« 玉城沖縄知事「国の横暴に負けぬ」 辺野古で集会参加、不承認アピール | トップページ | 人類や環境と共存しない沖縄「辺野古基地」新設は断念しかない~日刊ゲンダイ »

2021年12月 6日 (月)

三菱重工はインドネシアへ護衛艦を輸出しないで! 12.3東京本社申し入れ&アピール

【報告】三菱重工はインドネシアへ護衛艦を輸出しないで!
12.3東京本社申し入れ&アピール

https://kosugihara.exblog.jp/241294807/ ←写真多数を掲載!

 

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

 浮上した案件史上最悪の武器輸出となるインドネシアへの三菱重工製「護衛艦」
の輸出を食い止めるために、12月3日に東京本社前アクションを敢行しました。
報告をまとめましたので、ブログの写真も合わせてご覧ください。引き続き、
三菱重工への電話やメールによる働きかけもお願いします。

 

◆遠藤大輔さんがわかりやすい動画にまとめてくださいました。ぜひご覧のう
え、広めてください!

 

20211203 護衛艦輸出に市民が抗議(約2分、BOTTOM UP! CHANNEL)
https://youtu.be/QGE3S-ybVJ8

 

◆望月衣塑子記者が記事と動画をアップ。紙では都心版にカラー写真付きで掲載。
こちらもドンドン拡散してください!

 

「インドネシアへの護衛艦輸出反対」 千代田区の三菱重工前で市民団体が抗議デモ<動
画あり>
(12月3日、東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/146515

 

◆各地での取り組みにご活用ください!
【セブンイレブンでプラカがプリントできます】
<予約番号>
11949753 三菱重工はインドネシアへの護衛艦輸出をやめろ!
20911551 Arms trade=Death trade (武器輸出=死の輸出)
(12月8日まで有効)

12月3日午後、NAJATが呼びかけた「三菱重工はインドネシアへ護衛艦を輸出し
ないで!東京本社申し入れ&アピール」に17人が参加。

 

JR東京駅に集合した参加者は、徒歩で、三菱重工東京本社や武器輸出コンサル
タントも行う「デロイトトーマツ」などが入る丸の内二重橋ビル前に到着。

 

まずは、「インドネシアへ護衛艦を輸出しないでください」と題した要請書
(後掲)を提出。総務の担当者でなく警備員が受け取るひどい対応ながらも、
しっかりと趣旨を伝え、泉澤清次取締役社長に届けるように要望しました。

 

その後、新作の横断幕やプラカードを掲げて、社前で抗議アピールを開始。複
数のメディアから取材も受けました。

 

木元茂夫さん(すべての基地にNOを!ファイト神奈川)は、
「三菱重工がインドネシアに輸出しようとしている護衛艦は、海外では駆逐艦
やフリゲート艦と呼ばれる。スリムだが、機雷戦機能も持つ攻撃武器だ。
自衛隊は22隻も建造しようとしており、琉球弧・沖縄への配備も危惧される。
これが認められれば、なし崩し的になんでもありという方向に行く」と訴え。

 

小寺隆幸さん(軍学共同反対連絡会事務局長)は、
「ロシアや中国に続く形で、マッハ5以上の超音速で飛ぶ巡航ミサイル・滑空
体を、日本も今、JAXA(宇宙航空研究開発機構)や大学(岡山大、東海大)も
一緒になって、防衛装備庁を中心に研究が進んでいる」
「今、最先端の日本の技術を使った新たな兵器を作る取り組みが始まっている。
そういう中で今回の輸出が実現すれば、第二、第三の輸出を目指して軍事研究
が強化されるのは明らかだ」と批判。

 

私は、「最新鋭の攻撃型武器である三菱重工製の多機能護衛艦のインドネシア
輸出は、武器輸出を救難、輸送、警戒、監視、掃海などの抑制的な用途に限定
した「運用指針」に違反している。政府は輸出でなく「共同生産」という詐欺
的な手法で強行突破を狙っている」
「今回の武器輸出は、"中国包囲網"を強化し、緊張を高め、紛争を助長する。
憲法9条を持つ日本は、米中対立の一方に肩入れするのでなく、心ある東南ア
ジアの国々と共に緊張緩和と軍縮にこそ動くべきだ」と強調しました。

 

スピーチとともに、「三菱重工はインドネシアへの護衛艦輸出をやめろ!」
「三菱重工は"死の商人"になるな!」などのコールを繰り返し響かせました。

 

この武器輸出は、日本経団連の全面的な後押しを受け、軍需商社「伊藤忠アビ
エーション」に事前調査を担わせる形で進行中です。ほとんど報じられないま
ま進む「死の商人国家」作りを消費者・市民の力で食い止めなければいけません。

 

三菱重工は「国策に協力するだけ」との無責任な姿勢を改め、インドネシアへ
の護衛艦輸出商戦からただちに撤退すべきです。

 

【注】「防衛装備移転三原則の運用指針」の「海外移転を認め得る案件」には
「(エ)我が国との間で安全保障面での協力関係がある国に対する救難、輸送、
警戒、監視及び掃海に係る協力に関する防衛装備の海外移転」と明記されてお
り、戦闘艦である「護衛艦」は輸出できないはずです。「共同生産」と形式を
替えても、武器輸出という実態に変わりはありません。
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/bouei3.pdf

 

※12月3日の20時~22時には #三菱重工はインドネシアに護衛艦を輸出しないで
のハッシュタグでのツイッターデモも行いました。今回のアクションをステッ
プに、より多くの人々に事実を伝え、反対の世論を高めていきたいと思います。

 

◆三菱重工に「インドネシアに護衛艦を輸出しないで」の声を届けてください!
東京本社(代表TEL)03-6275-6200
ご意見・ご要望フォーム https://bit.ly/3CJP93A

 

20211203 護衛艦輸出に市民が抗議(約2分、BOTTOM UP! CHANNEL)
https://youtu.be/QGE3S-ybVJ8

 

「インドネシアへの護衛艦輸出反対」千代田区の三菱重工前で市民団体が抗議デモ<動画
あり>
(12月3日、東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/146515

 

-----------------<以下は提出した要請書です>-------------------

 

【要請書】

 

三菱重工業株式会社 取締役社長
泉澤清次様

 

インドネシアへ護衛艦を輸出しないでください

 

 頓挫したと見られた重大な武器輸出案件が、しぶとく生き残っていることが
判明しました。インドネシアの現地メディアが、「8月末に金杉賢治駐インド
ネシア日本大使が防衛駐在官を伴いインドネシアのプラボウォ・スビアント国
防相らと会談し、三菱重工業からフリゲート艦を取得するための契約プロセス
について議論が行われた」と報じていたのです。
 今回、輸出が狙われているのは、三菱重工が基幹メーカーとなっている海上
自衛隊の多機能護衛艦「30FFM」です。既に2020年9月下旬には、海上自衛隊幹
部と三菱重工の担当者らがインドネシアを訪問していました。
 30FFMは、2022年3月に1隻目の就役が予定されている最新鋭の護衛艦で、対
潜戦、対空戦、対水上戦、対機雷戦(無人機を使った機雷除去も)などを行う
ことができます。「護衛」とは名ばかりの極めて戦闘能力の高い攻撃型武器です。
 こうした攻撃型武器の輸出は、そもそも、日本政府自身が2014年4月に決め
た防衛装備移転三原則の「運用指針」に違反しています。指針は、輸出する武
器の用途を、救難、輸送、警戒、監視、掃海という抑制的なものに限定してい
るからです。
 それにもかかわらず、政府・防衛装備庁は、防衛装備移転三原則で用途が限
定されていない「共同生産」方式であれば可能だとして、輸出商戦に前のめり
になっています。
 なんと詐欺的な手法でしょうか。実態は武器輸出そのものです。そして、最
新鋭の攻撃型武器を中国包囲網の一環として輸出するのは、紛争を助長する以
外の何物でもありません。こんなまやかしが認められるなら、今後は戦闘機な
どの輸出も可能となり、日本は何でもありの「死の商人国家」へと堕落します。
 この企てが、従来から一歩踏み込んだ態勢のもとで進められていることも重
大です。日本経団連の全面的な後押しを受ける形で、防衛装備庁は、武器輸出
促進のために、軍需商社に「事業実現可能性調査」を担わせることを決め、
2020年9月に2社と契約を結びました。伊藤忠アビエーションがインドネシア、
ベトナム、マレーシアを、丸紅エアロスペースがインドを担当しています。多
くの人々が知らないまま、知らされないままに、「死の商人国家」が形作られ
ることを許すわけにはいきません。
 私たちは三菱重工に敵対するつもりはありません。「メイドインジャパンを
平和産業の代名詞に」。武器輸出路線からの撤退は、御社のブランド価値を守
ることだと確信しています。インドネシアへの護衛艦輸出や「12式地対艦誘導
弾」の長射程化などの憲法9条違反から手を引いてください。血塗られた「死
の商人」への道ではなく、再生可能エネルギー事業の拡大など、人々と地球の
未来に貢献する道こそを選択してください。

 

2021年12月3日

 

武器取引反対ネットワーク(NAJAT) 

« 玉城沖縄知事「国の横暴に負けぬ」 辺野古で集会参加、不承認アピール | トップページ | 人類や環境と共存しない沖縄「辺野古基地」新設は断念しかない~日刊ゲンダイ »

コメント

尖閣諸島や南沙諸島に領海侵犯を繰り返しているのは中国の方です、お間違いなき様に。
それに同時第二次世界大戦の敗戦国であるドイツやイタリアの兵器輸出は問題にならないのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉城沖縄知事「国の横暴に負けぬ」 辺野古で集会参加、不承認アピール | トップページ | 人類や環境と共存しない沖縄「辺野古基地」新設は断念しかない~日刊ゲンダイ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村