« 緊急事態条項(特措法改正案)許さない 国会前・官邸前で連日行動  9日~11日 | トップページ | 本日17時半より、梅田解放区 私権制限の緊急事態宣言反対、検査拡大しコロナから人命守れ »

2020年3月13日 (金)

3・11九周年、自粛圧力をこえて加藤登紀子が日比谷公園で追悼のイベント

 コロナウイルスを奇禍とする緊急事態宣言可能な特措法改悪には、日頃は威勢のいい辻元清美などと違って、山尾志桜里らが反対。だらしない立憲民主党だが一筋の光だ。
 世紀の愚策=全国一斉休校(寺脇研の言葉)には島根県などが休校しなかった。
 Img_0526 イベントコンサートの自粛には、YOSIKIの政府追随のあと、プロ野球やJリーグがいち早く右へ倣え。センバツ高校野球は大相撲並みの無観客試合と思いきや一転中止。他の高校スポーツも中止のなか、学校教育の一環のセンバツだけの特別扱い扱いはおかしいという奇妙な論理で、21世紀枠も含めこの日のために努力してきた高校生の夢は閉ざされた。そんなに多数の人が集まることが危険なら、東大・京大のなどの入試も中止すべきはずだが、これは行われ合格発表だけが自粛された。
 そもそも、コロナウイルスが蔓延しているからと言って、市中に蔓延しているわけでもなく、ましてや全国の学校を休みにすることは何の因果関係もない。それより医療体制を充実させて(PCR検査、感染症病室・人工呼吸器の増加、個室病室、さらには軽症の人々を2週間隔離するホテルの用意など)、クラスター感染を包囲し拡大を防ぐことこそ最重要課題であったはずである。

 それをせずに、ショックドクトリンとしての自粛同調圧力は再開の歌劇歌劇も再休止に追い込んだが、この中で一人気を吐いたのが加藤登紀子。毎年3月11日、都心の日比谷公園で行う追悼のつどいを各種圧力をはねのけ(そもそも政府が率先して3・11追悼式典を中止)開催。冒頭トークでは、「2週間自粛と言うから3月10日までは従った。それが切れる日だったので準備し開催した。その後また10日間ほど自粛という。いつまで続くか判らない」と皮肉って見せた。
 全国一斉休校という世紀の愚策には、発症してない佐賀県や、感染数が少ない静岡市などが「学校こそ子どもが一番安心できるところ」と従業を再開するという。基礎自治体を中心とする医療の充実、クラスターの撲滅、全国的検査体制、医療機関の系統的整備にこそ政府は力を注ぐべきで、緊急事態宣言・政府による私権制限などコロナ悪用以外の何ものでもない。
 国家権力を使っての強権政治は、因果は回って、安倍政権最後の目玉だった東京五輪に黄信号がともり始め、株価は大暴落、政権の危機が一気に深まった。独裁政治には終わりがある。驕る平家は久しからずは、この国の普遍的名言だ。
 


« 緊急事態条項(特措法改正案)許さない 国会前・官邸前で連日行動  9日~11日 | トップページ | 本日17時半より、梅田解放区 私権制限の緊急事態宣言反対、検査拡大しコロナから人命守れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急事態条項(特措法改正案)許さない 国会前・官邸前で連日行動  9日~11日 | トップページ | 本日17時半より、梅田解放区 私権制限の緊急事態宣言反対、検査拡大しコロナから人命守れ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村