« 大阪でリバウンド拡大中 10日200人の感染者 | トップページ | 兵庫県知事選と、五輪は中止~当面の行動 »

2021年7月11日 (日)

梅田解放区 五輪中止求め、飛び入り発言あいつぐ

 Img_2910 毎月第2、第4土曜日の梅田解放区は、目前に控えた東京五輪の中止を求めて、17時半から19時まで、アピールが続いた。
 特にこの日は、この春ロンドンから帰ってきた女性の飛び入り発言を皮切りに、京都の飲食業の方、神戸から仕事の途中の人と、次々と飛び入り発言が続き、五輪を強行する菅政権への怒りがふつふつと煮えたぎっている事をうかがわせる梅田解放区となった。
 ロンドンから帰国の方は、ロンドンもヒドイが大阪はもっとひどい、人口比で言えばインドよりもヒドイと訴えた。京都の飲食の方は、菅政権により飲食が目の敵にされているが、感染拡大は飲食ではない。菅政権のコロナ無策こそ責められるべきと訴えた。神戸の飛び入りの方に続いて兵庫から3人の人が訴えたが、いずれも大阪維新がコロナまん延の源泉で、18日投開票の兵庫県知事選では、大阪維新と自民党の連合候補を落とそう。兵庫で勝てば、菅政権では今年に入っての重大選挙の連敗が続いており、政権崩壊は近い、声を上げて菅政権を倒そうと訴えた。
 阪急ヘップ5はコロナ以前の人出で、かつてなく多くの若者が街頭アピールに耳を傾けていた。菅政権の倒壊は間近ぜよ!



« 大阪でリバウンド拡大中 10日200人の感染者 | トップページ | 兵庫県知事選と、五輪は中止~当面の行動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪でリバウンド拡大中 10日200人の感染者 | トップページ | 兵庫県知事選と、五輪は中止~当面の行動 »

2022年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村