« 当面の行動(10月23日まで) | トップページ | 野党4党と「市民連合」、「原発ない社会」など共通政策で合意 »

2021年9月 8日 (水)

菅首相「専念」するはずのコロナ対策は3日でたった40分…あまりの“時短”に怒りと呆れの声


菅首相「専念」するはずのコロナ対策は3日でたった40分…あまりの“時短”に怒りと呆れの声

公開日: 更新日:



菅首相(C)日刊ゲンダイ
菅首相(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

「コロナ対策に専念したい」「総裁選との両立は難しい」

 自民党総裁選の不出馬を表明した3日、囲み取材で記者団にこう語っていた菅首相。党内権力抗争の喧騒を離れ、いよいよ新型コロナ対策に向けて陣頭指揮を執るのかと思ったら、どうやらちょっと違うらしい。事実上の退陣表明から3日経っても、コロナ対策に「専念」した様子が見られないのだ。

 首相動静を確認すると、総裁選不出馬を決めた翌4日は午前中、東京・港区の国際医療福祉大三田病院で健康診断を受け、午後5時過ぎ、永田町のザ・キャピトルホテル東急内で散髪。7時半過ぎには赤坂の衆院議員宿舎に戻っている。

 5日は午前中を議員宿舎で過ごした後、午後3時前に公邸に向かい、約40分間、藤井官房副長官補や和泉首相補佐官、吉田内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長らと会議。その後、いったん議員宿舎に戻り、7時過ぎからは国立競技場でIPC(国際パラリンピック委員会)のパラリンピックオーダーを受章し、10時過ぎまで東京パラリンピックの閉会式に出席。終えると、そのまま議員宿舎へ。

つづきは日刊ゲンダイで

« 当面の行動(10月23日まで) | トップページ | 野党4党と「市民連合」、「原発ない社会」など共通政策で合意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当面の行動(10月23日まで) | トップページ | 野党4党と「市民連合」、「原発ない社会」など共通政策で合意 »

2022年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村