« 安倍応援団の“極右”は,、市民の命とは別世界で、極右言動お花畑状態! | トップページ | 基地<自衛隊・米軍>が広げる感染の恐怖 »

2020年4月22日 (水)

赤江アナも陽性…巣ごもり列島を襲う家庭内感染爆発の恐怖

  緊急事態宣言から2週間。政府・マスコミあげての「自粛ー巣ごもり」のキャンペーンは、海岸にサーフィンに行く者や、スーパーに家族で買い物に行く者(1週間分の買い物をするなら1人では持ち帰れない)や、公園で遊ぶ子どもまで、まるで「安全に気をつけない」「自分がうつす危険を想像できない」ある種「非国民」であるかのキャンペーンとなっている。
 渋谷や梅田が80%減になれば、近場の商店街や公園に人が集まるのは当然だ。小池都知事などは今度は近場での買い物を控えるようにともぐら叩き。
 それでも東京は次々病院感染が起こり、毎日100人以上の感染、そのうち8割が感染経路の追えない人となる。かくして「外に出るな=巣ごもり」のみがコロナと闘う唯一の方法などと言う、愚かしさがまかり通る。
 そうではないだろう。既に1万人を超したコロナは感染症だか、うつるのは当たり前。うつった人は、嘘までついていた神戸の警察署長のように余程過失がある人(その次はうつってなくても奔放な行動をくり返す例の公的私人=安倍昭恵さんだろう)以外は責めてはならない。そうではなくて、感染者をいち早く発見するためPCR検査を徹底的に増やし、軽症者はホテル、中症者は病院、重症者は専門病院に収容し、死者を徹底的に抑える。それと一体での社会的距離の取り方をおのおのが実践することが基礎でないと、一切外出しないことは出来ないわけだから、それ以外巣ごもりとなると逆に家庭内感染の危機を広げてしまう。
 「君子危うきに近寄らず」「自粛ー巣ごもり」で、誰にも会わない事を1か月貫けるわけないのだから(家族にうつさないためにと別居=車中泊をしているマジッシャンもいるが)、PCR検査を徹底的に行い、症状によって隔離先を3種に分け、1万人で押さえて総選挙まで行った韓国(ごく直近は1日1桁の発症者)の事実に学べと政府に要求していくしかない。ヘイトな安倍は死んでも韓国から学ぶのは嫌かもしれないが、東国原英夫すら韓国に学べとごく当然のことを言っている。安倍や小池や吉村を信じたら、地獄に連れていかれるのが、だんだん見えてきた。


赤江アナも陽性…巣ごもり列島を襲う家庭内感染爆発の恐怖

公開日: 更新日:





感染を公表したフリーアナの赤江珠緒、右は韓国のPCR検査(C)NNA/共同イメージズ
感染を公表したフリーアナの赤江珠緒、右は韓国のPCR検査(C)NNA/共同イメージズ
拡大する

 「Stay Home」――。緊急事態宣言が全国に拡大され、長時間、家に閉じこもることが多くなった。安倍首相も「人との接触を8割減らして欲しい」と、外出しないように要請している。しかし、巣ごもり列島は、家庭内感染が大爆発する恐れが強まっている。

 ◇  ◇  ◇

 今月18日、感染を公表したフリーアナウンサーの赤江珠緒(45)は、夫からの家庭内感染の可能性が高い。夫が11日に発症したため、濃厚接触者である赤江アナは11日から自宅待機していた。同居している家族は究極の濃厚接触者。赤江アナの感染は起こるべくして起きた格好だ。

■中国とイタリアも自宅待機が裏目に

 海外でも家庭がクラスターになってしまった。新型コロナの発祥地中国・武漢では1月中旬に医療機関がパンパンになり、軽症者は自宅療養となった。

すると、一気に家庭内感染が拡大した。感染者は1日当たり数十人から数百人に急増。この時期のクラスター感染の約8割は、家庭内感染だったという。イタリアの感染拡大も軽症者の自宅療養が大きな原因だった。

 とくに夕食時の家族だんらんで感染するケースが多いという。話をしながら咀嚼するので、細かい唾液が飛び交い、飛沫感染を引き起こすというのだ。

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「家族ですから、当然、接触は多い。現在、休校や休業、テレワークなど家族揃って長時間、家にいることが多くなっています。問題は、感染したことに気づかないまま家族と接してしまうことです」

 日本ではPCR検査の実施件数が極めて少ない。よほど症状がひどくないと検査してもらえない。このため、隠れ陽性者がワンサカいる。もし、家族に隠れ陽性者がいた場合、自粛要請を守って家にいればいるほど、感染リスクは高まってしまう。せっかく、感染しないように外出を控えたのに、家で感染したら本末転倒だ。

 「陽性と判明すれば、家族も接し方に注意ができます。高齢者がいれば、感染者を隔離する必要があるし、いなければ家庭内隔離で済む場合もあるでしょう。ところが、PCR検査が十分にされていないため、陽性者かどうかがわからない。どのように接するかを考えようがないのです。本気で検査実施を増やさなければ、家庭内感染が急増してもおかしくありません」(上昌広氏)

 感染症の治療は、「早期検査、早期隔離、早期治療」が鉄則だ。なのに、日本では一向にPCRの検査体制が整わない。人口100万人当たりの検査件数は、世界213カ国中、115位というありさまである。外出自粛を要請するなら、PCR検査の拡充とセットにしなければ、感染者が一気に膨れ上がる恐れがある。~日刊ゲンダイより

« 安倍応援団の“極右”は,、市民の命とは別世界で、極右言動お花畑状態! | トップページ | 基地<自衛隊・米軍>が広げる感染の恐怖 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍応援団の“極右”は,、市民の命とは別世界で、極右言動お花畑状態! | トップページ | 基地<自衛隊・米軍>が広げる感染の恐怖 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村