« 田崎史郎ですら批判!「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態 | トップページ | 安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相 »

2020年11月27日 (金)

学術会議第2波デモ150人で  「若い世代の研究萎縮が心配」

 Img_1583 11月26日、12日の日本学術会議6人の任命拒否を弾劾する市民デモにつづき、第2波の行動がおこなわれた。主催は前回と同じ2団体(本紙前号参照)で、午後6時からの集会・デモには150人が参加した。

 集会では岩佐卓也神戸大学准教授が、菅政権による学術会議任命拒否を弾劾するとともに、現在も大学内の研究が各種の制約を受けているが、今回の事態でさらに若い世代の研究の制約が拡大することへの危惧が表明された。負けない方法は問題を長引かせ執拗に反撃することだとアピールした。ついで藤野一夫神戸大学教授からは、昨年8月の「あいちトリエンナーレ事件」で展示の総合プロデューサーを務めた津田大介さんの神戸講演が、何の理由も説明もなく神戸市の忖度で中止に追い込まれた。この問題は終ってなく、今回の学術会議問題にも繋がっており、今こそこの流れを止めていかなくてはならないと訴えた。ついで集会宣言を採択し、首相官邸に送付することが確認Img_1597 された。署名用紙も配布され、任命を求めて126日に3回目の行動を行うことが確認された。

 集会終了後、市民デモは三宮センター街から元町駅前まで市民にアピールをおこなった。この日<こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO>は、午前中は関西電力の老朽原発再稼働に対する申し入れを関電の大株主の神戸市におこなった。午後は定例の木曜行動で菅政権のコロナ対策に賛成か・反対かのシール投票やマイクアピールをおこない、夜間はデモ行進をし、Go-Toキャンペーンでコロナ感染を拡大し批判が高まる菅政権へ、さらに民心を離反させる行動としてやり抜いた。

« 田崎史郎ですら批判!「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態 | トップページ | 安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田崎史郎ですら批判!「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態 | トップページ | 安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村