« 日曜日に告示の茨木市議補選~がんばれ山下けいきさん | トップページ | 権力犯罪は終らない 今回は裁判所も全面的な反省・謝罪を »

2020年3月31日 (火)

文化守る補填を 舞台関係者が政府に要請~しんぶん『赤旗』

新型コロナ                     

文化守る補填を

舞台関係者が政府に要請

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府によるイベント自粛要請を受けて公演中止などを決断し、苦境にある舞台関係者が30日、適切な補填(ほてん)を求めて内閣府と文化庁に要請を行いました。


写真

(写真)会見に出席した(奥から)日澤、中津留、馬奈木、シライ、瀬戸山、伊原、鈴木の各氏=30日、東京・港区

 要請は、(1)中止となった公演主催者への、すでに支出した製作費や人件費などの経費補填(2)主催者から支払いを受けられない公演関係者への出演料などの補填(3)客席数減や消毒液など対策を行って上演した主催者への補填―を求めるもの。舞台関係者10人が20日に呼びかけ、29日現在、1842人に賛同が広がっています。俳優の宇梶剛士、松金よね子、劇作家・演出家の永井愛、声優・俳優の関智一の各氏らが名を連ねています。

 「3月の仕事が全てなくなり、夫婦で80万~100万ほどの損失」「今後も見通しのつかないまま自粛が続けば、生命を自粛せざるを得ない時がくる」「6月の公演で本番が実施できない場合、出演料は保証できないと言われた」など厳しい現状が寄せられています。

 呼びかけ人の一人、俳優・演出家のシライケイタさんは「数日で賛同が1000人を超えた。政府の要請なのに何の補償もないまま、倒産や失業の危機にある。せめて補償があれば公演中止の決断ができる。小さな声でも上げていきたい」と訴えました。

 劇作家・演出家の瀬戸山美咲さんは「舞台関係者は多くが個人事業主。融資されても返すあてがなく、給付の対象にしてほしい。今彼らがつぶれたら、この国の文化が損なわれる」と強い危機感をあらわにしました。

« 日曜日に告示の茨木市議補選~がんばれ山下けいきさん | トップページ | 権力犯罪は終らない 今回は裁判所も全面的な反省・謝罪を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜日に告示の茨木市議補選~がんばれ山下けいきさん | トップページ | 権力犯罪は終らない 今回は裁判所も全面的な反省・謝罪を »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村