« 10月第5回大逆事件サミット(神戸)への準備進む 明日2月1日は『百年の谺』上映会 | トップページ | 自己の支持者には「格安桜ツアー」を募っても、中国からの退避には8万円請求の安倍政権 »

2020年1月31日 (金)

安倍の「共産党!」「日教組!」ヤジと同じヘイト攻撃丸出しの京都市長選現職派

京都市長選・現職市長側の「共産党NO」広告はネトウヨ的発想丸出しの言論弾圧! 安倍首相も「共産党か!」のヤジ


京都市長選・現職市長側の「共産党NO」広告はネトウヨ的発想丸出しの言論弾圧! 安倍首相も「共産党か!」のヤジ の画像1
京都新聞26日付に掲載された「共産党NO」広告


 2月2日投開票の京都市長選。現職の門川大作氏(自民、公明、立憲、国民、社民、いずれも各府連が推薦)に、新人の福山和人氏(共産、れいわ新選組推薦)と村山祥栄氏(地域政党京都党)2名が挑む構図だが、そんななか、地元紙・京都新聞が26日に掲載した広告が波紋を広げている。

〈大切な京都に共産党の市長は「NO」〉

 こう大きく書かれた広告は、門川氏の選挙母体「未来の京都をつくる会」(市長選期間中に一定の政治活動ができる確認団体)が出稿したもの。

 上述のコピーの下にも、〈わたしたちの京都を共産党による独善的な市政に陥らせてはなりません〉などの記載があり、広告の下部に賛同者のような形で9名の顔写真と名前が並んでいる。さらに、いちおう別枠扱いらしいが、門川氏の顔写真と名前も、同広告の一部に見えるような形で掲載されている。

 ところが、そのなかで顔写真が掲載されていた画家で京都造形芸術大学教授の千住博氏が、自身の公式サイトで27日、〈許可なく無断で掲載された〉との声明を出したのだ。

〈1月27日(日曜日)付の京都新聞の選挙広告について。
千住博は京都造形芸術大学学長当時に候補者を応援してきた経緯から、今回も推薦者として名前を連ねてきておりました。ですが、千住はアーティストとして、意見の多様性や、議論の必要性を大切にしています。今回のような、ある特定の党を排他するようなネガティブキャンペーンには反対です。
まるで千住博がこの様な活動に同意しているような意見広告に、千住の許可なく無断で掲載されたことを大変遺憾に思います。〉(千住氏の公式サイトより)

門川氏の推薦者ではあることは事実だが、広告の内容については「未来の京都をつくる会」側から知らされていなかったということらしい。千住氏だけでなく、ほかに推薦人に名を連ねていた放送作家の小山薫堂氏、有馬頼底・臨済宗相国寺派管長、堀場製作所会長の堀場厚氏らも、広告内容について事前に知らされていなかったと明かしている。また、やはり推薦人に名を連ねている女優・夏木マリ氏の肩書きが「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問」となっていることについても、組織委が了承していなかったとして問題になっている。

 しかし、最大の問題は、千住氏も強く反対を表明しているように、この広告の中身だ。

 具体的に政策的な指摘や批判をせず、候補者の推薦が「共産党」だと言うだけで、〈共産党の市長は「NO」〉と中傷ビラめいたシロモノを大々的に打つ……。共産党の小池晃書記局長は27日の会見で「本当に卑劣な古典的な反共攻撃だ」と批判していたが、まさにその通りだろう。まるでレッドパージ、いや、社会主義者や共産党主義者とみなした者を次々取り締った戦前の言論弾圧さながらではないか。

「共産党」だけを押し出して、特定の候補を人格否定する。こうした劣悪な広告を放置しておけば、思想弾圧を肯定し、思想信条の自由が否定される社会につながりかねない。明らかにネガティブキャンペーンの限度を超えているだろう。

 それにしても、こうも躊躇なく「共産党」と言う言葉を人格否定に使うとは、どうかしているとしか思えない。というか、そのセンスは完全にネット右翼と同レベルだ。

 周知のように、ネトウヨたちはリベラル的な言論人やメディアに対して、しょっちゅう「さすが共産党」「共産党www」「アカ」などと言って悦に入っている。ようは、ネトウヨがリベラル派や政権批判にレッテル貼りをするときに使うお決まりの文句なのだ。

 現職市長の選挙母体団体が、こんな広告を当たり前のように新聞に載せるとは、まったく“政治の劣化”としか言いようがないだろう。

京都市長だけじゃない、立憲議員の追及質問に安倍首相が「共産党か」のヤジ!

 

 だが、この“政治の劣化”は何も京都市長選に限った話でもあるまい。むしろ、この日本の立法の府である国会ですら、ネトウヨレベルの発言が飛んでいるのだから。その第一人者が、安倍首相だ。

 昨年11月8日の参院予算委員会でのこと。立憲民主党の杉尾秀哉参院議員が、2016年の高市早苗総務相による「電波停止」発言について質問したのだが、その際、安倍首相は大臣席に座ったまま杉尾議員を指差し、こんなヤジを飛ばしたのだ。

共産党か!」

 つまり、閣僚による圧力問題を追及されるなかで、安倍首相はいきなり「共産党か!」なるヤジを飛ばしたのだ。当然、杉尾議員は「野次らないでください、なに野次ってるんですか、何が共産党なんだ」と反発。速記が止まるなか、安倍首相は腕を組んだまま椅子にふんぞり返り、野党側に指をさして何か口を動かしていたが、ようするに、ネトウヨ的な不規則発言をかますことで、追及に対する説明から逃げたのである。

 議論を放棄し、一方的にレッテル貼りをして勝ち誇る。まさにネトウヨそのものだが、他にも安倍首相は国会で追い詰められると、例の「日教組!」(2015年2月)など、言葉を失うような低レベルヤジを連発してきた。

 その意味で、今回の門川陣営による〈大切な京都に共産党の市長は「NO」〉の新聞広告も、まさしく安倍首相の醸し出す“ネトウヨ政治”にまる乗っかりした文脈で出てきたものとも言えるだろう。

 というか、府連が門川氏を推薦している立憲民主などのリベラル野党も、こんな下劣広告には党としてしっかり抗議するべきではないか。思想信条に対する弾圧の呼び水にもなりかねない、卑劣な政治の劣化・ネトウヨ化を放置してはならない。

« 10月第5回大逆事件サミット(神戸)への準備進む 明日2月1日は『百年の谺』上映会 | トップページ | 自己の支持者には「格安桜ツアー」を募っても、中国からの退避には8万円請求の安倍政権 »

コメント

こんな広告を出す非常識な候補者を推薦しておきながら「違和感を感じる。」とまるで他人事みたいな
コメントを出す立憲民主党ってなんなのでしょうか・・・・

国政では野党でも地方自治体では京都府、京都市でも兵庫県でも神戸市でも自公の補完勢力にすぎないし、
国政選挙はともかく県議選や市議選ではもう投票する気になりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月第5回大逆事件サミット(神戸)への準備進む 明日2月1日は『百年の谺』上映会 | トップページ | 自己の支持者には「格安桜ツアー」を募っても、中国からの退避には8万円請求の安倍政権 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村