« マルイ前行動に高校生含む20人が参加 黒川への法務省処分は常習賭博は停職なのに訓告、ハア  | トップページ | 都知事選が無風一転 官邸の“隠れ刺客”ホリエモンの破壊力 »

2020年5月22日 (金)

辞表提出の黒川検事長 検察史上初の「賭博罪」で立件か~日刊ゲンダイ


辞表提出の黒川検事長 検察史上初の「賭博罪」で立件か

公開日: 更新日:

 

 



 

「賭博罪」で立件されるのか(C)共同通信社
「賭博罪」で立件されるのか(C)共同通信社
拡大する

 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令下に賭けマージャンをしていた疑いを週刊文春で報じられ、21日に辞表を提出、訓告処分となった東京高検の黒川弘務検事長(63)。文春によると、黒川氏は今月1日に産経新聞記者宅に約6時間半滞在。朝日新聞社員も交えて翌日未明までマージャンをし、記者が用意したハイヤーで帰宅したとされる。

 同誌は黒川氏が13日もマージャンをしたとの証言も掲載。事実確認を求めた文春記者に対し、黒川氏は口を開かなかったという。黒川氏は21日、1日と13日に新聞記者らと賭けマージャンを行ったことを認めた。

 東大法学部を卒業し、1983年、検事に任官した黒川氏。法務省勤務中心の「赤レンガ派」の行政官僚として、2019年1月に東京高検検事長に就任するまで約7年半、官房長、事務次官という「検察庁の王道」ポストを歩んできた。
 安倍政権は今年1月に閣議決定で半年間の定年を延長を決めた黒川氏について、「余人をもって代えがたい人物」と評していただけに、今回の「賭けマージャン」報道は政権にとっても大きな痛手に違いない。今後、「検察ナンバー2」の黒川氏が賭博罪で立件されるような展開になれば、それこそ内閣総辞職モノだ。

 文春記事によると、かつて黒川氏と卓を囲んだ記者は「一晩で10万円負けた」とボヤいていたらしいが、一晩であれば「半荘」がせいぜい。それで「10万円負け」というのは驚きだ。マージャン好きで知られる「黒川卓」のルールは、掛け金のレートがかなり高かったのか、それともウマ(順位に基づいて支払う)をつけていたのか。あるいは記者がよっぽど下手だったのだろう。果たして賭博罪は成り立つのか。元検事で弁護士の落合洋司氏がこう言う。

「賭博罪は、掛けた金額の多寡は問題ではありません。現行犯でなければいけないということもない。日時、場所が特定され、関係者の証言があれば立件できます」

「賭けマージャン」で事件化した例としては、元西武ライオンズ監督で野球解説者の東尾修氏が1987年のシーズンオフに賭けマージャンを行ったとして書類送検された。98年には、漫画家の蛭子能収氏が新宿のマージャン店で現行犯逮捕されたケースがある。黒川氏も記者も覚悟しておいたほうがよさそうだ。

« マルイ前行動に高校生含む20人が参加 黒川への法務省処分は常習賭博は停職なのに訓告、ハア  | トップページ | 都知事選が無風一転 官邸の“隠れ刺客”ホリエモンの破壊力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルイ前行動に高校生含む20人が参加 黒川への法務省処分は常習賭博は停職なのに訓告、ハア  | トップページ | 都知事選が無風一転 官邸の“隠れ刺客”ホリエモンの破壊力 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村