« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月31日 (日)

岸田首相が極右雑誌「Hanada」「WiLL」に登場し“改憲宣言”!~リテラより

岸田首相が極右雑誌「Hanada」「WiLL」に登場し“改憲宣言”! 黒幕・安倍も「岸田さんはリベラルな印象だから反発受けない」


岸田首相が極右雑誌「Hanada」「WiLL」に登場し改憲宣言! 黒幕・安倍も「岸田さんはリベラルな印象だから反発受けない」の画像1
改憲宣言をした岸田首相(首相官邸HPより)


 ついに明日31日、衆院選の投開票日を迎える。読売新聞の終盤情勢では「自民党の単独過半数維持は微妙」と報じられたほか、甘利明幹事長や複数の現役閣僚の劣勢が伝えられており、自民党にとって厳しい戦いになっていることは間違いない。

 だが、そんなことで安心はまったくできない。重要なのは、改憲勢力をいかに削り取るか、ということだからだ。

憲法改正の国会発議には衆参両院それぞれで定数の3分の2が必要だが、自民だけで単独過半数の維持ができずとも、公明党とあわせた与党で過半数を確保するのは確実な情勢になっており、さらに改憲勢力である日本維新の会の躍進も伝えられている。

 しかも、岸田文雄首相はこの選挙期間中も、安倍晋三・元首相や高市早苗政調会長と並んで極右雑誌に登場し、憲法改正を果たすと堂々宣言している。

 たとえば「月刊Hanada」(飛鳥新社)は、表紙に「岸田文雄総理 憲法改正宣言!」と銘打ち、岸田首相のインタビューを掲載。そのインタビュー記事のタイトルは、「岸田文雄内閣総理大臣 憲法改正は必ずやる!」。

 そして、インタビューで岸田首相は「総裁任期中の憲法改正の実現を目指します。これは当然のことです」と述べると、自民党の改憲4項目について、こう語っている。

「九条への自衛隊の明記は、当然です」
緊急事態条項の創設も、災害の時代といわれ新たな緊急事態が予想されるなか、必須です」

 さらに、岸田首相は同じく極右雑誌の「WiLL」(ワック)にも登場し、同様の主張を展開。岸田政権下での改憲に「手応えを感じています」と答えている。

 そもそも、一国の首相がヘイトスピーチを連発しつづけるネトウヨ雑誌に平然と登場するというだけで一発アウトなのだが、この改憲をめぐる発言をひとつとっても、岸田首相がいかに安倍元首相にハンドリングされ、自分の意思のない危険な人物となっているかがはっきりとした。

「Hanada」では高市早苗が人権制約の改憲を、「WiLL」では安倍晋三が敵基地攻撃能力保有を主張

 

 そもそも、岸田首相は安保法制が成立した直後の2015年秋におこなわれた宏池会の研修会で「当面、憲法9条を変えることは考えない。これが私たちの立場」と発言したが、この発言が報じられると、安倍元首相は激怒。そこからは一転して安倍元首相の顔色を伺ったような発言を繰り返すようになっていた。そして、ついに安倍元首相を後ろ盾にして総理に成り上がったいま、安倍元首相の意向を蹴ることはけっしてできない。

 実際、「安倍元首相の代理人」として岸田政権の政策を動かしている高市早苗政調会長は、岸田首相のインタビュー記事が掲載されたのと同じ「月刊Hanada」に登場し、櫻井よしこ氏と対談。櫻井氏が「いまの日本国憲法は、どこを読んでも「ああ、日本人だな」と思うところがありません」と振ると、高市氏は「ありませんし、もう時代に追いついていません」と同意を示すと、高市氏は憲法12条に定められた「公共の福祉」や22条の「移動の自由」、14条の「法の下の平等」などを挙げて疑問視。岸田首相が改憲4項目を語るにとどめていたのに対し、人権の制約に直結するような条文にまで改正の必要性を匂わせている。

 しかも、安倍元首相にいたっては、岸田首相が自分の傀儡であることを隠そうともせず、むしろ誇示している。

 こちらも岸田首相が登場した「WiLL」に同じく安倍元首相も登場し、櫻井氏と対談。そのなかで、安倍元首相が退陣前にぶち上げ、岸田首相が選挙公約に盛り込んだ「敵基地攻撃能力の保有」について話題が及ぶと、安倍元首相はこう語っているのだ。

「私が防衛・安全保障について少しでも発言すると、なぜか野党やメディアは興奮してしまい、冷静に議論できなくなる(笑)。リベラルな印象の岸田さんが同じことを言っても、私ほどは反発を受けないはずです」

 大前提として、敵のミサイル発射拠点を破壊する「敵基地攻撃」は、国際法にも憲法にも反する先制攻撃にほかならず、第二次世界大戦の反省から日本が原則としてきた専守防衛から逸脱するものであり、到底容認できるものではない。現に、ほかならぬ岸田首相自身が外相時代の2015年に「他国から武力攻撃を受けていない段階で自ら武力の行使を行えば、これは国際法上は先制攻撃に当たる」と国会で答弁していた。それを、総理の座を欲するあまりに岸田首相は総裁選時から「敵基地攻撃能力の保有」に前向きな姿勢を見せたのだ。

 この岸田首相の露骨なご機嫌取りは信念のなさを如実に示しているが、その芯のなさ に付け込まれ、安倍元首相も「岸田さんはリベラルな印象だから反発を受けない」などと、岸田首相が自分の意志のままに操られるだけの存在であることを平然と語っているのだ。

所得「倍増」は撤回し、防衛費「倍増」は安倍・高市の言うがまま強行する岸田首相

 

 無論、これは「敵基地攻撃能力の保有」だけにとどまる問題ではなく、すべてにおいて当てはまる話だろう。つまり、憲法改正にしても同様に、安倍元首相は「自分が言うと反発を食らうが、リベラルの印象がある岸田なら反発を受けない」と踏んでいるはずだ。

 岸田首相は総裁選で大々的に打ち出した「令和版所得倍増」の文言を自民党選挙公約に盛り込まず、ついには「平均所得や所得総額の単なる倍増を企図したものではない」と閣議決定。その一方、これまではほぼGDPの1%以内に抑えられてきた防衛費については「GDP比2%以上も念頭に増額を目指す」とし、安倍元首相や高市政調会長が目指す防衛費増額に弾みをつけた。つまり、「倍増」を謳った所得の話は撤回し、安倍・高市が主張する防衛費にかんしては「倍以上」を確約したのだ。この一件からしても、岸田首相がどこを見て政治をおこなっているかは一目瞭然だが、改憲も同じように、そもそも国民の関心が低いことや国民投票法のCM規制問題などすっ飛ばし、安倍・高市の言いなりとなって強行的に推し進めていくことは間違いない。

 本サイトでは繰り返し指摘してきたが、今回の選挙は「安倍・菅政権の延長」を求めるか否かの選挙であり、同時に強引な改憲議論に歯止めをかける選挙にしなければならない。自民・公明、さらには維新の議席を1つでも削り取ること。明日は、安倍元首相が地団駄を踏むような日にしなくてはならないのだ。

2021年10月30日 (土)

れいわ新選組衆議院兵庫県第8区総支部/総支部長 つじ 恵 最終日の活動を再度ご案内

おはようございます~

最終日の活動を再度ご案内いたします。是非のご参加をお願いします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最終日(30日土曜日)は朝9時集合、10カ所でビラまき、そしてモモタロー、

19フィナーレ(JR立花駅南) <車付き応援も大歓迎!> (担当 井奥 090-4030-1219

 

1)最終日(30日土曜日) 10カ所でのビラまき 9時出屋敷事務所集合

随行車を出して、街頭宣伝前後のチラシまきなど街頭宣伝支援の活動、商店街入り口定点でのチラシまきぜひ事務所に起こし下さい。

目安として朝9時出屋敷事務所集合です。その他の時間帯でも夜7時頃までいつでも大丈夫です。車でスポット会場やビラまき場所まで送迎します。

 

2)モモタローは3カ所、フィナーレは19JR立花駅南

○モモタロー(練り歩き)は3カ所。JR尼崎駅周辺、阪神尼崎駅周辺、JR立花駅周辺。にぎやかに元気に実施しましょう。

○フィナーレは19時〜JR立花駅南にて実施します。

 

3)肉声での活動はOK 学生勝手連を中心に「メガフォン隊」

○街頭宣伝が可能な拡声器は限られていますが、肉声での呼びかけはどこでも誰でも可能です。メガフォンで訴え、周辺をまわる「メガフォン隊」も学生勝手連を中心に増やします。ぜひ参加下さい。

 

 

 

--

れいわ新選組衆議院兵庫県第8区総支部/総支部長 つじ 恵

(Mail)reiwa.amagasaki.tsuji@gmail.com

(HP)https://tsujimegumu.info/

(Facebook) https://www.facebook.com/reiwa.amagasaki.tsuji

(Twwiter) https://twitter.com/hyogo8tsuji

 

つじ恵事務所(通称:尼崎事務所)

〒660-0868 尼崎市西御園町119-3 第一寺町ビル302

Tel&Fax  06-7162-3198

 

つじ恵選対事務所(通称:出屋敷事務所)

〒660-0875 尼崎市南竹谷町1丁目44-49ユキマンション102

Tel:06-4869-3163(代表)

Fax:06-4869-3165

〔渡部通信〕10月27日号 : 明けない夜はない(86) <心を守るため:眞子さんの結婚

〔渡部通信〕10月27日号 : 明けない夜はない(86)
<心を守るため:眞子さんの結婚

==============================
東京五輪を通して何よりの成果だったのは、
森会長による女性蔑視発言などにより、
日本社会の「古い体質」が暴露されたことだろう。
そうして今度は、その「古い体質」の頂点にあるともいえる
天皇家の中から「古い体質」を破るようなことが起きてきた。
それは昨日(10月26日)の小室圭さんと眞子さんの結婚である。

 

彼女は、この結婚は「心を守るために必要な選択」と述べた。
つまり、「もう心の無い人形ではない」と述べたのである。
それほどまでに現代の天皇家は「古い体質」にとらわれ
そこに生まれれば「心ある人間ではいられない」という事だ。

 

安倍・菅・岸田首相らは
口を開けば「日本は民主主義と人権を守る国」などというが、
実際には民主主義も人権もない「天皇家」を利用して
人々を支配している。

 

この天皇家については、
『ベルツの日記』(岩波文庫)という本の中に、
次のようなことが書かれている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伊藤(博文)の大胆な放言には自分も驚かされた。
半ば有栖川宮の方を向いて、伊藤のいわく
「皇太子に生れるのは、全く不運なことだ。
生れるが早いか、至るところで礼式(エチケット)の鎖でしばられ、
大きくなれば、 側近者の吹く笛に踊らされねばならない」と。
そういいながら伊藤は、
操り人形を糸で踊らせるような身振りをして見せたのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伊藤博文の言ったことは現在の皇室にも当てはまるだろう。
そうした中で彼らは「踊らされ」ているのである。
だから、彼らは人間の心を押し込めなければならない。
それは大変苦しいことである。
具合が悪くもなり、病気にもなる。
民間から皇室に入った美智子さん、雅子さんは、
みなそうなった。まるで無言の拷問のようだ。

 

しかし、時代は変わりつつある。
日本社会の「古い体質」は、
東京五輪によって図らずも暴露された。
そして今回、天皇家内部から
「心を守るために必要な選択」と言って
眞子さんが飛び出したのである。
もう心の無い「操り人形」はいやだという事だ。

 

日本社会の歴史の歯車がまた一つ前に進んだ。

 

==============================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==============================

 

***********************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
  http://houinet.blogspot.jp/ 「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
  http://hinokimitcb.web.fc2.com/ 「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
  http://hinokimi.web.fc2.com/

2021年10月29日 (金)

自民党「原発推進派議員」は全員落選だ!〜エネルギー政策は隠された大争点

自民党「原発推進派議員」は全員落選だ!〜エネルギー政策は隠された大争点

  黒鉄 好

 

 来る総選挙で隠れた争点のひとつがエネルギー政策である。福島第1原発事故から10年、自民党総裁選に脱原発派の河野太郎・前行革担当相が立候補したことから思わぬ形で争点となり、久しぶりに「原発の是非」が議論の俎上にのぼった。総裁選は終わったが、この流れは続いており、エネルギー政策を総選挙でも争点にしなければならない。

 自民党内で、誰が、どのような形で原発推進に関わっているかは、すでに10/20放送の「レイバーネットTV第163号/総選挙深掘り特集:原子力村のドン・甘利への“審判”」で語り尽くされた。自民党には原発推進派から脱原発派までいろいろな立場の議員がいるが「原発推進派を落選させるといっても、誰がどの程度原発推進に“貢献”しているのか、率直なところよくわからない」という人も多いだろう。

 そこで、今回、自民党にある原発推進派議員連盟に所属している議員が誰かを割り出すため、総選挙の足音が聞こえ始めた8月下旬から、ほぼ2か月をかけて作業を進めてきた。自民党内の議員連盟は所属議員も会合日時・場所もほぼ非公開でまるで秘密結社のようだ。全容解明にはほど遠いものの、半分近くまで割り出すことができた。

 最も古くから党内に存在している原発推進派議員連盟である「電力安定供給推進議員連盟」、福島原発事故後結成され、「これからは原発を地下に造れば事故が起きても安全」と訴えるトンデモ議員連盟「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」の2議員連盟については、一般会員も含め、本日までに解明できた議員全員を載せた。また、最近結成された原発新増設を目指す「最新型原子力リプレース推進議員連盟」については、役員だけを載せた。一般会員については調べる時間がなかったが、前述の2議連と重なっているメンバーが多いと思われる。

 日本で1日も早い脱原発を実現したいなら、これらの議員にだけは絶対に投票してはならない。1票でも多くこれらの議員から引きはがし、最も当選可能性の高い野党議員に票を移していくことが必要だ。


↑「毎日新聞」より

1.「電力安定供給推進議員連盟」所属議員一覧
pdfファイル

2.「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」所属議員一覧

3.「最新型原子力リプレース推進議員連盟」役員一覧

2021年10月28日 (木)

いよいよ終盤戦となりました。街頭での大石への反応は日を追うごとに良くなっています。

選挙戦9日目の選挙活動メールです。
いよいよ終盤戦となりました。街頭での大石への反応は日を追うごとに良くなっています。

Img_3450 【大石の活動がテレビ放送されました】
10/25
 「個性派が揃う「大阪5区」」特集で、テレビに出ました!MBSが報道してくれました。
YouTube
動画でも観れます。早めに消されるかもなのでぜひご覧ください。
「テレビ観たよ」って街角でも話しかけてもらえます!
 https://www.youtube.com/watch?v=3DrSKB9jDt0&t=5s

10/27
 木村英子議員が応援に来てくれました
 地元の方からのご質問と木村議員、大石あきこのやり取りをぜひご覧ください。
 ライフ西宮原店前 https://www.youtube.com/watch?v=fAOA7HXpwRY&t=836s
 JR塚本駅前    https://www.youtube.com/watch?v=3DrSKB9jDt0
 なお、明日1028日(木)も、木村議員参加の街宣を行います。
 時間:1130
 場所:イオン高見(此花区高見1丁目5)

【電話かけ・ビラまき大募集!】
電話かけ
 これまで、のべ60人以上が参加してくださいました。4,000人以上に「大石に一票を」と伝えることができています。まだまだ投票先を決めていない人が多い中で、後押しになる意味があります。
 1時間だけでも構いませんので、事務所にお越しください。電話かけも初めての方が多いですが、かけ方は丁寧にお伝えしますし、相談しながらできます。
ビラまき
1028日、29日の12時~16時に、街宣カーに同乗し街宣中にビラまき
・スーパー前などで数人で地声での街宣とビラまき
 みなさんの一声が、最終情勢を変える力になります。


【お知らせ】当面の街宣スケジュール
朝街宣はお手伝い、夕方は聴衆ボランティアとしてご参加募集します(特に事前連絡は不要です)。

聴衆ボランティア候補者の近くに立って、演説を聞くボランティアです。(地元の方が足を止めてくれるのは聴衆ボランティアさんのおかげです。)
チラシ配りボランティア当日、現地の担当者にお声がけください。
天候や他陣営との関係で、変わる可能性があります。変わる場合はお知らせします。

■10
28日(木)
(朝街宣)
時間:745分~825
場所:阪神千舟駅(グルメシティ千船店近く)

(夕方)
時間:1830分~
場所:JR西九条駅

■10
29日(金)
(朝街宣)
時間:800分~825
場所:阪急上新庄駅(南口東側)

(夕方)
時間:1800分~
場所:ライフ豊里店前
(東淀川区豊里4-7-27
================
大石あきこ事務所
(れいわ新選組衆議院大阪府第5区総支部)(大石あきこと歩む会)
532-0013 大阪市淀川区木川西2−1−11
メール  oishiakiko2018@gmail.com
ホームページ https://www.oishiakiko.net/
Twitter
  https://twitter.com/oishiakiko
YouTube
チャンネル https://www.youtube.com/c/oishiakiko

2021年10月27日 (水)

北海道のコメ巡る麻生氏発言「断じて許されない」 農民連盟が抗議

北海道のコメ巡る麻生氏発言「断じて許されない」 農民連盟が抗議

街頭演説する自民党の麻生太郎副総裁(中央)=北海道内で2021年10月25日、高橋由衣撮影

 自民党の麻生太郎副総裁が衆院選の街頭演説で、北海道産米が地球温暖化の影響で品質が上がったかのような発言をしたことに対し、道農民連盟の大久保明義委員長が26日、「全道挙げて品種改良を重ね、『北海道ブランド米』としての地位を確立した結果であり、生産者の努力と技術をないがしろにするような発言は断じて許されない」とする抗議談話を発表した。

 談話では、温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロとする政府の目標に触れ、「地球温暖化を肯定するような言葉を発することは、自民党副総裁の発言としてあるまじき由々しき事態」と批判。そのうえで「温暖化防止対策に取り組んでいる企業や国民にとっても耳を疑うような発言だ」と指摘した。

 麻生氏は25日、道内で街頭演説し、道産米について「昔、北海道のコメは『やっかいどう米』と言うほどだったが、今はやたらうまいコメを作るようになった。農家のおかげか、違う。温度が上がったからだ。温暖化というと悪いことしか書いてないが、いいことがある」などと発言した。【米山淳】

2021年10月26日 (火)

  れいわ新選組兵庫県第8区 つじ恵メールニュース (2021.10.25)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      れいわ新選組兵庫県第8区 つじ恵メールニュース 2021.10.25

                   https://reiwa-shinsengumi.com/megumutsuji/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 いよいよ選挙も後半に入ってきました。比例区カーが26日、27日と尼崎に入ります。比例区候補者の「やはた愛」さんと兵庫第8区の候補者つじ恵がれいわ新選組の政策を訴えます。

 れいわ比例区票の掘り起こしも終盤では8区(尼崎市)に集結することがもっとも重要です。候補者のいる尼崎市での活動がもっとも比例区増に効果的です。例えば、チラシ活動に取り組めば終盤で1000票、2000票の比例区増加につながります。ぜひ終盤は尼崎市へ!

(このメールは公職選挙法で例外的に選挙本番でも発送できる「政党支部」メールです)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [1]各地でアナウンス、スポット演説で「つじ恵」と「れいわ新選組」

を訴える 街頭活動支援、個人演説会への参加をぜひ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

1)街頭演説活動への支援

 

○つじ恵と届出政党カーは各地でアナウンスやスポット演説で「つじ恵」「れいわ新選組」の政策を訴えています。24日投開票の「参議院補欠選挙(静岡選挙区)では野党共闘勢力が勝利しました。ここ尼崎市でもぜひ「つじ恵」を野党共闘の成果として当選させましょう。

 

○街頭宣伝前後のチラシまきなど街頭宣伝支援の活動、商店街入り口定点でのチラシまきを実施中。ぜひ事務所に起こし下さい。車でスポット会場まで送迎します。

 

2)個人演説会参加をぜひ

・26日(火)19時~ 中小企業センター(阪神尼崎駅東5分)

・27日(水)19時~ 尼崎市女性センタートレピエ(阪急武庫之荘南4分) ゲスト やはた愛さん(タレント・れいわ新選組近畿ブロック比例候補)

・28日(木)19時~ 小田南生涯学習プラザ(JR尼崎駅南、線路沿い東へ5分)

・29日(金)19時~ 大庄北生涯学習プラザ(尼崎市大島3丁目9-25)

ゲスト 石井一(元参議院議員 )さん

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [2]電話かけもスタート ぜひ30分でも1時間でも

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

○電話かけもいよいよスタートしました。有権者に直接働きかけられる有意義な活動です。地域によっての傾向をつかみ、街頭演説にもつなげる効果もあります。尼崎事務所で実施中です。30分、1時間でもぜひ協力お願いします。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [3]比例区の票の掘り起こし!開票立会人募集など 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

(1)「れいわ新選組」票を確認する開票立会人 明日26日がリミット

10月31日の開票日に各開票所(おおむね市町、神戸市だけは各区単位)で「れいわ新選組」の票を確認する「開票立会人」を募集します。

夜8時くらいから翌朝2時くらいの拘束がありますが、約1万円あまりの日当も出ます。(できれば一部カンパいただきたいですが)

れいわの票を1票でも増やし、なおかつ貴重な体験ができる仕事です。

しかし、明日26日が事実上のリミットです。以下まで連絡下さい。

(担当 井奥、中村 070-1796-1040)

 

(2)比例区票掘り起こしも最後は8区(尼崎市)へ

同じ活動でもこれからは候補者のいる地域での活動は10倍、100倍の効果があります。ぜひ尼崎市へお越し下さい。(費用弁償の範囲での宿泊所もあります)

(担当 井奥 090-4030-1219)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [4]ほんの少しでも事務所のお手伝いを(担当 りん)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○出屋敷事務所では連日多くの方々が来ています。そろそろ事務仕事が一段落し、電話かけ、街頭宣伝の応援、アナウンサー(候補者カー以外にももう1台あります)といった仕事に移っています。

 

○まだまだ尼崎在住の方のご紹介もお願いします。「選挙ハガキ」もあります。28日(木)が最終締め切りとなります。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [3]今後の予定  

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

○26日(火)

・19時~ 個人演説会 中小企業センター

 

○27日(水)

・7時~8時 阪急武庫之荘駅北側

・18時~  阪急武庫之荘駅南側→北側に変更

※夕方はれいわの比例区カー・やはた愛さん(比例区候補者)もも来ます! 

・19時~ 個人演説会 女性センター・トレピエ

ゲスト やはた愛さん

 

○28日(木)

・7時~8時 JR尼崎駅南側

・17時~18時 JR尼崎駅南側

・19時~ 小田南生涯学習プラザ

 

○29日(金)

・7時~8時 JR立花駅南側

・17時~18時 JR立花駅南側

・19時~ 大庄北生涯学習プラザ

 

最終日の予定は追ってお知らせします。

 

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [4]政見放送、新聞広告の予定

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

○テレビでの政見放送(NHK)

10月28日(木)11時5分~11時45分

・10月22日(金)にテレビ、ラジオで放送ずみ

 

○新聞広告

・朝日(兵庫)10/28

・神戸新聞10/29

・神戸新聞10/30

※神戸新聞 10/23、読売(兵庫)10/24

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 [5]選挙カンパ募集

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

活動には多くのお金がかかります。選挙カンパを募集します。開票立ち会い人の方もぜひカンパお願いします。

 

三井住友銀行尼崎支店(店番号419)

普通口座  口座番号5499751 れいわ新選組衆議院兵庫県第8区総支部

 

--

れいわ新選組衆議院兵庫県第8区総支部/総支部長 つじ 恵

(Mail)reiwa.amagasaki.tsuji@gmail.com

(HP)https://tsujimegumu.info/

(Facebook) https://www.facebook.com/reiwa.amagasaki.tsuji

(Twwiter) https://twitter.com/hyogo8tsuji

2021年10月25日 (月)

自民、静岡で敗北=岸田政権、衆院選へ痛撃―野党に勢い・参院補選

 
岸田文雄首相=19日、首相官邸© 時事通信 提供 岸田文雄首相=19日、首相官邸

 岸田政権発足後初の国政選挙となった参院静岡、山口両選挙区補欠選挙が24日、投開票された。自民党は山口を死守したものの、静岡では野党が候補者一本化を見送る中で議席を失い、岸田文雄首相(自民党総裁)にとって痛撃となった。

 1週間後の31日には4年ぶりの政権選択選挙となる衆院選の投開票が控える。今回の補選で1勝した野党は勢いづいており、衆院選の終盤情勢にも影響を与えそうだ。

 両補選は静岡県知事選と衆院選に立候補した自民党現職2人の辞職に伴って行われた。与野党とも衆院選の前哨戦と位置付け、総力戦を展開。首相は7日と21日に静岡入りし、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は22日に静岡市でそろい踏みで演説した。

 自民党の遠藤利明選対委員長は24日夜、党本部で記者団に、静岡での敗北について「残念ながらあと一歩及ばなかった」と語った。公明党の西田実仁選対委員長は談話を出し、「衆院選に向けて立て直したい」と記した。

 一方、立民の平野博文選対委員長は談話で「与党に対する不信感が高まっていることを示唆している。(衆院選)最後の1週間を全力で戦い抜く」と強調した。

 静岡では無所属新人で元県議の山崎真之輔氏(40)=立民、国民推薦=が、自民党新人で元御殿場市長の若林洋平氏(49)=公明推薦=と共産党新人で党県常任委員の鈴木千佳氏(50)を破った。

 ◇山口は自民勝利

 山口では自民党前参院議員の北村経夫氏(66)=公明推薦=が、共産党新人で元県議の河合喜代氏(61)と「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」新人で元ユーチューバーのへずまりゅう氏(30)=本名原田将大=を下した。

 投票率は静岡が45.57%、山口が36.54%で、前回参院選をそれぞれ4.89ポイント、10.78ポイント下回った。 

2021年10月24日 (日)

「衆議院で会いましょう!」〜山本太郎代表、吉田はるみ候補が「東京8区」で共同街宣

「衆議院で会いましょう!」〜山本太郎代表、吉田はるみ候補が「東京8区」で共同街宣

 

動画(12分)

 10月22日午後、東京・阿佐ヶ谷駅前は黒山の人だかりとなった。れいわ新選組の山本太郎代表と「東京8区」吉田はるみ候補が壇上に上がってハイタッチをすると、大きな拍手が起きた。「東京8区」の野党共闘候補の選定をめぐっては、公示前直前まで混乱が続いたが、山本氏が降り「東京比例区」に回ることで解決をみた。この日は二人とも晴れ晴れとした表情だった。

 吉田候補(写真上)は「統一候補として闘うことになり責任の重さを感じている。山本代表には感謝の気持ちでいっぱいです。私が訴えたいことは、これまでの民の上に君臨する永田町の政治ではなく、一人ひとりの声が届く政治、暮らしが一番の政治に変えていきたい。そのためにも家計に直結する消費税5%を実現したい」とアピールした。

 山本代表は、「石原伸晃氏になったら消費税は15%にされてしまう。野党共闘・吉田候補を勝たせて5%に減税させよう。杉並は反核運動の発祥の地であり、ここから自民党政治を終わらせよう」と。そして山本代表は「いま問われているのは、みなさんのための政治か、資本家のための政治か、の対立なんです」と明言し、「永田町の空気を読まない、あなたにとってのミサイル・山本太郎を国会に着弾させてください。国会で暴れさせてください」と「れいわ」への支持を強く訴えた。

 「東京8区」は自民・維新・立憲の3人が立候補しているが、石原候補(自民)と野党統一の吉田候補(立憲)の一騎打ちで大接戦になっている。この日の山本氏の応援は「野党統一候補」への大きな追い風になるだろう。最後に、山本代表は吉田候補に対して「衆議院で会いましょう!」と声をかけると、吉田候補も「やるぞ」と手を握りしめて応えた。(M)

2021年10月23日 (土)

つじ恵、地域個人演説会、続々開催

 Img_3472 8区候補者・つじ恵の地域ごとの個人演説会が続々開催される。
 21日は、立花のすこやかプラザで開催され、50人が参加した。
 司会は田中淳司尼崎市会議員。応援弁士は、高原周治後援会長(元尼崎市医師会会長)、丸尾牧兵庫県会議員、佐々木伸良関西合同労組委員長など。宣伝カーの呼び込みに応えて、「すこやかプラザはどこ?」と尋ねて参加する人もでて、予想を超える50人が参加。
 つじ恵候補は、衆議院選への決意や、諸費税5%法案提出の抱負などを語り、質疑応答もなされた。
 
 個人演説会は、引き続き23日(土)園和コミュニティホール(阪急「園田」西5分、阪急高架下)、26日(火)尼崎中小企業センター(阪神「尼崎」北東5分)、27日(水)トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)などでおこなわれる。
 この過程で、山本太郎代表が来る時はそれが最優先となる。
  各地での街頭行動、個人演説会に合流してほしい。

2021年10月22日 (金)

選挙事務所から木曜行動に向かったTさんに金メダル

 今日は木曜行動だ。2時半にマルイ前に到着、そしてボードを添付

 署名活動を始める。シール投票はこれです。

 やっていると井坂さんの宣伝カーが回っている。近づいたら手でも降ろうかと思ったが、

 そんな近くには来なかった。選挙期間中に、このように大幡を立てて街頭宣伝署名活動をするのは素晴らしい。

2021年10月21日 (木)

小栗旬、菅田将暉らの“覚悟”で芸能界と政治の距離が変わる…「VOICE PROJECT」が投じた一石


小栗旬、菅田将暉らの“覚悟”で芸能界と政治の距離が変わる…「VOICE PROJECT」が投じた一石

公開日: 更新日:



(ユーチューブから)
(ユーチューブから)
拡大する
  

 今月31日の衆院選へ向け、渡辺謙(61)、小栗旬(38)、菅田将暉(28)ら人気芸能人14人が投票を呼び掛けるユーチューブ動画が話題になっている。ツイッター上に「私も賛同します」というハッシュタグがつけられるなど投じた一石の反響は大きく、タレント坂上忍(54)はこう言った。

「とっても良いことだと思いますし、なにより市民による自主制作っていうところが賛同を得やすかったんだろうな」

 日本では芸能人の政治的発言は業界でタブー視されて、控えるようタレントに呼び掛けるプロダクションもあるなか、今回は「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」という、どの政党や企業にも関わりのない市民による自主制作プロジェクトが芸能人の賛同を得たようだ。

 タレントのカズレーザー(37)は「なんでこんな暗い感じなのかな。まっすぐカメラに向かって淡々としゃべる、つまんなくないですか」などと言い、効果に疑問符をつけているが、菅田将暉は、若者世代の投票率が低いことにこう言った。

「そんなに少ないんだ、みたいなことは驚いたし、その中の一人でもあるよな、俺」

 ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカル、Taka(33)はこうだ。

「政治のことなんて興味なかったし、それだけ僕はすごく幸せな環境で生きてることができたんだなっていうのを今になって実感します」

■「僕らのできる第一歩」

 ローラ(31)は「無関心っていう気持ちをまず一歩踏み出して行動にする。自分にも責任があるんだっていう気持ちを持って、足を踏み出すことがすごく大切なのでは」とし、小栗は「僕らのできる第一歩」などと続けた。某芸能プロ幹部が言う。

「いずれも、とても勇気のいる行動だったと思います。芸能人が何か政治的なことを言うと、おまえが言うなの批判が即、上がってくるし、反論したら反論したで、そういう色がついてしまい、業界内で色眼鏡で見られてしまう。言論の自由といったって、言ったら言ったで酷い目に遭った例はいくらでもあります」(続きは日刊ゲンダイで)

2021年10月20日 (水)

弱肉強食の新自由主義を終わらせよう!〜共産党・れいわ新選組が「第一声」

弱肉強食の新自由主義を終わらせよう!〜共産党・れいわ新選組が「第一声」

 

動画(8分40秒)

 10月19日衆院選初日。新宿での第一声は、共産党もれいわ新選組も「弱肉強食の新自由主義を終わらせよう」という内容だった。午前10時、新宿駅西口には共産党が大宣伝カーを仕立てて、壇上には立候補予定者がズラリと並んだ。

 志位委員長は「自公政権を終わらせてどういう日本をつくるのか?」と前置きして、「新自由主義からの転換、気候変動対策、ジェンダー平等の実現、9条活かした平和外交」の4つの政策を訴えた。中でも力を入れたのが経済政策。「岸田さんがいう“分配”はアベノミクスと同じ考え。アベノミクスは富裕層と大企業を富ましただけで、トリクルダウンはなかった。富裕層の資産は6兆円から24兆円に膨れあがり、大企業の内部留保は133兆円増えた。いま必要なのは、こうした弱肉強食の新自由主義を終わらせること、そして命と暮らしを何より大切にする政治にチェンジすることです!」。観衆から大きな拍手が起きた。

 いっぽう新宿南口では午前11時10分から、れいわ新選組の山本太郎代表が「第一声」を上げた。山本氏が強調したのも「貧困・格差」をもたらした「新自由主義」からの脱却だった。「みなさん、あなたの賃金はあがってきていますか? この25年間で賃金の中央値は何と108万円も下がったのです。多くの人が貧しくなり続いています。いっぽう一握りの人たちだけが豊かになっている。大企業の経常利益は3倍。でもそれは企業が、非正規や派遣など希望のない働き方を押しつけ、労働環境を壊し続けた結果です。これを変えなくてはいけない」と。

 たくさんのメディアが来ていて、演説後に囲み取材に応じた山本氏。ここのやりとりで印象的だったのは、自らを「空気を読まない勢力」と表現していたことだった。山本氏は「与党も野党もチェックできるのは、私たち“空気を読まない勢力”であるれいわ新選組。ぜひ国会内に送り込んでほしい」と述べていた。

 街宣には、小選挙区を下りて「東京比例区単独」で立候補する渡辺てる子さん(写真上)が来ていた。記者のインタビューに応じて、渡辺さんは「今回は比例に変わるがこれは私の政治の第二幕が開いたと思っている。コロナで非正規・生活困窮者の問題が深刻で、消費税廃止などれいわの政策が重要になっている。今回の選挙でも“ど庶民”の代表として頑張りたい」と力強く語った。(M)

れいわ山本太郎代表「消費税は廃止だ」 衆院選公示で第一声

れいわ山本太郎代表「消費税は廃止だ」 衆院選公示で第一声

れいわ新選組の山本太郎代表

 衆院選が19日に公示され、れいわ新選組の山本太郎代表は東京都新宿区で第一声を上げた。

   ◇

 消費税は社会保障のために必要というのは大きな間違いだ。消費税は社会保障の一部にしか使われていない。消費税が上がるたびに金持ちへの所得税が下がり続けた。私たちがやりたいことは何か、コロナの徹底対策は当たり前、それと両輪で25年のデフレを吹き飛ばす、地盤沈下をしっかりと土台から作り直すという経済対策、徹底した積極的財政を推し進めたい。消費税は廃止だ。

2021年10月19日 (火)

19日衆議院選公示、前日まで奮闘の各候補

 10月19日公示の衆議院選挙。16日、17日は各陣営とも最後の総準備。
 Img_3447兵庫8区のつじ恵予定候補は小田北生涯学習プラザで直前の総決起集会。講演は白井聡衆議院議員。応援弁士はれいわ大阪1区から比例区にまわったやはた愛さん、丸尾牧兵庫県会議員、元自治大臣の石井一さんと多士済々。丸尾牧県議は前回参議院選で「れいわに投票した」とカミングアウト。Img_3444 石井一さんは議員歴年を超える歴戦のつわもの。つじさんとは独特の関係で、必勝法を伝授し、集会参加者の役割も具体的に提起した。
 つじさんは今回は短めながら、公示前の抱負を厚く披歴。参加者からは、「中身が濃い集会だった」との声しきり。
 この後もつじ陣営は20万部作成の「つじマニフェスト」の全戸配布のため前日遅くまで奮闘。19日は9時より阪神出屋敷駅前で出発集会。その後ポスター貼り、証紙貼りとなる。最後の最後まで全力疾走を誓い合う。
 Img_3432
 これに先立ち16日に大椿ゆうこさんは、午前11時の川西能勢口を皮切りに、池田、石橋、千里中央などを福島みずほ党首と共に街宣キャラバン。大阪府豊能町、能勢町に通じる川西能勢口では、兵庫側から北上哲仁県議や兵庫社民党の3役が揃い、大阪側からは木村真豊中市議、難波希美子能勢町議などが参加。大椿さんは非正規労働者の置かれている状況を改めて強調し、そんな社会を変えていこうと訴えた。
 Img_3450
 大石あきこさんは、17日の夕方6時から、大石さんのいわばホームグラウンド=阪急十三駅東口で、プロジェクターを使っての街頭宣伝。この手の街頭宣伝はこなれたもので、初めは大石さんの訴えのあと、続いて聴衆からの質問に答える山本太郎流街宣。

 その山本太郎は比例東京からの立候補を16日土曜日に表明。渡辺てる子さんも比例にかわり、山本太郎さんは全国の小選挙区候補の応援に駆けつけるという。
 ともかく19日からの衆議院選は、安倍・菅・岸田の3代の強権政治を打倒す前項のチャンス。岸田政権を打倒するあらたな闘いのうねりで与野党逆転、政権交代を闘い取ろう。3人を先頭に全力で闘おう。
 

 

2021年10月18日 (月)

岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

公開日: 更新日:

 

左から金田元法相、平井前デジタル相、桜田元五輪相(C)日刊ゲンダイ
左から金田元法相、平井前デジタル相、桜田元五輪相(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 解散から投開票まで17日という「超短期決戦」の火蓋が切られた。ポンコツ前首相から“表紙”を変えて戦う政権与党だが、不人気・地味首相では期待したほど支持が回復していない。加えて、共産党が大量に候補者擁立を見送るなど、ライバルの野党は一本化が加速。その結果、閣僚経験者や当選回数の多い大物たちが、予想外の厳しい戦いを強いられている。

 ◇  ◇  ◇

 自民党など政党の情勢調査、週刊誌や専門家の予想などを参考に、当落線上にいる21人をリストアップした(別表)。現職大臣が2人含まれる。まさかの落選なら、ほとんど仕事もせずに内閣を去ることになる。

 それぞれに地元事情があるだろうが、共通するキーワードは「不祥事」「失言」「高齢」だ。

 平井前デジタル相は、オリパラアプリをめぐる「NEC恫喝発言」やNTTからの高額接待での「取材された後の割り勘」など問題噴出、地元の評判を落としているようだ。

不祥事、失言、高齢がキーワード

当落線上にいる大物議員21人(C)日刊ゲンダイ
当落線上にいる大物議員21人(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 金田元法相は、「私の頭脳が対応できなくて申し訳ありません」と迷答弁して国会を混乱させた。桜田元五輪相は、競泳池江璃花子選手が「白血病」と診断された際、「がっかりしている」と発言し批判を浴びた。北村元地方創生相は、国会でしどろもどろ答弁を連発、官僚に助けられても文書を読み間違えた。

「大臣時代にチョンボがあった人や旬を過ぎた人が苦戦しています。実績もないのに、年功序列や論功行賞で閣僚人事をやってきた末路です。閣僚経験者が当落線上をうろうろするとは、政治の劣化の象徴。国民の政治不信が酷くなるのは当然です」(政治評論家・野上忠興氏)

 リストに東京の候補者が目立つのは、夏の都議選でも見られた自民への逆風が続いているからなのか。

 小選挙区に擁立した9人全員当選を目指す公明も、安泰ではない。

2021年10月17日 (日)

ようやく表明れいわ山本太郎氏「国会が一番嫌がる」比例名簿1位で出馬

ようやく表明れいわ山本太郎氏「国会が一番嫌がる」比例名簿1位で出馬

衆院選を前にしてれいわ新選組の山本太郎代表が東京・JR池袋駅西口で街頭演説を行い、比例東京ブロックから出馬すると話した(撮影・寺沢卓)
衆院選を前にしてれいわ新選組の山本太郎代表が東京・JR池袋駅西口で街頭演説を行い、比例東京ブロックから出馬すると話した(撮影・寺沢卓)
  • れいわ新選組の山本太郎代表が東京・JR池袋駅西口で街頭演説を行い、多くの聴衆が集まった(撮影・寺沢卓)

衆院選(19日公示、31日投開票)の立候補先が定まっていなかったれいわ新選組の山本太郎代表(46)が16日、東京・池袋で街頭演説を行い、比例代表東京ブロックから出馬する考えを明らかにした。比例単独候補としての出馬で、選挙区への出馬は見合わせた。東京ブロックの比例名簿は1位。名簿順について「国会が一番嫌がるミサイル撃ち込む必要あるでしょ」とし「東京で中心になり、全国の応援に回る」と語った。

山本氏は今月8日、東京8区への出馬を突然表明。山本氏は立憲、共産両党との調整は「終わっている」と主張したが、立憲民主党との調整は整っておらず、同区で6年間活動してきた立憲民主党の立候補予定者吉田晴美氏の支持者が抗議活動を行う展開となり、11日に山本氏が同区への出馬を取りやめていた。その後も別の選挙区での出馬を模索したが、同様の混乱を避ける形で選挙区からの出馬は断念した形となった。

19年の参院選では、比例代表で出馬。比例特定枠を使い、同枠1位に難病のALS患者の舩後靖彦氏(64)、2位に脳性まひで重度障がいがある木村英子氏(56)として山本氏は3位で出馬。自身の知名度を生かし、新人2人を押し上げる形で当選させたが、自身は落選していた。今回の東京ブロックでの対応は、参院選と違って山本氏自身の当選を最優先する形だが「この2年間、国会にいられなかったことで非常にしんどい思いをした」と正直なところも吐露。「次の選挙があったとき、1番最初に乗り込ませてくれ、とれいわの仲間に理解してもらった」と説明した。

別の選挙区での出馬を模索中には、立民から具体的に小選挙区も提示されたというが「(出馬する選挙区は)そこではないなと思った」とも明かし、どの選挙区かは「今は言わない方がいい」と明かさなかった。【寺沢卓】

ミャンマー支援情報

ミャンマー支援情報  202110/16   写真展にぜひ!

クーデター後、1300人をこす市民が虐殺され、情報統制も厳しくなっています。コロナ感染も深刻に。

この間起こっていることを日本の人々に知ってほしいと、写真展が企画されました。

11月姫路、12月加古川・大阪・伊丹、1月岡山などでも計画中!

 

■写真展「ミャンマーを助けて、21クーデターとその後  ㏌神戸

軍による苛烈な弾圧、抵抗する市民。その映像を、在日ミャンマー人が、懸命に現地と連絡をとり入手。

50点のパネルにまとめました。多くの人々に見てほしいです。

 日時:20211019日(火)14時~18

21~2310時~18時、2410時~16

会場:兵庫県立神戸生活創造センター・ギャラリー(新長田合同庁舎1階)

地図 兵庫県/新長田合同庁舎&庁舎周辺ご案内 (hyogo.lg.jp)

入場無料

共催:アムネスティ西神戸グループ、プラス1one)ネット、ミャンマー関西

 

■園田苑だより「彼女との出会いは”メッチャ”だったが」

「いま出来ることをやって死ぬのは意味がある」(添付)

  尼崎にある特別養護老人ホーム園田苑で介護実習をしたミャンマー人女性。彼女との出会い、その思いについて、園田苑前施設長・現理事長の中村大蔵さんが書かれた文を添付します。彼女の身の上は、やはり心配です。私たちの責任であり、責任を分かちあって共に歩みたく思います。ご協力ください。

 

Yahoo!ニュース、読売テレビのミャンマー報道

【特集】クーデター後 混乱続くミャンマーの「いま」 母国を思い日本で暮らすミャンマー人たちの切実な訴えとは(読売テレビ) - Yahoo!ニュース

 

YouTube、読売テレビのミャンマー報道

https://youtu.be/E6ylCByIOUc  二人の在日ミャンマー人の姿。尼崎のデイサービス、神戸での抗議集会の場面も。

 

「ミャンマーの人々とつながる会」

賛同者年一口5千円、支援募金、募集! 在日ミャンマー人の活動を応援!

郵便振替口座「多文化共生と地域福祉の会  00990-5-324971

代表:中村大蔵、事務局長:猶原信男

これまで44人の方が賛同者に! 寄付も多数。ありがとうございます。

 

***

(発信)

 松中さんがコーディネートされた「ミャンマー応援グッズ」企画。それを見て購入してくださった看護師の友人からおすそ分けといって素敵なミャンマーのペンが届きました。輪の広がり、支え合いに、感謝です。

 

(ミャンマーとつながる会、多文化共生と地域福祉の会)

広報担当事務局 080-6165-0990 awaumi22@wi.kualnet.jp 粟野真造

2021年10月16日 (土)

当面の行動 総選挙勝利へ 各予定候補の行動(阪神センター入手ぶん)

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

Img_4046 1016日(土) つじ恵街頭宣伝行動 14時 JR尼崎・梅川像前

                           つじ恵総決起集会 18時 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

         応援弁士:白井聡京都精華大教員 
                                         やはた愛(れいわ新選組大阪1区総支部長)

1016日(土)~17日(日)大椿ゆう子街宣キャラバン 11時 川西能勢口阪急池田(12時)石橋阪大前(13時)など

1016日(土) 安田真理街頭演説会 18時半 JR西宮南ロータリー 立憲民主党政調会長・泉ケンタ衆議院議員が応援演説

1017日(日) 梶原やすひろが語る政治と暮らし 10時 川西市東谷公民館 14時 猪名川町社会福祉会館

10月17日(日) 映画上映&シンポジーム 『一人になる~医師小笠原登とハンセン病強制政
         策』 13時 映画上映 15時 シンポジウム
                     西宮勤労会館(JR「西宮」南西5分)

◎1017日(日) つじ恵ボランティア会議 14時 中小企業センター(阪神「尼崎」北東
                             5分)

          連続対談 つじ恵×丸尾牧(兵庫県会議員) 15時半 尼崎中小企業セ                               ンター

10月17日(日) 変えよう!世界と日本 第15回反戦・反核・反貧困共同行動IN京都 京都14時 円山野外音楽堂 メインゲスト:鵜飼哲
                           一橋大名誉教授

1017日(日) 大石あきこ街頭演説会 18時 阪急十三東口

1019日(火) 衆議院選公示  

                         つじ恵出発式 9時 出屋敷公園

         安田真理出発式  JR西宮 南口

 

つじ恵 連続地域集会

 1020日(水) 武庫地区 19時 尼崎女性センター・トレピエ

 1021日(木) 立花地区 19時 すこやかプラザ(JR「立花」南3分)

 1023日(土) 園田地区 19時 園田地区コミュニティセンター(阪急「園田」西5分、高架下)

 1025日(月) 大庄地区 19時 大庄北生涯学習プラザ

 1026日(火) 中央地区 19時 尼崎中小企業センター

 1028日(木) 小田南地区 19時 小田南生涯学習プラザ

2021年10月15日 (金)

れいわ・山本太郎氏 やっぱり出馬 「今回の衆院選は出る」

 
 
いいね|
れいわ新選組の山本太郎代表© 毎日新聞 提供 れいわ新選組の山本太郎代表

 れいわ新選組の山本太郎代表は15日の記者会見で、次期衆院選での自らの対応について「今回の選挙は出るということだ」と述べ、立候補の意欲を改めて示した。小選挙区について「いくつか候補がある」とする一方、れいわの単独比例での立候補も「選択肢の一つだ」とした。

 山本氏は東京8区で立候補をいったん表明し、後に撤回したことを念頭に「一度やけどした身としては、慎重にならざるを得ない」と説明。撤回時には、競合する立憲民主党の新人への配慮に加え、調整相手の立憲執行部の対応への不満も示していた。

 これに先立つ市民団体の会合で、山本氏は共通政策を持つ立憲、共産、社民3党との候補者調整に関し、「おそらく(れいわが擁立した小選挙区の)30%で候補者を取り下げる」とも明かした。【佐野格、斎川瞳】

れいわ新選組兵庫8区総支部(つじ恵)のお願い

〈緊急!〉尼崎ポスティングのお願い

尼崎は魅力的な街です。ウォーキングしながら尼崎の町並みを楽しみましょう。そのついでに、ポスティングをお願いします。

1018日(月)までに、つじ恵マニフェストを配りきらなければいけません。
少しの時間でも結構です。ご協力よろしくお願いします。

 

ご協力いただける方は出屋敷事務所までお越しください。

(事務所)06-4869-3163(阪神出屋敷駅 南前の公園の東隣)阪神出屋敷駅を出てすぐです。

     尼崎市南竹谷町1丁目44-49ユキマンション102 

  

決起集会のご案内

1016日(土)18時半~ (小田北生涯学習プラザ)

ゲスト やはた愛(れいわ新選組大阪1区総支部長)

    白井聡(京都精華大学教員・政治学者)

 

ボランティア会議

1017日(日)14時~ (中小企業センター)

        1530分~ 県議 丸尾まき×つじ恵緊急対談

 

ご協力の程お願いします。

岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも


岸田政権不人気!自民が頭を抱える“甘利ファクター”の破壊力、衆院選まさかの単独過半数割れも

公開日: 更新日:



学会と不仲(C)日刊ゲンダイ
学会と不仲(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 岸田首相が14日午後、衆院を解散し与野党激突の選挙戦が事実上スタートした。19日公示・31日投開票の超短期決戦は戦後最短の日程で、早い方が勝てるという岸田自民の思惑が強く反映されている。だが、岸田政権が想定以上に不人気で、よもやの単独過半数割れも囁かれ始めた。

  ◇  ◇  ◇

 永田町では、自民党が先週末の9、10日に行った全選挙区の情勢調査が出回っている。自民党は現有276議席から21減らし、さらに当落線上の接戦区が20あるとの結果だったという。

「野党候補が一本化されれば、さらに40から50選挙区が激戦区になるとみられています。岸田首相は、超短期決戦なら野党共闘の効果も間に合わないと考えたのでしょうが、この戦術は諸刃の剣になりかねない。岸田内閣の支持率は“ご祝儀相場”もなく、おおむね50%台と発足直後にしては低調ですが、それより特徴的なのは、支持するかどうか『答えられない』『わからない』の回答が多いことです。まだ何も仕事をしておらず、評価が定まっていないからで、そういうときは失言などのミスひとつが致命傷になり、流れが一気に変わる可能性があります。そして、それを挽回する時間もないのが超短期決戦の怖さなのです」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

野党共闘は13日、共産党が22選挙区、立憲民主党が3選挙区で候補者を取り下げることを決め、急ピッチで候補者調整が進んでいる。289選挙区のうち、230近い選挙区で野党候補の一本化が実現することになり、今後さらなる上積みもあり得る。

■自公選挙協力もギクシャク

 もし50議席減らして単独過半数(233議席)を割り込めば、岸田首相の進退問題に発展しかねない。そこに大きな影を落とすのが、甘利幹事長の存在だ。

 選挙を仕切る幹事長は“党の顔”。公明党との関係が良好だった二階前幹事長、菅前首相に代わってカウンターパートになった甘利幹事長が「政治とカネ」の疑惑を抱えていることもあって、公明との選挙協力がうまくいっていないというのだ。


「選挙の実動部隊になる学会女性部は政治家のカネや女の問題を極端に嫌います。しかも、甘利さんはもともと公明党との関係が良くない。安倍政権で選対委員長を務めていた時、『なぜ公明党に名簿を渡さなきゃいけないんだ』『公明に査定されて候補者が言いなりになる』などと反発を深め、公明党が自民党支持層を奪っていると警戒感をあらわにしていました。2019年参院選の前には、選挙協力の合意文書にわざわざ『与党内部での集票活動の競合につながるような行為は互いに慎む』の一文を入れさせたほどで、学会で選挙責任者だった佐藤副会長とは犬猿の仲でした」(自民党関係者)

  

 佐藤氏は退任し、当時のような実権は握っていないが、学会側の“選挙のプロ”として影響力を行使しているという。

 野党の候補者一本化で与野党接戦区が増えるほど、自公選挙協力の重要性は増し、学会の動きが雌雄を決する可能性も高まるのだが、甘利幹事長のせいで激戦区を落としかねない状況だ。自民の過半数割れも十分、考えられる。

 岸田首相は今ごろ、公明党の“甘利嫌い”の大きさに頭を抱えているかもしれない。

2021年10月14日 (木)

大椿ゆう子選対 「政権交代だ」ウォーキング




2021年10月13日 (水)

10.31衆院選「農村ショック」に自民党が戦々恐々 米価下落で農家の怒り爆発!


10.31衆院選「農村ショック」に自民党が戦々恐々 米価下落で農家の怒り爆発!

公開日: 更新日:



収穫作業は最盛期
収穫作業は最盛期
拡大する
  

 公示まで1週間となった10.31衆院選で“農村ショック”が起きるかもしれない。2021年産の米の価格が全国的に下落し、米どころから悲鳴が上がっているのだ。

 米価下落の原因は、新型コロナ禍により外食産業のコメ需要が激減し、在庫が積み上がっているうえ、今年は豊作となり、さらに余剰感が膨らんでいることがある。

 コメの販売をJAに委託する農家が出荷時に受け取る仮渡し金である「概算金」は、東北6県の主要銘柄米(1等米60キロ)で軒並み前年比2000~4000円程度下落した。例えば、あきたこまち(秋田)は昨年の1万2600円が、1万600円。1万円を割り込む銘柄も続出し、「肥料や農薬にも費用がかかるのに」と農家がガックリ肩を落としている。

「『作柄が平年並みの100を割り込んで98程度なら値崩れしなくていいんだが』と話していましたが、夏ごろには100を超えそうだと分かり、大変だとなった。菅前首相は秋田の農家出身なので、農政に力を入れてくれるのではないかと期待していたのですが、動いてくれなかった。自民党総裁選でも農政はほとんど話題にならず、忘れられています」(JA関係者)

農村票は全国に130万票あるとされる。選挙が近づき、慌てた自民党は、11日の衆院代表質問で、岸田首相が甘利幹事長の質問に対し「(コメの)需要減に対応する15万トンの特別枠を新たに設けて、飲食店や子ども食堂への販売、提供を支援する」と答弁、“自作自演”のアピールに必死だ。

「東北の農家の怒りは、2年前の参院選でも爆発し、秋田や山形で自民党候補者が落選した。今回の米価下落は東北だけでなく、北海道や北信越の米どころにも広がっている。衆院選では、より広範囲な農家の反乱が起きる可能性があります」(農政記者)

 無策のツケだ。

2021年10月12日 (火)

野党攻撃のツイッター匿名アカ「Dappi」は法人運営 独自取材で見えてきた自民党の“影とカネ”


野党攻撃のツイッター匿名アカ「Dappi」は法人運営 独自取材で見えてきた自民党の“影とカネ”

公開日: 更新日:



安倍政権を礼賛しまくり(C)共同通信社
安倍政権を礼賛しまくり(C)共同通信社
拡大する
  

〈安倍総理、本当にお疲れ様でした〉――。昨年8月に退任表明した安倍元首相をそうねぎらう一方、〈立憲は本当に不必要な政党だと思う〉などと野党を“ディスり”まくり、物議を醸してきたツイッターの匿名アカウントの正体に注目が集まっている。

 問題投稿を繰り返してきたのは「Dappi」なるアカウント。2019年6月に開設され、フォロワーは16万を超えている。

 プロフィルには〈日本が大好きです。偏向報道をするマスコミは嫌いです〉などと記載。個人の「つぶやき」のように見えるが、実は違った。

 立憲民主党の小西洋之参院議員が、Dappiから誹謗中傷ツイートを投稿されたとして、6日に名誉毀損の訴訟を提起。その過程でプロバイダーに「発信者情報開示」を請求した結果、Dappiを運営するのが「個人」でなく「法人」だったことが分かった。

日刊ゲンダイは独自取材により、問題の法人を特定。調べていくと、同法人には自民党の影が垣間見える。

 都内に本店を構える同法人の登記簿には、会社設立の目的として〈ウェブサイトに関する企画及び制作業務〉などと記されている。会社情報検索サイト「ユニゾナス」によると、主要販売先として「自由民主党」の記載がある。

■「主な販売先」から数々の政治資金

 政治資金の流れをチェックすると、より深い自民党との関係性が浮かび上がる。

 東京都選管に届け出のある「自由民主党東京都支部連合会」の政治資金収支報告書(17~19年分)を見ると、〈宣伝事業費〉などの項目で、毎年、数十万円を同法人に支出していることが分かる。北関東の閣僚経験者が代表を務める資金管理団体も〈宣伝事業費〉として17~19年に、数十万~100万円超を支出している。同法人にとって自民党は“お得意さま”と言えそうだ。

「ツイッターの紹介文で〈国会中継を見てます〉とも書いているDappiは、与党寄りの維新や自民党の議員が国会で質問する動画を投稿し〈その通り!〉などと礼賛する一方、野党系の質疑については〈悪夢の民主党政権〉などと徹底してこき下ろす。“右寄り”のユーザーには受けるようで多くの投稿に4ケタ分の〈いいね〉が付けられている。投稿が平日朝の8時ごろから夜9時に集中していることから『特定の組織がDappiを運営しているのでは』と、以前から指摘されていました」(政界関係者)

 これまで、野党批判を繰り返すネットメディアの背後に、自民党の「影」がチラついたことが何度かあった。例えば、19年参院選前に改選を迎えた共産党女性議員のデマを流したネットメディア「政治知新」の運営者だ。安倍元首相主催の「桜を見る会」に招待され、自民党神奈川県議を兄に持つ人物だった。

 同じ参院選の前には、自民党本部が野党批判を展開した「テラスプレス」なる正体不明のニュースサイトを基にした“トンデモ冊子”を、所属議員に配布していた。

 ネットを使った世論操作はまるで自民党の“常套手段”。今回のDappiもビジネスの一環で安倍氏礼賛、野党攻撃を繰り返したのか。今後も注目である。

2021年10月11日 (月)

社民党大阪9区予定候補の大椿ゆう子さんが野党統一候補に決まった~山下けいきブログより

野党は社民党大阪9区は大椿ゆう子さんに

2021年10月08日 | 今日の情報紹介 茨木市議会議員
 午前中は活動報告「お元気ですか」原稿書き。
 
 書いている最中に、待っていた「政権交代だ」と社民党の吊りビラ風の横幕が届きました。
 
 
 
 昼からズームによる新社会党の中央執行委員会。
 
 ビラ配布の段取り、そして夕方は「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動。反原発だけでなく、社民党大阪9区予定候補の大椿ゆう子さんが野党統一候補に決まったことを報告、総選挙に行こうと訴えました。

2021年10月10日 (日)

10月31日までの行動

当面の行動日程     

Img_3378 定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

1010日(日)  安田真理街頭集会 1020分スタート JR芦屋駅前  
          11
10分スタート 高松ひなた緑地  
それぞれ応援弁士に続いて、安田真理、蓮舫立憲民主党代表代行が演説

1014日(木)  衆議院解散

1015日(金)  桜井周演説会18時半 いたみホール・大ホール(阪急「伊丹」北3分)

Img_4046 10月16日(土)~17日(日) 大椿ゆう子&福島みずほ街宣キャラバン  16日 11時 川西アステ  12時 池田ダイエー前
          14時 石橋阪大前  15時 千里中央バスターミナル  17時 ヨドバシカメラ前    17日 10時 KOHYO箕
          面店  11時 みのおキューズモール  12時 阪急茨木市西口 14時半 天王、沢良宜、総持寺など 18時 JR茨
          木駅東口 

1016日(土) つじ恵総決起集会 18時 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

Img_3283           応援弁士:白井聡京都精華大教員

1017日(日) 梶原やすひろが語る政治と暮らし 10時 川西市東谷公民館 14時 猪名川町社会福祉会館

10月17日(日) 映画上映&シンポジーム 『一人になる~医師小笠原登とハンセン病強制政策』 13時 映画上映 15時 シンポジウム  西宮勤労会館(JR「西宮」南西5分)

10月17日(日) 変えよう!世界と日本 第15回反戦・反核・反貧困共同行動IN京都 京都14時 円山野外音楽堂 メインゲスト:鵜飼哲一橋大名誉教授

1019日(火) 衆議院選公示

          衆議院選公示以降のスケジュールは別途詳しく紹介

10月20日(水) 関生裁判大阪高裁要請行動 12時 大阪高裁正門前

10月23日(土) 老朽原発このまま廃炉!キャンペーン開始

10月23日(土) とめよう戦争への道、めざそうアジアの平和2021 関西の集い 14時 エルシアター(地下鉄「天満橋」5分、JR「大阪天満宮」南15分)  講演:柳沢協二

10月23日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

1023日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)講師:末田一秀(「はんげんぱつ新聞」編集委員)

10月24日(日) 中川ともことあゆむ会総会 13時半 宝塚文化創造館(阪急「宝塚」東10分)

10月25日(月) 関生大阪弾圧控訴審 10時 大阪高裁

10月26日(火) 原子力の日

10月29日(金) 琉球遺骨返還訴訟 第11回期日 14時半 京都地裁101  証言:亀谷・松島

1031日(日) はなマダン映画会『私はチョソンサラムです』 11時 1345分 サンシビック尼崎(阪神「尼崎」西南5分)

1031日(日) 骨格提言を求める第フォーラム・ズーム集会 13時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

1031日(日) 総選挙投開票日

すぎやまこういち氏死去でマスコミが封印した歴史修正主義と性的マイノリティ差別肯定発言…朝日は五輪開会式を持ち出して絶賛

すぎやまこういち氏死去でマスコミが封印した歴史修正主義と性的マイノリティ差別肯定発言…朝日は五輪開会式を持ち出して絶賛

すぎやまこういち氏死去でマスコミが封印した歴史修正主義と性的マイノリティ差別肯定発言…朝日は五輪開会式を持ち出して絶賛の画像1
『チャンネル桜』に出演した際のすぎやま氏


 作曲家のすぎやまこういち氏が9月30日に敗血症性ショックのため亡くなっていたことが昨日7日、わかった。人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽をはじめ、「学生街の喫茶店」や「亜麻色の髪の乙女」「恋のフーガ」「花の首飾り」などのヒット曲も手掛け、ゲーム音楽や歌謡史に大きな功績を残した。

 だが、すぎやま氏といえば、そうした輝かしい功績の一方で、歴史修正主義などの極右思想の持ち主としても活発に発言をおこなってきた人物でもある。すぎやま氏はのちに「LGBT に生産性がない」という差別論文で大きな批判を浴びる自民党杉田水脈・衆院議員の同趣旨の性差別発言に「ありがたい」「正論ですよ」などと同調したり、「慰安婦は強制ではない」「南京虐殺はなかった」といった主張をおこなってきた(詳しくは過去記事参照→https://lite-ra.com/2021/07/post-5961.html)。

本サイトでは、「ドラゴンクエスト」の代表曲「序曲:ロトのテーマ」が東京五輪大会の開会式で採用された際、すぎやま氏の性的マイノリティに対する差別を是認する態度はオリンピック憲章に掲げられたあらゆる差別の禁止に反するものであり、さらに先の戦争における加害責任を否認し人的損害を矮小化しようとする歴史修正主義は国際的にも許されるものではなく、開会式での楽曲使用を厳しく批判した。

そして、今回の訃報を受けて、ネット上でもこのようなすぎやま氏の言動について、あらためて批判をおこなう投稿も見受けられたが、案の定、それらに対して「死者への冒涜だ!」という非難や怒りの声があがっている。

 亡くなったこと自体を喜ぶような言葉を投げる行為は下品、下劣極まりないが、それと生前の発言について批判をおこなうことは意味がまったく違う。政治家や学者、芸術家らが鬼籍に入っても、過去の言動や表現、作品をきちんと検証・批判するのはむしろ当然の行為だ。

 しかし、このような筋違いの非難が起こるのも当然なのかもしれない。というのも、肝心の国内の大手メディアが出したすぎやま氏の訃報記事は、その功績を取り上げるだけで、負の側面についてまったく触れていないからだ。

たとえば、「ネトウヨ新聞」である産経新聞は「言論活動でも存在感、私財投入も」と題して、すぎやま氏が極右思想の持ち主としておこなってきた活動を大きな功績として紹介し、櫻井よしこ氏の「歴史問題をめぐり、日本が国際社会でおとしめられているのに唯々諾々として反論しない状況に、すぎやまさんは『僕は悔しくてたまらないんだよ』とおっしゃっていた」という談話を掲載。この櫻井氏のコメント自体がすぎやま氏の歴史修正主義者としての有り様をよく示しているとも言えるが、一方、毎日新聞の訃報記事は、功績を大きく紹介したあとで短く〈改憲推進団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」代表発起人を務めるなど、晩年は保守系文化人としても知られた〉と言及しただけ。朝日新聞も〈右派の論客としても知られ、意見広告やコラムなどで積極的に発信を続けた〉、読売新聞も〈社会的な問題への関心も強く、「一票の格差を考える会」などの活動を行った〉とし、差別発言の是認や歴史修正主義については触れようともしなかったのだ。

つづきはリテラで

2021年10月 9日 (土)

山本太郎氏が「東京8区」出馬を街宣で発表

山本太郎氏が「東京8区」出馬を街宣で発表〜現場の市民から率直な意見も


*出馬を発表する山本太郎氏

 

動画(16分)

 10月8日「東京新聞」のスクープ記事が踊った。「山本太郎氏 衆院選、東京8区で出馬へ 石原伸晃元自民幹事長と対決 野党共闘の象徴目指す」の見出しだ。同日18時から新宿駅前で「れいわ新選組」代表・山本太郎氏が「選挙区発表の街宣」を行った。多くのメディア、そして支援者ら数百人が集まった。参加者は男性が7、8割を占めていた。発表内容は「東京新聞」の報道どおりだった。山本氏はマイクを握り、いつもの滑らかなしゃべりで、スライドを使いながら消費税増税路線を走る石原伸晃氏を徹底的に批判した。「自民党の経済政策の失敗で、いま人々の生活はガタガタにされた。暮らしの底上げには消費税の廃止しかない。石原氏のクビをとりにいくつもりだ」と対決姿勢を明確にした。

 その後、メディアと一般参加者から直接質問を受けた。出されたのは、「東京8区」を選んだ理由、野党共闘の統一候補に選ばれた経緯、岸田政権の評価などだった。メディアの質問が終わったあと、8区の野党支援の市民が手を上げ、興奮ぎみにこう語った。「新聞報道は寝耳に水で驚いた。地元では統一候補者選びはボトムアップで進んできていて、立憲の吉田はるみ候補に決まりかけていた。いったいどういうことなのか、ちゃんと説明してほしい」と。山本氏は「現場と中央の判断に乖離があったと思う。不快な思い、悔しい思いをさせたことはお詫びしたい。でもこれは野党間の“調整”の結果で決まったこと。勝ちを取りに行く選挙区にしたい。山本太郎が気に入らなければ、鼻をつまんででも応援してほしい」と語りかけた。

 待ちに待った山本氏の「衆院選・選挙区発表」の表舞台だったが、厳しい船出となった。「東京8区」を「野党共闘のシンボル」として盛り上げるためにも、関係者でじっくり話し合い、態勢をつくってほしいと、記者は思った。(M)

れいわ・山本太郎代表、次期衆院選は東京8区から立候補

 
 
いいね|
© ハフポスト日本版

「れいわ新選組」の山本太郎代表が10月8日夜、次期衆院選に東京8区から立候補することを表明した。新宿駅南口でこの日行った街頭演説で明らかにした。

衆院東京8区は杉並区の多くが選挙区となり、自民党の石原伸晃元幹事長が1996年以降、連続当選している。

山本氏は2012年の衆院選でも東京8区から立候補しているが、当時は6万票以上の差で敗れていた。

山本氏は「山本太郎が衆議院選挙において立候補する選挙区は、東京の8区になります」と明言。「初めて政治に挑んだのが東京8区でした。その時は(石原氏に)全く届かない数字になりました。強かったんですね、やはり。その石原さんにリベンジ、もう一度やらせていただく」と語った。

東京8区ではすでに立憲民主党などが候補者擁立の準備を進めてきたが、山本氏は野党候補の一本化をめぐり、「立憲側とはすでに話を進めている」「調整があった上で私が立つということ」と述べた。

2021年10月 8日 (金)

マルイ前木曜行動 久方ぶりに幟を立てて、シール投票も

  Img_3378 10月7日(木)14:30~16:00、三宮マルイ前にて、8月5日(木)以来約2か月振りに木曜定例行動を再開しました。天気も良く、絶好の「街宣日和」でした。参加者は17名(先週7名)、署名は4筆(先週1筆)、チラシは200枚用意し198枚(先週75枚)配りました。
 シール投票は、「あなたは、岸田新内閣に期待できますか?」を問い、「期待できます」が3票、「期待できません」が37票、「わかりません」が7票の計47票(前回8月5日は計33票)でした。自由意見欄には、「期待しません。戦後最短内閣として終わることを願います」、「期待できません。いろいろな説明をすべきです」、「保守本流、宏池会の伝統を守れ」と3人(前回0名)の方が書き込まれました。

 いつものジャンボ幟3本の他に、市民連合原案の「選挙に行こう!」、「投票に行こう!」、「政治を変えよう!」の3種類のノボリ6本を新調して立てました。

2021年10月 7日 (木)

入管はウィシュマさんを見殺しにした!〜弁護団「開示ビデオ」を見て確信

入管はウィシュマさんを見殺しにした!〜弁護団「開示ビデオ」を見て確信

 

 ウィシュマさんが名古屋入管で死亡した事件。頑なに弁護団へのビデオ開示を拒んでいた入管庁だったが、一転して10月1日に開示することになった。5日の会見で指宿昭一弁護士は「一転したのは入管の心変わりではない。裁判所の決定で出さざるを得なくなったのだ」と語った。

 2月にウィシュマさんが、ベッドから落ちて床に2時間以上放置された様子を駒井弁護士は、紙にイラストを描いて説明した。「ウィシュマさんはスタッフを呼んだがきてくれない。体が動かず勢いをつけて上半身を起こそうとしたら、落下した。2人の職員が来たが、ベッドに戻すことができない。介護のプロでない職員はなにもできない。ウィシュマさんの苦しそうなうめき声が聞こえた」。

 指宿弁護士は3月はじめの亡くなる直前の様子を手振り身振りを交えて話した。「ああ担当さん、とウィシュマさんは呼んだ。そのあと泣き声。声はアーとかヤーとか、悲鳴にきこえた。職員たちがやってきたが、あせっていた。ウィシュマさんの顔の前で両手を振って、反応を確かめたが反応がなかった。亡くなった当日の3月6日の午前8時、ウィシュマさんはまったく動かない状態だった。それでなんですぐに救急車を呼ばないのか。ふつうの人なら呼ぶ。それが人間としてあたりまえ。上司の決裁を待っていたのではないか。救急車を呼んだのは14時15分。そして病院で死亡が確認された」。

 会見は怒りに包まれていた。指宿弁護士は最後にこう語った。「入管がビデオを隠してきた理由がわかった。ここに真実が映っているから。入管がウィシュマさんを見殺しにしたことが明らかになった。今回は見ただけで入管が持ち帰った。データを全面的に渡してほしい。国会議員にもみてもらいたい」と。

 弁護団にビデオが開示されたのは10月1日。遺族が国を相手に損害賠償を求める裁判の準備の中で、名古屋地裁が「証拠保全」の決定を出したことで実現した。(M)

2021年10月 6日 (水)

岸田内閣の裏テーマは原発推進 “甘利人脈”が要職独占で新増設・建て替え一気加速


岸田内閣の裏テーマは原発推進 “甘利人脈”が要職独占で新増設・建て替え一気加速

公開日: 更新日:



睡眠障害は完治?(C)日刊ゲンダイ
睡眠障害は完治?(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 すっかり病気は完治したようだ。大臣室で現ナマをポッケに入れた件を認めて2016年に閣僚を辞任。「いずれ国会で説明する」と言ったきり、睡眠障害を理由に国会を長期欠席して説明責任はウヤムヤなまま。ぬけぬけと表舞台に戻ってきた自民党の甘利幹事長が新政権で早くも権勢を振るい、「我が世の春」を謳歌している。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

■自民党内には“甘利派”が存在

 4日、発足した岸田新政権は組閣、党役員人事で安倍元首相の意向が強く反映されているとの指摘があるが、よくよく見て欲しい。要職を占めているのは“甘利人脈”だらけだ。

「新政権の人事は甘利氏が主導したとみられています。党役員人事の内定も、甘利幹事長から電話を受けた議員は多い。越権行為と言われても仕方ない振る舞いですよ。安倍元総理が強く推した萩生田光一氏が官房長官に内定しかかっていた人事を覆したのも甘利氏だと言われています」(自民党閣僚経験者)

 自民党内には、あまり知られていないが“甘利派”が存在する。旧山崎派の会長代行を務めていた甘利幹事長が2011年に立ち上げた派閥横断型のグループ「さいこう日本」がそれだ。萩生田氏の代わりに細田派の推薦で官房長官に就任した松野博一氏も「さいこう」メンバーである。

 他にも、梶山弘志幹事長代行(無派閥)、田中和徳幹事長代理(麻生派)、高木毅国対委員長(細田派)、山際大志郎経済再生相(麻生派)、岸田派から入閣した金子恭之総務相、金子原二郎農相の“ダブル金子”もメンバーだ。

■経産省、原子力ムラが巻き返す

 また、当選3回で閣僚に抜擢された若手の牧島かれんデジタル相(麻生派)は甘利幹事長と同じ神奈川県つながり、小林鷹之経済安保相(二階派)は、甘利幹事長が座長の経済安保に関する会議で事務局長を務めていた縁がある。あまりにも甘利幹事長に近い人選ばかりだ。

「甘利さんは当初、一番弟子の山際さんを経産相に押し込もうとしていた。第1次安倍政権で経産相を務めた甘利さんは経産族で、原発推進派の“電力界のドン”でもある。山際さんも原発推進の急先鋒です。官邸人事でも元経産次官で東電取締役も務めた嶋田隆氏が筆頭秘書官に就き、経産省、原発推進の色合いが濃い布陣となりました」(官邸関係者)

 甘利幹事長は4月に結成された原発の新増設や建て替え(リプレース)を推進する議連でも最高顧問に就いている。原子力ムラの巻き返しで、菅政権が進めた「脱炭素」の再生可能エネルギー重視が見直されるのは必至だ。

菅内閣で再生エネ重視を主導したのが河野前規制改革担当相や小泉前環境相でした。そのことが、総裁選で甘利さんが“河野潰し”に動いた理由のひとつでしょう。岸田内閣の裏テーマは原発推進です。菅政権で策定した次期エネルギー基本計画の素案は見直され、甘利幹事長のあまりにも強すぎるリーダーシップで原発リプレースも一気に進む可能性があります」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

 総裁選で岸田首相は「政府と党は車の両輪。『政高党高』があるべき姿」と言っていた。

 事実上の“甘利原発推進内閣”に完全屈服では、政府と党の両輪で原発推進が力強く進められるに違いない。“あんまり”じゃないか!

10・4臨時国会開会日行動

岸田政権への挑戦状だ!

10・4臨時国会開会日行動~レイバーネット日本

動画(6分44秒)

 

10月4日、「自公政権交代!政治を変えよう!総選挙勝利 臨時国会開会日行動」が衆議院第2議員会館前で開催され300人が集まった(主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)。

自公政権は菅政権を退陣させ、コロナ対策を投げうってすべてを自民党総裁選に投入した。そして今日4日岸田政権は誕生し、総選挙日程は大方の報道の予想に反する急ピッチの「10月19日公示、31日投開票」となる。1分1秒でも早く総選挙を終えたいというのは、自公政権の焦りの表れかもしれない。

しかし、「この間のコロナ危機の総括は新政権に期待できない」「だからこそ命を守るという大義が今度の総選挙にはある」(集会に参加した岸本啓介さん・民医連事務局長)。「これからが本番」(山口二郎さん・市民連合運営委員)であり、この集会は、「岸田政権への挑戦状だ」(高田健さん・総がかり行動実行委員会共同代表)。(湯本雅典)

2021年10月 5日 (火)

れいわ新選組兵庫8区、つじ恵出屋敷事務所開所式

 Img_3353 10月3日、れいわ新選組兵庫8区総支部長のつじ恵陣営の選挙対策事務所開所式が阪神出屋敷駅前でおこなわれた。
 突貫工事で新装なった事務所には「何があっても心配するな」の大きなスローガンが張られるとともに、胡蝶蘭が3鉢届けら れ華やかな雰囲気になり、9時半頃からは続々と人々が集まってきた。
 Img_3362 10時から阪神出屋敷駅前の公園で集会を開始。開会宣言は尼崎市議の田中淳司さん。後援会会長の高原周治さん(元尼崎医師会会長)の挨拶のあと、山本太郎代表や阿部知子衆議院議員(立憲民主党)などのメッセージ紹介のあと、激励アピールが丸尾牧兵庫県会議員、加島一正れいわ兵庫応援隊、つじ恵後援会、連帯労組関生支部の武洋一書記長、6人参加の後援会学生部からもなされた。
 つじ恵予定候補からは、自民党総裁選で選ばれた岸田総裁は安倍・麻生のかいらいで、総裁選で変わらない自民党を総選挙で政権交代させよう。れいわから数人当選し、22年参議院選挙からそのあとの衆議院選で山本太郎を首班とする政権を作ろうと熱烈なアピールがおこなわれた。選対事務局からは、いよいよ本番、6つのチームに分かれそれぞれできることのすべてをやImg_3355 れば必ず勝利すると結ばれた。出屋敷周辺を通行の人も10人ほど参加。中にはれいわのピンクのTシャツが気に入り、その場で購入し着用する人も。総計120人の参加で賑やかな開所集会となった。
 Img_3371 開所式のあと近くの会館での「第1回選対本部会議」には50人を超えるボランティアが集まり、総選挙の全体構図を把握し、ポスター隊、ポスティング隊、街宣車隊、ハガキあて名書き、SNSチームなどからの提起を受け、それぞれ具体的任務を確認。
 いよいよ本番に突入する体制が整った。いざ勝利にむけ全力疾走を!

2021年10月 3日 (日)

岸田体制で “安倍官邸のアイヒマン”元内調・北村滋が官房副長官か…前任の杉田以上の謀略、安倍の意を受けて岸田を監視する役割

岸田体制で “安倍官邸のアイヒマン”元内調・北村滋が官房副長官か…前任の杉田以上の謀略、安倍の意を受けて岸田を監視する役割


岸田体制で 安倍官邸のアイヒマン元内調・北村滋が官房副長官か…前任の杉田以上の謀略、安倍の意を受けて岸田を監視する役割の画像1
内閣官房HPより


 1200万円賄賂事件で国民への説明から逃げつづけている甘利明氏が幹事長、暴言マシーンの麻生太郎財務相が副総裁と、さっそく安倍政権時の「3A体制」を復権させた岸田文雄・次期首相だが、さらに「安倍政治の復活」を証明するような人事案が飛び出した。

 というのも、事務担当の官房副長官に、安倍政権時代に内閣情報官としてさまざまな謀略を仕掛け「官邸のアイヒマン」と呼ばれてきた北村滋・前国家安全保障局長を起用する方向で検討に入ったというからだ。

 しかし、これも案の定と言わざるを得ない。本サイトではいち早くお伝えしていたように、岸田氏が総裁選への出馬表明をおこなう少し前から、北村氏と、安倍政権で「影の総理」と言われてきた今井尚哉・元首相補佐官が岸田陣営に出入り。自民党議員や党員の情勢情報をあげてきたほか、公安ネットワークを使って石破茂氏や河野太郎氏のスキャンダルを必死で探していると囁かれていた。しかも、北村氏は岸田氏と開成高校の同窓で、北村氏は安倍氏と岸田氏をつなぐパイプ役にもなってきた。

 つまり、安倍晋三・前首相は「高市早苗を新総理に!」と極右ネトウヨ層を盛り上げる一方、ちゃっかり岸田氏のもとに最側近を送り込んでコントロール。新政権でも暗躍させようというのである。

 しかも、北村氏にとってもこの人事は、権力中枢への念願の返り咲きでもある。

 北村氏は第1次安倍政権で首相秘書官に就任し、安倍首相は北村氏に全幅の信頼を寄せ、側近中の側近として重用してきた。とくに第2次政権で内閣調査室のトップに就任させてからは、まるで私兵のような役割を担わせてきた。内閣情報官の首相への定例報告は週1回程度だったのだが、北村氏はほぼ毎日のように首相と面会。それは2019年に国家安全保障局長に就任させてからもつづいた。

 ところが、菅政権になると一転。安倍政権時から官邸内は「今井・北村」と「菅・杉田」で溝があったため、北村氏と二人三脚で安倍前首相に仕えてきた今井首相補佐官は内閣官房参与へと外され、菅義偉首相は北村氏と同じ元エリート警察官僚である杉田和博官房副長官をそのまま側近として重用。北村氏は国家安全保障局長のままだったが、官邸中枢から遠ざけられるようになった。実際、北村氏は今年7月に股関節の治療を理由に国家安全保障局長を退任したが、これも北村氏本人は退任する気がなかったにもかかわらず、NHKなどが退任の報道を出したことで既成事実化し退任に追い込まれたという話もある。

 つまり、菅首相によって体よく追い払われたものの、安倍前首相の傀儡である岸田氏が次期首相となったことで北村氏は完全復活、めでたく権力中枢に戻ろうとしている……というわけだ。

危機管理より、野党や反対勢力、官僚のスキャンダルをリークし続けた内調時代の北村滋

 

 その上、重大なのは、北村氏に用意されようとしているポジションが、前述したように事務担当の官房副長官だということだ。これはまさに、安倍・菅政権官僚支配の中心的役割を担い、公安警察を使って監視や尾行、周辺の聞き込みなどの行為までおこなってきたと言われる杉田氏の仕事を、今度は北村氏が一手に引き受けるということになる。

 そして、北村氏がそのポジションを引き継ぐということになれば、杉田時代以上に酷い謀略が横行することになるのは火を見るよりも明らかだろう。

 というのも、北村氏は「官邸のアイヒマン」という異名のとおり、内調を謀略機関に変えてしまった人物だからだ。

 内閣情報調査室は、もともと国家や国民のために必要な内外の情報を収集・分析する部署だったが、北村氏が内閣情報調査官に就くと、その性格は一変。安倍政権批判へのカウンター情報や、政権と敵対する野党や官僚、メディア関係者に対してスキャンダルやデマを流すなど、安倍首相のための謀略機関としての役割がメインになった。

 たとえば、2014年に小渕優子衆院議員や松島みどり衆院議員など、当時の安倍政権閣僚に次々と政治資金問題が噴出した直後、民主党(当時)の枝野幸男幹事長、福山哲郎政調会長、大畠章宏・前幹事長、近藤洋介衆院議員、さらには維新の党(当時)の江田憲司・共同代表など、野党幹部の政治資金収支報告書記載漏れが次々と発覚し、御用メディアの読売新聞産経新聞で大きく報道された。じつはこの時期、内調が全国の警察組織を動かし、野党議員の金の問題を一斉に調査。官邸に報告をあげていたことがわかっている。

 また、その翌年の2015年、沖縄米軍基地問題で安倍官邸に抵抗していた翁長雄志・沖縄県知事をめぐって、保守メディアによる「娘が中国に留学している」「人民解放軍の工作機関が沖縄入りして翁長と会った」といったデマに満ちたバッシング報道が巻き起こったが、これも官邸が内調に命じてスキャンダル探しをおこない、流したものと言われている。

 ほかにも、2016年に浮上した民進党(当時)の山尾志桜里政調会長のガソリン代巨額計上問題や、民主党代表候補だった蓮舫氏の二重国籍疑惑、安保法制に反対していた学生団体・SEALDsやIS人質殺害事件における人質のネガティブ情報などにも、内調の関与が囁かれた。

山口敬之が北村滋に送っていた伊藤詩織さんへの“性暴力事件もみ消し”相談メール

 

 いや、野党や反対勢力だけではない。松坂桃李が内調に出向する官僚役を演じた映画『新聞記者』でも描かれていたが、北村氏率いる内調は“安倍の私兵”として、官僚や自民党議員の監視もおこなっている。2017年には韓国・釜山総領事だった森本康敬氏が更迭されたが、これは森本氏がプライベートの席で慰安婦像をめぐる安倍政権の対応に不満を述べたことを内調がキャッチ。官邸に報告した結果だったと言われる。

 2017年に加計学園をめぐる「総理のご意向」文書を“本物”だと証言した文科省元事務次官の前川喜平氏に対して仕掛けられた「出会い系バー通い」スキャンダルも、映画『新聞記者』とまったく同じで、もとは公安が調査してつかんだものだった。このとき、前川氏に脅しをかけたのは杉田官房副長官だったが、読売新聞や週刊誌に情報を流したのは、北村氏率いる内調だったと言われている。

 さらに、驚いたことに内調の謀略は同じ与党の自民党議員にも向けられていた。2018年の自民党総裁選では、内調のスタッフが全国で票の動向や“演説でウケるネタ”などを探っていただけでなく、安倍首相の対立候補だった石破茂氏の言動の“監視”もおこない、官邸に報告をあげていたという。

 そして、極めつきは、安倍官邸御用達ジャーナリスト・山口敬之氏による伊藤詩織さんへの性暴力事件もみ消し疑惑への関与だ。

 周知のように、この問題は2017年に「週刊新潮」(新潮社)がスクープしたのだが、記事が掲載されると知った山口氏が北村内閣情報官にもみ消し相談をおこなっていた疑惑が続報で暴かれてしまったのだ。

 きっかけになったのは、山口氏が「北村さま」という宛名で〈週刊新潮より質問状が来ました〉〈取り急ぎ転送します〉と書いたメールを「週刊新潮」編集部に誤送信したためだった。北村氏は「週刊新潮」の直撃に「お答えすることはない」と言っただけで否定しておらず、「北村さま」が北村氏であることは間違いないだろう。

 また、山口氏が「週刊新潮」に誤送したメールに、なんの挨拶や前置きもなかったことなどから、山口氏と北村氏は以前から非常に近しい関係にあり、かなり前からこの問題について相談していたことも伺えた。

安倍人脈に監視され続ける岸田総裁、首相秘書官にも、“今井尚哉の影武者”元経済産業事務次官の名前が

 

 いずれにしても、北村氏はこのように内調を安倍政権や応援団を利する謀略を主任務とする「安倍様の私的諜報機関」に変えた張本人であり、野党や官僚のみならず政権を批判する市民団体をも「政敵」とみなせば、御用新聞だけではなく週刊誌まで使って謀略スキャンダルを仕掛けるという、杉田氏以上の「狂犬」なのである。

 しかも、重要なのは、北村氏は岸田新首相ではなく安倍前首相のための側用人である、ということ。前述してきたような公安警察的な監視の目は岸田新首相にも向けられ、少しでも安倍前首相への裏切りになりかねない内通や謀反の疑いがないか、徹底して安倍前首相に報告があげられることになるだろう。つまり、北村氏にとって岸田新首相は守る対象ではなく、監視対象なのだ。

 その上、岸田官邸にはもうひとり、安倍前首相から送り込まれるお目付役がいる。安倍政権下で今井氏が務めてきた政務担当の首相秘書官には、現在、嶋田隆・元経済産業事務次官の名前が挙がっているが、じつは嶋田氏と今井氏は同期入省組で昵懇の間柄にある人物。ようするに、今井氏に代わって岸田氏を操るための「今井氏の影武者」なのだ。

 北村氏と今井氏の暗躍で、謀略によって権力維持が図られるという地獄のような安倍政権の8年間のつづきが、ついに再びはじまる──。岸田政権は紛れもなく、正統の「第3次安倍政権」なのである。

2021年10月 2日 (土)

日本マスコミの終焉=自民党総裁選報道と、小室圭さん報道

「自民総裁選報道」は日本メディアの歴史的汚点

2021年09月30日 | メディアと日本の政治・社会

    

 自民党総裁選の投開票が29日行われ、NHKや民放は例外なく、午後1時から2時間半、その一部始終を延々と生中継しました。菅義偉首相の退陣表明(9月3日)以降、約1カ月にわたって繰り広げられた異常な「総裁選報道」の締めくくりを象徴する光景でした。新聞各紙は30日付で1面トップはじめ多くの紙面を割くでしょう(写真は各局の生中継)。

 日本のメディアの「総裁選報道」は、ジャーナリズムの原則を大きく逸脱しているばかりか、政治的にきわめて重大な役割を果たしました。それは日本メディアの歴史的汚点というべきものであり、けっして終わったことにはできません。

 「総裁選報道」がなぜ異常で政治的に重大なのか。改めて要約すれば次の3点です。

 ① 総裁選はあくまでも自民党の党内問題・派閥抗争であり、自民党員以外の一般市民にはなんの関係もない。特定政党の派閥抗争に多大の公共電波と紙面を使うことは、市民の立場に立つ報道とはまったく無縁である。

 ② メディアは「政策論争」なるものを演出したが、同じ自民党幹部の間で基本的政策の違いなどあろうはずがない。まして4人とも安倍・菅政権を支えてきた連中。にもかかわらず「新たな政策」が展開されるかのように報じることは、虚偽報道であるとともに、安倍・菅政権の失政・悪政を隠ぺいし、自民党を助けるものでしかない。

 ③ 本来の政治戦は衆院選である。それを間近に控え、自民党という特定政党の報道に狂奔することは、総選挙へ向けた自民党の広報活動に等しく、自民党への追従以外のなにものでもない。とりわけここに、今回の「総裁選報道」の歴史的汚点たるゆえんがある。

 ②に関し、菅首相は28日の記者会見で、「総理が1年で代わることはどうなのか」との質問を受け、「1つの政党(自民党)だから外交方針は変わらない」と答えました。これが自民党の本音であり、総裁選候補者らはもちろん、メディア関係者も百も承知のことです。にもかかわらず、「政策論争」を演出するのは、きわめて悪質なフェイク報道と言わねばなりません。

 「一般市民にはなんの関係もない」と言うと、必ずメディアから返ってくるのは、「自民党総裁はイコール総理大臣であり、総裁選は事実上次の首相を選ぶもので、一般市民にも大きく関係する」という「反論」(言い訳)です。

 しかしこの「反論」は正当ではありません。なぜなら、首班指名は国会が行うものであり、自民党が第1党だからといって自民党総裁=首相とメディアが断定するのは、国会の権能を無視したメディアの越権・横暴にほかならないからです。これは原理原則論です。

 さらに、今回の総裁選の場合、この原理原則論に現実論が重なります。
 衆院議員の任期は10月21日までです。つまりたとえ4日に開かれる臨時国会で岸田文雄氏が首相に指名されるとしても、その任期はたかだか半月。「自民党総裁は次期総理」といっても“半月総理”にすぎないのです(総選挙まで継続するとしても”1カ月総理”)。

 日本のメディアの「自民党総裁選報道」の異常性・政治的重大性に弁解の余地はありません。

 これでいいのか、現場の記者(とりわけ若手・中堅記者)、心あるメディア関係者は、惰性や組織の縛りから離れ、「総裁選報道」の実態を自己検証する必要があります。

 一方市民は、テレビや新聞が垂れ流す異常な報道を唯々諾々と受け入れるのではなく、異議を申し立て・批判の声を上げる必要があります。

 日本のメディアが抱える問題はヤマほどありますが、市民と心あるメディア関係者が協力して、その根深い病巣にメスを入れ、一歩一歩、メディアの再生(新生)をはかっていきたいものです。

2021年10月 1日 (金)

誰が見ても“安倍麻生傀儡” 岸田新政権の裏側と今後<上>~日刊ゲンダイ

誰が見ても“安倍麻生傀儡” 岸田新政権の裏側と今後<上>

公開日: 更新日:

大メディアは大ウソ報道、ワルたちが跋扈し派閥の論理で決まった総選挙

派閥の力学で圧勝(岸田文雄新総裁)/(C)JMPA
派閥の力学で圧勝(岸田文雄新総裁)/(C)JMPA
拡大する
  

 ふたを開けてみれば、一番つまらない候補が新総裁に選ばれた。

 2週間もバカ騒ぎが続いた自民党の総裁選は、事前の予想通り、岸田文雄前政調会長(64)と河野太郎行革担当相(58)との“決選投票”となり、<岸田257票vs河野170票>と大差をつけて岸田が圧勝した。

 それでも1回目の投票には、どよめきが起こった。事前の予想に反し、岸田が1位になったからだ。よほど嫌われていたのか、河野が獲得した議員票は予想以上に少なかった。100票は堅いと見積もられていたが、獲得したのはわずか86票と、岸田の146票はもちろん、高市早苗前総務相(60)の114票にも及ばなかった。

「議員票が土壇場で大きく動いた。岸田さんは陣営の票読み通りで、増減がなかった。それに対して河野さんは、125票は取るとみられていたのに40票近くも減らしている。そのうち約25票が高市さんに行き、約15票が野田さんに流れた計算です。この40票の目減りは決定的だった。相当な切り崩しがあったのは間違いないでしょう。1回目の投票で河野さんは、党員票の44%を獲得しているのに、議員票は22%。“永田町の論理”が優先されたのでしょうが、党員票と議員票の乖離も相当なものです」(自民党関係者)

 大新聞テレビは、今度の総裁選を「派閥の縛りが利かない」「自主投票になる」「衆院選が近いから国民人気の高い候補が選ばれる」などと、シタリ顔で報じていたが、すべて大ウソだった。いつもの総裁選と同じように、長老が跋扈し、派閥の論理で決まったのが実態である。議員による自由投票だったら、党員の支持が低く、国民人気もない岸田が新総裁に選ばれるはずがない。

 特に目立ったのが、安倍前首相による中堅・若手議員への“圧力”だった。たとえば最新号の「週刊文春」によると、“河野支持”を打ち出していた柴山昌彦前文科相に電話をかけ、「河野には石破がつく。大丈夫なのか? この先、選挙もあるんだ」と、恫喝とも取られかねない言葉を投げつけていたという。圧力が効いたのか、柴山は河野の推薦人に名を連ねるとみられていたのに、名簿に名前はなかった。

 政治評論家の有馬晴海氏がこう言う。

「表向き、各派閥は“自主投票”としていましたが、派閥幹部の意向に従って動いていたのが実態です。“勝ち馬”に乗ろうと、細田派、麻生派、竹下派、さらに情勢を見ていた二階派まで最後には岸田支持で固まった。二階幹事長と岸田前政調会長は対立していましたが、安倍前首相が“仲介”し、27日に手打ちしたという情報も流れています。1回目の投票で河野さんの議員票が極端に少なかったのは、派閥の縛りもあったはずです」

 典型的な旧態依然の総裁選で誕生したのが岸田新総裁である。

しぶとく生き残った安倍・麻生と操り人形首相の今後

脅迫まがいの直電(安倍前首相)/(C)JMPA
脅迫まがいの直電(安倍前首相)/(C)JMPA
拡大する

 岸田勝利の裏で蠢いていたのが「2A」と称される安倍と麻生財務相だ。キングメーカー気取りの2人が描いたのは「1回目の投票で河野の過半数獲得を阻止。決選投票で岸田、高市両陣営に連合を組ませ、河野の得票を上回る」とのシナリオ。狙い通りの展開に安倍は喜びを隠そうともしない。投開票後、自ら陣頭指揮を執った高市陣営の会合で「多くの自民党支持者が自民党の元に戻ってきてくれた」と破顔一笑だった。

 総裁選中も安倍はなりふり構わず“直電作戦”。若手議員の携帯に直接電話をかけ「高市さんを応援して欲しい」「でないと衆院選での応援は難しい」と半ば脅迫し、衆院選直前に安倍を敵に回したくない若手を震え上がらせた。予想を超える河野の惨敗を受け、高市陣営の稲田元防衛相は日刊ゲンダイに「(安倍直電の影響が)なかったとは言えない」と打ち明けた。

 安倍の謀略に「勝ち目ナシ」と悟ったのか、会場のホテルに集まってきた河野陣営は投票前から“お通夜”状態。いち早く到着した河野は仏頂面を浮かべ、続いた進次郎も硬い表情のまま足早に会場入り。陣営関係者も一様に「手応えナシ」「もう無理でしょ」と嘆息し、ニコニコしていた岸田・高市両陣営とは対照的だった。しぶとく生き残りを図った「2A」の強力な後ろ盾で勝たせてもらった岸田は今後、操り人形として働くことになる。

「安倍、麻生両氏は新政権の人事や政策決定にも手を突っ込んでくるはず。岸田氏も2人の顔色をうかがい続けるようだと、約9年に及ぶ安倍路線の継続は必至。29日の会見でも、岸田氏は安倍氏の“急所”である森友問題の再調査を再び否定した。結局、2Aの都合で傀儡政権が誕生するだけなら、菅首相の不出馬表明以降、約1カ月の政策論争は無意味です」(政治評論家・本澤二郎氏)

 安倍と麻生の高笑いはしばらく続きそうだ。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村