« 東証 一時2万円割れ 新型コロナ拡大懸念 | トップページ | 安倍の緊急事態宣言を許さない 自粛・中止をはねのける、3月~5月の行動 »

2020年3月 9日 (月)

お笑い伊丹市議会 代表質問なし、書面で回答

 大阪での仕事を終えて、15時15分、通い慣れた(?)伊丹市議会についた。
 2階の受付に行くと、「今日は議会がありません」
 「ええ、何それ!」
 「本市でも感染者が出ましたので、議会はありません」
 「感染者と、議会閉会と何の関係があるの?市役所やってるやん。こんな時こそ、市長も議員も先頭に立って、感染症対策も含め活発な議論を交わさなあかんとちゃうの」「本会議で質問せず、書類交換だけだったら、議場や議員控室も無くし、自宅から質問をメールで送ったらええやん。こんなこと誰が決めたん。賛成した議員は歳費返さなあかんやろ!」と例によってまたまた抗議。
 と、ここで本来出て来る市役所管財課の元警官7人組は出てこず。Img_0009
 なぜかって、今日この日は彼らは質問対象の、いわば被告。
 それでも議会事務局の職員をこれ以上いじめても仕方ないと思い、「仕事を片付けて傍聴に来た市民から抗議あった事を、議長と市長に3行くらいでいいから文書で伝えてください」と言うと、「口頭でなら伝えます」。「ええ!、どこかの大臣のような口頭決済はやめてよ」「できません」でまたまた押し問答。「あなたらは憲法に従って仕事をしてるわけでしょ。第16条に請願権がある。その請願権を無視して、市長あての請願内容を市長に伝えなかったから、12月議会後、秘書前でもめたわけ。その職員の職務内容が3月議会で問いたださようとしている訳。議会事務職員をいじめるわけではないが、あなたも同じことをするのですか」
 と少し長びくと、議会事務局の責任者氏が出て来る。改めて「抗議があった事を、市長、議長に文書で伝えてください」と言うと、この責任者氏は各種事情も分かっており、これ以上もめることは損と判断し、文書にした方がこの場を処理しやすいと思ったのか「判りました」。
 自己の都合で議会を休会にし、わざわざ傍聴に来た者を徒労に終わらせたことへの抗議を文書で上げることすらできない「全体の奉仕者」とは何だろう。これもそれも、どこかの鯛のように、頭が腐れば現場も腐ってしまうのだろうか。未来ある職員が、正々堂々仕事の出来ない伊丹市議会と議会事務局。何とも悲しいと言うより、「太平の眠りを覚ますコロナ禍、感染者でれば、議会とまる」と笑うべきか。

« 東証 一時2万円割れ 新型コロナ拡大懸念 | トップページ | 安倍の緊急事態宣言を許さない 自粛・中止をはねのける、3月~5月の行動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東証 一時2万円割れ 新型コロナ拡大懸念 | トップページ | 安倍の緊急事態宣言を許さない 自粛・中止をはねのける、3月~5月の行動 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村