« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月31日 (土)

名古屋入管でウィシュマさんが亡くなってから5か月 何の連絡もない~法務省前でスタンディング

ウィシュマさんのビデオ開示、再発防止徹底を求めて〜法務省前でスタンディング

 

動画(4分48秒)

 「名古屋入管でウィシュマさんが亡くなってから5か月。遺族が来日してから3か月になる。こんなに長い待たせておいて何の連絡もない。法務大臣は国会では7月中に最終報告書を出すと言っている。きょうは7月の終わりの日だ」。7月27日午後、代理人の指宿昭一さんはマイクアピールで語気を強めた。

 この日、「真相究明を求める学生・市民の会」の呼びかけで「ビデオ開示、再発防止徹底を求める」法務省前スタンディングが行われた。あいにくの雷雨模様となったが、若者たち数十人が「Justice for Wishma」(ウィシュマさんに正義を)のプラカードを掲げて、赤煉瓦の前に立った。メディアの数は多かった。

 ウィシュマさんの妹ワヨミさんがマイクを握り、「ビデオと報告書が出るまで帰らない」とはっきり語った。

 指宿さんはこう続けた。「最終報告書が出ればいいというものではない。責任逃れの報告書はいらない。まず謝罪と入管の責任の明確化、補償、そして再発防止を明らかにすべきだ。人が亡くなっているんです。今回だけでなく2007年から17人も入管施設で亡くなっている。もう繰り返してはならないのです!」。現在、真相究明を求めるネット署名は4万7千を超えた。会は一層の署名拡大を呼びかけている。(M)→ネット署名

2021年7月30日 (金)

感染者数3177人発表前に小池百合子が都庁からトンズラ! 「一人暮らしは自宅を病床に」と暴言

感染者数3177人発表前に小池百合子が都庁からトンズラ! 感染を若者の行動のせいにし「一人暮らしは自宅を病床に」と暴言


感染者数3177人発表前に小池百合子が都庁からトンズラ! 感染を若者の行動のせいにし「一人暮らしは自宅を病床に」と暴言の画像1
東京都公式ホームページより


 東京都がこれまでとは異次元の段階に入った。27日に新型コロナの新規感染者数が2848人となり、昨日28日にはついには3177人と2日連続で過去最多を更新。政府分科会の尾身茂会長も東京の現状について「医療の逼迫というものがすでに起き始めているというのが我々の認識」と述べた。

 だが、この状況に陥っても危機感を表すこともなく、それどころか涼しい顔で信じがたい暴言を吐いた人物がいる。小池百合子東京都知事だ。

 小池都知事は昨日28日午前、最多更新となった27日の新規感染者数をめぐる都の福祉保健局長の発言に関する認識を報道陣に問われると、ワクチン接種が進んだ高齢者の重症者数が減少していることを強調し、「陽性者数の問題だけではない。これまで通りとは違う」と主張。ワクチンがあるか・ないかの違いを「紀元前と紀元後」などと表現したかと思えば、一方で「逆にワクチンを受けていないけれど、重症、中等症になる若い世代が増えている」「若い方々の行動パターンが鍵を握っている」「ずーっと頑張っている医療従事者のことも考えていただきたい」などと若者批判をはじめる始末。

 たしかに高齢者の感染者は減っているが、言うまでもなく現在の最大の問題はワクチン接種が進んでいない40〜50代の重症化だ。ワクチン不足によって40〜50代の1回目・2回目接種の受付再開さえいまだに目処が立っていない都内自治体もあるというのに、「これまで通りとは違う」だの「紀元後」だのと言われても、危険に晒されている事実は変わらない。

 ましてや、26日に東京都はコロナ病床を最大数まで引き上げるため、医療機関に「救急医療の縮小・停止」や「予定手術等の延期」など通常診療の制限を視野に入れた病床の転用を要請したが、これは本来受けられる医療が受けられない状態に突入するということ。にもかかわらず、東京五輪の開催を中止せず、開催によってあきらかに矛盾するメッセージを発信してしまっていることの判断の誤りを認めるでもなく、若い世代に対して「ずーっと頑張っている医療従事者のことも考えていただきたい」と上から説教するとは何事だ。医療従事者のことを真っ先に考えるべきはお前だ、という話だろう。

 しかし、小池都知事の「暴言」は、これだけにとどまらない。医療体制にかかる負荷に対する認識について、「基本的に3つの柱でやっている。自宅、ホテルなどの宿泊療養施設、そして病院。この病院の病床を、いかにして効果的に効率的に生かすかが鍵になる」と言うと、さらっとこんなことを口にしたのだ。

「とくに、一人暮らしの方々などは、自宅も、ある種、病床のようなかたちでやっていただくことが、病床の確保にもつながるし、その方の健康の維持にもつながる」

 一人暮らしの人は自宅を病床にしろ、それが健康の維持になる……!? 何が何だかさっぱり意味がわからない。一人暮らしの自宅には医師も看護師もいないのに、どうしてそれが「病床」になるのか。それは部屋にただベッドや布団があるだけではないか。

小池都知事の「一人暮らしは自宅を病床」に非難殺到!「鬼か」「こないだ入院してたの誰だ?」

 

 この小池百合子都知事の「一人暮らしは自宅を病床に」という暴言に対しては、当然ながら、ネット上でも批判が巻き起こった。

〈病気になった一人暮らしが自宅で寝ていても、健康維持には繋がらないよ。体調急変しても誰にも気づかれない、助けてもらえない。鬼か〉
〈それを医療崩壊と呼ぶんやで。その状態で死んだら孤独死言うんや〉
〈そういうのは、訪問診療と訪問看護を帯(1日n回週7日)で入れられる体制を作ってから言うこと。ただ家にほっとくだけならそれは棄民という〉
〈「病床が足りなかったら、自宅を病床として使えばいいじゃない」みたいな感じ?〉
〈すっごいね、これ。例えば高熱が出て、血中酸素濃度が下がって、「ひとりで家で寝てろ」って、それは首長が言うことじゃないよね。ワクチンも足りてないよね〉
〈え?こないだ入院したの誰だっけ?〉
〈この発言は、都民の命や健康を見放したも同然。感染防止策や支援もろくにせずに、何を言い出すのか〉

 怒りが噴出するのは当たり前の話だが、しかし、この発言が恐ろしいのは、現実に「一人暮らしの自宅を病床に」させられている患者がどんどん膨れ上がっていることだ。昨日28日に東京都が発表したデータだと、「自宅療養」の患者の数はなんと7348人にものぼっており、さらには「入院・療養等調整中」の患者は4172人。合計すると、すでに1万人を超えてしまっているのである。このなかには当然、一人暮らしで誰にも頼れない人も多く含まれていることは容易に想像できるし、第4波の大阪のように自宅で急変しても医療にかかれずそのまま亡くなる「自宅死」が、このままでは増加していくことは目に見えている。

 にもかかわらず、「自宅死をどのようにして阻止するか」の対策を打ち出すでもなく、むしろ平然と「自宅を病床に」などと言い出す。これは「見殺し宣言」にほかならないではないか。

 本サイトでは小池都知事が「安倍晋三に匹敵する冷血な独裁体質の持ち主」であることを繰り返し指摘してきたが、今回もその本性をあらわにした、ということだろう。(続きはリテラで)

 

2021年7月29日 (木)

8・6ヒロシマー平和の夕べーのお知らせ 《核と人類は共存できない》 ーヒロシマの継承と連帯を考えるー

8・6ヒロシマー平和の夕べーのお知らせ
《核と人類は共存できない》
ーヒロシマの継承と連帯を考えるー
8・6ヒロシマ平和の夕べ_0001
オンライン参加 Zoomを使いオンラインによる集会参加ができます。ご希望の方は。7月20日~8月1日の期間、下記のアドレス、QRコードからお申し込みください。
●申し込み先 oki1121@me.com


■田井中雅人(たいなか・まさと)
平和講演「核の時代を終わらせるために」
 核をめぐる国際会議や「グローバルヒバクシャ」を取材。「なぜ広島・長崎だったのか。核兵器は必要悪か。核大国はヒバク大国。立ち上がる風下の住民。」などを、著書『核に縛られる日本』(角川新書)にまとめた。「なぜ日本は、核兵器禁止条約を批准できないのか」を追及する。朝日新聞記者として国際報道部デスク、核と人類取材センターなどで、核問題を中心に取材を続けてきた。
■「黒い雨」訴訟原告
 昨年7月、広島地裁は「黒い雨の影響は、より広範囲」と降雨地域の拡大を認め、原告84人全員をヒ被爆者と認定した。実質的な被告である国は、これを控訴。今年7月14日、広島高裁で控訴審判決が予定される(注:広島高裁でも原告勝利)高齢になった原告らは訴える。「もう、後がないんよ!」。
■伊東達也(いとう・たつや)福島から
「二度と広島・長崎・福島を繰り返さない」
「元の生活を返せ、いわき市民訴訟」原告団長。高校教員を経て、いわき市議5期、福島県議3期務める。引退後は原発問題、障がい者支援にとりくみ、医療生協理事長を務めた。「警鐘を鳴らし続けながら、原発事故を止められず痛恨の極み」「原発をなくそう」と訴え続ける。
■アピール「平和活動を持続可能な取り組みに」という、被曝地出身の学生団体「KNOW NUKES TOKYO 」から。「カクワカ広島~核政策を知りたい広島若者有権者の会」は、国会議員に核兵器禁止条約への意見を聞く「議員ウオッチ」活動などを行っている。
●開会あいさつ 米澤鐡志(よねざわ・てつし 広島・電車内被爆者)
●コーディネーター 河野美代子(こうの・みよこ 広島被爆二世 産婦人科医)

◆コロナ状況による変更はホームぺージ、フェイスブック、ツイッターでお知らせします。
▼メール、電話でもお問い合わせください。

主催/8・6ヒロシマ平和の夕べ 
連絡先:〒730-0031 広島市中区紙屋町2-2-25 大野ビル5F河野クリニック気付
E-mail:86h@heiwayube.org
℡:090ー2063-9452 FAX:050ー3730-6587
8・6ヒロシマ平和の夕べ_0001(1)
 よびかけ
 被爆76周年の今年1月、核兵器禁止条約が発効しました。核兵器のない世界をめざし血のにじむような努力をしてきた被爆者たちの大きな喜びです。きのこ会(原爆小頭症の被爆者と家族の会)の声明に心を打たれました。胎内被爆者の苦難の人生に思いを馳せ、涙が止まりません。2カ月後の3月、第五福竜丸に乗組みビキニ水爆実験で被爆し、核廃絶を訴え続けた大石又七さんが、生末を見届けることなく亡くなられました。すべての核兵器保有国と唯一の戦争被爆国、日本政府が条約に参加することを強く求めます。
 福島原発の廃炉作業はまったく進みません。トリチウムを含む汚染水を多くの人々、漁業者の命と暮らしをかけた反対にもかかわらず、海へ放出すると決めました。原発再稼働を止める複数の判決。にもかかわらず政府・電力会社は再稼働を進めています。
 膨大に費用が膨れ上がった辺野古新基地建設、海の埋立てを、がんとしてやめようとしません。
 感染対策は後手後手。コロナ禍さえも利権に絡める為政者たち。8月6日のヒロシマを、私たちは昨年、そして今年も開催すべきかほんとうに悩みました。会場参加を絞り、オンラインも併用します。コロナ感染対策に万全を期しながら、お迎えしたいと存じます。
 「8・6ヒロシマ平和の夕べ」平和講演は、核兵器禁止条約を巡る世界の状況と声、「核と人類」の取材を続ける田井中雅人さんに、被曝証言は「黒い雨」被爆者認定訴訟の原告の方。10年目の福島から、いわき市民訴訟原告団長の伊東達也さんにお願いしました。核兵器廃絶に向け行動する若い人たちに話してもらいます。
 8月6日、暑く熱いヒロシマにおいでください。オンラインにご参加ください。「核なき世界」をめざし、ともに考え、行動しましょう。

賛同のお願い この会は、賛同してくださる皆さまの募金で運営しています。
(個人1口=1,000円 団体1口=3,000円)
◆郵便振替口座番号:01360-0ー100176 口座名:8・6平和の夕べ
◆ゆうちょ銀行 店番:518(普通預金)番号:5604785

2021年7月28日 (水)

小柳ルミ子が菅政権を痛烈批判!過去最多2848人に「指をくわえて見てるだけなのか」

小柳ルミ子が菅政権を痛烈批判!過去最多2848人に「指をくわえて見てるだけなのか」「冗談じゃない!」

[ 2021年7月27日 18:03 ]

小柳ルミ子
Photo By スポニチ

 歌手で女優の小柳ルミ子(69)が27日、自身のブログを更新。同日発表された東京都の新型コロナウイルス感染者が過去最多となる2848人を記録したことで菅政権を痛烈に批判した。

 「家で観戦 外では感染」のタイトルでブログを更新。「やっぱり来てしまいました」と書き出すと「私が懸念していた最悪の事態になって来ました」と2848人という数字に触れた。

 その上で「この期に及んでもまーだデルタ株の検査を拡充しない 政府 何を考えてるんだ 指をくわえて見てるだけなのか 従来の1.4倍程の感染力があるデルタ株 10代未満の感染者も97人と出た」とし、「4連休の結果が反映される来月初旬が恐ろしい」と続けた。

 また、東京五輪関係者における新型コロナ感染者も増えていることにも言及。「バブル?!冗談じゃない!とうに弾けて機能していませんよ」とし、「この【異常事態】をどう捉えますか?菅総理 小池さん バッハ会長 IOCの皆さん 橋本会長 オリンピック委員会の皆さん」と次々に名指しして批判。「誰よりもスポーツが大好きな私 オリンピック開催されたとなれば選手の健闘を心から 応援する だが 人の命が最優先です」とした上で「地震が発生すれば『津波に警戒して下さい』と避難勧告を出しますよね さぁどうしますか?我が国 日本は!」と突きつけた。

2021年7月27日 (火)

風向き悪いと、お腹を壊したりし発信しなくなる「アベマリ男」

安倍晋三前首相、あんなにハシャいでたのに「五輪ツイート」いまだにゼロ

社会・政治 投稿日:2021.07.26 22:35FLASH編集部

安倍晋三前首相、あんなにハシャいでたのに「五輪ツイート」いまだにゼロ

 

 無観客での東京オリンピックは早くも中盤戦へ。招致を推進し、リオではマリオに扮した安倍晋三前首相は、開会式への出席を見送り、いっさい姿を見せなかった。

 

「2020年3月に新型コロナの感染拡大を踏まえ、五輪の1年延期を提案したのは安倍前首相。最後まで見届けるべきという世論も無視した形です」(夕刊紙記者)

 

 

 五輪延期を決めた際には「人類が新型コロナウイルスとの戦いに打ち勝った証しとして、来年の夏に完全な形で開催する決意だ」と述べていた安倍前首相だが、2020年8月に体調不良で首相を辞任。五輪組織委では名誉最高顧問にも就任していたのに、出席を取りやめた。

 

「月に3回ほどは書き込んでいたTwitterも、6月18日に静岡県知事候補への支援を呼びかける投稿を最後に更新が止まっています。6月24日に秘書が『森友学園』関連の新聞記事をアップしていますが、オリンピックに関してはまったく言及なし。さかのぼってみると、4月5日に『池江選手、本当におめでとうございます。「自分がすごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われる」。白血病から復帰し、オリンピックの代表へ。ここまで重ねてこられた努力は本当に並大抵のものではなかったと思います。』と池江璃花子選手へのエールを書き込んだのが、最後の五輪関連ツイートです」(政治部記者)

 

 ツイートしないでだんまりをきめこむ安倍前首相には、SNS上でも批判が寄せられている。

 

《「反日と呼ばれる人が東京五輪に反対している」とまで言っておいて、てめぇは開会式に出席せず、メダル獲得についても言及なしです》
《安倍晋三も逃げ出すほどのオリンピックって、すごいなあ。》
《開会式に天皇陛下を出席させておいて、安倍晋三が欠席したのは本当に許せない》

 

 さらには、

 

《日本のメダルラッシュで東京五輪が盛り上がってきてるようだが、こんな時は、安倍晋三の動きに注目だ。五輪が盛り上がると、「日本選手に感動した!」とかツイートしそうだから。もしそうなったら、「なんで開会式に出席しなかったんですか?」と、みんなで聞いてあげよう》

 

 などという辛辣なツッコミまで。
 安倍前首相のTwitterに張り付いている人も多い様子で、“つぶやき待ち”の様相を呈しているのだ。

 

 連日のメダルラッシュに乗っかって、浮かれたツイートを発するのか、このまま沈黙を続けるのか。どちらの一手もまた注目を浴びそうだ。

2021年7月26日 (月)

東京五輪開会式当日  抗議にのべ1000人

東京五輪開会式当日  抗議にのべ1000人

動画(6分)

 

7月23日、東京五輪開会式当日は午前中から抗議行動が取り組まれた。午前11時からは、聖火リレーセレモニーに抗議する行動が東京都庁前で取り組まれ(参加者300人)、夕方6時からは開会式に抗議するデモが行われた(参加者700人・ともに主催は「オリンピック災害おことわり連絡会」「反五輪の会」ほか)。

反五輪の行動は日に日に大きくなっている。そこでは海外からの関心(メディアや留学生)、若者たちの参加、手作りの宣伝物を持っての参加、初参加者が目立つ。私は、10年前の東日本大震災、福島原発事故後の抗議の状況を思い出した。あの時も、広範な人たちの参加が急速に高まっていった。

オリンピックは強行されたものの、開会式スタッフの直前の解任や大会関係者(選手、スタッフ)のコロナ感染者100人越えなどほころびは絶えない。大会期間中でもオリンピックを止められる可能性が、生まれている。そしてさらに、確かに生まれている民衆の政権への怒りをいかに社会を変えていく力に変えていくのかが問われていると感じた。(湯本雅典・取材:7月23日)

当面の行動 8月末まで

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

726日(月) ジェンダーを考える~女性解放運動の歴史と現在 18時半 中央会館(地下鉄「心斎橋」東12分) 講師:松村徳子(奈良女性史研究会)

※7月29日(木) さようなら原発1000人集会実行委 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

※7月31日(土) 西宮ピースネット 11時 JR西宮駅南

7月31日(土) 斎藤幸平さん講演会~「欠乏」から「潤沢」へ 変革の方向を読み解く~ 14時 奈良県社会福祉総合センター(「畝傍御陵前」下車すぐ)

※81日(日) 白井聡&つじ恵講演会 14時 尼崎アルカイックホール・ミニ(阪神「尼崎」北東5分)

83日(火) 優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁(「高速神戸」北東5分)

85日(木) 木曜行動 14時半 神戸・三宮マルイ前

        五輪反対デモ(予定) 16時  神戸・東遊園地(阪急・阪神「神戸三宮」、JR『三宮』南7分)

86日(金) 8・6ヒロシマ平和の夕べ 14時 広島RCC文化センター7階大会議室

8月6日(金) 「デジタル庁構想」とは何か? 18時半 エルおおさか南館5階ホール(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) 黒田充(自治体情報政策研究会)

※87日(土)  山田正彦元農水大臣講演会 いま種子法を考える 13時 尼崎・すこやかプラザ(JR「立花」南3分)

※8月19日(木) 尼崎共同行動街頭宣伝行動 18時 JR「尼崎」北・梅川像前)

※821日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議講演会 14時 日本キリスト教団宝塚教会(阪急「逆瀬川」北西7分) 講演:芦名定道(京都大名誉教授、関学大神学部教授) 「日本学術会議と宗教者の役割~世の光、地の塩」

 8月21日(土)「ミャンマーへの思い~戦後76年、クデター半年 つながる会設立!」 14時 尼崎市立小田北生涯学習プラザ(1階ホール)尼崎市潮江1111 「JR尼崎駅」北4分
1部「ミャンマー、76年前の戦争、独立」 上映  泰緬鉄道、インパール作戦についての映像(予定、YouTube) 講師  猶原信男(ミャンマー関西代表、ミャンマーの人々とつながる会事務局長)
2部「わかちあう、ミャンマーへの思い」上映 「20212.1クーデターと今」(市民の死者約900人、暴力・投獄) 発言 在日ミャンマー人、中村大蔵(ミャンマーの人々とつながる会代表)他
主催 ミャンマーの人たちとつながる会、ミャンマー クーデター抗議 西日本実行委員会 多文化共生と地域福祉の会
連絡先 awaumi22@wi.kualnet.jp 080-6165-0990 (事務局:粟野真造)

※8月22日(日) 自衛隊第3師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門前(阪急「伊丹」北西25分)

8月22日(日) 遺骨眠る土砂を辺野古に使わせない 大阪アクション集会 13時半 PLP会館(JR「天満」南7分) 講師:具志堅隆松(沖縄戦跡遺骨遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表)

8月28日(土) BEYOND  THE  WAVES 自主上映会 第1回 13時半 第2回 15時 尼崎市立すこやかプラザ(JR立花南3分 フェスタ立花南館5F)

※829日(日) 『沖縄スパイ戦史』上映会 14時 川西市商工会館(能勢電「絹延橋」北西5分) 三上智恵監督講演 1610

2021年7月25日 (日)

ヘイトで会社を傾けた男=DHC吉田会長

DHC会長ヘイトスピーチの末路 自治体も連携解消へ

DHC会長ヘイトスピーチの末路 自治体も連携解消へ
(画像=Nagahisa_Design/stock.adobe.com)

化粧品会社ディーエイチシー(DHC)が、会長名で公式サイトに在日コリアンを差別する文章を掲載していた問題は、2020年末に波紋を広げた。その後、この問題はどのような顛末をたどったのだろうか。

DHCヘイトスピーチ問題の始まり

DHCの吉田嘉明会長が公式サイトに差別文章を掲載していた問題は、在日コリアンへのヘイトスピーチだとして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のTwitterやFacebook上などで批判の声が相次いだ。

Twitterでは、「#差別企業DHCの商品は買いません」という不買運動のハッシュタグをつけた投稿が目立ち、トレンドで上位に入るほどだった。この文章が掲載されたのが2020年11月で、その翌月の12月にはこの文章の存在が広く知られたことで、テレビや新聞などでも盛んに報じられるようになった。

ちなみに、以下が掲載されていた文章の一部だ。

「サントリーのCMに起用されているタレントは、どういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人です。そのためネットではチョントリーと揶揄されているようです。DHCは起用タレントをはじめ、すべてが純粋な日本企業です」

再びヘイト文章を掲載、「ヘイト広告」も打とうとした

批判が上がっても、DHCの吉田会長は文章を削除することはなかった。それどころか、2021年4月には、再び在日コリアンに対するヘイト文章を掲載した。この行動の理由は、企業のヘイト問題について報じたNHKに対する反発であるとされている。

このときに掲載した文章では、政界や財界、法曹界、マスコミ界を「コリアン系」が牛耳っているとし、マスコミに対しては「街角インタビューさえコリアン系を選んでいる」「(なぜ分かるかといえば)何よりも後頭部の絶壁ですぐに見分けが付く」などと批判している。

この文章を掲載したあとも、多くの批判がDHCに寄せられた。それに懲りもせず、2021年5月にはまた新たな文章を発表し、さらには、DHCがこのような趣旨に似た内容の広告をテレビや新聞で打とうとしていたことも明らかになった。

吉田会長は以前からこうしたコリアン系に対する差別・偏見を持っていたことが各社の報道で明らかになった。吉田氏はDHCの創業者で、現在は会長でありCEO(最高経営責任者)でもある。権力を持つ経営者に対し社内では反対している社員も声を上げづらい状況にあったことから、掲載を強行したと思われる。

文章は削除したが、自治体側から連携解消の動き

批判が上がっても決して折れることはなかった吉田会長だが、事態は動く。2021年5月末に、在日コリアンを差別する文章が公式サイトから削除されたのだ。報道によれば、不適切な表現があったことをDHC側は認め、発言を撤回する形をとったという。

しかし、差別文章の掲載をやめたことでこの問題がすぐ収束したわけではなかった。茨城県下妻市は6月、過去にDHCと結んだ連携協定の解消を発表している。両者は市民の減量事業で連携してきた経緯がある。

実は、こういった動きは下妻市だけにとどまらない。DHCと協定を結んでいた自治体のうち、宮城県石巻市や千葉県横芝光町、神奈川県平塚市、高知県南国市、熊本県合志市なども、協定の解消もしくは凍結の方向で動いているようだ。

報道によると、自治体からは「掲載は遺憾」「文章は不適切」「人種差別発言は容認できない」といった声があがっているという。

対策法制定から5年、DHCの今後の姿勢は?

これらのDHCに関する問題は同社のブランドイメージを下げ、業績にも少なからず影響が出てくるものと思われる。ただし、DHCは上場企業ではないため、四半期ごとに業績が発表されているわけではない。現時点では、影響がどの程度あったか外部からはわからない。

しかし、同社は毎年、決算公告を官報に掲載している。2019年8月~2020年7月期の決算公告は2020年11月に掲載されており、2020年8月~2021年7月の決算公告は、2021年11月ごろに掲載される可能性が高い。その2期の売上高や営業利益の推移を比べれば、影響が見えてくる可能性はある。

いずれにしても、日本国内ではヘイトスピーチを厳しく制限する流れとなっている。ヘイトスピーチ対策法が2016年6月に施行され、今年6月には施行から5年が経った。現時点では罰則などはないが、自治体によっては条例を制定して対策に乗り出しているケースもある。
DHCならびに吉田会長の今後の動向に注目が集まっている。

文・岡本一道(金融・経済ジャーナリスト)

ミャンマー支援運動への協力のお願い

 

ミャンマー支援情報 2021724日  ご支援を! 

 

 

■「ミャンマーの人々とつながる会」設立! 賛同者募集(年一口5千円、何口可)

   毎月抗議行動を続ける在日ミャンマー人の民主化活動を応援し、日本で理解・協力の輪を広げるために!

 

   代  表:中村大蔵(多文化共生と地域福祉の会代表、阪神共同福祉会理事長、特別養護老人ホーム園田苑前施設長)

   事務局長:猶原信男(ミャンマー関西代表)

   賛同者キャンペーン開始! 年一口5千円(何口でも可)

   郵便振替口座「多文化共生と地域福祉の会  00990-5-324971

 

■集会「ミャンマーへの思い ~戦後76年、クーデター半年。つながる会設立!

日 時:20218月21日(土) 午後2時~4時  

会 場:尼崎市立小田北生涯学習プラザ(1階ホール)尼崎市潮江1111 「JR尼崎駅」北へ8

定 員:100人(先着順。申込不要。通常定員より少なく。間隔を確保)

参加費 : 無料  支援カンパ歓迎。マスク要。入場時に検温・消毒)

★コロナ感染対策で、内容の変更や、開催の中止・延期の場合があります。

1部「ミャンマー、76年前の戦争、独立」

上映  泰緬鉄道、インパール作戦についての映像(予定、YouTube

講師  猶原信男(ミャンマー関西代表、ミャンマーの人々とつながる会事務局長)

 

2部「わかちあう、ミャンマーへの思い」

上映 「20212.1クーデターと今」 (市民の死者約900人、暴力・投獄)

発言 在日ミャンマー人、中村大蔵(ミャンマーの人々とつながる会代表) 

主 催 

ミャンマーの人たちとつながる会、ミャンマー クーデター抗議 西日本実行委員会

多文化共生と地域福祉の会

 

連絡先 awaumi22@wi.kualnet.jp 080-6165-0990 (事務局:粟野真造)

 

8月抗議行動(日時未定、決まり次第お知らせします)

世界統一行動 ミャンマークーデター抗議集会・デモ(詳細未定)

主催:ミャンマークーデター抗議西日本実行委員会 

 

  • 718日抗議行動の写真(神戸東遊園地。多くのミャンマー人、日本人など参加)

 

(編集後記)

さまざまな困難、不安がありながら、在日ミャンマーの人々は、懸命に民主化を求めて活動しています。

若者、女性の姿が多く、雨にぬれても頑張る姿を目の当たりにすると、何かしないではおられなくなります。

その活動をより支援するために、「ミャンマーの人々とつながる会」が生まれました。

賛同者募集(年一口5千円)。ご協力おねがいします。

8月21日、尼崎で集会を企画。広報を!

76年前の戦争時、ミャンマーであったことに思いをはせ、歴史を忘れないためにも開催します。

(夏バテ仕事疲れで目下ダウン気味。力をください)

 

編集担当:粟野真造(多文化共生と地域福祉の会)

awaumi22@wi.kualnet.jp

080-6165-0990

 

2021年7月24日 (土)

完全に失敗した東京五輪 トラブルまとめ

もはや“呪われた五輪”? デザイン模倣疑惑、大会延期、女性蔑視発言、いじめ…東京五輪トラブルまとめ

[ 2021年7月22日 13:25 ]

国立競技場と五輪マーク
Photo By スポニチ

 23日に開会式を迎える東京五輪はこれまで、新型コロナウイルスの世界的まん延による史上初の延期や、関係者の失言など数々のトラブルに見舞われてきた。開会式前日の22日にも、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱った喜劇を演じていたとしてSNSなどで批判されていた開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏が解任された。ネット上では「呪われた五輪」との声も聞かれる今大会。主な騒動を時系列でまとめた。

 ◆15年7月【建設費問題】 メーン会場の新国立競技場の建設費が当初の予定を大きく上回る2500億円以上にかさむことを理由に、イラク出身で英国在住の建築家、ザハ・ハディド氏のデザインを廃案。その後、新たに大成建設、梓設計と建築家の隈研吾氏が手掛けた案を採用した。約1490億円の工事契約を締結し、16年12月に1年2カ月遅れで建設開始。ハディド氏は16年3月、心臓発作のため米国で死去した。

 ◆15年9月【パクリ疑惑】 日本人アートディレクターがデザインした大会の公式エンブレムが、ベルギーの劇場のロゴに似ていると指摘され、大会組織委員会は同デザインの使用中止を発表。16年4月、藍色の「組市松紋」で描かれた新デザインに決定した。

 ◆19年10月【合意なき決定】 東京の酷暑予想を受け、マラソン、競歩競技を北海道で開催する計画をIOCが発表。小池知事は「IOCの決定に同意することはできないが、最終決定を有するIOCの決定を妨げることはしない。あえて申し上げるなら“合意なき決定”です」と皮肉を込めてコメント。

 ◆20年3月【史上初延期】 新型コロナウイルスの世界的まん延を受け、大会の1年延期が決定。大会組織委員会、東京都、政府間で合意し、IOC臨時理事会で正式承認された。当初は20年7月24日に開幕予定だった。

 ◆20年11月【不信で辞任】 開会式の実質的な責任者だった振付師のMIKIKO氏が辞任。延期決定後、組織委員会から連絡のないまま、IOCから新たな企画案を提示されたことによる不信感が主な理由。後日、自身のツイッターで「企画に一から関わっていない以上、責任が取れるものではありませんでした」とつづった。

 ◆21年2月【女性蔑視発言】 組織委員会の森喜朗会長が、JOC評議員会で「女性がたくさん入る会議は時間がかかる」などと発言。女性蔑視とも取れる発言が、平等をテーマに掲げる大会にふさわしくないとの声が殺到し、辞任した。後任には橋本聖子氏が就任した。

 ◆21年3月【容姿侮辱】 開会式で、女性タレントの容姿を侮辱するような演出を公式ながら提案していたとして、開閉会式の企画、演出の統括役でクリエーティブディレクターが辞任。

 ◆21年4月【報道に抗議】 大会組織委員会は、大会の開閉会式の内容を、文春オンライン、週刊文春に報じられたとして、文藝春秋に書面抗議した。雑誌の回収やオンライン記事の全面削除、資料の廃棄などを求めるとした。同社は反論し、「小誌は、こうした不当な要求に応じることなく、今後も取材、報道を続けていきます」とした。

 ◆21年7月【無観客五輪】 菅義偉首相は、東京都での新型コロナ感染者の急激な増加などを理由に、4度目の緊急事態宣言を発出。五輪が同宣言下で行われることが決まり、東京都を含む首都圏1都3県では無観客での開催に。

 ◆同【いじめで辞任】 開会式の楽曲担当だったミュージシャン小山田圭吾が、過去にいじめ加害者だったことを雑誌で告白していた問題で謝罪、20日に辞任を申し出た。開会式の冒頭で使う予定だった小山田の楽曲は使用しないことになり、4分33秒の空白が発生。

 ◆同【大虐殺やゆ】 開会式前日の22日には、開閉会式の制作・演出チームの「ショーディレクター」小林賢太郎氏が、お笑いコンビ「ラーメンズ」時代のコントにユダヤ人の大虐殺をパロディーに使った内容のものがあったとして、解任された。

2021年7月23日 (金)

東京五輪はなぜ「呪われたオリンピック」になったのか

 
 
東京五輪で野球、ソフトボールの会場となる横浜スタジアム(資料写真、2021年7月22日、写真:AP/アフロ)© JBpress 提供 東京五輪で野球、ソフトボールの会場となる横浜スタジアム(資料写真、2021年7月22日、写真:AP/アフロ)

(池田 信夫:経済学者、アゴラ研究所代表取締役所長)

 東京オリンピック・パラリンピックの開会式を前に、不祥事が噴出している。開会式の音楽を担当していた小山田圭吾氏が、障害者を虐待した発言で辞任したと思ったら、開会式・閉会式のショーディレクターだった小林賢太郎氏が「ユダヤ人虐殺」をギャグにした発言で解任された。

 今回のオリンピックは、昨年(2020年)、安倍首相が1年延長したときからトラブルが相次ぎ、世界のメディアから「呪われたオリンピック」といわれているが、その背景には組織委員会の抱えている矛盾がある。

開会式の直前に出てきた「ユダヤ人惨殺」のコント

 今回のユダヤ人発言は「実話BUNKAタブー」というマイナーな雑誌の7月21日深夜のツイートから始まった。

 この動画は1998年に「あのユダヤ人大量虐殺ごっこやろうっていったときのな」というたった10秒のコントで、そのままだったら外交問題になったとは思われない。

 しかしそれを受けて防衛省の中山泰秀副大臣が、反ユダヤ主義を監視するサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)に連絡したことから騒ぎが大きくなった。

 これを受けてSWCは7月22日朝、「東京オリンピックの開会式のディレクターによる反ユダヤ主義の発言を非難する」という公式声明を発表した。

 オリンピック組織委員会は同日午前、小林氏を解任し、彼も「私が書いたコントのセリフに極めて不謹慎な表現が含まれていました」と事実を認めた。

電通に丸投げされた新演出プラン

 東京オリンピックのトラブルの最大の原因は、いうまでもなく新型コロナウイルスである。これによって開催が1年延期されたばかりでなく、大会の規模が大幅に縮小された。このとき安倍首相が、1年延期したことが判断の誤りだった。

 ワクチンの普及する2022年に延期すれば、今回のような大混乱は防げただろう。2021年になっても2年延期のオプションはあったが、IOC(国際オリンピック委員会)の反対を押し切れなかった。

 これによって2021年のオリンピックは、通常の大会ではなく「非常事態」でやる宿命を負ったが、関係者にはその意識が希薄で、それまでの通常態勢の延長上で運営が行われていた。開会式と閉会式の演出企画チームの解散を決めたのは、昨年12月である。

 それまで開会式の統括は能楽師の野村萬斎氏だったが、このとき統括が電通出身のCMディレクター佐々木宏氏に交代して演出が縮小され、それまでの演出案が白紙撤回された。

 この一つの原因は、当初の演出案が高コストで、それを縮小するには電通が介入するしかなかったためといわれるが、その変更プロセスは不透明だった。特に多くのスタッフが契約解除されたため、不満が噴出し、内部告発が続発するようになった。

 変調が表面化したのは、今年2月に組織委員会の森喜朗前会長の「女性がたくさんいる会議は長くなる」という発言である。これ自体は失言ともいえないような冗談だが、関係者が海外メディアにリークして騒ぎが広がり、森氏は辞任に追い込まれた。

 今年3月には「オリンピッグ」騒動で、佐々木氏が辞任に追い込まれた。これも彼が昨年3月に演出の打ち合わせで、LINEで「渡辺直美への変身をどう可愛く見せるか」というアイディアの一つとして「空から降り立つオリンピッグ」という案を出しただけだが、それが今年3月になって週刊文春に掲載され、佐々木氏は辞任した。

 このLINEの情報を提供したのは、当初の演出案を書いた演出家のMIKIKO氏だといわれ、彼女はスタッフ交代について「組織委員会から何も連絡がなかった」と批判した。

 今回問題となった小山田氏も小林氏も、佐々木氏が連れてきたスタッフである(当初案では音楽は椎名林檎氏)。急な変更のため、電通のつながりで声をかけたものと思われるが、佐々木氏が辞任したあと統括の後任は置かず、準備は文字通り「無責任体制」で進められた。

 実質的に統括になった日置貴之氏は、開会式のスローガンを英語で「Moving Forward」として日本語に訳さず、「復興五輪」という言葉も入れず、組織委員会の橋本聖子会長は記者会見で「驚いた」とコメントした。

スポーツ選手とクリエイターの文化の違い

 今回の東京オリンピックが1964年と違うのは、開会式などのスタッフに音楽やダンスなどのクリエイターが多いことだ。この世界にはスポーツ選手のようにルールを守る文化はなく、小林氏のような危ないコントも劇場では珍しくない。

 ところが組織委員会は体育会系で、こういう文化がわからない。その微妙な判断を電通にまかせたため、その矛盾が開会式まぎわに噴出した。演出スタッフが発表された今年7月14日から1週間で、多くの不祥事が出てきた。

 この情報源の一つは、契約を切られた元の演出案のスタッフだろう。小山田氏の話は業界では知られていてネット上にも出ていたが、小林氏の動画はよほど事情に詳しくないと知っている人はいない。

 政府の危機管理も、お粗末だった。小山田氏の辞任までには5日かかって世界から批判を浴びたが、小林氏の動画については、その直後(深夜2時ごろ)に防衛省の副大臣がそれを直接SWCに通報した。

 SWCは日本語の動画を理解できなかったはずだが、日本政府の副大臣から通報されて「問題ない」とはいえない。非難声明には「小林が『ホロコーストで遊ぼう』と発言した」とか「障害者をジョークにした」という事実誤認が含まれていたが、組織委員会はそれを追認する形で小林氏を解任した。

 このようなちぐはぐな対応の原因は、オリンピックを延期したとき、路線転換が遅れたことにある。緊急事態宣言のもとで行われる大会は政府の危機管理と一体なので、本来は1年延期した段階で、あらゆる事態に政府として対応できるように組織委員会を改組すべきだった。それを逆に電通に丸投げしたため、責任不在になったのだ。橋本会長には当事者能力がないので、大会が始まると、さらに不祥事が出てくるだろう。

木曜行動と、五輪反対デモ

    7月22日(木)14:30~16:00、三宮マルイ前にて、木曜定例行動に取り組みました。参加者は23名(先週16名)、昨年12月12日(23名)以来の多さでした。私たちより前に、三宮センター街東入口で維新が街宣活動を行っていました。
 Img_3063 4連休の初日であり、人通りはかなり多かったです。4週間ぶりに登場した古賀さんがアコーディオンで昔懐かしい名曲を奏でられました。署名が8筆(先週7筆)、チラシは200枚用意し、139枚を配布しました。コロナ前は20人に一人の割合で受け取ってくれていましたが、コロナ後は50人に一人の割合でしょうか。効率が悪いです。
 シール投票は、「沖縄戦の遺骨混じりの土砂を米軍基地建設のための埋立に使うことについて、あなたは賛成ですか?」を問い、「賛成です」がゼロ、「反対です」が48票、「わかりません」がゼロの計48票(先週47票)でした。自由意見欄には、「遺骨混じりの土砂を基地建設に使うという非人道、絶対許さない」、「コロナ下、基地建設にお金を使うな。沖縄県民の命と暮らしを守れ」、「第4次琉球処分とも言える沖縄いじめの問題は、決して私たちと関係のないことではありません」と3名(先週6名)の方が書き込まれました。これで、6月24日に定例行動再開後4回分が溜まったので、数日中に首相官邸にシール投票の結果を送ります。
 Img_3070 なお、昨日、知らない方から電話があり、先週の木曜日に三宮でチラシを受け取ったが、いい内容なので、今後送ってほしいとのことでした。約6年間、チラシを三宮で配ってきましたが、こんなリクエストは初めてです。チラシ配りは無駄ではないと再認識させられました。
 なお、反戦タイガースが呼びかけた「東京五輪中止を求めるデモ」が、16時頃、東遊園地からJR元町駅まで35名が参加して行われ、定例行動参加者も何人か加わっていました

2021年7月22日 (木)

大阪維新の代表バッタ―・冨田浩紀池田市長 辞任してまた市長選に出でるんだって

 
いいね|
池田市の冨田裕樹市長(C)朝日新聞社© AERA dot. 提供 池田市の冨田裕樹市長(C)朝日新聞社

  市役所に家庭用サウナを持ち込み、7月30日付で辞任に追い込まれた大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)。8月29日に投開票の池田市長選に出馬する意向を固め、近く記者会見を行うという。池田市議はこう怒る。

「冨田氏はサウナ市長とおちょくられ、全国に池田市の恥をばらまいた。今でも池田市と言えば、サウナ市長とあざ笑われている。そんな状況にもかかわらず、また市長選挙に出馬するなんて、あきれるばかりです」

 冨田氏のさまざまな問題、疑惑が発覚したのは、昨年10月のことだった。市役所の市長控室、女子トイレなどに家庭用サウナ、エアロバイク、冷蔵庫、ベッド、カセットコンロなどの私物を多数、持ち込んでいた動画が報じられた。

 その後、タクシー券の不適切な使用、市役所内でのパワハラなども発覚し、池田市議会では「冨田裕樹市長の不適切な庁舎使用等に関する調査特別委員会」(百条委員会)を設置。

 調査報告書では冨田氏のパワハラ行為、不適切な庁舎使用などが認められた。池田市議会は冨田氏の市議会での虚偽答弁について、地方自治法違反容疑で大阪地検特捜部に刑事告発している。

 また、冨田氏は公務のために市役所駐車場を無料で使用できる定期券を池田市民でもある後援会長に渡していたことも市議会で認めている。その恩恵で後援会長は7万円近くの駐車場料金の支払いを免れていたことも発覚した。一部の市議は7月、大阪地検特捜部に公職選挙法違反などの容疑で冨田氏を告発している。

 冨田氏は記者会見で「心よりお詫びし、反省している」と語っていたが、今も“炎上”が続いている。

 冨田氏は2年前の市長選挙では、大阪維新の会から出馬し当選した。

だが、一連の問題で大阪府の吉村洋文知事、大阪市の松井一郎市長も冨田氏を厳しく批判し、大阪維新の会から離党を余儀なくされた。

 池田市長選は8月に行われるが、誰一人、出馬表明していないタイミングでなぜ、冨田氏は自らの態度を鮮明にしたのか。大阪維新の会所属の地方議員は話す。

「サウナ市長とお笑いのネタになりそうな冨田氏の不祥事は次期衆院選に影響すると、ひそかに市長候補を探していた。維新には冨田氏を池田市議から市長に押し上げた責任もありますからね。いろんな人に打診したが、いい返事を貰えていない。冨田氏は維新が候補者選定で四苦八苦している隙間をぬって、市長選に再出馬すると言い出した」

 冨田氏は、自身のSNSに「池田はまだまだやることがある」「これまで約2年間における詳細施策の実績についてご案内させてほしい」などと、すでに出馬を決めたような内容を投稿している。

 池田市議会で「反富田」のスタンスをとる自民党など保守系グループは現職市議を候補として推すことが決まっているという。また、連合など労組組織が擁立する元市議も立候補に前向きだという。

 国政、地方にかかわらず、関西では近年、維新が自民党と拮抗する政治情勢が続いている。池田市の自民党市議はこう話す。

「サウナ市長というとんでもない人物を生み出したのは、維新です。問題の張本人、富田氏がまた市長選に出るというのだからあきれる。富田氏や維新の公約は、税金の無駄をなくすだ。だが、実際は市長選挙の費用で数千万円ともいわれる税金が支出される。いい加減にしてほしい」

 池田市長選挙の構図は「反富田」「維新」「富田氏」という三つ巴になりつつある。いち早く出馬を表明する富田氏には「勝算」があるのだろうか?

「乱立すれば、名前だけは知られた富田氏が優勢ではないのか」との声もある。「#サウナ市長」がSNSのトレンドに連日、あがったこともあった。悪名は無名に勝るのだろうか?

(AERAdot.編集部 今西憲之)

五輪中止・菅は辞めろ 当面の行動

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

722日(木) 木曜行動 14時半 神戸・三宮・マルイ前

東京五輪反対行動 16時 東遊園地集合・マルイ前経由センター街デモ

723日(金・休) 東京五輪開幕

723日(金・休) 東京五輪反対行動

7月23日(金・休) 老朽原発うごかすな!講演会 14時 高槻現代劇場文化ホール2F展示室(阪急「高槻市」南西8分)  講演:武村二三夫弁護士 木原壯林(若狭の原発を考える会)

7月24日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

724日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) 報告:片岡隆(芦屋「九条の会」事務局長)

724日(土) 梅田解放区 17時半阪急ヘップ5前

※7月25日(日) 伊丹自衛隊申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20分)

※7月25日(日) 武庫川ユニオン第34回定期大会 13時半 リベル3F会議室(阪神「出屋敷」北2分)

7月25日(日) 部落解放同盟全国連合会第30回大会 13時 大東市立市民会館

726日(月) ジェンダーを考える~女性解放運動の歴史と現在 18時半 中央会館(地下鉄「心斎橋」東12分) 講師:松村徳子(奈良女性史研究会)

※729日(木) さようなら原発1000人集会実行委 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

※7月31日(土) 西宮ピースネット 11時 JR西宮駅南

7月31日(土) 斎藤幸平さん講演会~「欠乏」から「潤沢」へ 変革の方向を読み解く~ 14時 奈良県社会福祉総合センター(「畝傍御陵前」下車すぐ)

※81日(日)  白井聡&つじ恵講演会 14時 尼崎アルカイックホール・ミニ(阪神「尼崎」北東5分)

83日(火)  優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁(「高速神戸」北東5分)

86日(金)  8・6ヒロシマ平和の夕べ 14時 広島RCC文化センター7階大会議室

8月6日(金) 「デジタル庁構想」とは何か? 18時半 エルおおさか南館5階ホール(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) 黒田充(自治体情報政策研究会)

※87日(土)  山田正彦元農水大臣講演会 いま種子法を考える 13時 尼崎・すこやかプラザ(JR「立花」南3分)

※8月19日(木)  尼崎共同行動街頭宣伝 18時 JR尼崎・梅川像前

※821日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議講演会 14時 日本キリスト教団宝塚教会(阪急「逆瀬川」北西7分) 講演:芦名定道(京都大名誉教授、関学大神学部教授) 「日本学術会議と宗教者の役割~世の光、地の塩」

 

2021年7月21日 (水)

菅首相の「9月退陣&五輪花道論」が再燃! 8月上旬の世論調査がトドメに


菅首相の「9月退陣&五輪花道論」が再燃! 8月上旬の世論調査がトドメに

公開日: 更新日:



8月の世論調査がとどめに(菅首相)/(C)日刊ゲンダイ
8月の世論調査がとどめに(菅首相)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 菅首相の「9月退陣」「五輪花道論」が、再燃している。あまりの不人気ぶりに自民党内から“菅首相が選挙の顔では戦えない”の声が強まっているためだ。

 菅首相の党総裁任期は9月30日まで。衆院議員の任期は10月21日までだ。首相周辺の再選シナリオは、9月5日の東京パラリンピックの閉幕直後に解散総選挙を行い、過半数を維持した後、総裁選を無投票で乗り切るというもの。敗北リスクの高い総裁選は、総選挙に勝利した後にやるという戦略だ。

 ところが、麻生財務相は18日、党所属議員に送ったビデオメッセージで、「9月はまだコロナ騒ぎがつづいているだろうから、10月選挙になる可能性が高い」と予告してみせた。パラリンピックが終わった直後に解散――という菅シナリオを否定した形だ。

「麻生さんは“総裁選をやってから総選挙をやるべきだ”と語ったわけではありません。でも、9月はまだ新型コロナ感染が収束していない可能性が高く、とてもじゃないが解散は打てない、というのが党内のコンセンサスになりつつある。結果的に、菅シナリオは消えたとみられています」(自民党関係者)

■立憲・枝野代表にも負けた

 秋に総選挙を控える自民党議員は、先週末の世論調査に衝撃を受けたという。「菅首相にいつまで総理をつづけて欲しいか」という時事通信の調査では、「9月末の総裁任期まで」が49.4%、「早く辞めて欲しい」が17.3%だった。6割以上が“9月末までの辞任”を要求している。さらに、「次の首相にふさわしい人物」では、わずか3.9%の支持しかなく6位だった。5位の枝野幸男氏(5.0%)にも負けていた。あの調査結果に、自民党議員は“菅首相のままだと選挙に負ける”と震えあがったという。

「いまだに菅首相は、“五輪が始まれば世論の空気は変わる”“ワクチンが行き渡れば支持率はアップする”と期待しています。でも、どちらも不発に終わりかねない。オリンピックは開幕直前までゴタゴタつづきで国民は呆れている。ワクチンにしても、71%が“接種の進捗が遅い”と答えています。やはりワクチンが足りなくなり、自治体や職域接種のハシゴを外したのが響いているのだと思う。多少、接種回数が増えても支持率はアップしないでしょう」(政界関係者)

 五輪が終わる8月上旬に、大手マスコミの世論調査が実施される。五輪をやっても支持率がアップしなかったら、“菅降ろし”が動き出す可能性がある。~日刊ゲンダイ

感染拡大が止まらない 「8月第1週に東京で3千人感染」

 
 
会見する新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長=2021年7月16日午後4時20分、東京都千代田区、西畑志朗撮影© 朝日新聞社 会見する新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長=2021年7月16日午後4時20分、東京都千代田区、西畑志朗撮影

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は20日、日本テレビの報道番組で、東京都の1日の新規感染者数について、8月第1週には過去最多の3千人近くまで増加するとの見通しを示した。それに伴い、医療逼迫(ひっぱく)が起きる可能性も「極めて高い」とした。

 尾身氏は番組内で、「2週間後には(新規感染者数が)2倍になって、(年末年始の)第3波のピークを超えていく可能性が出てきた」と述べた。この日の新規感染者数が1387人だったことから、司会者が「8月の第1週には3千人に近い数字になるのか」と質問すると、尾身氏は「そういうことだ」と応じた。東京では、1月7日に2520人の新規感染者を数えている。

 尾身氏は、ワクチン接種が進んでも「東京では入院の患者が増えている。このままのスピードで感染が広がると、医療の逼迫がまた起きてくる可能性が極めて高い」とも指摘した。「この1、2カ月はもうひと頑張りして、医療の崩壊、逼迫を起こさないようにしてほしい」と、感染防止対策への協力を呼びかけた。

2021年7月20日 (火)

琉球新報 <社説>2021年防衛白書 台湾有事防ぐ外交努力を

<社説>2021年防衛白書 台湾有事防ぐ外交努力を

 沖縄にとって深刻な事態が進行している。防衛省は、台湾情勢の安定が「わが国の安全保障にとってはもとより、国際社会の安定にとっても重要だ」と2021年版防衛白書に初めて明記した。

 背景には、米中対立の激化があり、米国が中国包囲網を強めている状況がある。白書には、中国が6年以内に台湾へ侵攻する可能性があるとしたデービッドソン前米インド太平洋軍司令官の発言も盛り込んだ。
 台湾有事が起きれば、米軍や自衛隊の基地が集中する沖縄は核ミサイルの標的にされる恐れがある。基地機能を強化する軍備拡大で緊張を高めるのではなく、中国との対立や紛争の火種を取り除き、有事を事前に防ぐ外交努力こそが求められる。
 中国による台湾侵攻への危機感を強めている米国は4月の日米首脳会談で菅義偉首相に対し、中国に向き合う覚悟を問うた。これに応える形で菅首相は共同声明に「台湾海峡の平和と安定の重要性」という文言を盛り込んだ。
 新たな対米協力に向けて菅首相の背中を押したのは、安倍晋三前首相と麻生太郎副総理兼財務相だ。政府内には「米側に寄りすぎると、対中外交への影響は避けられない」との慎重論もあったが、首相経験者2人の進言に傾倒していったという。
 その麻生氏は東京都内での講演で、中国が台湾に侵攻した場合、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法の「存立危機事態」として対処すべきだとの見解を示した。台湾有事の「次は沖縄。そういうことを真剣に考えないといけない」と強調した。対処とは米軍と自衛隊の参戦を意味する。
 中山泰秀防衛副大臣も台湾有事の際は地理的に近接する「沖縄県に直接関係する」との認識を示した。「目を覚まし」て中国の台湾侵攻に備える必要があると述べている。
 米軍と自衛隊が台湾有事に参戦することを示唆している現段階で、中国は既に沖縄の基地を核ミサイル攻撃の対象にしていると考えるべきだろう。防衛省幹部は「台湾有事が起きれば、近接する沖縄も巻き込まれ、日本が国家的窮地に陥る」と明言している。
 既に日米は台湾有事を想定した共同訓練を南シナ海や東シナ海で繰り広げている。県内でも台湾情勢を念頭に置いた訓練が活発だ。13日に渡名喜島沖で在沖米海兵隊の輸送ヘリが鉄製コンテナを落下させた事故も、その訓練と関係しているとの見方もある。
 訓練激化に伴う事故の多発という平時の基地負担も大きいが、最大の懸念は有事に巻き込まれ、多くの犠牲を強いられる事態だ。それは県民だけでなく日本国民も望まないのは言うまでもない。日本は経済面で中国と深い関係にある。米国の強硬姿勢と一体化せず、日本独自の外交路線で対話を重ね、米中の緊張を緩和させる役割を担うべきだ

2021年7月19日 (月)

兵庫県知事選、かなざわ和夫さん残念ながら落選

 Img_3028 18日投開票の行われた兵庫県知事選で、かなざわ和夫候補は60万票を獲得しながらも、当選には至らなかった。
 「維新・自民連合も、かなざわもどっちも自民党」、「改革か継承か」と言うキャンペーンをはねのけ、自民党県議、立憲、国民、社民、新社などの支援をうけながら、後半猛然と追い上げたが、自民党中央=兵庫12選挙区の10人の国会議員【除く公明党】の厚い壁と、マスコミと一体となった維新の「改革・若さ」のキャンペーンの壁をくずことが出来なかった。
 とはいえ維新候補は本来の「身を切る改革」は主張できず、かなざわさんの「みんなちがって、みんないい」に対抗して「一人も取り残さない」と言うおよそ維新らしからぬ宣伝で、県知事を射止めた。
 今後県政には大阪維新型の暴風が吹き荒れるだろうが、これを許さない県議会議員・県民の闘いが求められている。

尖閣諸島をめぐる日中関係は「緊張していない」と断言

尖閣諸島をめぐる日中関係は「緊張していない」と断言 専門家が喝破する現状と未来

公開日: 更新日:
泉川友樹氏(C)日刊ゲンダイ
泉川友樹氏(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

泉川友樹(琉球経済戦略研究会事務局長)

 日中間の喉元に刺さったトゲといわれた尖閣諸島――米中・日中関係の悪化からトゲはアジアの火薬庫へとキナ臭さを増している。今年2月1日、中国が沿岸警備隊にあたる海警局に兵器使用などを認める「海警法」を施行し、中国公船の領海侵入が大きく報道されている。しかし、尖閣水域の緊張は局地的、限定的なものに過ぎず、総体から言えば緊張には程遠く、日中関係も正常化以来最悪との報道は事実ではないという。中国事情に詳しい専門家が尖閣と日中関係の現状と未来を喝破する。

■「領海侵入は定例化、儀礼化している」

 ――このところ尖閣水域波高し、という報道ばかりです。

 一言でいうと緊張していない、だいぶ沈静化していると思います。

 ――そうなんですか。中国公船の侵入がこれまでになく繰り返されて一触即発とされていますが。

 中国の公船は尖閣諸島の領海に入ってきてはいます。ただデータを見れば、一番多かったのは月平均でいえば2012年、国有化した年です。国有化の9月以降は月平均5日入ってきている。日数でいうと翌13年が最も多くて54日、月平均で4.5日でした。最近はどうなっているかというと、例えば18年は領海に入ったのは19日、月平均で1.58日。19年が32日で2.6日くらい。20年が29日、2.4日くらい。一番厳しい時と比べて半分くらいになっています。

 ――それは報道とは異なりますね。中国公船の領海侵入はなぜ沈静化したのですか?

 14年11月7日に北京で当時の谷内正太郎国家安全保障局長と楊潔篪国務委員が会談をして「4項目合意」を発表しました。その3日後に当時の安倍総理と習近平国家主席の尖閣国有化後初の首脳会談が開かれた。ここから尖閣諸島領海侵入日数が減少傾向になり、沈静化に向かったのです。

 ――その「4項目合意」がほとんど知られていません。

 外務省のホームページにも載っている「日中関係の改善に向けた話し合い」にある4点なのですが、3番目が一番重要でして、「双方は尖閣諸島等東シナ海の海域において近年、緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識する」と書かれています。これが何を意味するかというと、中国側からすれば「日本は中国が自分たちと違う認識を持っているということを認識したんですね。であれば(日本は)領土問題の存在を認めたということですよね」という解釈を言える。日本側は「中国が領土問題の存在を主張しているという認識は持ちました。しかし私たちは領土問題が存在していると認識していません」という解釈ができる。悪く言うと、玉虫色の解釈ができる合意です。その4項目の3番目後段では、「対話と協議を通じて情勢の悪化を防ぐとともに危機管理メカニズムを構築し不測の事態の発生を回避することで意見の一致を見た」と書かれています。これは非常にしっかりした話で、ばっちりと合意しているのです。

 ――日本は尖閣をめぐる領土的係争はないというのが政府見解でしたから大きな変化です。

 18年に中国公船が領海に入った時の時間、隻数を調べるとほとんど午前10時ごろから、1時間半~2時間、2隻から4隻で入るというのが定例化・儀礼化しています。島を奪取するとか軍事作戦的なことではなく、日本の国有化宣言を認めたくないので、主権をPRしに来るということを4項目合意以降は同じ時間に、ほぼ決められた同じ隻数でやっている。これは日本政府にしてみれば予測可能な動きなので、それほど脅威ではない。すぐさま安全保障上の脅威になるものではありません。

「問題は「4項目合意」が世の中にほとんど知られていないこと」

 ――しかし、連日の報道によって、多くの国民が中国公船の侵入は脅威のように思ってしまっています。

 領海の外側の広大な排他的経済水域は、日本の船がどんなに漁をしていても中国公船に追いかけられるリスクはゼロなんです。つまり領海では、今はお互いの考えの違いもあって静かにしていて欲しいということ。周りの広大な排他的経済水域に関しては、(日中漁業)協定があって、中国の公船に何かされるリスクはゼロ。しかし、日中漁業協定や4項目合意が世の中にほとんど知られていない、それが問題なのです。

 ――尖閣は緊張しておらず、日中関係は実は悪くはないが、その現実が伝わっていない?

 4項目合意ができた後、日中首脳会談が何回開かれているかというと、李克強総理を含めれば18回です。尖閣の問題が本当にまだ懸案として残っていて、喧々囂々やっていてどうなるか分からない、という状況なら、何度も首脳会談などできないですよ。

 ――それでも、中国公船は領海への侵入を繰り返しています。

 4項目合意の存在があまり世の中に知られず、日中漁業協定があるため領海の外側で魚を捕っても何ら問題がないことが世の中に知れ渡っていない。中国が儀礼的に、決められた時刻に決められた時間だけ領海に入っていることも見えていない。それで、「中国はどんどん強硬になって、まだ領海に入ってきている」というようなことを言う。それをさせまいと、「中国をあの海域から排除するためには、我々が尖閣に行って漁をしたり、実効支配の強化につながるような行動をとらないといけない」と思っている人たちがいるんですよね。それが逆に中国の対応を誘発している。

 中国は、尖閣は自分のものだと主張しているわけですから、日本の民間の漁船が領海に入ってきたら4項目合意の範囲外だということになって、彼らに上陸でもされた日には日中関係がグチャグチャになってしまう。彼らが変な行動をとらないように、彼らが尖閣の領海に入って漁をしている間は、同じだけ中国公船も領海に入って見ているのです。昨年以降の中国公船が長時間領海に滞在した日を政府からもらってメディアの報道と突き合わせてみたら、その日は全部日本の漁船が入っていました。

■尖閣はプロレス、危ないのはヒートアップした観客

 ――なるほど。純粋な漁業目的ではない操業が行われている、ということですね。昨年11月に来日した王毅・中国外相の「正体不明の一部漁船」発言の真意が理解できます。王毅の謎かけは日本で全く理解されなかった。

 日本文化チャンネル桜という方たちが「このままでは中国に乗っ取られる」と言って尖閣に行こうとする。石垣島の市議会議員の仲間均さんという方は、どういうことがあっても尖閣に行って漁をするんだ、と言っているような方です。本当に漁業をしたいから尖閣に行っているのか、ということです。彼らが行くことが中国に付け入る隙を与えてしまっている。これが果たして国益になっていますかね? 傷が癒えかかっている所の傷を剥がしに来て、また出血させることになっているんじゃないのか、というのが私の考えです。

 尖閣はプロレスです。見た目は日本と中国というレスラーがリングの上で真剣勝負をしている。一定の暗黙のルールの上で真剣勝負をしているのです。危ないのは、ヒートアップした観客がリングに入ってきて暴れ出すこと。レスラーが観客を巻き込んでケガさせたりすると、日本としても対応せざるを得なくなり、日中関係が決定的ダメージを受けてしまう。尖閣問題は政府間に任せた方がいい。

 ――先日、麻生副総理が米中対立を受けて「台湾の次は沖縄」と発言しました。沖縄生まれの泉川さんはどうお聞きになりました?

 尖閣と台湾は運命共同体というような言い方になってきているし、最近見ていると、茂木外相よりも岸防衛相がやたらとメディアに出てきて話す。尖閣問題を外交で解決するつもりはないのでしょうか。誠に危ない気がしています。台湾が攻められたら次は沖縄だというような根拠のないことを現役の副総理が言うのは不適切ですし、沖縄の人たちを不安にさせないで欲しい。そういうことが起きないような外交環境をつくることこそ、政治家に求められていることではありませんか。

(聞き手=甘粕代三)

▽泉川友樹(いずみかわ・ゆうき)1979年、沖縄県生まれ。2002年、沖縄国際大学卒。03年、沖縄県人材育成財団派遣の研修生として北京外国語大学に留学。中国語講師、フリーランス通訳・翻訳者などを経て、06年から日中経済交流を促進する民間団体に勤務。習近平、李克強、温家宝ら中国要人との通訳を務める。19年から琉球経済戦略研究会事務局長。沖縄大学地域研究所特別研究員。

完全な失敗の東京五輪

「おもてなし」が外国人警戒に 米紙、完全な失敗と東京五輪論評

2021年07月19日04時56分

国際オリンピック委員会(IOC)総会での東京の招致プレゼンテーション=2013年9月、ブエノスアイレス(AFP時事)

国際オリンピック委員会(IOC)総会での東京の招致プレゼンテーション=2013年9月、ブエノスアイレス(AFP時事)

 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は17日、今週開幕の東京五輪について「完全な失敗に向かっているように見える」と論評するコラムを掲載した。五輪招致の理念だった「おもてなし」の精神は後退し、外国人への警戒に取って代わられたと記した。

【特集】東京五輪、迷走の8年 開催決定から史上初の延期、そして…

 コラムは、東京五輪が日本にとって、中国に対抗するアジアの盟主としての地位や、30年間に及ぶ経済停滞からの復活をアピールするチャンスだったと説明。ところが、新型コロナウイルス禍の中で開催を強行する国際オリンピック委員会(IOC)や政府の姿勢に国民の反発は強まり「熱気は不満、無関心、ついには敵意に変わった」と論じた。
 敗戦からの復興を象徴した1964年の東京五輪と異なり、国家の誇りや経済効果は期待できないとも指摘。周囲と遮断された会場や納税者の負担となる膨大な請求書を見るにつけ「東京都民はなぜ、誰のためにこの犠牲を払うのかを自問自答している」と言及した。
 また、東京都内のホテルがエレベーターを日本人専用と外国人専用に分けて案内していた問題を紹介。世界に対する歓迎を示すはずだった「おもてなし」の心は「偏狭で内向きな外国人への警戒」に変化したと分析した。

2021年7月18日 (日)

菅内閣の支持率ついに危険水域に突入 “青木割れ”目前で自民震撼!


菅内閣の支持率ついに危険水域に突入 “青木割れ”目前で自民震撼!

公開日: 更新日:



上がり目ナシ(C)日刊ゲンダイ
上がり目ナシ(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 とうとう「危険水域」に突入だ。

 時事通信が9~12日に実施した7月の世論調査で、菅内閣の支持率が前月比3.8ポイント減の29.3%に落ち込んだ。低空飛行が続いていた支持率だが、「危険水域」とされる20%台に落ち込むのは政権発足後、初めて。不支持率は5.6ポイント増の49.8%に上昇した。

「時事通信の世論調査は個別面接方式で信頼性が高い。支持率を気にする菅総理は、時事とNHKの世論調査を重視しているというから、この数字はショックでしょう。党内では“青木の法則”が話題になり、秋までの総選挙を控えて浮足立っています」(自民党関係者)

「青木の法則」とは、“参院のドン”と呼ばれた自民党の青木幹雄元官房長官が唱えたもので、内閣支持率と与党第1党の支持率の合計が50%を割ると、その内閣は倒れるというもの。今回の調査では、自民党の政党支持率も前月比1.4ポイント減の21.4%に下がった。内閣支持率29.3%と足して50.7%と“青木割れ”は目前だ。

新型コロナウイルス対策、五輪強行、ワクチン停滞、飲食店への圧力問題……。この内閣を支持できない理由は数え上げればキリがない。五輪開催でコロナ感染拡大が悪化すれば、さらなる支持率下落は必至。選挙を控えた自民党議員が「菅降ろし」に走る可能性がある。五輪を花道に退陣のシナリオも囁かれ始めた。

■不人気首相で総選挙になだれ込む可能性

「菅首相では選挙を戦えないという声は以前からある。実際、春の補選・再選挙から知事選、都議選と、ことごとく選挙で勝てない状況が続いています。しかし、総選挙前に菅首相を強引に引きずり降ろすことはできないでしょう。いまの自民党にそんなエネルギーはないし、党内抗争でゴタゴタすれば、ますます支持率が下がりかねない。有力な“ポスト菅”も存在しません。野党がしっかりしていれば政権交代もあり得る場面ですが、野党の支持率も上がっていない。だらしない野党と、党内に対抗馬がいないことに救われて、菅政権がダラダラ続き、不人気首相のまま総選挙になだれ込む可能性の方が高そうです」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 時事の調査によれば、菅氏に首相を続けてほしい期間は「今年9月末の総裁任期まで」が49.4%と最多。「早く辞めてほしい」は17.3%で、全体の3分の2が、9月までには退陣してほしいと考えている。

 数カ月後の総選挙は、その民意を示すチャンスだ。

2021年7月17日 (土)

かなざわ陣営、最終日街頭宣伝で維新候補を圧倒 よっしゃ、勝てるぞ!

 兵庫県知事選最終日、かなざわ和夫陣営は、午前中の北阪神、昼前からの尼崎・西宮・芦屋、夕方からは元町商店街モモタロウ、大丸前街宣、三宮センター街モモタロウ、センター街入口街宣、19時半からの最終大丸前街宣と、全一日を全力で突っ走った。演説では、8月1日から即Img_2964 知事の仕事をできる人間は、兵庫県の隅々まで回ってきた自分しかいない、その役割を担わせてほしい、それをさせてくれるのは皆さんだという力強い演説が各所で続いた。

 12時15分、待ち受ける150人の市民を前に、阪神尼崎駅北に力づよく登場。挨拶は黒川県会議員。直ちに力強い演説となった。聴衆にはれいわ新選組の衆議院選予定候補、緑の県会議員、立憲民主党尼崎市議、市議会副議長に就任した新社会党尼崎市議、他市の市議、連合東部地協代表、兵教組尼崎支部組合員などの上に中小業者の従業員とおぼしき専念など。
 Img_2978ついで30人ほどを引きつれての尼崎中央商店街でのモモタロウが圧巻だ。行く先々のお店で声を掛けられなかなか列が進まない。知り合いばかリなどではなかろうが、なぜか女性店主などに引き留められ話し込む。三和商店街に入っても声をかけてくれるお店の数は減らない。6月の市議選で当選したばかりの30歳の無所属女性市議も合流し、「金沢さんをよろしく」と声をかけていく。おかげで三和の北端に来たのは13時半。急いで西宮に向かった。
 西宮では阪神西宮、アクタ北、高松ひなた緑地の3ヶ所で、それぞれ50人、40人、70人余りの聴衆を前に演説。前段演説は立憲民主党の栗山県議、自民党の大前県議、他にも県議が参加。それぞれ震災への取り組みや、芸術・文化を大切にする県政の必要性を訴えた。

 Img_2994 その後街宣車は芦屋を経て神戸市内へ。
 神戸市内での圧巻は、元町商店街を西から東へのモモタロウ。17時40分前に元町商店街入口に到着。両手をあげるかなざわのポーズがすっかり様になっている。
 元町町商店街入口付近は歩道が拡幅されており絶好の演説スポットで500人の聴衆がぎっしり(写真左)。ここでは防災の第一人者・河田恵昭和関大名誉教授(兵庫県「人と防災センター所長)が応援演説。「防災やコロナでは、日頃の取り組みが問われる。大阪と違い兵庫はそれをちゃんとやってきた」と的確な大阪維新批判。社会福祉事業者の竹中ナミさんは「兵庫県は福祉事業者にも手厚く配慮してきた」。それを受けて、かなざわさんは「受け継ぐものは受け継ぎ、改革すべきは改革していく」と訴えた。
 つづいて三宮センター街を西から東へ。200人以上の大隊列が30本ほどの水色ののぼりと一体で広いセンター街を、通行人とも一体となって道幅いっぱいにうねる。その姿は圧巻だ。
 マイクは井坂信彦立憲民主党衆議院1区予定候補者(写真中央の白シャツ)。かなざわさんを先導するのは粟原富夫神戸市議(新社会党・中央区選出、写真右嘴)。集会司会が自民党県議だから、自民・立憲・新社会というImg_3008 「みんなちがって、みんなかなざわ」という絶妙の組み合わせで、参加者も通例の組合動員とは違い、女性も多く、兵庫5国を象徴する多種多彩な集まりだった。

 ついでの三宮センター街入口での演説会は、センター街の中にも人がいて、常時は400人くらいか。大丸前の河田・竹中さんに加え、西宮の県立芸術センターの常任指揮者=佐渡裕さんが参加。佐渡さんは先ほどまで西宮芸術文化センターで指揮をとっていたとか。またこういう演説会でしゃべるのも初めてとかだが、大阪で芸術・文化がないがしろにされてきたことは見過ごせない。兵庫では震災後に西宮芸文センターをつくった。それは継続していかなくてはならないと訴えた。

Img_3028 これを受けて、かなざわさんがよく言う「東京・中央から有名人を連れて来るのではなく、兵庫が誇る著名人・地域の人が私の応援団」にぴったりはまった構図となった。聴衆の演説への集中度は、ここでこれまで行われた各種演説会の中では最高の熱気だったのではないか。

 他方、市民デモHYOGOなどが雨の日にする、交通センタービルの前の歩道橋下あたりでは維新候補が演説会。最終日なのでギッシリ一杯かと思いきや、かなりスカスカ。濃紺のTシャツばかりが目立ち、一般客はごくわずかで全体で200人ほどで、かなざわ陣営の半分以下。候補者の演説内容も「井戸知事に頼まれたらいやと言えない人が多く、しがらみが強い」とぼやいたり、「若いからもう一期待ったらどうかと言われた」など、ほとんど敗戦の弁。チラシを配る運動員に、「この前の西村コロナ担当大臣と丸川五輪担当大臣の応援で、かえって票が減ったのでは?」と問いかけると、痛い所を突かれたのか下を向く。

 Img_3034 ことほど左様に、最終日の三宮センター街周辺での2候補の演説会は好対象でった。
 そのころ共産党の金〇さんの宣伝カーも三宮を通ったが、名前連呼だけのさみしさ。投票をするときはぜひ、〇を田んぼでなく水の流れる沢にしてくれたらいいのにと思った最終日であった。ちょうど2年前の統一地方選・伊丹で、無我夢中で1週間を突っ走りながら、最終日には勝利を実感できたが、それと同じようなかなざわさんの勝利を実感できる1日であった。
 さあ明日の投票日、最後まで気を抜かず、8時以降の開票を待ちたい。






日本共産党の支持者は、維新に勝てる候補への、戦略的投票行動に立ち上がろう

 7月1日告示の兵庫県知事縁もいよいよ最終日となった。
 各種報道ではかなざわ候補と維新候補の大接戦とされている。そしてそれ以外の候補ははるかに及ばない(100%当選はない)ということも明らかになっている。
 でこの中で、約20万票を持つ共産党関係者の投票行動が大いに注目されている。
 先の東京都議選では共産党と立憲民主党が連携して、双方とも議席を伸ばした。
 また今秋ある衆議院選挙を前に、共産党東京2区の候補者が立憲野党の競合をさけるために比例区に回ったことも報道されている。
 兵庫県知事選のかなざわVS維新・自民連合が85万:90万とするなら、共産党の人が6万人反維新で決起すれば、かなざわさんの勝利となる。もちろん事前の候補者調整が必要だったのだろうが、それが出来なかった今、そして最終盤でかなざわ候補と維新候補が競り合っているとき、共産党支持者に求められるのは「よりベターな候補に投票を集中し、維新の県政奪取を阻止する」ことではないかと思う。
 当ブロガーは5月連休前にメールで、内田樹神戸女学院大名誉教授に「今回の県知事選でベストの候補を探すアドバイスを」と求めると、「よりベターな選択しかない」という答えだった。その後内田さんは共産党候補者の推薦人になったということだが、最終盤にきてこの接戦をどう考えておられるのだろう。
 2019年7月の参議院選でも、3番目の当選者をめぐって、立憲民主党候補と共産党候補が競い合っていたが、共産党候補が見込みがないと判ると多くの共産党支持者が立憲に投票してくれ、新人の立憲候補は3年前の水岡候補(現職だったが落選)を上回り、当選まで3万票に迫った。共産党は通例22万の得票が17万票に減っていた。たぶん数万人単位で立憲候補に投票してくれたのであろう。
 今回はそれ以上の接戦である。
 5万票以内の差なら、共産党支持者が反維新で戦略的投票をすれば維新を阻止できるのだ。
 今日1日、悩みながらも、反維新の勝てる候補への投票行動に決起されることを心から望みたい。

兵庫県知事選最終日 かなざわ候補のスケジュール

 県知事選も最終日になった。尼崎市議選では1票差で闘う仲間が勝利したように、最後の最後まで勝利を求めて奮闘した陣営が勝利する。激しいデットヒート上のかなざわ候補を、きょう一日応援しよう。

 7時半~8時半 JR伊丹 

 9時~9時20分 阪急川西能勢口 Img_2870

 9時50分~10時10分 JR宝塚

 11時~11時15分 JR尼崎北

 12時15分~12時半 阪神尼崎北

 12時半~13時半 尼崎中央商店街をモモタロウ         
          三和商店街入口で街頭演説

 Img_2855 14時~14時20分 西宮ガーデンズ前 高松ひなた緑地

 14時30分~14時50分 アクタ北交差点

 15時15分~15時35分 阪神西宮北

 16時~16時15分 JR芦屋北

 17時~17時40分 モモタロウ 元町6丁目→大丸前

 17時40分~18時10分 大丸前街宣

 18時10分~18時40分 モモタロウ 三宮センター街 西→東

 18時40分~19時10分 三宮センター街入口

 19時半~20時 大丸前街宣Img_2859

報道の不自由展かんさい、右翼の妨害をはねのけ開催

 既報どおり「報道の不自由展かんさい」は16、17日、18日とエルおおさかで開催されている。
 昨日16日は、右翼の激しい妨害に対し、スッタフと自主防衛隊が会場を防衛し、整理券を持つ500人が参加。夕方以降のお人は整理券が無く、会場には入れなかった。
 ついで17日は、午前9時から整理券配布で500人が参加できる。18日は終了が夕方なので、午前9時から300枚の整理券が配布される。
 17日、18日も右翼の妨害行動が予想されるので、展示に参加したい人は早目に会場へ、遅れる人は自主防衛隊都市て決起しよう。エルおおさかの前は階段状になっていて座って待機できるが、長時間を考える人はキャンプなどに使う折り畳みの椅子を持参し、右翼・ヘイトどもの妨害に対峙するのも一つの手と思う。
 とにもかくにも、右翼・ヘイト集団の妨害と、これと連携し展示会をつぶそうとした吉村大阪府知事の策動をはねのけて開催したことは、大阪におけるヘイトたちとの闘いの新たな勝利を刻印することになった。開催にこぎつけた主催者の奮闘に、心からのエールを送りたい。
 

東京の新規感染1308人は…最悪試算「8月上旬4000人」

東京の新規感染1308人は…最悪試算「8月上旬4000人」を上回る衝撃のハイペース

公開日: 更新日:
とても五輪どころじゃない(15日、会談を前に、IOCのバッハ会長から花束を受け取る小池百合子都知事)/(C)JMPA
とても五輪どころじゃない(15日、会談を前に、IOCのバッハ会長から花束を受け取る小池百合子都知事)/(C)JMPA
拡大する
  

「8月上旬に4000人」との最悪のケース(試算)を上回るペースだ。15日の東京の新規感染者は1308人。急峻な上り坂に出くわした気分になるが、まだ入り口だ。近く、巨大な波に膨れ上がる可能性がある。

【写真】この記事の関連写真を見る(16枚)

 冒頭の試算は7日の厚労省「アドバイザリーボード」の会合で報告された京大ウイルス・再生医科学研究所の古瀬祐気特定准教授によるもの。東京のまん延防止等重点措置(~11日)が延長されることを前提に、インド株(デルタ株)やワクチンの効果なども考慮されている。

 最悪のケースは「強い対策なし」の場合だ。7月14日に1000人、下旬に2000人、8月上旬に3000人、10日ごろには4000人に達すると試算している。

 だが現実は試算を超えてしまった。14日に1149人、15日は1308人。「最悪のケース」を上回っている。

 試算では、入院患者について、8月上旬に都が確保している6000床がいっぱいになり、中旬には1万人に達するとしている。医療体制完全崩壊である。(つづきは日刊ゲンダイで)

かなざわ和夫さん、勝利へあと一歩 尼崎では市議会第1党の公明党の中野洋昌衆議院議員がかなざわ支持を表明

 兵庫県知事選も大詰めに入った。この日かなざわ候補と維新候補はいずれも県東部の阪神間をめぐった。
 早朝川西市を出発したかなざわ候補は、お昼は阪急伊丹駅東口で前回(7月2日)を上回る結集で街頭演説会。
 Img_2958 午後は宝塚市3ヶ所で街頭演説。当ブロガーの「左翼友人」はこれまで「かなざわも、もう一人も同じ自民党、どっちがなっても同じ」であったが、ここにきて応援する友人たちの本気さと、かなざわ候補の人柄や実績に触れ、最終段階ながらフェイスブックで金沢支持を公表。北阪神では県議・市議が懸命に奮闘している。
 夕方は三田の2か所で演説ののち、午後7時半からは尼崎で個人演説会。この集会は当初は公明党の谷井県議主催との情報が流れた。またかなざわ陣営の尼崎の責任者=黒川県議は谷井県議と親しく、公明党のかなりの支持が見込めるのではという観測が流れた。その上に、Img_2949 部落解放同盟にも動員がかかっているということで、7時半からの尼崎中小企業センターにむかった。
 会場に入ると少し密を避ける形で並べられた椅子は既に満杯。やっと最後列に座ることができたが、その後も胸に会社名の刺繍のある建設業関係とおぼしき若者がどんどん入って来る。7時半には400人あまりの聴衆を前に、大声を張り上げる司会が開会の挨拶。冒頭は会社の社長さんだが、途中冬柴会という単語が出てくるあたりはやはり公明党と思われる。つぎは福祉分野では有名な通称ナミねえこと竹中ナミさんさん。
 ついで登場したのは、何と中野洋昌衆議院議員。市議会第1党で今回議長をとった尼崎公明のトップ=衆議院議員が「公明党は自主投票ですが、私は自主的に金沢さん応援に決起しました」と話すと会場から大きな拍手が起った。最終版ついに公明党の衆議院議員がかなざわ支持の態度を表明したのだ。
  Img_2952 ついで井戸兵庫県知事の発言のあと、かなざわ和夫さんの登場。
 かなざわさんは7月1日告示日の尼崎中央公園では、まだまだぎこちない控え目の候補者であったが、この日はあのアントニオ猪木が両腕を高く掲げてリングに登場するようなスタイルで演壇にあがった。演説も県下の隅々まで知る私が県政には必要ということを判りやすく訴え、当ブロガーの後方にいた青年たちも大きな拍手を送っていた。
 尼崎では6月の市議選で維新が得票を伸ばしたが、その後の議長・副議長選では、公明(12人)+グリーン(5人 立憲・新社など)+自民党反中央派(4人)の連合=県知事選ではかなざわ派の前にいとも簡単に敗北し、議長は公明、副議長は新社会となった。県下全域で互角の勝負が続く県知事選で、大阪に一番近い尼崎をかなざわ派が制すれば、流れはかなざわ有利に動くのではないか。
 都議選も最後の3日で大きく流れが変わった。17日の12時15分、阪神尼崎で総決起集会だ。ここへの大結集と熱気で、一気に勝負を決めていこう。
 尼崎から維新・菅連合を粉砕していこう。

 なおこの日夕方、維新候補は松井大阪市長や阪神間の衆議院選予定候補などをそろえてJR尼崎駅北で街頭演説会をひらいたが、その数は通行人もいれて250人余り。大阪との連携を訴えたが、コロナ感染がまた大阪から兵庫に広がっている今、大阪市長の応援は維新支持者にはともかく、一般市民にとってはかえってマイナスでは思える街頭演説会だった。

2021年7月16日 (金)

「バッハは帰れ」 原爆ドーム前などでデモ 一時騒然

 
 
原爆ドーム前で抗議活動をする人たち=2021年7月16日、広島市中区、宮城奈々撮影© 朝日新聞社 原爆ドーム前で抗議活動をする人たち=2021年7月16日、広島市中区、宮城奈々撮影

 IOCのバッハ会長の訪問に合わせ、広島市中区の平和記念公園は一部が立ち入り禁止になった。すぐそばでは抗議デモがあり、約40人が「CANCEL THE TOKYO OLYMPICS」などと書いた東京五輪の中止を求めるプラカードを掲げて練り歩いた。バッハ氏が献花している最中も「バッハは帰れ」「平和を利用するな」などの声が上がり、多くの警察官が集まるなど騒然とした。

 原爆ドーム前でも「被爆地を利用するな」「どこが平和の祭典だ」などと書かれたプラカードや横断幕を掲げる抗議デモがあった。主催した「8・6ヒロシマ大行動実行委員会」事務局の門田直子さん(38)は「平和を五輪開催のために利用している。広島は歓迎していないという意思を示したい」と話した。

 立ち入りを制限する柵の前には一時、人だかりもできた。広島市中区の八木隆幸さん(78)は「被爆者を慰霊しようという気持ちは大歓迎」としつつ、疑問も感じたという。3歳の頃に市内の自宅で被爆。平和記念公園を散歩して慰霊碑に手を合わせるのが日課だったが、この日は中に入れなかった。「柵まで作って、原爆で亡くなった方々に何を誓ったのか。心の内を聞いてみたいね」(宮城奈々、福冨旅史)

表現の不自由展かんさい 今日からエルおおさかで

 開催への妨害が、右翼ヘイトと吉村大阪府知事の連携で執拗に繰り返されていた「表現の不自由展」が、大阪高裁でも開催妨害が却下され、今日からエルおおさか7階展示室で開催される。
 ぜひ見に行くとともに、右翼・ヘイト集団から会場を守るためにも、エルおおさか(地下鉄「天満橋」西4分 JR「大阪天満宮」南15分)に足を運ぼう。

 16日(金)、17日(土) 10時~20時  

 18日(日)=最終日   10時~16時

【7・9大阪地裁の決定を受けて】
1.これは私たちみんなの勝利です
 本日(7/9)、私たち表現の不自由展かんさい実行委員会は、大阪地裁から「施設の利用認める決定」を受けました。
 裁判所は展示会について「憲法で保障された表現の自由の一環として開催が保障されるべきものだ」と指摘しています。
 私たちは、この決定を、当然のものとして受け止めています。
 あのような抗議で、表現の自由が侵害されてはならないということは、火を見るより明らかです。もし裁判所がエルおおさか側の訴えを認めるようなことがあれば、それはまさに「絶望の裁判所」であり、民主主義の死ともいえるものです。
 そんな最悪の事態を迎えなかったということを、表現の不自由展かんさい実行委員会は、これまで応援してていただき、エルおおさかや大阪府に抗議していただいた支援者のみなさまと共に、喜びを分かち合いたいと思います。
 これは私たちの民主主義の勝利です!
2.恥ずべきエルおおさかと吉村知事の対応
 しかしエルおおさかはこれを不服として、即時抗告を行うそうです。
 吉村知事はこのように述べています。
「明らかに差し迫った危険があると思っています。他の利用者も安全に利用してもらうのも管理者として責任を持っている。利用の停止を判断する権限はある」
 私たちは吉村知事のこのような恥ずべき発言を、到底容認することはできません。
 公の施設の利用不許可を巡っては、最高裁判例で「明らかに差し迫った危険の発生が具体的に予見されることが必要」と示されています。今回の裁判所の決定でも「警察の適切な警備などがあってもなお混乱が防止できないほどの特別な事情はない」と述べています。
 危険性を排除する責任があるのは、吉村知事、あなたです。
 そのための努力を何ら行わないまま、暴力的な妨害を容認して、暴力を受けた側の権利を侵害するようなことがあってはならないのは、当然です。
3.安全確保のための協議に応じないエルおおさかに抗議の声を
 本日夕刻、開催に向けて安全確保などの協議を行いたいとエルおおさかに申し入れしましたが、エルおおさか側は即時抗告を理由に協議を拒否しました。
 エルおおさかが即時抗告したとしても、執行停止の効力に影響はありません。開催日までにエルおおさかの主張を認めるような決定が出ない限り、当然、表現の不自由展かんさいは開催できることになります。
 エルおおさかは安全確保の協議に応じる義務があると言えるでしょう。
 みなさん、思い思いの方法で、エルおおさかに抗議を集中してください。
 即時抗告に対して大阪地裁がエルおおさかの主張を認めるようなことがない限り、表現の不自由展かんさいは開催できるのです!
 そして7月16日~18日には、エルおおさかでお会いしましょう。
 芸術作品たちも、きっとあなたを待っています。
【追記】
7月13日、安全対策等について、エルおおさかと協議を行いました。
抗議をしていただいた方、ありがとうございます。
現在、即時抗告を受けているところではありますが、安全な開催にむけて実行委として準備を進めております。

北上あきひと県会議員がかなざわ和夫さん支援雄訴え

11時間前 
お知らせ
かなざわ和夫街頭演説会in川西
かなざわ和夫さんの熱い訴えを、是非お聴きください。
と き 16日(金)午前10時〜10時15分
ところ 川西能勢口駅北側モザイクボックス前
☆16日は県議会常任委員会開催のため、残念ながら北  
 上は街頭演説会に参加することが叶いません。
とき  17日(土)午前9時〜9時20分
ところ JR川西池田駅北側ロータリー
☆17日は北上が司会を務める予定です。

弘川よしえさん(弁護士・尼崎)が県知事選でかなざわ候補支援を訴え



兵庫県知事選の期日前投票が始まっています。投票日は7月18日です。

まだ決めていない皆さん、ぜひ、かなざわ和夫さん(前・兵庫県副知事)への投票をお願いします。
私がかなざわ氏を推す最大の理由は、はっきり言えば、兵庫県を維新政治にしたくないからです。対抗馬のさいとう氏(維新)が兵庫県政を治めることになれば、例えば、大阪で維新政治ゆえに起こっているような、今回の表現の不自由展の開催拒否や、リバティおおさかや国際児童文学館の閉鎖や、公立病院の統廃合や、チャレンジテスト(県独自の学力テスト)による生徒や教師や学校のランク付けが始まるからです。労働組合への締め付けも始まるでしょう。

「身を切る改革」という合言葉で、テストの点数では測れない、子どもたちの学習への補助(環境学習など。私の地域では子どもたちは保育園や学校の授業で、県の補助で川遊びをします。)も経費削減されてしまうかもしれません。

かなざわ和夫さんは、これまでの井戸知事の県政を基本的には引き継いでいきます。よかったところ、悪かったところ、様々精査していくべきですが、決して数字上の「改革」を見せかけるために、不必要に「文化」「教育」を削減したり、労働組合や教員などをしめつけることはないでしょう。

かなざわさんのオフィシャルサイトには様々な政策が、4分程度の動画で分かりやすくあげられています。
 ・小中学校の30人学級の実現
 ・リモートワークや二地域居住など新しいライフスタイル促進
 ・ジオパーク、うずしおなど兵庫の自然を活かしたツーリズム
 ・県民との直接対話による県政

どれも実現してほしいです。
競争原理を持ち込むことが政治ではない。
誰もがとりこぼされないために、民間ではできないことをするのが政治です。
どうか、かなざわ和夫さんをよろしくお願いします!!






かなざわ和夫(金澤和夫 )オフィシャルページ | 兵庫県







KANAZAWAKAZUO.INFO


かなざわ和夫(金澤和夫 )オフィシャルページ | 兵庫県
かなざわ和夫オフィシャルページ:「共にかがやく兵庫」。日本をリ

かなざわ和夫候補行動日程

本日のかなざわ和夫行動日程

10時 川西能勢口駅前、ドコモショップ前


12時45分 阪急伊丹駅東口

13時45分 阪急仁川駅東口

14時半  阪急逆瀬川 アピア前

15時半  阪急・JR連絡デッキ

17時   JR三田駅前

18時   三田市フラワータウン駅前

19時   尼崎市・中小企業センター(阪神尼崎駅北東5分)で個人演説会

2021年7月15日 (木)

小池都知事は西村“恫喝発言”に強く同調 その後のダンマリを大手メディアなぜ追及せず

小池都知事は西村“恫喝発言”に強く同調 その後のダンマリを大手メディアなぜ追及せず

公開日: 更新日:
国政新党立ち上げ期待であがめる政界風潮に…(小池百合子都知事)/(C)日刊ゲンダイ
国政新党立ち上げ期待であがめる政界風潮に…(小池百合子都知事)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 大炎上は鎮火しそうにない。酒の提供停止に応じない飲食店への働きかけを取引金融機関に求めた西村コロナ担当相の恫喝暴言は、いくら撤回しても非難の嵐だ。

【写真】この記事の関連写真を見る(50枚)

 金融機関の「優越的地位」の乱用を是認し、「酒を出すな」と融資で締め付け、コロナ禍で資金繰りに苦しむ飲食店をさらに窮地に立たせるような弱い者いじめ。「説明が不十分だった」との西村大臣の言い訳も火に油だが、同じように批判されてしかるべき人がいる。

 東京都の“女帝”小池知事だ。

 西村大臣が暴言を吐いた翌9日、午後の定例会見で発言の受け止めを聞かれた小池知事は「緊急事態宣言の効果を上げていくという思いは私も同じだ」と同調。「急所である飲食の部分をどう締めていくのか、絞っていくのかを言及された」と理解を示し、「現場を担う者としては動きやすくなる、また(飲食店を)説得をしていただきやすくなる」とまで言いきった。

つづきは日刊ゲンダイで

兵庫県知事選もあと3日 昨日まで候補者名のはいった2連ポスターが掲示されていたり

 Img_2917 本日の朝日新聞でも兵庫県知事選は2候補の激戦と報道されている。
 そんななか、公示後も昨日まで、公営掲示板以外に候補者名の入った「2連ポスター」が貼られていた。伊丹市は新伊丹から五合橋に至る旧田辺聖子からもほど遠くない目につきやすい場所である。市民が選管に連絡し、陣営にもその旨届き、昨日中には撤去されたようだが、じつに2週間にわたって公然と選挙違反がおこなわれていたわけである。他にも何か所あったようだが、公営掲示板のポスターに傷をつければ逮捕もありうるのに、その逆に「違法な掲示」は「やったもん勝ち」で何の咎にも問われないもだろうか。東京オリンピックの感染封じ込めの「バブル方式」以上のザルと言うしかない。
 陣営と掲示責任者と選挙管理員会の猛省を求めたい。

リバウンドから、感染爆発へ 東京都で新たに1149人の感染確認。大阪も300人超え。

 
 

東京都は7月14日、新たに1149人の新型コロナウイルス感染を確認した。午後4時45分時点の速報値として福祉保健局が発表した。

このうち65歳以上の高齢者は46人。重症者は54人だった。

東京都の統計によると、感染者数が1000人を超えるのは5月13日以来。4度目の緊急事態宣言が7月12日に都内に発令されてから最多となった。

2021年7月14日 (水)

違法恫喝、西村は辞任を! 西村大臣の“預金封鎖”ドーカツ発言 菅首相が「承知していない」は大嘘だった!


西村大臣の“預金封鎖”ドーカツ発言 菅首相が「承知していない」は大嘘だった!

公開日: 更新日:



あまりにも無責任だ(C)共同通信社
あまりにも無責任だ(C)共同通信社
拡大する
  

「承知していない」はやっぱり大嘘だった。

 4度目となる緊急事態宣言の発令直前の会見で、「休業要請に応じていただけない店については、金融機関に対してしっかり情報を共有しながら順守の働きかけを行っていただく」などと発言、飲食店などから批判の声が上がっている西村康稔経済再生担当。西村大臣は13日の閣議後会見で、「私の発言で混乱を招き、不安を与えることになってしまった。趣旨を十分伝え切れず、反省している」などと陳謝していたが、この言葉はさらに火に油を注ぐことになるのではないか。

 なぜなら、飲食店の経営者らが憤っているのは西村大臣が“預金封鎖”をチラつかせながら、何ら法に基づくこともなく高圧的、強権的に飲食店を狙い撃ちしたことだ。内閣官房が銀行などを監督する金融庁や政府系金融機関を所管する財務、経済産業両省に協力を求める文書を出していたことから考えても、政府の意向や「趣旨」は十分伝わっている上、理解もしている。決して「混乱」しているわけではない。飲食店側から見れば西村大臣の説明は謝罪でも何でもないだろう。

   そして、この問題でさらなる怒りの「火ダネ」が飛び出した。西村大臣は会見で、自身の発言について「承知していない」と語っていた菅義偉首相について、関係閣僚会議の会合に出席した菅首相に事務方が説明していた、と明かしたからだ。つまり、菅首相は、飲食店狙い撃ちの“預金封鎖”について事務方から説明を受け、了承していたわけで、それが大きな問題として取り上げられた途端、知らんぷりしたことになる。新型コロナ対策本部の本部長として無責任ではないか。


 菅政権の十八番は「脅しスカシ」とはいえ、あまりに酷い話だ。

武建一委員長への実刑を阻止 懲役3年・執行猶予5年の不当判決弾劾し控訴審へ

●関西生コン事件 7・13大阪地裁判決 

武建一委員長への実刑を阻止、タイヨー生コン事件は無罪

懲役3年・執行猶予5年・未決換算190日の不当判決弾劾し、控訴審へ

 


*上の写真=井手窪啓一さん撮影

報告=愛知連帯ユニオン

 7月13日10時大阪地裁において、関西生コン労組事件・武建一委員長への判決がありました。この裁判には遠くは北海道から等、全国の支援・400名以上が詰めかけ、権力と結託した使用者団体・大阪広域生コン協同組合の300名弱の動員を大きく凌駕し、圧倒しました。

 判決は、滋賀県のフジタの工事現場に対するコンプライアンス活動事件、2017年12月のセメントステーション等におけるストライキ事件、さらに、タイヨー生コンからの1000万円の会館建設カンパ「恐喝」事件について行われ、タイヨー生コン事件は無罪、その他について、懲役3年・執行猶予5年・未決換算190日というものでした。

 この判決は、違法行為をしたものが罪に問われずに違法行為を摘発したコンプライアンス活動を「恐喝未遂」とし、産業別労組のストライキにおける平和的説得活動を「威力業務妨害」とし、それらについて、労組の委員長として「予想外のこととは認められず、想定の範囲内」であるから共謀共同正犯が成り立つとするデタラメなものでした。

 しかし、2018年から組合員等延べ89名を逮捕した異様なこの事件で、予想された委員長の実刑判決を阻止し、ひとつの事件の無罪判決を勝ち取ったことは大きな意味があり、この間の全国での支援の広がりの力を示すものであったと思います。


*報告する武委員長(下も)

 タイヨー生コン事件は、会館建設のカンパとして組合に提供された1000万円を、一連の弾圧の中で、後から「恐喝」として検察がデッチ上げたものでした。しかし、裁判を通しても、そもそも、労組や委員長が1000万円をタイヨー生コンに要求したという事実も証拠も何ひとつなく、今回の無罪判決に至ったのです。

 2017年12月のストライキに対しては、裁判長は、昨年10・8組合役員と本年3・15現場メンバーへの不当判決を踏襲し、「現場の行動は平和的説得の範囲を超えている」「対象となった企業に組合員はおらず、労組法の使用者に当たらないから正当行為としての刑事免責の対象外」等と不当判決を繰り返しました。裁判後に武委員長が指摘したように、このような判決を放置しては、憲法28条の労働三権は空洞化してしまいます。

 滋賀県でのゼネコン・フジタの現場での違法行為を摘発するコンプライアンス活動については、裁判長は、「個々の態様は穏当なものであったとしても、また、個々の組合員が先行する大阪高裁の星山決定によって違法性がないと信じていたとしても、コンプライアンス活動が4か月にも渡って執拗に繰り返されてフジタの負担になった」「湖東協組の北川建材が、アウト業者から生コンを買うと大変なことになると言って、湖東協組からの生コンの購入を求めたこと合わせてと総合的な判断すると、一連の行為は脅迫に当たる」としました。違法行為の摘発を「執拗に繰り返す」、マル適マークを取得した生コンの購入を促すと脅迫になるとでもいうのでしょうか。

 先日の熱海の土砂崩れは、長年、産廃の不法投棄を疑わせる違法な盛り土の放置が原因でした。コンプライアンス活動はやってみれば解りますが、「執拗に」行わなければ、簡単には不法行為は是正されないのです。

 連帯ユニオンは不当判決を許さず、闘い続けます。これからも全国での支援の拡大をよろしくお願いします。

がんばれ!金沢和夫さん 朝日調査で横一線 あと4日で逆転だ

 昨日の朝日新聞の報道で、かなざわ和夫候補が維新・自民連合候補と横一線となったとのこと。これまで自民票はかなざわ2:維新・自民連合3だったが、昨日の朝日では4対4。無党派では金沢がリードしてるとの報道。維新・自民連合の勢いが鈍り、かなざわ候補が急速に追い上げているという事。残り4日で逆転は全く可能だ。
 阪神間では金曜・土曜が行動日。街頭演説に駆けつけ、友人・知人に声をかけ、電話をしまくり、維新・自民連合を売り切ろう。阪神尼崎には17日(土)12時15分にかなざわ候補が来て、その後中央商店街を練り歩きする。阪神間の人々の総決起を訴える。
兵庫県知事選挙 応援メッセージ「小さな声を大切にする県政を!」

東京で内閣支持率が大幅低下28%、コロナ・五輪に厳しい目…読売世論調査

東京で内閣支持率が大幅低下28%、コロナ・五輪に厳しい目…読売世論調査

 読売新聞社の全国世論調査では、東京都民の政府に対する評価の厳しさが目立った。

 菅内閣の支持率は東京に限ると28%で、全国平均の37%と比べて9ポイント低かった。都の支持率は、前回6月調査から3ポイント、前々回の5月調査からは12ポイントの大幅な低下となった。不支持率も63%(全国53%)に達した。

 政府の新型コロナウイルス対応を「評価する」は都が24%だったのに対し、全国は28%。ワクチン接種の対応を「評価する」との回答は、都31%、全国36%となり、いずれも都での評価が全国を下回った。都に対して4度目となる緊急事態宣言について、感染拡大防止に効果があると思うかを聞くと、「思わない」は都で73%に達し、全国の56%を大きく上回った。

 23日に開幕する東京五輪は、ほとんどの会場で無観客にすることが決まった。どうするのがよかったかを尋ねると、都では「中止」が50%(全国41%)となり、「無観客で行う」28%(同40%)を大きく上回った。「少しでも観客を入れる」は19%(同17%)だった。

 緊急事態宣言の発令前後で、都の菅内閣支持率の変化をみると、2度目の宣言後の今年1月調査では10ポイント下落。3度目の宣言後の5月調査は、1ポイント上昇とほぼ横ばいだった。都の内閣支持率は、全国をやや下回りながらもほぼ連動して推移していた。今回は、全国と都の支持率に大きな差が生じた。新型コロナに五輪を巡る対応が重なったことが、都民の政府に対する不満を強めた可能性がある。

 今月行われた東京都議選では、自民党は33議席で第1党となったものの、過去2番目に少ない議席にとどまった。都議選の結果について、菅首相の「責任は大きい」は全国で51%となった。都に限っても、「責任は大きい」は49%で、全国と同様の傾向だった。

2021年7月13日 (火)

速報! 関生支部・武委員長、恐喝罪成立せず、執行猶予付き判決

 Img_2928 本日午前10時から行われた連帯労組関西地区生コン支部の武建一委員長に対する判決公判において、大阪地裁は「恐喝罪は無罪、医療業務妨害は有罪、懲役3年、執行猶予5年」という判決を下した。懲役8年が求刑されたこの裁判で、武委員長は有罪判決でそのまま収監されるのではと予想されていたが、結果は執行猶予付きの判決で、400人近い闘争参加者の間からは喜びの歓声が上がった。
 判決そのものはストライキを宇力業務妨害とする反動判決だが、関生労組を恐喝集団のように描く検察・省察の弾圧の意図は大きく崩れた。判決後に武委員長は意気高く今後も闘いぬくことを表明した。

 

n

 n

2021年7月12日 (月)

「世間の感覚とズレている」街頭演説で神戸入りの西村担当相、丸川五輪相に怒りの声

 
いいね
丸川珠代五輪相(C)朝日新聞社© AERA dot. 提供 丸川珠代五輪相(C)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は12日から4度目の緊急事態宣言に突入した。東京都内では11日に新たに614人の感染者数を確認。22日連続で前の週の同じ曜日を上回った。政府や東京都は、飲食店の酒類提供を再び停止し、不要不急の移動の自粛を8月22日までの期限で呼び掛けている。

 しかし、この呼びかけも「限界がある」と自民党関係者は声を潜める。

「以前は在宅ワークを命じていた企業も今回は出勤を許可しているという話をよく耳にする。もう政府の言うことを聞いても仕方ないと思われているのだろう。酒類の提供を禁止して限界を迎えている飲食店が多い中、東京五輪を開催することも国民の理解を得られているとは言い難い。政治不信に加え、自粛疲れで外に出ている人も増えている。感染拡大を抑えられるかは疑問です」

 各自治体は不要不急の都道府県間の移動、緊急事態措置区域との往来を極力控えるように呼びかけている。感染拡大を防ぐために「我慢の日々」が当面続く。そんな状況の中、18日投開票の兵庫県知事選で自民党の推薦候補を応援するため神戸入りした丸川珠代五輪相、西村康稔経済再生担当相の行動に疑問の声が上がっている。

 西村担当相は10日に神戸市で街頭演説。コロナ対策に従わない飲食店に対して金融機関からの働きかけを求めた発言について、「飲食店の皆さまに不安を与え、本当に反省している」と謝罪。「何とかコロナを抑えたい。真面目に対応している皆さんに何とか報いたい」と訴えた。また、丸川五輪相も11日に神戸市内で街頭演説を行い、「国が皆さんのかかりつけ医をすぐチェックできるだけではなく、既往歴が分かったり、副反応の様子をすぐに送信したりできないかを考えている」と熱弁した。

 兵庫県民からは冷ややかな声が。SNS、ネット上では「西村さん、丸川さん、緊急事態宣言を控えている時期になんで東京から来たの?国民に不要な外出自粛を呼び掛けているのに、自分たちは特別なの?支持されない理由が分かるね(原文ママ)」、「選挙の応援演説は不要不急の外出ではないというのは一理あるかもしれない。2人を呼んだ兵庫の自民党県連の神経がおかしい。県民には我慢を強いているのに、行動が矛盾している(原文ママ)」などのコメントが。

「緊急事態宣言を目前に控えて、東京から兵庫に応援演説に行った判断は世間の感覚とズレていると言われても仕方ない。西村大臣はああいう発言があった後だっただけに慎重に行動しても良かったのでは…。信頼を回復したいという思いでそこまで気が回らなかったのかもしれない」(前出の自民党関係者)

 国民の多くは怒りを通り越し、政府に対して耳を傾けなくなっている。もちろん、緊急事態宣言下で感染拡大を防ぐために、不要不急の外出は控えるべきだ。ただ、東京五輪開催で政府の施策に「矛盾」を感じている。丸川五輪相は応援演説で東京五輪について言及しなかったが、「なぜ開催するのか?」という疑問に根気強く説明する必要がある。国民に真摯な姿勢で向き合うべきではないだろうか。(牧忠則)

各地で総選挙に向け決起集会 7・4大椿ゆうこ決起集会


大椿ゆう子さん決起集会~やましたけいきさんのブログより

2021年07月04日 |  #選挙 #選挙ポスター不正請求疑惑 #茨木市

 社民党大阪9区予定候補の大椿ゆう子さんの選挙対策本部立ち上げ決起集会が午後2時から。

それに先立って10時から選対会議が10時から。今後の動きについて相談しました。

コロナ禍の中で心配しましたが、会場は支援者でいっぱいになりました。
 Img_2888ここから藩士センターブログ  7月4日茨木市で、社民党の大椿ゆうこ総決起集会があった。茨木、箕面、池田、能勢、豊能の5市町村を選挙区とする大阪9区の人々を中心に、大阪・兵庫・関西各地から150人が集まり、大椿ゆうこ必勝へ決意を固めた。地元の山下けいき茨木議員をはじめ、今年町議になったばかりの難波希美子能勢町議など10人を超える市議・府議が参加。(写真右)
 また茨木市で沖縄(遺骨入Img_2893 りの土砂埋め立て使用反対の)決議をかちとった大学生なども発言し、大いに意気が上がった。服部社民党幹事長の国会報告、大椿さんの力強い決意表明など、予定時間を大幅に超える元気の出る集会であった。
 9月解散とも言われている中で、時間はあまり無い。間もなく阪急茨木市駅西のビル1階に選挙事務所もできるという。どんどん応援にいこう。
 

兵庫県知事選と、五輪は中止~当面の行動

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

190627369_4069219599837512_6799705187465

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

 

713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園  関生弾圧・武建一委員長判決 10時 大阪地裁(JR「北新地」東南12分、地下鉄「淀屋橋」北東7分)

713日(火) 連帯兵庫みなせん 14時半 稲葉プラザ(JR「須磨海浜公園」北東5分)

金沢和夫選挙応援行動

 713日(火) 7時半 JR尼崎駅南 登り口 尼崎市内  12時 中央商店街入口

      13時~17時 西宮市内

 716日(金) 7時半 阪急川西能勢口 川西市内  11時~14時 伊丹市内

         谷井県議(公明)個人演説会 19時半 尼崎市中小企業会館ホール

Img_2859

 

7月17日(土) 11時時~13時半 尼崎市内遊説 12時15分 阪神尼崎駅前

          12時半~13時半 中央商店街練り歩き  13時半 国道2号尼信前

          14時以降 西宮市内

          18時以降 神戸市内

716日(金)~18日(日)表現の不自由展かんさい 10時~20時 最終日16時まで

 エルおおさか9階ギャラリー(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

 

※7月17日(土) 10年たってわかってきたこと そして福井の老朽原発再稼働って!? 14時 宝塚男女共同参画センター(阪急「宝塚」直結) 講師:長沢啓行(若狭連帯行動ネットワーク)

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

718日(日) ミャンマー市民との連帯の集い 16時 神戸・東遊園地(JR[三宮」南10分)

7月18日(日) ピープルズファースト大会IN兵庫 13時~16

7月18日(日) Xバンド近畿連」)絡会総決起集会 13時半 京都府部落解放センター(地下鉄「鞍馬口」)

723日(金・休) 東京五輪開幕

723日(金・休9 東京五輪反対行動

723日(金・休) 老朽原発うごかすな!講演会 14時 高槻現代劇場文化ホール2F展示室(阪急「高槻市」南西8分)  講演:武村二三夫弁護士 木原壯林(若狭の原発を考える会)

7月24日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

7月24日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) 報告:片岡隆(芦屋「九条の会」事務局長)

7月24日(土) 梅田解放区 17時半阪急ヘップ5前

※7月25日(日) 伊丹自衛隊申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20分)

※7月25日(日) 武庫川ユニオン第34回定期大会 13時半 リベル3F会議室(阪神「出屋敷」北2分)

7月25日(日) 部落解放同盟全国連合会第30回大会 13時 大東市立市民会館

726日(月) ジェンダーを考える~女性解放運動の歴史と現在 18時半 中央会館(地下鉄「心斎橋」東12分) 講師:松村徳子(奈良女性史研究会)

※729日(木) さようなら原発1000人集会実行委 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

※7月31日(土) 西宮ピースネット 11時 JR西宮駅南

7月31日(土) 斎藤幸平さん講演会~「欠乏」から「潤沢」へ 変革の方向を読み解く~ 14時 奈良県社会福祉総合センター(「畝傍御陵前」下車すぐ)

※81日(日)  白井聡&つじ恵講演会 14時 尼崎アルカイックホール・ミニ(阪神「尼崎」北東5分)

83日(火)  優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁(「高速神戸」北東5分)

86日(金)  8・6ヒロシマ平和の夕べ 14時 広島RCC文化センター7階大会議室

8月6日(金) 「デジタル庁構想」とは何か? 18時半 エルおおさか南館5階ホール(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) 黒田充(自治体情報政策研究会)

※87日(土)  山田正彦元農水大臣講演会 いま種子法を考える 13時 尼崎・すこやかプラザ(JR「立花」南3分)

2021年7月11日 (日)

梅田解放区 五輪中止求め、飛び入り発言あいつぐ

 Img_2910 毎月第2、第4土曜日の梅田解放区は、目前に控えた東京五輪の中止を求めて、17時半から19時まで、アピールが続いた。
 特にこの日は、この春ロンドンから帰ってきた女性の飛び入り発言を皮切りに、京都の飲食業の方、神戸から仕事の途中の人と、次々と飛び入り発言が続き、五輪を強行する菅政権への怒りがふつふつと煮えたぎっている事をうかがわせる梅田解放区となった。
 ロンドンから帰国の方は、ロンドンもヒドイが大阪はもっとひどい、人口比で言えばインドよりもヒドイと訴えた。京都の飲食の方は、菅政権により飲食が目の敵にされているが、感染拡大は飲食ではない。菅政権のコロナ無策こそ責められるべきと訴えた。神戸の飛び入りの方に続いて兵庫から3人の人が訴えたが、いずれも大阪維新がコロナまん延の源泉で、18日投開票の兵庫県知事選では、大阪維新と自民党の連合候補を落とそう。兵庫で勝てば、菅政権では今年に入っての重大選挙の連敗が続いており、政権崩壊は近い、声を上げて菅政権を倒そうと訴えた。
 阪急ヘップ5はコロナ以前の人出で、かつてなく多くの若者が街頭アピールに耳を傾けていた。菅政権の倒壊は間近ぜよ!



大阪でリバウンド拡大中 10日200人の感染者

【速報】大阪で新たに200人の感染確認 6月3日以来の200人台 感染者1人が死亡07月10日 17:23

大阪府で10日、新たに200人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

1日の感染者数が200人台となるのは、6月3日以来です。

前週の同じ曜日の感染者数(148人)より、52人増えました。

検査件数は1万4365件で、陽性率は1.4%でした。

これまでに大阪府内で確認された感染者数は、計10万4682人となります。

また、大阪府内では、感染者1人の死亡が確認されました。

重症者数は52人となっています。

2021年7月10日 (土)

識者、独禁法抵触の恐れ指摘 自民若手は悲鳴 西村発言

 
 
いいね|
西村康稔経済再生相=6月© 朝日新聞社 西村康稔経済再生相=6月

 お酒の提供自粛や営業時間短縮に協力しない飲食店には金融機関経由で働きかける。そんな考えを示した西村康稔経済再生相の発言に、銀行や与野党から戸惑いや反発の声が広がった。

 「我々に監視役をやれというのか」。大手金融機関首脳は9日、取材に対しこう述べた。「資金繰りをどう支えるかが我々の任務。自粛要請が徹底されない現実への問題意識は理解するが筋が違うんじゃないか」と話す。地方銀行幹部も「自粛警察をしろというのか」と反発の声をあげた。

 資金繰りが苦しい店も多い飲食業界にとって、融資を握る銀行の意向は無視しにくい。「(銀行の)優越的地位の乱用と思われかねない。生き残りに必死で立場が弱い飲食店がどう受け止めるか、想像すべきだ」と別の地銀幹部はいう。

 新宿・歌舞伎町の雑居ビルに店を構えるバーの男性店主(39)は「自分の手を汚さずに『圧力』をかけさせようとしている。あまりに陰湿なやり方だ」と憤る。コロナ禍での借金は300万円近くに。前回の緊急事態宣言時から、要請に応じず酒を提供し続けている。客層は2軒目や3軒目としてやってくる人が中心で、酒がなければ成り立たない。「酒を出すのは生活のための『自助』。今回のやり口に手を貸す金融機関はいないだろうけれど」

 与野党からも疑問や反発の声が相次いだ。自民党幹部は「西村氏の発言を聞けば、酒屋や卸売業者は『けしからん』となる」、衆院若手は「選挙にマイナスだ」と悲鳴を上げた。立憲民主党の安住淳国会対策委員長は「言うことをきかない酒屋に『お金を貸すな』などと政府が言う権限は法律上どこにもない」と批判し、共産党の田村智子政策委員長は会見で「憤りを禁じ得ない」と述べた。

■識者「金融機関の営業の自由にも抵触」

 《飯田泰之・明治大准教授(経済政策)の話》

 お金を借りているという意味で「弱い立場」にある飲食店に対し、金融機関が営業内容に注文をつける行為は独占禁止法で禁じた「優越的地位の濫用(らんよう)」にあたる可能性があり、金融業界も反応に戸惑ったと思われる。

 貸したお金をいずれ返してもらいたい金融機関に対して、わざわざ回収が難しくなるようなことを促しているとも言え、金融機関の営業の自由にも抵触する。

 発言の方法も「金融機関にお願いをして、政府に忖度(そんたく)して動いてね」という姿勢で無責任だった。

 政府のコロナ対策は、営業時間の短縮や酒類の提供停止など飲食業界に集中している。飲食店の営業の権利に、ここまで介入するほどの実効性があるのかは疑問だ。明確な因果関係がないまま、ひとつの業界を悪者にしてしまった印象がぬぐえない。メディアにも責任があると考える。

 酒類を提供する飲食店は他業界に比べて個人経営など小規模事業者が多く、「政治力」が弱い。反論が政府に届きにくく、これまでも無理筋の要求がコロナ対策の名のもとにまかり通ってきた。

 ただ、今回は政治力の強い金融業界が絡んだことで、法的根拠の薄弱さがしっかり指摘されたということではないか。

 特に今年に入ってからは思いつきとしか思えない政策が時々ある。中長期的な補償の枠組みの提示がなく、短絡的な飲食店への命令が続いている印象だ。(小出大貴)

2021年7月 9日 (金)

ミャンマー支援情報

ミャンマー支援情報 2021年7月9日  

ご支援を! 

 

 

■ミャンマー映画 藤元明緒監督 宝塚シネ・ピピア

「映画を見て“帰る場所”を失った人たちがいる現実に関心をもって」(添付の読売新聞より)

 

宝塚シネ・ピピア トップページ (cinepipia.com)

「僕の帰る場所」7/9(金)から7/15(木)

日本とミャンマー、二つの国で揺れる家族の愛の物語。難民申請中の在日ミャンマー人家族の実話を基に描く。映画を観て、ミャンマーの人々を支援!!

「海辺の彼女たち」7/16(金)から7/22(木)

『僕の帰る場所』に続き、来日した3人のベトナム人女性の苦難を、リアリティ溢れる映像で綴る。あまりにも過酷な仕事、そして逃亡の末、不法滞在に…。

7/17(土)、藤元明緒監督トークショー開催決定!詳しくはこちらへ。

 

7/18(日)世界統一行動 ミャンマークーデター抗議集会・デモ(詳細未定)

2021年7月18日(日)午後4時、神戸東遊園地(三宮駅から海の方へ徒歩15分)

主催:ミャンマークーデター抗議西日本実行委員会 

 

■関連情報 おススメ

・総合誌『世界』最新号8月所収

 「危機のなかのミャンマー ~機能しない仲介外交から標的制裁へ」

根本敬(上智大学教授。著書『物語 ビルマの歴史』など)

・信濃毎日新聞

〈社説〉ミャンマーと企業 人権に鈍感では済まない | 信毎web - 信濃毎日新聞 (shinmai.co.jp)

・産経新聞

神戸から広がるミャンマー軍政抵抗運動 支援団体の懸念(1/2ページ) - 産経ニュース (sankei.com)

・朝日新聞

ミャンマーの軍事クーデターにどう向き合うべきか - 徳丸夏歌|論座 - 朝日新聞社の言論サイト (asahi.com)

 

■国際人権NGOアムネスティ日本

【オンライン】人権活動家が語るミャンマーの今〜困難を希望に変えるには~ : アムネスティ日本 AMNESTY

2021年712() 19:00-20:30 講師:キン・オーンマーさん

署名活動 ミャンマー軍の過酷な弾圧を今すぐ終わらせて! : アムネスティ日本 AMNESTY

 

■ミャンマー支援募金を広げよう!ミャンマークーデター抗議西日本実行委員会を支援!

在日ミャンマー人の民主化活動支援、生活支援を!

郵便振替口座「多文化共生と地域福祉の会  00990-5-324971

母国に平和を ミャンマー出身者らが尼崎で集会|阪神|神戸新聞NEXT (kobe-np.co.jp)

 

(編集後記)

毎月の在日ミャンマー人の抗議集会は、その都度数万円の運営経費がかかっています。

その取り組みなどを支えていきたいと思います。

募金ご協力ありがとうございます。おススメ情報も募集中!

 

編集担当:粟野真造(多文化共生と地域福祉の会)

awaumi22@wi.kualnet.jp

 

 

当面する行動

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

 

※710日(土) 緊急対談 県知事選に求められるものは何か? 13時~14時半 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 対談:藤井聡(京大大学院教授)Vsつじ恵(弁護士、元衆議院議員)

710日(土) 狭山事件学習会 15時~17時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

        講演:七堂真紀弁護士(狭山事件再審弁護団)

710日(土)  梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

190627369_4069219599837512_6799705187465 713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園  関生弾圧・武建一委員長判決 10時 大阪地裁(JR「北新地」東南12分、地下鉄「淀屋橋」北東7分)

713日(火) 連帯兵庫みなせん 14時半 稲葉プラザ(JR「須磨海浜公園」北東5分)

※7月17日(土) 10年たってわかってきたこと そして福井の老朽原発再稼働って!? 14
宝塚男女共同参画センター(阪急「宝塚」直結) 講師:長沢啓行(若狭連帯行動ネットワーク)

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

718日(日) ミャンマー市民との連帯の集い 16時 神戸・東遊園地(JR[三宮」南10分)

7月18日(日) ピープルズファースト大会IN兵庫 13時~16

7月18日(日) Xバンド近畿連」)絡会総決起集会 13時半 京都府部落解放センター(地下鉄「鞍馬口

723日(金・休) 東京五輪開幕

723日(金・休) 老朽原発うごかすな!講演会 14時 高槻現代劇場文化ホール2F展示室(阪急「高槻市」南西8分)  講演:武村二三夫弁護士 木原壯林(若狭の原発を考える会)

7月24日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

7月24日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) 報告:片岡隆(芦屋「九条の会」事務局長)

7月24日(土) 梅田解放区 17時半阪急ヘップ5前

※7月25日(日) 伊丹自衛隊申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20分)

※7月25日(日) 武庫川ユニオン第34回定期大会 13時半 リベル3F会議室(阪神「出屋敷」北2分)

7月258日) 部落解放同盟全国連合会第30回大会 13時 大東市立市民会館

726日(月) ジェンダーを考える~女性解放運動の歴史と現在 18時半 中央会館(地下鉄「心斎橋」東12分) 講師:松村徳子(奈良女性史研究会)

727日(火) 老朽原発うごかすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東3分)

※729日(木) さようなら原発1000人集会実行委 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

※7月31日(土) 西宮ピースネット 11時 JR西宮駅南

※81日(日)  白井聡&つじ恵講演会 14時 尼崎アルカイックホール・ミニ(阪神「尼崎」北東5分)

83日(火)  優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁(「高速神戸」北東5分)

86日(金)  8・6ヒロシマ平和の夕べ 14時 広島RCC文化センター7階大会議室

※87日(土)  山田正彦元農水大臣講演会 いま種子法を考える 13時 尼崎・すこやかプラザ(JR「立花」南3分)

2021年7月 8日 (木)

4度目の緊急事態で菅政権「崩壊のカウントダウン」が始まる

4度目の緊急事態で菅政権「崩壊のカウントダウン」が始まる

配信

FRIDAY

「ロック・イン・ジャパン」が中止になった。五輪は予定通り開催する。ワクチンは届かない。日本は今、明らかに迷走している 写真:代表撮影/ロイター/アフロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年7月 7日 (水)

8.8から始まる「菅降ろし」はもう止まらない…横浜市長選がトドメ


8.8から始まる「菅降ろし」はもう止まらない…横浜市長選がトドメ

公開日: 更新日:



“選挙の顔”にならない菅首相(C)日刊ゲンダイ
“選挙の顔”にならない菅首相(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

「菅首相では選挙に勝てない」――ことを改めて証明した東京都議選。この秋には必ず総選挙があるだけに、選挙に弱い自民党議員は「このままでは落選してしまう」と真っ青になっている。東京五輪が閉会する8月8日から、一気に“菅降ろし”が動き出すのではないかと囁かれている。

「菅首相の再選シナリオは単純です。自民党の総裁選が行われる前に解散総選挙に打って出る、というもの。総裁選がなければ、菅降ろしも阻止できると踏んでいるようです。しかし、自民党議員も自分たちの当落がかかっているから必死です。なにしろ、菅首相になってから選挙は連敗続きです。4月の衆参3選挙は3連敗。山形、千葉、静岡の知事選も敗北。だから、“選挙の顔”にならない菅首相は交代させたい。これから、解散の前に総裁選の実施を求める動きが出てくるはずです」(自民党事情通)

“菅降ろし”の動きが表面化してくるのは、東京五輪の閉会後とみられている。焦点は、五輪期間中に新型コロナウイルスの感染が広がるかどうかだ。海外メディアは、「東京五輪は一大感染イベントになる」と警告を発している。すでに東京はリバウンドがはじまっている。しかも、ワクチン不足は9月まで解消しないとみられている。とうとう、「一部競技が中止に追い込まれる事態もあるのではないか」と懸念する声まで上がっている。

もし、五輪期間中に感染拡大の「第5波」が襲来したら、菅首相の責任を追及する声が吹き荒れるのは間違いない。

■8.8からスタート

 今から“菅降ろし”を決定的にする可能性があると指摘されているのが、五輪が閉幕する8月8日に告示される横浜市長選だ。菅の足元の市長選である。

「8月8日告示・22日投開票の横浜市長選は、波乱が起きておかしくありません。すでに国家公安委員長を辞めた小此木八郎(56)が、カジノ反対を掲げて出馬表明しています。ややこしいのは、カジノ推進派である現職の林文子市長(75)も出馬しそうなことです。自民党は分裂選挙になる。しかも、野党が担ぐ横浜市立大教授の山中竹春(48)は、タマとして悪くない。田中康夫元長野県知事(65)も無所属で出馬の意向です。もし、ここで野党が勝利したら“菅さんは足元の選挙でも勝てないのか”“そこまで人気がないのか”と菅不人気を決定づけることになってしまうでしょう。菅降ろしに火がつきますよ」(政界関係者)

 昨年の総裁選の時、“菅支持”で雪崩を打ったのはなんだったのか。~日刊ゲンダイ

やっと出たか、自民党内から「菅責任論」

 
 

菅義偉首相(72)が自民党内から「〝選挙の顔〟として大丈夫か」と不安の声を向けられている。

今回の〝都議選惨敗〟により、自民党は今年4月に行われた河井案里氏(47)の当選無効に伴う参院選広島選挙区、長野県、北海道で行われた衆参3選挙区を含めると全敗。まさに惨めな結果に終わった格好だ。

「与野党一騎打ち対決で負け続けています。菅首相が候補者の応援に駆けつけなかったことも問題です。党執行部は組織票頼みで無党派層の声がつかめていない」(自民党議員)

現在、党内で「菅降ろし」の動きは見られていないが、今月23日に開会式を迎える東京五輪・パラリンピック開催期間中に新型コロナウイルス感染者が増え続ける最悪の事態になれば〝責任論〟が出ることも予想されている。

永田町では「菅首相はパラリンピック閉会後の9月に衆議院解散、総選挙で勝利して党総裁選をの信任を得たい青写真を描いている」とささやかれているものの〝身内〟の見方はかなり冷ややかだ。

「五輪期間中に感染爆発が起きれば、菅首相に対する風当たりは一層強くなり、責任論に突入しますよ。来年夏には参院選が控えている。総選挙の前に総裁選の前倒しが現実的になり、菅降ろしに発展します」(自民党衆院議員)

菅首相は窮地を乗り越えられるのか。

2021年7月 6日 (火)

都議選自民惨敗の理由、2人のタレントが的確に指摘

山口真由氏、都議選に見解「自民党に否」「国民をバカだと思って扱ってきた」



配信

スポーツ報知




山口真由氏

 

 

 
 
坂上忍© デイリースポーツ 坂上忍

 坂上忍が5日、「フジテレビ「バイキングMORE」で、自民圧勝予想が覆った4日の東京都議選の結果について、東京五輪・パラリンピックに関して都民ファが無観客を主張した中で、自公が公約で触れなかったことを指して「逃げるような姿勢」と指摘した。

 都民ファが劣勢を覆した形に小池さんのある程度のパフォーマンスは影響あったのかなと思うんだけれども」としたうえで、自民について「有権者が変わりつつあるのは、ここで大事な問題から逃げるような姿勢。これが一番デカいと思うんですよね。本質じゃないですか、ここ」と分析した。

 重要問題をスルーする政治手法について「無党派が多いといわれている中で、ある意味消去法みたいな所もある。やっぱりネガティブな方が目立って、こういうやり方するんだったら、票がよそ逃げていくというのは、もういい加減、政治家も気づいてくれないと。バレますよというのを自覚して」と求めた。

2021年7月 5日 (月)

当面の行動

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

208927770_4376013759129282_1985267842179

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

75日(月) 金沢和夫決起集会 19 時 神戸市勤労会館・大ホール(JR「三宮」南西4分)

7月6日(火) ロックアクション御堂筋デモ 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」北西7分)

710日(土) 緊急対談 県知事選に求められるものは何か? 13時~14時半 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 対談:藤井聡(京大大学院教授)Vsつじ恵(弁護士、元衆議院議員)

710日(土) 狭山事件学習会 15時~17時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

        講演:七堂真紀弁護士(狭山事件再審弁護団)

713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園  関生弾圧・武建一委員長判決 10時 大阪地裁(JR「北新地」東南12分、地下鉄「淀屋橋」北東7分)

713日(火) 連帯兵庫みなせん 14時半 稲葉プラザ(JR「須磨海浜公園」北東5分)

713日(火) 沖縄意見広告関西会議 14時半 学働館・官生(地下鉄「阿波座」西10分)

7月17日(土) 10年たってわかってきたこと そして福井の老朽原発再稼働って!? 14190627369_4069219599837512_6799705187465宝塚男女共同参画センター(阪急「宝塚」直結) 講師:長沢啓行(若狭連帯行動ネットワーク)

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

718日(日) ミャンマー市民との連帯の集い 16時 神戸・東遊園地(JR[三宮」南10分)

723日(金・休) 東京五輪開幕

7月24日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤

労会館(JR「三宮」東南4分)

7月24日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) 報告:片岡隆(芦屋「九条の会」事務局長)

7月25日(日) 伊丹自衛隊申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20分)

727日(火) 老朽原発うごかすな!実行委員会 14時 国労会館(JR「天満」東3分)

※729日(木) さようなら原発1000人集会実行委 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

7月31日(土) 西宮ピースネット 11時 JR西宮駅南

81日(日)  白井聡&つじ恵講演会 14時 尼崎アルカイックホール・ミニ(阪神「尼崎」北東5分)

83日(火)  優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁(「高速神戸」北東5分)

86日(金)  8・6ヒロシマ平和の夕べ

87日(土)  山田正彦元農水大臣講演会 いま種子法を考える 13時 すこやかプラザ(JR「立花」南3分)

安倍さんの「反日的」発言、批判に向き合えない〝未成熟〟な日本 せっかくの忠告にも「おまえがおかしい」

安倍さんの「反日的」発言、批判に向き合えない〝未成熟〟な日本 せっかくの忠告にも「おまえがおかしい」



配信





  • withnews




IOC総会で東京をアピールする安倍晋三首相=2013年9月7日午前、ブエノスアイレス、朝日新聞

 


人権派弁護士への表彰

抗議を繰り返す日本政府

「王冠にのせる宝石」

 

「批判もする友達」

 

 

2021年7月 4日 (日)

東京五輪は“無法地帯”開催へ一直線!


東京五輪は“無法地帯”開催へ一直線!「濃厚接触者も出場可能」ならルールはなし崩し

公開日: 更新日:



来日ラッシュの中で…(C)共同通信社
来日ラッシュの中で…(C)共同通信社
拡大する
  

 東京五輪開幕まで3週間を切り、海外選手団の入国が本格化している。今月1~4日の4日間で18の国と地域から約400人が来日する予定だが、東京のコロナ感染者は増加傾向。さまざまな種類の変異株の持ち込みも懸念されており、「ザル」と酷評されてきた水際対策や入国後の感染対策はより厳しいルール作りが求められている。

 しかし、IOCや政府、組織委はその手綱を締めるどころか、緩めるつもりのようである。

 今もなお、選手が濃厚接触者に認定された場合の出場可否についてのガイドラインは完成していないが、先月30日、野党とのコロナ対策合同会議の際に内閣官房担当者が「濃厚接触したということで14日間隔離してしまうと、試合に出ることができなくなってしまう」と、濃厚接触者の隔離免除を検討していることを明かした。しかもその理由が「五輪は4年に1度の大会で、選手が一生懸命努力を重ねてようやく東京大会に来られた方々」だというから、聞いて呆れる。

今年3月のバドミントン全英オープンでは、インドネシア選手団が乗ったイギリス入国時の航空機にコロナ感染者が同乗していたことが判明。英国政府の規定で10日間の隔離が必要となり、全選手が棄権を余儀なくされた。1試合も出場することなく、自国へトンボ返りした選手もいた。現在開催中のウィンブルドンでも、ヨハンナ・コンタ(英=世界ランク31位)が、チームメンバー1人にコロナ感染者が出たため、濃厚接触者に認定されて棄権した。

■不正や隠蔽の温床になる恐れ

 今年5月にクラスターに見舞われたプロ野球広島の例でもわかるように、選手からコロナ感染者が出れば、コーチやチームメートに感染が広がったり、濃厚接触者に認定される可能性が高い。コンタクトスポーツなら対戦相手もその恐れが出てくる。内閣官房の担当者に限らず、政治家や組織委の人間が真顔で筋の通らないことを言うのは、ルールを厳しくすればするほど、競技が成り立たない恐れが出てくることを分かっているからだろう。(続きは日刊ゲンダイで)

2021年7月 3日 (土)

金沢候補に、左派もリベラルも中道も保守も支援。五国の輝く自治政治を!

   Img_2865 県知事選2日目午後、小雨の中を金沢候補は猪名川町・川西市・伊丹市を駆け巡った。
 夕方5時過ぎ、川西モザイクボックスの前、年配の女性グループ15人ほどが集まっている。金沢さんの応援らしい。聞く所によると、前女性県会議員が井戸知事ときわめて親しく、その後継である金沢さんの応援のためという。失礼ながら「フツーのおばちゃん」。その元県議は保健や食品行政に熱心で、川西の多くの女性団体から支持を受けて長く県会議員をした。それに連なる人々が雨のなか駆けつけてくるのだから、県知事選というのは独特の構造になっているのだと思わされた。
  やがて金沢候補のつき演説会。司会は県議の北上あきひとさん。応援挨拶は桜井周衆議院議員。「お隣の池田市のサウナ市長が維新首長の典型」と批判。金沢さんは「日本一の里山=黒川の里山」など川西市独特の課題を取り上げ、長い間務めた副知事の実績をアピール。
 Img_2870 つづいて伊丹市へ。阪急伊丹駅前には100人近くの市民が待っいて、相崎佐和子県議の司会のもと3人の市議もアピール。何と保守系の大物と前回トップ当選の女性市議(立憲民主)が並んでアピール。聴衆も教職員組合の方や、市私立幼稚園の職員や、行政書士会の旗を持ったグルーなど多士済々。保守からリベラルまでバラエティに富んだ組み合わせで、今回知事選の構図を見る思い。 ある種、この呉越同舟をめぐってまだまだエンジンのかからない所が今回の県知事選だが、伊丹市では序盤で100人の聴衆とは、あと2週間あまりで、だんだんヒートアップしてくるのではないか。競り合いの中金沢候補が勝Img_2875 利することを願い、引く続きの支援をしていきたい。

東京五輪は中止だ中止!バッハ会長や菅首相宛てに東京五輪中止求める署名 内田樹さんや上野千鶴子さんら著名13人がネットで

バッハ会長や菅首相宛てに東京五輪中止求める署名 内田樹さんや上野千鶴子さんら著名13人がネットで

2021年7月3日 06時00分

 

 新型コロナ禍での東京五輪開催に反対する作家や学者らが2日、菅義偉首相らに大会中止を求めるオンライン署名を始めた。呼び掛け人は、哲学者の内田樹さんや社会学者の上野千鶴子さんら13人。東京都で感染が再拡大していることも踏まえ、五輪開催は「歴史的暴挙」と断じた。
 ネット署名サイト「Change.org」上で実施。署名の宛先は、首相や小池百合子都知事、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長、大会組織委員会の橋本聖子会長ら6人とした。

◆学校連携観戦プロジェクトは「大人の身勝手」

 署名の呼び掛け文では、感染力が強いデルタ株(インド株)の増加や、国内でのワクチン接種が十分に進んでいない現状を踏まえ、「五輪開催の危険性がますます明らかになっている」と指摘。競技会場がある自治体の児童らを対象とした学校連携観戦プロジェクトについては、「子どもたちから運動会を奪いながら(五輪)観戦を求めようとする大人の身勝手に怒っている」と訴えた。

◆東京五輪は「歴史的暴挙」

 来日した外国人選手らの感染確認が相次いでいる状況には「『スーパー感染拡大イベント』にならないようにすることはほぼ不可能」と主張。国内外の人々の健康と命を守るために「歴史的暴挙ともいうべき東京五輪が中止されることを求める」とした。
 東京五輪の中止を求める署名としては、元日弁連会長の宇都宮健児氏が5月からオンライン署名を募り、43万人を超える賛同が集まっている。
 上野さんらが始めた署名サイトは「危険性がますます明らかになっている東京五輪開催の中止を訴えます」で検索すると見つかる。(木谷孝洋)

◆オンライン署名の呼び掛け人=敬称略、50音順

 浅倉むつ子(法学者)、飯村豊(元外交官)、上野千鶴子(社会学者)、内田樹(哲学者)、大沢真理(東大名誉教授)、落合恵子(作家)、三枝成彰(作曲家)、佐藤学(東大名誉教授)、沢地久枝(ノンフィクション作家)、田中優子(法政大前総長)、春名幹男(ジャーナリスト)、樋口恵子(評論家)、深野紀之(著述家)

2021年7月 2日 (金)

昨日から始まった兵庫県知事選 金沢候補、午後は尼崎で出発式

 7月1日から始まった兵庫県知事選。維新の兵庫県政乗っ取り作戦に自民党が呼応、自民党の支援をはずされた金沢和夫前副知事が「県民党」を名乗り、自民党県議団多数派や立憲民主党、連合などの支援を受け、そのため県下のあらゆる職域団体などを二分する一騎打ちの激しい選挙戦となった。
 Img_2855 金沢候補は、午前中は神戸・元町・大丸前という選挙戦定番の演説スポットでの出発式。その後姫路での出発式を終えて、午後3時には尼崎入りをした。
 阪神尼崎駅前には阪神間の自民党、立憲民主党、無所属などの県議や連合などの労組、民間保育所や土地家屋調査士などの職域団体の人々が300人余り結集。衆議院選尼崎選挙区(8区)で立候補予定のれいわ新選組も合流。多種多彩な出発式となった。司会は栗山県議(立憲民主党・西宮)、冒頭あいさつで黒川県議(自民党・尼崎)は自民党の選考過程の不透明さを訴え、地方自治・兵庫のことは兵庫で決めると訴えた。ついで尼崎や西宮の後援会会長の挨拶ののち、井戸県知事の挨拶。その後金沢和夫本人が、長く副知事として県下を回ってきたことでの繋がりと、兵庫5国の地域の特色を生かした「共にかがやく兵庫を」と訴えた。最後は連合東部地協の議長からの、Img_2859 団結がんばろうで締めくくられた。
 自民党県議から、立憲や無所属の県議、阪神間の自治体議員、地元中小業者、行政書士、私立保育所連盟、連合民間労組、自治労、教組、さらにはれいわ新選組など多種・多彩な連合軍の混成部隊だが、兵庫のことは兵庫で決める、5国に特色ある地方自治を!を体現するような出発式だった。
 
 なお金沢候補は2日は、午後猪名川町(14時半、日生中央)から、川西市、伊丹市へと回る。川西は川西ドコモ前17時半、伊丹は18時JR伊丹前、その後阪急伊丹で市民にアピールする予定だ。開始された県知事選、維新の兵庫県政奪取を阻止するために、残り16日間、全力で頑張ろう。

●映画『食の安全を守る人々』(原村政樹 監督・撮影・編集) 我々の命は米国の企業によって決められている

●映画『食の安全を守る人々』(原村政樹 監督・撮影・編集)

我々の命は米国の企業によって決められている

笠原眞弓

 

 戦争直後まで、田畑の作物は発酵下肥と天水で育てていた。それが、戦中に武器として開発された化学薬品の転用で化学肥料や農薬が急速に広まり、そんな風景は絶滅。化学薬品漬けの農業を「慣行農業」と知った時は、天地がひっくり返るほど驚いた。今はさらに、遺伝子を組み換えて食べ物自体を改変する時代だ。しかもさらに、野菜や肉それ自体を化学合成していると言えるほど、研究は進んでいる。

 しかしその人体への危険に気づいて、その流れに抗い続けている人々がいる。この映画には、そんな希少な人たちが次々登場して、私たちに警鐘を鳴らす。

 今や、ヨーロッパやアジアを含む他国の許容量の数倍から400倍の農薬の残留が許される国、日本。その日本で“農”に“政”がないと元農林水産大臣の山田正彦さん(写真下・左)が、異議を唱え続け、国の内外を駆け巡っている。

 米国では、ガン発症はグリホサートを含む除草剤(日本では家庭用にも「ランドアップ」という商品名で、山積み特売品)が原因と、初めて裁判で害を認めさせたドウェン・ジョンソンさんや子どもの健康被害から農薬や遺伝子組み換えの反対運動を進め、成果の出ているゼン・ハニーカットさん等を訪ねる。

 鈴木宣弘(国際環境経済学)さんが指摘するのは「どっち向いての行政?」で、米国がグリホサートの規制を強める(近々使用禁止になるとか)と売れなくなるので、日本の消費を促すために農水が「クリスマスプレゼント」と称して、残留農薬基準を変えることになったこと。なんとそれは、国民へのプレゼントではなく、米国へのそれなのだ。

 「我々の命は米国の企業によって決められている」とは、なんと理不尽なこと。河田昌東(分子生物学)さんは、その証拠を5000ページの英文書から見つけ出す。そして、グリホサートの害についても、科学的に指摘する。

 グリホサートの毒性について、子どもの脳に与える影響を保育の現場から田口操さんが実証し、脳科学者として木村―黒田純子さんやラットで長期間の発がん実験をしたフランスのジル=エリック・セラリーニさんらが暴いていく。

 極め付けは、ゲノム編集で生まれた肉厚真鯛の開発者木下政人さん。彼は、全く安全なのに、なぜ「ゲノム組み換えである」と表示しないのかといぶかしがるが、イグナチオ・チャペラ氏(カルホルニア大学)は、ゲノム編集は新しい技術であると示す。続けて、以前のものより完成度の高い遺伝子組み換えであること、しかも、製造過程で抗生物質耐性物質を組み込んでいるので、そのためにこれを体内に摂り込むと、つまり食べると、抗生物質に耐性を持つ危険性があると警告する。

 でも、救いはある。日本でも各地で始まった有機給食がそれ。先ず韓国を、そして国内も訪ねる。千葉県いすみ市では、数年前から稲葉光圀さんの指導の下、有機米飯給食に取り組み、野菜の有機化にも取り組んでいる。嬉々として稲刈りをする子どもたちのために、私たちはするべきことがあると希望が見えて来る。

 と、ここまで書いて閉じようとしたとき、この映画の完成記念上映会で、なんと山田さんがゲノム種子を有機種子として認証しようと、農水が準備を始めたという。あり得ないことである。

 さあみなさん、こうしてはいられない。この映画を観て、ゲノム編集の危険を知った方たちは、早速にもゲノム認証反対運動を始めなければならない。私たちの後に続く人類のために!(日刊ベリタより加筆転載)

*2021年製作/103分/日本 配給:きろくびと 写真 (C)心土不二
7月2日よりヒューマントラストシネマ有楽町/アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

2021年7月 1日 (木)

安倍晋三が櫻井よしことの対談で「反日的な人たちがオリンピック開催に反対」と暴言!

安倍晋三が櫻井よしことの対談で「反日的な人たちがオリンピック開催に反対」と暴言! 4年前の「こんな人たち」発言の再現


安倍晋三が櫻井よしことの対談で「反日的な人たちがオリンピック開催に反対」と暴言! 4年前の「こんな人たち」発言の再現の画像1
安倍晋三Twitterより


 安倍晋三・前首相が元気ハツラツだ。東京都議会議員選挙が告示された25日には首相退任後はじめて自民党候補の応援に駆けつけてマイクを握ったかと思えば、秋に控えた総選挙に向けて全国行脚までスタート。一方、自身のTwitterアカウントでは、赤木俊夫さんが遺した「赤木ファイル」の一文を切り取って自己正当化を図るという下劣な投稿をおこなったばかり(詳しくは既報参照)。

「赤木ファイル」を利用して潔白を主張するのならば、まずは森友公文書改ざん問題の再調査開始を自ら訴えるべきだし、選挙運動のために全国行脚するより前に河井案里氏の選挙買収事件で自民党本部が支出した1億5000万円の関与について説明をするべきなのは言うまでもない。

 しかし、そうした国民に向けて果たすべき説明責任からは逃げながら、最近ではBSフジやニッポン放送といった御用メディアの番組に登場しては、コロナに乗じて憲法改正を声高に叫ぶ始末。

 だが、そんななかでもあ然とさせられたのは、現在発売中の「月刊Hanada」(飛鳥新社)8月号に掲載された、櫻井よしこ氏との対談記事だ。この対談のなかで安倍前首相は、東京五輪の開催に反対する人たちのことを「反日的」などと攻撃しているのである。

 まず、この対談は6月9日におこなわれた党首討論の話題からスタート。そこで安倍前首相は、立憲民主党枝野幸男代表について「「枝野さんは非常に自己愛が強いので、批判されることに耐えられないのではないか」と見る人もいます」「インタラクティブ(双方向)な議論を避ける特徴があります」などと批判。「自己愛が強くて批判に耐えられない」のも「双方向の議論を避ける」のもアンタのことじゃないか、と呆れずにはいられないが、一方で安倍前首相は党首討論で菅義偉首相が長々と繰り広げた前回の東京五輪の「思い出話」を「評価されるべき内容」と絶賛。東京五輪の意義について、こう語りだすのだ。

「この「共有する」、つまり国民が同じ想い出を作ることはとても大切なんです。同じ感動をしたり、同じ体験をしていることは、自分たちがアイデンティティに向き合ったり、日本人としての誇りを形成していくうえでも欠かすことのできない大変重要な要素です」
「日本人選手がメダルをとれば嬉しいですし、たとえメダルをとれなくてもその頑張りに感動し、勇気をもらえる。その感動を共有することは、日本人同士の絆を確かめ合うことになると思うのです」
「(前回の東京五輪では)日本再デビューの雰囲気を国民が一体となって感じていたのだと思います」
「このコロナ禍のなかにあって、来年は北京冬季オリンピックが予定されていますが、自由と民主主義を奉じる日本がオリンピックを成功させることは歴史的な意味があり、また日本にはその責任がある」

五輪反対の声を「政治的な意図」「反日的な人たち」と決めつけ! 五輪を政治利用したのは安倍自身なのに

 

 自身が繰り返してきた「復興五輪」「人類がコロナに打ち勝った証」というフレーズはどこへやら。ようするに、安倍前首相にとって東京五輪の開催は「日本人としての誇りを形成」「日本人同士の絆を確かめ合う」「日本再デビュー」などという全体主義、国粋主義のためのものでしかないのだ。その上、北京冬季五輪の前に日本で開催することに「歴史的な意味がある」「日本には責任がある」って、そんなネトウヨの威信のために国民の命と安全を引き換えにしようとは、たまったものではない。

 というか、そもそも五輪開催がこれだけ混乱しているのは、安倍自身が昨年3月、自分の総理在任中に五輪を開き、政治利用しようと、周囲の「2年延期」の声を押し切って1年以内の延期をゴリ押ししたからじゃないか。

 ところが、安倍前首相はその責任や、変異株の脅威や感染拡大への懸念をまったく口にしない。そして「来日した外国人が日本で感染して、帰国してからその国で感染が拡大する心配がある」という野党の指摘を櫻井氏が「菅政権を引きずりおろすために五輪を政治利用している、と言わざるを得ません」と批判すると、安倍前首相はこのように語ったのだ。

「極めて政治的な意図を感じざるを得ませんね。彼らは、日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているのではないか。共産党に代表されるように、歴史認識などにおいても一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています。朝日新聞なども明確に反対を表明しました」

 東京五輪の開催に反対する意見が多いのは、感染拡大や医療提供体制の逼迫に東京五輪の開催が追い打ちをかけるのではないかという心配や不安が大きく、さらには国民には我慢を強いながら五輪だけは特別扱いにするという不公平感、感染防止対策の実効性や開催リスクを政府がまったく説明できていない不信感からだ。そして、開催に疑義を呈しているのは野党や朝日新聞だけではなく、多くの国民や海外メディアからも反対の声があがっている。にもかかわらず、安倍前首相は「反日的」な人たちが「今回の開催に強く反対」しているなどと党派的・思想的な問題に矮小化したのである。

 安倍前首相は2017年におこなわれた前回の都議選の応援演説中に「安倍やめろ」と声をあげた市民を指差し「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と言い放ったが、今回もそれと同じ。つまり、自分の考えに従わない、同調しない人びとはみな敵であり、東京五輪に反対する者は「反日的」だと決めつけ、攻撃対象に仕立て上げるのである。(つづきはリテラで)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村