7月25日(土)夕方は、梅田解放区へ‼

 



 全国で新型コロナウィルス感染者が増えてきています。しかし安倍政権は何ら有効な対応策を打ち出せていません。
 河井案里、河井克之議員が逮捕された公職選挙法違反事件は、自民党本部から支出された1億5千万円のうち、1億2千万円が政党交付金であったと報道されています。「桜を見る会」と同じように、私たちの税金を使った「買収」が行われていたことについて、安倍政権は国会で説明する義務があるにもかかわらず、野党の要求を拒否して国会を閉じたのです。そのためPCR検査や医療体制の拡充、自粛に伴う補償の積み増し等、重要なことが何一つ審議されていないからです。
 また東京で市中感染が拡大するにもかかわらず、小池都知事・吉村府知事は「東京アラート」を解除し、ひたすら「夜の街」に責任を転嫁していましたが、自分の「選挙」を乗り切るためです。吉村知事は「大阪モデル」見直しを行いましたが、都構想やカジノ、万博ありきで感染者数をごまかし、基準を緩和している疑いがあります。いずれにしても私たちは感染拡大の中で放置されるか、再び補償なき自粛を強いられるか…黙っていては安倍政権や小池都知事、吉村府知事に殺されてしまいます。
 その一方で安倍政権は、憲法を改悪し、私たちの権利を奪い、日本を戦争のできる国にしようと企んでいます。辺野古新基地建設をはじめ、南西諸島への自衛隊ミサイル部隊配備を推し進めています。イージスアショアの配備計画は撤回されましたが、F35戦闘機を105機も買う計画はそのままです。こういった軍事に関わる膨大な予算は、新型コロナウィルス対策や自粛に伴う補償に回すべきです。
 十三市民病院では、委託労働者が声を上げることにより、全ての労働者に「危険手当」が支払われ、感染症予防のための研修が行われるようになりました。東京都知事選挙は終わりましたが、差別や格差を是正し、私たちが安心して暮らせる公正な社会をつくるためには、普段から現場で声をあげることが大切です。デモや集会、ストライキや恣意行動、そして選挙運動もそうですが、民主主義は街頭から始まります!
 国会が開いていない今だからこそ、街頭で人々に訴え、政治を動かすのです。
7・25梅田解放区

7・25 #梅田解放区 デモ
#安倍はやめろ! #維新もいらない! #都構想・カジノ・万博ありきの感染者隠蔽を許すな!
#コロナ対策に予算をまわせ! #差別をするな! #黒人差別、東アジア差別反対!
みんなで声を上げよう!