森かつこ氏のツイート

 

 

 

東京では維新の“神通力”は通用しない

 

 

2022年5月30日 (月)

当面の行動

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

 

5月30日(月) 李哲さん獄中記『長東日記』を語る(その2) 18時半 阿倍野区民センター(地下鉄「阿倍野」南3分)

531日(火) 阪神センター情勢研究会 18時半 阪神センター

61日(水) 参議院選兵庫選挙区 相崎佐和子尼崎総決起集会 18時 JR尼崎北東

6月1日(水) 障害を持つ国会議員・木村英子さんとおしゃべり会 実行委員会 19時 小田北生涯学習プラザ

6月3日(木) 木曜行動

64日(土) 小出裕章講演会 14時 垂水・アバンテホール(JR「垂水」、山電「垂水」北東5分)

6月4日(土) 連帯兵庫みなせんと兵庫野党の協議 17時半 神戸市勤労会館(JR[三宮」東南4分)

64日(土) つじ恵と参議院選を語る 尼崎・尼崎北部集会 18時半 トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

※6月5日(日) つじ恵 西北街宣 12時~13時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 西宮・宝塚集会 14時 西宮大学交流センター(阪急「西宮北口」北東2分 アクタ東館6階)

※6月5日(日) つじ恵立花街宣 17時~18時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 尼崎西南部集会 18時半 すこやかプラザ(JR「立花」南2分、フェスタ西エレベーターで5階)

※6月6日(月) つじ恵 JR尼崎街宣 17時~18時

66日(月) つじ恵と参議院選を語る 尼崎東部集会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

 

6月6日(月) 戦争あかんロックアクション

※6月8日(水) さようなら原発1000人集会実行委 19時 アステ川西

※6月9日(木) ウクライナ反戦スタンディング 18時半 JR尼崎北

6月10日(金) 連帯兵庫みなせん 18時 長田文化会館

※611日(土) 宝塚の平和と人権を考える会6月例会 「沖縄が再び最前線に」 13時 ぷらざこむ1(阪急宝塚線「売布神社」東南5分、「中山」西南7分)

6月11日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5

611日(土) つじ恵関西総決起集会 18時 PLP会館(JR「天満」南7分)  応援:薬師院仁志手塚山学院大教授 やはた愛(参議院大阪選挙区予定候補)

612日(日) 芦屋9条の会17周年の集い ウクライナ侵攻と日本の立場=日本国憲法前文の使用法 14時 芦屋市民センター401(JR「芦屋」西5分) 講演:藤原辰史

 

※6月14日(火) 尼崎共同行動相談会 18時半 小田北

6月14日(火) 阪神センター会議

※6月17日(金) 連続市民講座実行委員会 19時 高原クリニック 

6月17日(金) 南西諸島の自衛隊ミサイル基地化を問う! 18時半 北区民センター

6月18日(土) 老朽原発うごかすな!実行委員会 14

619日(日) ウクライナ侵攻と日本の軍拡・改憲 14時 PLP会館(JR「天満」南7分) 講演:高作正博関西大教授

619日(日) 参議院議員・木村英子さんを囲む会 14時 尼崎・ユース交流センター(阪急「園田」南西13分)

 

6月21日(火) 宝島社裁判 15時 大阪地裁大法廷

622日(水) 参議院選告示日 

 

2022年5月29日 (日)

「311子 ども甲状腺がん裁判」 全実存をかけて訴えた原告女性Aさん〜「甲状腺がん」裁判の流れを変える=レイバーネット日本

全実存をかけて訴えた原告女性Aさん〜「甲状腺がん」裁判の流れを変える

堀切さとみ

*入場行進

 

 「原発事故との因果関係を認めてほしい」。福島の6人の若者が原告となった「311子 ども甲状腺がん裁判」が、5月26日、東京地裁で行われた。健康被害をめぐって、若者た ちが声をあげたこの裁判の重要性は計り知れない。人生のもっとも多感な時期にがんにな った若者たち。「なぜ自分が」と思うのは当然のことだ。しかし原発事故との関連を口に することは「風評」とされ、復興しているはずの福島に水をさす「加害者」だと言われて きた。若者から考えることを奪い、苦しみを封印するべく邁進した国と福島県。そして責 任を認めない東京電力に、風穴を開ける裁判が始まったのだ。


*傍聴に並んだ列は裁判所の外にまでつらなった

 103号法廷はわずか27席。それでも、勇気を出した若者たちを護ろうと、200人を超え る人々が地裁に駆けつけた。裁判が始まる午後2時、傍聴できなかった人たちのために、 日比谷コンベンションホールで支援集会が準備されていた。ウクライナ出身の歌手・カテ リーナさんが、バンドーラを奏でながらチェルノブイリのことを歌った(写真下)。原発 から2・5キロの町で生まれたカテリーナさんは、事故のあとキエフの仮設住宅に避難した 。小学校では「放射能がうつる」「夜中に光る」と言われ、いじめられたという。原発事 故で一番傷つくのは子どもたちだ。チェルノブイリもフクシマも、変わらない。

 報告集会は予定時間を30分以上遅れて始まった。裁判が長引いたためだ。「今回の裁判 のハイライトは、何といっても原告Aさんの意見陳述だった」と弁護団は口々に語った。 被告側(東京電力)弁護人は「因果関係を証明するためには、科学的客観的なものでなけ ればならない。被害者の証言は不要だ」と主張したという。裁判官も一回目の意見陳述は 認めたものの、2回目以降の意見陳述には積極的ではなかったようだ。それを見越してい た弁護団は、あくまでも被害者の声にこだわった。17分にわたるAさんの陳述が、裁判の 流れを変えた。

 会場内に、Aさんの声が流れた。傍聴できない人たちのためにと弁護団が計らい、前日A さんが陳述書を録音したものだった。中学校の卒業式の日に起きた震災と原発事故。高校 の合格発表に歩いて出かけた日、線量が高かったことを知らなかったこと。県民健康調査 で医師の顔が曇ったようにみえたこと。精密検査で、首に長い鍼をさされた恐怖。手術し なければ23歳までしか生きられないと言われたこと。手術をうけたが、手術後の方が大変 だったこと。2回手術したのに治らず、肺へ転移したことがわかったこと。つらく屈辱的 な治療に耐えたのに、がんは消えなかった。「大学を卒業し、得意分野で就職して働いて みたかった。叶わぬ夢になったが諦めきれない」・・・Aさんの声はとても可愛らしく、 淡々としていた。でも、法廷では、終始泣きながら陳述していたことを後で知り、愕然と する。

 Aさんの証言の中でもっとも衝撃的だったのは、肺に転移した病巣を治療するためのア イソトープ治療のことだった。高濃度の放射性ヨウ素の入ったカプセルを飲んで、がん細 胞を内部被ばくさせる治療だ。福島県立医大はアイソトープ治療病棟が拡充していると聞 いたことがあるが、どんなものかまったく知らなかった。いくつもの扉で隔てられた治療 室。そこは病院なのに危険区域だった。限られたものしか入れられず、一度中に入れたも のは外に持ち出せない。医師は薬を手渡すと、即座に病室を出ていった。薬を服用したA さんが、部屋の中にある放射能測定機に近づくと、ものすごく数値が上がり、離れると下 がる。Aさんは自分という存在が、まわりの人を被ばくさせてしまうと悟った。吐き気に襲 われナースコールを押しても、看護師は来てくれない。それでも、Aさんは医療者を責め ることはなかった。「医師も被ばく覚悟で検診してくれると思うと、とても申し訳ない。 私のせいで誰かを犠牲にできない」と彼女が言うのを聞いて、私は言葉を失った。

 これまでに何人もの人が「元の暮らしに戻りたい。でも戻れない」と訴えるのを聞いて きた。しかし、Aさんが「もとの体に戻りたい。どんなに願ってももう戻ることはできま せん」という言葉で陳述を終えた時、やるせなさで一杯になった。大手メディアは福島の 受けた被害から、健康被害をことごとく排除し、伝えようとしてこなかった。小児甲状腺 がんの裁判のことを唯一取り上げたのは、ТBS『報道特集』だったが、ものすごいバッシ ングを受けたそうだ。こんな社会でいいのだろうか。「甲状腺がんなんて、大したことな い」と言う人がいる。Aさんは全実存をかけて、こうしたことに抗った。

 法廷で陳述を聞いた裁判官、被告側はどうだったのか。裁判官は頷きながらAさんの訴 えを聞き、「意見陳述は一回目はいいが2回目以降はだめだ」と言っていた被告側の弁護 士も「裁判所の判断に委ねる」と言わざるを得なかった。心を動かされたことに、誠実で あってほしいと願う。6人の原告すべての声を、法廷で聞かせたいと弁護団は決意を語っ た。最後までこの裁判を見守っていきたいと思う。

2022年5月28日 (土)

赤っ恥プーチン大統領…ウクライナ南部2州の編入狙うも住民は「ロシア国籍」欲しがらず


赤っ恥プーチン大統領…ウクライナ南部2州の編入狙うも住民は「ロシア国籍」欲しがらず

公開日: 更新日:

 




元ミス・グランド・ウクライナが軍隊入り「侵略者は皆殺しだ!」 忌み嫌う政敵はウクライナにルーツ 一般住民の「ナワリヌイさん」も銃殺 脱ロシア3カ月388万人“頭脳流出”も深刻 プーチン大統領が食らう「名物起業家つぶし」の代償

 プーチン大統領は25日、制圧下のウクライナ南部のヘルソン州、ザポリージャ州の住民を対象に、ロシア国籍を取得する手続きを簡素化する大統領令に署名した。両州をロシアに編入し、「戦果」としたいようだが、空振りに終わりそうだ。

 ロシアはヘルソン州の全域とザポリージャ州の一部を支配したと主張している。今月に入り、両州に通貨ルーブルを導入するなどロシア化を加速。住民のロシア国籍の取得を進め、最終的にはクリミアのようにロシアに編入する魂胆だ。

 クリミア併合では編入の是非を問う「住民投票」が実施された。両州でも「住民投票」により、民主的な手続きを演出した上で、ロシアに編入するとみられていた。ロシアの工作により「編入賛成」が多数を占める“インチキ投票”になると確実視され、ウクライナや欧米は反発していた。先月下旬、英国防省はヘルソン州の住民投票について「占領の正当化が目的だ」と警戒を示していた。

 ところが、両州の編入は住民投票を経ず、両州の親ロ政治家がプーチン大統領に「要請」する形で進められている。なぜ、住民投票は行われないのか。筑波大名誉教授の中村逸郎氏(ロシア政治)がこう言う。

「ロシア軍が壊滅的な破壊を行ったため、住民投票を実施できる状況ではありません。多くの住民は国内外に避難しています。残っている住民も誰がどこに住んでいるのか分からず、住民投票の案内を送ることも難しい。役所や警察も機能していない。州としての体をなしていないのです」

ロシア国籍を取得すればどこに連れていかれるか分からない


誰が欲しがるというのか(ロシア軍の空爆で破壊されたウクライナザポリージャ州Novotavrycheske村)/(C)ロイター
誰が欲しがるというのか(ロシア軍の空爆で破壊されたウクライナザポリージャ州Novotavrycheske村)/(C)ロイター
拡大する

 ヘルソン州の州都ヘルソンでは、ロシア軍の占領後、人口30万人のうち約40%が脱出したとの推計もある。手続きの簡素化を受け、両州でロシア国籍を取得しようとする住民はどれくらいいるのだろうか。

「ロシアでも侵攻後わずか1カ月で約380万人が国外に脱出しました。今、誰がロシア国民になろうと思いますか。両州でロシア国籍を希望する住民はほとんど登場しないと思われます。ロシア国籍を取得すれば、どこに連れていかれるか分からない。戦争に動員されるかもしれない。プーチン大統領は国籍取得の簡素化を打ち出し、両州のロシア化を戦果としようとしたのでしょうが、住民がいかにロシアを嫌っているかが浮き彫りになりそうです。プーチン政権が『親ロ派が多い』と“プロパガンダ”を流している東部ドンバス地方でも住民はロシアへの反感を強めています。ここでもロシア化はうまくいかないでしょう」(中村逸郎氏)

 タス通信によると、ロシアのショイグ国防相は24日、軍事作戦の遅れを初めて認めたが、「作戦の全任務を達成する」と長期戦の構えを示した。早く失敗に気づき、停戦した方がいい。

2022年5月27日 (金)

日曜日はうつぼ公園へ 老朽原発このまま廃炉大集会inおおさか



老朽原発このまま廃炉大集会inおおさかのお知らせ

5・29原発のない社会を集会_0001
 原発のない明日を 
 老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか
5月29日(日うつぼ公園
 集会:午後1時
 デモ:午後2時30分

 美浜3号ただちに廃炉
 高浜1、2号ただちに廃炉
 老朽原発うごかすな
 汚染水流すな!
 汚染土壌を撒き散らすな!
 被災者支援をうちきるな!
 炭酸ガス削減を口実に原発をうごかすな!
 戦時には原発は攻撃目標になる!

主催:老朽原発うごかすな!実行委員会 ブログ:「老朽原発うごかすな」で検索

5・29原発のない社会を集会_0001(1)
原発のない明日を
「5・29老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか」に総結集を!
 福島原発事故から11年が経ちましたが、被害者の多くは今でも、避難先あるいは被害地・福島で、苦難の生活を続けておられます。政府は、一般の被ばく許容線量(年間1ミリシーベルト)の20倍もの高線量地域への住民の帰還を促し、避難者支援の打ち切りを進めています。
 福島の事故炉内部は、高放射線のため、ごく一部しか分からず、溶け落ちた核燃料の取り出しの目途も立っていません。汚染土壌の処理法はなく、ごく表層をはぎ取って保存する他はありません。東電と政府は、この汚染土壌の全国での「再利用」を画策しています。また、溜まり続けた大量の汚染水を太平洋に投棄しようとしています。この汚染水にはトリチウムだけでなく、除去されなかった放射性物質が含まれています。
 原発が現在科学技術で制御できる装置でないことは福島事故を経た今、誰の目から見ても明らかです。その原発が老朽化すれば、危険度が急増することは多くが指摘しています。
 それでも、政府は、炭酸ガス排出削減を口実にして、原発の60年運転だけでなく、80年運転への道を開こうとしています。小型新型炉開発を画策し、60年以上も膨大な予算を投下し続けてきたにもかかわらず、実現の見通しがたたない再処理工場、高速炉、高温ガス炉、核融合にさらに膨大な予算を投下しようとしています。それは、これらを進めてきた大企業や「原子力ムラ」を救済するためです。
 一方、関電は、運転開始後45年を超える、危険極まりない老朽原発美浜3号機を昨年6月に再稼働させました。しかし、美浜3号機は、わずか4カ月の運転で停止を余儀なくされています。再稼働を画策している47年、46年超えの老朽・高浜1、2号機は停止したままです。
 老朽原発停止の表向きの理由は特定重大事故等対処施設が未完成のためですが、原発立地と原発電気の消費地を結んだ度重なる「老朽原発うごかすな!」の行動が、政府と電力会社の原発推進に向かった暴走に歯止めをかけ、「老朽原発廃炉!」の民意を後押ししているとも考えられます。
 去る2月に始まったロシアのウクライナ侵攻では、戦争になれば、原発が攻撃対象になり、広域の放射性物質汚染に至りかねないことが実証されました。攻撃対象になりかねない原発は即時廃炉にしなければなりません。
 停止している老朽原発をこのまま廃炉に追い込み、原発のない、人の命と尊厳が大切にされる社会を実現しましょう!「原発のない明日を ~5・29老朽原発このまま廃炉!大集会inおおさか~」に、今までを格段に上回るご参加、ご賛同、ご支援をお願いします。

▶カンパのお願い◀
「5・29 大集会 in おおさか」へのご支援をおねがいします。
カンパ振り込み先(郵便振替)
口座記号・番号: 00990-4-334563
   加入者名: 老朽原発うごかすな!実行委員会

〔最寄駅〕
 地下鉄四ツ橋線・中央線 本町駅下車㉕~㉘番出口
 ㉖・㉘番出口はエレベーターあり
〔新大阪駅からの場合〕
①JR新大阪駅7番ホーム、東海道山陽本線各停→大阪駅=徒歩で地下鉄西梅田→四ツ橋線 本町駅
②JR新大阪駅=徒歩で地下鉄御堂筋線新大阪駅→本町駅=連絡通路を通って四ツ橋線本町駅
※公園内にトイレは2カ所あります

重信房子さん、明日満期出所

出所後は「権利の中で活動」

重信受刑者について長女語る

© 一般社団法人共同通信社

インタビューに応じる重信メイさん=26日午後、東京都内のホテル

 1974年のハーグ事件で逮捕され、無罪を主張したが実行役と共謀したとする有罪判決を受けた「日本赤軍」元最高幹部重信房子受刑者(76)が、28日に懲役20年の刑期満了を迎えるのを前に、長女メイさん(49)が26日、東京都内で共同通信の取材に応じた。重信受刑者の出所後の活動について「暴力ではなく権利の中でやれることをやると思う」と話した。

 母親とは服役中の東日本成人矯正医療センター(東京都昭島市)で25日に面会したばかりだというメイさん。刑期満了後、重信受刑者がツイッターなどの交流サイト(SNS)を活用して思いを発信する意向があると明かした。

2022年5月26日 (木)

「ウクライナ危機から捉え直す福島原発と植民地」~6月4日 小出裕章講演会 14時 垂水・アバンテ(JR・山電「垂水」北東5分)

●梨の木ピースアカデミー第6期 福島から見たポストコロナ時代

小出裕章×高橋哲哉対談企画 「ウクライナ危機から捉え直す福島原発と植民地」開催報告


 梨の木ピースアカデミーが「ウクライナ危機から捉え直す福島原発と植民地」と題して、小出裕章さんと高橋哲哉さんの対談企画を行った。5月20日、東京・水道橋の韓国YMCAで開催された。それぞれ専門分野も活動領域も違うお2人を結ぶ接点は、原発問題の本質を差別と植民地主義と捉えている点だ。高橋さんは、従来沖縄の基地問題について使用していた「犠牲のシステム」を原発問題にも応用し、説明した。犠牲のシステムでは、或る者(たち)の利益が、他のもの(たち)の生活(生命、健康、日常、財産、尊厳、希望等々)を犠牲にして生み出され、維持される。犠牲にする者の利益は、犠牲にされるものの犠牲なしには生み出されないし、維持されないのであり、4つの分野で犠牲のシステムが見られると指摘した。

 

 第1に、事故の被害そのものであり、福島第一原発周辺数十キロは激しく放射能で汚染され、故郷を喪失した人もいた一方、大量の電力を消費してきた大都市は、相対的に汚染は少なくて済んだ。第2に、被ばく労働であり、電力会社の正社員よりも下請け労働者がより多くの被ばくを受ける現実がある。第3に、ウラン鉱山鉱山での採掘作業に関わる犠牲だ。ウランが採掘できる地域は、オーストラリアや米国など先住民が住む土地が多く、先住民は土地から追い出されたり、採掘に従事させられている。第4に、核のゴミ問題であり、原発により生産される電気を多く消費してきたのは古い世代だが、若者世代、将来世代には核のゴミだけが残され、その管理や処分を押し付けられる結果になる。

 一方、小出さんは、事故から11年が経過したものの、いまだにきちんと事故の責任を東京電力も政府も取っていないと指摘した。そして原発推進派が事故から学んだ最大の教訓は、どんな被害を生もうと、誰も処罰されないし、責任を取らなくてよいということであり、さらには福島イノベーションコーストを例に出し、「復興」と称して大儲けをしようとしている現実を厳しく批判した。2人の対談では、戦前から犠牲のシステムがあり、戦後も沖縄や原発立地域で特に色濃く継続している事実を確認し合った。このような問題意識は、2人の間で、あるいはこのイベント会場では広く共有できるが、一歩外に出たとたん、まるでそのような現実がないかのように動いている社会も存在する。どうすればそういう社会を変えられるのか、今後の課題として残った。

 ウクライナ危機から明らかになった戦争と原発の問題に関しては、外務省が1984年に国内の原発が攻撃を受けた場合の被害予測を極秘に研究していた事実を、高橋さんが指摘した。その報告書では、最悪の場合、最大1万8千人が急性死亡すると試算している。一方、小出さんは、そのような結果はありうるものであり、シミュレーションの仮定を変えれば、よりひどい被害も日本で起こりうると指摘した。本イベントには現地に約30人が参加、オンラインに約70人が参加し、盛況の中、終了した。

☆こちらの企画は現在、梨の木ピースアカデミー公式ホームページより、録画アーカイブの販売を受け付けています!
録画アーカイブのお申し込みはこちら↓
https://ticket.tsuku2.jp/events-detail/02105102102439

(梨の木ピースアカデミー:コース5コーディネーター高野聡/日比野千佳)

2022年5月25日 (水)

プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

公開日: 更新日:
プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天 日本人63人“ロシア出禁”基準はナゾだらけ プーチン大統領の狙いは?リスト入り教授に聞いた 岸田首相を悩ませる「3つのチン」…自民楽勝ムード漂う参院選に不安要素ジワジワ

 ロシア軍によるウクライナ侵攻開始からまもなく3カ月。想定外の長期戦で死傷兵や従軍拒否が増え、ロシア軍の兵士不足が深刻になっている。プーチン大統領は年配者や障害者まで戦場に送り、戦争を続けるつもりだ。政権を支えるエリート層は我慢の限界に達しつつある。

  ◇  ◇  ◇

 ロシア下院は20日、志願兵の上限年齢を撤廃する法案が提出されたと発表。現行の入隊はロシア人で18歳から40歳まで、外国人で18歳から30歳までが認められているが、年配者も可能にする。下院のウェブサイトはこう説明する。

〈上限年齢の撤廃によって、ロシア軍は年配の専門家の才能を活用することができる〉〈精密誘導兵器などを扱うには高度な専門家が必要。経験上、そのような専門家は40~45歳が多い〉〈また、民間の医療従事者やエンジニアなどのリクルートも容易になる〉

 理由をいろいろと挙げているが、つまるところ上限年齢の撤廃は兵士不足が原因とみられる。ロイターの報道によると、欧州の米陸軍元司令官ベン・ホッジス退役将軍は「明らかにロシアの人々は困っている。上限年齢撤廃は国内世論を刺激せずに、人手不足を解消しようとする新たな試みだが、クレムリンがウクライナでの失敗をごまかすのは難しくなっていく」と語ったという。国民はうすうす、戦況の行き詰まりを感じているのだ。

 ロシア軍の死者数について、ロシア国防省は3月25日の1351人を最後に更新していないが、ウクライナ側は約3万人が戦闘不能と主張している。

 英国防省の分析によると、侵攻開始以降、ロシア軍は兵力の3分の1を損失。戦力損耗率が30%を超えると軍隊として機能しなくなるとされる。「老兵」までかき集めなければ、戦争を続けられないのだ。

 ウクライナ保安庁のHPには片目しか見えなかったり、脳に障害があるロシア兵(捕虜)の証言が公開されている。兵士不足を解消しようと、プーチン大統領は障害者まで戦場に送り込んでいる可能性がある。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。

「攻撃側のロシア軍は守る側の3倍の兵力が必要です。本来なら戦場へ送られることのない年配者や障害者まで動員せざるを得ないほどに兵士が足りないということです。この先も戦争が続けば、死傷兵や従軍拒否者は増えていきますが、兵士を補い続けることは不可能です。早晩、ロシア軍は後退を余儀なくされるでしょう」

エリート層は我慢の限界

約3万人が戦闘不能(装甲車両の上に乗るロシア兵=ウクライナ・マリウポリ)/(C)ロイター
約3万人が戦闘不能(装甲車両の上に乗るロシア兵=ウクライナ・マリウポリ)/(C)ロイター
拡大する

 政権内でもプーチン大統領への不満はくすぶっている。

 ウクライナ関連のスクープを連発している英調査報道グループ「べリングキャット」のクリスト・グローゼフ氏は16日のウクライナ「ラジオスボボダ」の番組で、プーチン政権を支える軍や情報機関などの「シロビキ」のエリート層で不満がたまっている実情を明かした。

「ロシア国防省やFSB(連邦保安局)の高官らは多くの情報を入手しており、この戦争が負けていることは分かっている。エリート層はプーチン政権が危険水域にあることを知っている」とし、プーチン大統領自身も“危険水域”の「空気」を感じているという。

 プーチン政権の崩壊は近いか。

2022年5月24日 (火)

関西生コン・ストライキ弾圧第1次事件、控訴棄却の不当判決弾劾!

関西生コン・ストライキ弾圧第1次事件、控訴棄却の不当判決弾劾!「これからもストライキはやっていく」

 

 5月23日、大阪高裁・関生スト(2017年12月)弾圧第1次(現場)事件判決は、控訴棄却の不当判決であった。当該組合員はじめ関生支部と結集した支援は、「今後も憲法と労働法で認められたストライキをやっていく」と強い決意を打ち固めた。

「量刑は時代によって変わる」(裁判官)

 判決は、「判断回避」を上告理由とされることを恐れ、5点の控訴理由にそれぞれ反論する形式を取りながら、全く無内容にそれを切り捨てた。その中で、特に印象を残したのは、控訴趣旨の「量刑不当」の主張に対して、裁判官が「量刑は時代によって変化する」とし、これまで罰金刑に留まっていた同種争議行為への量刑を超えて、関生支部へ懲役刑(執行猶予付き)を適用したことを正当化したことだ。

「事実上、威力業務妨害」「労働組合の行動の許容範囲を超えている」

 判決は、第1に、「当該組合員は車両の前に立ちはだかっていない」等の事実認定の間違いと威力業務妨害の「威力」には当たらないとする控訴理由の指摘に対して、「原判決は取り囲んだとしているのであった、立ちはだかったとはしていない」「車両の前を歩くなどして事実上、車両が通行できなかった」等述べ、「事実上、威力に当たる」とした。これでは争議行為(業務の正常な運営を阻害するもの・・・労働関係調整法7条)は全て、威力業務妨害に当たるではないか。

 判決は第2に、関生支部が17年12月ストを同年11月25日に決定したことをもって、当日に行動を変更した被告も含めて、共謀の成立を認めた。労働組合が組織決定でストライキを行うのは当たり前であって、この判決の論理によるならば、ストライキ参加者は押しなべて共謀共同正犯を適用できることになってしまう。

 判決は第3に、「雇用された者がいないからといって、あるいは使用者に当たらないからといって直ちに労働組合の団体行動としての違法性の阻却事由の適用がないとしているのではないが、本件は、違法性阻却の範囲を超えている」として1審有罪判決を維持した。判決は、ストに至った経緯や使用者の争議対抗行為について一切触れることはなかった。

 判決は、今回のストが「労組法の違法性阻却の適用範囲を超えている」とするのであるが、「違法性阻却の範囲」とはどこまでで、その根拠は何なのか、全く言及していない。「有罪だから有罪」と言っているに過ぎないのだ。

 そして第4に、冒頭で紹介した「量刑は時代によって変わる」なる裁判官の迷言である。これまでの争議の歴史では座り込みで車両の通行を阻止する行動等でも罰金刑しか適用されていない。判決は量刑が重い理由として「計画性や組織性」を挙げるが、ストライキが組織的計画的なことは当たり前であって、労組法の違法性阻却と完全に矛盾する主張である。裁判官は山猫ストなら違法性は軽いとでもいうのか??

 報告集会では、当該の副委員長が、「裁判官がこんなことを言っていいのか。関生支部はこれからも憲法と労働法で認められたストライキを行っていく」と強い決意を述べた。そして、『労組つぶしの大弾圧を許さない実行委員会』の全港湾大阪委員長は、「いつか、あの判決は間違っていたと言われるような闘いを作り出していこう」と呼びかけた。

 この日は、11時からの判決言い渡しを前に、9:30から150名を超える支援が大阪高裁前に結集、司会と実行委員会の発言を皮切りに、関生支部・湯川委員長、当該組合員、大阪全労協、京滋・兵庫・東海の支援がそれぞれ決意を表明、ケアワーカーズユニオンのシュプレヒコール、大阪教育合同の歌と続き、判決の傍聴席を埋めた。

 また、同日同時刻、大津地裁では、関生ビラ撒き弾圧裁判があり、無罪を訴える行動が、当該組合員と京都・滋賀の支援によって取り組まれた。(愛知連帯ユニオン)

2022年5月23日 (月)

いよいよ参議院選の始まりへ

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

523日(月) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 9時半 座り込み集会開始 大阪地裁前公園  1015分 大法廷傍聴抽選 11時 判決言い渡し  大阪高裁201

5月23日(月) 美浜3号機運転差し止め仮処分 第4回審尋 15時半 大阪地裁

※5月23日(月) 5・28福島みずほ国政報告会実行委員会 18時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

5月26日(木) 木曜行動 14時半 三宮・マルイ前

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月例会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

5月28日(土) 引き下げアカン!大阪の会 第8回総会 13時半 大阪府社会福祉会館5階

※5月28日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 講演会 13時半 日本基督教団・宝塚教会(阪急「逆瀬川」西北7分)

528日(土) 福島みずほ国政報告集会 13時半 いたみホール大ホール(阪急「伊丹」北3分) 福島瑞穂&斎藤浩平ズームトーク

5月28日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

528日(土) 関生事件の全容集会 18時半 エルおおさか南館ホール(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

529日(日) 老朽原発うごかすな大集会 13時 大阪・うつぼ公園

5月29日(日) 統一マダン神戸 11時 鉄人28号広場(JR「新長田」西5分)

 

5月30日(月) 李哲さん獄中記『長東日記』を語る(その2) 18時半 阿倍野区民センター(地下鉄「阿倍野」南3分)

531日(火) 阪神社会運動情報センター・情勢研究会 18時半 阪神センター

61日(水) 参議院選兵庫選挙区 相崎佐和子尼崎総決起集会 18時 JR尼崎北東

6月2日(木) 木曜行動 14時半 三宮・マルイ前

64日(土) 小出裕章講演会 14時 垂水・アバンテホール(JR「垂水」、山電「垂水」北東5分)

64日(土) 連帯兵庫みなせんと兵庫野党の協議 17時半 神戸市勤労会館(JR[三宮」東南4分]

64日(土) つじ恵と参議院選を語る 尼崎・尼崎北部集会 18時半 トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

※6月5日(日) つじ恵 西北街宣 12時~13時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 西宮・宝塚集会 14時 西宮大学交流センター(阪急「西宮北口」北東2分 アクタ東館6階)

※6月5日(日) つじ恵立花街宣 17時~18時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 尼崎西南部集会 18時半 すこやかプラザ(JR「立花」南2分、フェスタ西エレベーターで5
         階)

※6月6日(月) つじ恵 JR尼崎街宣 17時~18時

66日(月) つじ恵と参議院選を語る 尼崎東部集会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

2022年5月22日 (日)

石垣島ですすむ住民無視の自衛隊基地建設 参院選で平和外交を最優先する議員を国会へ

石垣島ですすむ住民無視の自衛隊基地建設

参院選で平和外交を最優先する議員を国会へ

 

動画(6分52秒)
 

沖縄県石垣島で、住民の意向を無視した陸上自衛隊ミサイル基地建設工事が来年3月完成をめざしてすすめられている。基地周辺を歩くと、基地建設の轟音が鳴り響いている。道路は資材や土砂を積んだトラックが、ひっきりなしに通る。現場周辺には、集落、田畑、学校があり牛が放牧されている。

沖縄防衛局は先月25日工事現場周辺でカンムリワシ(国指定天然記念物)の営巣が確認されたため、大騒音をともなう工事は控えると発表したが、筆者の耳にはとてもそのようには感じられなかった。

さらに今工事に伴う汚水処理の問題が浮上している。現場では巨大な排水パイプが設置された。そこからは、現在は赤土がまじった水を一旦は沈砂池にため赤土処理をして流しているが、流れ出る水にはかなり泥がまじっている。また将来は排水溝として基地外に排水が流されることになる。排水の先には宮良川が流れている。宮良川周辺には農業用水を取り込む施設や飲料水を地下からくみ上げる施設がある。防衛当局は汚水処理に問題はないとしているが、市民は、問題がないのなら確固たる証拠を示すよう市や防衛局に求めている。

藤井幸子さん(石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会)は、さらに必要なことがあると語った。「それは、軍事的な抑圧による外交はなく、平和外交を最優先する外交です。それは私たちだけではできるものではありません。総選挙(来る参院選)で勝利することが必要です」と。(湯本雅典 5月18日)

2022年5月21日 (土)

激怒のプーチン大統領、軍指揮官を次々クビ! 内部で「隠蔽と責任転嫁の文化が蔓延」

 
いいね9 コメント|

ロシアのウクライナ侵攻から3カ月が近づくが、膠着(こうちゃく)状態が続く戦況にプーチン大統領は怒りを隠せないのか。英国防省は19日の戦況分析で、ロシア軍が最近、複数の上級指揮官を更迭していると指摘した。将校らは失敗の責任回避に躍起となり、露軍内部で「隠蔽と責任転嫁の文化が蔓延(まんえん)しているようだ」との見方を示した。

英国防省の分析によると、東部ハリコフの掌握失敗を理由に戦車部隊を指揮した中将が更迭されたほか、黒海艦隊を指揮した中将も旗艦モスクワの4月の沈没後に解任されたとみられる。

プーチン氏は東部ドンバスなど露軍部隊の移動指示に直接関与したとされ、懲罰人事にも意向が反映されたと考えるのが自然だ。

分析では、制服組トップのゲラシモフ参謀総長は留任のもようだが、プーチン氏の信任を得られているのか「はっきりしない」としている。

英国防省は「将校らが重要な決定を上官に委ねようとする傾向が強まる」とし、「露軍が主導権を取り戻すのは困難だろう」と予測した。

経済では「脱ロシア」が広がる。16日に仏ルノーと、米マクドナルドが撤退を発表したが、ロシアに進出する日本の上場企業168社のうち、42%に当たる71社が事業の停止や撤退を決めたことが帝国データバンクの調べで分かった。4月時点の60社から11社増えた。

製品の出荷や受注を含む「取引停止」が2社増の33社、現地工場などの「生産停止」が3社増の14社、店舗などの「営業停止」が1社増の10社、撤退は3社で変わらず、その他が11社だった。

2022年5月20日 (金)

“打倒・松井維新”で面白くなってきた! 水道橋博士がれいわから参院選出馬表明


“打倒・松井維新”で面白くなってきた! 水道橋博士がれいわから参院選出馬表明

公開日: 更新日:



れいわ新選組から立候補する「浅草キッド」の水道橋博士氏(C)日刊ゲンダイ
れいわ新選組から立候補する「浅草キッド」の水道橋博士氏(C)日刊ゲンダイ
拡大する
水道橋博士さん 師匠・ビートたけしさんの評伝を書きたい 「国民の身を切る改革」で焼け太り ひたすらカネに汚い維新の手口 世間を欺くひと芝居 「法律顧問」契約を解消した橋下徹と大阪維新の会の関係

 参院選への出馬意向が報じられたお笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(59)が18日、主催するトークライブでれいわ新選組から立候補すると表明した。党内手続きを経て、比例代表での出馬を来週にも正式発表する見通しだ。

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長から名誉毀損で告訴されている博士は、選挙戦で維新批判に徹する気満々。参院選での“躍進”を狙いながらも、不祥事続発の維新にとっては頭の痛い展開になりそうだ。

 都内で開かれたトークライブ「アサヤンvol.32 輝く我が名ぞ 反維新タイガース!!!」には、れいわ代表の山本太郎元衆院議員や大石晃子衆院議員が途中参加。山本代表から「れいわで一緒に参院選を戦ってくれるかな」と呼び掛けられた博士は、「戦います。山本代表に僕を預けます」と明言。

■「松井さんを絶対後悔させる」

「反スラップ訴訟法を作る。2世議員しか立候補できないような高額な供託金をなくす。消費税をゼロにする」「松井一郎さんに対し、俺をこうやったことを絶対に後悔させる」と意欲をみなぎらせていた。

水道橋博士と松井市長の因縁


松井一郎・日本維新の会代表を後悔させる!?(C)日刊ゲンダイ
松井一郎・日本維新の会代表を後悔させる!?(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 博士と松井氏の因縁は今年2月にさかのぼる。博士が松井氏を批判したユーチューブ動画を引用リツイート。それに激怒した松井氏は「水道橋さん、これらの誹謗中傷、デマは名誉毀損の判決が出ています」「言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」とツイッターに書き込んで先月下旬に博士を名誉毀損で告訴し、550万円の損害賠償を求めている。テレビ出演などに影響が生じている博士は、口封じが目的の「スラップ訴訟」と反発。法廷闘争にもつれ込んでいる。

 最大ゆ党の維新がタジタジとなれば、参院選は少しは面白くなりそうだ。

 維新をめぐっては所属議員の経歴詐称、ルッキズム発言、議員間パワハラなど、今年2月以降で少なくとも7件の問題が発覚。東京選挙区公認内定者の居住実態をめぐる疑惑も報じられ、不祥事のデパート化している。トークライブでは博士の選挙活動について「松井代表の遊説を追っかける」というプランも浮上。トコトンやってほしい。

2022年5月19日 (木)

不正の塊=維新の館② 【独自】維新の会・参院選の「目玉女性候補」が道交法違反の疑い!違反認識後も継続、隠蔽の指示まで

【独自】維新の会・参院選の「目玉女性候補」が道交法違反の疑い!違反認識後も継続、隠蔽の指示まで

配信

コメント667件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

熱心な太陽光発電導入論者

海老沢氏ウェブサイトより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車で走り回る選挙キャンペーン

片手運転する海老沢氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不正の塊=維新の館① 非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ

非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ〈dot.〉

配信

コメント118件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AERA dot.

2019年の参院選後のインタビューに答える岬麻紀氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月18日 (水)

大学のあとに高層マンション 公共財がつぎつぎ金もうけの対象に 無策続く伊丹市


テーマ:

本市南部にあった大手前大学が移転し、

キャンパス解体工事がほぼ終わった。

 

解体前

 

現状

 

 

大手前大跡地はどうなる。その可能性を調べてみた。2021年09月12日

 

 

5月15日、地元公共施設で、

大手前大学跡地活用の

住民説明会が開催された。

 

 

午前に稲野センターで2回

午後に稲野東センターで2回。

私は午前2回に参加した。

 

 

 

 

 

事業主は

三井不動産レジデンシャル(株)

近鉄不動産(株)

JR西日本不動産開発(株)

総合地所(株)

 

 

事業主から委託を受けた

設計・施工を担当する事業者

(株)長谷工コーポレーションが

建設概要、及び工事車両運行図を

使って説明した後、質疑応答。

 

 

 

建設予定地

伊丹市稲野町2丁目2番地2

 

 

 

上から。赤い部分が建物

 

 

横からのイメージ

 

 

構造・規模

鉄筋コンクリート造り

15階建て 571戸

 

工期

1工区 9月末~2025年3月末

2工区 9月末~2025年11月末

 

 

様々な視点から

質問・要望が続出した。

 

 

まだ整理できていないので、

後日、ご報告できればと思う。

2022年5月17日 (火)

●レイバーネットTV・第169号放送 <特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート>

5月18日のレイバーネットTVは、維新批判ですが、教育問題からアプローチします。
昨年、直訴で話題になった久保敬校長(今年退職)が出演し、実態を話します。
また「QBハウス」の裏側に迫ります。ぜひご視聴・応援、よろしくお願いします。
(イラスト=久保敬校長)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●レイバーネットTV・第169号放送
<特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート>

 

・放送日 2022年5月18日(水)19.30一20.50(80分)
・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv  (YouTube配信サイト https://youtu.be/OawOYUg9ocQ
・配信スタジオ 梨の木舎スタジオ(東京・水道橋)
・キャスター 北健一・北穂さゆり

 

1,キャスターあいさつ。「今月の一枚」写真紹介(3分)

 

2、〔ザ争議〕ヘアカット「QBハウス」安さの秘密
       ー雇用責任逃れを問う(20分)
 ・聞き手 北健一
 ・ゲスト 笠川隆さん(QBハウス美容師)・指宿昭一さん(顧問弁護士)
 「10分」のヘアカットで知られる「QBハウス」で働く美容師・笠川隆さんたち
が、立ち上がった。なぜなら、職場では、有給休暇取得、社会保険加入、36協定
の締結、健康診断の実施等の福利厚生が一切保障されておらず、未払い賃金
もあったからだ。組合をつくってマネージャーと話し合ってきたが、大元の「QBハウ
ス」は「直接の雇用関係はない」として団体交渉を拒否している。「QBハウス」
の雇用責任を免れる複雑な業務委託契約の仕組みは、低賃金・長時間労働の温床
であり働く者を苦しめている。番組では、無責任な「働かせ方」を許さず、声を
あげた日本労働評議会QB分会長の笠川隆さんにその実態を語ってもらう。また
担当の指宿昭一弁護士が問題点を解説する。

3,ほっとスポット・ジョニーH・乱鬼龍(7分)

 

4,特集 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート(50分)
  ・ゲスト=久保敬さん(松井市長に声をあげた元校長)
       志水博子さん(子どもをテストで追いつめるな!市民の会)
  ・聞き手 ジョニーH
 昨年の衆院選で躍進した「維新」は、今年夏の参院選では「9条に自衛隊明
記、緊急事態条項の創設」などの公約を掲げて、改憲の道を一気に開こうとして
いる。しかし、維新は大阪でいったい何をしてきたのか? 「身を切る改革」で
切られたのは弱者の生きる権利ではなかったか。とくに教育の現場には「競争原
理」が持ち込まれ、教員も子どもも「テスト教育」で追いつめられている。
 そんななか2021年5月、オンライン授業導入をきっかけに声をあげた現職の校
長がいた。「ガッツせんべい」こと木川南小学校の久保敬校長である。久保さん
は松井市長に「直訴」(提言書)し、教育のあり方を問うた。提言書では、「学
校は、グローバル経済を支える人材という“商品”を作り出す工場と化している」
現状を憂い、「誰もが一生懸命働き、人の役に立って、幸せな人生を送りたいと
願っている。その当たり前の願いを育み、自己実現できるよう支援していくのが
学校でなければならない」と述べ、「“生き抜く”世の中ではなく“生き合う”世の
中でなくてはならない」と訴えた。この提言書は全国に広がり、大きな共感の声
が広がった。
 それからちょうど一年経ち、久保さんは4月に『フツーの校長、市長に直訴!
ガッツせんべいの人権教育論』を上梓した。番組では、「子どもをテストで追い
つめるな!市民の会」の元大阪府立教員・志水博子さんを交えて、維新政治の本
質的問題を教育の側面から迫りたい。

 

■ギャラリーはありません。ライブ中継でご覧ください。ツイッターコメント歓 
迎。ハッシュタグは#labornettvです。お問い合わせ=070.5545.8662

2022年5月16日 (月)

当面の行動

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

※5月18日(水) 阪神社会運動情報センター・情勢研究会 18時半 阪神センター

5月19日(水)連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

5月19日(木) 木曜行動 14時半 三宮・マルイ前

5月20日(金) 共同テーブル近畿 第2回討論集会 18時半 大阪市中央区民センター

5月21日(土) つじ恵高砂集会 ゆーあい帆っとセンター(山陽電車「高砂」10分)

521日(土) 尼崎反維新集会 14時 中央北生涯学習プラザ(阪神尼崎、阪急塚口などから「総合医療センター」バス停西2分) 講演:冨田宏治関学大教授

521日(土) 広島・長崎から福島へ続く核被害 内部被ばくの危険性を考える 14時 高槻現代劇場(阪急「高槻市」南西8分)

※5月22日(日) おおつる求伊丹市議議会報告&意見交換会 10時 稲野センター集会室 15時 いたみホール会議室2 

※5月22日(日) あなたの声をきかせて大フォーラム5月企画集会 14時 尼崎小田南生涯学習センター(JR「尼崎」東南5分)

 

523日(月) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 9時半 座り込み集会開始 大阪地裁前公園  1015分 大法廷傍聴抽選 11時 判決言い渡し  大阪高裁201

5月23日(月) 美浜3号機運転差し止め仮処分 第4回審尋 15時半 大阪地裁

※5月23日(月) 5・28福島みずほ国政報告会実行委員会 18時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月例会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

5月28日(土) 引き下げアカン!大阪の会 第8回総会 13時半 大阪府社会福祉会館5階

※5月28日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 講演会 13時半 日本基督教団・宝塚教会(阪急「逆瀬川」西北7分)

528日(土) 福島みずほ国政報告集会 14時 いたみホール大ホール(阪急「伊丹」北3分) 福島瑞穂&斎藤浩平ズームトーク

5月28日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

528日(土) 関生事件の全容集会 18時 エルおおさか南館ホール(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

529日(日) 原発のない明日へ 老朽原発このまま廃炉大集会inおおさか 13時 大阪・うつぼ公園(地下鉄四つ橋線「本町」西北5分)

 

5月30日(月) 李哲さん獄中記『長東日記』を語る(その2) 18時半 阿倍野区民センター(地下鉄「阿倍野」南3分)

61日(水) 参議院選兵庫選挙区 相崎佐和子尼崎総決起集会 18時 JR尼崎

6月2日(木) 木曜行動 14時半 三宮マルイ前

64日(土) 小出裕章講演会 14時 垂水・アバンテホール(JR「垂水」、山電「垂水」北東5分)

6月4日(土) 連帯HYOGOみなせんと兵庫野党の協議 17時半 神戸市勤労会館(JR[三宮」東南4分]

64日(土) つじ恵と参議院選を語る 尼崎・尼崎北部集会 18時半 トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

※6月5日(日) つじ恵 西北街宣 12時~13時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 西宮・宝塚集会 14時 西宮大学交流センター(阪急「西宮北口」北東2分 アクタ東館6階)

※6月5日(日) つじ恵立花街宣 17時~18時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 尼崎西南部集会 18時半 すこやかプラザ(JR「立花」南2分、フォレスタ西エレベーターで5階)

※6月6日(月) つじ恵 JR尼崎街宣 17時~18時

66日(月) つじ恵と参議院選を語る 尼崎東部集会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

 

※6月8日(水) さようなら原発1000人集会実行委 19時 アステ川西(阪急「川西能勢口」南1分)

611日(土) つじ恵関西総決起集会 18時 PLP会館(JR「天満」南7分)

612日(日) 芦屋9条の会17周年の集い ウクライナ侵攻と日本の立場=日本国憲法前文の使用法 14時 芦屋市民センター401(JR「芦屋」西5分) 講演:藤原辰史京大准教授

2022年5月15日 (日)

本日は1972年沖縄「返還」から50年  採録:5・15沖縄現地と連帯し、宮古島から住民迎えて関西集会

5・15集会のお知らせです。
 講演集会とデモ
 軍事要塞化と闘う琉球弧の人びと
ー宮古島の自衛隊ミサイル基地反対運動ー

220515大阪アクション集会表
講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)
日時:2022年5月15日(日)
 13:30開場 14:00開会  
 16:00閉会  デモあります
場所:PLP会館5階大会議室
資料代:800円(学生 300円)

講師:プロフィール
 島の子供たちと関わる仕事に就き宮古在住28年目
 反戦反基地市民運動を継続し、宮古島市民として島内外へ基地反対運動を発信中。
 珊瑚の海に素潜りで戯れる「いんしゃあかなす(海人)」志望。

主催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション220515大阪アクション集会チラシ裏
宮古島でのミサイル基地反対の闘いから学び、琉球弧の軍事化を阻止しよう
 50年前、沖縄の施政権が米軍から日本に「返還」されました。沖縄の人びとは、軍隊を持たない「日本国憲法」がある日本への「復帰」により「基地のない沖縄」が実現すると希望を抱きました。しかし沖縄に集中する米軍基地は撤去されず、それどころか日本政府によって辺野古に新しい米軍基地の建設が進められています。
 今「中国の脅威」に対抗するためと称し、米軍基地だけではなく、与那国島、石垣島、宮古島、奄美大島、馬毛島に自衛隊基地を建設し、ミサイル部隊を配備することが進められています。また辺野古新基地をはじめ、自衛隊が沖縄の米軍基地を共同使用し、共同で演習・訓練を行うことも明らかにされています。琉球弧の軍事要塞化が進められています。これは島々が戦場になることを想定しています。
 ロシアによるウクライナ侵攻は、軍拡と軍事同盟の強化は戦争への道であることを改めて示しました。そして犠牲になるのは民衆です。狭い島が戦場になれば住民は避難することもできず、多くの人が犠牲になります。再び沖縄戦が繰り返されることになるのです。
 沖縄の人びとが望んだ「基地のない沖縄」を私たちは未だ実現させることが出来ていません!それどころか、再び沖縄戦を繰り返す愚かな政策を続けさせています。50年経って、このような状況が許されるでしょうか?
 この度、宮古島から「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」の清水早子さんからお話をお聞きする機会を設けました。宮古島でのミサイル基地反対の闘いから学ぶとともに、どうすれば私たちが琉球弧の軍事化を阻止し、基地建設をとめることができるのか考え行動しましょう。多くのみなさまの参加をよびかけます。
(おことわり)コロナ感染状況によっては、リモートでの講演になる場合があります。

本集会に多くの個人・団体の参加と賛同を呼びかけます
●個人賛同 一口 1000円 ●団体賛同 一口 2000円
 ゆうちょ振込口座番号 00920₋4₋274497 加入者名「辺野古に行こう」
 個人名(団体名)と口数、名前の公表の可・不可を払込取扱票に記載お願いいたします。(公表不可の方は、間違いなきよう以下のメールでもご連絡お願いいたします)
 なお当日Youtubeでオンライン配信を行います。URLは改めて大阪アクションのブログ、SNSなどで告知いたします。
 大阪アクション メールアドレス stophenokosaka@gmail.com

  連絡先:市民共同オフィスSORA TEL 06₋7777₋4935
                 FAX 06₋7777₋4925

2022年5月14日 (土)

~2022年参院選~ 近畿はじめ野党共闘の拡大強化で   護憲議席「3分の1」を確保するための要望書

~2022年参院選~ 近畿はじめ野党共闘の拡大強化で
  護憲議席「3分の1」を確保するための要望書
 
 貴党の命と暮らしを守るためのご奮闘に心から敬意と感謝を申し上げます。
 さて今年7月の参議院選挙が迫っています。しかし選挙区における野党共闘は遅れており、一刻も早い野党共闘の実現を願い、以下要望するものです。
 
 昨年総選挙では野党共闘によって議席を獲得した選挙区は少なくありません。野党が勝利した小選挙区では共闘勢力の比例票合計を小選挙区候補の得票が上回るケースが多く見受けられ、また投票率においても共闘効果が発揮され、野党が一本化した207小選挙区のうち151選挙区で前回投票率を上回り、うち84選挙区では全国平均も上回ったと報道されています。野党共闘の効果は明らかです。
 
 今回参院選はウクライナ戦争を利用しての軍事費増大、9条改悪、緊急事態条項など、戦後民主主義を白紙に戻し戦前の暗黒政治を招来する動きが顕在化する中で闘われます。
 もし今回選挙で与党が「3分の2」を占めれば、3年間も国政選挙は行われないでしょう。マスコミの劣化は著しく、先日の週刊朝日は与党完勝、来年は憲法改正との見出しを付けて野党の意気を削ぎ、有権者へのあきらめを誘っています。この危険な状況を打破するための方策は野党共闘の拡大と深化です。
 
 前回、前々回の参院選で大阪、兵庫では改憲勢力に議席独占を許してしまいました。しかし野党共闘が実現していれば、いずれも議席獲得の可能性は極めて高いもので、心ある有権者の失望を招きました。
 今回も野党共闘なしとなれば、野党各党への不信に止まらず、政治不信や投票率低下を招くでしょう。野党共闘なしの共倒れは許されません。
 
 選挙区はそれぞれの政党が比例票獲得のために候補者を出すといわれています。しかし維新の強い近畿で、また過去の選挙からも野党が単独で議席を得るのは至難の業であり、それは有権者の共通認識にもなっています。
 
 野党共闘に積極的であれば、その政党票は伸びますが、当選可能性の低い候補者を擁立し、消極的とみられた場合は、かえって政党票の減少が予想されます。
 市民と野党の共闘を望む声は、「市民の力で政治を変える!大阪アピール」の皆さん、連帯兵庫みなせんの皆さんはじめ、全国に広がっています。
 
 
 大阪、兵庫で連携し、野党議席を確保すれば、野党議席が2つ増えるだけでなく、改憲勢力の議席を2議席減らし、与野党の議席差を4つ縮めることになります。参院における「3分の2」をめぐるせめぎあいでは、こうした結果は限りなく大きな意義があります。
 
 私たちは貴党に対し、平和憲法、そして私たちの命と暮らしを守るために大阪、兵庫をはじめ全国で定数如何にかかわらず、野党共闘の早急な実現により、野党3分の1の議席確保のために全面的なご尽力をお願いするものです。
 どうかよろしくお願いします。
 
 政党に対し、護憲議席「3分の1」を確保するための議員(含む元職)の賛同はおとといの18名から倍増し、以下の40名の皆さんに拡がりました。
 
現在の賛同議員(敬称略、順不同)です。
 
和田香穂里(前鹿児島県西之表市議)、羽場頼三郎(岡山市議)、
 
高橋あきのり(愛媛県西条市議)、梶原ときよし(愛媛県松山市議)
 
丸尾牧(兵庫県議)、あわはら富夫(神戸市議)、高橋ひでのり(神戸市議)、山口みさえ(芦屋市議)、大津留求(伊丹市議)、谷正充(川西市議)、よつや薫(西宮市議)、つづき徳昭(尼崎市議)、村井正信(西脇市議)、吉岡よしひろ(兵庫県神河町議)
 
高橋登(泉大津市議)、桂睦子(茨木市議)、山下けいき(茨木市議)、山本よし子(茨木市議)、高木隆太(高槻市議)、川口洋一(高槻市議)、木村真(豊中市議)、小山広明(前泉南市議)、中西智子(箕面市議)、増田京子(箕面市議)、森岡秀幸(元箕面市議)、難波希美子(能勢町議)、中田みどり(島本町議)、佐々木希絵(河南町議)、山敷恵(高石市議)、小林昌子(和泉市議)、
 
次田のり子(京田辺市議)、くれはまゆみ(元木津川市議)、
 
佐藤光司(元岐阜県中津川市議)、石川翼(愛知県安城市議)、牧田正樹(新潟県上越市議)、福田光一(東京都北区議)、石井としお(千葉県長生村議)、増田光利(茨城県八千代町議)、
 
小久保広信(山形県米沢市議)、我妻德雄(山形県米沢市議)

~2022   

 大阪

2022年5月13日 (金)

ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり~日刊ゲンダイ


ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

公開日: 更新日:
ロシア国内のプロパガンダに異変が生じている。プーチン大統領がウクライナ戦争の長期化に向け準備しているとささやかれる中、ロシア軍の苦境は拭い難いようだ。



 ウクライナ国防省情報総局は10日、ロシア国内のプロパガンダについて〈ロシア軍が“無敵である”という社会の認識を変え、敗戦の可能性に備えるために、ロシアの国営メディアは、対ウクライナ戦争がEUやNATO加盟国との全面対決であると伝えるよう指示された〉と説明。〈最強の敵(ウクライナ)への敗北という汚辱をそそぐ〉ためとの見解を示した。

 ウクライナ側の一方的な主張ではあるが、実際、ロシアの国営テレビ番組では、プーチン政権に都合の良い情報を流すはずのコメンテーターが“ロシア不利”を認めているという。

 ロシアの国営メディアを監視する「ロシアン・メディア・モニター」の創設者で米ニュースサイト「デイリー・ビースト」のコラムニストであるジュリア・デイビス氏は9日、〈プーチンの操り人形がロシア軍の惨敗を認めた〉と題した記事で、次のように指摘した。

〈ロシア国営テレビの金曜日の放送で、軍事アナリストのコンスタンティン・シブコフ氏は「ロシアの今の経済システムは軍や国全体のニーズに合っていない」と主張。代わりに、土地や工場などを含めあらゆる戦略資源を政府の直轄に置く“軍事社会主義”を提唱した〉

ホンネは「NATOの最新兵器に太刀打ちできない」


見掛け倒し(軍事パレードで自走榴弾砲「ムスタ-S」戦車に乗り敬礼するロシア軍兵士)/(C)ロイター
見掛け倒し(軍事パレードで自走榴弾砲「ムスタ-S」戦車に乗り敬礼するロシア軍兵士)/(C)ロイター
拡大する

 劣勢を認識したロシアが「国家総動員」を呼び掛けているだけではない。西側諸国とまともに戦えないとのホンネも透ける。

 デイビス氏によれば、ロシア退役軍人の元大佐が国営番組の生放送中に〈ロシア軍の兵器ではNATOの最新兵器に太刀打ちできず、時代遅れの武器で戦う人員を(戦線に)送っても逆効果である〉と認め、こう続けたという。

「もし今夜、新たな軍艦を建造せよとの命令が下ったら、いつ最初の一艦が完成するか? 2年後だ! 動員とはそういうものである。新たな戦車部隊を編成するという目標を立てた場合、いつ準備が整うか? 少なくとも90日はかかる。さらに言えば、その部隊に近代化された武器など装備できないだろう。予備などないからだ」

 国家総動員を呼び掛けて国民にハッパをかける一方、戦闘長期化への余裕のなさがアリアリだ。いよいよロシア国内も「プーチンの戦争」に嫌気が差し始めたか。

2022年5月12日 (木)

【元山仁士郎さん、辺野古断念求めハンスト突入】

情報提供 : 浅井健治
 
【元山仁士郎さん、辺野古断念求めハンスト突入】
 
「辺野古」県民投票の会元代表で大学院生の元山仁士郎さんがきょう(5/9)午前10時、首相官邸前で「辺野古新基地建設の即時断念」「普天間飛行場の数年以内の運用停止」「日米地位協定の運用にかかるすべての日米合意を公開し、沖縄県を含む民主的な議論を経て見直すこと」の3点を日本政府に求めてハンガーストライキに突入しました。岸田首相がこれらの要求の受け入れを表明するか、ドクターストップがかかるまで続けます。
あす(5/10)は自民党本部前、あさって(5/11)は公明党本部前の予定。夜も11時半ごろまで行うそうですから、首都圏のみなさん、仕事が終わった後にでもぜひ応援に駆けつけてください。
以下、元山さんの訴えです(Change.orgでも署名を呼びかけるとのこと)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2022年5月9日
Hungry for "Reversion"
「復帰50年」
辺野古新基地建設の断念を求めるハンガーストライキ
 
 2022年5月15日で、沖縄は、「復帰50年」を迎える。
 50年前から現在へ、沖縄は何が変わったのだろうか。
 たしかに、空港・港湾、道路といったインフラ整備など、物質的に豊かになった側面はある。しかしながら、乱開発や環境破壊、依然として偏重した産業構造や賃金・所得格差などの課題も山積している。沖縄振興特別措置法に基づくきまざまな事業が、本当に沖縄の人々の生活に寄与しているのかや、近年のSDGsの観点からも、今後の沖縄振興・経済政策、貧困対策の見直しも必要だろう。
 「復帰」後も、さらに遡れば戦後から変わることのない最大の問題は、沖縄への米軍基地の押し付けである。それに起因する、事件・事故や騒音被害、環境汚染は後を絶たず、それらを是正する措置も日米地位協定や、その運用の根拠となる日米合意議事録に阻まれ、ほとんど講じられてこなかった。
 また、2019年2月24日に行われた辺野古米軍基地建設の埋め立ての賛否を問う沖縄県民投票からは3年が経った。投票総数の約72%の反対が示された結果を、日本政府が尊重しているとは、とても思えない。
 50年前も現在も、基地問題は変わっていないといっても過言ではない。
 果たして、いつまでこの状況が続くのだろうか。
 沖縄の「復帰」を推し進めた時の総理・佐藤栄作は、1965年8月、真夏の那覇飛行場に降り立ち、このように述べた。
 「沖縄が本土から分れて二十年、私たち国民は沖縄90万のみなさんのことを片時たりとも忘れたことはありません。…私は沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国にとって『戦後』が終っていないことをよく承知しております。これはまた日本国民すべての気持でもあります」と。
 私たち沖縄の人々が抱える基地問題は、日本に住む人々に忘れられてしまったのだろうか。沖縄の基地問題が「解決」されない限り、沖縄にとっての「復帰」、そして「戦後」は終わらない。
 「復帰50年」―。
 日本政府に、①辺野古新基地建設の即時断念と、②普天間飛行場の数年以内の運用停止、③日米地位協定の運用にかかるすべての日米合意を公開し、沖縄県を含む民主的な議論を経て見直すこと、を求めます。
「辺野古」県民投票の会元代表/大学院生
元山 仁士郎

2022年5月11日 (水)

当面の行動

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

Img_4273阪神間の行動

 

※5月14日(土) ウクライナ反戦障害者作業所行動 10時 阪神尼崎駅前

         6・19木村英子参議院議員を囲む会 第1回実行委員会 

※5月14日(土) 川西憲法集会 14時 きららメッセ(能勢電「絹延橋」西7分) 講演:冨田宏治関学大教授 各政党代表

5月14日(土) 『続・全共闘白書』出版会 東京

5月14日(土) 老朽原発うごかすな実行委員会 14時 PLP会館

5月14日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

5月15日(日) 改憲阻止市民フォーラム 12時 JR大阪駅前

515日(日) 狭山座り込み行動 10時 JR神戸駅前

5月15日(日) グループZAZA・連続講座 丁章(チョンジャン)さん講演会~無国籍の在日サラムを生きるとは 14時 エルおおさか6階会議室(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

Img_4275 515日(日) 沖縄「返還」50周年 南西諸島に自衛隊を配備するな 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)  報告:清水早子(宮古島在住) 集会後デモ行進

 

※5月18日(水) 阪神社会運動情報センター・情勢研究会 18時半 阪神センター

5月19日(水)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

5月20日(金) 共同テーブル近畿 第2回討論集会 18時半 大阪市中央区民センター

521日(土) 尼崎反維新集会 14時 中央北生涯学習プラザ(阪神尼崎、阪急塚口などから「総合医療センター」バス停西2分) 講演:冨田宏治関学大教授

521日(土) 広島・長崎から福島へ続く核被害 内部被ばくの危険性を考える 14時 高槻現代劇場(阪急「高槻市」南西8分)

※5月22日(日) おおつる求伊丹市議議会報告&意見交換会 10時 稲野センター集会室 15時 いたみホール会議室2 

※5月22日(日) あなたの声をきかせて大フォーラム5月企画 14時 尼崎小田南生涯学習センター(JR「尼崎」東南5分)

 

523日(月) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 9時半 座り込み集会開始 大阪地裁前公園  1015分 大法廷傍聴抽選 11時 判決言い渡し  大阪高裁201

5月23日(月) 美浜3号機運転差し止め仮処分 第4回審尋 15時半 大阪地裁

※5月23日(月) 5・28福島みずほ国政報告会実行委員会 18時 いたみホール

 

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月例会 10時 神戸市勤労会館

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月学習会 14時半 神戸市勤労会館

5月28日(土) 引き下げアカン!大阪の会 第8回総会 13時半 大阪府社会福祉会館5階

※5月28日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 講演会 13時半 日本基督教団・宝塚教会(阪急「逆瀬川」西北7分)

528日(土) 福島みずほ国政報告集会 14時 いたみホール大ホール(阪急「伊丹」北3分) 福島瑞穂&斎藤浩平ズームトーク

5月28日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

528日(土) 関生事件の全容集会 18時半 エルおおさか南館ホール(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

 

529日(日) 老朽原発うごかすな大集会 13時 大阪・うつぼ公園(地下鉄四つ橋線「本町」西北4分)

 

530日(月) 李哲さん獄中記『長東日記』を語る(その2) 18時半 阿倍野区民センター(地下鉄「阿倍野」南3分)

 64日(土) 小出裕章講演会 14時 垂水・アバンテホール(JR「垂水」、山電「垂水」北東5分)

Img_3371 ※6月4日(土) 連帯HYOGOみなせんと兵庫野党の協議 17時半 神戸市勤労会館(JR[三宮」東南4分]

64日(土) つじ恵と参議院選を語る 尼崎・尼崎北部集会 19時 トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 西宮・宝塚集会 14時~16時 大学交流センター(阪急「西宮北口」北東2分 アクタ東館6階)

※6月5日(日) つじ恵と参議院選を語る 尼崎西南部集会 19時 すこやかプラザ(JR「立花」南2分、フォレスタ西エレベーターで5階)

66日(月) つじ恵と参議院選を語る 尼崎東部集会 19時 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

2022年5月10日 (火)

激戦地ヘルソンを取材する現地記者が明かす「占領地の本当の惨劇」~『フライデー』より 

激戦地ヘルソンを取材する現地記者が明かす「占領地の本当の惨劇」

 

5月9日の「対独戦勝記念日」を前にステージを作るロシア軍。軍用車には象徴的「Z」の文字が(画像:リジェンコ氏撮影、以下同)

ウクライナ南部ヘルソン――。

ロシア軍が今年2月24日の侵攻直後から猛攻を加え、制圧を宣言した街だ。5月6日にはプーチン大統領の側近アンドレイ・トゥルチャク上院第1副議長が同市を訪れ、「ロシアは永遠にとどまる」と発表。食料や医薬品などを人道的に供給し、地元の人々から支持を得ているとした。だが真実は違うようだ。

「ヘルソンではロシアの国旗が掲げられた場所もあります。しかし(ロシアの傀儡政権となる)『ヘルソン人民共和国』建国のために、住民投票が準備されているようには見えません。ロシア軍は、歓迎されていないんです」

こう語るのはヘルソン在住の国際ジャーナリスト連盟会員、コンスタンティン・リジェンコ氏だ。リジェンコ氏はロシア軍の市民への攻撃をSNSなどで、たびたび世界へ向け発信。音信不通となるたびに、「誘拐されたのでは」という記事が出るほど国内外で有名な記者だ。『FRIDAYデジタル』の取材に対しては、インタビューの矢先にヘルソン全域の電話とインターネット回線が全面的に遮断されたが、かろうじてWi-Fiが使える地点まで移動し話をしてくれた。

以下はリジェンコ氏が語る、「占領地の本当の姿」だ。

「ヘルソンは、もう2ヵ月もロシア軍に支配されています。薬も食料もなく、ほぼすべての店が閉まっている。何も残っていません。あるのは、ロシア占領下のクリミアから運ばれてくる食料品だけです。ただロシア製の品物は値段が高く、なかなか手が出ません。その前に、誰もロシアの製品など買おうと思いませんが……」

「ヘルソンは魂が抜かれた」

クリミアから来たロシア人露天商

街のいたるところに検問所があり、住民は自由に行き来することができないという。

「ロシア兵が街中を歩き回り、いつも住民たちに目を光らせています。街の中心部でも人がほとんどおらず、ヘルソンは魂が抜かれてしまったようです」

学校では、強制的に学習要領がロシア向けに変更される動きがあるという。教師たちは導入を防ぐべく、例年より早く年度末の授業を終了。現在は長い休み期間だ。

「通貨がロシアのルーブルに変わるという報道がありましたが、実際はまだ変更していない(5月8日現在)。ロシア系の国を建国する動きもありません」

住民の歓心を買おうとしているのだろう。食料事情に関して、ロシア軍の奇妙な行動が目をひいたとか。

「私が運営するボランティアセンターでは、寄付金で毎日温かい食事を提供しています。100から150リットルの大量のスープを作り、200から400人の住民に食べてもらっているんです。食料を詰めた袋も、毎日100から150個用意しています。

最近、奇妙なことが起きています。私たちのボランティアセンターに対抗するためなのか、すぐ近くにクリミアから来たロシア軍の支援物資配給車が停まり、物資を配るようになったんです。最初は100mほど離れていましたが、今ではボランティアセンターの真ん前に停まっています。おかしな行動です」

ロシア軍は、住民を取り込みヘルソンの「ロシア化」を徐々に進めようとしているのだろう。リジェンコ氏の嘆きは深い。

「爆撃などで破壊されても、モノは再建できます。私が恐れるのは、住民の心に宿る幼い頃からのヘルソンの素晴らしい思い出がロシア軍によって壊されることです。毎日、恐怖心を抱えながら過ごしています」

ボランティアセンターでの活動風景
ロシア軍の物資配給車
ヘルソンにもロシア国旗が……
クリミアからの売人
破壊され閉鎖されたマーケット
ATM前にできた長蛇の列
  • 撮影:リジェンコ氏

2022年5月 9日 (月)

5・15軍事要塞化と闘う琉球弧の人びとー宮古島の自衛隊ミサイル基地反対運動ー集会のご案内

集会「軍事要塞化と闘う琉球弧の人びと」のお知らせ

 5・15集会のお知らせです。
 講演集会とデモ
 軍事要塞化と闘う琉球弧の人びと
ー宮古島の自衛隊ミサイル基地反対運動ー

220515大阪アクション集会表
講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)
日時:2022年5月15日(日)
 13:30開場 14:00開会  
 16:00閉会  デモあります
場所:PLP会館5階大会議室
資料代:800円(学生 300円)

講師:プロフィール
 島の子供たちと関わる仕事に就き宮古在住28年目
 反戦反基地市民運動を継続し、宮古島市民として島内外へ基地反対運動を発信中。
 珊瑚の海に素潜りで戯れる「いんしゃあかなす(海人)」志望。

主催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション220515大阪アクション集会チラシ裏
宮古島でのミサイル基地反対の闘いから学び、琉球弧の軍事化を阻止しよう
 50年前、沖縄の施政権が米軍から日本に「返還」されました。沖縄の人びとは、軍隊を持たない「日本国憲法」がある日本への「復帰」により「基地のない沖縄」が実現すると希望を抱きました。しかし沖縄に集中する米軍基地は撤去されず、それどころか日本政府によって辺野古に新しい米軍基地の建設が進められています。
 今「中国の脅威」に対抗するためと称し、米軍基地だけではなく、与那国島、石垣島、宮古島、奄美大島、馬毛島に自衛隊基地を建設し、ミサイル部隊を配備することが進められています。また辺野古新基地をはじめ、自衛隊が沖縄の米軍基地を共同使用し、共同で演習・訓練を行うことも明らかにされています。琉球弧の軍事要塞化が進められています。これは島々が戦場になることを想定しています。
 ロシアによるウクライナ侵攻は、軍拡と軍事同盟の強化は戦争への道であることを改めて示しました。そして犠牲になるのは民衆です。狭い島が戦場になれば住民は避難することもできず、多くの人が犠牲になります。再び沖縄戦が繰り返されることになるのです。
 沖縄の人びとが望んだ「基地のない沖縄」を私たちは未だ実現させることが出来ていません!それどころか、再び沖縄戦を繰り返す愚かな政策を続けさせています。50年経って、このような状況が許されるでしょうか?
 この度、宮古島から「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」の清水早子さんからお話をお聞きする機会を設けました。宮古島でのミサイル基地反対の闘いから学ぶとともに、どうすれば私たちが琉球弧の軍事化を阻止し、基地建設をとめることができるのか考え行動しましょう。多くのみなさまの参加をよびかけます。
(おことわり)コロナ感染状況によっては、リモートでの講演になる場合があります。

本集会に多くの個人・団体の参加と賛同を呼びかけます
●個人賛同 一口 1000円 ●団体賛同 一口 2000円
 ゆうちょ振込口座番号 00920₋4₋274497 加入者名「辺野古に行こう」
 個人名(団体名)と口数、名前の公表の可・不可を払込取扱票に記載お願いいたします。(公表不可の方は、間違いなきよう以下のメールでもご連絡お願いいたします)
 なお当日Youtubeでオンライン配信を行います。URLは改めて大阪アクションのブログ、SNSなどで告知いたします。
 大阪アクション メールアドレス stophenokosaka@gmail.com

  連絡先:市民共同オフィスSORA TEL 06₋7777₋4935
                 FAX 06₋7777₋4925

2022年5月 8日 (日)

すでに7人が消された…プーチン大統領を支える「オリガルヒ」続々“怪死”の真相~日刊ゲンダイ

すでに7人が消された…プーチン大統領を支える「オリガルヒ」続々“怪死”の真相

公開日: 更新日:

5.9戦勝記念日目前で異変が…

異論は徹底的に潰す(C)ロイター/Sputnik/Kremlin
異論は徹底的に潰す(C)ロイター/Sputnik/Kremlin
拡大する
バリバリの親プーチン派“美人すぎる検事総長”は何を見た? 反体制ナワリヌイ氏に同情発言 「プーチン暗殺クーデター」計画をウクライナ政府機関がFB投稿 露エリートと側近結託の信憑性 総資産1.9兆円のロシア資産家が取った行動は…ヨット2隻死守の逃避行だった

 5月9日の対独戦勝記念日を目前に控え、ロシア軍によるウクライナ南東部への攻撃が激しさを増している。軍事パレードで掲げる「成果」の獲得に躍起になっている状況だ。そんな中、プーチン大統領の周辺で異変が起きている。政権を支える新興財閥「オリガルヒ」が、次々に謎の死を遂げているのだ。

 ◇  ◇  ◇

 ロシアの経済紙RBC(4日付)によると、国内で数十店舗を展開するレストランチェーン「カラバエフ兄弟の料理店」の共同創業者、ウラジーミル・リャキシェフ氏が今月1日、モスクワの自宅マンションのベランダで、頭を銃で撃たれ死亡していたのが見つかった。発見した妻によると、脇には本人の猟銃が置いてあった。

 不気味なのは、これまでもオリガルヒの不審死が相次いでいることだ。リャキシェフ氏を含め、2月24日のウクライナ侵攻開始前から少なくとも7人が怪死している。

「ロシアの天然ガス独占企業・ガスプロム子会社のガスプロムバンク元副社長が4月18日、モスクワ市内の住宅で妻と娘を射殺した後に自殺したとされています。その翌日、天然ガス大手ノバテク社の元副会長がスペインの別荘で妻子と共に死亡しています」(国際ジャーナリスト)

“口封じ”で粛清された可能性大

モスクワでは軍事パレードのリハーサルが行われている(C)ロイター
モスクワでは軍事パレードのリハーサルが行われている(C)ロイター
拡大する

 7人全員が自殺したとされているが、短期間に次々に自殺するのは、さすがに不自然だ。プーチンに粛清された可能性が高いのではないか。筑波学院大教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

「これまで亡くなったのは、プーチン大統領の秘密を知りうる立場の人物が中心です。“口封じ”のために粛清されたとみるのが自然でしょう。とくにロシアの主要産業であるエネルギー関連企業の内部で、カネの動きを把握していた幹部ばかりが死亡している。プーチン大統領の汚職の実態を知っていたために殺されてしまった可能性があります」

 ただし、リャキシェフ氏の仕事はエネルギー関連でなく、飲食関係だ。

「恐らく、リャキシェフ氏は今回の軍事侵攻について批判的な意見を周囲に漏らし、それがプーチン大統領の耳に届いたのでしょう。オリガルヒに『反戦』を訴えられれば、世間に与えるインパクトは大きい。プーチン大統領は9日の戦勝記念日を無事に迎えるため、批判を徹底的に抑え込みたいはずです。今後、あらゆる業種のオリガルヒが粛清の対象になるでしょう。現状でも、7人以外に不審死を遂げたオリガルヒがいるとみられます」(中村逸郎氏)

 政権を支えるオリガルヒの排除は、プーチン政権にとってマイナスにならないのか。

「ほとんどダメージはないでしょう。プーチン大統領は、今回の粛清であいた“ポスト”に、息のかかった別の人物を押し込めばいいだけです。そもそも、オリガルヒは政権とつながることでカネ儲けしてきました。虎視眈々と“ポスト”を狙っている『オリガルヒ候補』は大勢いるとみられます」(中村逸郎氏)

 これまでもプーチンは、開戦以来の苦戦にいら立ち、情報機関幹部を粛清してきたとされる。今後、何人が“消される”ことになるのか。

5・7ウクライナ反戦デモに180人

  Img_4273 5月7日(土)午後、市民デモHYOGOと憲法共同センターの共催で、東遊園地花時計前で集会後、東遊園地~三宮センター街~JR元町駅東口手前までデモ行進しました。ロシアのウクライナ侵攻(2月24日)から2か月半経ちますが、戦火は収まる気配がありません。かなりの暑さの中、約180人が参加しました。
   主催者から日本学術会議問題で3回共同闘争をおこなって以来の共同闘争だとの意義の説明と、ウクライナへのロシアの侵攻を止め1日も早い停戦の実現を求めて行動していこうとのあいさつが。そのご憲法共同センター側と、市民デモHYOGO側の1団体がそれぞれ発言。市民デモ側は、元べ兵連神戸で闘った方から、市民運動の中に色々意見があるが、まずは戦争で人が死ぬことに向き合い、それをやめさせること、そのための行動を起こしていこうとの発言がなされた。 その後プーImg_4275 チン大統領への抗議要請文を提案し、全参加者の賛同を得られたので、後刻ロシア大使館あてに投函した。
 デモは市役所南から北上し、三宮センター街の中をとおり元町までという神戸では定番のデモであったが、現に今おこなわれている戦争に反対する行動する人があるのだと、デモ隊に手を振ってくれる買物客や若い人達もかなりありました。

2022年5月 7日 (土)

許されざるロシア軍の暴虐に、国家による市民や兵士「命の軽視」の歴史 

許されざるロシア軍の暴虐に、国家による市民や兵士「命の軽視」の歴史 専門家の懸念〈dot.〉



配信

コメント21件


  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AERA dot.




ロシア軍の侵攻はいつまで続くのか(gettyimages)

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月 6日 (金)

当面の行動

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

Img_4155 木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 
57日(土) ウクライナ反戦・阪神尼崎スタンディング 12時 阪神尼崎駅前

Img_4183 57日(土) ウクライナ反戦・オール兵庫デモ 14時半 神戸・花時計前(JR「三宮」南10分)

57日(土) つじ恵関東総決起集会 14時 東京・私学会館(JR「四谷」東南5分)

5月7日(土) 競争・強制でなく命と人権を守る教育を!集会 14時 エル・おおさか南館5階(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)  講師:桜井智恵子関学第教授

5月7日(土) 原発の何が問題か? 裁判の争点から読み解く 14時 宝塚市男女共同参画センター1AB(阪急「宝塚」直結1分)

 

※5月14日(土) 川西憲法集会 14時 きららメッセ(能勢電「絹延橋」西7分) 講演:冨田宏治関学大教授 各政党代表

5月14日(土) 老朽原発うごかすな実行委員会 14時 PLP会館

5月14日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

5月15日(日) グループZAZA・連続講座 丁章(チョンジャン)さん講演会~無国籍の在日サラムを生きるとは 14時 エルおおさか6階会議室(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

515日(日) 沖縄「返還」50周年 南西諸島に自衛隊を配備するな 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)  報告:清水早子(宮古島在住)

 

5月19日(水)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

5月20日(金) 共同テーブル近畿 第2回討論集会 18時半 大阪市中央区民センター

5月21日(土) つじ恵高砂集会 

521日(土) 尼崎反維新集会 14時 中央北生涯学習プラザ(阪神尼崎、阪急塚口などから「総合医療センター」バス停西2分) 講演:冨田宏治関学大教授

521日(土) 広島・長崎から福島へ続く核被害 内部被ばくの危険性を考える 14時 高槻現代劇場(阪急「高槻市」南西8分)

※5月22日(日) おおつる求伊丹市議議会報告&意見交換会 10時 稲野センター集会室(阪急「伊丹」西南5分) 15時 いたみホール会
         議室2(阪急「伊丹」北3分) 

522日(日) あなたの声をきかせて大フォーラム5月企画南東5分) 14時 尼崎小田南生涯学習センター(JR「尼崎」東南5分)

 

523日(月) 関生弾圧 第一次大阪弾圧 判決公判 11時  大阪高裁201

5月23日(月) 美浜3号機運転差し止め仮処分 第4回審尋 15時半 大阪地裁

※5月23日(月) 5・28福島みずほ国政報告会実行委員会 18時 いたみホール

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月例会 10時 神戸市勤労会館

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月学習会 14時半 神戸市勤労会館

5月28日(土) 引き下げアカン!大阪の会 第8回総会 13時半 大阪府社会福祉会館5階

※5月28日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 講演会 13時半 日本基督教団・宝塚教会(阪急「逆瀬川」西北7分)

528日(土) 福島みずほ国政報告集会 14時 いたみホール大ホール(阪急「伊丹」北3分) 福島瑞穂&斎藤浩平ズームトーク

5月28日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

528日(土) 関生事件の全容集会 18時半 エルおおさか南館ホール(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

529日(日) 老朽原発うごかすな大集会 13時半 大阪・うつぼ公園

2022年5月 5日 (木)

日比谷メーデー

「子ども育てる権利を守ろう!」〜日比谷メーデーでグレン・ウッドさん訴える

 

動画(グレンさん訴え 4分半)

 5月1日の日比谷メーデーは、久しぶりに観客を会場に入れての開催になった。入場制限はあったものの、日比谷野外音楽堂はほぼ埋まり、コロナ前の賑やかな雰囲気に包まれた。会場を見渡すと、東京清掃労組の数がひときわ多く、ほかに国労や民間中小ユニオンの旗が目立った。

 争議団の発言では、育休取得で報復解雇された「三菱UFJモルガンスタンレー証券」のグレン・ウッドさんが壇上に上がった(写真上)。長男の手を引いていた。グレンさんは、この子が生まれるときに難産だったため、育休を申請したが拒否された。それどころか報復のハラスメントを受けて解雇されてしまった。
 グレンさんは以後、解雇撤回を求めて裁判を6年間たたかっている。「素晴らしい育休制度ができているのに、なぜ使えないのか。少子化のなかで、こういうことをやってはいけない。子どもが出来ても仕事が続けられない社会はおかしい。これは家族・子どものためだけではなく、日本の将来、会社の将来のためにも大事なことだ。日本の将来のため頑張りましょう」とグレンさんが訴えると、会場から大きな拍手が起きた。

 来賓挨拶では、今年参院選に比例区で挑戦する福島みずほ社民党党首が登壇。「国会に残って頑張って踏ん張りたい。世界の流れは社会民主主義で、チリでは30代の大統領が選ばれた。いま日本でいのちを守る政策が必要だ」とアピールした。

 この日は、日比谷メーデー始まって以来の右翼の激しい妨害行為があった。10台近い右翼街宣車の大音響だけでなく、構成メンバーが押しかけて集会警備のメンバーと揉み合うシーンもあり、現場は騒然とした。「労働者のメーデーができなくなったら大変なことだ。権利侵害だ」として、主催者側は右翼の妨害にしっかり対処しない警察に対しても強く抗議した。(M)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*以下は現場にいた高野幹英(まっぺん)さんのレポート

右翼のメーデー妨害を許すな!

 

動画(右翼妨害 6分)

◼️日比谷公園霞門前の反対車線に右翼の街宣車5台ほどが集結し、汚い言葉でメーデー参加者を罵っていた。実行委員の1人がたまりかねて抗議に行くと殴る蹴るの暴行の上、逆に「暴力を振るわれた、警察は逮捕しろ」と妄言をはき、門前まで襲撃して来た。警備隊はそれを押し返し、警官隊もそこに入って制止。

◼️街宣車が行進妨害と交通違反

実行委員会の警備担当が「この50年で右翼がメーデーに手を出したのは初めてだ!」と激怒し「こちらはメーデー実行委員会だ。君たちは君たちでやればいい!」「間もなくデモ行進が始まります」と言うと、門前に3台の街宣車が集まり行進を妨害。交差点での方向転換は明らかな交通違反だ。また、そのため行進出発が遅れた。

◼️メーデー始まって以来の暴挙

警備担当、今度は警察に「こんな事はメーデー始まって以来です。労働者の祭典であるメーデーにさえも右翼が入り込んできた。警察はしっかりして欲しい。我々は遊んでいるわけじゃない。メーデーは私たちの権利です」「右翼は殴ったり蹴ったりやりたい放題です。これでは私たちも防衛隊を出して対峙しなければなりません」

◼️右翼はゴジラと闘う自衛隊?

右翼の街宣車はいつも演歌や軍歌を鳴らすもので、その音楽的発想の貧しさは誰もが知る事だが、今回は伊福部昭の『ゴジラ』。艦隊が海上から勇ましく爆雷を投下するシーンに使われる音楽だ。ゴジラはお前たちのほうだろう!(高野幹英)

↓主催者の鳥井さんが訴え。右翼に手を殴られ出血も。

2022年5月 4日 (水)

「改憲発議許さない!2022憲法大集会」が東京都江東区の有明防災公園で

5・3憲法大集会に15000人

「まずは、参議院選挙です」(市民連合・中野晃一さん)

動画(7分14秒)
 

 

5月3日、憲法施行75周年の節目で「改憲発議許さない!2022憲法大集会」が東京都江東区の有明防災公園で開催され、15000人が集まった(主催:平和といのちと人権を!5.3憲法集会実行委員会)。

この集会はこの間コロナで規模縮小で開催されてきたが、今回は有明防災公園で3年ぶりの開催である。特に今年は7月に参議院選挙が予定されており、今後3年間は解散がなければ総選挙がないことが予想され、これを機に自民党が改憲作業を一気にすすめていこうと言われている中での非常に重要な時期での開催となる。

今回は、政党からは立憲民主党、日本共産党、社会民主党が登壇した(れいわ新撰組は、秘書の参加)。立憲民主党からは衆議院議員で衆議院憲法審査会幹事の奥野総一郎さんが登壇、「絶対に9条を守る。国民に今の与党の改憲案のひどさを訴えていきたいです」と発言した。

市民連合の中野晃一さんは、「自衛権の名のもとにフルスペックの集団的自衛権の行使までやるということになると抑止力に頼るしかなくなります。これは9条がないのと同じです。まずは、参議院選挙です」と訴えた。(湯本雅典)

2022年5月 3日 (火)

当面の行動

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

 

53日(火) 憲法集会  大阪:扇町公園 13

              神戸:港の森公園 13時  ビラまき 12

5月3日(火) 大椿ゆうこキックオフ集会 15時 PLP会館

5月5日(木) つじ恵堺行動 11時うちあわせ 13時反カジノ署名  つじ選対総合会議 18時 つじ事務所

57日(土) ウクライナ反戦・阪神尼崎スタンディング 12時 阪神尼崎駅前

57日(土) ウクライナ反戦・オール兵庫デモ(仮称) 14時半 神戸・花時計前

57日(土) つじ恵関東総決起集会 14時 東京・私学会館(JR「四谷」)

5月7日(土) 競争・強制でなく命と人権を守る教育を!集会 14時 エル・おおさか南館5階(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)  講師:桜井智恵子関学第教授

5月7日(土) 原発の何が問題か? 裁判の争点から読み解く 14時 宝塚市男女共同参画センター1AB(阪急「宝塚」直結1分)

 

5月9日(月) 6・19高作正博講演会「ウクライナ侵攻と、軍拡・核武装」実行委員会 

※5月14日(土) 川西憲法集会 14時 きららメッセ(能勢電「絹延橋」西7分) 講演:冨田宏治関学大教授 各政党代表

5月14日(土) 『全共闘白書』出版会 

5月14日(土) 老朽原発うごかすな実行委員会 14時 PLP会館

5月15日(日) グループZAZA・連続講座 丁章(チョンジャン)さん講演会~無国籍の在日サラムを生きるとは 14時 エルおおさか6階会議室(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

515日(日) 沖縄「返還」50周年 南西諸島に自衛隊を配備するな 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)  報告:清水早子(宮古島在住)

 

今日は憲法記念日。その前に中の島メーデーのつづき

 Img_4244 5月1日の中之島メーデーは、大阪中之島公園・剣先ひろばで13時半から800人の参加で行われた。
 主催者挨拶は3団体のうち、今年は大阪全労協から。
 連帯挨拶として、大阪労働者弁護団が多数壇上に上がり、労働法の意義と弾圧との闘いをアピール。
 ついで、政党・自治体議員などから、社民党・大椿ゆうこ参議院予定候補、立憲民主党・野々上愛大阪府議、中西とも子箕面市議、木村真豊中市議、おおつる求伊丹市議などが発言。最後にれいわ新選組の大石あきこ衆議院議員が、カジノ反対・維新打倒、参議院選勝利を訴えた。
 そのあと恒例の川口真由美&おもちゃ楽団の音楽演奏。
 そして争議団体からJAL争議団、教育合同、郵政ユニオン、全日建関生支部、関西合同労組、Img_4248 学生メーデー実行委などから元気のよいアピールが続いた。
 さいごはポテッカーを掲げコール・写真撮影、団結頑張ろうののち、西梅田公園までデモ行進をおこなった。

2022年5月 2日 (月)

ゴキブリの死骸を送り付けられ…「助けてください」被害女性が大臣に直接、訴えたこと~この国で人権は守られるのか

ゴキブリの死骸を送り付けられ…「助けてください」被害女性が大臣に直接、訴えたこと



配信



  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan




自らの顔写真にゴキブリの写真がコラージュされた手紙を持って被害を訴える崔さん(画像の一部にぼかし加工をしています)

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「私たちを見殺しにしないでください」

 

 

 

 

 

 

 

法相「ヘイトがあふれている」

Kota Hatachi / BuzzFeed

 

 

 

 

 

2022年5月 1日 (日)

メーデー尼崎と中の島メーデー

 Img_4221 今日5月1日はメーデー。11時からのメーデー尼崎と、13時半からの中の島メーデーに参加。
 まずは阪神尼崎駅前のメーデー尼崎。11時から開始だが、心配された天気も、それまでの雨が上がり、参加者も例年を上まわる150人。
 開会のあいさつは尼崎地区労の酒井浩二議長。ウクライナ反戦と格差・貧困の打破を訴え、全体Img_4226 を引き締めた。参加の労組・団体は、園田学園中高教職員組合、武庫川ユニオン、兵庫土建、関西合同労組、全港湾大阪支部、連帯ユニオン関生支部、阪神合同労組、JP労組、国労、大阪労働者弁護団、阪神社会運動センターなど多士済々。
 参加の議員も、社民党からは大島淡紅子宝塚市議、新社会党の都築徳昭尼崎市議、みどりの迫田敬一尼崎市議。それに尼崎地区労の行事にはあまり参加したことのない丸尾牧兵庫県会議員まで参加し、こちらも広がりをみせた。
 ウクライナ反戦問題では関西合同労組の佐々木伸良委員長がロシアの侵略を弾劾し、阪神尼崎駅前ですでに3回取り組んだ反戦スタンディングを発展させようと訴えた。最後に武庫川ユニオン飯田政志委員長の音頭でシュプレヒコールを唱和し、阪神出屋敷までのデモ行進に出発した。

 Img_4248 13時半からは大阪の中の島メーデーに参加。こちらは1時間半にわたる本格的集会と、政党からは大石あきこ衆議院議員など、争議組合、大阪労働者弁護団などの発言と、川口真由美さん音楽など、例年以上の盛り上がりとなった。(詳細は別途)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村