« 安倍首相、河井夫妻逮捕は「大変遺憾」 「法務相任命者として責任を痛感」 | トップページ | 麻生氏 首相に「二階・菅氏の更迭、9月総選挙」を進言か »

2020年6月19日 (金)

安倍「経産」内閣の凋落、コロナ失政で塗り変わる霞が関の勢力図

安倍「経産」内閣の凋落、コロナ失政で塗り変わる霞が関の勢力図





窮地の安倍晋三首相と経済産業省出身の今井尚哉首相補佐官 写真:毎日新聞社/アフロ© ダイヤモンド・オンライン 提供 窮地の安倍晋三首相と経済産業省出身の今井尚哉首相補佐官 写真:毎日新聞社/アフロ 



河井克行前法相と案里議員が公職選挙法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。他に黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題、コロナ経済対策の不手際など、安倍政権は強烈な逆風にさらされている。そしてその道ずれとなるのが、秘書官や補佐官を出すなど、政権に深く食い込んできた経済産業省だ。自民党内でポスト安倍政権の動きが活発化するのと同時に、霞が関の勢力図も塗り変わろうとしている。(ジャーナリスト 横田由美子)

ターニングポイントとなった

6.16河井案里秘書有罪判決

 第2波、第3波の懸念は消えないが、新型コロナウイルスの感染拡大にようやく落ち着きが見えてきた。

 その一方、永田町では、ポスト安倍の時代を見据えた動きが活発化し始め、連動するように霞が関の勢力図も変わり始めている。

 6月16日は、後から振り返った時、ひとつのターニングポイントになるかもしれない。

 昨年7月の参議院選挙で初当選した河井案里議員の公設秘書が公職選挙法違反(買収)罪に問われていた裁判で、広島地裁の冨田敦史裁判長は、懲役1年6カ月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

 判決によると、公設秘書は、案里議員の夫である河井克行前法相の政策秘書と共謀の上、車上運動員に違法な報酬を払ったとされており、量刑的にも連座制適用の対象となる。夫妻は、自民党に離党届こそ出したものの、議員辞職は否定している。

 そして6月18日、東京地検特捜部は河井前法相と案里議員を、公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕した。

 夫妻の往生際の悪さにはあきれるばかりだが、河井前法相は「安倍総理を支える5人組」と呼ばれるほど政権中枢で存在感を発揮している。このような人物を重用し、法相にまで抜擢したことから、コロナ禍の終息がより鮮明に見えてきた瞬間に、安倍総理に対する批判が今以上に強く噴出することは誰の目にも明らかだ。

敵失をひたすら待つ野党

アフターコロナは政局に

「黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題など、ほかにも問題山積で、本来なら、野党が攻勢を強め、倒閣運動が起きてもおかしくないのが現状です。安倍政権を維持させているのは、皮肉なことに、日本どころか世界中を混乱に陥れているコロナウイルスなのです。おかげで、我が社も追及を免れている部分があるのは否めない。アフターコロナは政局になるでしょう。当然、われわれ財務省も批判の対象になる」

 中堅の財務官僚は、苦虫をかみつぶしたような表情で言う。

 森友学園を巡る公文書改ざん問題に関係した財務省近畿財務局職員の妻が、「夫は改ざんを強制されて自殺に追い込まれた」とする手記を出し、佐川宣寿元理財局長と国を訴えたことは、平時なら国会が紛糾し、倒閣にも至りかねない大問題だ。しかし、野党の追及がそこまで激しくないのは、「コロナ禍の中、解散総選挙を主張しても日々の生活にあえぐ庶民の批判を浴びるだけ」という計算が働いているからだ。

 以下略 

« 安倍首相、河井夫妻逮捕は「大変遺憾」 「法務相任命者として責任を痛感」 | トップページ | 麻生氏 首相に「二階・菅氏の更迭、9月総選挙」を進言か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍首相、河井夫妻逮捕は「大変遺憾」 「法務相任命者として責任を痛感」 | トップページ | 麻生氏 首相に「二階・菅氏の更迭、9月総選挙」を進言か »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村