« 野党4党と「市民連合」、「原発ない社会」など共通政策で合意 | トップページ | ■9/12(日)ミャンマークーデター抗議集会・デモ(参加者募集!) »

2021年9月10日 (金)

市民と野党の共闘の環境ができた〜市民連合と立憲野党との政策合意

市民と野党の共闘の環境ができた〜市民連合と立憲野党との政策合意
9月8日、市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)と立憲野党との間で、間近に迫る総選挙に向けた政策合意書の調印が実現した。調印には、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組の各党の代表が参加した。立憲民主党の枝野代表は、「ともに掲げる政策で一致することができました。」と発言。れいわ新選組の山本太郎代表は、「私たちは『消費税5%を旗印にしてほしい』と言ってきました。今日は私たちが出ざるをえない状況をつくっていただきました」と発言した。国民民主党は今日は参加がかなわなかったが、市民連合の山口二郎さんは, 「かなり水面下で話し合ってきました。政策についてもおおむね合意いただいています。今後も粘り強く働きかけていきます」と語った。間近にせまった総選挙に向けた市民と野党の共闘は、「ここから各選挙区の共闘の動きが活発化する」状況が、切り拓かれた。(湯本雅典)

感無量だった山本太郎代表の出席〜市民連合の政策合意調印式

渡辺照子(れいわ新選組)

 

 9月8日、れいわ新選組 山本太郎代表は、市民連合の政策合意調印式に出席しました。枝野さん、志位さん、福島さんと同じフレームに納まる山本代表の姿を見て、私は実に感無量です。

 これまで内外の方々に「れいわ新選組は、なぜ野党共闘に組しないのか。野党を割るのか!背信行為ではないか!」等のご批判を幾度となく戴いてきました。渡辺個人の思いとしては、これまで正直、とても辛かったです。しかし、れいわ新選組の政策の一丁目一番地である「消費税廃止」を基底にした「消費税減税」を掲げてくれない限り、それはできなかった。

 共闘のための共闘、つまり共闘が自己目的化し、れいわ新選組が何よりも目指すべき「庶民の暮らしの底上げ」がおざなりになるのでは、れいわ新選組の存在理由まで損なわれるからです。

 それが、このコロナ災禍がひどくなる中、菅政権の無策ぶり、小池都知事のヒトゴトのような姿勢、そうした為政者の棄民政策とも言える劣化した政治姿勢により、れいわ新選組以外の野党の方々も、れいわ新選組が目指す、本当に人々の生命と財産の安全を確保するという政治本来の使命を強く再確認して下さるようになりました。

 この日を迎えることができたのは、市民連合の方々の粘り強いご活動があったからこそです。皆さんに、今朝の調印式に対する渡辺の思いをお伝えしたく、ここに記します。(渡辺照子さんのFBより)

↓渡辺照子さんと山本代表のツーショット

« 野党4党と「市民連合」、「原発ない社会」など共通政策で合意 | トップページ | ■9/12(日)ミャンマークーデター抗議集会・デモ(参加者募集!) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野党4党と「市民連合」、「原発ない社会」など共通政策で合意 | トップページ | ■9/12(日)ミャンマークーデター抗議集会・デモ(参加者募集!) »

2022年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村