« 高田延彦が苦言「安倍氏は沖縄に冷淡だった」「県民に『寄り添う』は言葉だけ | トップページ | 党員投票見送りに異論 自民総裁選 »

2020年8月30日 (日)

平野啓一郎氏 安倍首相の8年総括…経済はまやかし、復古主義的な国粋主義が跋扈

平野啓一郎氏 安倍首相の8年総括…経済はまやかし、復古主義的な国粋主義が跋扈

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 平野啓一郎氏

 芥川賞作家の平野啓一郎氏が29日、ツイッターに新規投稿。退陣を表明した安倍晋三首相について「結局この8年という時間は何だったのか」「復古主義的な国粋主義が跋扈し」などと総括した。

 平野氏は「正直、昨日は言及する気力もなかったが、結局この8年という時間は何だったのか」と投稿。「外交はボロボロ、経済はまやかし、社会には格差が広がり、現状追認型の、あるいは復古主義的な国粋主義が跋扈し、差別と対立が煽られている。それが置き土産」と分析。

 続くツイートで平野氏は「在任期間と改憲、五輪などで歴史に名を残したいという、たったそれだけの私的な野心のために、なりふり構わず何でもやって、独裁体制に何処まで近づけるか、チャレンジし続けた政権。で、このあと、どうするのか?」と「安倍後」を見据えた。

 平野氏は「彼がぶち壊したものを一つずつ修復していき、悪弊を絶ち、抑圧したものを解放し、停滞させたものを前進させなければならないが、気が遠くなる。それをやらない限り、日本はこの危機から脱することが出来ない。そして、彼に悪事の数々の責任を-『感じる』だけでなく-取らせないと、日本は良くならない」と投稿した。

« 高田延彦が苦言「安倍氏は沖縄に冷淡だった」「県民に『寄り添う』は言葉だけ | トップページ | 党員投票見送りに異論 自民総裁選 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高田延彦が苦言「安倍氏は沖縄に冷淡だった」「県民に『寄り添う』は言葉だけ | トップページ | 党員投票見送りに異論 自民総裁選 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村