« 静岡県知事選につづき、7月兵庫県知事選で、自民・維新連合候補を撃破しよう①~阪神センターアピール | トップページ | 【東京五輪】約40分間の5者協議は “茶番” 「無観客」を拒否し続けたのはIOCでなく日本側だった »

2021年6月22日 (火)

静岡県知事選につづき、7月兵庫県知事選で、自民・維新連合候補を撃破しよう②~阪神センターアピール

(承前)
 共産党は例によって「県政野党は自党のみ、金沢候補は井戸県政と同じ」「市民運動や立憲野党の中にも金沢不支持が広がっている」などと手前勝手な見解を出し、4月中旬に金田候補を擁立した。金田候補は19年参議院選でも立憲野党5党の統一候補(安田真理)への合流を拒否し、結果これまでの県レベルの共産党の得票(22万票程度)を31減らし、あと3万票で自民党候補に逆転する安田の勝利を妨害した。この年の参議院選では大阪・兵庫の立憲・共産の協力があれば、最下位当選の自民党を大阪でも落選させたわけで、この政党エゴに非難が集中した。しかし今回もまた共産党兵庫県委員会は、これまで10階以上の選挙で落選し続けた候補を擁立。共産党員の中にもこの愚策を批判する声は多いが、僅差で金沢候補が敗れるなら、維新県政導入の水先案内人として長く断罪され続けるであろう。

4)大阪維新の犯罪性について簡潔に言えば、安倍・菅政権以上の新自由主義推進政党であり、自民党政権の危機を救済する別働隊であるということだ。大阪における住民自治破壊・組合敵視・医療破壊などは枚挙にいとまがなく「都構想」住民投票は2度とも敗北。それでも松井・吉村は辞任せず、住民無視の強権政治を続けている。コロナ感染症対策ではその犯罪性が全面露呈した。特に3月の緊急事態宣言解除時に早期解除を懇願。その結果第4波が急速に拡大し連日1000人以上の感染者を出し、医療が崩壊し死者数が日本一になった。この大阪が震源地になり兵庫・京都・奈良にも急速に拡大、兵庫は大阪・東京に次ぐ死者数となった。その原因は橋下・松井・吉村らの維新政治が「身を切る改革」と称して、住吉病院を廃止、人口270万の大阪市に保健所は一つなど、大阪の医療・検査体制を削減したことにある。在版マスコミと一体で「大阪方式」などを演出してきた(通天閣に赤い灯がともる)が、「阪大と提携して国産ワクチンを作る」「うがい薬(イソジン)には効果がある」「医療防具に雨合羽を寄付してほしい」など、デタラメばかりだったではないか。にも拘らず「イケメン」「吉村寝ろ」などマスコミが虚像を維持してきた。
 また大阪では府議・市議・首長を多数擁しているが、市長室サウナの池田市長をはじめ次から次へと問題を起こし、不正をくり返している。兵庫の維新は、大阪追随丸出しで2013年に宝塚・伊丹の市長選に惨敗。その後市議や国会議員は増えたが首長は1人のおらず、何の存在感もない。井戸県政は大阪維新と距離をとり各種「バトル」が発生。維新はこの関係を一気に転換させ、住民投票敗北以降の戦略的打開を兵庫県知事選にかけてきた。併せて今秋の解散・総選挙での菅自民党の議席減を救済する自・公・維体制への布石が7月兵庫県知事選だ。候補の斎藤の主要政策は大阪追随の万博開催と、菅の先兵としての東京五輪開催だ。
 自民党(中央=菅、県連全国会議員)から見捨てられた金沢候補は、確かに井戸県政の副知事ではあったが、もはや自民党候補ではない。統制処分の脅しをかけられる自民党県議や、共産党を除く立憲野党、県下各地のあらゆる領域を網羅する職域団体、労働運動、部落解放運動、市民運動などが、住民自治の新しい兵庫県政を生みだそうとしている。日本海と瀬戸内海の二つの海に面し、摂津・播磨・丹波・但馬・淡路と違う歴史・風土を持ち、工業・商業・農業・漁業がそれぞれの特色をもつ兵庫の歴史を、弱肉強食の新自由主義=大阪維新政治で破壊してはならない。同時に旧来の自治省官僚スタイルの転換は、今次知事選の勝利で実現可能なのだ。維新・中央直結候補でなく、また100%勝利できない候補への「自己満足」と決別し、住民自治のオープン県政実現のため金沢和夫の勝利へ総決起していこう。

« 静岡県知事選につづき、7月兵庫県知事選で、自民・維新連合候補を撃破しよう①~阪神センターアピール | トップページ | 【東京五輪】約40分間の5者協議は “茶番” 「無観客」を拒否し続けたのはIOCでなく日本側だった »

コメント

これを書いたのは本当に兵庫県政の事がわかっているのか?
仮に金沢さんが当選しても結局はこれまで自治官僚のスタイルの転換など有り得ないでしょう、金沢さん自身が自治官僚なのだから。
金沢さんが当選しても結局は自民党の県議たちや公明党、それに会派離脱もできなかった立憲民主党も含む県民連合も
与党に復帰してこれまでと同じことの繰り返しでしょ、
明石市長が立候補してくれなかったことでもう終わったも同然と思いますよ、斎藤さんが当選しても金沢さんが当選しても
50歩100歩でしょう。

確かに当選の可能性がほぼ無い候補者を立候補させている共産党もどうかとは思いますが、しかし大阪や北海道、岩手、
埼玉、新潟、沖縄などは共闘していわけですから、兵庫での候補者擁立はそれなりのわけがあるのでは?

参院選については確かに共産党が例外的に複数区でも候補者を降ろす英断をしてくれたらという思いはあります、
政策的にも共通している部分もあるわけだし。

大阪で自民党を落選できたと言うけど、兵庫で安田さん一本化ならば大阪は共産党現職の辰巳さんを野党統一候補
として一本化にしないと実現しないと思いますが?
まず大阪連合が共産党候補を絶対に応援しないでしょう、大阪連合だって立憲候補と国民候補を一本化できないし、
第一、仮にも国政政党が日本第二の都市で独自候補を擁立しないなどあってはならない事だし、そんな事をすれば比例票だって激減しますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静岡県知事選につづき、7月兵庫県知事選で、自民・維新連合候補を撃破しよう①~阪神センターアピール | トップページ | 【東京五輪】約40分間の5者協議は “茶番” 「無観客」を拒否し続けたのはIOCでなく日本側だった »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村