« 山本太郎全国ツアー、中止のお知らせ | トップページ |  〈未来のあなたを見たいです。あきらめないで下さい〉 »

2020年2月19日 (水)

「人混みを避け、不要不急の集まりを自粛」~政府が無能だから、新型肺炎は拡大するばかり


無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

公開日: 更新日:

 

 



 




船内から防護服でスーツケースを運ぶ関係者(新型コロナウイルスの受診目安などについて記者会見する加藤厚労相=17日午後)/(C)共同通信社
船内から防護服でスーツケースを運ぶ関係者(新型コロナウイルスの受診目安などについて記者会見する加藤厚労相=17日午後)/(C)共同通信社
拡大する

「すでに感染者数千人」「終息に2年」は大げさなのか

 毎日、新型コロナウイルス感染が数十人規模で発覚するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。17日は新たに検査で99人の陽性が確認された。これで船内の感染者数は454人。凄まじい感染力だ。

 しかも、99人のうち無症状者が70人もいたから驚く。日本各地で感染者が見つかっている以上、すでに市中感染が広まっていて、無症状のウイルス保持者も相当数に上ると考えた方がいい。その証拠に、検査要件を緩和した途端、次々と新たな感染者が見つかっている。

 国立感染症研究所が2008年に作った感染拡大シミュレーションによれば、首都圏の鉄道に新型インフルエンザを発症した人が1人乗った場合、まったく対策を取らなければ、感染者数は10日間で12万人に拡大する可能性があるという。実際に国内の新型コロナ感染者が鉄道を利用していたことも分かっている。人口密集の都市部を中心に、感染者数が爆発的に増えるのは時間の問題だ。

 WHO(世界保健機関)のコンサルタントとして、フィリピンでSARS封じ込めチームを指揮した経験のある医師の高橋央氏も16日、日本テレビの番組でこう言っていた。

「SARSの経験から、すでに国内に数千人の感染者がいると思われる」

「SARSにない(無症状でも感染力を持つ)特徴を考えると、終息までに1~2年はかかる」

「平和の祭典であるオリンピックが感染の大舞台になるリスクがある」

 これだけ深刻な事態になっても、政府が発表した対策は「人混みを避け、不要不急の集まりを自粛」「37・5度以上の発熱が4日以上続いたら専用窓口に相談する」だから話にならない。個人にリスクを押し付けているだけではないか。こうも政府が無能無策では、やはり自分の身は自分で守るしかない。

 

死亡女性を担当した看護師の感染が確認された相模原中央病院の休診を知らせる張り紙(C)共同通信社
死亡女性を担当した看護師の感染が確認された相模原中央病院の休診を知らせる張り紙(C)共同通信社
拡大する

防護服でも感染の衝撃

 厚労省は17日、「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で事務業務に当たった50代の同省男性職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 感染した職員は11日から連絡調整などを担当。14日夜に発熱、16日夜に感染が確認された。乗客乗員との濃厚接触はなく、マスクの装着など感染防止策は取っていたという。同船では男性検疫官1人の感染も確認されている。短時間、船内で活動しただけで感染が相次ぐ状況は衝撃だ。

 17日は、80代の女性が新型コロナに感染して死亡した神奈川の病院でも、新たに40代の看護師1人の感染が判明している。感染症に対する知識を持ち、細心の注意を払っている医療従事者ですら、容易に感染する状況を考えると、新型コロナの感染力は想定よりもはるかに強いと考えざるを得ないだろう。そもそも、プロの検疫官が感染するのは、通常、考えられないことだ。~続きは日刊ゲンダイで

« 山本太郎全国ツアー、中止のお知らせ | トップページ |  〈未来のあなたを見たいです。あきらめないで下さい〉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本太郎全国ツアー、中止のお知らせ | トップページ |  〈未来のあなたを見たいです。あきらめないで下さい〉 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村