« 今日から神戸市議会 敬老・福祉パス存続訴え120人 | トップページ | 3月末までの全スケジュール »

2020年2月19日 (水)

あきらめないで、未来のあなたを見るために 阪神社会運動情報センターだより 2020・2 第2号 今日発送

阪神社会運動情報センターだより 20202 第2号

あきらめないで、未来のあなたを見るために

ウソを糊塗、無能政権、国こわす もはや幕末

  大人社会に嘘八百がまかりとおり、子どもや弱い者に矛盾や犠牲が集まる現代ニッポン。2月19日、朝日新聞朝刊が掲載した、昨年1月に虐待死された栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)の「自分あての手紙」に涙しない人はいない。

 三月の終業式の日、あなたは漢字もできて、理科や社会も完ペキだと思います。
五年生になってもそのままのあなたでいてください。
未来のあなたを見たいです。あきらめないで下さい。

 ひるがえって、今の国会は何だろう。
「(参加者を)募ってはいるが、募集はしてない。」~各界の功労のある人をねぎらう「桜を見る会」に、自分の後援者を募った段階でアウトだろう!
「個別の案件については回答に含まれない」というホテルに対し、安倍首相は「(ホテル側の)営業の秘密」と作り話。~これが公選法の饗応でなくて何なのだ!
 検察官の63歳定年を、お気に入りを検事総長(65歳定年)にするために、定年延長を閣議決定。~官邸忖度警察(伊藤詩織さんレイプ犯を逮捕せず)の上に、アベ友不起訴の検事総長が誕生。警察も検察もマスコミも一体の社会は独裁国家ではないのか。
 さらに政治の私物化・側近政治は、新型肺炎では、初期対応のまずさでクルーズ船は感染まみれ、市中の感染経路は判らない。後手後手の対策の結論は、「人込みを避けるように」。この陣頭指揮をしたのが税金で官邸補佐官とラブラブ旅行を重ねた厚労省審議官。まさに世も末。鯛は頭から腐り官僚はヒラメばかり。「王様は裸だ!」

 ロシア革命は長引く第一次世界大戦へのロマノフ王朝の無策の中で、パンと平和を求める人々の決起から始まった。ロマノフ王朝の中枢は皇子の病を治すという怪僧が仕切っていたが、それは今井や和泉といった官邸官僚や日本会議の面々か。
 権力に掉さす者は「国策捜査」で逮捕・投獄されるが、それは独裁政権の末期症状を示すだけで、どのような形態をとるかは違うが、独裁にたいし自由と平等と博愛を求める市民革命は、フランス(1867年)、ロシア(1917年)、キューバ(1959年)、韓国(2017年)、と途切れることはない。 

 懸命に生きようとする子どもの生命が、貧困と社会的圧力に包囲された親の手によって断たれる現代日本。最高権力者が平気でウソをつき、官僚の下品で怪しげな不正を追放できないニッポン。
 未来のあなたを見るために、社会の仕組み・政治を変える行動が必要だ。

 

« 今日から神戸市議会 敬老・福祉パス存続訴え120人 | トップページ | 3月末までの全スケジュール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日から神戸市議会 敬老・福祉パス存続訴え120人 | トップページ | 3月末までの全スケジュール »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村