« 注目したい日本共産党大会 | トップページ | 今年の重大課題 大阪市消滅構想を粉砕しよう~山下慶喜ブログより重引 »

2020年1月14日 (火)

大久保利通の玄孫、吉田茂の孫=麻生副総理は最悪~政治家の劣化が止まらない

1月14日「相変わらずの暴言、偏見にあきれる自民副総裁」

 何故、この人は、このような発言しかできないのだろうかと、常々考えさせられます。
 12日に、麻生太郎副総理兼財務相は、地元の福岡県直方市であった成人式来賓あいさつで「皆さんがた、もし今後、万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃ済まねえぞ。間違いなく。姓名がきちっと出て『20歳』と書かれる。それだけはぜひ頭に入れて、自分の行動にそれだけ責任が伴うということを、嫌でも世間から知らしめられることになる。それが二十歳(はたち)だ」と言及したとのことで、マスコミで報道されています。
 多分、本人は、批判されると「責任感を強く持て」と言いたかったと言い訳するのだろうが、例えることがあまりに不適切ではないのかと誰もが思うのではないでしょうか。
 「新成人」という門出を祝うのに、もつとふさわしい言葉があってしかるべきであるはずだし、このような言葉を発することしかできない人が、首相も経験した政治家となれば、若者の政治家への不信感は高まるばかりではないだろうか。
 落語家の立川談四楼は「『皆さんがた、もし今後、万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃすまねえぞ。間違いなく』って麻生太郎さん、それ新成人への祝福でも激励でもなく、恫喝ですから。何ですその『パクられる』という言い草は。そうか、あなたが率いる財務省の誰も『パクられて』ないから、安心して使ってるわけね」とツィートしており、それに対する「この発言に続きを加えるとしたら・・・『まあ、大きすぎる悪はパクられねぇけどな!(笑)』」とのリツィートもあります。
 さらに、翌13日には、同直方市と飯塚市で開いた国政報告会で「2千年の長きにわたって一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と述べ、政府が、昨年5月にアイヌ民族を「先住民族」と明記したアイヌ施策推進法を施行しており、政府方針と矛盾する発言をしています。
 総務相時代の2005年にも「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」と発言し、北海道ウタリ協会(当時)から抗議を受けたという経緯もあるだけに、過去の幾多の暴言・失言の繰り返しなど、反省や学ぶと言うことのできない政治家でもありながら、副総裁として頂く自民党という政党の体質が問われています。
 そして、このような政治家の連続当選をこれ以上許すのかどうかも問われています。

« 注目したい日本共産党大会 | トップページ | 今年の重大課題 大阪市消滅構想を粉砕しよう~山下慶喜ブログより重引 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 注目したい日本共産党大会 | トップページ | 今年の重大課題 大阪市消滅構想を粉砕しよう~山下慶喜ブログより重引 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村