« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

明日から始まる県知事選 維新に県政を渡すわけにはいかない

 いよいよ明日7月1日から始まる兵庫県知事選。
 大阪維新の兵庫県知事取り戦略を阻止しなくてはならない。
 当初は、自民党と維新の連合で斎藤圧勝、金沢は立候補辞退かと言われたが、自民党県議多数派だけでなく、立憲野党も共産党を除き金沢に合流。連合傘下の労働組合も自治労や教職員組合といった旧総評系の労組だけでなく、民間大単産も金沢市jを表明。さらに部落解放同盟や、出足の遅かった市民運動も大半が金沢陣営に合流。兵庫県下を二分する真っ向勝負となった。
 金沢陣営は7月1日告示日、神戸、姫路で出発式をおこなったのち、午後3時、阪神尼崎駅北で出発集会となる。
 阪神間の仲間の総結集を訴える。

 つづいて7月10日、午後1時から、尼崎市武庫之荘の女性センター・トレピエで、維新批判の急先鋒=藤井聡京都大大学院教授を招いて、「いま、県知事選に問われるもの」とトークがある。こぞって結集を!

2021年6月29日 (火)

東京は感染拡大中 五輪は無観客開催か?! 追い込まれた菅政権 これもコロナ対策怠ったツケ 

東京五輪「無観客」開催と7月8日決定か…飛び交う菅政権のシナリオ

公開日: 更新日:
すでに解除シナリオは崩壊(菅首相)/(C)日刊ゲンダイ
すでに解除シナリオは崩壊(菅首相)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する
  

 心配された通り、新型コロナの感染拡大が止まらなくなってきた。27日の東京の新規感染者は386人。これで8日連続、前週の同じ曜日を上回った。もはや7月11日に期限を迎える「まん延防止等重点措置」の解除は難しい状況である。延長は確定的だ。はやくも政界では、東京五輪の観客数について「菅首相は7月8日、無観客開催を決定する」という情報が飛び交っている。

 ◇  ◇  ◇

 現在、東京都を含む10都道府県に発令されている「重点措置」について、当初、菅政権は期限通り7月11日に解除する予定だった。しかし、新型コロナの感染者が急増し、シナリオは崩壊している。「重点措置」の解除どころか、「緊急事態宣言」の再発令に追い込まれかねない状況だ。

 東京五輪の観客数は、政府のイベント制限に準拠し、「緊急宣言」や「重点措置」が解除された場合は上限1万人、発令中は上限5000人となっている。5000人は入れられる。

 しかし、菅政権は、「無観客」で行うと腹をくくったという話が流れている。具体的なスケジュールまで流布されている。

「いま発令されている“重点措置”を7月11日(日)に解除するかどうかは、7月8日(木)、専門家に諮問して決定されます。間違いなく延長になるでしょう。場合によっては“緊急宣言”に切り替わる。菅首相はその日の夜、『安心安全のために、東京五輪は無観客で行いたい』と記者会見で発表するとみられています。ミソは、7月6日に五輪観戦者の抽選結果が発表されることです。抽選は観客1万人を想定して行われます。もし、7月11日以降も“重点措置”が延長されたら、もう一度、観客を5000人にして再抽選しなくてはならない。しかし、再抽選となったら混乱必至です。時間もない。混乱を避けるためには無観客にするしかない。本当は観客を入れたいのでしょうが、その時、菅首相は『国民の安全安心のためだ』と強調するシナリオだといいます」(政界関係者)

ミソは7月6日の五輪観戦者抽選結果の発表(C)日刊ゲンダイ
ミソは7月6日の五輪観戦者抽選結果の発表(C)日刊ゲンダイ
拡大する

「天皇 五輪懸念“拝察”」発言も後押し

「無観客」にするかどうか――。宮内庁長官の<天皇 五輪懸念「拝察」>発言も大きいとみられている。24日、西村長官は、「陛下は感染状況を大変心配されている。開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と記者会見で発言している。

 宮内庁長官が記者会見を行った2日前、菅首相は皇居に行き、天皇に内奏している。当然、東京五輪についても話が出たはずだ。

「宮内庁長官の“拝察発言”を、国民の多くは、陛下のお気持ちだと受けとめたはずです。もし、菅首相が“無観客”に方針を一転させても、陛下のお気持ちに応えられたと国民は考えるはず。だから、批判はされない。菅周辺は、そう判断しているようです」(自民党事情通)

 五輪を「無観客」でやるなら、一日でも早く発表した方がいい。7月6日に抽選結果を発表し、当選者をぬか喜びさせるのは最悪である。

当面する行動 7月1日は知事選告示日

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

71日(木) 兵庫県知事選告示

         知事選告示日行動 15時 阪神尼崎駅北

7月4日(日) 大椿ゆうこ総合選対立ち上げ決起集会 14時 クリエイトセンター多目的ホール(JR「茨木」駅南東10分、阪急「茨木市」駅北8分)

7月4日(日) チェルノブイリ35周年の集い 14時 大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)

74日(日) 都議選投開票日

7月6日(火) ロックアクション御堂筋デモ 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」北西7分)

710日(土) 緊急対談 県知事選に求められるものは何か? 13時~14時半 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 対談:藤井聡(京大大学院教授)Vsつじ恵(弁護士、元衆議院議員)

7月10日(土) 狭山事件学習会 15時~17時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

        講演:七堂真紀弁護士(狭山事件再審弁護団)

7月11日(日) 中村哲さんの遺志を受け継ぎ、世界の平和をめざそう 13時 エルシアター(エルおおさか2Fホール)

713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園 関生弾圧裁判・武建一委員長判決 10時 大阪地裁(JR「北新地」東南12分、地下鉄「淀屋橋」北東7分))

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

718日(日) ミャンマー市民との連帯の集い 14時 神戸・みなとのもり公園(JR[三宮」南10分)

724日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

724日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分) 報告:片岡隆(芦屋「九条の会」事務局長)

7月25日(日) 伊丹自衛隊申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20分)

※729日(木) さようなら原発1000人集会実行委 

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

81日(日)  白井聡&つじ恵講演会 14時 尼崎アルカイックホール・ミニ(阪神「尼崎」北東5分)

83日(火)  優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁(「高速神戸」北東5分)

86日(金)  8・6ヒロシマ平和の夕べ

 

2021年6月28日 (月)

東京都議選始まる

都議会議員選挙告示

各地で立憲野党候補が立ちあがる

動画(6分28秒)

 

6月25日、都議会議員選挙の告示がされた。各地で市民と野党が支援する立憲野党候補者が第一声をあげた。それは、これまでになかった光景だ。

中野駅前では、応援演説にかけつけた長妻昭立憲民主党東京都連会長が、「オリンピックの延期もしくは中止をあきらめてはいけない」と強調した。中野選挙区から立候補した西沢けいた候補(立憲民主党公認)は、オリンピックのために招致費用という名目で配られた費用が実際どのように使われたのかの検証が必要だと訴えた。演説後には市民有志が「投票所はあっち」作戦と題して、明日から始まる期日前投票をもりあげる運動に取り組んだ。
↓西沢けいた候補

↓宮﨑太朗候補

JR秋川駅そばのあきる野ルピア前では、市民と支援する政党が集まり出発式が行われた。集会にはあきる野市長からも激励のアピールが寄せられた。西多摩選挙区から立候補した宮﨑太朗候補(立憲民主党公認)は、「ワクチンとPCR検査を受けたい人が受けられる体制づくりをすすめたい」「三多摩格差と言われて久しいが、新生児が具合が悪くなった時西多摩には面倒を見てくれる病院がないなんておかしい」と発言した。

都議会議員選挙の結果は、オリンピックに影響を与える。そしてそれは都議会を変革し、秋の総選挙を大きく左右する。(湯本雅典)

2021年6月27日 (日)

県知事選 ハナから落選覚悟を表明する共産党候補

 

「知事や議員になることが目的ではない」という金田峰生氏=神戸市兵庫区
拡大
「知事や議員になることが目的ではない」という金田峰生氏=神戸市兵庫区

 【質問】今回の兵庫県知事選に立候補予定の元県議、金田峰生氏(55)=共産推薦=は1995年以降、県議、衆院、知事、参院の選挙に計11回立候補し、今回が12回目になると聞きました。党の都合で出ているようにも見えますが、本当に知事になりたいのですか。

 

「知事選 あなたの?に答えます」-。7月1告示、18日投開票の兵庫県知事選にまつわる疑問・質問に、記者らが取材を踏まえてお答えします。演説などだけでは分からない、ちょっと聞きづらい質問をぶつけ、そもそもどうなってるの?という疑問を解消します。

 

 金田氏は29歳で挑んだ95年の県議選を皮切りに、その後、県議選3回、衆院選3回、参院選3回、知事選1回に挑戦しました。当選したのは99年の県議選のみ。知事選以外はいずれも共産の公認候補として立ってきました。

 さまざまな選挙に立候補してきた理由について、金田氏は「議員や知事になることが目的ではない」と明言。それぞれの立場から「命と尊厳を大切にする政治」を目指すのが目的といい、その上で「期待される限りは出たい」と、立候補を求める支持者の存在も理由に挙げました。

 一方で、四半世紀で1~4年に1度は立候補し、現在8連敗中。落選は「全否定された気分になり、へこむ」ともらします。それでも立候補し続けるのは、候補者のなり手不足と無関係ではなさそうです。

 一時は県議会第2会派(15議席)を誇った共産ですが、2007年以降、5議席にとどまっています。本会議で代表質問ができる交渉会派(6議席)の要件も失い、党勢の後退が指摘されています。

 金田氏は今年4月まで、共産党国会議員団兵庫事務所長として、衆院選に向けて重要な役目を担っていました。ところが「憲法が輝く兵庫県政をつくる会」の候補者選びが難航し、急きょ、擁立が決まったといいます。

 告示まで3カ月を切ったタイミング。金田氏は「断ることはできましたよ。でも自分が出ないと誰が出るの? 戦わないの? それはないでしょ」と話し、悩み抜いた末に決断したそうです。

 新型コロナウイルス禍で挑む今回の意気込みは強いといい、「医療や福祉の予算を削ってきた県政を転換する」と息巻いています。(金田氏担当・初鹿野俊)

兵庫県知事選、間もなく公示 金沢支持の輪広がる~北上あきひとFBより

新しい兵庫を、ご一緒に。
党派を超えて、かなざわ和夫さん支援の輪がドンドンひろがっています。自民党県会議員の多くの皆さんから、新社会党神戸市議会議員の粟原さんまで。
幅広い県民の声に真摯に向き合う知事、県民に寄り添い県民のために働く知事の誕生を願います。
水岡 俊一、、「#ap を 新 風 「子 兵 @ ジ 討議資料 庫 かなざわ かずお 和夫 かなざわ和夫 後援会 共にかがやく兵庫の会 入会のしおり」というテキストの画像のようです
今日、新社会党兵庫県本部の総支部支部代表者会議を開き兵庫知事選挙への方針を決定しました。
 結論は県民党を標榜する金沢和夫氏を勝手連支援です。政策的には共産党が推薦する金田さんに新社会党は近いですが、支援しても自民党-維新連合軍を食い止めることはできません。
 今回の知事選は保守分裂で始まりましたが、菅政権の中枢が強引に自民党国会議員を動かし、地元を無視して維新が推す斉藤氏を無理矢理、自民党推薦にしてしまいました。
 結果、金沢氏を立憲、国民、社民、連合、みなせんなどが応援して、国会与野党の対決の構図になっています。したがって、新社会党は「自民『菅政権』-維新の県政支配を許さず、地方自治を守り、民主主義の県政を進める」ことを宣言し、県民党を標榜する金沢和夫氏を支援することになりました。

2021年6月26日 (土)

都議選 麻生太郎財務相が「自分でまいた種」と発言したことに都民ファーストの会が反論

 
 
都議選が告示されてから初の週末を迎え、街頭演説に耳を傾ける有権者ら=東京都港区で2021年6月26日午後1時25分、吉田航太撮影(画像の一部を加工しています)© 毎日新聞 提供 都議選が告示されてから初の週末を迎え、街頭演説に耳を傾ける有権者ら=東京都港区で2021年6月26日午後1時25分、吉田航太撮影(画像の一部を加工しています)

 東京都議選は26日、告示後初の週末を迎えた。各党は国政選挙並みの態勢で幹部らを投入し、街頭で支持を呼び掛けた。過労で静養中の小池百合子都知事に対して麻生太郎財務相が「自分でまいた種」と発言したことに都民ファーストの会が反論するなど、選挙戦はヒートアップしている。

 都民フの荒木千陽代表は中野区の駅前などで演説。麻生氏の発言に「寝る間を惜しんで都のために行動してきた相手につばを吐くような発言。断固抗議する」と批判し、「自民党におもねらなければ駄目だと言っているに等しく、まさに古い政治の象徴だ」と強調した。

 自民党では、加藤勝信官房長官が練馬区内で演説した。同区は「政治とカネ」の問題で辞職した菅原一秀元衆院議員の地元。加藤氏は菅原氏を巡る問題には触れず、新型コロナウイルス対策などを取り上げ「(自民は)都議会の野党ではあったが、しっかりと都民の声を聞いてきた」とアピールした。

 大田区の駅前では、公明党の山口那津男代表が「密にならないように」と呼び掛けてから演説を始めた。国と都、市区町村の議員のネットワークを生かして政策を実現してきたと強調し、都民フについて「区議もほとんどいない、国会議員はゼロ。やっぱりネットワークを生かすには限界がある」と語った。

 一方、共産党の志位和夫委員長は東村山市など多摩地域でマイクを握った。東京オリンピック・パラリンピックについて「国民の命を守る最良の方法は中止しかない。都議選で審判を下そう」と声を張り上げた。演説を動画サイトで生中継するなど、新型コロナ対策を意識した選挙活動にも力を入れていた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は23区内の駅などで演説した。港区の駅前では「都知事に頼って議席を得た議員は何人いても意味がない。なぜなら都知事のイエスマンだからだ」と指摘。「都政に届いていない声を遠慮なく言える都議を作らなくてはいけない」と支持を訴えた。【斎川瞳、田中理知、竹内麻子、黒川晋史】

週末は大忙しだが、こらは菅政権打倒への闘いの始まり、大いに歓迎!

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

6月26日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)
市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)テーマ:沖縄 講師:松原康彦

6月26日(土) 60年代の死者を考えるレクイエムを超えて 14時 梅田TOG会議室(駅前第3ビル17階) 講演:長崎浩「樺美智子と私の60年代」

6月26日(土) 梅田解放区 17時半

6月26日(土) 基地のない平和な沖縄・日本・東アジアを!626京都集会 14時 円山野外音楽堂

◎※627日(日) 連続市民講座・講演会「コロナで気づいた公共の役割」 14時 尼崎総合文化センター・玉翔の間 講演:藤原辰史(京都大准教授)

6月27日(日) オリンピック反対デモ 14時 元町中公園(難波)

6月27日(日) 先制攻撃の日米合同軍事演習反対!憲法改悪阻止!627あいば野集会 13

         高島市今津・住吉公園(JR「近江今津」北東3分) JR湖西線・新快速 三宮:10:52 尼崎:11:08 大阪:11:15 近江今津:12:34

 

190627369_4069219599837512_679970518746571日(木) 兵庫県知事選告示

7月4日(日) 大椿ゆうこ総合選対立ち上げ決起集会 14時 クリエイトセンター多目的ホール(JR「茨木」駅南東10分、阪急「茨木市」駅北8分)

7月4日(日) チェルノブイリ35周年の集い 14時 大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)

74日(日) 都議選投開票日

7月6日(火) ロックアクション御堂筋デモ 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」北性7分)

7月11日(日) 中村哲さんの遺志を受け継ぎ、世界の平和をめざそう 13時 エルシアター(エルおおさか2Fホール)

713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園
関生弾圧 武建一委員長判決 10時 大阪地裁

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

いよいよ明日は、藤原辰史講演会

6・27藤原辰史講演会 

6月27日(日) 午後2時~   アルカイックホール・ミニ

 

プ ロ グ ラ ム

                                 司会:安田真理

主催者挨拶:高原周治

講演:藤原辰史さん(京都大学人文科学研究所准教授)

「コロナで気づいた公共の役割
―新自由主義の克服めざして」

~休憩~

質疑応答

アピール  

中村大蔵~ミャンマー市民を支援しよう 

北上あきひと~7月知事選で、維新・自民候補を阻止しよう

まとめと閉会の挨拶:小柳久嗣

 

主催:627藤原辰史講演会実行委員会  
呼びかけ人:高原周治(小児科医師)、弘川欣絵(弁護士)、酒井浩二(尼崎地区労議長)、中村大蔵(阪神共同福祉会理事長)、丸尾牧(兵庫県会議員)、安田真理(立憲民主党)、よつや薫(西宮市会議員)、北野聡子(宝塚市会議員)、北上あきひと(兵庫県会議員)
事務局・連絡先:小柳久嗣(09051320028

 

2021年6月25日 (金)

「やってる場合か 中止だ!中止」〜五輪ノーの声、都庁前から世界へ~レーバーネット日本より

「やってる場合か 中止だ!中止」〜五輪ノーの声、都庁前から世界へ

 

動画(5分半)集会ライブ録画(56分)

 東京五輪開催予定日の1か月前の6月23日、都庁前で「世界同時五輪反対行動」が取り組まれた。集会デモの参加者は850人に達した。多くの日本人がいまや反対といわれる世論が、見事に可視化した。みんな怒っていた。

 「やってる場合か 中止だ!中止」「IOC=腐敗・貪欲・搾取」「感染五輪反対!」等々、手書きのプラカードが目を引いた。世界に訴えるためか英語のものも多い。なによりメディアの数がものすごい。ドイツ、フランスをはじめ欧米・アジアから世界のTV局がやってきて、参加者にインタビューをしまくっていた。

 そして、個人でSNSで発信する人たちの数も半端ではない。その一人は「五輪なら何でもいいのか、政府のやっていることはひどすぎる。ツイッターで発信したいと思いやってきた。でも海外のメディアばかりで日本のTVはいないのには驚いた」と。確かに日本の大手のテレビクルーの姿がみえない。筆者が確認したのは新聞系の記者くらいだった。大手のTV局はスポンサーであり、この重要なデモをスルーしたのだ。それでも海外メディアが、日本の五輪反対の声を大きく報道するのは間違いない。国際世論に影響を与えるだろう。

2021年6月24日 (木)

田崎史郎氏の酒類提供問題発言に異論続出…恵俊彰、伊藤惇夫氏、デーモン閣下ら「理解できない」

田崎史郎氏の酒類提供問題発言に異論続出…恵俊彰、伊藤惇夫氏、デーモン閣下ら「理解できない」

 

田崎史郎氏
田崎史郎氏

 23日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)では、競技会場での酒の提供を認めることを検討していた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、一転して酒類の提供を断念する方針を固めたことを報じた。

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が「まだ決定していない中で、マスコミが取材をしてお酒の提供を出来ると。その時に各都道府県の方針に従ってお酒を提供しますと言っておけば、こんなに批判を受けなかったんじゃないかと思う」と話したことを受け、出演者から異論の声が続出した。

 まず、司会の恵俊彰が「田崎さんがおっしゃった情報の出し方よりも、お酒を出すということ自体が抵抗感が強いと思う」とコメント。

 これを受け田崎氏は「お酒を出すかどうかの検討をしているわけですよ。お酒を出すと決めているわけでは、全くないわけですよね」とあくまで検討段階だとした。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏が「だから、検討自体が私は全く理解できないと言っているんですね」と話した。田崎氏が「検討してもいけないんですかね。考えても」と疑問を口にすると、「いけないと思いますよ」ときっぱりと言い放った。

 改めて恵も「(検討するのも)いけないと思いますよ。観客を入れるのもやめておこうという声だって多いわけですから。そこで開会式は2万人になる。お酒を飲んでいいですよって、何でもありみたいな、大パーティーになるじゃないですか」と反論すると、田崎氏は「そうですか」とポツリ。

 意見を求められたリモート出演の伊藤聡子さんも「いやあ、ちょっとそれは難しいんじゃないですかね。難しいというよりも、なしでしょう。なしですよ。検討もちょっとビックリという感じですね」と見解を示し、デーモン閣下も「我が輩も伊藤惇夫さんに1票で。検討しているという報道が流れた段階で、思わず『何考えているんだ、このバカ』って口に出して言っちゃったもん。大臣とか組織委員会の人が出てくるたびに、カチンとなる内容が多いけど、不愉快になってきましたねオリンピック。オリンピックを取り扱うなら、番組を休もうかと思うぐらい嫌悪感が」と語った。

東京早くもリバウンドか コロナ専門家組織分析

 
 
いいね|
新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の会合で発言する田村厚労相=23日午後、厚労省© KYODONEWS 新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の会合で発言する田村厚労相=23日午後、厚労省

 厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の脇田隆字座長は23日の会合後の記者会見で、東京の感染状況について「リバウンドの状況ではないか。特に若い人を中心に都心部から感染が始まっている」と指摘した。

 会合では、京都大の西浦博教授(感染症疫学)から、東京五輪が開幕する7月23日に、国内では感染力の強いインドに由来する変異株の割合が約7割に達するとの試算も示された。

 専門家組織は会合で感染状況や医療提供体制の現状を分析。特に東京を中心とする首都圏では下げ止まりから横ばいとなってきている、との結果をまとめた。

2021年6月23日 (水)

宴会されても…五輪選手村の監視困難 1人あたり5Lアルコール持ち込み可

宴会されても…五輪選手村の監視困難 1人あたり5Lアルコール持ち込み可

選手村(2021年6月20日撮影)
選手村(2021年6月20日撮影)

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの選手村で、選手や関係者が生活する居住棟内に監視員を配置できない見通しであることが22日、大会関係者への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染防止を図る上で大会組織委員会は、中央区晴海の選手村内に監視員を配置する方針だが、公共スペースのみにとどまる方向。居住棟内にある会議室等で、複数人による飲酒が行われても注意や警告ができず、感染対策に穴が出る可能性が出てきた。

     ◇     ◇     ◇

数百人規模の大選手団を編成する国には選手村のマンション1棟をそのまま提供する。その中には会議室など一定の人数が一堂に集まれる場所がある他、8人が生活する5LDKの大部屋もある。関係者によると居住棟は自宅同等のプライベート空間との位置づけで監視員を配置できないため、会議室等で祝勝会などの宴会が開かれても組織委側は注意、警告はできない。

小規模の選手団は1棟に複数の国と地域が混在して生活する。その場合、他国間でのチェック機能が自然と働くが一国への「1棟貸し」ではチェックが十分に働かず、感染対策が徹底できない可能性が出てきた。

関係者によると、入村時に持ち込める酒量は1人当たり5リットル。過去大会ではその上限を超えたり、村内で大宴会を開く国もあった。

また、国際オリンピック委員会(IOC)が組織委に容認を求めている食料品宅配サービス「ウーバーイーツ」などの利用が村内で可能になれば、追加でアルコールを注文できる。

IOCバッハ会長が21日の会見で「村に居住する選手、関係者のワクチン接種率は既に81%となった」と説明。しかし、19日に来日したウガンダの選手1人が自国で2回ワクチン接種し、陰性証明書まで持っていたが成田空港で受けたPCR検査で陽性が判明した。

組織委幹部は「ワクチンが万能でないと分かった」と危機感を募らせる。接種率の高まりで気が緩み、監視の目が届かない居住棟で、宴会が行われれば、徹底した感染対策も形骸化する恐れがある。

◆選手村内での飲食、飲酒ルール 酒の持ち込みは許されているが、各自の居室やプライベートな場所でのみ飲酒を可能とした。公園などの公共の場での飲酒は禁止されている。選手村のガイドブックに記載される見通し。コロナ対策の規則集「プレーブック」では村内での選手との距離は2メートルを確保するよう記載されている。食事や飲酒の際も同様に距離を取り、飲食時以外はマスクを着用するよう求めている。

最新ニュースをキャッチ! 東京2020特集>>

2021年6月22日 (火)

当面の行動日程 

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

623日(水)  老朽原発うごかすな!美浜現地闘争 12時 町役場前
新大阪から大型バス運行 745分発 申し込み:松原 09095401959

6月25日(金) シーサーネット総会 ミャンマー軍政と抵抗 18時 国労会館(JR「天満」北東3分)

6月26日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)
市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)テーマ:沖縄 講師:松原康彦

6月26日(土) 60年代の死者を考えるレクイエムを超えて 14時 梅田TOG会議室(駅前第3ビル17階) 講演:長崎浩「樺美智子と私の60年代」

6月26日(土) 梅田解放区 17時半

6月26日(土) 基地のない平和な沖縄・日本・東アジアを!626京都集会 14時 円山野外音楽堂

627日(日) 連続市民講座・講演会「コロナで気づいた公共の役割」 14時 尼崎総合文化センター・玉翔の間 講演:藤原辰史(京都大准教授)

6月27日(日) オリンピック反対デモ 14時 元町中公園(難波)

6月27日(日) 先制攻撃の日米合同軍事演習反対!憲法改悪阻止!627あいば野集会 13

         高島市今津・住吉公園(JR「近江今津」北東3分) JR湖西線・新快速 三宮:10:52 尼崎:11:08 大阪:11:15 近江今津:12:34

 

71日(木) 兵庫県知事選告示

7月4日(日) 大椿ゆうこ総合選対立ち上げ決起集会 14時 クリエイトセンター多目的ホール(JR「茨木」駅南東10分、阪急「茨木市」駅北8分)

7月4日(日) チェルノブイリ35周年の集い 14時 大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)

74日(日) 都議選投開票日

7月6日(火) ロックアクション御堂筋デモ 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」北性7分)

7月11日(日) 中村哲さんの遺志を受け継ぎ、世界の平和をめざそう 13時 エルシアター(エルおおさか2Fホール)

190627369_4069219599837512_6799705187465 713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園
関生弾圧 武建一委員長判決 10時 大阪地裁

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

730日(金)  連帯兵庫みなせん 野党6党との協議 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北4分)

81日(日)  白井聡&つじ恵講演会 尼崎アルカイックホール・ミニ

83日(火)  優生保護法兵庫訴訟 判決 14時 神戸地裁

86日(金)  8・6ヒロシマ平和の夕べ

【東京五輪】約40分間の5者協議は “茶番” 「無観客」を拒否し続けたのはIOCでなく日本側だった

【東京五輪】約40分間の5者協議は “茶番” 「無観客」を拒否し続けたのはIOCでなく日本側だった

配信

5者協議は丸川五輪相(右)、バッハ会長らの思惑通りに進んだ(ロイター)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡県知事選につづき、7月兵庫県知事選で、自民・維新連合候補を撃破しよう②~阪神センターアピール

(承前)
 共産党は例によって「県政野党は自党のみ、金沢候補は井戸県政と同じ」「市民運動や立憲野党の中にも金沢不支持が広がっている」などと手前勝手な見解を出し、4月中旬に金田候補を擁立した。金田候補は19年参議院選でも立憲野党5党の統一候補(安田真理)への合流を拒否し、結果これまでの県レベルの共産党の得票(22万票程度)を31減らし、あと3万票で自民党候補に逆転する安田の勝利を妨害した。この年の参議院選では大阪・兵庫の立憲・共産の協力があれば、最下位当選の自民党を大阪でも落選させたわけで、この政党エゴに非難が集中した。しかし今回もまた共産党兵庫県委員会は、これまで10階以上の選挙で落選し続けた候補を擁立。共産党員の中にもこの愚策を批判する声は多いが、僅差で金沢候補が敗れるなら、維新県政導入の水先案内人として長く断罪され続けるであろう。

4)大阪維新の犯罪性について簡潔に言えば、安倍・菅政権以上の新自由主義推進政党であり、自民党政権の危機を救済する別働隊であるということだ。大阪における住民自治破壊・組合敵視・医療破壊などは枚挙にいとまがなく「都構想」住民投票は2度とも敗北。それでも松井・吉村は辞任せず、住民無視の強権政治を続けている。コロナ感染症対策ではその犯罪性が全面露呈した。特に3月の緊急事態宣言解除時に早期解除を懇願。その結果第4波が急速に拡大し連日1000人以上の感染者を出し、医療が崩壊し死者数が日本一になった。この大阪が震源地になり兵庫・京都・奈良にも急速に拡大、兵庫は大阪・東京に次ぐ死者数となった。その原因は橋下・松井・吉村らの維新政治が「身を切る改革」と称して、住吉病院を廃止、人口270万の大阪市に保健所は一つなど、大阪の医療・検査体制を削減したことにある。在版マスコミと一体で「大阪方式」などを演出してきた(通天閣に赤い灯がともる)が、「阪大と提携して国産ワクチンを作る」「うがい薬(イソジン)には効果がある」「医療防具に雨合羽を寄付してほしい」など、デタラメばかりだったではないか。にも拘らず「イケメン」「吉村寝ろ」などマスコミが虚像を維持してきた。
 また大阪では府議・市議・首長を多数擁しているが、市長室サウナの池田市長をはじめ次から次へと問題を起こし、不正をくり返している。兵庫の維新は、大阪追随丸出しで2013年に宝塚・伊丹の市長選に惨敗。その後市議や国会議員は増えたが首長は1人のおらず、何の存在感もない。井戸県政は大阪維新と距離をとり各種「バトル」が発生。維新はこの関係を一気に転換させ、住民投票敗北以降の戦略的打開を兵庫県知事選にかけてきた。併せて今秋の解散・総選挙での菅自民党の議席減を救済する自・公・維体制への布石が7月兵庫県知事選だ。候補の斎藤の主要政策は大阪追随の万博開催と、菅の先兵としての東京五輪開催だ。
 自民党(中央=菅、県連全国会議員)から見捨てられた金沢候補は、確かに井戸県政の副知事ではあったが、もはや自民党候補ではない。統制処分の脅しをかけられる自民党県議や、共産党を除く立憲野党、県下各地のあらゆる領域を網羅する職域団体、労働運動、部落解放運動、市民運動などが、住民自治の新しい兵庫県政を生みだそうとしている。日本海と瀬戸内海の二つの海に面し、摂津・播磨・丹波・但馬・淡路と違う歴史・風土を持ち、工業・商業・農業・漁業がそれぞれの特色をもつ兵庫の歴史を、弱肉強食の新自由主義=大阪維新政治で破壊してはならない。同時に旧来の自治省官僚スタイルの転換は、今次知事選の勝利で実現可能なのだ。維新・中央直結候補でなく、また100%勝利できない候補への「自己満足」と決別し、住民自治のオープン県政実現のため金沢和夫の勝利へ総決起していこう。

2021年6月21日 (月)

静岡県知事選につづき、7月兵庫県知事選で、自民・維新連合候補を撃破しよう①~阪神センターアピール

中央直結の新自由主義か、生涯安心・市民自治で地方分権か

維新候補の兵庫県政乗っ取りを阻止しよう 7月知事選

 

1)71日告示、18日投票の兵庫県知事選は、単なる地方県知事選を超えて、大阪維新・菅政権を倒すための極めて重大な選挙となった。それは昨年11月の大阪「都構想」住民投票に敗北した大阪維新が隣県の知事選を制し改めて新自由主義政党として再生するのか、ここ数年の自民党執行部(安倍8年弱・菅1年弱)が、地方組織(県連)の分裂を賭しても忠実な知事を成立させ、全国の隅々まで新自由主義を遂行していくのを許すのか、それともかのそのたくらみを撃破し新たな住民自治の兵庫県政をつくっていくのかの歴史的分岐点としてあるからである。
 発端は大阪維新と一定の距離をとってきた井戸兵庫県知事の後継をめぐり、自民党県議団が分裂し、多数派は金沢副知事、少数派は斎藤大阪府財政課長を推したことに始まる。当初独自候補模索の兵庫維新は、松井(大阪市長)の一声で斎藤に転換する。なぜなら、斎藤は維新そのもので、自民党とも松井=菅ラインで話はできており、時間をおかず自民党兵庫県連(谷会長=二階派衆議院議員)は、県議多数派の決定を無視し斎藤支持を決定し、首相官邸で斎藤を菅・二階・谷が囲み承認を与えた。斎藤こそ、維新と菅の共同候補なのだ。

 

2)この決定に呼応したのが井戸県政与党で県議会第二会派の「ひょうご県民連合」(立憲民主党、国民民主党、無所属など14人)の石井団長であった。「県民連合が斎藤支持」と報じられると兵庫県の左派・リベラルの怒りと危機感が爆発した。さらに自民党から推薦を拒否された金沢氏は立候補辞退にとの声も流れ、自民・維新候補と激突していた宝塚市長選でも危機感が表明され、兵庫県の野党共闘推進団体である「連帯兵庫・みなせん」をはじめ、安倍政治・菅政治・大阪維新と対峙してきた人々からも厳しい意見が噴出した。「このままでは衆議院選挙前に、兵庫の左派・リベラルは壊滅する」「何としても反維新の運動を作りだそう」と。

 この危機感・怒りをうけて「県民連合」を主導する立憲民主党は「斎藤支持はない」と表明。それでも「石井団長解任」とはならなかったが、6月に石井団長は会派を1人で離脱。市民の中には金沢が井戸県政の副知事であったため、斎藤・金沢に代わる第三の候補を探る動きもあったが、5月末段階で実現不可能が判明。6月初旬には新社会党も「ほぼ金沢に」と表明。612日のみなせんと野党6党の協議では欠席した共産党をのぞき、金沢支持の方向が確認された。その間金沢陣営は政党の支援を受けない「県民党」で運動を開始。6月中旬には神戸・姫路・尼崎に金沢事務所ができ、そこには、自民党県議、立憲民主党の議員や労働組合・部落解放同盟、自治体首長などの支持が表明されている。

 こうして3月末からの自民党県議少数派、県連・谷会長と、松井・菅ラインのクーデター的な斎藤擁立劇で、いったんは斎藤圧勝の空気が流れたが、6月中旬までに兵庫の財界や商店街なども2分され、連合・立憲野党などが金沢支持となり県下を二分する完全な一騎打ちとなった。維新・自民党=松井・菅ラインによる中央直結・新自由主義推進の強権的兵庫県政か、地方分権・防災・生涯安心を掲げた新たな県政かを問う歴史的決戦となったのである。

3)このような論議が市民のなかで起っている時、例によって自党の正しさのみを掲げ、100%勝てない候補を擁立したのが日本共産党兵庫県委員会である。(つづく)

地方での選挙で敗北が続く自民党 次は兵庫県知事選で、自民・維新連合が敗北か?

 
 
川勝平太氏© 毎日新聞 提供 川勝平太氏

 任期満了に伴う静岡県知事選は20日に投開票され、現職の川勝平太氏(72)が、新人で元参院議員の岩井茂樹氏(53)=自民推薦=を破って4選を果たした。投票率は52・93%(前回46・44%)。

 川勝氏はJR東海が2027年の開業を目指すリニア中央新幹線(品川―名古屋間)静岡工区を巡り、着工を認めない立場を強調。3期12年の実績や新型コロナウイルス対策の成果もアピールして支持を広げた。「県民党」を掲げ、立憲民主、共産、国民民主の地方組織が自主的に支援した。

 岩井氏は立候補の表明が4月末と出遅れ、「保守王国」と称される静岡で得た自民の推薦を生かし切れなかった。【山田英之】

ほとんどフルスペック開催を狙う菅政権

開会式2万人案に非難殺到! 五輪貴族のため〝特別枠〟1万人追加

配信

 

東スポWeb

東京五輪開会式の会場となる国立競技場

 

 

 

 

 

 

 

2021年6月20日 (日)

本日は、菅ヤメロ!吉村・松井を追いつめよう!6・20市民集会

菅ヤメロ!吉村・松井を追いつめよう!6・20市民集会
6・20集会チラシ_0001

講演 コロナがあぶり出した社会ー時代が求める運動とは
藤原辰史氏(京都大学人文科学研究所准教授)
6月20日(日)
集会 午後1時 開場  
   午後1時半 開始
 PLP会館5階大会議室
 資料代 800円
デモ 午後4時15分出発(梅田まで)

講師プロフィール
(ふじわら・たつし)
1976年、北海道生まれ。1999年、京都大学総合人間学部卒業。主な著書に『ナチス・ドイツの有機農業』『稲の大東亜共栄圏』『戦争と農業』『給食の歴史』『分解の哲学ー腐敗と発酵をめぐる思考』など。ウェブサイト「B面の岩波新書」に掲載された「パンデミックを生きる指針ー歴史研究のアプローチ」が注目を集める。

2021年6月19日 (土)

新たな官邸前「金曜行動」がスタート~レイバーネット日本より

反原発を私たちは叫びつづける〜新たな官邸前「金曜行動」がスタート


動画(13分)

 

 「首相に直接、脱原発の声を届け、不正に対しては糾弾の声を上げる。そういう集会を続けよう!」。呼びかけ人の鎌田慧さんはこう訴えた。6月18日夜、官邸前にはプラカードを手にしたたくさんの市民が集まった。

 この日は、第一回「原発いらない金曜行動」の日だった。反原連が主催した官邸前「金曜行動」は9年半続いてきたが、ことし3月に活動休止になった。そのため関係者が相談を重ねて新たな活動を模索していた。たんぽぽ舎の柳田真さんが経過を語った。「官邸前に反原発を叫ぶ場が必要ということで、話をすすめてきた。反原連にも声をかけたが自主的にやってほしいという返事だった。私たちは毎月第三金曜日に原発ゼロを直接、官邸に訴える場としてつくっていきたい」と。

 久しぶりの官邸前行動に参加者の熱は高かった。手作りの創意工夫したプラカードが目立つ。「オリンピック被ばく隠してやるの?」は「五輪で延命」しかない菅首相への痛烈な批判だった。

 横断幕をみても、美浜原発や東海第二原発の再稼働、福島第一原発の汚染水問題など問題が山積していることがわかる。集会で発言したのは、落合恵子・神田香織・古今亭菊千代・佐高信・山本誠・山崎久隆の各氏などだが、それぞれ5分で短い分だけ、怒りが凝縮されていた。原発マネーをめぐって佐藤優氏に名誉毀損で訴えられているという佐高信さん。「広告の影響力は大きい。原発推進に出ている佐藤優や石坂浩二を具体的に批判する運動が必要だと思う」と訴えた。

 市民1分リレートークもよかった。1時間強の集会だったが、合間にシュプレヒコール・太鼓・歌声が適宜入り、大きな盛り上がりを見せた。この日は450人で成功裏にスタートを切った。毎月第三金曜日は新たな脱原発運動のシンボルになるにちがいない。次回は7月16日(金)午後6時半である。(M)

2021年6月18日 (金)

「老朽原発・美浜3号機の運転差し止め求め 仮処分申請へ」  

お世話になります。

オール福井反原発連絡会事務局の、山本雅彦です。

 

すでに、朝日のデジタルで配信されましたので、ご存知とは思いますが、

大阪地裁に老朽美浜3号機運転禁止仮処分を申立することになりました。

 

「老朽原発・美浜3号機の運転差し止め求め 仮処分申請へ」

 

みなさんの申立前集会と、記者会見&報告集会へのご参加をお願いいたします。

 

6月21日(月)1230 大阪地裁前にて、申立前集会

        1315 堂島ビルヂング(大阪地裁よこ)

  • 弁護団共同代表
      井戸謙一弁護士
      河合弘之弁護士
    原告団 共同代表
      石地 優
      木原壯林
      山本雅彦
  • 連絡先
    ・オール福井反原発連絡会

 林   広員090-8263-6104
・老朽原発うごかすな!実行委員会
 木原壯林 090-1965-7102

五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で“空疎な嘘”連発!

五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で“空疎な嘘”連発! インド型変異株拡大、サッカー南米選手権で感染者続出の現実も無視

五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘連発! インド型変異株拡大、サッカー南米選手権で感染者続出の現実も無視の画像1
菅義偉Twitterより


 ついに東京五輪開催のための「地獄シナリオ」が実行に移された。本日17日、菅義偉首相は東京や大阪などに出されている緊急事態宣言を20日で解除し、まん延防止等重点措置に移行することを決定したからだ。

 東京でリバウンドがはじまっていることはあきらかで、いま宣言を解除するというのはありえない判断だ。事実、本日17日の東京の新規感染者数は先週より13人増の452人。昨日16日も先週より61人も増加して501人となっている。

 いや、それ以上に注視すべきは、感染力が高いインド型変異株(デルタ株)の発生状況だ。東京都で昨日16日までに確認されたデルタ株陽性例は計72人におよんでおり、さらに東京都健康安全研究センターによるスクリーニング検査の結果を見ると、直近の6月7日〜13日に確認された変異株陽性数のうちデルタ株は24.3%にものぼっているのだ。

 実際、本日おこなわれた都のモニタリング会議でも、専門家からはこんなコメントが寄せられていた。

「新規陽性者数が十分に下がりきらないまま、未だ高い値で推移している。第3波では、新規陽性者数が今回とほぼ同じ400人前後で約3週間推移した後、爆発的に感染が再拡大した。感染性の高い変異株の影響等を踏まえると、第3波を超える急激な感染拡大の可能性があり、新規陽性者数を徹底的に減らし、感染の再拡大を防止しなければならない」

 にもかかわらず、菅首相は新規感染者数を徹底的に減らすどころか増加傾向にあるのに、デルタ株による急激なリバウンドが必至の状況下で宣言を解除することを決定してしまった。しかも、菅首相は宣言解除後に移行する重点措置も「7月11日まで」とあらかじめ期限を切った。

 これはどこからどう見ても、7月21日から競技が開始される東京五輪に約1万人もの観客を入れて開催するための布石ではないか。

 厚労省新型コロナ対策アドバイザリーボードに示された試算では、宣言解除後に人の流れが15%増、くわえて五輪開催で10%増えた場合、「有観客と無観客での累積の新規感染者の差は8月25日ごろに1万人を超え、1日あたり約300人増えることになる」という(朝日新聞デジタル16日付)。しかもこれは「デルタ株の影響を小さく見積もった」数字だ。人命第一、国民の命と安全を第一優先だと言うのであれば、無観客であろうと人の流れの増加を招くリスクがある東京五輪は「中止」という判断しかありえない。

 だが、菅首相は本日おこなわれた記者会見でも「東日本大震災から復興を遂げた姿を世界に発信し、子どもたちに夢や感動を伝える機会になる」と口にし、感染リスクについても「会場に来られる観客は常時マスクし、大声の応援は禁止される。会場に直行、直帰をすることも大事だ」などと発言した。

つづきはリテラで

2021年6月16日 (水)

基地周辺、調査対象に=安保土地法成立、曖昧さ否めず

 
参院内閣委員会で重要土地等調査法が与党と日本維新の会、国民民主党の賛成多数で可決され、一礼する小此木八郎領土問題担当相(左)=15日夜、国会内© 時事通信 提供 参院内閣委員会で重要土地等調査法が与党と日本維新の会、国民民主党の賛成多数で可決され、一礼する小此木八郎領土問題担当相(左)=15日夜、国会内

 自衛隊基地周辺や国境離島など安全保障上重要な土地の利用を規制する新法「重要土地等調査法」が16日未明の参院本会議で、自民、公明両党と日本維新の会、国民民主党などの賛成多数で可決、成立した。国は区域を指定した上で土地・建物の所有者らを対象に氏名や国籍、利用状況を調査できる。過去に中国や韓国の資本による不透明な土地購入の例があり、こうした動きの監視が目的だ。

 立憲民主、共産両党は「私権制限」につながるとして反対。参院内閣委員会の審議では「自国民も調査対象になりかねない」「どの地域が対象になり、どんな行為が罰則を受けるのか不明確」との批判が上がり、参考人からも対象区域で土地価格が下落する可能性が指摘された。

「平和運動つぶされる」 土地規制法案、市民らが抗議

「平和運動つぶされる」 土地規制法案、市民らが抗議

保坂知晃

 米軍・自衛隊の基地や国境近くの離島などの土地建物の利用を規制する土地規制法案に反対する市民や団体らが15日午後、東京・永田町の参院議員会館前で、抗議活動をした。のぼりやプラカードを持って「土地規制法案は廃案」とシュプレヒコールを上げた。

 弁護士の海渡雄一氏は、法案の第一のターゲットになっているのは沖縄だと指摘。「基地や原発の抗議活動をする人たちの隣人や知人にまで調査が及び、住民の間に不信を持ち込む法案だ」と話した。

 法案では、基地などの周辺の土地所有者が、その土地で「機能を阻害する行為」をする明らかなおそれがあるとみなされれば、勧告・命令・処罰の対象となる。

 沖縄出身で米軍嘉手納基地内に土地を持つ「一坪反戦地主」である青木初子さん(73)=東京都=は「平和運動が重要施設などの機能を阻害する行為と見なされる可能性があり、運動がつぶされる恐れがある」と話した。(保坂知晃)

2021年6月15日 (火)

菅総理と玉川徹氏 どっちが正しい? 「国民はそれほど馬鹿なのか」

 
古賀茂明氏© AERA dot. 提供 古賀茂明氏

 6月9日に2年ぶりに行われた党首討論。弁論能力では野党第一党の立憲民主党・枝野幸男代表が菅義偉総理よりはるかに上だ。しかし、最大の論点、コロナ対策については、菅氏が、「ワクチン、ワクチン」と叫ぶだけで、全くかみ合わない。五輪も補正予算も時間不足で、実のある論戦ができずに時間切れ。枝野氏圧勝を予想した向きには肩透かしの結果だった。

 この結果に菅氏はほっと胸をなでおろしていることだろう。いや、むしろ、計算通りだとほくそ笑んでいるかもしれない。

 これまで菅総理は、国会でも記者会見でも、質問にまともに答えることができず、それが支持率にも響いてきた。最近では、これが日常化して、どんなにふざけた答弁でも、ニュースとしての価値がなくなるほどにまでなった。菅氏から見れば、今回の党首討論の結果は、それに比べればずっとまし。秋の自民党総裁選に向けて良いスタートになったと思っているのではないか。

 こうした菅総理の自信の裏には、二つの要因がある。一つは、皆さんご承知の「俺にはワクチンがある」という確信だ。この点は、6月4日号の本コラム「五輪をめぐる菅首相のプランAとB」にも書いたとおりだ。夏の間は、コロナで人がたくさん死ぬかもしれないが、気にしなくて良い。五輪でお祭り気分となり、さらには、GoToも一部地域限定で開始を宣言すれば、雰囲気は一気に変わる。9月までにはワクチン接種の拡大で死者や重症者が減り、高齢者を中心に安心感が一気に広まる、という「思い込み」が菅氏を支えている。

 9月の自民党総裁選での再選が最重要課題の菅総理にとって、できればその直前に衆議院の解散総選挙を行い、そこでまあまあの結果を出して無投票再選に持ち込みたい。したがって、ワクチンの効果は、9月までに出ればなんとかなると考えているのだ。

 しかし、仮にワクチンの接種が順調に進んで、9月に感染が多少落ち着いても、国民がそれまでのコロナ対策の拙さを許してくれるだろうか。ことは自分たちの命や暮らしに関わることである。

 この点について、テレビ朝日コメンテーターの玉川徹氏は、「日本人ってそんなもんですかね。もうオリンピックの2週間ですっかり忘れて、あー良かったねって言って投票するんだろうか」と述べている。国民はそんなにバカではないと言いたかったのだろう。

 逆に言えば、菅総理は、玉川氏とは逆のことを考えているということだ。菅総理の余裕の裏にあるもう一つの要因。それが、菅氏が安倍前総理から引き継いだ哲学である。

 私は、今から7年前の2014年7月18日にこうツイートした――安倍さんの政治哲学:「国民は馬鹿である」 1.ものすごく怒っていても、時間が経てば忘れる  2.他にテーマを与えれば、気がそれる  3.嘘でも繰り返し断定口調で叫べば信じてしまう  私たちは、そんなに馬鹿なのでしょうか?―― 

 安倍政権では、とんでもないスキャンダルや失政で内閣支持率が落ちてもすぐに回復し、不利だと言われた選挙でも必ず自民党が大勝した。国民は今もそれほど馬鹿なのか。それとも、こうした経験を経て、覚醒したのだろうか。玉川氏と菅総理、どちらが正しいのか。秋にはその答えが出る。

※週刊朝日  2021年6月25日号

菅首相をヨイショするためNHKがフェイク! 米英が決めた途上国へのワクチンを「菅首相が議論を主導」

G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク! 米英が決めた途上国へのワクチンを「菅首相が議論を主導」

G7で借りてきたネコ状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク! 米英が決めた途上国へのワクチンを「菅首相が議論を主導」の画像1
菅首相のヨイショ報道をするNHK


 13日まで英コーンウォールで開かれたG7サミット。菅義偉首相にとっては対面での国際会議デビューとなったが、ネット上ではその存在感のなさが大きな話題となった。G7とゲスト国の首脳との写真撮影後やエリザベス女王との写真撮影後、輪に入れずポツネンとしている菅首相の“ぼっち写真”が拡散されたためだ。「これでは『外交』どころか『社交』にもなっていないのでは」という懸念が広がったのは言うまでもない。

 ところが、こうした懸念とは真逆の報道がNHKでおこなわれた。昨日13日放送の『ニュース7』では、G7で「菅首相が議論を主導した」と伝えられたのだ。

 NHKが「菅首相が議論を主導した」と伝えたのは、途上国へのワクチン提供について。青井実キャスターが「成果文書のとりまとめに向けて、菅総理大臣はどのような役割を果たそうとしているのでしょうか」と中継を結んでいた現地の長内一郎記者に問うと、長内記者はこう解説をおこなったのだ。

「主要なテーマとなった新型コロナ対策では、セッションの冒頭、菅総理大臣が『ワクチン普及は多国間主義を基本とし、途上国に公平かつ迅速に届ける必要がある』と訴え、議論を主導したかたちとなりました」

 さらに、『ニュース7』では画面上でもわざわざテロップで「菅首相 議論を主導」と打ったのだ。

 記念写真の撮影後にはあきらかに借りてきた猫のようになっていた菅首相が、議論を主導した……!? 当然、このNHKの報道内容にはネット上でも疑問を呈する声が飛び交ったのだが、そもそも国内の記者会見はおろか国会での答弁すら、手元の原稿を読むことさえおぼつかないあの人が、国際会議で議論を主導するなんてことができるのか。

 いや、それ以前に、国内の接種率がG7でぶっちぎりの最低となっている菅首相がワクチン提供の議論を主導するなど、客観的にありえない。

 実際、低所得国への10億回分ワクチン提供は、10日の段階ですでに議長国であるイギリスのジョンソン首相がG7で合意する見通しであることを打ち出しており、さらにワクチン外交によって途上国への影響力拡大を図る中国を意識するアメリカバイデン大統領もG7に先立って5億回分の提供を表明していた。すでに議論はイギリスとアメリカが主導していたのだ。

 しかも、「菅首相が議論を主導した」とNHKが伝えた途上国へのワクチン提供について、じつは日本政府は寝耳に水で、当初は「不満」を漏らし、「困惑」さえしていたというのだ。

〈G7サミットで議長国・英国が打ち出した途上国向けの新型コロナウイルスワクチン「10億回分提供」は、日本政府に事前に連絡がなく、外務省幹部は「まったく聞いていない。なんの根拠もない数字だ」と不満を漏らした。日本は2日の「ワクチンサミット」で、途上国へのワクチン普及支援として8億ドル(約880億円)の拠出を表明したばかり。政府内で困惑が広がっている。〉(毎日新聞ウェブ版12日付)

G7首脳の中でぽつん 菅首相の「ディスタンス」に批判と同情

 
 
G7サミットで記念撮影後、歓談する各国首脳とエリザベス女王(左から5人目)。菅首相は左から3人目=AP© 毎日新聞 提供 G7サミットで記念撮影後、歓談する各国首脳とエリザベス女王(左から5人目)。菅首相は左から3人目=AP

 13日まで英コーンウォールで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、菅義偉首相にとって初の対面での国際会議で、存在感発揮も課題になった。首脳同士やエリザベス英女王との記念撮影などの関連行事の映像では、親しげに歓談する欧米の首脳らの輪から距離のある菅首相の様子が、ツイッターなどで話題を呼んだ。

 首相はサミット閉幕後の13日午後(日本時間14日未明)、同行記者団に「(自分は)最初から(親しく)人と付き合うのは下手な方だが、みんな目的は一緒だから、力まず言いたいことを言えた」と語った。「今回初めてサミットに出たが非常に家族的だった。チームの一人として迎えてもらった」と成果も強調した。

 インターネット上で話題になったのは、11日の写真撮影など。恒例のG7首脳による記念撮影の後、米バイデン、仏マクロン両大統領らが肩を寄せて話し込みながら移動したのに対し、菅首相は黙々と後方を歩く様子。エリザベス女王との記念撮影後も、女王を囲んで歓談する英ジョンソン、独メルケル、カナダのトルドー各首相らと、菅首相の間には距離があった。

 ツイッター上では「国際的孤立感がある」「おいてけぼり」「一般人と違い、首相の立ち居振る舞いは批判の対象」などと皮肉る声が上がった。一方では「自分なら、この輪に入るのは無理」「知り合いがいない初の国際会議での孤立はある程度仕方ない」などと、同情のコメントも寄せられた。【田所柳子】

2021年6月14日 (月)

最高裁判所による「門前払いの棄却決定」を弾劾する!~関実ブログより

最高裁判所による「門前払いの棄却決定」を弾劾する!



昨日、最高裁判所は、三里塚の農民、市東孝雄さんが耕作する南台の農地と農業にとって不可欠の作業場がある天神峰の農地にたいする強制収用の是非をめぐる市東さんから出されていた請求異議審の上告に対し、何一つ審理を行うことなく「門前払い」の棄却決定を行った。その不当性、国家による農地強奪の理不尽に対し怒りをこめ弾劾する。最高裁は、農地法裁判そのものについても「門前払い」の棄却決定を行っている。重ねて今回の決定である。この理不尽な「農地取り上げ」決定を、当事者である市東孝雄さんに何一つ説明をすることなく、しかも「お墨付き」を与える居丈高な在り方に対して、満腔の怒りを込め重ねて弾劾する。

 市東さんが、祖父の市太郎さんの代から、父の東市さん、孝雄さんと親子3代、100年以上にわたって耕してきた優良農地を、「成田空港の運用に支障がある」という理由で強制収用、強奪できる理由がどこにあるというのか。そもそも三里塚闘争が、55年を経過してなお闘い続けられている最大の根拠は、1966年、一方的に三里塚の地に成田空港の建設を「説明会」などの地元説得の方途を一切取ることなく、「国策」だからと一方的に押しつけ、住民排除、農地強奪を強行してきた国家権力の暴力的施策の誤りによる。それは「ボタンの掛け違い」などという一片の「謝罪」で済まされることではない。しかも、法的にも「土地収用法」が1989年に失効し、それからも30年以上も経過した今になって、本来、農民の耕作権と農地を守るために制定された農地法を曲解して使用し、「農地を強奪」することが何故許されるのか。

 この決定の根拠とされた最高裁決定に異議を申し立てた請求異議裁判の三者協議の中で、裁判所から「なぜ強制収用するのか」と問われた成田空港会社NAAの代理人は、言葉に詰まりながら「空港の完成」と言うのがやっとだったと弁護団から聞いた。成田空港には、東峰部落のいくつもの農地と家屋があり、それ以外にも木の根、横堀に住宅が、空港の中に厳然と存在する。土地収用法が失効した今や、「空港の完成」など不可能であることは、NAA自体が最もよく知っている。小泉よねさんへの1971年の強制執行による家屋、農地の強奪が不当不法であることが裁判で立証されそうになって、慌てて息子の小泉英政さんと2016年に和解し、東峰の「空港敷地」の中に農地を貸与したのはNAAではないか。なにが「空港の完成」か。

 農地法による農地強奪の提訴をNAAが行った2006年当時、南台の農地による誘導路が「への字」に曲がっていることによって「運航に支障がある」とNAAは主張した。当時、誘導路に2か所信号が取り付けられ、滑走路に離着陸の航空機がある場合、その「への字」誘導路を運行中の航空機は停止した。いかにも「運航に支障がある」ことを演出した。しかし、使用する航空機の便数が増えるにつれ、いつの間にかその信号は取っ払われ、滑走路に航空機が離着陸していようが委細構わず誘導路は運行され、何一つ「支障」がないことをNAA自体が明らかにした。実は国際法で、滑走路と誘導路の距離が一定離れていなければならないことが規定されているが、それを一切無視して第二滑走路とそのための誘導路を建設したのは、国家でありNAAではないか。

 さらに、誘導路が曲がっているのは、市東さんの畑による場所だけではない。東峰部落に行けば判るが、小泉さんなどの畑のところで、誘導路は曲がり、しかも何のためかその農地との間には5メートル以上のフェンスが造られている。市東さんの天神峰の畑では、誘導路を通る航空機の騒音と排気ガスによる甚大な被害が出ている。そのことを抗議して、東峰と同じように高いフェンスにしろという要求に一切応えようとせず、その抗議を無視し市東さんの生活を妨害し続けてきたのがNAAではないか。市東さんの農地をことさら「農地法」を用いて強奪しようとする「屁理屈」が破綻しているのは明らかだ。

 このような理不尽なことを市東さんに対して行うことが、請求異議裁判で問われたのだ。「国策」といえども、親子3代、100年以上耕されてきた優良農地を強奪することが許されるのかと問われ、審理されてきたのではないのか。それを一切の審理もなく、最高裁が「門前払い」の決定を行うなど、どうして許されようか。怒りを抑えることができない。

 道理は、市東孝雄さんの「1億8千万円の補償よりも、1本100円の大根を消費者に届けて喜んでもらいたい」「農地は私の命です」という農民としての切実な想いの方にあることは明らかではないか。

 市東さんの農地強奪に手を貸そうとする今回の最高裁による「上告棄却」を、怒りを込め弾劾する。

 市東孝雄さんとともに、そして三里塚反対同盟と共に、私たちは、とことん闘い抜くことを明らかにする。

                                                      三里塚関西実行委員会  松原康彦(6月10日)

当面の行動日程

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮センター街入口

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

6月18日(金) 関電抗議行動 14時~15時半 関電本店前

        連帯兵庫みなせん 15時半 稲葉プラザ(JR「須磨海浜公園」北東5分)

6月20日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 第3師団西門(阪急「伊丹」北西20分)

620日(日) 改憲反対市民フォーラム集会 PLP会館(JR「天満」南7分) 講演:藤原辰史(京都大学准教授) 集会終了後、デモ行進

6月21日(月) 市東さん耕作権裁判 10時半 千葉地裁  千葉地裁包囲デモ  9時 千葉市中央公園

623日(水)  老朽原発うごかすな!美浜現地闘争 12時 町役場前 美浜原発前へ移動し抗議行動
         新大阪から大型バス運行 7 時45分発 申し込み:松原 09095401959

6月25日(金) シーサーネット総会 ミャンマー軍政と抵抗 18時 国労会館(JR「天満」北東3分)

6月26日(土) 市民デモHYOGO世話人会 10時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)
        市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)テーマ:沖縄 講師:松原康彦

6月26日(土) 60年代の死者を考えるレクイエムを超えて 14時 梅田TOG会議室(駅前第3ビル17階) 講演:長崎浩「樺美智子と私の60年代」

6月26日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

190627369_4069219599837512_6799705187465 6月26日(土) 基地のない平和な沖縄・日本・東アジアを!626京都集会 14時 円山野外音楽堂

◎※627日(日) 連続市民講座・講演会「コロナで気づいた公共の役割」 14時 尼崎総合文化センター・玉翔の間(阪神「尼崎」北東5分) 講演:藤原辰史(京都大准教授)

627日(日) オリンピック反対デモ 14時 元町中公園(難波)

 

71日(木) 兵庫県知事選告示

7月4日(日) 大椿ゆうこ総合選対立ち上げ決起集会 14時 クリエイトセンター多目的ホール(JR「茨木」駅南東10分、阪急「茨木市」駅北8分)

7月4日(日) チェルノブイリ35周年の集い 14時 大阪市立生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)

7月6日(火) ロックアクション御堂筋デモ 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」北性7分)

711日(日) 中村哲さんの遺志を受け継ぎ、世界の平和をめざそう 13時 エルシアター(エルおおさか2Fホール)

713日(火) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座りこみ行動 8時半 大阪地裁前公園
関生弾圧 武建一委員長判決 10時 大阪地裁

718日(日) 兵庫県知事選投開票日

2021年6月12日 (土)

改憲手続法修正案参議院本会議で可決 「自公による分断を許さない」

改憲手続法修正案参議院本会議で可決

「自公による分断を許さない」

動画(6分20秒)

 

6月11日12時すぎ、参議院本会議で改憲手続法(国民投票法)修正案が自民、公明、維新、立民、国民の賛成で可決した。同時刻、国会参議院議員会館前では200人が集まり強行可決に抗議した(主催:総がかり行動実行委員会、全国市民アクション)。

集会で高田健さん(解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会)は、「自民、公明は、公職選挙法並びで改憲手続法を修正し、憲法審査会を動かすことを考えついた。」「私は、立憲民主党の修正案は間違っていると思う。しかし、忘れてはならないのは自民・公明が近づきつつある衆議院選挙で野党に分断をあおってのぞもうとしていることだ」と発言した。
↓高田健さん

高田健さんの発言動画(9分)

改憲手続法修正案は可決されたが会期末は16日、闘いはまだ続く。(湯本雅典)

*行動予定
6月15日(火)国会最終盤
『いのちと暮らしと人権守れ!オリンピックよりコロナ対策を!自民党改憲4項目反対!菅自公政権退陣!6・15国会議員会館前緊急行動』
18:00~ 衆議院第2議員会館前(主催:総がかり行動実行委員会、全国市民アクション)

2021年6月11日 (金)

JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係…竹田恒和前会長、森喜朗前会長、菅首相も疑惑に関与

JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係…竹田恒和前会長、森喜朗前会長、菅首相も疑惑に関与


JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係…竹田恒和前会長、森喜朗前会長、菅首相も疑惑に関与の画像1
日本オリンピック委員会公式HP


 衝撃的な一報が飛び込んだ。本日9時20分ごろ、東京都品川区の都営浅草線中延駅で、日本オリンピック委員会(JOC)幹部である50代男性が電車に飛び込み、搬送先の病院で死亡が確認されたと報じられたからだ。電車の運転士は「男性がホームから線路に入ってきた」と話しており、警視庁自殺とみているという。

 東京五輪の開催まで50日を切り、開催準備に追われる組織の幹部が電車に飛び込み──。それだけでもセンセーショナルだが、さらに衝撃だったのは、自殺したとみられるこの男性がJOCの経理部長だったということだ。

 詳しい経緯はわかっていないが、経理部長ということは、東京五輪に絡んだ金の流れを把握していると考えられる。そして、ここで思い起こさずにはいられないのは、JOCの竹田恒和・前会長による「招致買収」疑惑だろう。

 周知のように、東京五輪をめぐっては招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)の委員だったラミン・ディアク氏の息子であるパパマッサタ・ディアク氏が関係するシンガポールの会社「ブラック・タイディングズ社」(BT社)の口座に招致決定前後の2013年7月と10月の2回に分けて合計約2億3000万円を振り込んでいたことが判明したが、この不正疑惑についてのJOCの調査チームは2016年、「違法性はない」とする調査報告書を公表した。

 ところが、2019年1月にはフランス当局が招致の最高責任者だった竹田JOC会長を招致に絡む汚職にかかわった疑いがあるとして捜査を開始したことが明らかに。さらに2020年9月にはBT社の口座からパパマッサタ氏名義の口座や同氏の会社の口座に2013年8月〜14年1月までに約3700万円が送金されていたことが、国際調査報道ジャーナリスト連合などの取材によって判明した。

 パパマッサタ氏の父であるラミン・ディアク氏は五輪開催地の決定においてアフリカ票の取りまとめに影響力を持つ有力委員だった。そんなラミン氏の息子・パパマッサタ氏が深くかかわると見られるBT社の口座に対し、東京への招致が決定した2013年9月7日のIOC総会の前後におこなわれていた招致委からの約2億3000万円もの送金と、招致委からの送金の直後におこなわれていたBT社からパパマッサタ氏への送金──。しかも、国際調査報道ジャーナリスト連合やフランス当局の捜査資料からは、パパマッサタ氏が〈BT社を自身の財布同様に使っていた様子が明らか〉(毎日新聞2020年9月21日付)だという。

 このように東京招致を目的とした贈収賄疑惑はさらに濃厚になっており、フランス当局による捜査はいまも継続中だ。当然、JOCに対しては「再調査をおこなうべき」という指摘がなされてきたが、そうした金の流れの“事実”を知っていたかもしれない人物が、このタイミングで自ら命を絶ったのである。

 しかも、この招致買収疑惑については、さらに深い闇がある。というのも、このディアク親子への賄賂に、なんと菅義偉首相がかかわっていたという疑惑まであるからだ。

セガサミー会長が暴露した菅首相からの「買収工作資金」依頼 3〜4億を森会長の財団に振り込み

 

 この問題を伝えたのは、「週刊新潮」(新潮社)2020年2月20日号。記事によると、五輪の東京開催が決まった2013年秋ごろ、セガサミーホールディングスの里見治会長が東京・新橋の高級料亭で開いた会合で、テレビ局や広告代理店の幹部を前に「東京オリンピックは俺のおかげで獲れたんだ」と豪語し、こんな話をはじめたというのだ。

菅義偉官房長官から話があって、『アフリカ人を買収しなくてはいけない。4億~5億円の工作資金が必要だ。何とか用意してくれないか。これだけのお金が用意できるのは会長しかいない』と頼まれた」

 このとき、里見会長は「そんな大きな額の裏金を作って渡せるようなご時世じゃないよ」と返したが、菅官房長官は「嘉納治五郎財団というのがある。そこに振り込んでくれれば会長にご迷惑はかからない。この財団はブラックボックスになっているから足はつきません。国税も絶対に大丈夫です」と発言。この「嘉納治五郎財団」とは、森喜朗・組織委前会長が代表理事・会長を務める組織だ。

 この菅官房長官からの言葉を受け、里見会長は「俺が3億〜4億、知り合いの社長が1億円用意して財団に入れた」とし、「菅長官は、『これでアフリカ票を持ってこられます』と喜んでいたよ」と言うのだ。

 なんとも衝撃的な証言だが、しかもこれは“酒席でのホラ話”ではなかった。というのも、「週刊新潮」の取材に対し、セガサミー広報部は「当社よりスポーツの発展、振興を目的に一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センターへの寄付実績がございます」と嘉納治五郎財団への寄付の事実を認め、さらに「週刊新潮」2020年3月5日号では嘉納治五郎財団の決算報告書を独自入手し、2012年から13年にかけて2億円も寄付金収入が増えていることを確認。関係者は「その2億円は里見会長が寄付したものでしょう」と語っている。

 もし、里見会長に買収のための資金提供を依頼していたのが事実ならば、菅首相は官房長官という国の中枢の要職に就きながら五輪の招致を金で買うというとんでもない悪事に手を染めていたという、まさしく世界を揺るがす一大スキャンダルである。(続きはリテラで)

菅政権の中心で「五輪」を叫ぶ竹中平蔵パソナ会長が「首相に捨てられる日」

 
いいね|
竹中平蔵パソナ会長(C)朝日新聞社© AERA dot. 提供 竹中平蔵パソナ会長(C)朝日新聞社

「世論が間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違いますよ」

 

 読売テレビの討論番組「そこまで言っていいんかいNP」(6月6日放送)で、東京五輪に反対する世論を皮肉った竹中平蔵パソナ会長。この発言にSNSでは批判に染まり、「竹中氏、あなたは基本的に間違っている」(ミュージシャンの世良公則さん)など、著名人らも声を挙げた。

 しかし、本人はどこ吹く風。9日には自身のユーチューブを更新し、「1918年から流行したスペイン風邪の時も五輪(1920年)は開かれた」などと開催を強調している。

 なぜ、これほどまでに「五輪開催」を叫ぶのか。会長を務める人材派遣会社「パソナ」がオフィシャルサポーターであることはもちろん関係あるだろう。しかし、別の理由があるという。竹中氏と面識のある官僚が語る。

「小泉政権で総務相を務めた竹中氏は、安倍晋三前首相とそれを継承した菅義偉首相に『民間有識者』として重用されてきた。しかし、五輪が倒れ、安倍―菅ラインと距離のある政権ができれば、一挙に力を失いかねない」

 あまり知られていないことだが、小泉改革時代から、竹中氏を快く思っていない自民党議員は多い。ある野党議員が笑いながら言う。

「予算委員会で、竹中氏を批判すると、あとから与党議員が『ありがとう』と声をかけてくることもある」

 次期衆院選をにらみ菅政権が退陣に追い込まれれば、後任が「菅色」を一掃する。そうすれば、ただでさえ疎まれている竹中氏が干される可能性は高そうだ。

 政府事業を数多く受注するパソナ会長でありながら、国家戦略特区諮問会議民間議員、成長戦略会議などの政府委員を務める竹中氏には、「我田引水」「自分で決めて、自分で儲ける」などと批判がつきまとう。

 なかでも、これまででもっともあからさまな利益誘導のエピソードと言えば、国家戦略特区による規制緩和によって制度化された「外国人家事代行サービスの解禁」だろう。

 2015年7月、日本でこれまで認められていなかった外国人の「家政婦」の雇用を特区に限り認めることが法制化された。竹中氏はこの決定をした戦略特区諮問会議の議員だ。そして翌年の16年7月、パソナが事業者として認定されることが決まった。この決定にパソナの株価が上昇したことが当時の新聞で報道されており、まさに「自分で決め、自分で儲ける」という竹中氏の真骨頂が示された形だ。

 問題はそれだけではない。特区は、規制改革提案を民間から広く募り、それをワーキンググループで絞り込み、最終的に首相が議長の諮問会議で決定する仕組みだ。諮問会議の議員である竹中氏は有力な提案を本来ジャッジする立場のはず。

 ところが、この「外国人家事代行サービス」は、なんと諮問会議の民間議員提案だった。14年5月の諮問会議で、竹中氏ら4人の民間議員が「追加の規制改革項目」として外国人家事代行サービス導入を提案。

 この会議の場で、竹中氏は「スピード感が大事」と、安倍前首相を始め、居並ぶ閣僚に発破をかけ、その甲斐あって1年後の法制化へとつながっていく。つまり、「提案、決裁、受注」のすべてに堂々とかかわっていたことになる。永田町で”政商”と批判される所以だ。

 そんな竹中氏が率いるパソナグループは2021年5月期で、過去最高の175億円の営業利益を確保する見通しとなった。東京五輪や新型コロナウイルス対応の人材派遣などを数多く受注しているのは周知の通り。

 さぞかし機嫌がいいかと思いきや冒頭の「五輪発言」。我が世の春も菅政権の状況によっては先行き不透明だ。国家戦略特区にかかわった官僚が言う。

「新型コロナで菅首相も規制改革どころではない。国家戦略特区も下火になっており、案外、竹中氏が菅首相に捨てられる日が来るかも知れない」

(渡部俊輔)

2021年6月10日 (木)

加山雄三さん、藤沢の聖火リレー辞退

【新型コロナ】加山雄三さん、藤沢の聖火リレー辞退 「世界の状況見ると手放しに喜べない」



配信

カナロコ by 神奈川新聞




加山雄三さん(2019年)

 

 

神奈川新聞社

1日100万回はウソ、自衛隊接種会場はガラガラ

 
大規模接種東京センターの受付前(撮影/吉崎洋夫 JMPA代表取材)© AERA dot. 提供 大規模接種東京センターの受付前(撮影/吉崎洋夫 JMPA代表取材)

 東京・大手町にある新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場。予約システムの欠陥から始まり、5月24日の接種開始には、予約なしでも接種が出来てしまうなど多くの混乱が見られたが、今はどうなっているのか。現場からルポを伝える。

*  *  *

「テキパキ対応していて、非常にスムーズに接種できて良かったですよ」

 こういうのは6月9日、大規模接種東京センターでワクチンを接種した男性(78)だ。男性は正午12時の予約だったが、11時半に会場に到着。そのまま会場に入り、ワクチン接種、経過観察を経て、30分程度で会場から出てきた。

「2度目の接種は7月10日になった。孫とは2年も会えてませんが、もうちょっとの辛抱ですね。友達と会うのも楽しみです」

 接種開始から2週間が経過し、運営のほうもだいぶスムーズに進むようになっているようだ。受付には断続的に人が入ってくるが、特に滞留することなく、会場の中へと消えていく。接種会場は4フロアに分かれており、接種希望者はそれぞれのフロアに割り振られ、接種をしていくことになる。

 この日、報道陣に公開されたのは、10階の接種会場。予診票を確認する場所では、10個の机が並べられスタッフが予診票が正しく記入されているか確認していた。その後、予診、ワクチン接種、15分から30分の経過観察と続く。経過観察の場所に人が溜まっているが、それ以外の場所では人が待っているというようなことはほとんどなかった。

 河野修一接種隊長はこう胸を張る。

「毎日ミーティングをして、一日の業務の中でどこに問題があったのか話し合って解決している。例えばイスの置き方一つとっても待つ人が増えないようにブースのすぐ後ろに設置して待ち時間を短縮する配慮をしたり、ブースの数を時間帯によって増やしたり減らしたりすることで、円滑に接種ができるように日々検討、努力しています」

 防衛省によると、6月7日から13日までの予約について、7万3500件の枠はすべて埋まったという。菅義偉首相肝いりで始まった大規模接種も順調に進んでいるように見えるが、その実態は違った。

 AERAdot.が入手した資料によると、8日10時時点の14日から20日(7日間)の予約件数は、7万件の予約枠に対し、1万1866件だった。さらに、21日から27日の予約件数は3864件にとどまっていた。

 9日17時時点ではそれぞれ1万8129件、4850件まで増えたが、このペースで行くと大量に予約枠が余り、ガラガラになる。自治体でもワクチン接種が進み始めており、居住自治体で接種を済ませる人も多くなってきている背景もある。ある防衛省関係者はこう語る。

「はるばる大手町まで電車を乗り継いで行くのは高齢者からすれば、体力や気力が必要ですよ。それからネットからしか予約が取れないというのも大変です。そのようなことができる高齢者が接種を済ませた結果、予約が全然入らなくなったんでしょうね」

 予約が埋まらないとなると、運営体制も変更を余儀なくされると見られる。医師や看護師などの接種隊は約290名。1日1万人の接種を想定した体制だ。予約枠が大量に余ってしまったら、どうするのか。河野接種隊長を直撃した。

「まだはっきりとわかっていないので、予約の状況に応じて調整していくことになる」。

 政府内では64歳以下に対象を広げたり、接種券なしでもワクチン接種を行う案も浮上していると言われている。先の防衛省関係者はこう語る。

「自衛隊員や民間で雇用された派遣の看護師がもったいないですよね。やはり各地方に自衛官を派遣するのが良かったんだと思います。正直、菅首相がいい格好をしようとした独りよがりな政策だったのではないでしょうか」

 大規模接種センターでワクチン接種に一生懸命取り組んでいる自衛隊たち。その努力が無駄にならないことを願いたい。

(AERAdot.編集部 吉崎洋夫)

2021年6月 9日 (水)

原発テロ対策、期限間に合わず 40年超えの高浜1、2号

 
 
関西電力高浜原発の1号機(奥)と2号機=福井県高浜町© KYODONEWS 関西電力高浜原発の1号機(奥)と2号機=福井県高浜町

 運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)は9日、テロ対策の「特定重大事故等対処施設」(特重施設)が完成しないまま、施設の設置期限を迎えた。関電は施設の完成時期を「精査中」とし、見通しを示していない。今後、1号機の原子炉に入っている核燃料を燃料プールに動かす作業に入る。

 特重施設は、航空機などを使ったテロ攻撃を受けても重大な事故となるのを防ぐため、新規制基準で設置が義務付けられた。原子炉建屋から100メートル以上離れた場所に、緊急時の制御室や電源設備などを備えるよう求められる。

土地重要法、抗議スタンディング始まる~レイバーネト日本より

「重要土地調査規制法案」を廃案にしようと、参議院内閣委員会審議への抗議スタンディングがスタートした。6月8日、10日10:00〜参議院議員会館前で審議終了まで続ける。12時からのリレートークには、立憲野党議員も駆けつけ、参加者が立ち上がり国会に向かい廃案の拳を上げた。衆議院では、自公、維新に国民民主党も加わり強行採決をした。参議院でも形勢は変わらず、国民投票法改正法案同様、厳しい状況に追い込まれている。菅政権は会期末を前に、75歳以上保険料2割負担、病床削減推進法案等々を次々に強行採決で可決させた。日本国憲法の理念である「平和主義」をも覆えす「土地調査規制法案」は絶対に廃案を求める。
◆10時から始まったスタンディングは、のぼり旗、ボードを掲げ、審議が始まっている参議院に向けて拳を上げた。12時からは、抗議のトークリレー、法案廃案の思いを参加者と一緒に国会にブッつけた!(報告=宮川敏一)
【リレートーク】
◆藤本泰成平和フォーラム共同代表「何でも中国を引き合いに危機が煽られ、与野党が賛同する。憲法が破れる危険性がある。政治家、官僚が議論もきない法案をつくり、無謀な運用で何でありが始まっている。市民の力を結集して廃案にさせましょう」。
◆傍聴者の報告は、座り込み現場に国会中継がリアルタイムで流された。確認と報告者の意見を交え述べられた。質問は妥協のない国民の声をもっと強く伝えろの声が上がった。参加者は100名。内閣委員会の終了まで座り込みは続いた。18:30からは首相官邸前に場所を移し、総がかり行動による抗議を続いた。
【院内集会】13:00参議院議員会館
◆スタンディングが続く中、並行して参議院議員会館内で、「重要土地規制調査法案」を廃案にしようとすると院内集会が開かれた。12時間の短時間で衆議院を通過させた法案を参議院で廃案させる強い思いで始まった。
【議員挨拶】
◆福島瑞穂議員(社民党)
「問題なのは1km以内で。聴取を受けなけれならない。監視、摘発を意識した悪法案です。声を上げれば廃案になる。頑張りましょう」。◆高良鉄美議員(沖縄の風)「法案は、沖縄の例で見るならば、嘉手納基地周辺の市街地が全て入ってしまう。法案は憲法の構造上に侵害している。政府の力で法案が変えられていいのだろうか?廃案にしましょう」。
◆赤嶺政賢議員(共産党)「対馬や苫小牧で意見書が上がっていると吹聴するが、調査すると長崎県も北海道からも出ていない。政府に都合の良いものだけを広げている。世論が広がれば必ず廃案にできる」。
◆阿部知子議員(立憲民主党)「基地って迷惑な存在です。質問で強調したのは、原発へのテロ対案が乏しい。国の本音は住民調査が狙いです。間違った方向に行かないよう頑張ります」。
◆近藤昭一議員(立憲民主党)「沖縄で米軍に抗議しただけで家宅捜査受ける。この法律ができる前から違法捜査がされる。国民を威圧する法律は廃案しかありません」。
◆ 屋良朝博議員(立憲民主党)
「憲法違反の土地規制調査法案は廃案しかない。頑張りましょう!」。
【問題提起】
◆海渡雄一弁護士
「何から何まで怪しい法案だ。1km四方と言っても曖昧でもっと広げる意識がある。対象が基地と原発になっているが、それも広がる。フリーハンドで国の思いが広がる危険性がある。命令に従わなければ罰金刑の処罰が。『基地周辺の外国資本土地買い占めを許さない』と政府は言う。しかし、法案にはそんな規制がない。政府は外国資本の取得を推奨している。二枚舌を使っている。こんな酷い法案はいらない」。
【全国からリモート】4人の市民から報告があった。
◆沖縄県から女性
「米軍機から2度の落下物の危険を浴びる実態から報告」。
◆京丹後市から男性「米軍レーダー基地の存在から、監視強化の実態」。
◆神奈川爆音訴訟から男性「取り組み実態と法案の違法性を追求した」。
◆ 北海道で基地調査する弁護士「北海道の自衛隊戦略と基地状況」の課題報告があった。

2021年6月 8日 (火)

「菌とウイルスの違い分からない人が、この国の政界中枢を牛耳っていた!

『コロナ菌』問題、”大物参戦”で竹中平蔵会長批判が再燃「菌とウイルスの違い分からない人に…言われたくない」

2021年6月7日 20時29分

 
世良公則と竹中平蔵会長

世良公則と竹中平蔵会長

 元総務相でパソナグループの竹中平蔵会長(70)が6日のテレビ番組で東京五輪の開催を巡り「(我慢している国民は)コロナ菌に怒ればいい」と発言したことに、ミュージシャンの世良公則(65)が7日、自身のツイッターで「コロナは菌では無くウイルス」と指摘。「菌とウイルスの違い」がトレンドワードになり、竹中会長に対する批判が再燃した。
 細菌は光学顕微鏡を使って見られる大きさの単細胞微生物で、自らで増殖が可能。一方、遺伝子を持つだけの単純な微生物のウイルスは、細菌よりはるかに小さく、見るためには電子顕微鏡が必要。自ら増殖できず、生きた細胞の中に入り込んで増殖する。
 番組内で竹中会長は、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長の発言に対し「明らかに越権」と話したことなどで批判を浴びた。さらなる突っ込みどころにネット上では「小学生の息子でも菌とウイルスの違いは分かるのに…竹中さん」「菌とウイルスの違いも分からない人に『世論が間違ってる』って言われたくない」など憤りがあふれた。

当面の行動

当面の行動日程     

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

 

6月11日(金) 関西電力抗議行動 14時 関西電力本店前

6月12日(土) 宝塚の平和と人権を考える会例会 沖縄は日本ですか? 13時 ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南4分)

6月18日(金) 関西電力抗議行動 14時 関西電力本店前

620日(日) 菅ヤメロ!吉村・松井を追いつめよう!市民集会 13時半 PLP会館(JR「天満」南7分) 講演:藤原辰史(京都大学准教授)

623日(水) 老朽原発うごかすな!美浜現地闘争

6月26日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分) 沖縄の歴史から考える:松原康彦(東灘区住民の会)

627日(日) 藤原辰史講演会「コロナで気づいた公共の役割~新自由主義の克服めざして」 14時 尼崎総合文化センター・玉翔の間(阪神「尼崎」北東5分) 講演:藤原辰史(京都大准教授)

627日(日) オリンピック反対デモ 14時 大阪難波・元町中公園

190627369_4069219599837512_6799705187465 713日(火) 関生弾圧、武委員長判決 8時半から座り込み行動 大阪地方裁判所(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

7月17日(土)「東電福島第一原発事故 10年経ってわかってきたこと」 14:00~  宝塚委市立男女共同参画センター 1AB  Zoom配信あり

718日(日) 兵庫県知事選 投開票

8月3日(火)  兵庫優生保護法裁判判決日 14時 神戸地裁 

8月6日(金)  86ヒロシマ平和の夕べ

2021年6月 7日 (月)

アジア・太平洋戦争侵略戦争末期、インパール作戦に似てきたぞ~尾身会長の警告を無視する菅(東條)政権

 
いいね|
政府分科会の尾身茂会長は懸念を示した(AFP=時事)© NEWSポストセブン 提供 政府分科会の尾身茂会長は懸念を示した(AFP=時事)

 東京五輪の開催是非については日々侃々諤々の議論が交わされている。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *

「今の状況で(五輪を)やるというのは、普通はないわけですよね、このパンデミックで」

 6月2日の衆議院厚生労働委員会で、政府分科会の尾身茂会長の口から驚きの発言がありました。いや、多くの人が思っていることではあります。ただ、これまで慎重に言葉を選びつつ、政府を補佐する役目を辛抱強く果たしてきた尾身会長がそこまで踏み込んで言ったことで、日本中に緊張感が走ったと言えるでしょう。

 翌3日の参議院厚生労働委員会でも、同様の発言で警鐘を鳴らしました。もちろん、脅すだけでなく「それでもやるとしたら」と仮定した上で、何をする必要があるかを提言しています。別の委員会でも「(スタジアム以外の感染リスクは)東京だけではなく全国のほうが、はるかに大きい」と指摘しました。

 このまま政府に遠慮し続けるのは、感染症対策や公衆衛生の世界的リーダーとしてのプライドが許さなかったのでしょうか。じつに毅然とした態度でした。ただ、尾身会長としては立場上もキャラクター的にも、あんまりぶっちゃけた言い方はできません。発言をじっくり検証してみると、隅々まで大人の節度と配慮が行き届いています。

 たとえば「やるということであれば」と前置きして、「オーガナイザー(主催者)の責任として、開催の規模をできるだけ小さくして、管理の態勢をできるだけ強化するというのは、私はオリンピックを主催する人の義務だと」と述べたくだり。遠回しに「ぜんぜんできてないしできる見込みもないのに、まさか本当にやるつもりじゃないよね」と、呆れつつ厳しく批判しています。深読みかもしれませんが、そうとしか聞こえません。

 たぶん尾身先生は、オリンピックをやりたくて仕方ない国会議員や関係者に向けて、もっとストレートに、もっとガツンと言ってやりたいはず。僭越かつ大きなお世話ではありますが、尾身先生の無念を果たすべく(?)、国会での発言から立場上の配慮と品位と知性を抜き取って、わかりやすい表現に「翻訳」させていただきましょう。

「本来はパンデミック(世界的大流行)でやることが普通ではない。それをやろうとしているわけで、やるのなら強い覚悟でやってもらう必要がある」(尾身先生)

→【コロナの感染を押さえられてもいないのに、オリンピックをやるなんて、お前ら正気か。その首の上についてるのは何だ? スイカか? やれば感染が広がって、何百人か何千人かはわからないけど、死ななくていい人が死ぬんだぜ。それだけの強い覚悟があって、やるって言ってるんだろうな。まあ、覚悟なんてあるわけないか】

 重ねて申し上げますが、これは勝手に想像力を働かせた上での「翻訳」であり、尾身先生はこんなことは言ってません。失礼ついでに、さらに続けましょう。

「そもそも、今回のオリンピック、こういう状況のなかで、いったい何のためにやるのか。目的ですよね。そういうことが、ちょっと明らかになってないので。このことを私はしっかりと明言することが、実は人々の協力を得られるかどうかという、ひじょうに重要な観点だと思うので」(尾身先生)

→【一般の国民がコロナでこんなに苦労してるのに、よくまあオリンピックなんて、やるつもりになるもんだ。どうせ利権や保身のためなんだろ。お前らのインチキと無能っぷりはもうバレてるんだから、誰も協力なんかしないよ。っていうか、みんなも協力なんてしなくていいよ。ここまでナメたことされてさ】

 もう一度申し上げますが、勝手な想像です。尾身先生は逆立ちしても、こんな下品な言い方はしません。せっかくのなので、もう少し続けます。

「開催すれば国内の感染や医療の状況に必ず何らかの影響を起こす。(中略)選手のリスクは低いと思う。しかし、ジャーナリストやスポンサー、政府要人ら大会関係者の管理はそう簡単ではない」(尾身先生)

→【ひどいことになるのは、誰が考えたってわかりそうなもんじゃねえか。だいたい、どうでもいいのがわんさかやってきて、そいつらが勝手なことをし始めたら、もうお手上げだぜ。ちゃんと管理できるわけないよな。検査にせよワクチンにせよ、この1年以上のコロナ対策は一貫してグダグダの行き当たりばったりだったんだから】

 かなりの意訳ではありますが、尾身先生の心の声の一端かもしれない部分を代弁してみました。さて、尾身先生の発言を受けて、近ごろどんどん声の張りや眼の光が失われつつある菅義偉首相は、どうコメントしたか。

「まず感染対策をしっかりと講じて、安全安心な大会にしたい。平和の祭典、一流のアスリートが東京に集まって、スポーツの力で世界に発信していく。さらに、さまざまな壁を乗り越える努力をしている。そうした努力をしっかりと、世界に向けて発信していく」

 うーん、これほど空疎な言葉は、なかなか聞けません。今や「安心安全」という四文字熟語は、もっとも無意味な言葉になりました。この期に及んで「したい」と言われても、不安がふくらむいっぽうです。壁の正体や乗り越える意味も示されないまま、ひたすら努力を強いられている光景は、世界に向けて日本のダメさ以外の何かを発信できるでしょうか。

 JOCの山下泰裕会長や組織委員会の橋本聖子会長のコメントも、「安心安全な大会ができると確信している」とか「人々のつながりや絆の再生に貢献」とか、負けず劣らず空疎な内容でした。空疎さを競うオリンピック競技があったら、間違いなく金銀銅を独占です。

 開会式まで、とうとう50日を切りました。ここから先、どんなドラマが待っているのでしょうか。何がどうなるのがハッピーエンドなのかは、よくわかりませんけど。

尼崎市議選、激戦のなか、阪神センター応援の5人が当選

 Img_2706 6日投開票の尼崎市議選は42議席を55 人が争う激戦で、最下位と次点の差はわずか1票、深夜まで開票とチェックがおこなれ、当選者が確定したのは午前2時だった。全体は想定通りトップスリーを維新が占める(2人は女性新人)という維新の進出が続いたが、他方現職の維新は相対的下位に並び、1人は落選という、実績より人気の維新選挙と言えた。尼崎を牙城とする公明党は相変わらず12人全員が当選という強さを示したが、総体的に得票数は減ったようだ(前回は上位独占)。左派・リベラル勢力は、共産が6から5、みどり系は2から2、立憲(旧社民)は2から2、国民は2から1、無所属(新社含む)は2から2で、厳しい結果となった。
 当阪神センターが応援したみどり系3人は最下位にさこたさんが滑り込んだものの、山崎さんは落選、田中じゅんじさんは復活で、3議席獲得はならなかった。立憲の宮城さんは前回より得票を大幅 に増やしたが、わたせさんとつづきさんは少し票を減らし下位当選。それでも、総体で5議席獲得となった。
 あと「はりせんぼん」の須田さん、国民の明見さん、それぞれ立ち位置は少しづつ違うが、左派・リベImg_2678 ラルの連携で、維新に対抗していってほしい。
 あと自民党は菅不人気で、菅との2連ポスターな どどこにもなく(岸田や三原じゅん子のはあったが)衰弱の一途で、やっと7人がほとんど下位で当選。国政多数派とはえらい違いで、影響力をさらに失っていくのではないか。
 また今回の特徴は女性が14人当選と3分の1を占めた事。とりわけ上位10人の内7人は女性。維新や公明が多いのは困りものだが、共産若手議員や、元女性センター館長の無所属議員などには、頑張ってほしい。

 当選したつづき、宮城、わたせ、田中、さこたの5議員は、自民・維新・公明と立ち向かい、市民の願いを届けてくれることを心から期待したい。1票差で当選したさこたさんは、1票の重みを胸に刻み、2人分3人分の活躍をしてほしい。
 6人の当選のため奮闘した皆さん、ご苦労様でした。

速報 老朽原発うごかすな大集会に1600人 23日は美浜現地で行動

  Img_2736 6月6日13時から大阪うつぼ公園で、6月23日に迫った40年越えの老朽原発=美浜原発3号機の再稼働に反対する大集会が開かれ1300人が参加しました。
 開会挨拶は中嶌哲演さんでいつもの辛口でしたが、そこは老朽原発が初めて動かされることImg_2721 への危機感からの発言でした。つづいて反原発自治体議員・市民連盟関西ブロックの山下けいき茨木市議や、全国各地の老朽原発の再稼働に危機感を持つ人々が訴えました。関西各地からは、千葉県のホットスポットから避難してきた親子(滋賀県在住)の発言が共感を集めました。兵庫からはさよなら原発神戸アクションから馬場さんが発言しました。最後に3労組(フォーラム、全労連、ユニオンネット)が発言。そのあと木原壯林さんから、緊急行動の提起として、来週の金曜日の11日、18日に関電本店への抗議行動(14時~15時半)と、23日の美浜現地行動が提起されました。23日(水曜日)の美浜現地行動には大阪などから大型観光バスが出ます(7時45分、新大阪)。またグループごとにワゴン車で現地に行きます。

 Img_2739 市民デモHYOGOの関係者は、粟原神戸市議などを先頭に50人弱が参加。それ以外にも共産党関係者、労組・電力の会、生協関係、個人参加の人なども入れると総計100人くらいが参加していたのではと思います。
 Img_2745 結構暑い日差しで、集会中は日陰に隠れる人が多く、それでもデモ行進になると一つになり、かなりのボリュームで、御堂筋から心斎橋・難波では多くの人が注目してくれました。ただ信号待ちがやたら多く、デモが終わるまで2時間弱には閉口しました。

 あと、大阪集会にあわせて福井市内デモ集会が開かれ、また全国各地で連帯行動が取り組まれたはずです。

 23日の美浜現地での再稼働まで、11日、18日の関電本店申しいれ行動や、抗議ハガキ送付など、いろいろできることはありますので、美浜3号機再稼働阻止へ、出来ることをすべたやりましょう。

2021年6月 6日 (日)

ポスト二階へ「3A」の暗闘 菅政権水面下の不協和音

 
 
© 西日本新聞

通常国会の会期末を16日に控え、自民党内の主導権争いが顕在化しつつある。秋までにある衆院選や党総裁選、さらにその先を見据えた実力者たちの動きが活発化。現政権の継続を前提に人事を巡る派閥間の思惑も入り乱れ、さや当ても始まっている。政権運営を支える面々の不協和音は今後、菅義偉首相の頭痛の種にもなりかねない。

3日午前、約30分の面会を終え、議員会館の安倍晋三前首相の部屋から出てきた首相の表情は晴れやかだった。官邸に戻ると、記者団の問い掛けに「非常に有意義だった」と応じてみせた。

11~13日に英国である先進7カ国首脳会議(G7サミット)に向け、安倍氏の助言を受けた首相。これまでも就任後初の外国訪問、日米首脳会談といった重要な外交日程を控えたタイミングで、安倍氏のもとを訪れている。

その安倍氏は5月3日、BSフジの番組で「7年8カ月の官房長官の経験を生かして、しっかり取り組んでいる」と首相を評価し、次期総裁選の再選を支持した。4月の衆参トリプル選挙で惨敗し、新型コロナウイルス対応で世論の逆風にさらされる首相をかばい、支持率低下に動揺する党内ににらみを利かせた。

安倍氏がいち早く首相支持を表明した裏には、次の人事への思惑がちらつく。出身派閥細田派への復帰をうかがう安倍氏にとって、首相との関係を生かして幹事長ポストを奪取すれば、何よりの「土産」となる。細田派関係者は「『次は幹事長派閥』。これが、わが派の総意だ」と言ってはばからない。

安倍氏の盟友で、菅政権発足後も閣内に残る麻生太郎副総理兼財務相は5月21日、甘利明党税制調査会長の呼び掛けで発足した「半導体戦略推進議員連盟」の設立総会に出席し、声を張り上げた。「3人そろえば何となく政局という顔だが、その期待は外れる」

3人とは安倍、麻生、甘利3氏を指す。2012年の第2次安倍政権発足直後、首相を加えた「3A+S(菅)」は政権の屋台骨とされた。麻生氏の言葉とは裏腹に、3Aのそろい踏みに党内からは「政策だけが目的ではない」(閣僚経験者)との声が上がる。

麻生氏には、菅政権下での自派閥の処遇に不満が根強いという。周囲には「よくやっている」と首相への評価を口にする一方で、「そろそろ幹事長は譲ってもらわねえとな」。麻生派所属の甘利氏は安倍氏とも近く、「うちとしては『甘利幹事長』を推させてもらう」と麻生氏周辺の鼻息は荒い。

こうした動きに神経をとがらせるのが、昨年の総裁選で首相を担ぎ出し、後見役となった二階俊博幹事長だ。5月の記者会見では、19年の参院選広島選挙区の買収事件で当選無効となった河井案里氏陣営に党から1億5千万円を送金した問題を巡り、当時選対委員長だった甘利氏や安倍氏の関与をにおわせた。

細田、麻生両派所属の党幹部の言動や運営方針に、二階氏が露骨に不快感を示す場面も目立つ。「機略縦横、百戦錬磨の幹事長が、簡単にいすを手放すわけがない」と二階派ベテラン。ひるむ様子はない。

19年秋の党役員人事で安倍氏を翻意させ、二階氏続投の路線を敷いたのは、他ならぬ当時官房長官の首相だった。既に史上最長、5年近い在職期間を誇る二階氏を続投させるか、否か―。党内基盤が強固とは言えない首相は最近、キーマンたちの微妙な空気を懸念する側近に、こう漏らしたという。「先のことは考えないようにしている」

(河合仁志)

きょうは、6月6日(日)に老朽原発うごかすな!大集会inおおさかの日

40年超えの原発、美浜三号機が6月23日再稼働に向け燃料装填が完了したと報道される中、6月6日(日)に老朽原発うごかすな!大集会inおおさかが開かれる。


老朽原発うごかすな6・6集会_0001
 6月6日(日)
開会 午後1時
デモ 午後2時半~
うつぼ公園(大阪地下鉄四ツ橋線・中央線 本町駅下車 ㉕~㉘番出口 ㉖㉘番出口はエレベーターあり)※公園内にトイレは2カ所あります
主催:老朽原発うごかすな!実行委員会原発うごかすな!実行委員会

6・6「老朽原発うごかすな!大集会inおおさか」
老朽原発廃炉を突破口に、原発のない社会を実現しよう!
 福島原発事故から10年、今でも避難者の多くが故郷を失い、苦難の生活を続けておられます。事故炉内部は未だに不明で、増え続ける放射性汚染水は太平洋に垂れ流されようとしています。原発は、現在科学の手に負える装置でないことは明らかです。

 それでも、関電と政府は、運転開始後45年を超え、超危険な老朽原発・高浜1、2号機、美浜3号機の再稼働を画策しています。
 原子力規制委員会(規制委)が、老朽原発の運転を認可したのは2016年ですが、認可以降に、関電の原発に関して、蒸気発生器配管の減肉・損傷、再稼働準備工事中の人身事故、原発関連工事費の不正還流など、トラブル、事故、不祥事が頻発しています。
 一方、関電は、使用済み核燃料中間貯蔵候補地を福井県外に探すとした約束を度々ホゴにして、原発を運転し、使用済み核燃料を増やし続けています。原発の40年超え運転が理不尽であり、関電が原発の安全運転に足る資質、体制、企業倫理を持たず、また、新規制基準が極めて不完全で、規制委の審査が
いい加減であることを示しています。なお、去る12月4日の大阪地裁判決は、規制委審査のいい加減さを端的に指摘しています。規制委が原発運転の審査に使用した原発敷地の地震規模が過小であるとして、大飯原発3、4号機の設置許可の取り消しを命じたのです。同様な方法で推定された老朽原発敷地の地震規模も過小評価していることになります。老朽原発は “想定外”の大地震で重大事故を起こしかねません。
 ところで、水戸地裁は、3月18日、老朽原発・東海第2原発の運転差し止めを命じました。誰もが不可能だと考える避難の問題を真っ向から取上げた、民意に支えられた判決です。若狭の老朽原発から100 km 圏内には、福井のみならず、京都、滋賀のほぼ全域、大阪、兵庫、奈良、岐阜の多くの部分が含まれます。このことと、福島原発事故では事故炉から約 50 km 離れた飯舘村も全村避難になったことを考え合わせれば、高浜原発で重大事故が起これば、何100万人もが避難対象になりかねないことになります。避難は不可能です。
 しかも、今、新型コロナウイルスの感染終息の兆しも見えません。この中で、超危険な老朽原発が稼働され、重大事故を起こしたら、避難のバスの中で、長期にわたる避難生活の中で、感染を防ぐことは不可能です。
 水戸地裁判決を追い風として、老朽原発廃炉を勝ち取りましょう!老朽原発廃炉を突破口に、原発のない、人の命と尊厳が大切にされる社会を実現しましょう!

●● カンパのお願い ●●
「6・6大集会 in おおさか」へのご支援をおねがいします。
カンパ振り込み先(郵便振替)
口座記号・番号: 00990-4-334563
   加入者名: 老朽原発うごかすな!実行委員会

2021年6月 5日 (土)

強まる五輪批判に、戦々恐々の菅政権と無能なとりまきたち

 
衆院厚生労働委員会で答弁する政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長=4日午後、国会内© 時事通信 提供 衆院厚生労働委員会で答弁する政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長=4日午後、国会内

 政府・自民党が東京五輪・パラリンピック開催をめぐり、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長に対する不満を強めている。開催に伴う感染リスクを訴える発言を繰り返していることへのいら立ちからだ。開幕まで2カ月を切る中、中止・延期論が一段と高まりかねないと懸念を深めている。

 尾身氏は3日の参院厚生労働委員会で、五輪開催に関し「普通ではない」と明言。4日の衆院厚労委でも「人流が増える。やるのであれば覚悟を持ってさまざまな感染対策をすることが求められる」などと訴えた。

 こうした発言について、政府高官は「尾身氏は五輪開催を判断する立場にはない」と不快感を隠さない。別の政府関係者は「五輪で医療が逼迫(ひっぱく)したときに『警鐘を鳴らした』としておきたいのではないか」と皮肉った。

 自民党幹部も同様に「当初、自分は部外者と言っていたのに、言っていることが変わってきている」と語気を強める。世耕弘成参院幹事長は4日の記者会見で「言っていることは極めて専門家として当然のことだ」と評価したが、今のところ政府・自民党内では少数派。理解を示す声はあまり聞こえてこない。

 もっとも、尾身氏を分科会会長に起用したのはほかでもない政府。コロナ対策をめぐる重要局面で助言を受けるなど重用してきた。それだけに今になって発言の自重を促すわけにもいかないようだ。首相官邸幹部は「尾身氏をグリップできない」と頭を抱える。

 尾身氏はコロナ対策の専門家の観点から五輪開催の在り方について言及しており、尾身氏への不満を強めれば、むしろそれが政府・自民党への批判となって跳ね返る可能性もある。 

尼崎市議選、最終日 頑張れ6候補 4日、緑の3人を取材

 Img_2691 尼崎市議選もきょう5日で最終日。で昨日4日金曜日は、尼崎中央商店街での練り歩き、れいわ新選組山本太郎が応援する田中じゅんじ候補を含むみどりの3人の応援・取材にいった。
 まずは午後4時から5時半まで、中央商店街の練り歩き。中央商店街と三和商店街を1時間半かけてゆっくりゆっくりあるく。「山本太郎の応援する田中じゅんじをよろしくお願いします!」 中央商店街と三和商店街を全部歩くのは久しぶりだが、すっかり様変わりの商店街。また雨の日もあってか人通りは少ない。かつてあったスーパーやおもちゃ屋などはなく、大きなところはパチンコ屋ばかりで、あとは八百屋と大型美容室がやたら目に付く。新響楽器などという尼崎に音楽文化を発信していたお店もすでにない。三和商店街の南になるとまったく人が途絶え、しばし休憩の間に、100円のスイカと4個200円のトマトを買ってしまった。
 ただそれでも尼崎にほぼ唯一残る大型商店街で、選挙事務所も二つあり、練り歩きの候補者・運動員3隊とも出くわす。一人若い女性で、いたみホールの脱原発集会に来たこともある候補者が頭に日の丸を巻いていたのには頭にきて、思わず「日の丸はあかんやろ、お前は極右か!」とやじってしまった。
 Img_2694 1時間半かけて中央商店街入口に帰ってくると、共産党候補も準備中。そこに田中じゅんじ候補も来て、ミニ街頭演説会。田中候補はすっかり日焼けして、まるでミートボールのような顔。しゃべりはゆっくだが、「れいわ新選組の山本太郎代表が応援する尼崎唯一の候補」とセールスポイントも忘れず、かつて2期市会議員をした時の感覚が戻った様子。田中の後で演説をした共産党新人候補は、演説は原稿・メモの棒読み。選挙戦も終盤になって、「それはあかんやろ」の声が思わず飛び出してしまった。

 Img_2699 つづいて丸尾牧県議の率いるみどりの3候補が阪急武庫之荘で合同演説会、というので駆けつけた。田中じゅんじと山﨑けんいち、さこ田敬一の3候補のそろい踏みで、3代の宣伝カーが駅前に勢ぞろいは圧巻。また維新の女性と無所属とおぼしき男性が、それぞれ1人、2人で立っている中、3陣営(それぞれ服装は違う)の10数人の運動員がチラシまきをする姿はなかなか絵になっており、応援にも気Img_2706 合が入り思わず「頑張れ3候補!」と叫んでしまった。
 最後は3候補と運動員が揃い、記念撮影。

 選挙戦も残すところあと1日。
 阪神社会運動情報資料センターは、小さな勢力ながら、みどり系3人の候補と、つづき徳昭、宮城あや、わたせ和人候補の必勝のため、それぞれ応援していきたい。


2021年6月 4日 (金)

尾身会長の「パンデミック下の五輪は無い」に対し、尾身外しの動き

 
 
参院厚労委で、東京五輪開催について答弁する政府分科会の尾身茂会長=2021年6月3日午前10時37分、国会内、上田幸一撮影© 朝日新聞社 参院厚労委で、東京五輪開催について答弁する政府分科会の尾身茂会長=2021年6月3日午前10時37分、国会内、上田幸一撮影

 東京五輪をめぐり、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が3日に「パンデミックの所でやるのは普通ではない」と発言したことが、与野党に波紋を広げている。

 尾身氏は2日にも国会で、「普通は(五輪開催は)ない。このパンデミック(世界的大流行)で」と指摘。「そもそも五輪をこういう状況のなかで何のためにやるのか。それがないと、一般の人は協力しようと思わない」と注文をつけていた。

 与党内には受け止めの温度差が見られる。公明党の北側一雄・中央幹事会会長は「ご指摘はその通り。菅首相は五輪の意義を国民に改めて説明していただきたい」と語った。一方、自民幹部は「ちょっと言葉が過ぎる。(尾身氏は)それ(開催)を決める立場にない」とし、「(首相は五輪を)やると言っている。それ以上でも以下でもない」と不快感をにじませた。

 野党側は尾身氏の発言を評価。共産党の志位和夫委員長は「大変重要な発言だ。目をつぶったまま国民を崖から突き落とすようなやり方は容認できない」と政府を批判する。国民民主党の玉木雄一郎代表も「感染拡大の可能性が高いなかで(五輪を)開くことは考えられないのは当然だ」と述べた。(鬼原民幸)

2021年6月 3日 (木)

阪神センターだより 6月1日付 アピールその➁

7月兵庫県知事選で、維新候補を打ち破ろう

現在尼崎市議選の真っただ中だが、今年は4月宝塚・伊丹市長選、5月宝塚県議補欠選の上に、7月兵庫県知事選、10月の衆議院選と選挙の連続である。

このなかで私たちは、せっかく4月宝塚市長選で野党共闘の勝利を得ながら、5月宝塚県議補欠選でこの共闘を破壊した愚行を弾劾せざるをえない。定数3の中で共産党は現有議席がありながら立候補し、立憲新人は僅差で落選。みすみす維新と自民に議席を渡した。

7月兵庫県知事選でも、大阪府の財政課長という維新候補を、維新と自民党、県議会自民少数派が推す。自民の支持が得られなかった前副知事は「県民党」として立候補を予定。全国的に次々発生する自民分裂選挙となる。第三の候補を探る道も間に合わず、立憲民主党は遅ればせながら前副知事推薦を決めた。その中で、まったく勝利の可能性のない共産党候補(12回連続落選)が立候補する。718日の県知事選まで時間はない。このまま黙って維新の勝利に道をあけ、兵庫県を大阪の植民地にするのか、それともベターな候補で地方自治を守るのか、二つに一つの選択肢だ。政治は結果である。自己満足の選挙でなく、維新を阻止する、よりベター選択を!

パブリックビューイング中止は嘘! 井の頭、日比谷、上野公園では予定通り開催、代々木公園もステージ建設続行

パブリックビューイング中止は嘘! 井の頭、日比谷、上野公園では予定通り開催、代々木公園もステージ建設続行、小池都知事も強行に含み

パブリックビューイング中止は嘘! 井の頭、日比谷、上野公園では予定通り開催、代々木公園もステージ建設続行、小池都知事も強行に含みの画像1
東京都公式ホームページより


 昨日1日、東京都小池百合子知事が都議会で所信表明をおこない、そのなかで東京五輪のパブリックビューイングを実施する予定だった都立代々木公園の「ライブサイト」会場を、7月から新型コロナウイルスのワクチン大規模接種会場にする方針を明らかにした。

 代々木公園での「ライブサイト」実施に対しては、「人流を減らすと言いながらパブリックビューイングをやるなんておかしい」「感染拡大を招きかねない」といった批判から、会場設営の工事のために公園内の木々を剪定していたことにも非難が殺到。すると、ここにきて小池都知事はいきなり「ワクチンの接種会場にする」などと言い出したのである。

 これを受けて、マスコミが一斉に「パブリックビューイング中止」と報道している。「東京都 五輪期間中 代々木公園でのパブリックビューイング中止」(NHKニュース)、「代々木公園の五輪パブリックビューイング一転中止 小池知事「ワクチン接種会場に転用する」」(FNNプライムオンライン)、「東京都、代々木の五輪PV中止 大規模接種に活用―人出増懸念の中、方針転換」(時事通信)……。

 まったくゴマカシにも程があるだろう。この状況でパブリックビューイング=ライブサイトを実施するという計画自体があり得ず、小池都知事はその計画の責任者のひとりとしてまずはしっかり経緯説明をおこなったうえで、明確に全面的中止を表明すべきだ。しかし、小池都知事はそれをせず、ワクチンという錦の御旗を掲げることで批判をそらそうとしただけなのである。

 しかも、呆れたのは、そこでおこなわれるワクチン接種のやり方だ。猛暑だと予測されている真夏に、なんと公園の広場に突貫で立てられたプレハブ小屋でワクチン接種させようというのである。炎天下で順番待ちをしている都民が熱中症でバタバタと倒れるという事態も招きかねない。

 だが、今回の小池都知事の表明の最大の問題は、肝心のパブリックビューイングが中止されるわけではまったくないこと。小池都知事が発表したのは、代々木公園のパブリックビューイング会場を「まずはワクチン接種会場として活用する」と言っただけだからだ。

 実際、井の頭恩賜公園や日比谷公園、上野恩賜公園などといった都内の他会場や、岩手、宮城、福島、熊本などでは予定どおりパブリックビューイングなどのイベントは実施するという。

 いや、そればかりか、ワクチンの大規模接種会場に転用するという代々木公園でも、小池都知事はいまだにパブリックビューイングなどのイベントを実施する気でいる。

 というのも、東京都は「ライブサイト」会場用のステージ設置の工事は予定どおり実施。ワクチン接種会場にステージなどまったく必要ないというのに、わざわざいまから工事するというのである。

 小池都知事も昨日、記者から「ライブサイトは中止か?」と質問を受けると、「いえ。それはいろいろと、これからのコロナの状況にもよりますけど、まずはワクチンに集中していきたい」と返答。また、「ワクチン接種を代々木公園でおこなうことに伴って少なくとも五輪期間中は(ライブサイトを)断念せざるを得ない?」という質問にも、「いや、そこは工夫次第だと思います」と答えているのだ。

 また、小池都知事は、7月に代々木公園をワクチン接種会場として使ったあと、パラリンピックのライブサイト会場として運用されるかどうかについて「新型コロナウイルスの今後の状況による」とごまかしたが、東京都の担当者は「パラリンピック期間中は予定通りライブサイト会場として運営する」としてメディアに説明をおこなっている。

つづきはリテラで

2021年6月 2日 (水)

阪神センターだより6・1号発行 アピールその①

五輪強行で延命はかる菅政権は退場!

菅政権の支持率急落がとまらない。コロナ感染対策に失敗し、何度もの緊急事態宣言発令と、その延長・再延長での生活破壊に怒りが充満している。その愚策・失敗の根本原因は、コロナ対策よりも東京五輪開催優先にある。1年余のコロナ禍で、どこの国よりも無為・無策だったのは日本。その破たんからの脱出を、五輪強行とその勢いでの解散・総選挙に求めている。五輪の政治的利用を許してはならない。

日本におけるコロナ感染症対策は、すべて政治優先で行われてきた。昨年324日に東京五輪を延期するまで、安倍政権と小池東京都知事はコロナ感染はないかに装うため、PCR検査などを増やさなかった。金のかかる国産ワクチンも口だけだった。今年3月の緊急事態宣言解除は、福島からの聖火リレーを行なうためで、4月末の3回目の緊急事態宣言3週間は、IOCのバッハ会長の来日・広島訪問時に解除していたかったからだ。
 そして菅政権の最終判断は、7月東京五輪開幕の1か月前に緊急事態宣言を解除し、「さあコロナは落ち着いた。これからはオリンピックだ!」とマスコミ(彼らは東京五輪のスポンサー)を総動員して一大キャンペーンをはることだ。さらに菅政権と国際オリンピック委員会は、興行収入確保のため緊急事態宣言下でも「安心・安全を確保しての五輪は可能」とまで言い始めている。プロ野球の緊急事態宣言下での有観客開催を衝立にして。しかし、7万人の選手・スタッフ・マスコミが全世界から来日し、「酒も持ち込み自由、コンドームも大量配布」という何の制限もない行動で、感染が拡大しなわけがない。五輪はアスリートが技を競う「平和の祭典」ではなく、1泊数十万円の高級ホテルに泊まり自由行動するIOC幹部(欧州や中東の貴族・王族)が、金もうけ=興行収入を得る饗宴なのだ。コロナ感染下に

Img_2501東京五輪は不要だ。直ちに五輪は中止せよ。

五輪を利用し、延命と兇暴化を策す菅政権

菅政権は支持率急落突破のため、五輪を開催とその熱気の延長線上に解散・総選挙を目論んでいる。同時に反動的強権手法を駆使しようとしている。入管法改悪の採決強行は、一人のスリランカ人女性の命をめぐって批判が噴出し、改悪はできなかった。425国政選挙3連戦で敗北し、広島の買収費=15億円をめぐり、自民党内内紛が勃発寸前だ。しかしその裏で、憲法改悪のための国民投票法を推進し、医療機関を縮小し、軍事基地などの周辺で土地収用を可能にする法律の強行など、ドサクサにまぎれて悪法を通過させている。この菅政権を許してはならない。五輪は中止。市民の生活と生命を守らない菅は退陣!の声を大きくしていこう。

頑張れ!尼崎市議選の候補者たち 宮城あやの応援に弘川よしえ走る

立憲民主党から尼崎市議会議員選挙に、6期目挑戦する宮城あやさんの応援のため、一緒に塚口・園田を回りました。
宮城さんの法定ビラには、コロナに関連する支援や相談の情報でびっしり。宮城さんの、出発式で訴えていた「コロナに打ち勝つ!」という思いは、本気なのだと一緒に回っていて、思いました。
宮城さんは頼りになるおっかさんみたいな人です。市議歴20年、文教委員長や市議会副議長も務めた超ベテランです。先が見えない前代未聞なコロナ禍で、ベテラン宮城さんにもう一度、尼崎市のために汗をかいてもらいたいです。
非正規滞在者のために、入管法改悪の阻止に全力を尽くし、立憲主義にもとづく、誰も取りこぼさない「まっとうな政治」への本気度をみせた、立憲民主党。
尼崎市の地方政治でも、まっとうな政治を実現するため、宮城あやさんをよろしくお願いします。

2021年6月 1日 (火)

当面の行動

当面の行動日程     

定例行動     

毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅南

◎:重要行動 ※:阪神間の行動 ▽:原発関連行動 斜字:実行委員会など ●はリモート

 

 

6月4日(金) 関電不正還流マネー第2回公判 14時 大阪地方裁判所

66日(日) 尼崎市議選 投開票

◎66日(日) 老朽原発うごかすな!大集会IN大阪 13時半 うつぼ公園

 

6月12日(土)  宝塚の平和と人権を考える会 例会 13時 めふ・ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南4分)

620日(日) 改憲反対市民フォーラム集会 PLP会館(JR「天満」南7分)講演:藤原辰史(京都大学准教

190627369_4069219599837512_6799705187465授)

623日(水) 老朽原発うごかすな!美浜現地闘争

6月26日(土) 市民デモHYOGO学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」駅東南4分)

◎※627日(日) 連続市民講座・講演会「コロナ禍の社会運動を考える」 14時 尼崎総合文化センター・玉翔の間(阪神「尼崎」北東5分) 講演:藤原辰史(京都大准教授)

713日(火) 関生弾圧、武委員長判決 8時半から座り込み行動 大阪地方裁判所(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

 

74日(日) 東京都議選投開票

718日(日) 兵庫県知事選 投開票

8月3日(火)  兵庫優生保護法裁判判決日 14時 神戸地裁

8月6日(金)  86ヒロシマ平和の夕べ

つづき徳昭、元気に奮戦中

 30日から始まった尼崎市議選。新社会党のつづき徳昭さんは、粟原富夫神戸市議、山下慶喜茨木市議など各地の新社会党議員、支持者の支援を受けて、また武庫之荘界隈のおおくの住民の参加で150人の結集で出発式をおこなった。フットワークも軽くこまめに地域を回ってきたつづきさんお今回のスローガンは、ImpossibleをI’m possibleへ。シンボルカラー・ポスターの色も黄色で一番鮮やか。既にベテランの域に達するつづきさんだが、今回はぐっとイメージを変えて、新たな挑戦ということと読み解いた。がんばれ、つづき徳昭さん!










つづき候補の当選でこれ以上のコロナ感染を防ぐとともに、コロナより質の悪い維新の汚染を防ぎたいものです。

保健所に200回電話つながらず 父亡くした自民党大阪府議が質問

保健所に200回電話つながらず 父亡くした府議が質問

配信

朝日新聞デジタル

大阪府議会で答弁する吉村洋文知事=2021年5月31日、大阪府庁、浅沼愛撮影

 

 

 

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村