« 橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告” | トップページ | 住民投票否決で安心せず、維新を叩かなければならない »

2020年11月30日 (月)

12月6日、学術会議闘争第3弾 11時 神戸市東遊園地 内田樹氏らアピール

   11月12日(木)の第1弾は180人の参加、11月26日(木)の第2弾は150人の参加でした。12月6日(日)第3弾は11:00AMに三宮東遊園地に集まり、JR元町駅東改札口手前までデモを行います。森井俊行神戸大学名誉教授、内田樹神戸女学院大学名誉教授に参加いただき、スピーチしていただきます。任命拒否を撤回させるために、もうひと踏ん張り、頑張りましょう!11月26日の集会決議文と12月6日の案内チラシを添付します。

 

Img_1597-003 日本学術会議会員任命拒否の撤回を求める市民デモ第2弾「集会決議」

 日本学術会議が推薦した会員6名を政府が任命拒否したことは、「学問の自由を保障する」日本国憲法第23条、及び「独立」を明記した日本学術会議法第3条に違反する行為であり、許されません。 
この問題は、学者・研究者だけの問題ではなく、私たち国民すべてに関わる重大な問題です。国民の思想信条の自由、言論の自由につながるからです。
日本学術会議は、任命しなかった理由の説明と6名を任命するよう要望書を提出していますが、未だに政府は何も回答していません。国会でも、野党の追及に対し、曖昧な回答に終始しています。報道各社の世論調査は国民の過半数が菅首相の説明が不十分だと考えていることを示し、抗議声明を上げた団体は、10月30日現在で学会関係・大学関係・市民団体等857団体にのぼり、現時点では1,000団体を超えたと言われています。
 11月12日、私たちは、日本学術会議会員任命拒否の撤回を求める集会とデモを180名の市民が参加して行いました。その集会の場で採択した決議文を、翌13日に首相官邸(菅首相、加藤官房長官宛て)に送りました。しかし、その後も政府の姿勢は全く変わらず、逃げ切る姿勢です。私たちは断じて逃げ切りを許しません。本日、11月26日、第2弾の集会・デモを行い、あくまで任命拒否の撤回を求めます。それでも撤回しない場合は、12月6日に第3弾を予定します。

以上の認識をふまえ、私たちは次のように決議します。
1.菅首相に対して、学術会議会員6名の任命拒否をただちに撤回し、法に基いて推薦通り任命を行うことを求める。
2.政府に対して、憲法で保障された「学問の自由」を守ることを求める。
3.平和を守るために設立された学術会議が、設立趣旨に基いて、さらに発展・充実することを求める。
4.以上3点について、政府に、12月3日までに文書で私たちに回答するよう求める。

        2020年11月26日 日本学術会議会員任命拒否の撤回を求める市民デモ参加者一同
           *この決議文は、11月27日、首相官邸宛に郵送しました。

 

« 橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告” | トップページ | 住民投票否決で安心せず、維新を叩かなければならない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告” | トップページ | 住民投票否決で安心せず、維新を叩かなければならない »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村