« 菅政権のつまずきをさらに拡大し、政権打倒への流れを作ろう~まだまだ続く今年の闘い | トップページ | 12月6日、学術会議闘争第3弾 11時 神戸市東遊園地 内田樹氏らアピール »

2020年11月30日 (月)

橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”


橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

公開日: 更新日:

 



 




安倍前首相応援団が次々に離れはじめている…(C)日刊ゲンダイ
安倍前首相応援団が次々に離れはじめている…(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 安倍前首相と親しい橋下徹元大阪府知事が、安倍前首相に対して“辞職勧告”を行い、安倍前首相周辺に衝撃が走っている。

 辞職勧告が飛び出したのは、29日朝、放送されたフジテレビ系の情報番組「日曜報道 THE PRIME」。番組は、安倍前首相の「桜疑惑」を取り上げ、桜を見る会「前夜祭」の経費について、安倍サイドが910万円以上の費用を補填していた問題を報じた。番組の最後に橋下元知事は、こうコメントしてみせた。

<秘書がやっていることを政治家が全部見切れてるわけじゃないんですが、今回の問題はホテルに確認すればすぐに分かることなんです><これ事実だったら本当に残念なんだけど議員辞職もやむなしだと僕は思っています>

岸田文雄氏、野田聖子氏も…

 安倍前首相周辺が焦っているのは、安倍応援団が次々に離れはじめていることだという。産経新聞まで、26日の社説で「自ら説明すべき」と主張している。

29日は、自民党野田聖子氏が「前首相が自らの言葉で説明責任を果たすべきだ」とNHKで明言し、岸田文雄氏も記者団に聞かれ「しっかりと説明努力を続けることが大事」と突き放している。もともと、野田氏、岸田氏の2人は、安倍前首相とは同期の“仲良し”だ。

 さらに、検察が「桜疑惑」を捜査することについて菅官邸は黙認している、という解説も流れている。そもそも、国会会期中に特捜部が本格捜査を進めることは珍しい。立憲民主党の福山幹事長は、「状況によっては連座制も適用される可能性も出てくる」と指摘している。地検が想定しているのは「政治資金規正法違反」と「公職選挙法違反」だ。捜査はどう進むのか。元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏はこう言う。

「捜査は年内に決着すると思います。来年になると、解散総選挙の可能性があることと、4月以降にずれ込むと時効にひっかかるからです。安倍さん本人の立件はないでしょう。あるとしたら、秘書の罰金刑だと思います。連座制の適用はありません」

 秘書が立件されたら、一気に“安倍離れ”“安倍包囲網”が加速する可能性がある。

« 菅政権のつまずきをさらに拡大し、政権打倒への流れを作ろう~まだまだ続く今年の闘い | トップページ | 12月6日、学術会議闘争第3弾 11時 神戸市東遊園地 内田樹氏らアピール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菅政権のつまずきをさらに拡大し、政権打倒への流れを作ろう~まだまだ続く今年の闘い | トップページ | 12月6日、学術会議闘争第3弾 11時 神戸市東遊園地 内田樹氏らアピール »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村