« 吉村知事に非難殺到 連日全国最大の感染者数 明日はコロナ対策そっちのけで、宝塚市長選応援に来るらしい?! | トップページ | 昨日も大阪は東京を抜いて全国一の感染者数 »

2021年4月 3日 (土)

大阪の全国一の感染拡大は、保健所統廃合(人口270万人の大阪市に1か所!)等を続けてきた大阪維新・吉村らの責任重大

コロナ感染者激増の大阪で吉村マジックが消える 「行き当たりばったりの対応で失敗」府民、官邸が酷評


今西憲之dot.





大阪府の吉村知事(C)朝日新聞社

大阪府の吉村知事(C)朝日新聞社

 政府は緊急事態宣言に準ずる対応が可能な「まん延防止等重点措置」を大阪、兵庫、宮城の3府県に初めて適用することを決めた。

【テレビを見ていて信用できないと思う人1位は?】

 東京など首都圏より先に緊急事態宣言が解除された大阪だったが、3月中旬から新規感染者数が増加。3月31日は599人、4月1日が616人と急増。600人を上回るのは、2回目の緊急事態宣言が発出中の1月16日以来だ。

 とりわけ、大阪府や兵庫県で目立つのが、より感染力が高いとされる新型コロナウイルスの変異株の新規感染者の増え方だ。3月31日現在で大阪府は130人、兵庫県が181人と日本で一番多い。

 現在、全国をまわっている東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーが4月14日に大阪市内で実施される予定だったが、大阪府の吉村洋文知事は「まん延防止等重点措置」の適用で中止を訴えている。

「新規陽性者数が東京でも大阪でも逓増していくことは、宣言解除時に既に分かり切っていたことです。ただ、吉村さんは大阪は解除を前倒し、リバウンド対策に失敗しましたね。大阪は想定以上、早く増えました。吉村さんは“まん防”適用に動きましたが、迅速な対応に見えつつ、タイミングは遅かったですね。実は昨年11月末の時短開始も、12月16日の時短強化も、実はステージIVに入ってから決断していて、いつも大阪は東京や北海道に比べて遅い。聖火リレー中止報道も吉村マジックで実際には組織委が策定している緊急事態の対応方針の中で『緊急事態宣言やその他、県独自の規制、不要不急の外出要請が出ている場合にはリレー見合わせ』と既に決まっているはずなのに、あたかも自らの政治決断かのよう演出しています」(官邸に近い政府関係者)

 大阪で聖火リレーに走ることを予定していた人はこう表情を曇らせた。

「一生で一度しか経験できないこと。走れると楽しみに胸を躍らせていた。しかし、これだけコロナの感染がまた広がってくると仕方ないわな…。残念です」

 大阪府は2月、国に自らが緊急事態宣言の解除を要請。当初の予定より1週間早い、2月末の解除となった。大阪府職員はこう話す。

「緊急事態宣言を早く解除してほしいと求めたのが、1カ月ほど前。今度はまん延防止等重点措置を早く出してほしいと要求した。チグハグさに府庁内でも吉村知事が大丈夫なのかという声が上がっています」

 こうした批判の声に吉村氏は「緊急事態宣言の解除と今回の感染拡大はストレートにはつながらない」と会見で反論している。

「今回の感染拡大には2つ要因がある。1つは人の行動、春休みにはいって、年度替わりもあり、歓送迎会やコンパ、飲み会ですね。緊急事態宣言解除されて、そして春休み。若い人中心に感染リスク高い場面が急増している。もう一つは変異株による、感染拡大の速度。海外の調査でも変異株は1.7倍の感染スピードという。保健所や現場からも同じように感染力が高い、早いと聞いている」(吉村氏)

 新たな感染拡大による「まん延防止等重点措置」がスタートする4月5日からは、大阪市内の飲食店の営業時間を現在は午後9時までだが、午後8時までに短縮するよう要請。不要不急の外出自粛も要請する。大阪市内の歓楽街で飲食店を経営する店主はこうぼやく。

「せっかく午後9時まで延長されて、お客さんが入りはじめたと思ったら、また逆戻り。これでまた客足は遠のく。これなら緊急事態宣言で補償を手厚くやってくれる方が助かる。緊急事態宣言の解除を前倒ししない方がよかったんやないの」

 自民党の大阪府議会議員は政策の失敗と断じる。

「吉村氏はアクセルを踏み、また急ブレーキの連続。“まん防”の適用もあんたが言うかという思いや。大阪府民が吉村氏の行き当たりばったりのコロナ対応に、振り回されている。イソジンのうがい薬を使えば、コロナウイルスが消えると記者会見。店頭からうがい薬が消える騒動もあった。しかし、吉村氏からは特別なアナウンスは何もなく、効果の話もうやむやです。花火は上げるが、あとは知らんというばかりの姿勢にうんざりです」

大阪維新の会の地方議員もこうため息をつく。

「吉村氏は迷走しているように、見えますね。緊急事態宣言の解除はもう少し慎重であるべきではなかったか。支持者からも吉村氏は『このままで大丈夫か』との声も聞かれる」

「まん延防止等重点措置」が適用されると、自治体から飲食店には従うように「強制命令」も可能となる。吉村氏も「個別に(飲食店を)見回る。場合によっては指導を強化する」と発言している。自民党幹部は吉村氏に対し、こう苦言を呈する。

「大阪は早く緊急事態宣言を解除と求めたと思えば、まん延防止等重点措置をと言ったり、こっちもひっかきまわされるよ。菅首相は絶対に東京オリンピック・パラリンピックは開催するつもり。聖火リレーを止められると正直、困るんだよね。スポンサーの関係もあるし、オリンピックの盛り上がりに水を差すという観点からも。大阪の聖火リレー中止がきっかけでオリンピック中止論が大きくなる可能性もある」

 この後、東京オリンピックは無事に開催できるのか?目が離せない。(今西憲之)

« 吉村知事に非難殺到 連日全国最大の感染者数 明日はコロナ対策そっちのけで、宝塚市長選応援に来るらしい?! | トップページ | 昨日も大阪は東京を抜いて全国一の感染者数 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉村知事に非難殺到 連日全国最大の感染者数 明日はコロナ対策そっちのけで、宝塚市長選応援に来るらしい?! | トップページ | 昨日も大阪は東京を抜いて全国一の感染者数 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村