« アベスガ政治を終わらせよう!ディスカッション | トップページ | 入管女性死亡「最終報告は納得できない」 真相究明を求め学生ら会見 »

2021年9月16日 (木)

石破茂氏と河野太郎氏をつないだ菅首相が決断! 自民党総裁選で安倍氏・麻生氏と“全面戦争”

石破茂氏と河野太郎氏をつないだ菅首相が決断! 自民党総裁選で安倍氏・麻生氏と“全面戦争”

公開日: 更新日:
出馬を見送る石破茂元幹事長(左)は河野太郎行革担当相の支援に(C)日刊ゲンダイ
出馬を見送る石破茂元幹事長(左)は河野太郎行革担当相の支援に(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 自民党総裁選(17日告示・29日投開票)への対応について、「白紙」で引っ張ってきた石破茂元幹事長は結局、出馬を見送る方向となった。15日の石破派の臨時総会で対応を説明するというが、石破氏は河野太郎行革担当相を支援する見通し。石破氏と河野氏の2人をつないだのは、ナント菅首相らしい。

 ◇  ◇  ◇

 河野氏は13日、議員会館の石破事務所を訪ね、20分間、2人きりで会談。ここで河野氏は「総裁選後には衆院選、参院選がある。当選した暁には挙党体制をつくりたい」と呼び掛け、石破氏に協力を求めた。

 麻生派に所属する河野氏は、10日に出馬表明会見を開くまで、麻生財務相を日参して出馬への了承を求め、安倍前首相にも説明に出向くなど、配慮を重ねてきた。その安倍・麻生コンビが毛嫌いする石破氏に協力を求めることは、両者を敵に回すことになりかねないのだが、河野氏に石破氏との連携を促し、裏で動いたのが、同じ神奈川県選出で、「将来の首相候補」として河野氏に目をかけてきた菅首相だという。

「1週間くらい前から、菅さんは河野さんに『石破さんの応援をもらうべきじゃないか』と伝え、水面下で動いていたようです。決選投票にしないで、一発で勝つためには、党員・党友票で圧倒する必要がある。もちろん、河野氏が石破氏の支援をもらえば、安倍さんと麻生さんは黙っていない。全面戦争です。しかし、そもそも菅首相を最終的に退陣に追い込んだのは安倍さん・麻生さんなので、菅首相は両者と戦うことで腹をくくったのだろう」(永田町関係者)

引導を渡されたことヘのリベンジ(菅首相)/(C)共同通信社
引導を渡されたことヘのリベンジ(菅首相)/(C)共同通信社
拡大する

菅首相と二階幹事長も再びタッグか?

 確かに、菅首相に引導を渡したのは、総裁選前の衆院解散にストップをかけ、党役員刷新の人事に協力しなかった安倍・麻生だ。コロナ失政で世論の支持をなくしたのだから自業自得ではあるが、菅首相にすれば、延命の最後の望みを断った安倍氏・麻生氏には恨み骨髄だろう。

 一方の石破氏は、菅首相批判を封印し、退陣表明ギリギリまで「首相の下で結束すべし」と説いていた。

「起死回生の一手として断行しようとした人事で菅首相は石破氏に電話して相談していた。直接会って話す前に、菅首相が退陣表明をしてしまったが、菅首相と石破氏はコミュニケーションが取れている。党三役に就いたことのない河野氏は党務を知らない。衆院選を考えても、党務が分かる石破氏の協力は大きい」(前出の永田町関係者)

 世論人気の高い河野氏と石破氏が組むことで、安倍氏・麻生氏にひと泡吹かせる――そんな戦略だ。

 14日石破氏は党本部で二階氏と会談。その二階氏は菅首相とも会談した。「vs安倍・麻生」で、菅・二階も再びタッグか。

 

« アベスガ政治を終わらせよう!ディスカッション | トップページ | 入管女性死亡「最終報告は納得できない」 真相究明を求め学生ら会見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベスガ政治を終わらせよう!ディスカッション | トップページ | 入管女性死亡「最終報告は納得できない」 真相究明を求め学生ら会見 »

2022年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村