« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月31日 (木)

ウクライナ侵攻を指揮「ロシア国防相」はどこに消えた? 健康不安か更迭か…飛び交う憶測~日刊ゲンダイ

ウクライナ侵攻を指揮「ロシア国防相」はどこに消えた? 健康不安か更迭か…飛び交う憶測

公開日: 更新日:
ショイグ国防相(中)はプーチン大統領の側近中、最も人気のある政治家だ(コロコリツェフ内務相=左、ゾロトフ国家親衛隊局長=右) (C)ロイター/Sputnik/Kremlin
ショイグ国防相(中)はプーチン大統領の側近中、最も人気のある政治家だ(コロコリツェフ内務相=左、ゾロトフ国家親衛隊局長=右) (C)ロイター/Sputnik/Kremlin
拡大する
  

 ウクライナ侵攻を指揮する軍トップの沈黙は何を意味するのか。ロシアのショイグ国防相の消息に欧米メディアが強い関心を寄せている。

 今月11日から動静が伝えられず、2週間近くも“雲隠れ”。24日にロシア大統領府はオンラインでの安全保障会議にショイグ氏が出席したと発表。プーチン大統領に報告する映像も公開された。しかし、冒頭でショイグ氏の画面だけ乱れ、音声はなし。あまりの不自然さに過去の映像を使い回したとささやかれている。

 その後も国防省会議を主催するも、公開されるのは同省提供の映像のみで、さまざまな臆測を払拭できていない。ロシアの独立系メディアは、健康状態が優れないと報道。その他、軍事作戦の難航の責任を問われた更迭説や、殺害・死亡説などが欧米メディアを賑わせている。

「ショイグ氏は非常事態相、モスクワ州知事を歴任。不言実行のイメージから、ロシア国内で最も人気のある政治家です。プーチン氏も国民感情を考えれば、いきなり彼を処分しないでしょう。ただ、彼はもともと建築技師で軍歴を持たない。釣り仲間のプーチン氏の引きで現在のポストを得た立場です。2012年の就任以来、軍の近代化を進めましたが、今回の戦争ではウクライナ軍に通信傍受を許す始末。何らかの責任を取らされても、おかしくありません」(国際ジャーナリスト・春名幹男氏)

核発射に備え秘密の場所に庇護か

過去の映像を使いまわしたのか(ロシアのプーチン大統領=右、と会議をおこなうショイグ国防相=左2、2月27日) (C)ロイター/Sputnik/Kremlin
過去の映像を使いまわしたのか(ロシアのプーチン大統領=右、と会議をおこなうショイグ国防相=左2、2月27日) (C)ロイター/Sputnik/Kremlin
拡大する

 ショイグ氏は「核のボタン」の管理にも関係している。プーチン氏が核のボタンを押すにはショイグ氏か、ゲラシモフ参謀総長いずれかの承認が必要だ。そんな重要人物がどこに消えたのか。時事通信は29日、英調査報道機関のジャーナリストの話として「政府専用機が防空壕があるとされる中部ウファに行き来しており、ショイグ氏はそこにいる可能性がある」と報じた。

「プーチン氏は旧ソ連時代の『核先制使用』の禁止を放棄。14年の軍事ドクトリンで『地域紛争での非戦略核兵器の使用』を認めた。小型の非戦略核兵器を使用する恐れは今も拭えない。ショイグ氏に加え、ゲラシモフ氏も姿を見せていません。2人とも核発射に備え、秘密の場所に身を隠している可能性もあります」(春名幹男氏)

 やはりプーチン氏は核戦争のシナリオを排除していないのか。

2022年3月30日 (水)

当面の行動

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

Img_4097 定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

Img_4125 4月2日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

4月2日(土) 辺野古神戸行動 13時 神戸三宮・マルイ前(阪急「神戸三宮」南2分)

42日(土) 市民デモHYOGO学習会 沖縄3 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) リモート報告:清水早子(宮古島在住 神戸大出身) 会場報告:伊藤武是(弁護士、元裁判官)

42日(土) 森友事件は未解決 怒りの集会・デモ 14時 豊中市立文化芸術センター(阪急「曽根」東4分)

4月2日(土) 西宮市議補選報告会 17時半 西宮勤労会館第8会議室(JR「西宮」南西5分)

4月3日(日) 老朽原発このまま動かすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東2分)

※43日(日) 423つじ恵関西集会成功のための実行委員会 18時 中小企業センター・会議室(阪神「尼崎」北東5分)

4月4日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

※45日(火) ウクライナ反戦スタンディング行動 18時 阪神尼崎駅前

Img_4071 ※4月6日(水) 阪神センター情勢研究会 18時半 阪神センター

4月6日(水) ロックアクション 18時半 西阿波座公園(地下鉄「本町」西5分)

49日(土) 市民デモHYOGO ウクライナ反戦デモ 14時半 神戸・東遊園地北端(阪急・JR・阪神「神戸三宮」「三宮」南8分、神戸市役所高層棟すぐ南)

4月9日(土) 緊急討論会「ウクライナ問題をめぐって」 14時 東山やすらぎ・ふれあい館(京都市東山区梅林町576) 報告:新開純也

4月9日(土) 未来アジア学習会 『独ソ戦』を学ぶ 13時~16時 南久宝寺ビル(南久宝寺町1-9-2)

4月9日(土) 梅田解放区 17時半 梅田・阪急ヘップ5前

※4月9日(土) 尼崎革新懇総会 記念講演 13時半 尼崎中央北生涯学習プラザ(バス停・尼崎総合医療センター西2分) 講演:佐々木寛 市民連合@新潟共同代表、新潟国際情報大教授

410日(日) 関西三里塚集会 14時 エルおおさか606(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分)  講師:藤原辰史京都大准教授

410日(日) 連帯兵庫みなせん集会 13時半 神戸婦人会館(「高速神戸」北3分)

410日(日) 関生弾圧反対!滋賀集会 14時 大津湖岸なぎさ公園打出の森

2022年3月29日 (火)

山東昭子だけじゃない、ゼレンスキー大統領の演説を「国民の戦争動員」に利用する自民と維新の極右議員たち

山東昭子だけじゃない、ゼレンスキー大統領の演説を「国民の戦争動員」に利用する自民と維新の極右議員たち

山東昭子だけじゃない、ゼレンスキー大統領の演説を「国民の戦争動員」に利用する自民と維新の極右議員たちの画像1
国会で演説するゼレンスキー大統領(衆議院インターネット審議中継より)


 先日23日におこなわれた、ウクライナのゼレンスキー大統領による国会演説。演説前、安倍応援団ネトウヨの間では「安倍さんがプーチンにすり寄ったことを批判されるのでは?」という心配の声の一方で、「日露戦争における日本の戦いを賞賛するはず」などという帝国主義・侵略戦争を肯定する身勝手な期待が広がっていたが、実際の演説ではそんな発言はまったくなし。

 それどころか、ゼレンスキー大統領はロシアへの憎悪や戦争への参加を煽るような言葉も口にせず、むしろ、「反戦の連帯」を強調する非常に抑制的なものだった。これは明らかに、日本が憲法で戦争放棄を謳っていることを念頭に置いてのことだろう。

 もっとも日本の極右連中は、その演説をまたまたご都合主義丸出しで歪曲し、悪用を繰り広げている。その典型が、ゼレンスキー大統領の演説のあと答礼の挨拶をおこなった山東昭子・参院議長の、例の発言だ。

「閣下が先頭に立ち、また貴国の人びとが命をも顧みず、祖国のために戦っている姿を拝見して、その勇気に感動しております」

 一方的な侵略によってウクライナ市民は生活を脅かされ、抗戦せざるを得ない状況に追い込まれ、多数の死亡者が出ているというのに、参院議長という立場にある者が「感動しております」などと口にする──。ようするに、山東氏は「国のために命をかけて戦っている」ことを称賛したのである。

 繰り返すが、ゼレンスキー大統領は今回の演説で戦争への参加を煽るような文言を一言も発していない。1000発以上のミサイルが打ち込まれ、数十の街が破壊され、121人の子どもを含む数千人が殺されているという惨状は伝えたが、その上で語ったのは「反戦の連帯」の重要性だった。

 にもかかわらず、「その勇気に感動」などと好戦的かつ美談めいた話にすり替えるとは、言語道断だろう。しかも、いまウクライナ市民が抗っているのは、侵略によって崩されようとしている民主主義や、個人の自由と権利を守るためでもあるだろう。それを為政者が十把一絡げに「祖国のため」と言い、命をかけることを称揚するのは、あまりにも危険な発言だ。

 実際、この山東発言にはすぐさまネット上でも批判が起こったが、本日25日付の東京新聞「こちら特報部」でも、政治学が専門の纐纈厚・山口大学名誉教授が「国を守るためには犠牲をいとわない、そういうゆがんだ愛国心を求めていることにほかならない」と批判し、「不穏当」であると指摘している。

 そもそも、山東氏はこれまでも「9条改正賛成」「自衛隊を国防軍にすべき」などと主張してきた改憲強行派で、安倍政権下だった2019年に参院議長に抜擢されたのも、安倍自民党憲法審査会を強引に動かすための国会運営を可能にする「改憲シフト」のためだったと言われている。そして、いま自民党が改憲によって新設しようとしている「緊急事態条項」は、非常事態だと内閣が認めただけで、人びとの基本的人権の保障は停止され、独裁体制をつくり出すことが可能になる。ようするに「ロシア化」を可能にするシロモノなのだが、それを推進しようという人物が、今回のゼレンスキー大統領の演説を利用して「命をかけて国を守ることは感動すべきこと」などという主張を繰り広げたのである。恥知らずにも程があるだろう。

杉田水脈より酷い、維新の衆院議員が「有事に国を護る気がないなら平時に国から恩恵を受けるな」

  だが、「反戦の連帯」を求めたゼレンスキー大統領の演説をゆがめ、自身の欲望のために利用している国会議員は、山東氏だけではない。

 たとえば、自民党杉田水脈・衆院議員は自身のブログで、〈「日本はアジアで初めて平和を取り戻すためロシアに圧力をかけてくれた」と述べられたことに一番強い印象を持ちました〉と綴った上で、こう記している。

ウクライナだけでなく多くの国々は、日本にはアジアを牽引する役割を期待しています。正にそれが日本の使命だと感じ、それに相応しい国力を保っていかなければならないと改めて強く意識することができました。〉

 言っておくが、ゼレンスキー大統領が日本に感謝し、求めたのは、ロシアに対するさらなる制裁強化やウクライナ復興への支援、そして「アジアのほかの国々とともに力を合わせ、状況の安定化に取り組んでほしい」ということだった。かたや、杉田議員はこれまでさんざん歴史修正発言を振りまき、アジアの国々との関係強化どころか関係悪化に加担してきた人物だ。にもかかわらず、「アジアを牽引する役割を担うことが日本の使命」などと言い、挙げ句、「相応しい国力」などと優位性の誇示しか頭にないことを露呈させたのだ。

 だが、杉田議員よりももっとひどかったのが、日本維新の会の青柳仁士・衆院議員だ。青柳議員はゼレンスキー大統領の国会演説後、自身のTwitterにこう投稿した。
 
〈「国を護りたい」との想いが痛切に伝わってくる演説でした。振り返れば、私たちの平和で豊かな暮らしも、日本という国をつくり、命をかけて護り続けたご先祖のお陰です。有事に国を護る気持ちがないなら、平時にも国から恩恵を受けるべきではありません。国会議員は尚更です。〉

 山東議員の「命をも顧みず祖国のために戦っている姿に感動」も相当ひどい発言だが、なんと青柳議員はそのさらに上をゆき、「国のために命をかける気もない奴は平時から国の恩恵を受けるな」と言い出したのだ。ようするに、「非国民に社会保障を受ける権利なし」というわけだ。

 いかにもネトウヨ脳と新自由主義が魔合体した維新の議員らしい主張だが、言わずもがな維新は、コロナ失策でいまなお大阪で多数の死亡者を出すという「有事」を引き起こしている当事者だ(ちなみに青柳議員は大阪14区の選出)。そんな府民の命を守ることができない維新の議員が、「命をかけて国を守る気持ちがないなら平時から国を頼るな」などと偉そうに吠えているのである。

続きはリテラで

『維新vs.反維新』の熾烈な攻防…西宮市長選 維新の猛攻に対して阪神間市長らが集結

『維新vs.反維新』の熾烈な攻防…西宮市長選 維新の猛攻に対して阪神間市長らが集結

2022/03/28 17:46

Current Time 0:08
/
Duration 2:49
Loaded: 0%
Progress: 0%
 

 任期満了に伴う西宮市長選挙が3月27日に行われました。現職に新人2人が挑む3つ巴で、「維新vs.反維新」の熾烈な攻防が繰り広げられました。

 27日の午後8時ごろ、ほっとした表情で再選の喜びをかみしめたのは現職の石井登志郎さんでした。

 (石井登志郎さん)
 「4年間の若葉マークが今とれ、本当の意味での西宮市長に2期目になんとかなることができた」

 大阪と神戸の間に位置する兵庫県西宮市。住みたい街ランキングではトップ常連の文教住宅都市です。

 市長選に立候補したのは次の3人です。現職で無所属の石井登志郎さん(50)、元兵庫県議で日本維新の会公認の増山誠さん(43)、元兵庫県議で無所属の吉岡政和さん(47)です。舌戦が繰り広げられる中で注目されたのは増山さんを擁立した日本維新の会の猛攻です。

 (日本維新の会 松井一郎代表)
 「大阪と西宮、隣同士なんです。大阪を中心に西宮もその関西圏の中で賑わいのある拠点としてつくり変えていく」

 去年の衆院選では兵庫県内で大きく議席を伸ばした維新。この勢いで西宮に“維新系市長”を誕生させ、夏の参院選では勢力を盤石にしたい考えです。週末には吉村洋文副代表も駆け付けました。

 (日本維新の会 吉村洋文副代表)
 「市長が変われば街は大きく変わります」

 こうした維新の総力戦に待ったをかけたのが、尼崎・宝塚・芦屋など阪神間の市長たちです。

 (尼崎市 稲村和美市長)
 「阪神間はあまり政党色の強くない首長がすでに改革を進めてきていますので、大阪と全く同じじゃないよというのはあるかなと」

 明石市の泉房穂市長も次のように話しました。

 (明石市 泉房穂市長)
 「西宮は大阪の植民地ではありません。大阪を大事にするのか、西宮を大事にするのか、それが争点です」

 また、自民や立憲民主なども相乗りで支援を表明し、西宮市長選は「維新vs.反維新」の激しい攻防となりました。

 そして迎えた投開票当日、現職の石井さんが2倍近い差をつけて再選を果たしました。3月28日からの2期目の市政で本当の手腕が問われます。

2022年3月28日 (月)

西宮市長選・市議補選で維新は完敗

 Img_4083 27日投開票の西宮市長選・市議補選で維新は候補者全員の落選というかつてない惨敗を喫した。
 最終日、吉村大阪府知事を投入し、27日の党大会では「野党第一党を目指す」と宣言したその日に、市長選では現職にダブルスコアに近い差で完敗、市議補選(2議席)では2人立候補=2議席独占の夢が、2人とも落選=完敗の結果となった。
 市議補選では、昨年7月の西宮市議である夫の死をうけ、その志を継いだ宮本けいこさん(無所属・立憲推薦)が、子育て世代の女性や近隣の女性市議らの支援を集め、急激に支持を伸ばし、トップの自民に600票差まで迫り、3位の維新には4000票の差をつけて32713票を獲得しての堂々たる当選となった。
 当センターは、「西宮に維新市長は要らない」の旗を鮮明にさせ、連携するれいわ新選組の仲間や、無所Img_4082 属西宮市議、近隣の立憲女性市議らと一体となって「市長選は石井としろう、市議補選は宮本けいこ」を、宣伝カー回し、ポスティング、メガホンコールなどで懸命に訴え、維新打倒の一端を担うことができた。
 10月には川西市長選、11月には尼崎市長選が控え、いずれも維新との激突が予測されるが、今回の勝利は、この間浸食された兵庫県東部から、維新打倒ののろしを上げる起爆剤となるだろう。西宮市長選・市議補選での勝利を、関西全域に広げていこう。

2022年3月27日 (日)

国会議員に月100万「文通費」めぐり名称変更案が浮上 

まさか、ごまかすつもりか!? 国会議員に月100万「文通費」めぐり名称変更案が浮上 「『議員特権』の全体を見直すべき」

国会議員に月100万円が支給される「文書通信交通滞在費」(文通費)の改革をめぐり、名称を「調査研究広報滞在費」と変更する案が浮上している。与野党6党は24日の協議で、日割り支給の導入では大筋合意したが、民間では常識である「使途公開」や「領収書添付」などは先送りした。まさか、名称変更でごまかすつもりなのか。

文通費は、国会議員の給与(歳費)とは別に国民の血税から支給され、「第2の給与」とも呼ばれる。昨年10月31日の衆院選で当選した新人や元議員にも、在職わずか1日で満額支給されたことで問題視された。

与野党は25日、文通費の見直しをめぐる協議の進捗(しんちょく)状況を公表した。

日割り支給については、新人や元職の議員が当選した月の支給について適用。月の途中で退任した際は、自らの意思による辞職の場合は日割りとするが、衆院解散などの場合は月額のままとする案を議論している。

使途公開と未使用分の国庫返納については、日本維新の会の馬場伸幸共同代表が「絶対に妥協しない」と強調している。

こうしたなか、名称変更案は、自民、立憲民主両党の国対幹部らで事前に水面下で協議し、24日に各党に示されたという。

今後、国会法などを改正し、文通費の定義を「国政に関する調査研究や広報、国民との接触や交流、東京での滞在費など、議員活動のための手当」と明記する方向。

政治ジャーナリストの安積明子氏は「文通費改革が、日割り支給と名称変更など、わずかな見直しで終わるなら、おためごかしだ。JR無料パスなども含め、『議員特権』全体の見直しを急ぐべきだ」と語っている。

2022年3月26日 (土)

西宮市長選・市議補選最終日、維新と自民少数派を退散させ、最終日集会盛り上がる

Img_4120 西宮市長選・市議補選の最終日の3月26日、阪神センターとれいわ新選組の仲間は、つじ恵元州銀議員を先頭に、アクタデッキで12時から19時過ぎまでの6時間のメガホンコールと1時間の市議補選勝利最終集会を貫徹しました。メガホンコールは維新、吉岡を相手に三つ巴で、こちらのしつこさに吉岡、維新は退散。17時40分頃、無所属・立憲推薦の宮本恵子さんが到着。北野聡子宝塚市議、よつや薫西宮市議を先頭15人ほどの近隣市議(高砂、明石、神戸2、芦屋、西宮3、宝塚3、川西2、猪名川)、県議、国会議員が集まり、宮本さんの応援を次々行いました。通行人はビラを取るだけでなく、グータッチをする人、ハグをする人も出てきて、アクタデッキ上は大きな盛り上がりとなりました。
 Img_4124 市長選の石井陣営は雨のなかの西宮ガーデンズ前集会で、アクタデッキ維持戦もありうまく合流できず。維新も雨の中でパラパラの結集だったとか。自民少数派の吉岡陣営とは1時間弱メガホンコールで対峙し、吉岡は10メートルの距離まで接近してきましたが、30分余りで早々に退散しました。あと一人、ワクチン反対・マスクを外そうという、極右女性市議補選候補がアクタデッキに1人で上がってきたので、「マスク外せで責任とれるのか」言うと、怖い目でにらんで通り過ぎましたが、だれからも相手にされない様子でした。

  いよいよ明日は投開票日。45万人=有権者は35万くらいの巨大な選挙で、私たちが担ったのはごく一部で、結果の予測は何とも言えませんが、勝利がほほ笑むと確信しています。
 Img_4122 3・12反維新集会に足を運んでくれた人、西宮市民に投票を依頼してくれた人、選挙活動に手を振ってこたえてくれた方々に感謝し、とりあえずの報告とします。ありがとうございました。

 それではよき結果を待ちましょう。

西宮市長選・市議補選最終日 雨天のため阪急「西宮北口」北東アクタデッキで終日行動をベースに展開

おはようございます。

今日、西宮市は一日雨のため、予定していた街宣活動を下記通りに変更させていただきます。どうぞご参加ご協力をよろしくお願いします。事務局

11時半~12時半 アクタ2階デッキ メガホンで連呼

 スタンディング隊の人数が増えれば、宮本・石井陣営の動きにあわせ行動

 16時~ JR「西宮」南

 17時~ JR「甲子園口」駅北

 18時半~ 宮本けいこファイナル演説 阪急「西宮北口」東アクタ2階デッキ

 

れいわ新選組兵庫議員勝手連 / 代表 つじ 恵

〒660-0868 尼崎市西御園町119-3 第一寺町ビル302

Tel&Fax  06-7162-3198

ロシア中将(第49軍司令官)が死亡か 「軍司令部を破壊」ウクライナ側発表

ロシア中将(第49軍司令官)が死亡か 「軍司令部を破壊」ウクライナ側発表

ロシア軍でまた将軍の戦死者が出たとの情報が出ている。
(参考記事:黒海艦隊副司令官(准将級)はなぜか陸戦で死んでいた…ロシア軍6人目の将官死者に

ウクライナ記者のヴィクトル・コヴァレンコ氏は25日、Twitter投稿で、ロシアの将軍がウクライナ南部地域で戦死したと伝えた。
(人気記事:世界最高のカナダ軍スナイパーがウクライナ義勇兵に 「露侵攻を決して容認しない」

コヴァレンコ記者は投稿で、ロシアの着陸船「オルスク」の全滅に加えて、ウクライナ軍は南の占領地に設置された第49ロシア軍の司令部を破壊したと記した。オレクシー・アレストヴィッチ大統領報道官が情報源であるとしている。

コヴァレンコ記者はまた、「第49ロシア軍の司令部に対するウクライナへの攻撃への結果、少なくとも1人のロシア将軍が殺害された…それはおそらく、民間人への悪名高い殺人者である、マリウポリ(にいる)ヤコフ・レザンツェフ中将だ」と述べている。
(人気記事:ウクライナ軍「ロシア軍SU-34戦闘爆撃機をスティンガーで撃墜」

これが事実であれば、ロシア軍はウクライナで6人目の将軍を失ったことになる。先日戦死したとされる黒海艦隊のアンドレイ・パリー副司令官(上級大佐=准将級)も含めれば7人目となる。

ロシア軍側の指揮官が多く殺害されている背景には、ウクライナ側の「指揮官狙い撃ち」戦略が功を奏していることに加え、ロシア軍が独ソ戦(大祖国戦争)の勝利体験から指揮官が前線に好むスタイルがあることや、ロシア軍内における通信の機密意識が低く、指揮官が私用携帯電話で他部隊と連絡を取り、その結果として居場所が発覚し、殺害されたなどの見方が報じられている。

一方、ロシア軍は現在、ウクライナ南部の都市マリウポリを陥落させるため包囲攻撃を行っており、多くの一般人死者が発生するなど凄惨な状況が伝えられていた。しかし、ウクライナ軍は前24日、マリウポリ近郊のベルジャンスク港でロシア軍の大型戦車揚陸艦「オルスク」を破壊したことを発表した。外信も一斉に報じた。
(人気記事:「ロシア軍の食糧・弾薬が残り3日分しかなく…」「防寒着なく凍傷兵士も」 西側紙報じる

ベルジャンスクはマリウポリに通じる主要港であることから、ウクライナ側の反撃強化などで、同港が使用不能となれば、ロシア軍の兵站には大きなダメージになるとの見方も出ている。

(参考記事:露軍のエリート部隊「第331空挺連隊」司令官が殺害 「指揮官狙い撃ち」続けるウクラ軍

(参考記事:ロシア軍工学旅団司令官が暗殺される…ウクラ軍スナイパーか 露軍の移動・拠点構築に影響も

 

2022年3月25日 (金)

安倍へのヤジは自由

参院選街頭演説ヤジ訴訟 北海道警側に賠償命令 札幌地裁

判決を受けて紙を掲げる原告(中央)ら=札幌市中央区で2022年3月25日午前11時18分、貝塚太一撮影

 札幌市内で2019年7月、参院選の街頭演説をしていた安倍晋三元首相にヤジを飛ばした札幌市の大杉雅栄さん(34)と桃井希生さん(26)が北海道警の警察官にその場から不当に排除されたとして、道に計660万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、札幌地裁であり、広瀬孝裁判長は「政治的表現の自由を侵害した」などとして、道警側に計約90万円の賠償の支払いを命じた。

 訴状によると、2人は札幌駅前の演説場所周辺でそれぞれ「安倍やめろ」「増税反対」などとヤジを飛ばしたところ、複数の警察官に強制的に移動させられたとされた。

 道警側は、2人と聴衆との間でトラブルや犯罪に発展する危険性があり「未然に防いだ」と主張。生命や身体に危険が及び、急を要する場合に市民の行為を制止できるとする警察官職務執行法などを根拠に正当性を訴えていた。これに対し原告側は、政権を批判する発言に着目した排除行為で「政治的表現の自由を侵害された」と主張していた。

 広瀬裁判長は現場の状況などから「差し迫った危険性はなかった」として道警側の主張を退け、表現の自由の侵害を認定した。【高橋由衣】

26日は西宮市長選・市議補選最終日行動 11時半から、アクタデッキ・西宮ガーデンズ付近で20時まで行動

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

Img_4083 定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

324日(木)~27(日) 大城弘明写真展 ガマ鎮魂のトポス~いくさ場の記憶 10時~18時 
アートホール神戸(JR・阪神「元町」北3分)

※326日(土) 西宮市長選・市議補選 最終日行動 11時半~20時 都合の良いときに合流ください

Img_4082

      メガホン連呼  アクタ2階デッキ 11時半~12時半

  昼食休憩

  モモタロウ 14時アクタデッキ出発~15時まで

  石井としろう集会 15時 西宮ガーデンズ前

  メガホン連呼 アクタ2階デッキ 16時~18時

  宮本けいこ集会に合流 18時半~20時 西宮ガーデンズ前

3月26日(土) ロシアはなぜ侵略戦争を始めたのか! 13時半 エルおおさか6F会議室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) 講演:的場昭博

※3月26日(土) 尼崎共同行動ウクライナ反戦スタンディング 15時 JR尼崎駅前

※327日(日) 西宮市長選 市議補選 投開票

3月27日(日)  ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 14時 大淀コミュニティセンター・ホール 公園:森裕之立命館大教授)

※3月28日(月) 福島みずほ国政報告会実行委員会 18時半 いたみホール会議室(阪急「伊丹」北3分)

328日(月) 李哲さん 獄中記『長東日誌』を語る 18時半 阿倍野区民センター1階第一集会室(地下鉄「阿倍野」南2分) 講師:李哲

Img_4097 3月31日(木) 市民デモHYOGO木曜行動 14時半~16時 神戸三宮・マルイ前

4月2日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

42日(土) 市民デモHYOGO学習会 沖縄3 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) リモート報告:清水早子(宮古島在住 神戸大出身) 会場報告:伊藤武是(弁護士、元裁判官)

42日(土) 森友事件は未解決 怒りの集会・デモ 14時 豊中市立文化芸術センター(阪急「曽根」東4分)

4月3日(日) 老朽原発このまま動かすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東2分)

※43日(日) つじ恵4・23関西集会成功のための実行委員会 18時 尼崎中小企業センター・会議室(阪神「尼崎」北東5分)

4月4日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

Img_3955 4月6日(水) ロックアクション 18時半 西阿波座公園(地下鉄「本町」西5分)

49日(土) 市民デモHYOGO ウクライナ反戦デモ 14時半~ 15時でも出発 神戸・東遊園地北端(阪急・JR・阪神「神戸三宮」「三宮」南8分、神戸市役所高層棟すぐ南)

4月9日(土) 未来アジア学習会 『独ソ戦』を学ぶ 13時~16時 南久宝寺ビル(南久宝寺町1-9-2)

4月9日(土) 梅田解放区 17時半 梅田・阪急ヘップ5前

※4月9日(土) 尼崎革新懇総会 記念講演 13時半 尼崎中央北生涯学習プラザ(バス停・尼崎総合医療センター西2分) 講演:佐々木寛 市民連合@新潟共同代表、新潟国際情報大教授

410日(日) 関西三里塚集会 14時 エルおおさか606(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分)  講師:藤原辰史京都大准教授

410日(日) 連帯兵庫みなせん集会 14時 神戸婦人会館(「高速神戸」北3分)

410日(日) 関生弾圧反対!滋賀集会 14時 大津湖岸なぎさ公園打出の森

 

2022年3月24日 (木)

ロシア兵1万人が戦死…進軍難航と犠牲者急増でプーチン大統領は大ピンチ

ロシア兵1万人が戦死…進軍難航と犠牲者急増でプーチン大統領は大ピンチ

公開日: 更新日:
クリミア併合8周年コンサートで演説するロシアのプーチン大統領(C)ロイター/Sputnik/Kremlin
クリミア併合8周年コンサートで演説するロシアのプーチン大統領(C)ロイター/Sputnik/Kremlin
拡大する
  

 ロシア軍の苦戦が続いている。ウクライナへの侵攻開始から、24日で1カ月。市民や民間施設などを標的にしたロシア軍による無差別攻撃はエスカレートの一途だ。その一方、ロシア軍の死者も急増している。戦争を仕掛けたプーチン大統領にとって、戦闘の長期化と多数の兵士の犠牲は誤算だろう。

 ◇  ◇  ◇

 ロシア軍はウクライナ軍の徹底抗戦に遭い、首都キエフの包囲に苦戦中。進軍は想定通りにいっていない。背景には人員の消耗があるようだ。

 海外メディアによると、ロシアのタブロイド紙「コムソモリスカヤ・プラウダ」が21日、ウクライナでの「特別軍事作戦」でロシア軍の死者は9861人に上り、1万6153人が負傷したとの記事を掲載。すぐに削除された。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏がこう指摘する。

「ウクライナ国境に集められたロシア兵19万人のうち15万人以上がウクライナ国内に投入されたと仮定すると、約1万人の戦死者は異常です」

 ロシア国防省は2日以降、軍の犠牲者を明らかにしていない。2日時点の498人が最新の数字だ。正確な数を把握していないのか、数字を出したくないのかは不明だが、想像以上に深刻なのは間違いない。ロシア軍の死者数を巡っては、ウクライナ外務省は約1万4400人(19日)と試算し、米国では約3000~1万人との見方が出ている。

アフガン侵攻、チェチェン紛争の“トラウマ”

進軍は難航(C)ロイター/ロシア国防省
進軍は難航(C)ロイター/ロシア国防省
拡大する

 さらに驚きなのは、ロシア軍の上級将校まで殺害されていることだ。陸軍少将3人と大佐2人の少なくとも5人が、狙撃されるなどして戦死したという。なぜロシア軍の死者が膨れ上がっているのか。

「考えられる理由のひとつは、地上戦が繰り広げられている中で、きちんと通信網を確保できていないことです。短期決戦で首都を掌握できると思い込み、軍事作戦の遂行に欠かせない通信網を整備していなかったのではないか。通信を暗号化しなければ傍受されますし、作戦は筒抜けです。そもそも、ロシア軍のIT技術は遅れているともいわれています。ウクライナ側が英米のバックアップを受け、ロシア軍の通信を遮断している可能性も考えられます」(黒井文太郎氏)

 ウクライナ側に動きや作戦を察知されていれば、前線の兵士はもちろん将校までもが狙い撃ちにされて当然だ。

 となると、戦況が長引くにつれ、さらに多くの兵士が「無言の帰国」を余儀なくされる可能性がある。ロシア国内の反戦ムードはますます高まるに違いない。クレムリンは、兵士の母親たちによる「反戦運動」が高まることを気にかけているともされる。ロシアでは、母親の影響力が強いという。国際ジャーナリストの春名幹男氏がこう言う。

「1979年にソ連が始めたアフガニスタン侵攻は戦況が泥沼化し、撤退まで約10年かかりました。その間、現地に派兵された兵士の母親や妻が中心となり、反戦運動を展開しました。その後のチェチェン紛争も同様です。過去の『トラウマ』を踏まえれば、今回のウクライナ侵攻に関しても、プーチン大統領は反戦ムードを相当気にしているはずです」

 このままではウクライナ市民もロシア兵も次々に亡くなっていく。プーチン氏の暴走を止めるために一体何人が犠牲にならなくてはいけないのか。

2022年3月23日 (水)

「映画を制作した方々の激しい怒りに、私は賛意を表明します」~久米宏ほか推薦『教育と愛国』予告編

久米宏「映画を制作した方々の激しい怒りに、私は賛意を表明します」『教育と愛国』予告編

2017年に大阪・毎日放送(MBS)で放送され、その年のギャラクシー賞テレビ部門大賞、「地方の時代」映像祭では優秀賞を受賞した「映像ʻ17 教育と愛国〜教科書でいま何が起きているのか〜」を、教育現場に追加取材・再構成し映画版として完成させたドキュメンタリー映画で、俳優・井浦新がナレーションを担当する『教育と愛国』が、5月13日より公開される。このほど、予告編がお披露目となり、併せて、久米宏、池田理代子、鴻上尚史、大島新、水道橋博士ら各界の著名人より本作へのコメントが寄せられた。

軍国主義へと流れた戦前の反省から、戦後の教育は政治と常に一線を画してきたが、昨今この流れは大きく変わりつつある。「政治が教育を変える」と公言する安倍晋三の第一次政権下の2006年、教育基本法が改正され、「愛国心」が戦後初めて盛り込まれた。以降「教育改革」「教育再生」の名のもとに、目に見えない力を増していく教科書検定制度。日本軍「慰安婦」や沖縄戦を記述した教科書を採択する学校に押し寄せる大量の抗議ハガキ。教師や研究者へのバッシング。政治介入ともいえる状況の中で繰り広げられる出版社と執筆者の攻防はいま現在も続く…。

本作は、MBSで記者として20年以上にわたって教育現場を取材してきた⻫加尚代監督が、教育と政治の関係を見つめながら最新の教育事情を記録。本編中の語りは俳優・井浦新が担当する。

▼著名人 コメント

■阿武野勝彦(東海テレビプロデューサー・映画プロデューサー)
「愛」と「国」。二つのコトバには、優しさと膨らみがある。しかし、くっつけて「愛国」にすると、背筋を伸ばさないと張り倒されるような恐怖が発生する。そこに、「教育」を絡めると、突如暗転、魑魅魍魎が蠢く地獄絵図だ。「教育」と「愛国」は連続していて、その導線にはバケモノがウヨウヨしている。彼らは、一体何なのか?子供たちをどこに連れ去ろうとしているのか?本作は、自由と寛容という剣を携え、バケモノウヨウヨの暗闇を旅するスペクタクルのようだ……。

■池田理代子(漫画家・声楽家)
学者とは、真実を追求する者であるべきであり、教科書とは、その時代その時点での真実を子供たちに教えるべきものである。そこに、政治の入り込む余地は本来ない。そのことをはっきりと教えてくれる映画である。

■大島新(ドキュメンタリー監督)
愛国教育を推し進めたい人たちのとんでも発言の数々に失笑を禁じ得ないが、失笑の後にくるのは静かな恐怖である。この地道で果敢な調査報道を褒めちぎりたいが、それだけではダメだ。映画を観てしまった大人として、子どもたちの未来への責任を考え続けている。

■神田香織(講談師)
学校の現場がここまで来ていると知って怖くなった。また同じ過ちを繰り返す瀬戸際にきているかなという感じもします。一方で、まだ変えていけるまだ間に合うという気持ちにさせてくれる。映画に励まされ、勇気をもらえたと思います。

久米宏(フリーアナウンサー)
自らの歴史を正しく認識していない国は、決して尊敬されません。このドキュメンタリー映画を制作した方々の激しい怒りに、私は賛意を表明します。

■鴻上尚史(作家・演出家)
見終わって、反日左翼との戦いの記録だと思う人も国家の教育管理への抵抗の記録と思う人もいていいと思う。大切なことは、日本人として、今、教育に何が起こっているかを知ること。僕個人は、なによりも冒頭の道徳の授業に衝撃を受けた。

■坂上香(『プリズン・サークル』監督)
もう、やめ、やめ、アホな国民に成り下がるのは。ちゃんとした日本人って何?ありのままの日本の姿って何?そろそろ、気づこうや、美しいニッポンは幻想やって。ほな、詳しいことは、『教育と愛国』見てな!

■志水博子(元大阪府立高校教諭)
子育て中の方をはじめ若い人にぜひ観てほしい。誰もが“くに”を愛しているが、それが政治を通して公教育に求められた時、何が起こるか?教科書はどんなふうにできるのか?歴史はどのようにつくられるのか?学ぶとは何か?これからの21世紀をどのように生きるのか?

■水道橋博士(漫才師・お笑い芸人)
この映画を多くの人に、特に維新を支持している人、安倍信者といわれる人も含めてどんどん見てほしいと思いました。押し付けたり、ましてや言うことを聞け、というのは言語道断でしょう。権力者が、隠そうと思って偉そうな態度で大衆を「脅す」ことによって注目を浴びるという現象がこの映画の中で起きている。あの人たちは、たまたま市民に選んでもらっただけなんですよ。僕があの人たちを選んでもないし、偉いと思ったことはない。

■想田和弘(映画作家)
戦慄せずにはいられなかった。教育現場でも“熱狂なきファシズム”がここまで進行していたとは…!

■武田砂鉄(ライター)
映画の中で「戦争というものをちゃんと学ばないとまた起きてしまう」という言葉がありました。まさにこの映画を見て感じたことです。自分もメディア、出版界の中にいる人間なので、こんな風に言葉を切り替えていくことに対して思いを持たない人たちが、ここまで大きな力を持ってきてしまったことを怖く感じました。

■根津公子(元教員)
閣議決定し教科書に記述させ、政権の考えを、嘘を真実として子どもたちに教え刷り込むまでに至った学校教育。それに馴らされてはいないか。20余年にわたる「従軍慰安婦」問題等をめぐる政府と教科書会社、歴史改ざん団体の動き等をインタビューし当事者に語らせ、事実を克明に追う。観る者は、忠君愛国を教え込んだ敗戦までの教育とオーバーラップさせ、“今”を考えると思う。必見の作品です。

■長谷川義史(イラストレーター・絵本作家)
なんやろうか愛国とは。「そんなことも分からんのか」と怒られそうである。でも考えれば考えるほど憂国という言葉が出てくる。子どもたちは素直な芽である。素直な芽は吸収する。ありのままを素直な芽に与えてあげることが本当の愛しい国につながるんちがうかな。

■本庄豊(中学校歴史教科書執筆者)
教科書をめぐるさまざまな人びとの現場や生の声をつなぐこの映画は、俳優井浦新さんのナレーションで淡々と進む。劇的な場面があるわけではないのに、政治の教科書への介入がどう進んでいったかを静かな説得力をもって示してくれる。多くの現場がつながるとき、私たちはこの国の政治の在り方を問い直すにちがいない。

■前川喜平(元文部科学事務次官)
道徳を決めるのは人間の良心であって国家ではない。歴史の真実を追求するのは学問であって政治ではない。愛国を標榜する政治家たちによる教育と学問への不当な支配。これを放置したら日本は1945年以前に戻ってしまうだろう。

■松元ヒロ(芸人)
芸人としてね、めちゃめちゃ笑えました。いっぱいありました「ネタ」のヒントが。『教育と愛国』いいタイトルですね。やっぱり国よりも自分を大切にしたいと、いのちを大切にしたい、平和を大切にしたいと思いました。

■森達也(映画監督・作家)
教育とメディアは国民の意識を形成する二大要素だ。ならば7年半に及ぶ安倍政権時に、この国の教育はどう変わったのか。変えられたのか。観終えてあなたは思うはずだ。このままでよいのか。

 

『教育と愛国』
2022年5月13日(金)よりシネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺ほか、2022年5月14日(土)より大阪 第七藝術劇場ほか全国順次公開
監督:⻫加尚代
語り:井浦新
プロデューサー:澤田隆三 奥田信幸
配給:きろくびと

【作品概要】 MBSで記者として20年以上にわたって教育現場を取材してきた⻫加尚代監督が、教育と政治の関係を見つめながら最新の教育事情を記録する。

©2022映画「教育と愛国」製作委員会

2022年3月22日 (火)

労働組合と野党を自民党傘下に引き込む連合会長・芳野友子


連合・芳野会長は取り込まれたか…自民・麻生副総裁との異例の会食に疑問の声が噴出

公開日: 更新日:



連合の芳野友子会長(C)日刊ゲンダイ
連合の芳野友子会長(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 完全に取り込まれてしまったのか。「連合」の芳野友子会長が、自民党麻生太郎副総裁と会食していたことが分かり、「どういうつもりか」と批判の声が上がっている。会食は16日。麻生サイドから誘ったという。芳野会長は、2月にも自民党の小渕優子衆院議員と会食している。

 野党の支持団体である「連合」のトップが、自民党幹部と次々に酒を酌み交わすのは異例のことだ。さすがに、ネット上でも芳野会長に対して疑問の声が噴出している。

<この人は初めからおかしい人とは思っていたが、どんどん自民党にすり寄っていく。ちやほやされるのがよっぽど好きなのか? 底辺にいる労働者にも目配りするのが連合会長の役目ではないか><組合いらない。連合解散。自民党と手を組む組合って何か意味があるんだろうか>

 自民党は「連合」を抱き込むことで野党をガタガタにするつもりだ。野党を分断するために、7月の参院選では、国民民主党と“選挙協力”する仰天プランまで浮上している。

「32ある1人区のうち、山形県と大分県には国民民主の現職議員がいます。自民党は、この2つの選挙区で国民民主と“選挙協力”するのではないかとみられている。候補の擁立を見送るか、擁立しても本気で選挙運動をしない。現職議員2人の当選が確実になる国民民主は万々歳でしょう。でも、自民党と選挙協力したら、もう野党間の選挙協力は不可能になります」(自民党事情通)

 自民党と接近している芳野会長は、自民党の思惑に気づいていないらしい。

「芳野さんに深い考えはありません。共産党が嫌いというだけです。麻生さんと酒を飲んで楽しい、という感覚だと思う。老獪な自民党も、ヨイショすれば取り込めるとみているようです」(政界関係者)

 芳野会長は、国民民主が自民党に接近していることも黙認している。もう立憲民主党は「連合」をあてにしない方がいいのではないか。

「立憲は腹を固めて、国民民主とも連合とも縁を切った方がいい。その方がスッキリして有権者の支持も集まるのではないか。未練がましく連合と国民民主に執着していたら時間切れになるだけです」(政治評論家・本澤二郎氏)

「連合」は誰の味方なのか。

2022年3月21日 (月)

当面の行動

Img_4071 当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

321日(月・休) 奥野・山口「君が代」不起立処分撤回闘争10周年記念集会 13時半 エル
おおさか708(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 講演:根津公子

321日(月・休) カジノ反対・山本太郎アピール会 14時 大阪・中央区民センター

※321日(月・休) 西宮市長選・市議補選応援行動 15時 西宮ガーデンズ前(阪急「西宮北口」東南5分)

324日(木)~27(日) 大城弘明写真展 ガマ鎮魂のトポス~いくさ場の記憶 10時~18時 
アートホール神戸(JR・阪神「元町」北3分)

※326日(土) 西宮市長選・市議補選 最終日行動 西宮ガーデンズ前がメイン会場

Img_4083 3月26日(土) ロシアはなぜ侵略戦争を始めたのか! 13時半 エルおおさか6F会議室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

※327日(日) 西宮市長選 市議補選 投開票

3月27日(日)  ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 14時 大淀
コミュニティセンター・ホール 公園:森裕之立命館大教授)

 

※3月28日(月) 福島みずほ国政報告会実行委員会 18時半 いたみホール会議室(阪急「伊丹」北3分)

328日(月) 李哲さん 獄中記『長東日誌』を語る 18時半 阿倍野区民センター1階第一集会室(地下鉄「阿倍野」南2分) 講師:李哲

4月2日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

42日(土) 市民デモHYOGO学習会 沖縄3 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) リモート報告:清水早子(宮古島在住 神戸大出身) 会場報告:伊藤武是(弁護士、元裁判官)

42日(土) 森友事件は未解決 怒りの集会・デモ 14時 豊中市立文化芸術センター(阪急「曽根」東4分)

4月3日(日) 老朽原発このまま動かすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東2分)

4月4日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

Img_3955 49日(日) 市民デモHYOGO ウクライナ反戦デモ 15時 神戸・東遊園地北端(阪急・JR・阪神「神戸三宮」「三宮」南8分、神戸市役所高層棟すぐ南)

4月9日(土) 未来アジア学習会 『独ソ戦』を学ぶ 13時~16時 南久宝寺ビル(南久宝寺町
1-9-2)

※4月9日(土) 尼崎革新懇総会 記念講演 13時半 尼崎中央北生涯学習プラザ(バス停・尼崎総合医療センター西2分) 講演:佐々木寛 市民連合@新潟共同代表、新潟国際情報大教授

410日(日) 関西三里塚集会 14時 エルおおさか606(地下鉄「天満橋」西5分 JR
「大阪天満宮」南15分)  講師:藤原辰史京都大准教授

410日(日) 連帯兵庫みなせん集会 14時 神戸婦人会館(「高速神戸」北3分)

410日(日) 関生弾圧反対!滋賀集会 14時 大津湖岸なぎさ公園打出の森

西宮市長選、泉房穂明石市長もかけつけ、維新打倒へ好発進

 Img_4053 20日、西宮市長選・西宮市議補選が告示となり、ポスター貼り、市議補選宮本恵子出発式、市長選・石井登志朗応援演説会(泉房穂明石市長応援)、れいわ新選組の宮本恵子応援モモタロウ、ポスティングなどを、西宮市民派、阪神センター関係者、れいわ関係者(つじさんら)40人近くが決起し、上々の滑り出しとなりました。

 市長選は直前に自民が立候補し、昨年4月宝塚市長選型の自民・維新・無所属現職(宝塚は現職後継者)の争いとなり、対維新色を強める中でしか勝利がない(宝塚は反維新応援弁士を投入したのは最終日で大接戦)ことが明らかになりました。
 Img_4083 この点で12日の反維新集会に280人(現・元各級議員が20人参加)は全体のベースになりました。また13日には10月に市長選を控える川西からは越田健次郎市長、11月市長選のの稲村和美尼崎市長、昨年4月に維新に勝利した山崎晴恵宝塚市長、昨年4月に自民に勝利したいとうまい芦屋市長がかけつけ、大いに意気が上がりました。特に20日の泉房穂明石市長の応援は、維新候補の事前チラシには「明石市がモデルと」と言っていただけに、「明石市長は維新に反対」を明言したわけで、維新には大打撃となりました(写真左)。
 
 市議補選には夫の遺志を受け継いだ宮本恵子さんが無所属で市議補選。ここには高砂・明石・神戸・芦屋・西宮・宝塚・伊丹・尼崎などから立憲民主党をはじめ緑、無所属などの県議・市議が応援にかけつけました。応援には昨年10月の安田真理選挙を妨害した栗山県議(立憲・西宮、3月13日立憲県連幹事長を解任)の姿は当然にもなく、逆に栗山追及を担った市民が目立ちました。Img_4082

 いよいよ「西宮決戦」。「兵庫首長取り」を宣言する維新を撃退するかは、西宮の闘いにかかっています。維新の方も松井・吉村の投入、地方議員の全力投入を公言しています。最終日26日・土曜日は午後から各陣営入り乱れて西宮北口の阪急ガーデンズ周辺での場所取り・演説合戦になります。近畿市民派議員も総結集を呼びかけています。20時までにガーデンズ前に来れる人はぜひ駆けつけてください。

 本日21日は、15時から、阪急西宮北口の東南にある、西宮ガーデンズ前で、市民派議員の宮本恵子応援演説会が開かれます。

ロシアの侵略を「真珠湾攻撃」にたとえたゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!

ロシアの侵略を「真珠湾攻撃」にたとえたゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!

ロシアの侵略を「真珠湾攻撃」にたとえたゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!の画像1
米連邦議会で演説したゼレンスキー大統領(ウクライナ政府公式サイトより)


 まったく呆れ果てるしかない。日本のネトウヨ歴史修正主義者たちがここにきて、ロシアプーチンではなく、ウクライナとゼレンスキー大統領に対して、難癖と悪罵を投げつけ始めたのだ。

 原因は、16日、ゼレンスキー大統領が行なったアメリカ連邦議会での演説だ。

 ゼレンスキー大統領はウクライナ上空での飛行禁止区域の設定を訴える際、ウクライナの現在の惨状を、1941年の旧日本軍による真珠湾攻撃、2001年のアメリカ同時多発テロになぞらえ、「真珠湾を思い起こしてほしい。1941年12月7日、あのおぞましい朝のことを。あなた方の国の空が、攻撃してくる戦闘機で真っ黒になったときのことを」「9月11日を思い起こしてほしい。2001年のあのおぞましい日のことを。悪があなた方の都市を、独立国の領土を、戦場にしようとしたときのことを」と語り、「私たちの国は、いままさに、この瞬間、同じことを毎日毎晩、何週間も経験している」と訴えた。

 これに対し、ネトウヨが「真珠湾攻撃とロシアの侵略を同列に語るなんて許せない」と怒り狂い始めたのだ。

〈こいつ何言ってるんだろう…。 真珠湾を今回のロシアの侵略と同義で扱うとか控えめに言って頭おかしい。 ウクライナに対する気持ちが一気に冷めた。〉
〈真珠湾攻撃を思い出せ?お前らを応援するのやめたわ、バカバカしい〉
〈正直、ウクライナには冷めた。〉
〈ゼレンスキー、日本に喧嘩を売っているのだろうか?〉

 演説内容が報じられた直後から、ツイッター上ではこんなウクライナ、ゼレンスキー攻撃であふれ、16日深夜、東北で大地震が起きても、「真珠湾攻撃」「パールハーバー」がトレンドワードに留まり続けた。

 さらに、在日ウクライナ大使館のツイッターアカウントに直接、こんな罵倒リプを飛ばす輩も現れた。

〈真珠湾攻撃を引き合いに出した時点でウクライナを支援する気持ちは毛頭無くなりました〉
〈真珠湾攻撃を例えにしたから支援は無理です。 旧ソ連同士潰し合いよろしくやってな!〉
〈まずは真珠湾攻撃発言の謝罪と撤回を。ヘイトスピーチをやっておいて支援をしろとは、ウクライナはヤクザ国家ですか?〉
〈お宅の大統領が米議会で真珠湾攻撃をネタにして演説したことに日本人は憤りを感じてますよ?〉
〈大統領が真珠湾攻撃云々という国に対して援助する必要はあるのだろうか。日本人はお人好しばかりだね。日ソ中立条約を破って北海道に侵攻した旧ソ連。ウクライナって旧ソ連だよね。〉

 そして、ゼレンスキー大統領が日本の国会で演説をするという計画についても反対意見が巻き起こっている。

〈ゼレンスキー何故いまそれを言う? 日本人舐めてんの? 日本の国会で何言って煽るの? この大統領アホかも?〉
〈ロシアの攻撃を日本の真珠湾攻撃に例えるようなやつを国会で演説なんてさせてはいけない。〉
〈テロと真珠湾攻撃を同等扱い。こんな奴国会で演説させんの、ど〜すんの笑〉

続きはリテラで

2022年3月20日 (日)

コロナ死者数日本一の大阪維新が、兵庫制圧狙う 今日から始まる西宮市長選

維新が狙う「隣県・兵庫の首長」 他党ドミノ倒し警戒、西宮市長選20日告示

任期満了に伴う兵庫県西宮市長選が20日、告示される。再選を狙う現職に、日本維新の会新人と無所属新人が挑む三つどもえの戦いとなる見通し。本拠地・大阪以外で初の公認首長を誕生させて党勢を拡大したい維新に対し、自民など他党は包囲網を形成。そこに、自民系会派を離脱した一部市議が無所属新人を推し、情勢は混沌(こんとん)としている。今夏の参院選や来年の統一地方選などもにらみ、各党の思惑が交錯している。

「東京と2極の経済圏をつくるなら、関西圏で魅力を高めていく必要がある」

維新代表の松井一郎大阪市長は17日、記者団にこう述べ、元県議の増山誠氏(43)を擁立する西宮市長選の応援に入る考えを明らかにした。

維新は大阪府(43市町村)で、松井氏や副代表の吉村洋文知事を含め18人の公認首長を擁し、距離の近い無所属の首長も多い。しかし大阪以外では公認首長は1人もおらず、隣県兵庫では過去に3回市長選を戦ったが、苦杯をなめた。

ただ、昨年4月の宝塚市長選は当選者に約1600票差と迫り、7月の知事選では自民と相乗り推薦した斎藤元彦氏が当選。さらに10月の衆院選では、擁立した9人のうち1人が選挙区で勝利、残りも全員が比例復活して勢いづいている。

兵庫の維新幹部は、県内での本格的な党勢拡大には「西宮が第一歩となる」とその意義を強調。選挙戦のポイントに、全国区の知名度がある松井、吉村両氏の応援をあげ、「この2人をドーンと投入したい。これ以上の特効薬はない」と期待する。

他党は維新への警戒を強める。自民県連は2期目を目指す現職の石井登志郎氏(50)の支援を決定。自民系会派の市議は、年内に行われる同県川西、尼崎両市長選を念頭に「西宮で負けたらドミノ倒しになり、阪神地域は大阪の属国になってしまう」と悲壮感を漂わせる。

来年春には統一地方選も控え、維新の伸長ぶりに神経をとがらせるのはほかも同じ。石井氏は政党色がつくことを避け、どの党にも推薦を求めていないが、立憲民主や国民民主も支援に動き、過去に公認や推薦候補を立てて戦った共産も今回は候補擁立を見送った。

さらに、西宮市に近い阪神間の市長の間でも、石井氏支持を鮮明に打ち出す動きが浮上。石井氏の街頭演説会に尼崎、川西、宝塚、芦屋の4市長が集結し、親密な関係をアピールする場面もみられた。

「維新」対「非維新」の戦いが熱を帯びる中、今月11日には、前回の市長選で石井氏にわずか108票差で敗れた元県議の吉岡政和氏(47)が立候補を表明。西宮市議会の自民系会派を離脱した議員の支援を受け、「維新か、非維新かの二択ではなく、新たな選択肢を市民に提供したい」と意気込んでいる。

2022年3月19日 (土)

当面の行動

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

 

※319日(土) 西宮市長選・市議補選勝利のための街頭宣伝 阪急西北周辺

※3月19日(土) 尼崎共同行動相談会 13時半 小田北生涯学習プラザ 15時 スタンディング

※3月10日(日) 自衛隊第3師団申し入れ行動 10時半 六畳自衛隊第3師団西門前

※320日(日) 西宮市長選 市議補選 公示 

          ポスター貼り、公示日出発式・総決起集会 12時 JR西ノ宮駅南

          午後、阪急西北周辺 モモタロウ 

321日(月・休) 奥野・山口「君が代」不起立処分撤回闘争10周年記念集会 13時半 エル
おおさか708(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 講演:根津公子

321日(月・休) カジノ反対・山本太郎アピール会 14時 大阪・中央区民センター

324日(木)~27(日) 大城弘明写真展 ガマ鎮魂のトポス~いくさ場の記憶 10時~18時 
アートホール神戸(JR・阪神「元町」北3分)

※3月26日(土) 西宮市長選・市議補選 最終行動

3月26日(土) ロシアはなぜ侵略戦争を始めたのか! 13時半 エルおおさか6F会議室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

※327日(日) 西宮市長選 市議補選 投開票

327日(日)  ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 14時 大淀
コミュニティセンター・ホール 公園:森裕之立命館大教授)

 

※3月28日(月) 福島みずほ国政報告会実行委員会 18時半 いたみホール会議室(阪急「伊丹」北3分)

328日(月) 李哲さん 獄中記『長東日誌』を語る 18時半 阿倍野区民センター1階第一集会室(地下鉄「阿倍野」南2分) 講師:李哲

4月2日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

42日(土) 市民デモHYOGO学習会 沖縄3 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) リモート報告:清水早子(宮古島在住 神戸大出身) 会場報告:伊藤武是(弁護士、元裁判官)

42日(土) 森友事件は未解決 怒りの集会・デモ 14時 豊中市立文化芸術センター(阪急「曽根」東4分)

4月3日(日) 老朽原発このまま動かすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東2分)

4月4日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

4月9日(土) 未来アジア学習会 『独ソ戦』を学ぶ 13時~16時 南久宝寺ビル(南久宝寺町
1-9-2)

※4月9日(土) 尼崎革新懇総会 記念講演 13時半 尼崎中央北生涯学習プラザ(バス停・尼崎総合医療センター西2分) 講演:佐々木寛 市民連合@新潟共同代表、新潟国際情報大教授

410日(日) 関西三里塚集会 14時 エルおおさか606(地下鉄「天満橋」西5分 JR
「大阪天満宮」南15分)  講師:藤原辰史京都大准教授

410日(日) 連帯兵庫みなせん集会 14時 神戸婦人会館(「高速神戸」北3分)

2022年3月18日 (金)

17日は、神戸三宮と阪神尼崎の2か所でスタンディング

 Img_4059 ウクライナへのプーチン・ロシアの全土侵略戦争に対し、連日各地で「戦争反対・即時撤兵」の声が巻き起こっている。
 17日は、午後3時から三宮・マルイ前で、18時からは阪神尼崎駅前でスタンディング。
 マルイ前はこれで3回目。スタンディングとアピール行動。参加者それぞれが、時間の長短はあれ思い思いのスピーチ。またギター演奏とアコーデオン演奏もあり、道行く人にアピールできた。20歳前の3人組の男の子が手を上げ呼応。英語・ロシア語のバナーを見せると、写真を撮ってくれた。仲間内にメールしてくれると面白い。

 阪神尼崎は尼崎地区労呼びかけの2回目のスタンディング。
 7日は緊急行動だったため、公園使用の許可が間に合わずスタンディングだけだったが、この日は使用許可も取り、ロシア大使館あての抗議はがき配布と、「戦争反対!プーチンやめろ!」のコールとマイクスピーチ。塚原久雄事務局長の司会のもと、最初は地区労議長の酒井浩二さん。例によって格調高くプーチン・ロシアによるウクライナ侵略戦争を批判した。続いて元尼崎市議の小柳久嗣さん、地区労傘下のJP労組組合員や、日教組系の尼崎教職員組合からのスピーチが続いた。結集した市民Img_4071 団体や、関西合同労組の佐々木伸良委員長、都築徳昭尼崎市議、反戦タイガースのスピーチ・替え歌も阪神尼崎駅前にとどろき、飛び入りの大学生の訴えも行われた。横断幕は地区労新調のと横文字のものも増え20メートル以上の長さに。参加者も前回より増え、家族4人の仲間も入れ総計40人。途中20歳代の青年がわずか30秒ほどだがメッセージボードを持ってくれた。最後に地区労の小西事務局次長がロシアの侵略戦争をきっぱりと批判し、今後も続けていくことを確認した。
 なお終了ま際に、若い男女の警察官2人が来て「許可を取ってるのか、許可証を見せろ」など不当介入して来たので、参加者が激しく抗議。抗議の声に押されて負け犬よろしく「終わったのなら早く解散しろ」というので、「警察に許可証を見せなければならない理由もないし、ましてや解散せよと言われる筋合いはない」と猛然と抗議すると、背を向けて駅前の交番に退散していった。

2022年3月17日 (木)

希望はロシア内の反戦運動 本日、18時から、阪神尼崎での2度目のスタンディング

「NO WAR」掲げた勇気ある女性〜堤防に開いた小さな穴

伊藤千尋(フリージャーナリスト)

 

 世界がロシアのウクライナ侵略を非難する中、ロシアだけはプーチン支持に固まっています。ところがロシア国営テレビ放送の女性スタッフ、マリナさんが勇気ある行動に出ました。ニュースの生放送番組中に「NO WAR」と書いた手描きのプカードをかざし、戦争反対を訴えたのです。

 ロシアでは戦争開始からすぐにプーチンが反政府行動を弾圧し、政府を批判する者を容赦なく逮捕しています。マリナさんも逮捕されました。身が気遣われます。

 逮捕を見越してあらかじめ本人が作成したと思われる動画がユーチューブに流れています。マリナさんは「ウクライナで起きていることは犯罪だ。すべての責任はプーチンにある」と述べ、「国民が沈黙してきたことがこのような結果を生んだ。抗議行動に出よう。当局は私たち全員を逮捕することはできない」とロシア国民に勇気を奮って抗議することを呼びかけました。

 同じ言葉を思い出します。1980年のポーランド。独裁政権下で政府の言いなりになる御用組合しかなかった時代に、港町グダンスクの造船所の女性クレーン技師アンナ・ワレンティノビッチさんが解雇されました。組合の幹部が私腹を肥やしたのを指摘したためです。彼女にクビを言い渡した上司は「あんたをクビにしないと、私がクビをきられる」と言い訳しました。

 彼女は反論しました。「私はクビを拒否する。あなたも拒否すればいい。あなたにクビを告げる役目の人も拒否すればいい。会社は全員をクビにするわけにはいかない」

 アンナさんは真面目で人情味あふれ、みんなの人気者でした。彼女の復職を求める抗議集会が開かれ、数百人が参加しました。このとき塀を乗り越えて造船所に入り集会で演説した36歳の失業者がいます。彼の呼びかけで独立労組「連帯」が結成されました。最初のメンバーは65人。やがて1000万人にも膨れ上がり、独裁体制を倒す原動力となったのです。労組結成を呼びかけたワレサは大統領となり、ノーベル平和賞を受賞しました。

 今また女性です。彼女を孤立させてはならない。「すごいなあ」と感心するだけでなく、彼女を応援しましょう。世界が彼女に注目しているとロシア当局に知らしめることが、彼女の身の安全を保障することにつながります。

 たった一人の行動とはいえ、堤防に開いた小さな穴のようなものです。やがてロシア国内を揺るがし、戦争を止め、独裁者を追放する大きなうねりになるかもしれません。私たちも一人一人が「私もマリナ」と思って、行動しませんか。

 画像(写真下)はポーランドの独立労組「連帯」が生まれたグダンスクの造船所の入口です。7年前に現地で撮影しました。門に掲げてある白地に赤で「連帯」と書かれた横断幕が自主労組の印です。(3月15日・伊藤千尋さんのFBより)

2022年3月16日 (水)

ロシア国営局スタッフの「NO WAR」は称賛…「I am not ABE」はスルーした日本のテレビ局


ロシア国営局スタッフの「NO WAR」は称賛…「I am not ABE」はスルーした日本のテレビ局

公開日: 更新日:

 




生放送中にキャスターの後方で反戦を訴える番組ディレクターのマリーナ・オフシャニコワさん (C)ロイター/チャンネル1
生放送中にキャスターの後方で反戦を訴える番組ディレクターのマリーナ・オフシャニコワさん (C)ロイター/チャンネル1
拡大する
  

「NO WAR(戦争反対)。プロパガンダを信じるな。この人たちはあなたにうそをついている」

 ロシア国営テレビ「チャンネル1」の生放送中に、ウクライナ侵攻に反対するプラカードを掲げた女性の勇気を称える声が世界中に広がっている。

 ロシアの独立系メディアによると、女性は「チャンネル1」の編集スタッフ。看板番組「ブレーミャ」の放送中、ニュースを伝えるキャスターの背後に立つと、ロシア語と英語で書かれたメッセージを掲げながら「戦争をやめて」と訴えた。

 この映像はたちまち世界中に拡散。日本国内でもNHKや民放番組で繰り返し報じられ、コメンテーターらが「独裁政権下で声を上げた彼女の勇気を称えたい」と言い、「こうした民意が広がることを願う」とも語っていたが、日本の放送局が一斉にこの女性スタッフの行動を称賛する姿勢に、鼻白んでしまう視聴者も少なくないのではないか。

「ISIL(イスラム国)」による日本人の殺害事件が発生した2015年、「テロとの戦い」を掲げる欧米などと歩調を合わせるかのように拳を振り上げ、「全面戦争もやむを得ない」と前のめりになる安倍政権に対し、元経産官僚の古賀茂明氏はコメンテーターを務めていた民放番組で、「I am not ABE」などと発言。これが安倍官邸の逆鱗に触れたといい、古賀氏は番組を降板。最後の出演でも、古賀氏は「I am not ABE」と書いた手製の紙を掲げ、「単なる安倍批判ではなく、日本人がどういう生き方をしようかという、ひとつの考え方」と説明していたが、当時、この古賀氏の言動を大きく取り上げるテレビ局はほぼ皆無だった。

政府・与党の報道に対する姿勢はプーチン政権と似たり寄ったり


2015年の反安倍首相抗議デモ集会(C)日刊ゲンダイ
2015年の反安倍首相抗議デモ集会(C)日刊ゲンダイ
拡大する

「ISIL」戦闘員は当時の安倍首相を「アベ」と名指しで非難。古賀氏は「ISIL」が日本人を標的にした無差別テロが起きかねないと危惧し、「日本人すべてが安倍首相と同じ考えではない」との意味も含めて発信したわけだが、おそらく、ロシア「チャンネル1」で「NO WAR」と声を上げた女性スタッフも、「プーチン大統領=すべてのロシア人の姿勢ではない」と言いたかったに違いない。

 安倍政権は民放各社に「お願い」と題した要請文を送って選挙報道を“牽制”。先日も、自民党の情報通信戦略調査会が民放連とNHKの各専務理事を呼び、第三者機関の放送倫理・番組向上機構(BPO)やテレビ各局の番組審議会の活動状況について質疑したため、民放労連(日本民間放送労働組合連合会)が「言論・表現の自由を脅かす」と抗議声明を出す事態になったが、安倍政権以降の政府・与党の報道に対する姿勢はプーチン政権と似たり寄ったりだ。

 そんな強権政府に対して声を上げるどころか、唯々諾々と従っているのが今の日本の放送局の実態であり、政府・与党が今後「日本も核共有だ」「派兵しろ」などと言いだしたら、黙って右向け右になりかねない。

「プロパガンダを信じるな。この人たちはあなたにうそをついている」というロシア国営チャンネルの女性スタッフの言葉を、日本の放送局は「自戒」を込めて捉えるべきではないのか。

2022年3月15日 (火)

4月末まで 当面の行動

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

 

317日(木) 市民デモHYOGO木曜行動・ウクライナ反戦アピール行動 15時 三宮・マルイ前

3月12日~19日(土) 西宮市長選・市議補選勝利のための街頭宣伝

319日(土) 尼崎共同行動相談会 13時半 小田北生涯学習プラザ 15時 スタンディング

※320日(日) 西宮市長選 市議補選 公示 

          ポスター貼り、公示日総決起集会 12時   証紙貼り などなど

321日(月・休) 奥野・山口「君が代」不起立処分撤回闘争10周年記念集会 13時半 エルおおさか708(地下鉄
          「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 講演:根津公子

324日(木)~27(日) 大城弘明写真展 ガマ鎮魂のトポス~いくさ場の記憶 10時~18時 アートホール神戸(JR・阪神「元町」北3分)

326日(土) 西宮市長選・市議補選 最終行動

326日(土) ロシアはなぜ侵略戦争を始めたのか! 13時半 エルおおさか6F会議室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

※327日(日) 西宮市長選 市議補選 投開票

327日(日)  ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 14時 大淀コミュニティセンター・ホール 公園:森裕之立命館大教授)

 

※328日(月) 福島みずほ国政報告会実行委員会 18時半 いたみホール会議室(阪急「伊丹」北3分)

328日(月) 李哲さん 獄中記『長東日誌』を語る 18時半 阿倍野区民センター1階第一集会室(地下鉄「阿倍野」南2分) 講師:李哲

42日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

42日(土) 市民デモHYOGO学習会 沖縄3 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) リモート報告:清水早子(宮古島在住) 会場報告:伊藤武是(弁護士、元裁判官)

42日(土) 森友事件は未解決 怒りの集会・デモ 14時 豊中市立文化芸術センター(阪急「曽根」東4分)

43日(日) 老朽原発このまま動かすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東2分)

44日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

49日(土) 未来アジア学習会 『独ソ戦』を学ぶ 13時~16時 南久宝寺ビル(南久宝寺町
1-9-2)

※49日(土) 尼崎革新懇総会 記念講演 13時半 尼崎中央北生涯学習プラザ(バス停・尼崎総合医療センター西2分) 講演:佐々木寛 市民連合@新潟共同代表、新潟国際情報大教授

410日(日) 関西三里塚集会 14時 エルおおさか606(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分)  講師:藤原辰史京都大准教授

410日(日) 連帯兵庫みなせん集会 14時 神戸婦人会館(「高速神戸」北3分)

 

※413日(水) 辻元清美講演会 18時 いたみホール・地下多目的室

 

418日(月) 関電不正マネー徹底究明 関電株主訴訟 13時 大阪地裁前集会

421日(木) 琉球遺骨返還訴訟判決 14時半 京都地裁101(大法廷)

423日(土) 水俣講演会 14時 海外移住と文化の交流センター5Fホール(JR「元町」北10分)

※423日(土) つじ恵参議院選勝利関西総決起集会 14時 尼崎中小企業センター(阪神「尼崎」北東5分)

424日(日) 市民デモHYOGO 春の交流会 13時 神戸市勤労会館(JR三宮東南4分)

2022年3月14日 (月)

ウクライナ危機でも原発新設を言い張る安倍晋三! 何度でも言う、福島原発事故の最大の戦犯は津波対策を拒否した安倍だ

ウクライナ危機でも原発新設を言い張る安倍晋三! 何度でも言う、福島原発事故の最大の戦犯は津波対策を拒否した安倍だ


ウクライナ危機でも原発新設を言い張る安倍晋三! 何度でも言う、福島原発事故の最大の戦犯は津波対策を拒否した安倍だの画像1
首相官邸HPより


 東日本大震災・福島第一原発事故から11年。しかし、この間の被災地軽視・棄民政策によって、復興は当初の見込みより大幅に遅れ、いまも3万人以上が避難生活を強いられている。その多くが原発事故による避難者だ。

 さらにロシアによるウクライナ侵略でも、チェルノブイリ原発が占拠、ザポロジエ原発が攻撃・制圧されるなど、あらためて原子力発電所の危険性が浮き彫りになっている。

 ところが、きのう10日の記事(https://lite-ra.com/2022/03/post-6169.html)でもお伝えしたように、逆にロシアのウクライナ侵略を口実に、電力の供給不足やコスト高に陥るなどとして、「原発再稼働」推進を訴える声が自民党、維新などから上がっている。その急先鋒である安倍晋三元首相にいたっては、再稼働どころか、原発新設まで言い出しているのだ。

 安倍元首相は「リプレイス(建て替え)も考えなければならない」(2月27日フジテレビ)などとし、次世代原子力である小型モジュール炉への建て替えを主張。火事場泥棒としか言いようがない。

 いや、火事場泥棒どころじゃない。あらためて言っておかなければならないだろう。そもそも安倍晋三は、福島第一原発事故じたいを引き起こした最大の“戦犯”なのだ。

 言っておくが、これは歴代自民党政権が昔から原発政策を推進してきたとか、そういう抽象的なレベルの話ではない。もっと具体的かつ直接的なものだ。

 実は、第一次安倍政権だった2006年、すでに国会福島原発事故と同じ事態が起きる可能性が指摘されていた。にもかかわらず、ときの総理大臣だった安倍晋三は、「日本の原発でそういう事態は考えられない」として、一切の対策を拒否していたのである。

 しかも、東日本大震災後、安倍は、原発事故の責任を当時の菅直人首相と民主党政権に押し付け、真実を追及するメディアを「捏造だ!」と恫喝し、自身の重大責任を隠蔽してきた。そして、無反省に原発再稼働や原発輸出という流れをつくりだした。

 本サイトでは3月11日を迎えるたびに、安倍晋三元首相こそが原発事故の“戦犯”であること、そして、その責任を隠すためメディアを黙らせてきたことを記事にしてきた。今年もまたあらためて、その事実をお伝えしたい。
編集部
********************

福島原発事故から5年前、安倍は「全電源喪失はありえない」と地震対策を拒否

 故郷に帰れない多くの被災者を生み出し、放射性物質を広範囲にまき散らし、作物を汚染し、今も国土や海を汚し続けている福島原発事故。

 だが、この国家による犯罪ともいえる重大な事故をめぐって、ほとんど語られてこなかった事実がある。それは、現内閣総理大臣である安倍晋三の罪についてだ。

 こういうと、安倍支持者はおそらく原発事故が起きたときの首相は民主党の菅直人じゃないか、サヨクが安倍さん憎しで何をいっているのか、というだろう。そうでない人も、原発を推進してきたのは自民党だが、歴代の政権すべてがかかわっていることであり、安倍首相ひとりの問題じゃない、と考えるかもしれない。

 だが、福島原発の事故に関して安倍首相はきわめて直接的な責任を負っている。第一次政権で今と同じ内閣総理大臣の椅子に座っていた2006年、安倍首相は国会で福島原発事故と同じ事態が起きる可能性を指摘されながら、「日本の原発でそういう事態は考えられない」として、対策を拒否していたのだ。

 周知のように、福島原発の事故は津波によって全電源が喪失し、原子炉の冷却機能が失われたことが原因で、政府や電力会社はこうした事態を専門家さえ予測できない想定外のことだったと弁明してきた。

 しかし、実際にはそうではなく、原発事故の5年前に、国会質問でその可能性が指摘されていたのだ。質問をしたのは共産党の吉井英勝衆院議員(当時)。京都大学工学部原子工学科出身の吉井議員は以前から原発問題に取り組んでいたが、2006年から日本の原発が地震や津波で冷却機能を失う可能性があることを再三にわたって追及していた。3月には、津波で冷却水を取水できなくなる可能性を国会で質問。4月には福島第一原発を視察して、老朽化している施設の危険性を訴えていた。

 そして、第一次安倍政権が誕生して3カ月後の同年12月13日には「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」を政府宛に提出。「巨大な地震の発生によって、原発の機器を作動させる電源が喪失する場合の問題も大きい」として、電源喪失によって原子炉が冷却できなくなる危険性があることを指摘した。

 ところが、この質問主意書に対して、同年12月22日、「内閣総理大臣 安倍晋三」名で答弁書が出されているのだが、これがひどいシロモノなのだ。質問に何一つまともに答えず、平気でデタラメを強弁するだけだったのである。

まさに福島で起きた“バックアップ電源機能不全”の実例を指摘されても安倍は…

 

 まず、吉井議員は「原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止(スクラムがかかる)だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。」という質問を投げかけていたのだが、安倍首相はこんな答弁をしている。

「外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である。」

 吉井議員はこうした回答を予測していたのか、次に「現実には、自家発電機(ディーゼル発電機)の事故で原子炉が停止するなど、バックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか。」とたたみかける。

 しかし、これについても、安倍首相は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」と一蹴。

 これに対して、吉井議員はスウェーデンのフォルスマルク原発で、4系列あったバックアップ電源のうち2系列が事故にあって機能しなくなった事実を指摘。「日本の原発の約六割はバックアップ電源が二系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、二系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。」と糾した。

 すると、安倍首相はこの質問に対して、こう言い切っているのである。

「我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。」

 吉井議員が問題にしているのはバックアップ電源の数のことであり、原子炉の設計とは関係ない。実際、福島原発はバックアップ電源が全部ダメになって、あの深刻な事故が起きた。それを安倍首相は「設計が違うから、同様の事態が発生するとは考えられない」とデタラメを強弁していたのだ。

 そして、吉井議員がこの非常用電源喪失に関する調査や対策強化を求めたことに対しても、安倍首相は「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全性については、(中略)経済産業省が審査し、その審査の妥当性について原子力安全委員会が確認しているものであり、御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」と、現状で十分との認識を示したのだ。

 重ね重ね言うが、福島原発が世界を震撼させるような重大な事故を起こした最大の原因は、バックアップ電源の喪失である。もし、このときに安倍首相がバックアップ電源の検証をして、海外並みに4系列などに増やす対策を講じていたら、福島原発事故は起きなかったかもしれないのだ。

 だが、安倍首相はそれを拒否し、事故を未然に防ぐ最大のチャンスを無視した。これは明らかに不作為の違法行為であり、本来なら、刑事責任さえ問われかねない犯罪行為だ。

 ところが、安倍首相はこんな重大な罪を犯しながら、反省する素振りも謝罪する様子もない。それどころか、原発事故の直後から、海水注入中止命令などのデマをでっちあげて菅直人首相を攻撃。その罪を民主党にすべておっかぶせ続けてきた。

まさに福島で起きた“バックアップ電源機能不全”の実例を指摘されても安倍は…

 

 まず、吉井議員は「原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止(スクラムがかかる)だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。」という質問を投げかけていたのだが、安倍首相はこんな答弁をしている。

「外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である。」

 吉井議員はこうした回答を予測していたのか、次に「現実には、自家発電機(ディーゼル発電機)の事故で原子炉が停止するなど、バックアップ機能が働かない原発事故があったのではないか。」とたたみかける。

 しかし、これについても、安倍首相は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」と一蹴。

 これに対して、吉井議員はスウェーデンのフォルスマルク原発で、4系列あったバックアップ電源のうち2系列が事故にあって機能しなくなった事実を指摘。「日本の原発の約六割はバックアップ電源が二系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、二系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。」と糾した。

 すると、安倍首相はこの質問に対して、こう言い切っているのである。

「我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。」

 吉井議員が問題にしているのはバックアップ電源の数のことであり、原子炉の設計とは関係ない。実際、福島原発はバックアップ電源が全部ダメになって、あの深刻な事故が起きた。それを安倍首相は「設計が違うから、同様の事態が発生するとは考えられない」とデタラメを強弁していたのだ。

 そして、吉井議員がこの非常用電源喪失に関する調査や対策強化を求めたことに対しても、安倍首相は「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全性については、(中略)経済産業省が審査し、その審査の妥当性について原子力安全委員会が確認しているものであり、御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」と、現状で十分との認識を示したのだ。

 重ね重ね言うが、福島原発が世界を震撼させるような重大な事故を起こした最大の原因は、バックアップ電源の喪失である。もし、このときに安倍首相がバックアップ電源の検証をして、海外並みに4系列などに増やす対策を講じていたら、福島原発事故は起きなかったかもしれないのだ。

 だが、安倍首相はそれを拒否し、事故を未然に防ぐ最大のチャンスを無視した。これは明らかに不作為の違法行為であり、本来なら、刑事責任さえ問われかねない犯罪行為だ。

 ところが、安倍首相はこんな重大な罪を犯しながら、反省する素振りも謝罪する様子もない。それどころか、原発事故の直後から、海水注入中止命令などのデマをでっちあげて菅直人首相を攻撃。その罪を民主党にすべておっかぶせ続けてきた。(続きはリテラで)

2022年3月13日 (日)

西宮に維新市長は要らない講演会、280人の参加で大成功

 この間の大衆運動の焦点であった「西宮に維新市長は要らない講演会」は、12日午後、西宮勤労会館に280人が結集し、あと2週間後に迫った投開票に向け、市民の側から大きなうねりを作り出す出発点となった。司会は田中あきよ西宮市議、主催者挨拶はよつや薫西宮市議(いずれも無所属)で始まった。
 講師の西谷文和さんは、2月にもアフガニスタンに行っており、かつて行ったことのあるウクライナで戦争が起こったことから、ロシアの軍事介入を批判することから始めた。この戦争はロシア・プーチンが始めた戦争で、東部2地域の問題は口実に過ぎず、この残虐な戦争を直ちにやめさせ中ればならない。また、ロシアが核を背景に発言したり原発を攻撃したことも弾劾した。と同時にこの戦争にかこつけて安倍や維新が核共有の発言Img_4047 をしていることを、プーチンと安倍と維新は同じ穴の狢だとも批判。続いて大阪維新の吉村はサラ金武富士の顧問弁護士で金の取り立てを仕事にしていたとその素性を暴露、以降『自公の罪、維新の毒』を縦横に批判した。質疑応答では、ウクライナの戦争はジェレンスキー政権のロシア系住民迫害にあるのとの意見に対し、2014年以降ウクライナに行ったが、ネオナチは数十人で、普通の市民からは相手にされておらず、万単位の虐殺は肌感覚としてなかったと発言した。
 次いで大石あきこさんは、昨日3月11日、かの橋下徹弁護士から名誉棄損で訴えられ、第1回の口頭弁論が大阪地裁大法廷であったことの報告から始まった。裁判は、元大阪府知事で弁護士で維新の創業者という社会的影響力のある人物が、かつての府庁職員という部下で、弱小政党の1回生議員を訴えるという奇妙な裁判。裁判で相手を黙らせるという手法はスラップ訴訟で、負けるわけにはいかない、喝さいの中で闘いたいが、そこは勝利のためには慎重にもならざるを得ないが、こちらも弘中惇一郎(通称「無罪請負人」、村木厚子、カルロスゴーンの弁護士としても知られる)など最強の布陣で勝利したいので、注目と支援をと訴えた。
 市民からのアピールでは、吉村平さん(甲東平和を考える会)らから西宮に維新は要らないのアピールと、北野聡子宝塚市議、木村真豊中市議から「維新に勝利するには、ベストの候補がいないなら、ベターの候補に全力投入を!」との力強い訴えがあった。まちめと行動提起を元西宮地労協議長の梶原義行さんが行い、阪神とJRの2駅の街宣に向かった。
 この集会は「西宮に維新市長は要らない」の1点で団結する集会だったが、政党関係者・議員も大石あきこ(れいわ)・桜井周(立憲)の国会議員をはじめ丸尾牧県会議員(緑)、都築徳昭尼崎市議(新社会)ら政党をこえて15人近くの各級議員が参加し、維新に負けられない総決起を誓った。

2022年3月12日 (土)

橋下氏・松井氏・吉村氏がバラエティー番組出演、「維新に偏り」批判に毎日放送「認識甘かった」

橋下氏・松井氏・吉村氏がバラエティー番組出演、「維新に偏り」批判に毎日放送「認識甘かった」

 毎日放送(大阪市)が1月に放送したトークバラエティー番組に、ゲストとして日本維新の会創設者の橋下徹・元大阪市長、同党代表の松井一郎・大阪市長、副代表の吉村洋文・大阪府知事をそろって出演させた問題で、同局は11日、「高視聴率を意識し、政治的公平性に対する認識が甘かった」とする調査結果を公表した。番組内容を事前に点検する制度も機能しなかったとして、チェック体制を強化するなどの再発防止策を進めるとしている。

3人をゲストに招き、トークを交わした毎日放送の「東野&吉田のほっとけない人」の一場面
3人をゲストに招き、トークを交わした毎日放送の「東野&吉田のほっとけない人」の一場面

 番組は、関西地区で1月1日午後に放送された「東野&吉田のほっとけない人」。タレントの東野幸治さんらが司会を務め、ゲスト出演した3人は計43分間にわたって、昨年秋の衆院選で同党が議席を伸ばした要因などについて議論した。視聴者から「維新に偏っている」「中立でない」などの批判を受け、局内の調査チームが制作の経緯などを検証していた。

2022年3月11日 (金)

当面の行動

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

Img_3985 木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

 

311日(金) 橋下徹、大石あきこ衆議院議員名誉棄損(?)訴訟 第1回公判 11時 大阪地裁   報告集会 終了後弁護士会館で

※311日(金) フクシマを忘れまい尼崎の集い 18時 JR「尼崎」北口デッキ(梅川像前)

※3月12日(金) 312西宮に維新市長は要らない講演会街頭宣伝行動 18時 阪神「甲子園」東出口

3月12日(土) 高作先生学習会 14時 六甲学生センターWEST100(阪急「六甲」南西2分)

Img_3896 ※3月12日(土) 西宮ピースネット 11時 JR「西ノ宮」南出口

         ウクライナ反戦宝塚行動 12時 ゆめ広場(阪急「宝塚」南出口)

※312日(土) 西宮に維新は要らない大集会 14時 西宮勤労会館ホール(阪神「西宮」東8分、JR[西ノ宮」南西5] 講演:西谷文和(フリージャーナリスト) 大石あきこ(衆議院議員)

※312日(土) 西宮に維新市長は要らない街頭演説会 17時 JR「西ノ宮」南    西宮に維新市長は要らない街頭演説会 17時 阪神「西宮」南

※313日(日) 西宮市長選青空イベント 近隣3市長結集 17時 阪急西宮ガーデンズ前 稲村和美尼崎市長 山崎晴恵宝塚市長 いとうまい芦屋市長

※313日(日) 西宮市長選・市議補選勝利!選挙対策会議 18時 大学交流センター(阪急「西宮北口」北東2分 アクタ東館6階)

3月13日(日) さようなら原発関西アクション 13時 エル・シアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分))

3月14日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 新長田文化センター(JR「新長田」西南3分)

3月17日(木) 市民デモHYOGO木曜行動・ウクライナ反戦 15時 三宮・マルイ前

3月19日(土) 尼崎共同行動相談会 13時半 小田北生涯学習プラザ 15時 スタンディング

※320日(日) 西宮市長選 市議補選 公示 

321日(月・休) 奥野・山口「君が代」不起立処分撤回闘争10周年記念集会 13時半 エルおおさか708(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 講演:根津公子

3月24日(木)~27(日) 大城弘明写真展 ガマ鎮魂のトポス~いくさ場の記憶 10時~18時 アートホール神戸(JR・阪神「元町」北3分)

※327日(日) 西宮市長選 市議補選 投開票

2022年3月10日 (木)

大阪市の夜間中学統廃合 関係者が「国の方針に逆行、存続を」訴え

大阪市の夜間中学統廃合 関係者が「国の方針に逆行、存続を」訴え

記者会見で大阪市立天王寺、文の里の両夜間中学の存続を求める関係者ら=9日午前、大阪市役所
記者会見で大阪市立天王寺、文の里の両夜間中学の存続を求める関係者ら=9日午前、大阪市役所

大阪市立天王寺(天王寺区)、文の里(阿倍野区)の両夜間中学(夜間学級)をなくす統廃合計画について、基礎教育保障学会などは9日、大阪市役所で記者会見を開き、両校の存続を訴えた。夜間中学の新増設を促す文部科学省の方針を受けて、各地で設置が進む現状を踏まえ、同会の岡田敏之会長は「国の方針に逆行するうえ、全国で増設に取り組む人たちの希望や困難を抱えながら学ぶ人たちの学習機会を奪うことになる」と強調した。

市教委は、令和6年春に市内在住の不登校の中学生を対象とした不登校特例校を旧日東小学校(浪速区)に開校し、新たな夜間中学を併設。天王寺、文の里をなくして生徒たちには新たな夜間中学に移ってもらう計画で、実現すれば市内に4校ある夜間中学は3校になる。

この日の会見には、基礎教育保障学会の役員のほか、両校の生徒らが出席。同会の森実副会長によると、交通の便が良い両校は夜間中学がない南河内地区の生徒たちの受け皿にもなっており、「空白地帯への増設こそ必要で、大阪市はニーズを十分に調査しないまま統廃合を進めている」と主張した。

また生徒たちは、家族の介護や仕事、体調など一人一人にさまざまな背景があることを説明し、「新設校に通うのは難しい。教育弱者をつくらないでほしい」「勉強できることは幸せ。学校を、学ぶ権利を奪わないで」などと訴えた。

夜間中学には、戦争や貧困、不登校などで十分に義務教育を受けられなかった人たちが通う。現在12都府県に36校が設置され、文科省は全都道府県、各政令市に1校以上の開設を促している。(木ノ下めぐみ)

チェルノブイリ原発で「ロシア軍が電力を切断」

<div "fast-p4zkia{1}fast-p4zkia"="" class="providerInfoWrapper">
毎日新聞

チェルノブイリ原発で「ロシア軍が電力を切断」 電力会社が発表

毎日新聞 - 昨日 21:08
リアクションする|
  •  
© 毎日新聞 提供

 ロシア軍の侵攻が続くウクライナの北部にあるチェルノブイリ原発で、ロシア軍が9日、外部からの電力供給を切断した。ウクライナ国営電力会社ウクルエネルゴが発表した。施設全体に電力が全く供給されない状態になっているという。

 同原発には使用済み核燃料の貯蔵施設がある。ウクルエネルゴは、燃料が冷却できなくなれば放射性物質が放出される恐れがあるとしている。これに対し、国際原子力機関(IAEA)は9日、電力供給なしでも熱を冷ますだけの十分な冷却水があるとの見解を示し、原発の安全性に「重大な影響はない」と指摘した。日本の原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は9日の定例会合で、同原発の使用済み核燃料について「(稼働を停止した)2000年から長期間たっており冷却は進んでいる」と述べている。

 ウクルエネルゴは「(ロシア軍の)軍事行動が続いており電力供給の復旧作業ができない」としている。消火システムも作動せず、非常用のディーゼル発電設備はあるが燃料は48時間分だけという。同原発で働く職員が住むスラブチチの街全体も停電した。ウクライナのクレバ外相は9日、ロシアに対し、軍事行動をやめるよう呼びかけた。

 またIAEAによると、同原発の監視システムのデータ送信が8日、停止した。

 チェルノブイリ原発は全4基。1986年に爆発事故が発生した4号機は「石棺」と呼ばれるコンクリートで固められ、さらにかまぼこ状の鋼鉄製シェルターで覆われている。日本の原子力規制委によると、残りの1~3号機は2000年までに稼働を停止。16年までに使用済み核燃料を取り出して貯蔵施設で冷却していた。

 ロシア軍は2月24日にウクライナ侵攻を開始し、同日、チェルノブイリ原発を武力で制圧した。さらに南東部のザポロジエ原発を3月4日に制圧した。この際、原発内で交戦があり、施設内の建物で火災が発生した。

 一方、激戦地から住民を避難させるルート「人道回廊」の設置による脱出は9日も続いた。英国防省などによると、露軍は同日も首都キエフの北郊を攻撃したがウクライナ軍に前進を阻まれた。露軍は北東部ハリコフや南東部マリウポリなどを包囲し激しい攻撃を続けた。【杉尾直哉、林哲平、岡田英】

2022年3月 9日 (水)

ウィシュマさん死亡事件から1年〜「収容やめろ!」約300人が東京入管前でデモ~レイバーネット日本

ウィシュマさん死亡事件から1年〜「収容やめろ!」約300人が東京入管前でデモ

報告=松本浩美

 

 名古屋入管でスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさんが亡くなってから1年が経った。3月5日および6日には彼女を追悼し、事件の真相究明と入管体制に抗議するアクションが全国10か所で開催。6日には全国で約600人が参加した。

 東京では約300人が集まり、集会とデモ行進が行われた。場所は入管収容施設の近くにある品川北埠頭公園。集会では、ウィシュマさんの妹、ワヨミさんからのメッセージが代読された。

「姉ウィシュマが亡くなってから1年が過ぎたが、魂がさまよっている感じがする。入管は姉を死なせてしまったのに、責任を認めようとしない。とても悲しい。これ以上人の命がうばわれないように、入管には再発防止を求める」

 また、山添拓参議院議員(日本共産党)もスピーチを行った。
「議員に一部開示されたビデオ(ウィシュマさんの亡くなるまでを映した映像)を観て感じたのは、入管職員がとても明るかったこと。息も絶え絶えの人に対してとは思えない。組織として被収容者を人間として扱っていない。在留資格のない人は収容してしまえという入管行政が職員の感情も変えているのではないか」

 その後、参加者全員で黙とうをささげ、ウィシュマさんの冥福を祈った。

 

●「がんばれ!」デモ参加者が被収容者にエール

 

 公園を出発したデモ隊が入管収容施設建物に近づくと、参加者はプラカを大きく掲げたり、手を振りはじめた。すると、建物からは「オーッ!」という歓声が。収容されている人たちによる声だ。デモ隊に向かって手を振る人の姿も。

 主催者は「ただいまは〇ブロック、〇階の人たちが手を振っています。皆さん、応えてください」とアナウンス。参加者は「おーい!」「がんばれ!」と被収容者に向かって激励。

 デモ隊が建物の正面玄関に差し掛かったあたりから、参加者の間から「収容やめろ!」のコールが自然と湧きあがった。 ちなみに、現在、品川の入管収容施設に収容されているのは30人ほど。コロナ感染対策で仮放免が進み、1部屋に1人が割り当てられているという。

 

●私たちは人間。普通の暮らしがしたいだけ

 

 終了後の集会では、参加した団体・個人から連帯のスピーチが行われた。いくつか紹介する。

〇仮放免者(難民申請するも不認定)

・エリザベスさん(ナイジェリア出身・90年代に来日)
「被収容者の面会活動を行っている。ウィシュマさんから何度も電話がきた。病気だと言われ、行きたかったが入管からダメと言われた(仮放免の場合、県外に出るのに入管の許可が必要)。日本政府はウクライナ難民に来てくださいと言っている。日本に難民はいっぱいいるがビザを出さない。仕事も食べ物もない。だから、私のところに毎日電話が来る。差別をやめてほしい」

・Mさん(コロンビア出身・1995年来日)
「入管に収容されると、何年になるかわからない。刑務所だと決まっているし、もう一度社会に出て、いい人になるチャンスがある。でも、私たちはいつ出られるかわからなくて、心と体の健康が悪くなる。自分の国には問題があって帰れない。私たちは自分の人生を守るためにここにいる。日本で普通の生活がしたい。私はみんなと同じ、普通の人。みんなで新しい未来をつくりましょう」

・ミョーさん(ミャンマー出身/ロヒンギャ族・2006年来日)
「去年2月1日ミャンマーでクーデターが起こった時、収容施設の中にいた。そのニュースを聞いて、ショックを受けた。その後、ウィシュマさんが亡くなったと聞いて、さらにショックを受けた。自分たちも収容施設で亡くなるかもしれないのか。そこまで思いつめた。私たちも人間です。いろんな国から逃げてきた。その国の助けを求めてきた。仮放免の人たちが普通に社会に働ける、移動できる、普通に生活できるビザを出してほしい」

〇NAOMIさん(仮放免者の在留資格を求める日本人配偶者の会)
「夫はスリランカ人。17年前に出会い、6年前に結婚した。結婚して6年も経ったが、入管はビザを出してくれない。入管は、在留資格のない男性と結婚した私が悪いとばかりに、夫を国に帰しなさい、と私にプレッシャーをかけてくる。仮放免だと、いつ収容されるかわからず、おびえた生活を送っている。仮放免で外に出ても、一切自由はない。就労禁止、社会保障なし。生活が苦しくても生活保護は利用できず、健康保険にも入れない。夫には、コロナによる特別定額給付金10万円も支給されなかった。私たちはビザを出してもらって、ただ普通に働き、幸せな結婚生活を送りたいだけ。日本人と結婚してもビザがもらえず、苦しんでいる人たちがたくさんいることを知ってほしい」

 

●在日コリアンに対する差別から始まった入管法

 

〇金誠明さん(在日本朝鮮留学生同盟/在日朝鮮人3世)
「僕も入管へ行くことがあるが、窓口のレベルでも非人間的な扱いをされることがある。在日朝鮮人として、民族差別、外国人排斥の根底には日本の戦前、敗戦直後からの歴史があると強く感じる。戦後、在日朝鮮人を管理するためにできたのが外国人登録令、出入国管理令で、今の入管法につながった。今から70年以上前、在日朝鮮人たちは『強制送還やめろ』『入管への隔離はやめろ』『人権侵害やめろ』とずっと言い続けてきた。しかし、高校無償化から朝鮮学校が排除されたり、在日朝鮮人集住地区で放火が起こったり、民族団体の建物に銃弾が撃ち込まれたり、今なお差別と迫害は続いている。私たちが声を集めて、日本政府・社会に対して差別と排除はいけない、人権を守れと強く訴えていく必要がある」

〇慎民子さん(一般社団法人「ほうせんか」理事/在日韓国人2世)

「私は戦後生まれだが、子どもの頃から入管法にいじめられてきた。いつ捕まるかもしれないという恐怖を持ちながら生きてきた時代があった。若い頃入管法に反対するための活動してきたが、事件を知り、21世紀になってもまだこんなことが起こっているのか、本日はノーを伝えにきた。関東大震災の時、ヘイトクライムが起こり、6000人の朝鮮人、700人の中国人が殺された。ヘイトスピーチは今でも続いていて、外国人攻撃が行われている。私たちはこれを繰り返さないために、一緒にプンムルノリを演奏したりして、交流している。民間での差別も、国の政策も同じ次元の問題であることを言いたい」

 

●死の責任は入管本庁にある

 

 最後に、抗議アクション主催団体の1つBOND(外国人労働者・難民と共に歩む会)のメンバー、加納茜さん(上智大学2年/写真下)が代表して今後の決意を述べた。

「ウィシュマさんの死を引き起こした責任は入管本庁、そして人命より送還を優先する『送還一本やり方針』にある。入管庁は、長期収容し、被収容者に『こんなところにいるのはもう嫌』と思い知らせて、自ら帰国へと仕向けることが正しい処遇だと認識している。これが改められない限り、人権侵害は続く。真相究明を求めるウィシュマさんのご遺族、在留資格を失っても帰国できない事情を抱え、過酷な状況に置かれている多くの被収容者、仮放免者の切実な声に連帯し、入管行政の抜本的改革を強く求める」

2022年3月 8日 (火)

橋下徹のゴーマントークに、カズレーザーだけでなく非難が集まる

 
いいね10 コメント|
橋下徹さん© 中日スポーツ 提供 橋下徹さん

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹さん(52)が7日、フジテレビ系朝の情報番組「めざまし8」に出演。3日に同番組で、激論を繰り広げたウクライナ出身の国際政治学者のグレンコ・アンドリーさんと再び口論を繰り広げた。

 橋下さんは北大西洋条約機構(NATO)が「ロシアと話をして政治的妥結をする」ことが重要だと主張。一方でアンドリーさんは「ウクライナの完全降伏以外の解決をプーチンが認めない」とし、現時点でNATOが交渉しようとしても、強硬姿勢を示すロシアとの間に妥協点を見つけることは不可能だと訴えた。

 しかし、橋下さんは「NATOが譲歩を示さないからプーチンが乗らない」とNATO側の努力が足りないと非難。次第にお互いに主張の途中に割り込むようになり…3日に繰り広げた口論と近しい状況までヒートアップ。最終的には、3日同様、MCの谷原章介が橋下さんの主張中にかぶせるようにして発言し、口論を打ち切った。

 ネット上では「また始まった」「橋下徹、今日もウクライナの専門家に果敢に論争を挑んでた」「もうやめて」「アンドリー氏に申し訳無さ過ぎた」「橋下徹さん、昔は嫌いじゃなかったんだけどな」と2人が主張し合う放送内容に戸惑い、悲しむ声なども見られた。

連日尼崎でウクライナ反戦行動 5日JR尼崎、6日阪神尼崎

 Img_3979 ウクライナ反戦の緊急行動が連日各地でおこなわれている。
 6日はJR尼崎で尼崎共同行動が47人で、7日は阪神尼崎で尼崎地区労と市民グループが小学生ら3人のこどももいれて35人が、ロシアのウクライナ侵攻に反対し抗議のスタンディング行動。マイクでのアピールや、「戦争反対、プーチンやめろ」のコールが道行く市民にとどろいた。
 Img_3990 阪神尼崎には「聖火リレー」ならぬ「横断幕リレー」で、3日神戸三宮マルイ前にデビューした横断幕が、神戸の各所の行動で使われたのち、この日は阪神尼崎に登場。火・水と転戦ののち、再び10日は三宮マルイ前の行動に登場する。
 3・11福島原発事故を忘れまいJR尼崎スタンディングや、3・12西宮に維新市長は要らない講演会を呼びかける仲間は、尼崎2か所、神戸。大阪と連日転戦している。
 3月9日は、18時半、大阪・中之島公園女神像で集会ののち、西梅田公園までデモ。
 Img_3985 同じ日のJR尼崎でもスタンディング。新聞記者も注目の横断幕(右)はどちらの行動にに登場するのか今から注目だ。

 

2022年3月 7日 (月)

ウクライナ反戦行動~本日は18時阪神尼崎駅前

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

Img_3955 定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

 

37日(月) ウクライナ反戦 尼崎地区労スタンディング 18時 阪神尼崎北

3月8日(火) 3.8国際女性デー行動 18時 大阪・元町中公園

※3月8日(火) 312西宮に維新市長は要らない講演会街頭宣伝行動 18時 阪神西宮南

3月9日(水) ウクライナ反戦おおさか総がかり緊急集会とパレード 18時半 中の島公園女神像前
(地下鉄「淀屋橋」北東4分)

※3月9日(水) ウクライナ反戦尼崎スタンディング行動 18時 JR尼崎・梅川像前

3月10日(木) 市民デモHYOGO ウクライナ反戦 スタンディング 15時 三宮・マルイ前

311日(金) 橋下徹、大石あきこ衆議院議員を名誉棄損(?)訴訟 第1回公判 11時 大阪地裁
報告集会 終了後弁護士会
館で

 

※311日(金) フクシマを忘れまい尼崎の集い 18時 JR尼崎北口デッキ(梅川像前)

Img_3896 ※3月12日(金)  312西宮に維新市長は要らない講演会街頭宣伝行動 18時 阪神甲子園東出口

3月12日(土) 高作先生学習会 14時 六甲学生センターWEST100(阪急「六甲」南西2分)

※312日(土) 西宮に維新は要らない大集会 14時 西宮勤労会館ホール(阪神「西宮」東8
分、JR[西宮」南西5] 講演:西谷文和(フリージャーナリスト) 大石あきこ(衆議院議員)

※3g津12日(土) 西宮に維新市長は要らない街頭演説会 17時 JR西宮南

※313日(日) 西宮市長選青空イベント 近隣3市長結集 17時 阪急西宮ガーデンズ前 稲村和美尼崎市長 山崎晴恵宝塚市長 いとうまい芦屋市長

3月13日(日) さようなら原発関西アクション 13時 エル・シアター(地下鉄「天満橋」

3月14日(月) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 新長田文化センター(JR「新長田」)

※320日(日) 西宮市長選 市議補選 公示 

3月21日(月・休) 奥野・山口「君が代」不起立処分撤回闘争10周年記念集会 13時半 エル
おおさか708(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 講演:根津公子

※327日(日) 西宮市長選 市議補選 投開票

「ウクライナ支援パレード」に4000人〜6か国の人たちが集まる

「ウクライナ支援パレード」に4000人〜6か国の人たちが集まる

 

3月5日午後、東京・渋谷で、「ウクライナ支援パレード~ウクライナの平和と自由のために連帯するパレード」がありました。主催はStand With Ukraine Japanで、結集したのはウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人、ミャンマー人、香港人、日本人など約4000人。カレンやウイグルの旗もありました。戦況が悪化するウクライナに思いを馳せ、音楽を流し、「戦争やめろ」「ウクライナに平和を」「ストップ・ウォー」などの声をあげました。若者の参加が多く、英語や日本語で、自分の思いを手書きしたプラカードも少なくありません。デモ隊は街中で注目を集め、チラシの受け取りも良かったように思います。

2月24日、ロシア軍はウクライナに侵攻を開始しました。しかし、ロシア国内では戦争反対のデモが続いています。さらに、ロシア軍への協力を表明したベラルーシは、2020年大統領選での不正に抗議したデモを、暴力で抑え込んできました。また、2019年に始まる香港民主化デモを、暴力的に弾圧した中国も、ロシアの後ろ盾となっています。そして、ロシアと軍事的つながりが強いミャンマーでは、2021年に国軍によるクーデタが発生し、デモで抗議した民衆が1000人以上殺害されています。こうして、参加者には各々の思いがありますが、反戦・平和を一致点に結集し、日本から声をあげました。

この日、東京・代々木では、「ロシアはウクライナの侵攻をやめろ!原発を攻撃するな!さようなら原発緊急行動」も、さようなら原発1000万人アクションの主催で、取り組まれました。ロシアは核兵器の使用を示唆し、原発を占拠しました。北朝鮮はミサイル発射実験を繰り返しています。ヒロシマ・ナガサキの原爆や、フクシマ原発事故を経験した私たちも、事態は決して他人事ではなく、沈黙するわけにはいきません。世界や日本の各地で連日、反戦・平和運動が高揚しています。共に声をあげましょう!

【報告】佐藤和之(佼成学園教職員組合)

2022年3月 6日 (日)

ロシアは撤兵!維新を倒せ! プーチン・安倍・橋下は同じ穴のムジナ

当面の行動日程                     阪神社会運動情報資料センター掌握分

Img_3964 定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

 

3月6日(日) ロックアクション・御堂筋デモ 14時 新町北公園 

3月6日(日) ウイシュマさん追悼 一周年大阪アクション 15時 扇町公園(JR「天満」西3分)

37日(月) ウクライナ反戦 尼崎地区労スタンディング 18時 阪神尼崎北

Img_3896 3月8日(火) 3.8国際女性デー行動 18時 大阪・元町中公園

3月10日(木) 市民デモHYOGO ウクライナ反戦 スタンディング 15時 三宮・マルイ前

311日(金) 橋下徹、大石あきこ衆議院議員を名誉棄損(?)訴訟 第1回公判 11時 大阪地裁 報告集会 終了後弁護士会館で

 

※3月11日(金) フクシマを忘れまい尼崎の集い 18時 JR尼崎北口デッキ(梅川の像前)

3月12日(土) 高作先生学習会 14時 六甲学生センターWEST100(阪急「六甲」南西2分)

※312日(土) 西宮に維新は要らない大集会 14時 西宮勤労会館ホール(阪神「西宮」東8分、JR[西宮」南西5] 講演:西谷文和(フリージャーナリスト) 大石あきこ(衆議院議員)

※3月12日(土) 西宮に維新市長は要らない街頭演説会 17時 JR西宮南

※313日(日) 西宮市長選青空イベント 近隣3市長結集 17時 阪急西宮ガーデンズ前 稲村和美尼崎市長 山崎晴恵宝塚市長 いとうまい芦屋市長

ワースト1位大阪、2位京都、高知が東京を上回る、沖縄は意外に41位、全国47都道府県コロナ死亡数


ワースト1位大阪、2位京都、高知が東京を上回る、沖縄は意外に41位、全国47都道府県コロナ死亡数


2022/03/05 11:10


大阪府の吉村洋文知事
大阪府の吉村洋文知事

 新型コロナ対策のまん延防止等重点措置について、東京、神奈川、大阪、兵庫など18都道府県で21日までの延長が、4日決まった。再び感染が拡大する懸念があると見られている。感染者数のピークは越えたものの、依然として全国で2万7千人以上が感染し、62人もの死亡が確認されている。各自治体の人口100万人当たりの新規死亡者数を見ると、自治体との格差も見えてきている。

【表】東京の人口当たり死者数は意外と低い? 47都道府県データ一覧

*  *  *

「関西での死亡者数が抜きん出ている」

 こういうのは札幌医科大の井戸川雅史准教授だ。医学部附属フロンティア医学研究所ゲノム医科学部門では、都道府県別に人口100万人あたりの新型コロナ死亡者数(死亡者数/人口)を集計し、データを公開している。データを見ると、3日時点の直近7日の新規死亡者数は全国平均で12・6人だが、大阪が26・6人と最も多く、京都22・0人、兵庫20・7人と続く。井戸川准教授は「死亡者が多いのは、感染の急拡大に対応できるほどの医療体制を整えることができなかったことが要因」と見る。

 やはり、目立つのは大阪の死亡率の高さだ。官邸関係者も「異常に高い」と漏らす。大阪では1月に新規感染者数が急拡大し、連日1万人を超える感染者を出した。人口当たりの感染者数でも全国で最も高い数字になっていた。

 大阪府は、1千床の大規模医療施設「大阪コロナ大規模医療・療養センター」を1月31日から稼働させたが、医療ひっ迫が叫ばれているにもかかわらず、4日の時点の入院者数はわずか64人と低迷。その他にも救急搬送が難しい事案が多数発生し、2月には大阪市が高齢者施設に対し、新型コロナ患者の症状が悪化しても直接119番通報するのは控えるよう通知を出す事態になっている。

 また、橋下徹府知事(当時)らが保健所の統廃合が進めた結果、コロナのような有事に対応できる体制ではなくなってしまったという指摘も出ている。

 しかし先月15日、吉村知事は、死亡率が高いという指摘に対してこんな反論をしたと報道されている。

データは、札幌医科大医学部附属フロンティア医学研究所ゲノム医科学部門より。人口100万人あたりの死者数(7日間)
データは、札幌医科大医学部附属フロンティア医学研究所ゲノム医科学部門より。人口100万人あたりの死者数(7日間)

「陽性者に対する致死率の割合を、全国で見ていただきたい。大阪は真ん中くらい。陽性者においてお亡くなりになる率が群を抜いて高いという状況ではない」

 吉村知事のいう“致死率”は、「人口」ではなく「陽性者」に占める死亡者の割合(死亡者数/新規陽性者数)ということだ。この割合を見ると、確かに大阪の数字は低くなる。政府関係者から入手した資料によると、第6波での全国平均は0・09%、最も高いのが高知で0・31%。次に宮崎0・25%、愛媛0・24%、広島0・23%と続く。大阪は0・1%で全国で27番目に多く、確かに「真ん中」に位置する。

 しかし、東京は0・03%とさらに低く、全国でも43番目だ。東京と比較すると、やはり大阪の死亡率の高さが目についてしまう。井戸川准教授はこう説明する。

「人口あたりの死者数が事実として多いことを受け止めるべき。陽性者に占める死亡者の割合が全国で真ん中というのは、医療体制が全国でも平均程度に整えられていうということを表しているにすぎません。大阪のような主要都市で、医療水準が高い自治体で、平均的というのは十分ではない。また、感染者を減らす対策が有効に取れていれば、死者数は抑えられたと見ています」

 その他に人口あたりの死亡者数の上位を見ると、愛知20・6人、福岡18・9人、奈良15・9人、千葉15・4人などとなっている。どのような実態があるのか。愛知県の担当者はこう語る。

「医療が必要な人には治療ができているが、コロナに感染した高齢者が多く亡くなっている。コロナが原因で肺炎で亡くなるのではなく、持病のためにコロナがきっかけで亡くなる人が多いです。治療で重症化を抑制することのほか、ワクチンで感染を予防することがより問われています」

 意外に高いのは、高知の死亡者数だ。東京よりも0・3ポイント多い14・5人だった。他の四国3県を見ても、香川10・5人、愛媛4・5人、徳島1・4人となっており、高知が明らかに高いのが見て取れる。なぜか。

 高知県の担当者は「病院や介護施設で大規模なクラスターが発生したのが原因」と見る。県内ではこれまでに100人を超えるクラスターが3度も発生。近森病院(高知市)では2月1日に入院患者71人、職員60人の大規模クラスターが発生した。県の担当者はこう見る。

「大規模クラスターは、気づいたときには病棟中に広まっている。そういった意味では、初期対応が甘かったと見ています。高知県は療養病床が多く、高齢者の入院がもともと多い。そこでクラスターが起きると、亡くなる方が多くなってしまう。ワクチン接種の推進、初期対応の強化などに取り組んでいる」

 感染拡大が早かった沖縄の死亡率は2・0人と、全国で40目と低い結果となっている。県では高齢者施設で感染者が出ても、感染症専門の医師や看護師をすぐに派遣し、重症化リスクのある患者を見守る体制が整えられており、死亡者の数が抑えられているという。

 これから第6波が落ち着いても、第7波、第8波と続くと見られている。今回の教訓をどう生かせるか、各自治体で問われている。

(AERAdot.編集部 吉崎洋夫)

2022年3月 5日 (土)

吉村府知事肝いり「療養センター」低使用率の背景 正確な実態つかめず

吉村府知事肝いり「療養センター」低使用率の背景 正確な実態つかめず


吉村洋文・府知事の手腕はいかに(時事通信)

吉村洋文・府知事の手腕はいかに(時事通信)

写真3枚

 

 

 3月6日に期限を迎える新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」の延長を政府に要請した大阪府。岸田文雄首相は3月3日夜に記者会見し、東京、大阪を含む18都道府県について措置を延長する方針を発表した。吉村洋文・府知事は「感染者は減少傾向にあるが、病床の逼迫は非常に厳しい状態が続いている」と述べるなか、その医療逼迫の打開策となるはずの「大阪コロナ大規模医療・療養センター」(以下、療養センター)の使用率が低調のままだ。

 療養センターは、吉村府知事が「大阪で大規模な『野戦病院』を作る。どこまでできるか分からないが、できる限りやってみる」と意気込み、関西経済連合会の後押しもあってできた府知事肝いりの医療施設。国内最大の1000人を収容可能で、事業費は約84億円かかっている。

 しかし、コロナの感染者・死亡者数が急増した2月には、使用率はわずか1%と報じられ、必要性を疑問視する声も飛び交った。3月に入っても使用率は低いままで、大阪府のホームページによると療養センターの使用率は5.6%(3月3日時点)だ。

『誰が「橋下徹」をつくったか―大阪都構想とメディアの迷走』の著者でノンフィクションライターの松本創氏が語る。

「現在、療養センターを使用する人はほとんどいません。陽性者は自宅療養を選択する傾向にあり、プライバシーのない療養センターよりも、まだホテル療養のほうが良いと言っていると聞きます。ただ、そのホテル療養もうまくマッチングができておらず、使用率は高くない」

 大阪府のホームページによると宿泊療養施設の使用率は23.0%(3月3日時点)で、療養センターよりは高いものの、十分な使用率とは言いがたい。療養センターとホテル療養の使用率が低い理由について、松本氏はさらに大阪府のコロナ対策問題が根本にあると語る。

「感染者情報把握システム『ハーシス』で大阪市が2万人以上の入力遅れがあり、その入力業務を外務の業者に口頭で委託していたことが2月に発覚したように、大阪はそもそもコロナの正確な感染者数すら把握できていないんです。実態が掴めていないから、療養施設の使用率が低いなど、コロナ対策でミスマッチが起きている。大阪府は直ちに抜本的なコロナ対策の見直しが急務でしょう」

 大阪は、コロナ感染の出口を見出すことはできるのか。

2022年3月 4日 (金)

プーチン・ロシアのウクライナ侵攻弾劾で70人がマルイ前で行動

 Img_3964 Img_3955 3月3日、15時、三宮マルイ前で木曜行動拡大版として、プーチン・ロシアのウクライナ侵攻を弾劾する行動が70人の参加で行われた。MBSや神戸新聞の取材もあり、10人近くからからアピールを受け、シュプレヒコールをあげ、町ゆく人に「ウクライナ侵攻弾劾、全世界の反戦運動で戦争を止めよう」と訴えた。


  •  


50年前に使われていた「ベ平連」の旗も掲げてロシアの軍事侵攻に抗議するメンバーら=神戸市中央区三宮町1

拡大
50年前に使われていた「ベ平連」の旗も掲げてロシアの軍事侵攻に抗議するメンバーら=神戸市中央区三宮町1

約50年前に使われていたベ平連の旗を掲げ、軍事侵攻反対の声を上げるメンバーら=3日午後、神戸市中央区三宮町1

拡大
約50年前に使われていたベ平連の旗を掲げ、軍事侵攻反対の声を上げるメンバーら=3日午後、神戸市中央区三宮町1

50年前に使われていた「ベ平連」の旗も掲げてロシアの軍事侵攻に抗議するメンバーら=神戸市中央区三宮町1

拡大
50年前に使われていた「ベ平連」の旗も掲げてロシアの軍事侵攻に抗議するメンバーら=神戸市中央区三宮町1


 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続く中、兵庫県内の市民団体でつくる「市民デモHYOGO」は3日、神戸・三宮で、ロシアに対し抗議活動をした。メンバーにはベトナム戦争に反対してきた人もおり、50年たっても反戦を訴えねばならない現状を嘆いた。

 同団体は安保関連法(2016年施行)への反対を訴えるため15年に結成され、現在は神戸市などの41団体で構成。この日は約60人が集まり、〈ウクライナ侵攻をやめよ!〉と書いた横断幕とともに、ベトナム戦争に反対してきた市民団体「ベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)」の旗を掲げた。

 1975年に終結したベトナム戦争では、日本で最初に神戸の若者が反戦の声を上げたという。その後各地に動きが広がり、全国的なベ平連の活動へとつながっていった。

 市民デモHYOGOの世話人を務める西信夫さん(74)=神戸市西区=は「べ平連こうべ」の元中心メンバー。「もうひどい戦争は起きないだろうと思っていただけにショックだった」とし、「軍事侵攻をしても何も問題は解決しない」と訴える。

 フォークソングが奏でられる中、参加者は「武力ではなく外交努力を」などと記されたプラカードを手に、「戦争反対!」と声を合わせた。(高田康夫)

2022年3月 3日 (木)

本日、午後3時より、プーチンの戦争を止めよう、ウクライナに平和を!マルイ前スタンディング

 ウクライナ人民の激しい抵抗にあって、ロシア軍のキエフ攻撃が遅れている。
 第2の都市・東部ハリコフでも、中心部へのミサイル攻撃にめげず抵抗が続いている。
 一方ロシア国内では、数千人の拘束を打ち破り、反戦デモが続いている。
 そうだ、プーチンの戦争を止められるのは、ロシア、ウクライナ、全世界の「戦争反対」の声だ。
 日本でも2月27日、渋谷で2000人の抗議行動があり、3月1日には豊中市緑が丘にあるロシア領事館に80人が抗議に行った。
 本日、壊すな憲法!命と暮らし!市民デモHYOGOは、午後3時から「プーチンのウクライナ侵攻反対!」を掲げた抗議行動を、三宮・マルイ前で行う!
 多くの人の参加を求めます。

ロシア軍、キエフ手前で「立ち往生」か 米高官、無差別な攻撃を懸念

 
 
いいね5 コメント|
キエフ北部で2月28日に撮影された衛星写真。マクサー・テクノロジーズ提供=AP。ロシア軍の車列が確認できる© 朝日新聞社 キエフ北部で2月28日に撮影された衛星写真。マクサー・テクノロジーズ提供=AP。ロシア軍の車列が確認できる

 米国防総省高官は2日、ロシア軍の侵攻に対してウクライナ軍の強い抵抗が続き、首都キエフに迫るロシア部隊も「立ち往生」した状態だとの見解を示した。ただ、ロシア軍はキエフをはじめとする主要都市を狙ってミサイル攻撃などを強めており、今後は無差別的な攻撃が激化する懸念もあるという。

 高官によると、キエフから北に25キロほど離れた地点では長さ60キロ超にわたるロシア軍の車列が確認されている。ただ、車列はこの2日間ほど、大きな前進をみせておらず、「立ち往生」を続けているという。

 停滞の理由はウクライナ軍の抵抗のほか、燃料や食料補給に難航しているためとみられるが、高官は「ロシア軍は失敗から学び、克服するだろう」と指摘。いずれ、キエフ陥落による政権転覆を目指して動き出すとの見解を示した。

 1日にはキエフでテレビ塔に向けたミサイル攻撃があるなど、民間施設への攻撃も増えている。高官は「部隊が都市に接近すれば砲撃が増える。中心部を包囲して降伏を迫るのは制圧の典型手法で、その際に砲撃は強力な武器となる」との見方を示した。「より攻撃的になれば、より不正確で無差別的になることを懸念している」とも述べた。

2022年3月 2日 (水)

安倍元首相に“おまえが語るな”批判の大合唱! フジ番組でウクライナ問題にペラペラ持論


安倍元首相に“おまえが語るな”批判の大合唱! フジ番組でウクライナ問題にペラペラ持論

公開日: 更新日:



余計な口出し、ロクなことにならない(安倍元首相)/(C)日刊ゲンダイ
余計な口出し、ロクなことにならない(安倍元首相)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 あれほど“対ロシア外交”で失敗しておきながら、どういうつもりなのか。安倍元首相が27日、フジテレビの番組に出演し、ウクライナ問題について偉そうに持論を述べた。案の定、ネット上では批判が噴出している。

<首相在任中「ウラジーミル、シンゾウ」と仲の良さをアピールして、プーチン大統領の増長に加担した責任を果たすべきなのに、まるで他人事ですね>──と、おまえがウクライナを語るな! の大合唱だ。

 番組内で「核シェアリング」について論じたことに対しても、<ダメだこの人。ニュークリア・シェアリングのことちゃんと調べてないでしょ?>と批判の声が上がっている。

 安倍氏は、ウクライナがロシアに侵攻されたのは核を放棄したからだ、という趣旨を語り、NATO加盟国が採用している「核シェアリング」について日本も議論すべきだと強調してみせた。日本の国是である、非核三原則「持たず、つくらず、持ち込ませず」のうち“持ち込ませず”を放棄すべきだ、という訴えだ。

現在、核シェアリングは、NATOに加盟するドイツ、ベルギー、イタリア、オランダ、トルコの5カ国と核保有国アメリカとの間で行われている。

 しかし、非核三原則を捨て去って大丈夫なのか。軍事ジャーナリストの前田哲男氏はこう言う。

「核シェアリングは、アメリカと欧州のNATO加盟国が冷戦時代から取っている体制です。核を保有していないNATO加盟国にアメリカの核を配備している。欧州各国のパイロットは核投下の模擬訓練も受けています。ただし、核を管理する権限はアメリカにあり、有事の時、使用するかどうかの決定権もアメリカにあります。“シェア”した国が勝手に使えるわけではありません。レンタルとは違います。問題なのは、NATOの核シェアリングは、“核不拡散条約(NPT)”の締結前から存在していたということです。すでに存在していた体制だったからNPT締結後も認められている。日本の場合は、NPTに署名した後に実施することになり、NPT違反に問われる可能性があります。抑止力が高まる可能性はあるでしょう。しかし、中国や北朝鮮、ロシアといった周辺国を刺激するのは間違いない。韓国が核保有に動く可能性もあります。北東アジアの緊張が一気に高まる恐れがある。それだけにアメリカが“核シェアリング”を認めるかどうかは分かりません」

 安倍氏一派は、ウクライナ危機に便乗して“敵基地攻撃”や“原発推進”を進めようとしている。火事場ドロボー的なやり方は、ロクな結果にならない。安倍元首相はいつ、大親友のプーチン大統領を説得しに行くのか。

2022年3月 1日 (火)

「西宮に維新市長は要らない」3月行動

「西宮に維新市長は要らない」3月行動

 

 

Img_3891312へ街宣計画          無印は312実行委ほか ※はれいわ独自行動

街頭チラシ配布・マイクアピール、街宣車運行

 34日(金) ※11時から街宣車回し

18時 JR西宮南   

  35日(土) 10時半 拡大事務局会議 尼崎事務所

          13時半~17時半 西宮北口・アクタ前

36日(日) ※11時 事務所出発 11時半 阪神今津 

                       13時 西宮ガーデンズ前(312行動に合流)

38日(火)  18時 阪神西宮南  

    11日(金) ※11時 街宣車回し

                         18時 阪神甲子園・東口

 

Img_3896 2)312講演会  12時 勤労会館集合 14時集会開始

 

312街頭演説会 17時 312集会終了後、2か所でアピール行動

  ①阪神西宮・南

  ②JR西宮・南

  312実行委員会はこの行動をもって閉じます。以降はそれぞれ選対活動に入ります

 

3)313日(日) 石井市長支援青空イベント
 
17
時 高松ひなた緑地(阪急西宮ガーデンズ北)

   隣接3市長参加 稲村和美尼崎市長 山崎晴恵宝塚市長 

                                いとうまい芦屋市長

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村