« 安倍政権が7年8カ月で「成し遂げた」のは国家と社会の破壊~適菜収 | トップページ | 平野啓一郎氏 安倍首相の8年総括…経済はまやかし、復古主義的な国粋主義が跋扈 »

2020年8月30日 (日)

高田延彦が苦言「安倍氏は沖縄に冷淡だった」「県民に『寄り添う』は言葉だけ

高田延彦が苦言「安倍氏は沖縄に冷淡だった」「県民に『寄り添う』は言葉だけ

 

高田延彦© デイリースポーツ 高田延彦

 元格闘家でタレントの高田延彦が29日深夜、ツイッターに新規投稿。安倍晋三首相の辞意表明を受けて、「安倍氏は沖縄に冷淡だった」「県民に『寄り添う』は言葉だけ」と沖縄に対する接し方について苦言を呈した。

 高田は「沖縄辺野古、安倍氏は沖縄に冷淡だった」と切り出し、「『県民に寄り添う』この温もりを感じさせるフレーズを何度繰り返し使ってきたか。県民と真摯に向き合う姿勢で対話や行動を示さず『寄り添う』は言葉だけ、罪作りだよ」と地元の意思を顧みずに米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を進めたことを指摘。「お友達にはガッツリ寄り添っていたように見えたが、沖縄県民に寄り添うってなんだったの?」と疑問を呈した。

 また、高田はこれに先立つ同日夕方の投稿で「昨日の辞任会見、7年8ヶ月もあの行状を見せられて額面通りには受け取れってのが酷じゃないの?」と見解をつづった。

 その上で、高田は「病が辞任要因の一つならやむを得ない。最長達成でイチ抜けだが積み残した疑惑の山は肩書きのように付いて回るよ。体調安定に努めてもらい全力でモリカケサクラ公文書改竄等々説明責任を果たしてもらおうね」と、退陣後も安倍氏に真相究明への説明を求めた。

« 安倍政権が7年8カ月で「成し遂げた」のは国家と社会の破壊~適菜収 | トップページ | 平野啓一郎氏 安倍首相の8年総括…経済はまやかし、復古主義的な国粋主義が跋扈 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍政権が7年8カ月で「成し遂げた」のは国家と社会の破壊~適菜収 | トップページ | 平野啓一郎氏 安倍首相の8年総括…経済はまやかし、復古主義的な国粋主義が跋扈 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村