« ロシアの侵略を「真珠湾攻撃」にたとえたゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり! | トップページ | 当面の行動 »

2022年3月21日 (月)

西宮市長選、泉房穂明石市長もかけつけ、維新打倒へ好発進

 Img_4053 20日、西宮市長選・西宮市議補選が告示となり、ポスター貼り、市議補選宮本恵子出発式、市長選・石井登志朗応援演説会(泉房穂明石市長応援)、れいわ新選組の宮本恵子応援モモタロウ、ポスティングなどを、西宮市民派、阪神センター関係者、れいわ関係者(つじさんら)40人近くが決起し、上々の滑り出しとなりました。

 市長選は直前に自民が立候補し、昨年4月宝塚市長選型の自民・維新・無所属現職(宝塚は現職後継者)の争いとなり、対維新色を強める中でしか勝利がない(宝塚は反維新応援弁士を投入したのは最終日で大接戦)ことが明らかになりました。
 Img_4083 この点で12日の反維新集会に280人(現・元各級議員が20人参加)は全体のベースになりました。また13日には10月に市長選を控える川西からは越田健次郎市長、11月市長選のの稲村和美尼崎市長、昨年4月に維新に勝利した山崎晴恵宝塚市長、昨年4月に自民に勝利したいとうまい芦屋市長がかけつけ、大いに意気が上がりました。特に20日の泉房穂明石市長の応援は、維新候補の事前チラシには「明石市がモデルと」と言っていただけに、「明石市長は維新に反対」を明言したわけで、維新には大打撃となりました(写真左)。
 
 市議補選には夫の遺志を受け継いだ宮本恵子さんが無所属で市議補選。ここには高砂・明石・神戸・芦屋・西宮・宝塚・伊丹・尼崎などから立憲民主党をはじめ緑、無所属などの県議・市議が応援にかけつけました。応援には昨年10月の安田真理選挙を妨害した栗山県議(立憲・西宮、3月13日立憲県連幹事長を解任)の姿は当然にもなく、逆に栗山追及を担った市民が目立ちました。Img_4082

 いよいよ「西宮決戦」。「兵庫首長取り」を宣言する維新を撃退するかは、西宮の闘いにかかっています。維新の方も松井・吉村の投入、地方議員の全力投入を公言しています。最終日26日・土曜日は午後から各陣営入り乱れて西宮北口の阪急ガーデンズ周辺での場所取り・演説合戦になります。近畿市民派議員も総結集を呼びかけています。20時までにガーデンズ前に来れる人はぜひ駆けつけてください。

 本日21日は、15時から、阪急西宮北口の東南にある、西宮ガーデンズ前で、市民派議員の宮本恵子応援演説会が開かれます。

« ロシアの侵略を「真珠湾攻撃」にたとえたゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり! | トップページ | 当面の行動 »

コメント

神戸市長と伊丹市長、三田市長は応援演説に来られる予定は無いのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアの侵略を「真珠湾攻撃」にたとえたゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり! | トップページ | 当面の行動 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村