« 年金75歳支給の布石 厚労省がひた隠す年金改正法案の狙い | トップページ | 安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき »

2020年5月26日 (火)

訓告処分で退職金800万円減? どこが法治国家やねん!

 黒川東京高検検事長問題はまだまだ終わらい。
 「空気を吸うように平気でウソをつく」アベシンゾーは、黒川問題でも「処分は検事総長が下し、内閣はこれを追認した」と、またまたバレバレのウソをついた。
 内閣支持率が30%を切り、その上またこのウソ。
 国民の怒りは留まらない。となるとまたまた弥縫策。訓告処分を撤回し懲戒処分にするのではなく、黒川の退職金を800万円減額すると。
 懲戒処分でもない訓告で退職金が15%ほど減額となると、訓告処分を受けた公務員はたまったものではない。何の法的基準に基づくのだろう。
 もはや安倍政治は法治政治ではなく人治政治。法に基づくのでなく首相の恣意のママの人事・懲戒を操るとなると、これはもはやだれがどう否定しようと「朕は国家なり」の独裁国家。法治国家の看板は捨てた方がいい。

 

黒川氏退職金は訓告処分で約800万円減額 森法相説明

黒川氏退職金は訓告処分で約800万円減額 森法相説明© 産経新聞社 黒川氏退職金は訓告処分で約800万円減額 森法相説明

 森雅子法相は26日の衆院法務委員会で、賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長の訓告処分に関し、一般論としたうえで、黒川氏のように勤続期間37年の検事長が退職した場合の退職金は約5900万円になることを明らかにした。訓告処分によって自己都合退職になるため、定年退職した場合の約6700万円から約800万円減額されるとした。

 安倍晋三首相が25日の記者会見で、「退職金は訓告処分に従って減額されると承知している」と述べていた。

« 年金75歳支給の布石 厚労省がひた隠す年金改正法案の狙い | トップページ | 安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年金75歳支給の布石 厚労省がひた隠す年金改正法案の狙い | トップページ | 安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村