« 兵庫県知事選最終日 かなざわ候補のスケジュール | トップページ | かなざわ陣営、最終日街頭宣伝で維新候補を圧倒 よっしゃ、勝てるぞ! »

2021年7月17日 (土)

日本共産党の支持者は、維新に勝てる候補への、戦略的投票行動に立ち上がろう

 7月1日告示の兵庫県知事縁もいよいよ最終日となった。
 各種報道ではかなざわ候補と維新候補の大接戦とされている。そしてそれ以外の候補ははるかに及ばない(100%当選はない)ということも明らかになっている。
 でこの中で、約20万票を持つ共産党関係者の投票行動が大いに注目されている。
 先の東京都議選では共産党と立憲民主党が連携して、双方とも議席を伸ばした。
 また今秋ある衆議院選挙を前に、共産党東京2区の候補者が立憲野党の競合をさけるために比例区に回ったことも報道されている。
 兵庫県知事選のかなざわVS維新・自民連合が85万:90万とするなら、共産党の人が6万人反維新で決起すれば、かなざわさんの勝利となる。もちろん事前の候補者調整が必要だったのだろうが、それが出来なかった今、そして最終盤でかなざわ候補と維新候補が競り合っているとき、共産党支持者に求められるのは「よりベターな候補に投票を集中し、維新の県政奪取を阻止する」ことではないかと思う。
 当ブロガーは5月連休前にメールで、内田樹神戸女学院大名誉教授に「今回の県知事選でベストの候補を探すアドバイスを」と求めると、「よりベターな選択しかない」という答えだった。その後内田さんは共産党候補者の推薦人になったということだが、最終盤にきてこの接戦をどう考えておられるのだろう。
 2019年7月の参議院選でも、3番目の当選者をめぐって、立憲民主党候補と共産党候補が競い合っていたが、共産党候補が見込みがないと判ると多くの共産党支持者が立憲に投票してくれ、新人の立憲候補は3年前の水岡候補(現職だったが落選)を上回り、当選まで3万票に迫った。共産党は通例22万の得票が17万票に減っていた。たぶん数万人単位で立憲候補に投票してくれたのであろう。
 今回はそれ以上の接戦である。
 5万票以内の差なら、共産党支持者が反維新で戦略的投票をすれば維新を阻止できるのだ。
 今日1日、悩みながらも、反維新の勝てる候補への投票行動に決起されることを心から望みたい。

« 兵庫県知事選最終日 かなざわ候補のスケジュール | トップページ | かなざわ陣営、最終日街頭宣伝で維新候補を圧倒 よっしゃ、勝てるぞ! »

コメント

もう、無茶苦茶ですな。
公明党の国会議員が個人的にとはいっているものの金沢さんを応援して、自民、公明、県民連合のほとんどが応援する知事
候補なんて与野党相乗りですよ。挙げ句の果てに共産党支持層にまで前日になって投票を呼びかけるとは。 
確かl公明党の伊丹や尼崎の市会議員たちは「核兵器の廃絶を求める請願」にも反対してましたが、立憲や社民は賛成の立場では?
                     
立憲民主党の衆院選の予定候補のほとんどが共産党支援の野党統一候補に内定しているらしいですが、
こうもあからさまに金沢さんを応援して大丈夫でしょうか?
共産党から衆院選での支援を取り消されても文句言えんのでは。

共産党の金田さんの得票を全て金沢さんに足したとしても当選には及びません、参議院選挙とは違います。
立候補を考えた段階で大阪のように共闘を考えていればこんな事にはならなかったのではないのでしょうか?

維新と自民中央の力を甘くみた結果がこのザマです。
当初からこれま県議会で野党として敵対してきたとはいえ反維新という共通認識がある共産党に対して
政策で妥協してでも協力を申し出ていればこんな結果になったでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兵庫県知事選最終日 かなざわ候補のスケジュール | トップページ | かなざわ陣営、最終日街頭宣伝で維新候補を圧倒 よっしゃ、勝てるぞ! »

2022年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村