« 終末は連続行動 26日から臨時国会開幕 菅政治との全面対決を! | トップページ | 日弁連が学術会議問題で会長声明 »

2020年10月22日 (木)

官邸のTV監視ここまで 出演者発言・ナレーション・見出し…詳細に  しんぶん赤旗

官邸のTV監視ここまで

出演者発言・ナレーション・見出し…詳細に

3月前半分 A4で700枚 本紙が記録入手

 内閣広報室がテレビのニュース・情報番組の出演者の発言を詳細に書き起こした記録文書を、本紙は情報開示請求で入手しました。テレビでの発言を官邸が日常的に監視し、政権の意に沿わない報道に対抗措置を取る狙いがうかがえます。


写真

(写真)内閣広報室が作成する各報道に関する資料

 開示された文書は大別して2種類で、「報道番組の概要」と、「新型コロナウイルス関連報道振り」。A4判で700枚にのぼります。その期間は安倍晋三首相(当時)が「一斉休校」を要請(2月29日)した直後の3月1日から16日まででした。

 「概要」に記載されているのは、分刻みの放送時間、ニュースの見出し、出演者の発言です。「一斉休校」「休業補償」など、政府の方針にかかわるテーマが話し合われた時に、“テープ起こし”をしたと思えるほど詳細に記録しています。

図

 閣僚や与党の重要議員、各党出席の討論番組などは“全文起こし”されています。VTRのナレーションやアナウンサーの発言も含め、徹底した監視ぶりです。

 常時監視の対象となっていたのは、平日の7番組と、土日の4番組でした(別項)。平日の日中の番組記録は同日中に提出され、平日夜の番組は翌日、土日の番組は月曜に提出されています。

 安倍政権下では、徹底したメディア対策が取られました。特に影響力の大きいテレビに対しては、政権に批判的なニュース番組のキャスターを降板に追い込むこともしました。官房長官時代からメディアに対してさまざまな干渉・圧力を加え、日本学術会議人事への介入にみられるように強権をいとわない菅義偉首相のもとで、これが一層強化されることが懸念されます。

 

 

   

 

« 終末は連続行動 26日から臨時国会開幕 菅政治との全面対決を! | トップページ | 日弁連が学術会議問題で会長声明 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終末は連続行動 26日から臨時国会開幕 菅政治との全面対決を! | トップページ | 日弁連が学術会議問題で会長声明 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村