« 「都構想」法定協再開に抗議 | トップページ | 辺野古新基地 民意に背き きょう工事再開~『しんぶん赤旗』 »

2020年6月12日 (金)

感染者22人でも「東京アラート解除」の小池東京都知事を笑う

 小池東京都知事が昨日「東京アラート」を解除した。
 そもそも、緊急事態宣言解除以降も、何の権限があるのかは知らないが、「東京アラート」とか「ステップ1,2,3」などと言ってマスコミの耳目を引き、「やってる感」を出そうとしてきた小池東京都知事。
 しかし東京は連日2桁の感染者がいまだ続いており、昨日は22人という全国の感染者の半分をしめる。それ以外の道府県は北海道の7人を除き、埼玉・千葉各3人、大阪・神奈川などが1人。一時心配された福岡でも2人だ。こう見ると東京の22人、1週間で130人余りはけた違いに多い。
兵庫県などは20日以上にわたりゼロ行進だが、それでも多くの人が心配感をのべ、なかなか元の生活には戻れない。
 そんななかの解除は、18日に迫った都知事選の告示を前に「東京アラートを解除した。これからは自衛」を押し出すための政治的判断でしかない。3月24日の東京オリ・パラ延期決定まで何の手を打たなかった小池知事。そして解除は都知事選前。どこまで行っても政治的判断ばかり。
 第2波にむけての本当のコロナ感染症対策は、この知事ではできないことを都民は知るべきではないのか。


« 「都構想」法定協再開に抗議 | トップページ | 辺野古新基地 民意に背き きょう工事再開~『しんぶん赤旗』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「都構想」法定協再開に抗議 | トップページ | 辺野古新基地 民意に背き きょう工事再開~『しんぶん赤旗』 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村