« 関東大震災 朝鮮人犠牲者追悼式典 都が誓約書の提出求める 声明(5月18日)~『未来』295号 | トップページ | コロナ禍での全国学力テストは必要か 伊丹市教育長に議会3会派が緊急申し入れ~おおつる求ブログより »

2020年8月 4日 (火)

被爆75年  8.6ヒロシマー平和の夕べ ヒロシマの継承と連帯を考える

 

被爆75年  8.6ヒロシマー平和の夕べー
ーヒロシマの継承と連帯を考えるー≪核と人類は共存できない≫

2020年8月6日(木)開場13:20 開会14:00
広島RCC文化センター7階大会議室
参加費 1000円 高校生以下、福島避難者無料
8・6ヒロシマ平和の夕べ
■森達也(もり・たつや)
平和講演~「核を持ってしまった世界」を問う~
■早志百合子(はやし・ゆりこ)
被爆体験と私の想い
■樋口英明(ひぐち・ひであき)
原発事故を考える
■仲村未央(なかむら・みお)
沖縄から
■宇野郎子(うの・さえこ) 鴨下全生(かもした・まつき)
福島から被ばくと人権
■岡内章二郎(おかうち・しょうじろう)
葉っぱ1枚でメロディを吹く
●まとめ 米澤鐡志(よねざわ・てつし 広島・電車内被爆者)
●コーディネーター 河野美代子(こうの・みよこ 広島被爆二世 産婦人科医)

主催/8.6ヒロシマ平和の夕べ 
連絡先:〒730₋0031 広島市中区紙屋町2-2-25大野ビル5F河野クリニック気付
℡:090₋2063₋9452
Fax:050₋3730₋6587

よびかけ
 広島・長崎、あれから75年がたちました。しかし核兵器は、世界に約1500発が保有され、原発はなんども事故をくり返しながら約440基、なお新たに建設されています。
 75年。あの惨状から生き延びた被爆者の命も、失われつつあります。母の胎内で被爆し、「忘れられた被爆者、原爆小頭症」と呼ばれた人たち。苦慮の上にも苦難の人生を歩んできた彼ら、彼女ら。その命とくらしを親や兄姉弟に支えられ生き、そして命を終えた人も多いのです。私たちは、核廃絶、平和をこそ実現しなければなりません。
 いま、人々が新型コロナウィルスに苦しめられているのに、この国の対策はあまりにも遅く少なく、一方で憲法の改悪をねらい自衛隊を海外に送り、辺野古の新基地建設を止めません。「モリ、カケ、桜、検事長の不正人事、河合夫妻の選挙違反」をはじめ、政権私物化は目に余ります。
 そのような今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」。平和講演は森達也さん、被爆証言を早志百合子さん、原発ストップとその被害を樋口さん、宇野さん、ヨハネ・パウロ二世に福島事故の苦しみを届けた鴨下さんに。そして沖縄から仲村さん。「広島の葉」に想いを寄せる岡内さんが、美しい草笛の音色を奏でます。
 広島の暑い8月に、お集まりください。核廃絶へ耳を傾け、語り合い、私たちが歩み行動する道を、ともに考えましょう。

« 関東大震災 朝鮮人犠牲者追悼式典 都が誓約書の提出求める 声明(5月18日)~『未来』295号 | トップページ | コロナ禍での全国学力テストは必要か 伊丹市教育長に議会3会派が緊急申し入れ~おおつる求ブログより »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東大震災 朝鮮人犠牲者追悼式典 都が誓約書の提出求める 声明(5月18日)~『未来』295号 | トップページ | コロナ禍での全国学力テストは必要か 伊丹市教育長に議会3会派が緊急申し入れ~おおつる求ブログより »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村