« 関西生コン事件「国家賠償請求訴訟」はじまる=レイバーネット日本 | トップページ | 昨日22日は、午前から3連ちゃん 「アソシエ・トモ」ブログより »

2020年8月23日 (日)

権力弾圧との闘いに国境はない~香港弾圧に桜井周・山尾志桜里・中谷元ら院内集会・記者会見=桜井周ブログより

 本日のお昼12時に国会内(衆議院第一議員会館 多目的ホール)において、「対中政策に関する国会議員連盟:JPAC」の緊急記者会見を行いましたので、議連の呼びかけ人の一人として出席しました。



 緊急記者会見は、香港の民主化運動家の周庭さん、蘋果日報(アップルデイリー)創業者の黎智英さんの不当逮捕に対する抗議のためです。結局、昨晩、釈放されましたが、今後、どのような判決が出るか分かりませんので、予断は許しません。

 日本に滞在している香港人から香港の憂慮すべき現状に対するメッセージを表明していただきました。全身黒装束でサングラスをかけ、マスクをして(マスクは感染症対策でもありますが)、身元が分からないようにしての表明でした。香港に自由と人権がなくなったことを体現していました。
 次に、学者の立場から意見表明いただきました。学生時代からの友人で東京大学の阿古智子教授や、明治大学の鈴木教授、立教大学の倉田教授、東京外国語大学の倉田准教授が説明くださいました。
 続いて、議連としての声明を発表し、出席議員からコメントしました。
 桜井シュウは、香港国家安全維持法は香港だけの問題ではない、世界中の全ての市民の問題だ、と指摘しました。
 テクニカルには、香港域内だけでなく、香港域外=世界中が対象です。また、香港人だけでなく、外国人=世界中の市民も対象です。日本で日本人が本日、このような集会を開催していることも、香港国家安全維持法違反にあたりうることになります。
 本質論として、人権は人類普遍の価値です。それを中国共産党は蹂躙するのですから、香港市民を含めて全ての市民の人権を守るべく、中国人を含め全ての市民と連帯すべきです。
 最後に気になった点を一点。多くのマスメディアが緊急記者会見に参加くださいました。しかし、今後の予定(本日16時からの総理官邸への申入れ)など事実確認を除いて、質問がありませんでした。
 マスメディアのみなさんは既に萎縮しているのかもしれません。特に、大手メディアは北京や香港に支局を構えていますので、中国政府と中国共産党に睨まれたくない、ということなのかもしれません。
 ローマ法の格言に「権利の上に眠るものは保護されない」というのがあります。人権が人類普遍の原理としても、そこにあぐらをかいていては人権はなくなるかもしれません。日本国憲法の前文にあるように、不断の努力が必要です。
 なお、16時には、総理官邸に議連の声明文をもって政府に申入れに行きました。西村官房副長官にご対応いただきました。

« 関西生コン事件「国家賠償請求訴訟」はじまる=レイバーネット日本 | トップページ | 昨日22日は、午前から3連ちゃん 「アソシエ・トモ」ブログより »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西生コン事件「国家賠償請求訴訟」はじまる=レイバーネット日本 | トップページ | 昨日22日は、午前から3連ちゃん 「アソシエ・トモ」ブログより »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村