« うがい薬買い占めで露呈する、社会の科学低見識 伊東 乾 | トップページ | 8~9月の闘い »

2020年8月12日 (水)

吉村府知事と関西マスコミの癒着の一端~テリー伊藤が暴露 

吉村知事「ヨードうがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が「会見の1時間半前に知った」「インサイダー取引できた」

吉村知事「ヨードうがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が「会見の1時間半前に知った」「インサイダー取引できた」の画像1
『サンデー・ジャポン』で“うがい薬”騒動について語ったテリー伊藤


 大阪府の吉村洋文知事が「ポビドンヨードが新型コロナに効く」とぶち上げたことで起こった“うがい薬”騒動。行政のトップがずさんな実験による不確かな情報を大々的に喧伝し、市場の混乱と健康被害の危険性をもたらしたことに批判が集まっているが、さらに、重大な疑惑が浮上した。

 周知のように、吉村知事の発表によって、ポビドンヨードを含むうがい薬を取り扱っている塩野義製薬や明治ホールディングスの株価が跳ね上がったが、じつはこの発表にインサイダー取引につながりかねない事前漏洩があったようなのだ。

 それが判明したのは昨日9日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS)でのこと。“うがい薬”騒動を取り上げたなかで、コメンテーターのテリー伊藤が「ちょっといいですか」と言うと、こんな話をはじめた。

「僕、じつはですね、この発表するときにですね、『ミヤネ屋』に出てたんですよ。で、それで、じつはこの話をですね、1時間半ぐらい前に知ったんですね」
「ってことは、これをいま買っておけばいいなと思って。場合によってはこれね、薬メーカーの株価もかえるなっていうふうに、一瞬、頭も入ったんですけど、それを止めたんですよ。それちょっとインサイダー取引みたいな感じで、僕の立場でそれやると申し訳ないなと思ってやらなかったんですけども」

 吉村知事が会見を始めたのは4日14時20分ごろ。その会見で、吉村知事はこう述べていた。

「情報が漏れたらいけませんから、非常に少ない範囲、ここにいる松井市長と僕と、藤井(睦子・大阪府健康医療部)部長と松山(晃文・大阪はびきの医療センター次世代創薬創生センター長)先生と、はびきの(医療センター)のみなさんくらいしか、この情報は共有はしていません」

 しかし、実際には、吉村会見の1時間半前に、テリーにその情報が伝わっていた。テリーは、自身が語っているようにこの日、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演している。テリーが「情報を知った」という「吉村会見の1時間半前」というのは『ミヤネ屋』の本番が始まる少し前、つまり、テリーは『ミヤネ屋』の楽屋か打ち合わせの席でこの話を聞いたということなのだろう。

 じつは『ミヤネ屋』はこの日、吉村知事らの会見を生中継していた番組だった。

 しかも、それはたまたま生中継したというようなものではなかった。『ミヤネ屋』はまだ会見がスタートしていない番組スタート時の13時55分の段階で、「速報“コロナ”治療 効果が期待できる薬 発表へ 大阪吉村知事&松井市長会見」というテロップを出し、吉村知事らの会見を生中継することを予告。さらに、14時20分ごろから会見の中継をはじめ、吉村知事がポビドンヨードを含んだうがい薬が「コロナに効く」と言い出してわずか約15分後の14時35分には、手書きではなくデザインされた「ポビドンヨードとは」「ポビドンヨードが感染対策に有効な理由」というフリップを出して解説をおこなっていた。

 テロップといいフリップといい、やけに対応が早すぎるだと思っていたが、テリーの証言から、『ミヤネ屋』は番組ぐるみで吉村知事が「ポビドンヨードがコロナに効く」と発表することを事前に知らされていた可能性はきわめて高くなった。

続きはリテラで

« うがい薬買い占めで露呈する、社会の科学低見識 伊東 乾 | トップページ | 8~9月の闘い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うがい薬買い占めで露呈する、社会の科学低見識 伊東 乾 | トップページ | 8~9月の闘い »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村