« 「この政権は目標が実現できなかったら検証しない癖が…」~星 浩 | トップページ | コロナに負けるな!応援のさまざまなかたち そして医療機関にヒト・モノ・カネを投入しよう »

2020年4月30日 (木)

ギャンブル依存症対策も取らず、パチンコ店公表でさらし者 だったらカジノ誘致はすぐやめろ

 ポピュリズム首長どもの緊急事態宣言に乗じての正義感ぶった強権発動がますますエスカレートする。パチンコ店名公表、高速道路「封鎖」、観光地閉鎖、学校9月入学是非論議、などいとまがない。観光地封鎖も自粛呼びかけならまだしも、駐車場閉鎖や海岸閉鎖などは法律的には禁止されているロックダウンそのもの。学校9月入学など、5月6日までに宣言解除できなかった政府や行政の責任抜きに「お気楽な」もんだ。論議する前に子ども、学習権を保障しろ、何時になったら学校再開できるのだ。自粛を言うなら保障しろであり、学校閉鎖なら学習機材を無料で届け、子どもの居場所を作れ。子ども食堂のほぼ閉鎖の中、職に困っている子どもに何か手当をしたのか。
 その上でヒールを作り正義感ぶっているのがパチンコ店の店名公表だ。罰のパチンコ店を営業している擁護する気はない。しかしこの語に及んでパチンコ店にかよう客の中にはギャンブル依存症」の人が言っていることは間違いない。その実態に即した(さすがに家庭内DVの夫=世帯主とは別個に10万円申請は認められたが)対応を取らない限り、ギャンブルは止らないし、暴走しかねない。それは1930年代のアメリカ禁酒法がかえって闇飲酒となりギャングが航行した事を見ればすぐわかるはずだ。長期休校で子どもたちはゲーム依存症になっている。だったらゲーム機販売を規制するのかというと、そうではないだろう。
 パチンコ店公表で正義ぶる前に、PCR検査の拡大、医療防具の補給、医療や福祉の現場に、ヒト・カネ・モノをつぎ込み、一日も早く安全を取り戻し、人々に安心を与えていくのが行政も役割ではないのか。


4月30日「コロナ対策で考える依存症対策」  

 大阪府が新型コロナウイルス特別措置法に基づき店名を公表したパチンコ店に、その後も多くの客が押し寄せているということが報じられています。

 当初から、店名公表すれば、流れる客が多くなることが懸念されていましたが、特にギャンブル依存症の方たちは、公表された店を求めていくことからも、開店している店で行列をなしている方の中には依存症の方も多くいるのだろうと思わざるをえません。

 開いている店には、県境を越えて客が詰め掛ける例が全国に広がり、新型コロナウィルスの危険性が強調され、外出自粛が要請されても、行列をなしても行ってしまうのです。

生活困窮者の支援を続けるNPO法人「ほっとプラス」の藤田孝典理事も「依存症患者はパチンコに行きたくて行っているわけではない。ギャンブルに心身を支配され、行きたくなるようにさせられている。家族をだましてでも、お金を借りてでも、電車を乗り継いででも行く」「名前を公表すれば、依存症の人を集めるだけ。依存の実態を知っていれば、店名を公表するなんてあり得ない」と指摘しています。

 さらに、藤田氏は「本人に『あなたは患者なのだ』と伝える働き掛けが求められる。そうやって治療やケアに結び付ける必要があるのに、今は見過ごされている。依存症対策が不十分な社会が、感染拡大リスクを高めている」と、国や自治体のギャンブル依存症対策を見直す必要性も説かれています。

 一方、オーストラリアで、手軽なギャンブルとして親しまれている「スロットマシン」の置かれる施設が新型コロナウイルス感染防止のため閉鎖されて1カ月がたち、事実上利用が禁止されたスロットマシンにつぎ込まれずに済んだ金額がこの間、少なくとも約690億円に上り、ギャンブル依存症なども緩和されるなど、想定外の効果を生んでいるとも報じられています。
 また、外出の自粛が要請されることで、高齢者の飲酒問題やアルコール依存症についても、行動範囲も限定され、体力や認知機能の低下から、外で問題飲酒につながる要因が少ないことから、潜行し、表面化しづらいことも問題となっています。
 さらに、学校が休校となり外出自粛を求められる中で、いやでも、ゲーム依存が顕在化することも時間の問題ではないかと思われます。
 カジノも解禁されようとしている中で、コロナ対策の中で顕在化する課題と向き合い、政府・自治体として改めてギャンブルをはじめとした多様な依存症対策を講じなければならないことが、迫られているのではないかと思います。

« 「この政権は目標が実現できなかったら検証しない癖が…」~星 浩 | トップページ | コロナに負けるな!応援のさまざまなかたち そして医療機関にヒト・モノ・カネを投入しよう »

コメント

「カジノ誘致はすぐやめろ」、全くその通りです。
ならパチンコも即刻営業停止にすべきではないのでしょうか?
そもそも生活していく上で必要なもので無く、ホール側がいくら感染対策を講じていると言っても、
人が多く集まるのはやはり危険だと思います。

来客のなかには「感染覚悟でパチンコがしたい」と言う人もいるそうですが、本人はそれでいいでしょうが、
うつされる方は迷惑です。 

仮にホールが潰れて従業員が失業しても、それが即「死」に至るわけではないでしょう、
感染すれば、特に疾患のある人や高齢者は短期間で死に至りますよ。

パチンコ店経営者の大多数はこの国の危機的状況と我々日本国民の健康を考えないのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「この政権は目標が実現できなかったら検証しない癖が…」~星 浩 | トップページ | コロナに負けるな!応援のさまざまなかたち そして医療機関にヒト・モノ・カネを投入しよう »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村