« 尾身会長の「パンデミック下の五輪は無い」に対し、尾身外しの動き | トップページ | 強まる五輪批判に、戦々恐々の菅政権と無能なとりまきたち »

2021年6月 5日 (土)

尼崎市議選、最終日 頑張れ6候補 4日、緑の3人を取材

 Img_2691 尼崎市議選もきょう5日で最終日。で昨日4日金曜日は、尼崎中央商店街での練り歩き、れいわ新選組山本太郎が応援する田中じゅんじ候補を含むみどりの3人の応援・取材にいった。
 まずは午後4時から5時半まで、中央商店街の練り歩き。中央商店街と三和商店街を1時間半かけてゆっくりゆっくりあるく。「山本太郎の応援する田中じゅんじをよろしくお願いします!」 中央商店街と三和商店街を全部歩くのは久しぶりだが、すっかり様変わりの商店街。また雨の日もあってか人通りは少ない。かつてあったスーパーやおもちゃ屋などはなく、大きなところはパチンコ屋ばかりで、あとは八百屋と大型美容室がやたら目に付く。新響楽器などという尼崎に音楽文化を発信していたお店もすでにない。三和商店街の南になるとまったく人が途絶え、しばし休憩の間に、100円のスイカと4個200円のトマトを買ってしまった。
 ただそれでも尼崎にほぼ唯一残る大型商店街で、選挙事務所も二つあり、練り歩きの候補者・運動員3隊とも出くわす。一人若い女性で、いたみホールの脱原発集会に来たこともある候補者が頭に日の丸を巻いていたのには頭にきて、思わず「日の丸はあかんやろ、お前は極右か!」とやじってしまった。
 Img_2694 1時間半かけて中央商店街入口に帰ってくると、共産党候補も準備中。そこに田中じゅんじ候補も来て、ミニ街頭演説会。田中候補はすっかり日焼けして、まるでミートボールのような顔。しゃべりはゆっくだが、「れいわ新選組の山本太郎代表が応援する尼崎唯一の候補」とセールスポイントも忘れず、かつて2期市会議員をした時の感覚が戻った様子。田中の後で演説をした共産党新人候補は、演説は原稿・メモの棒読み。選挙戦も終盤になって、「それはあかんやろ」の声が思わず飛び出してしまった。

 Img_2699 つづいて丸尾牧県議の率いるみどりの3候補が阪急武庫之荘で合同演説会、というので駆けつけた。田中じゅんじと山﨑けんいち、さこ田敬一の3候補のそろい踏みで、3代の宣伝カーが駅前に勢ぞろいは圧巻。また維新の女性と無所属とおぼしき男性が、それぞれ1人、2人で立っている中、3陣営(それぞれ服装は違う)の10数人の運動員がチラシまきをする姿はなかなか絵になっており、応援にも気Img_2706 合が入り思わず「頑張れ3候補!」と叫んでしまった。
 最後は3候補と運動員が揃い、記念撮影。

 選挙戦も残すところあと1日。
 阪神社会運動情報資料センターは、小さな勢力ながら、みどり系3人の候補と、つづき徳昭、宮城あや、わたせ和人候補の必勝のため、それぞれ応援していきたい。


« 尾身会長の「パンデミック下の五輪は無い」に対し、尾身外しの動き | トップページ | 強まる五輪批判に、戦々恐々の菅政権と無能なとりまきたち »

コメント

日の丸は一応我が日本国の国旗です、
演説は下手より上手に越したことはありません。しかし市民派や旧社会党(立憲民主、新社会)が過去4年間でどういった
議案や市長提案に賛成し反対してきたかを市報や議事録を見ればわかります。
維新の議員ですら「核兵器禁止条約の署名・批准についての請願」の紹介議員になっていることもあるのですよ、
何をやってきたかで判断すべきでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾身会長の「パンデミック下の五輪は無い」に対し、尾身外しの動き | トップページ | 強まる五輪批判に、戦々恐々の菅政権と無能なとりまきたち »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村