« 自衛隊・防衛大の中に民主主義を!防衛大生2000人が軟禁状態で異常事態発生  脱走、不審火、自殺未遂、賭け麻雀 | トップページ | 地上イージス計画停止「承服できない」 自民から怒り噴出 »

2020年6月16日 (火)

4月の「超過死亡」激増 東京1056人“隠れコロナ死”の可能性


4月の「超過死亡」激増 東京1056人“隠れコロナ死”の可能性

公開日: 更新日:

 


 

 

「日本モデル」と美化(5月25日)/(C)日刊ゲンダイ
「日本モデル」と美化(5月25日)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

「圧倒的に少なく抑え込むことができている」――。新型コロナウイルスの感染者数と死者数について、先月25日の会見で安倍首相は胸を張った。死者数は940人超。ただし、4月の「超過死亡」のデータから、何倍ものコロナ死が隠れている可能性が出てきた。

■発表数は氷山の一角

 超過死亡とは過去の同月の平均死亡者数と比べて、超過した人数のこと。東京都が11日、発表した4月の死者数は1万107人。過去4年間の平均死者数は9052人で、超過死亡はナント1056人。11・7%も増えている。都発表の4月のコロナによる死者数は104人に過ぎない。

「超過死亡の大部分はコロナによるものです。今年はインフルエンザの流行が全くなく、自殺者も少ない。超過死亡が大幅に増えた要因は、コロナの感染拡大以外に考えられません。急変して死亡するケースが多く、PCR検査に至らず、死因を心不全などとする例は少なくありません。コロナ関連死として発表されているのは、ごくごく氷山の一角なのです」(医療ガバナンス研究所理事長・上昌広氏)

超過死亡には、医療体制の逼迫もあり、PCR検査を受けずに急死した陽性者が含まれていると考えられるのだ。

■日本モデルはミスリード

 超過死亡の大幅増は都に限らない。別表の通り、4月の超過死亡は7都府県が過去4年平均比10%超増えている。感染が多い地域ばかりだ。超過死亡は4月の数値だけでも、コロナの累計死亡者数と比べてかなり多い。

「感染症は、超過死亡をベースに検証するというのが、世界の医学界のコンセンサスです。日本の場合は、超過死亡ではなく、コロナと診断された死亡者の少なさを強調し、『PCR検査を抑えて成功した』『日本モデル』などと語られ、突っ込んだ検証、反省が行われていません。第2波、第3波でしっぺ返しを食らうことになるでしょう」(上昌広氏)

 三段目力士・勝武士(享年28)の死去から1カ月が過ぎ、日刊ゲンダイの指摘にも、厚労省は「20代のコロナ死ゼロ」と“誤報”を改めない。実態から目をそらす政権下では、お先真っ暗だ。

« 自衛隊・防衛大の中に民主主義を!防衛大生2000人が軟禁状態で異常事態発生  脱走、不審火、自殺未遂、賭け麻雀 | トップページ | 地上イージス計画停止「承服できない」 自民から怒り噴出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自衛隊・防衛大の中に民主主義を!防衛大生2000人が軟禁状態で異常事態発生  脱走、不審火、自殺未遂、賭け麻雀 | トップページ | 地上イージス計画停止「承服できない」 自民から怒り噴出 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村