« 「五輪第一・コロナは二の次」のツケがやってきた 首都封鎖・外出自粛と大慌ての小池・安倍五輪組 | トップページ | 3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ »

2020年3月29日 (日)

リテラでアクセストップ。朝礼暮改、支離滅裂な吉村大阪府知事

 吉村大阪府知事の支離滅裂ぶりがとまらない。関西最初の感染拡大のもとは大阪のライブハウス。ここから関西・全国各地に拡散した。3週間ほどでこれがいったん収束するや、病院の4分化や学校休校を安倍首相より先に発表しマスコミ人気を得る。これで調子に乗り、大阪ではお花見はOK、各種イベントの中止を解除、4月学校再開を、安倍首相とは別路線として打ち出した。
 しかし発生が再発するや、兵庫の方が感染率が高いとして3月20~23日の3連休を前に、大阪・兵庫往来禁止を突如発表。あたかも兵庫のほうが悪いの印象操作し、4月3日までに2府県の感染者数は3374人になると、デタラメな数字を発表し危機感を煽りまくった。
 ところが、その後の発生数は、兵庫は23日=2、24日=5、25日=1、26日=1、27日=3、28日=3件と一桁低位を終始しているのに、大阪は27日=20件と過去最高、28日も15件で、一気に北海道を抜き、爆発感染寸前の東京(362件)につぐ全国2位になってしまった。余程恥ずかしかったのか27日の件数では、兵庫3、大阪20を、大阪兵庫23件と発表しマスコミもこの数字を流す始末。そしてこの土日は一度自粛解除の往来を、再度往来自粛に。お花見も自粛に朝令暮改。さらに松井大阪市長ともども朝令暮改を誇る始末。
 この件は関西ローカをこえて『リテラ』でも取り上げられ、メンツを傷つけられた吉村は反論するものの、4月3日3374の数字は吉村の頭上に重くのしかかり破産。ここらのいきさつが『リテラ』でも一番人気になってしまった。
 わが『社会運動情報・阪神』は4月3日の数字が出るまで吉村を追い続け、数字が一桁違ったら、「デマゴーグ吉村」の刻印を吉村に張り付け、そのウソツキ2枚舌を閻魔様に抜いてもらうように要請する事を宣言する。以下はリテラの記事より。




大阪・吉村知事が支離滅裂すぎる! コロナの弱点見えたから自粛解除→兵庫県との間だけ自粛→今週末は自粛要請しない→外出全般自粛


「大阪府・兵庫県間の往来自粛」で大混乱を引き起こした大阪府の吉村洋文知事だが、今週末、さらなる支離滅裂ぶりが露わになった。

 昨日27日、大阪で20人の感染者が判明したことを受け、吉村知事は「この週末はできるだけ不要不急の外出を控えていただきたい」と求めた。

 またぞろ「俺は決断力がある」風なドヤ顔でこの呼びかけをおこなった吉村知事だが、しかし、実はその3日前、24日には「今週末は(兵庫県との間の往来自粛を要請した2123日とは違って)、改めて外出自粛を要請しない」という方針を打ち出していた。

 さらに、26日、東京都の小池百合子都知事が週末の外出自粛を呼びかけたあとでも、「東京と大阪は、経済圏域という意味で共通しているわけではなく、必ずしもリンクしていない。大阪府内での今の感染者数の推移では、今週末に外出の自粛をお願いすることはない」と、大阪は外出自粛を要請しないことを明言していた。

 それが翌日、20人感染者が出て、慌てて「外出自粛呼びかけ」に方針転換するドタバタぶり。だったら最初から「自粛要請しない」などと拙速に言うな、という話だろう。

 しかし、これは今回に始まった話ではない。吉村知事はこの2週間ほどの間に、猫の目のようにころころ方針を変えているのに、それをごまかし続けてきたのだ。

 そもそも、吉村知事は313日の時点で、「新型コロナの特徴や弱点が見えてきた。感染が急拡大する環境を作らず、社会活動を再開させることも重要。経済活動を戻すべき時期と判断した」などと述べ、府主催のイベントや休館中の府の屋内施設を順次再開する方針を打ち出した。花見ついても、自粛を求めないとしていた。これが府民のコロナへの警戒の緩みにつながり、大勢が花見に繰り出す事態を招いたのは間違いない。

 ところが、吉村知事は19日になって突如、2123日の3日間にわたる「大阪府・兵庫県間の往来自粛」を呼びかける。すでに本サイトで2度にわたって批判したように、この呼びかけはなんの根拠もない、でっち上げと言ってもいい代物だった。吉村知事は「厚労省の提案を受けて」(松井一郎・大阪市長は「通知」と言っていた)と言っていたが、提案文書はそもそも一人の専門家の見解をメモしただけのもので、しかも、文書の記述は〈大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける〉というもの。大阪と兵庫の間の往来を自粛しろ、とはひと言も書かれていなかったのである。

 当初は頭の悪い維新政治家らしい「誤読」かと思っていたが、実はこれ、吉村知事や松井市長が兵庫県をスケープゴートにして、自分たちが13日に打ち出していた自粛解除からの方針転換をごまかすためのものだった。

「吉村知事はライブハウスのクラスターを制圧できたなどとアピールに必死ですが、大阪では水面下で感染が拡大している可能性が高く、いつ感染爆発が起きてもおかしくない。そこに、厚労省から感染爆発の可能性を指摘されて、何かやっておかないとまずいとなったんでしょう。しかし、吉村氏や松井氏は313日に、逆に自粛解除をする方針を打ち出していた。花見も自粛をする必要はないとしていた。それなのに、いきなりすべての外出自粛を呼びかけると、矛盾が生じる。そこで、同じように感染爆発の危険性を指摘された兵庫県をスケープゴートにしたんでしょう」(大手紙府政担当記者)

26日、小池知事が自粛要請しても、吉村知事は「自粛要請しない」と明言していたのに

 しかも、兵庫県をターゲットにした背景には、兵庫県の井戸敏三知事との敵対関係もあったとみられている。

 井戸知事は、橋下時代から、維新の政策や政治手法に反対してきた。都構想について「膨張主義だ。ムードだけで制度を変えるのが一番いけないこと」と発言し、2013年には、堺市長選で維新の対立候補の支援を表明。当時、大阪市長だった橋下徹が「越権だ」と反発する一幕もあった。

 維新が進めるカジノについても「地域振興のために手段を選ばないという姿勢そのものが、基本的に間違っている。人が集まって金さえ使えばいいのか」「日本はすでに相当のギャンブル国家。それを助長するカジノをなぜ解禁するのか」「依存症が兵庫県内にも出てくる。行政的な取り締まりが必要になり、裏社会の活動も予想される」と、当時の橋下市長や松井知事のカジノ誘致を厳しく批判してきた。

「兵庫との往来自粛をぶちあげたのは、天敵だった井戸知事への嫌がらせという側面もあるんじゃないか。兵庫の実効再生産数が大阪より悪いことに目をつけ、兵庫との往来に絞って自粛を呼びかけ。大阪より兵庫のほうが感染がひどいと印象付けようとしたんだろう。そうすれば、自分たちの自粛解除方針の失敗をごまかせるしね」(在阪ジャーナリスト)

 まさに政治目的の情報操作というしかないが、この作戦に、大阪府民は当初、まんまと騙された。兵庫県は厚労省の提案文書通り全般的な往来自粛をきちんと呼びかけており、兵庫との間だけに歪曲した大阪府の方針は逆に、「兵庫以外には外出してもいい」というミスリードを生み出していたのだが、多くの大阪府民はそのことにまったく気付かず、「兵庫は何もやっていないが、大阪はきちんとやっている」「さすが吉村さん、決断力がある」などと称賛の声をあげる始末だった。

 しかし、誰が見てもおかしいこの方針については、本サイトをはじめネットで矛盾を指摘する声が噴出、連休の最終日頃からは朝日新聞や毎日新聞、神戸新聞など、一部の新聞も「大阪府・兵庫県間の往来自粛」決定プロセスに疑問を投げかけ始めた。

 すると、吉村知事は前述したように、連休が明けた24日、一転して、今週末は大阪・兵庫間だけでなく、全般的に自粛要請をしないことを明言。兵庫県の井戸知事はその時点で県内外の往来自粛要請を継続する考えを表明していたのに、吉村知事は自信満々で“その必要はない”という姿勢を示した。

 さらに26日、小池知事がロックダウンの可能性を口にし、週末の自粛を呼びかけた日の夜も、吉村知事は、前述したように「大阪府内での今の感染者数の推移では、今週末に外出の自粛をお願いすることはない」と明言した。

 それが、27日になって20人の感染者が発表されると、「これまでとは状況が違う」などと称して、急にすべての外出を自粛要請したのである。

兵庫との合計感染者数を持ち出した吉村知事 大阪20人、兵庫3人なのに「合計23人」の報道

 

 言っておくが、これは後出しジャンケンなどでない。大阪は保健所の検査拒否が全国ワースト1位になるなど他県以上に検査数を抑え込んできた。一方で、感染経路が不明な市中感染が急増しており、ある時点で爆発的に感染者が増えることはわかりきっていた。

 ところが、吉村知事や松井市長は、の感染拡大自治体をあげつらうことで、大阪で感染拡大している事実を覆い隠してきたのだ。今の状況は、20人の感染者判明でごまかしきれなくなったというだけだろう。

それを訂正も謝罪もせず、「今までとは状況が違う」などと開き直るのだから、その厚顔無恥ぶりには返す言葉もない。

 しかも、信じられないのが、吉村知事がこの期に及んでまだ、兵庫県を使って、大阪の感染拡大ごまかしを図っていることだ。

 大阪で感染者20人が判明した27日、吉村は夕方の会見で、こんなことを言い出した。

「大阪府と兵庫県を合わせた人口は1100万人、東京都とほぼ一緒です。(大阪と兵庫で)一挙に感染者が40人になったら、東京はそうなっていますが、同じようになってきたとすれば、僕なら緊急事態宣言に基づく特定区域の知事としての行動に移すと思う」

 そう、“大阪と兵庫を合わせた新たな感染者数が1日で40人を超えたら「緊急事態宣言」”すると宣言したのである。しかし、吉村知事はついこの間まで、兵庫と大阪は実効再生産数が全然違うなどといって、“一緒にするな”と言わんばかりに、大阪と兵庫の間の往来自粛を呼びかけていたのではなかったのか。それが、大阪の感染者数が急増した途端、感染者数を“大阪と兵庫との合算”で計算し始めるとは……。

 しかも、このやり口にまんまと乗っかるメディアも現れた。27日、テレビ朝日が感染者数と自粛要請を伝えるニュースで、「大阪、兵庫で計23人感染」と打ったのだ。実際は大阪20人、兵庫3人だったのに、まさに吉村知事の思惑通り、合計することで大阪だけ感染拡大しているという事実をごまかしてしまったのである。

 しかし、情報操作、イメージ操作で、実態を隠蔽し、自分たちのやってる感アピールばかり演出するこの吉村・松井の手法を、大阪のメディアはまったく批判しようとしない。それどころか、大阪ローカルのワイドショーなどは東京の小池知事の対応と比べて、いかに吉村知事ががんばっているかを賞賛する始末だ。

 だが、この先、大阪の感染者はさらに増え続けるだろう。これまで、検査を低く抑え込んできた吉村・松井体制のツケがこれから回ってくる。そのときになって後悔しないためにも、在阪メディアと大阪府民はもっと情報操作をチェックする目を持つべきではないのか。

« 「五輪第一・コロナは二の次」のツケがやってきた 首都封鎖・外出自粛と大慌ての小池・安倍五輪組 | トップページ | 3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「五輪第一・コロナは二の次」のツケがやってきた 首都封鎖・外出自粛と大慌ての小池・安倍五輪組 | トップページ | 3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村