« 国民投票法案強行やめろ!〜国会前で「平和といのちと人権を5・3憲法大行動」 | トップページ | 入管法改悪反対大阪集会・パレード »

2021年5月 5日 (水)

緊急事態宣言下、5・2ミャンマー連帯集会(神戸)、5・3憲法記念日梅田解放区などに参加

 Img_2454 5月になり大阪の感染者は連日1000人規模、兵庫も3~500人とそれぞれ感染者は最大数。
 身近な所にも感染者・濃厚接触者が迫っているが、なか、5月1日は中之島メーデー、5月2日は神戸でのミャンマー連帯西日本集会、5月3日は関西でほぼ唯一(たぶん)行われた尼崎での憲法集会、そして夕刻は憲法記念日&国民投票法連休明け審議・採決許すな!梅田解放区緊急行動に取り組んだ。
 2日のミャンマー連帯集会は、4月には参加できなかったが、この日初めて参加。黒い服で勢ぞろいの若者たちが神戸の東遊園地に集合。日本人もなぜか西宮から10人近く、尼崎・大阪などからも顔見知りの仲間が結構参加、「大阪でもやらねば」と言っていた。で日本人も50人くらいが参加し、総計で350人となった。コロナ禍と雨天でデモ行進は中止となったが、1時間余り元気なシュプレヒコールが続いた。と言ってもミャンマー(ビルマ)語はまったく判らず、参加の誰に聞いても「判らん」。新聞記者の取材に応える日本人がいて、横で耳をそばだててImg_2450 聞く。大筋は「国軍の軍事クーデターを許さない」「国軍の暴力と虐殺を国際社会は止めてほしい」「私たちのリーダーを解放せよ」「新たな憲法と、統一政府を認めろ」などいう内容のようだった。
 日本語が少しできる参加の若い女性に、紙に書いてもっている仲間もいたが、「ちゃんと勉強せんと」。
 それでも虐殺抗議の3本の指を赤く塗った手袋と、メッセージボードを受け取り、指を3本立てて、「フリー・フリー・スーチー」などと一緒に叫んだ。
 この日は名古屋などや、全世界17か国40都市で集会がなされたという。
 国軍のこれ以上の虐殺を許さず、日本政府の国軍への支援をやめさせルために、もっと運動を広げていこうという声と、介護労働現場のミャンマーの人たちと繋がっていこうという声が、参加日本人の共通の思いだったようだ。

 3日は同じ神戸東遊園地の憲法集会は11月3日に「延期」(ガダルカナルの「転戦」のようで表現自体が恥ずかしい)。5月連休明けに憲法審査会が開かれようとしており、国会前の集会や、大阪でもリモートの集会があり、前日ある種「命をかけて、自由を求めて、国に帰ることが出来なくなるかもしれない」ミャンマーの人々が「新憲法を制定」と言っているのに、この国のImg_2474 護憲派のリーダーはやすやすと「延期」とは「気楽」なものだ。その程度の気持ちで護るにしか値しない憲法なのだろうか。
 で、兵庫県で唯一おこなわれた尼崎憲法集会に参加。と言っても6月市議選に向けた決起集会のようなもので(それはそれで重要なのだが)、プログラムのチラシもメッセージボードもない。こちらは「反維新」のチラシや、夕方からの梅田解放区・緊急行動などをとじたチラシを配った。主催者挨拶は旧知の人なので、週明けにも憲法審査会で採決がおこなわれるかもしれないという「梅田解放区」のチラシを見せると、あいさつでこのことに時間をとって触れてくれた。言ってみるものである。
 その後は、梅田解放区のImg_2482 宣伝に来た人、反戦タイガース、川西から来てくれた人などが誘い合って梅田解放区へ。阪神間からの7人もいれて、40人ほどが参加し、音楽あり、辺野古あり、天皇制は要らないなど、それぞれのアピールが続いた。
 緊急事態宣言下で普段の人通りは無かったが、ビラまき、アピールには手頃な数で、音響も良く、アピールを聞く人もかなりいて、久々の梅田解放区の成功となった。

« 国民投票法案強行やめろ!〜国会前で「平和といのちと人権を5・3憲法大行動」 | トップページ | 入管法改悪反対大阪集会・パレード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民投票法案強行やめろ!〜国会前で「平和といのちと人権を5・3憲法大行動」 | トップページ | 入管法改悪反対大阪集会・パレード »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村