« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

安倍の「共産党!」「日教組!」ヤジと同じヘイト攻撃丸出しの京都市長選現職派

京都市長選・現職市長側の「共産党NO」広告はネトウヨ的発想丸出しの言論弾圧! 安倍首相も「共産党か!」のヤジ


京都市長選・現職市長側の「共産党NO」広告はネトウヨ的発想丸出しの言論弾圧! 安倍首相も「共産党か!」のヤジ の画像1
京都新聞26日付に掲載された「共産党NO」広告


 2月2日投開票の京都市長選。現職の門川大作氏(自民、公明、立憲、国民、社民、いずれも各府連が推薦)に、新人の福山和人氏(共産、れいわ新選組推薦)と村山祥栄氏(地域政党京都党)2名が挑む構図だが、そんななか、地元紙・京都新聞が26日に掲載した広告が波紋を広げている。

〈大切な京都に共産党の市長は「NO」〉

 こう大きく書かれた広告は、門川氏の選挙母体「未来の京都をつくる会」(市長選期間中に一定の政治活動ができる確認団体)が出稿したもの。

 上述のコピーの下にも、〈わたしたちの京都を共産党による独善的な市政に陥らせてはなりません〉などの記載があり、広告の下部に賛同者のような形で9名の顔写真と名前が並んでいる。さらに、いちおう別枠扱いらしいが、門川氏の顔写真と名前も、同広告の一部に見えるような形で掲載されている。

 ところが、そのなかで顔写真が掲載されていた画家で京都造形芸術大学教授の千住博氏が、自身の公式サイトで27日、〈許可なく無断で掲載された〉との声明を出したのだ。

〈1月27日(日曜日)付の京都新聞の選挙広告について。
千住博は京都造形芸術大学学長当時に候補者を応援してきた経緯から、今回も推薦者として名前を連ねてきておりました。ですが、千住はアーティストとして、意見の多様性や、議論の必要性を大切にしています。今回のような、ある特定の党を排他するようなネガティブキャンペーンには反対です。
まるで千住博がこの様な活動に同意しているような意見広告に、千住の許可なく無断で掲載されたことを大変遺憾に思います。〉(千住氏の公式サイトより)

門川氏の推薦者ではあることは事実だが、広告の内容については「未来の京都をつくる会」側から知らされていなかったということらしい。千住氏だけでなく、ほかに推薦人に名を連ねていた放送作家の小山薫堂氏、有馬頼底・臨済宗相国寺派管長、堀場製作所会長の堀場厚氏らも、広告内容について事前に知らされていなかったと明かしている。また、やはり推薦人に名を連ねている女優・夏木マリ氏の肩書きが「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問」となっていることについても、組織委が了承していなかったとして問題になっている。

 しかし、最大の問題は、千住氏も強く反対を表明しているように、この広告の中身だ。

 具体的に政策的な指摘や批判をせず、候補者の推薦が「共産党」だと言うだけで、〈共産党の市長は「NO」〉と中傷ビラめいたシロモノを大々的に打つ……。共産党の小池晃書記局長は27日の会見で「本当に卑劣な古典的な反共攻撃だ」と批判していたが、まさにその通りだろう。まるでレッドパージ、いや、社会主義者や共産党主義者とみなした者を次々取り締った戦前の言論弾圧さながらではないか。

「共産党」だけを押し出して、特定の候補を人格否定する。こうした劣悪な広告を放置しておけば、思想弾圧を肯定し、思想信条の自由が否定される社会につながりかねない。明らかにネガティブキャンペーンの限度を超えているだろう。

 それにしても、こうも躊躇なく「共産党」と言う言葉を人格否定に使うとは、どうかしているとしか思えない。というか、そのセンスは完全にネット右翼と同レベルだ。

 周知のように、ネトウヨたちはリベラル的な言論人やメディアに対して、しょっちゅう「さすが共産党」「共産党www」「アカ」などと言って悦に入っている。ようは、ネトウヨがリベラル派や政権批判にレッテル貼りをするときに使うお決まりの文句なのだ。

 現職市長の選挙母体団体が、こんな広告を当たり前のように新聞に載せるとは、まったく“政治の劣化”としか言いようがないだろう。

京都市長だけじゃない、立憲議員の追及質問に安倍首相が「共産党か」のヤジ!

 

 だが、この“政治の劣化”は何も京都市長選に限った話でもあるまい。むしろ、この日本の立法の府である国会ですら、ネトウヨレベルの発言が飛んでいるのだから。その第一人者が、安倍首相だ。

 昨年11月8日の参院予算委員会でのこと。立憲民主党の杉尾秀哉参院議員が、2016年の高市早苗総務相による「電波停止」発言について質問したのだが、その際、安倍首相は大臣席に座ったまま杉尾議員を指差し、こんなヤジを飛ばしたのだ。

共産党か!」

 つまり、閣僚による圧力問題を追及されるなかで、安倍首相はいきなり「共産党か!」なるヤジを飛ばしたのだ。当然、杉尾議員は「野次らないでください、なに野次ってるんですか、何が共産党なんだ」と反発。速記が止まるなか、安倍首相は腕を組んだまま椅子にふんぞり返り、野党側に指をさして何か口を動かしていたが、ようするに、ネトウヨ的な不規則発言をかますことで、追及に対する説明から逃げたのである。

 議論を放棄し、一方的にレッテル貼りをして勝ち誇る。まさにネトウヨそのものだが、他にも安倍首相は国会で追い詰められると、例の「日教組!」(2015年2月)など、言葉を失うような低レベルヤジを連発してきた。

 その意味で、今回の門川陣営による〈大切な京都に共産党の市長は「NO」〉の新聞広告も、まさしく安倍首相の醸し出す“ネトウヨ政治”にまる乗っかりした文脈で出てきたものとも言えるだろう。

 というか、府連が門川氏を推薦している立憲民主などのリベラル野党も、こんな下劣広告には党としてしっかり抗議するべきではないか。思想信条に対する弾圧の呼び水にもなりかねない、卑劣な政治の劣化・ネトウヨ化を放置してはならない。

10月第5回大逆事件サミット(神戸)への準備進む 明日2月1日は『百年の谺』上映会

1・24幸徳秋水墓前祭 幸徳秋水と坂本清馬を偲んで

 高知から幸徳秋水の生地中村は高速道路などを使っても2時間余りかかる。四国西南端に位置し、高知とは少し言葉も違う別の文化圏の幡多(はた)郡の中心地。幡多郡には明治の自由民権運動や戦後の勤評闘争などの足跡が各地にあり、共産党の上田耕一郎(副委員長・故人)・不破哲三(元委員長)兄弟の父母の生誕地でもあり、先般は小沢一郎が秋水の墓参とともに、宿毛の林有造(明治自由党副総裁)・譲治(吉田内閣副総理)の墓参も行ったという。236時半ころ着き、幸徳秋水を顕彰する会の皆さんが歓迎会を行ってくれた。

 Photo_20200131072302 翌日は12時半からの墓前祭に先立ち、四万十川の佐田の沈下橋を観光の後、市役所図書館の大逆事件コーナー(坂本清馬蔵書など)を見るとともに、為松公園にある幸徳秋水の絶筆記念Photo_20200131072301 碑を訪れた。市役所2階フロア―の図書館の一角に大逆事件のコーナーがある。特に坂本清馬は大逆事件の刑に服し27年で釈放され、戦後中村に住み、1960年代に無罪を訴え再審裁判を起こす。これを後に東大総長になる大河内一男や事務局長を務めた坂本昭(衆議院議員、医師として60年安保闘争で樺美智子の遺体にも立ち会う)などが支え、明治の暗黒裁判のデッチアゲ性が広く社会的に知られるようになった。その坂本清馬の膨大な蔵書などが保存・展示されている。
 為松公園の絶句碑は、幸徳秋水が刑執行前に看守に託した漢詩で、これが生誕100年の1961年に建立された。詩の現代文訳は中国文学者の一海知義(神戸大名誉教授)で、解説は塩田庄兵衛(東京都立大名誉教授)。その時代の碩学が支援したことがわかる。
 Photo_20200131072201 午後からは、幸徳秋水と坂本清馬の墓前祭。毎年おこなわれる墓前祭はいつも冷たいが、今年は暖冬。またこの墓地を管理する隣接の正福寺にはこれまで住職がいなかったが今年から着任ということで、今後墓を見守ってくれるという。そんな中、全国各地からの80人余りが参加し穏やかに行われた。司会は田中全さん、追悼の辞は顕彰する会の宮本博行会長。秋水が日露戦争に反対した気骨のジャーナリスト・思想家であったことを讃えた。その後秋水の係累の人々、四万十市の副市長や教育委員会、第5回サミット実行委(神戸)の津野公男さんなどが代表献花し、その後「自由は土佐の山野から」の旗を持った自由民権記念会友の会などの参列者全員で献花した。また坂本清馬さんを晩年世話した養Img005_20200112010001 女の係累の方が初めて参加したことも報告された。
 午後からは近くの幡多文化センターで「坂本清馬を語る会」が尾﨑清さん(顕彰する会副会長)の1時間弱の話と質疑応答、清馬さんを知る人々の証言がなされた。
 こうして、刑死109年墓前祭を終え、21日には大逆事件の映画『百年の谺』が13時半から六甲の神戸学生青年センターで上映される。4月には東京から「大逆事件の真実を明らかにする会」の山泉進代表(明治大名誉教授)を迎え第5回サミットプレ集会が神戸で開催され、10月大逆事件サミットの成功に向け取り組みが本格化する。明治の天皇制と長州閥支配の時代に、日露戦争反対と自由と平等・博愛を求めながら「大逆罪」で死刑執行された幸徳秋水。刑死の前には「小さなことでくよくよしてはならない、百年後の人々のことを考えよう」とのメッセージを残している。百年後を生きる私たちこそ、自由と平等と博愛は満ちているのかと、大逆事件に向か合いあう必要がある。関心のある方の参加をもとめたい。



2020年1月30日 (木)

桜を見る会での招待増は、安倍が選挙民への饗応を募ったっため~しんぶん赤旗より

「桜」招待増は安倍政権の慣行

「幅広く募った」結果

宮本議員追及 「事実上の買収」

衆院予算委

 「長年の慣行ではなく、安倍政権7年の慣行だ」―。日本共産党の宮本徹議員は28日の衆院予算委員会で、「桜を見る会」の招待者数が膨れ上がったのは「長年の慣行」「招待基準が曖昧だった」からだと言い訳している安倍首相を批判。首相は同行事の趣旨を逸脱して後援会員をはじめとする参加者を「幅広く募った。募集という認識ではなかった」との支離滅裂な答弁に終始しました。宮本氏は、事実上の買収(公職選挙法違反)に当たると追及しました。(論戦ハイライト)(関連記事)


写真

(写真)質問する宮本徹議員=28日、衆院予算委

 宮本氏は、2019年の「桜を見る会」参加者は1万8200人と第2次安倍政権前の約2倍になり、「総理大臣等」による招待者は全体の半数以上で記録のある05年(小泉純一郎内閣)の3倍超になっていると指摘。安倍首相の地元事務所の参加申込書には、家族や知人・友人を誘う場合は用紙を「コピーしてご利用ください」と記してあり、「安倍首相の後援会員が紹介者になれば、知人・友人がどんどん参加できるようになっていた」と述べました。

 その上で、麻生太郎財務相に対し、「首相在任当時、地元事務所がこういう形で参加者を『幅広く募る』ことをしていたか」と質問。麻生氏は「ありません」と明言しました。

 宮本氏は、「幅広く募ったのは安倍政権になってからだ。『長年』ではなく、安倍政権7年の慣行だったということだ」と強調しました。

 さらに、各界で功績・功労のあった人を招くのが「桜を見る会」の趣旨なのに、安倍事務所の申込書にも、内閣府の招待者名簿にも「功績・功労」を書く欄がないと指摘。内閣府から招待状が発送されるのは3月なのに、安倍事務所から参加者への案内状は「2月吉日」付で出されていると告発し、「安倍事務所に申し込んだ時点で参加が確定している。首相は『最終的に内閣官房と内閣府がとりまとめている』と言うが、事実上ノーチェックだ」と批判しました。

 安倍首相は、「事務所の担当者によれば、推薦すれば招待されるだろうという安易な臆測の下、作業を進めた。(案内状は)不適切な表現で問題があった」と釈明。内閣官房の大西証史内閣審議官は、「功績・功労」の有無をチェックしなかったことを事実上、認めました。

 宮本氏は、「しんぶん赤旗」日曜版の取材に「招待されたのは、選挙活動に携わって頑張ったね、という功労だと思う」と話した参加者の事例を挙げ、「招かれた側は、事実上の買収だったとの認識の人もいる」と強調。「国の行事を私物化し、税金で地元の後援会員や有権者を接待したということであり、事実上、公選法違反の買収行為だ。総理大臣を続ける資格はない」と厳しく指摘しました。

2020年1月29日 (水)

化けの皮がはがれ始めた「復興五輪」と、福島の支持率30%の衝撃


“復興五輪”強調に怒り 福島県民「内閣支持率30%」の衝撃

公開日: 更新日:

 

 



 




福島第1原発を視察する安倍首相(2019年4月)/(代表撮影)
福島第1原発を視察する安倍首相(2019年4月)/(代表撮影)
拡大する

 桜疑惑が炎上し、低迷したままの内閣支持率。

 そんな中、福島県の地元メディアが行った世論調査の結果が、安倍政権に衝撃を与えている。今月25日、福島民報社と福島テレビが共同で「県民世論調査」を実施。700人から回答を得た。

 安倍内閣を「支持する」は、前回の昨年9月調査から11・1ポイントも下落し、30・3%。逆に「支持しない」は、13・6ポイント増え、53・9%になり、支持と不支持が大逆転したのだ。

 昨年の参院選で自公は東北6県の1人区を2勝4敗と大敗したが、福島は勝った。その福島での支持率急落に、ネット上では〈これが国民の正常な感覚だろう〉〈福島県民は冷静です〉〈復興五輪なんて何浮かれてんだと思ってるのが本音なんだろうな〉と話題になっている。

「力強く復興しつつある被災地の姿を見て、実感していただきたい。まさに復興五輪であります」――。安倍首相は20日の施政方針演説で、福島の復興を強調した。

「聖火が走り出すスタート地点は、福島のJヴィレッジ。かつて原発事故対応の拠点となった場所は、子供たちの笑顔であふれています」「浪江町では、世界最大級の再生エネルギーによる水素製造施設が、本格稼働。未来を拓く産業が今、福島から次々と生まれようとしています」

 しかし、当事者の福島県民は、“復興五輪”を強調する安倍首相にハッキリと「ノー」を突きつけた形だ。

 立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)が言う。

「福島県民は復興が進んでいないことを実感しています。東京五輪を優先にしたため、福島の復興が遅れた面もある。なのに、安倍首相は『復興五輪』と称して勝手に区切りをつけようとしている。欺瞞に満ちた施政方針演説への県民の怒りが支持率急落に表れたのだと思います」

「復興五輪」と叫べば、福島県民が喜ぶと思ったら大間違いだ。   日刊ゲンダイより

当面の行動 3月はいくつかの憲法集会

◇〇31日(日) 浪江消防団物語『無念』上映とトークの集い 945分 尼崎市中央北生涯学習プラザ(バス停「総合医療センター」西2分)

31日(日) 安田真理と学ぶ会「3月ジャーナリズムについて」 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) お話し:安田真理

3月1()  三里塚の今を語る 14時 エル大阪5階研修室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話:市東孝雄、大口昭彦

 

3月7日(土) 辺野古署名実行委拡大会議 18時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

Img015 37日(土) 9条と自衛隊の関係をどう語ったらいいのか 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:柳沢恭二(元内閣官房副長官補)、林吉永(元空将捕ほか

37日(土) 立憲カフェ尼崎 14時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

38()  さよなら原発関西アクション 13時 エルおおさか大ホール

 

39日(月) 尼崎地区労春闘学習会 18時半 リベル会議室(阪神「出屋敷」北1分)

3月9日(月)  みなせんと野党の協議 18時 新長勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

314日(土) 兵庫たたかう仲間の集会 13時半 兵庫県中央労働センター

314日(土) 芦屋憲法集会 14時 リード芦屋(阪神「芦屋」北3分) 講演:羽柴修弁護士

314日(土) 「表現の不自由展・その後」から考える 私たちの未来のリアルな日常 13時半兵庫県弁護士会館(「高速神戸」北東7分)

3月14日(土)  西神ニュータウン9条の会 宇宙の先生、平和を語る 13時半 西区民センター(神戸市営地下鉄「西神中央」南東4分)

316日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センターImg008_20200129100001

324日(火) 53憲法集会プレ集会 18時半 神戸市勤労会館大ホール神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:高作正博(関西大学教授)

3月25()  三里塚裁判 14時 東京高裁

325日(水)~331日(火) 宝塚保養キャンプ

329日(日) 連帯兵庫みなせん講演・討論会 神戸たちばな研修センター(「高速神戸)北5分」 講演:遠藤泰弘松山大学教授

329日(日) 三里塚現地闘争

 

2020年1月28日 (火)

杉田水脈のヤジを擁護する安倍首相

 




23日朝、自民党本部を出る杉田水脈衆院議員(中央)。ヤジに関する記者団からの問いには答えなかった=鬼原民幸撮影© 朝日新聞社 23日朝、自民党本部を出る杉田水脈衆院議員(中央)。ヤジに関する記者団からの問いには答えなかった=鬼原民幸撮影

 選択的夫婦別姓に関する国会質問の際に自民党議員から「それなら結婚しなくていい」というヤジが飛んだ問題で、安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で「国会対策委員会に対応をゆだねたい」と、具体的な言及を避けた。自民党はこの日も野党が求めた事実関係の確認に応じなかった。

 ヤジは22日の衆院代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が「速やかに選択的夫婦別姓を実現させるべきだ」と述べた際に飛んだ。野党は自民党の杉田水脈(みお)氏によるヤジだと指摘している。野党関係者によると、玉木氏の質問後、杉田氏は玉木氏に「玉木氏がひどいことをいうから(ヤジを飛ばした)」などと述べていたという。野党は、衆院議長に発言の特定と撤回を促すよう要請している。

 27日の予算委では、立憲民主党の大串博志氏がヤジについて「選択的夫婦別姓や多様性に関する政府の方針にも関わる。事実関係を確認してほしい。ヤジを述べたのは杉田氏ではないか」と問うた。

 これに首相は「調査する立場にない。一般論では、議事進行を妨げる不規則発言はお互いに慎まなければならない」などと述べるにとどめた。

岡林寅松・小松丑次の墓参りと幸徳秋水墓前祭 第5回大逆事件サミット(10月、神戸)の準備進む

 2020年10月17日に神戸で開催される第5回大逆事件サミットの準備の一環として、123日の岡林寅松・小松丑次の墓参り(高知市)と、124日の幸徳秋水墓前祭(109年忌・四万十市中村)に、サミット実行委(神戸)の8人が参加した。

 大逆事件サミットは、2012年に第1回が幸徳秋水の生地・中村で開かれて以降、隔年ごとにゆかりの地で開催され、2018年には第4回が大石誠之助らの生地・和歌山県新宮市で開催された。第5回は2020年に神戸となるが、それは高知出身で神戸の病院で働いていた岡林寅松と小松丑次が大逆事件の犠牲になった事に由来する。
 Photo_20200128012701 大逆事件は周知のとおり、明治の天皇制と長州閥政権の山県有朋~桂太郎が初期社会主義運動を撲滅するために、「天皇の暗殺を企てた」として幸徳秋水ら26人を逮捕し、1911124日に12人の死刑を執行した、近代日本の歴史でも特筆すべき一大権力犯罪に他ならない。
 このうちの無期懲役囚に神戸海民病院に勤務していた岡林寅松と小松丑次がいた。彼らはのちに1931年の特赦で釈放され神戸や高知などに住むが、その墓は高知市にある。この墓参が幸徳秋水を顕彰する会の田中全事務局長(前四万十市市長)らの案内で1月23日におこなわれた。
 小松と岡林の足跡については、自由民権運動の検証・顕彰が今日も続く高知においても(高知市立の自由民権記念館という施設がある)ほとんど知られていない。そのなかで二人の足跡をたどる研究が田中全さんらと神戸で進められてきた。小松は釈放後、神戸市庫区湊川町に住み、妻・ハルは養鶏などをして丑次の生活を支える多聞教会の信者であったことも知られはじめた。今回の墓参には多聞教会と関係のある飛田雄一さん(神戸学生青年センター理事長)や、会の世話人で事務局を束ねる津野公男さんら、8人が参加した。

 一行は23日昼過ぎ高知市について、田中全さんらの案内で墓参となった。その際、岡林・小松にはほとんど現在存命の親類・縁者はないと言われていたのだが、岡林寅松が世話になった妹の孫の方が同行・案内してくれた。墓の場所は高知城(大高坂山)の西方1キロの小高坂山の麓の新屋敷にある。事前に田中さんらの手で掃除もされていて、そこで墓参と記念写真撮影を行った。
 またこの小高坂山の周辺には、明治の自由民運動家・植木枝盛や、「間島パルチザンの歌」で知られる槇村浩の墓もあるので、併せて墓参を行った。

 Photo_20200128013701 ついで、ここから南方3キロほどの筆山(ひつざん)へ向かった。ここは土佐藩主山内家の墓地もある一大墓所で、「墓を作るな」と遺言した中江兆民の記念碑もある。その山の奥まった所に小松丑次の墓があるが、縁者もないようで、自由民権運動や大逆事件関係者が案内板を作り、時おり墓掃除をしているとか。この日も掃除装具を持っての墓参となった。

 同場所には、米騒動で焼き討ちされた神戸の鈴木商店の大番頭・金子直吉の墓もある。戦前高知の人たちは、岡林・小松も、金子や片岡直温(日本生命社長、大蔵大臣)らの経済人も険しい四国山脈を越えるのでなく、海路で神戸・大阪に向かったようだ。(つづく)

2020年1月27日 (月)

昨日は各種新年の集いが各地で開催

 1月も下旬になってきたが、左翼・リベラル戦線では、1月中下旬から2月中旬までは新年・新春の集いの時期。
 昨日は各種の集いがあったが、身近なところで、尼崎は武庫之荘北での小柳ひさし後援会演芸大会と、川西アステの北上あきひと新春の集126-koyanagi に参加した。どちらも期せずして第18回目という機縁。
 小柳ひさし後援会演芸大会は、小柳さんは既に尼崎市議を引退して7年になるが、その後も後援会は残り、今も新春演芸大会は午前10時から夕方4時まで80組が出演するという、文字通り高齢者を中心とした演芸大会。人生100年と言われている時代、特別養護老人ホームなどでは「100歳体操」などが健康保持のために行われているが、その前に日頃の趣味・特技をみんなに披露し、お互い元気を分かち合うというもの。それぞれ衣装もバッチリ決めての晴れ舞台が延々続く。
  126 午後からは川西アステホールでの北上あきひと新春の集い。県会議員になって初めての新春の集いだが、社民党関係では大阪府連の旗開きや、尼崎の綿瀬市議の新春の集いとも重なり結集が危惧されたが、そこは兵庫県議として新たな地平を切り開きつつある現状を反映して、首長、県議・市議・町議、衆議院議員・同候補や、地元の自治会関係者、労働組合は自治労・兵教組、私鉄総連から全港湾・連帯労組関生支部まで広く結集し、例年にも増して多彩な集まりとなった。
 司会は昨年の参議院選で43万票を獲得しながら惜しくも落選の安田真理さん。元々NHKのアナウンサーとあって堂々たるかつウイットにとんだ司会ぶりは大好評。冒頭いつもながらの真面目な堅苦しい挨拶ながら説得力ある挨拶。つづいて豪華なジャズバン126_20200127100901ドの演奏。馴染みの曲が続き会場もなごやむ。会食・懇談に一区切りのあと、来賓紹介は各界各層に及んだ。代表してあいさつは越田川西市長、中川宝塚市長、桜井衆議院議員、大野自治労県本部委員長と、北上さんへの期待を述べた。
 その後は歓談が続き、沖縄民謡のあと、2時間はあっという間に過ぎて、無事新春の集いは終了した。



 

山下けいきさんのブログをコピー

 午前中は人権講演会で当事者の井上鈴佳さんからLGBTについてお話がありました。人間の多様性を認めること。「みんな違っていてみんないい」と同様に性についてもひとそれぞれ。それぞれが自分にあった性を見つけ、社会もそれを認めていくことが社会進歩だと思っています。

 それにしてもカミングアウトして積極的に公演しているさんに拍手です。交換した名刺にもレズビアンと印刷がありました。















2020年1月26日 (日)

三里塚反対同盟旗開き(1月12日)~関実ブログより

三里塚反対同盟旗開き(1月12日)

20112_20200113095903

 昨日、成田市内で三里塚芝山連合空港反対同盟の「2020年 団結旗開き」が開かれた。反対同盟は、この日午前中に東峰部落で、新年恒例のデモや東峰神社でのしめ縄張りなどを行った上で、「旗開き」に臨んだ。

 20112
 旗開きは前半、木内さん、後半、宮本さんの司会で進められた。まず、最初に萩原富夫さんが一言決意を述べた上で「闘争宣言」を読み上げた。続いて市東孝雄さんが、裁判闘争を軸に決意を語られた上で、乾杯の音頭を。

Img_5897 20112_20200113095801

 ひと時の歓談と交流の時を置いて、来られたみなさんからの新年の挨拶が始まった。まず、動労千葉から新任の委員長、関道利さんが三里塚闘争にかける「労農同盟」の想いとJRとの闘いを語られた。 20112_2020011309580220112_20200113095901

 続いて関西生コン支部の西山直洋さんが獄中闘争などの経験を踏まえた弾圧に屈せず闘い抜く決意を語られた。今度は関西実行委員会を代表して安藤眞一さんが、3月1日の市東さん、大口弁護士を招いての「三里塚のいまを語る」集いをはじめとした今年の闘う決意を明らかにした。

 市東さんの農地取り上げに反対する会などをはじめ、支援党派など次々と挨拶と決意が明らかにされます。20112_20200113095902

 最後に反対同盟の伊藤信晴さんの音頭で、「団結ガンバロウ」をして、旗開きの宴を閉じました。(録音が周辺の音をひらい、ほとんど発言が聞き取れず、簡単な報告に終わりますことご了解ください。)

3週間のあいだに、かくも多き闘いの数々

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

毎週土曜日 14時半~15時半 辺野古新基地反対神戸市請願署名 125日から

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

126日(日) 小柳ひさし後援会演芸大会 10時 武庫地区会館(阪急「武庫之荘」北西20分)

126日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20)

126日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 浄土宗大林寺(阪急「清荒神」北15分)

126日(日) 関西合同労組春闘集会 13時 西宮・若竹文化会館(JR「西宮」北東5分)

126日(日) 北上哲仁新春の集い 12時半 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)

126日(日) 綿瀬和人新春の集い 尼崎中小企業会館(阪神「尼崎」北東4分)

1月26()   社民党大阪府連 新春の集い13時半 PLP会館(JR「天満」南6分) 

 

Img005_20200112010001127日(月) 関西電力不正マネーの起訴を求める大阪地検行動 13時 大阪地検前(JR「福島」東南7分)

127日(月) 放射線被害からの「避難の権利」を求めて 18時半 北区民センター(JR環状線「天満」西2分) お話し:森松明希子(福島避難者)

127日(月) 憲法懇談会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

128日(火)  「戦争法」違憲訴訟判決 15時 大阪地裁 14時半:傍聴券抽選

 1月28日(火) 市民の手例会 18時半 神戸・水岡事務所(「元町」北7分)

129日(水) 517いたみホール憲法フェスタ相談会 19時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1月30日(木) 高浜原発再稼働反対現地行動

1月31日(金) ガザとともに~人道危機に対し何が出来るか 18時半 ドーンセンター5F特別会議室(地下鉄「天満橋」東5分)

21日(土) 大逆事件映画『百年の谺』上映会  13時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

21日(土) 自衛隊中東派兵反対!緊急抗議行動 14時半 三宮マルイ前

21()  戦争法廃止いたみアクショントークイベント 14時 ことば蔵・地下ホール(阪急「伊丹」北東7分・JR「伊丹」北西7分) お話し:桜井周衆議院議員

2月1日(土) 大阪の教育を語り合おう~鈴木大裕さんとともに 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15)

22日(日) 伊丹市病院統廃合 市民への最終説明会 10時 いたみホール(阪急「伊丹」北3)

22日(日) 武庫川ユニオン春闘学習会 13時半 リベル(阪神「出屋敷」北1分)

22日(日) 神戸原発集会 第一部 毎日新聞・高橋記者に聞く 第二部 兵庫県下の脱原発グループの意見交換会  13時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

22日(日) 高橋あこ議会報告会 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15)

22日(日) 立憲尼崎街頭宣伝 16時 JR「尼崎」駅北

2月2日(日) 社民党兵庫県連旗開き 12時 神戸市内

Img002_20200112005901 22日(日) 平和まつりin灘 雨宮処凛Vs川元志穂 14時 シマブン・ホール(シマブンビル4階 阪神「岩屋」南すぐ、JR「灘」駅南3分)

 

25() 再開あこカフェ 10時 高橋あこ事務所 (阪急「新伊丹」西15)

25()  阪神社会運動情報センター情勢研究会 18時半 阪神センター

28() 高橋あこ議会報告会 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15)

28() 市民デモHYOGO運営委員会 10時 神戸市生活創造センター(JR「新長田」南8分)

28() 大島淡紅子市政報告会 「おーちゃんの市政レポート&交流会」 10時 宝塚・花王園(阪急「山本」北西線路沿い3分)

28()  遡り日本近代史講座 11時 宝塚売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分)

28日(土) 菱山南帆子講演会 13時 小田南生涯学習プラザ(旧小田地区会館JR「尼崎」南8分)

2月8日(土)  日本の食と農が危ない! 売り渡される食の安全 14時 大阪府社会福祉会館 講演:山田正彦(元農水大臣)

  Img002_20191219104401 28日(土) 森友事件真相トーク 籠池泰典・諄子夫妻&佐藤弁護士 13時半 神戸・農業会館(JR・阪神「元町」南7分)
集会後、モリカケ、桜、カジノ疑惑を許さない緊急デモ 16時半 市民デモHYOGOも合流

2月8日(土) あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 守口市西部コミュニティセンター(地下鉄「太子橋今市」南5分)

2月8()  「れいわ現象」左派ポピュリズムの登場? 13時半 高槻市生涯学習センター(阪急「高槻市」西南7)  講演:伊藤公雄(京大名誉教授) 中村克己(イタリア政治思想史)

2月9()  あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 こうべまちづくり会館(JR・阪神「元町」西南7分、阪急「花隈」南3分)) 

 

2月10日(月)  辺野古署名実行委 18時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

2月11日(火・休) 建国記念日反対闘争大阪 13時 大淀コミュニティセンター(阪急・地下鉄「天六」西7) 講演:高島伸欣

 ◇211日(火・休) 北上あきひと県政報告会 里山の可能性 14時 アステホール 講演:服部保(兵庫県立大名誉教授) 報告:川西自然教室・さつきやま森の学び舎

212日(水) 517いたみホール憲法フェスタ第1回実行委員会 19時 いたみホール会議室(阪急「伊丹」北3分)Img011

2月12日(水)  自由法曹団兵庫支部2月例会「表現の不自由展と表現の自由」 18時半婦人会館(「高速神戸」北3分)つばき 中谷雄二弁護士(名古屋共同法律事務所)講演 申込先:神戸合同法律事務所 ☎078-371-0171(松山)

2月13日(木) 旧優生保護法による強制不妊・中絶手術国賠訴訟第6回期日 15時開廷、神戸地裁(湊川神社の東側) 傍聴抽選整理券配布は開廷1時間前頃。連絡先:優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会

213日(木) みなせん世話人会

215日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15) 

215日(土) 一致バラばらの会・教育市民交流会 「校則って何のため」 13時 ぷらざこむ1(阪急「売布神社」東南5分)

2月15日(土) 徳田康之(ハンセン病家族訴訟弁護団共同代表)講演会「ハンセン病問題と私たちの責任」14時 兵庫保険医協会(JR「元町」駅東口を南へ7分神戸フコク生命海岸通ビル5階)会議室 

2月15日(土)  安倍改憲NO!市民アクション東灘学習会 14時 東灘区民センター(JR「住吉」東南すぐ) 講演:坪井兵輔(阪南大准教授)

215日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 総会&講演会 13時半 宝塚中央公民館(宝塚市役所西となり、阪急「逆瀬川」からバスで6分、歩いて12分)

Img007215日(土) 谷正光市政報告・意見交換会 1710分~1840分 アステ市民プラザ・ルーム1(阪急「川西能勢口」南1分)

215日(土) 猪名川クリーン作戦 940分~11時半 猪名川公園北側 猪名川公園河川敷

2月16日(日) 立憲民主党大会

2月16日(日) おおつる求伊丹市議 議会報告&意見交換会 10時 稲野センター(阪急「稲野」西南5分) 15時 いたみホール・大和室(阪急「伊丹」北3分)

216日(日) 植村邦彦講演会「資本主義野終わりをどう生きるか」 14時 PLP会館(JR「天
満」南7分)

2020年1月25日 (土)

極右界のアイドル(?)、兵庫から安倍のひざ元・山口に逃亡した杉田水脈だけは許さない!


杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

公開日: 更新日:

 



 




極右界のアイドル気分(C)日刊ゲンダイ
極右界のアイドル気分(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 選択的夫婦別姓導入を訴えた野党の衆院代表質問に、自民党杉田水脈議員が「だったら結婚しなくていい」とヤジを飛ばした問題が炎上している。立憲民主、国民民主、共産の野党3党の有志議員は24日、大島理森衆院議長に発言者の特定を求める申し入れ書を衆院に提出。「選択的夫婦別姓の制度がないために苦しむ人の心を傷つけ、憲法が保障する結婚の自由を否定する暴言だ」とし、謝罪と撤回を促すよう要求した。

「一昨年の〈LGBTは“生産性”がない〉との主張で猛バッシングにさらされて以降、杉田さんはイメージ回復に躍起だった。所属する首相派閥・細田派の先輩議員の稲田朋美さんとネット番組の企画で新宿2丁目を訪れ、当事者に涙ながらに〈本当にごめんなさいね〉と謝罪したり、稲田さんが共同代表を務める女性議連にも参加して未婚ひとり親支援にも熱心だった」(与党関係者)

 猫かぶりしたところで、多様性を否定して差別を肯定する極右思想は隠し切れないのだろう。当の本人はどうしているかといえば、トンズラだ。杉田氏のツイッターによると、きのうは航空自衛隊防府南基地(山口県防府市)で行われた第14期一般空曹候補生過程卒業式に出席。日の丸をバックに祝辞を伝え、卒業生との祝賀会食にも参加したそうで、こうツイートしている。

〈最後は、皆様の今後の活躍と自衛隊の憲法明記を祈念し万歳三唱。参列者全員で拍手でお見送りしました〉

 衆院本会議に出席し、党本部などに姿を見せていたおとといは、スマホを耳にピタリと押し当てて報道陣の問いかけをガン無視。“エア電話”と揶揄される始末だ。問題のヤジとは無関係ならスパッと否定すればいい。そうでないのなら、国民の代表たる国会議員だ。国民が知りたがっている発言の真意を説明する責任がある。報道対応するつもりはあるのか。

「特に今のところ、予定はないです。党からの連絡? 本人でないとわからないと思います。本人は地元の山口に戻っています。戻り? 月曜か火曜か……」(杉田水脈事務所)

 野党時代の杉田氏は兵庫6区を地盤としていたが、安倍首相の推しで17年衆院選に比例代表(中国ブロック)で立ったことで山口県連入り。首相のお膝元でヌクヌクとは見上げたものだ。いっそのこと居ついたらどうか。 ~日刊ゲンダイより

2020年1月24日 (金)

同じ党内の同一選挙区候補の10倍の政治資金を安倍官邸が支給 河井案里は間もなくアウト


案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

公開日: 更新日:

 



 




「いただきました」(C)日刊ゲンダイ
「いただきました」(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 安倍首相の「私物化」や「身内びいき」が、ここにも表れている。

 昨年7月の参院選で、ウグイス嬢に法定上限の倍額の報酬を支払った公選法違反容疑で広島地検が捜査している河井案里参院議員と河井克行前法相の夫婦の問題で、新たな事実が判明した。

■夫婦一帯で選挙違反の傍証か

 選挙直前、河井夫妻それぞれの政党支部に自民党本部から7500万円ずつ振り込まれていたのだ。わずか3カ月で計1億5000万円。同じ広島選挙区で立候補していた自民党の溝手前参院議員への支給は1500万円というから、ケタ違いの巨額な選挙資金で優遇されていた。

 案里議員は23日、1億5000万円もらったことを認め、「違法ではありません」と居直ったが、自民党内からも「聞いたことがない異常な額だ」と驚く声が上がっている。

 「河井夫妻『買収』原資は安倍マネー1億5千万円だった」と報じた週刊文春によると、自民党関係者が「肩入れは安倍首相の意向があってこそ」「首相の後ろ盾は絶大で、案里氏は党本部からの『安倍マネー』を存分に使うことができた」などと証言。カネの面だけではなく、少なくとも4人の安倍事務所秘書が広島に入って案里議員の選挙を手伝うなど、案里議員の選挙は安倍首相丸抱えだったという。

■不正を奨励するような異常な金額

 それにしても、1億5000万円ものカネは何に使ったのか。ウグイス嬢の買収だけでは、とても使い切れそうにない。

 政治資金に詳しい神戸学院大教授の上脇博之氏が言う。 

「選挙運動で使える金額は公選法で上限が定められていますが、1億5000万円は法定選挙費用を大幅に上回る。公示前の政党活動費は含まれないとはいえ、党側が法定選挙費用を上回る資金を振り込んだのは、裏ガネ、買収などなんでもアリの不正選挙を奨励しているようなものです。また、夫の政党支部に7500万円が振り込まれたことにも注目しています。この時期、同じように巨額資金が振り込まれた衆院議員は他にいるのでしょうか。夫婦一体の選挙で、克行氏が不正に関与した傍証になると考えられる。たしかに、党本部から支部への資金交付に上限はないが、政党交付金の原資は税金です。それが特定の候補者に集中して投入され、違法選挙に使われたのなら、自民党の安倍総裁にも説明責任がある。桜を見る会と同様に、政治や選挙の私物化は目に余ります」   続きは日刊ゲンダイで

2020年1月23日 (木)

復活・田崎史郎が「桜を見る会」名簿問題で官邸丸乗りの“民主党ガー”詐術! 羽鳥慎一にまで「出た!民主党」とツッコまれ…

復活・田崎史郎が「桜を見る会」名簿問題で官邸丸乗りの“民主党ガー”詐術! 羽鳥慎一にまで「出た!民主党」とツッコまれ…


復活・田崎史郎が「桜を見る会」名簿問題で官邸丸乗りの民主党ガー詐術! 羽鳥慎一にまで「出た!民主党」とツッコまれ…の画像1
『羽鳥慎一モーニングショー』に出演する田崎氏


「夢を夢のままで終わらせてはならない。新しい時代の日本を創るため、きょうここから、みなさん、ともにスタートを切ろうではありませんか」──。本日、通常国会が召集され安倍首相が施政方針演説をおこなったが、その内容は東京五輪を全面に散りばめて「世界中の人々に夢や感動を与える」だの「夢や希望を持って飛び込んでいくことができる新しい時代」だの、やたら「夢」を連発。その一方、「桜を見る会」問題やカジノ汚職といった夢ではなく安倍政権に現に降り掛かっている問題には一切ふれなかった。

 しかも、美辞麗句を並べた演説の裏で、安倍官邸は「桜を見る会」招待者名簿をめぐる違法管理問題について、またも役人に責任を押し付けて逃げ切ろうという醜態を晒している。

 先週17日、内閣府は2011〜17年分の招待者名簿を行政文書ファイル管理簿や廃棄簿に記載していなかった公文書管理法違反の問題で、当時、内閣府大臣官房人事課長だった5人を「厳重注意処分」にすると発表。同時に、国会に提出された政治推薦分を除く各省庁からの推薦者名簿の一部を「白塗り」にして改ざんした問題についても、「極めて不適切」という理由で現在の吉岡秀弥・人事課長を「厳重注意処分」とした。これら6人は今夏の賞与が減額されるという。

 管理簿や廃棄簿に記載なしという違法行為はもちろん、国会提出の公文書を改ざんするという問題は、役人を「厳重注意」して終わるような話ではない。そもそも、民主党政権時の2011年と12年は東日本大震災北朝鮮ミサイル発射予告を理由に「桜を見る会」を開催しておらず、一方、民主党政権時で唯一開催された2010年は管理簿にも廃棄簿にも記載されていた。ようするに、「桜を見る会」が開催されながら違法な招待者名簿の管理をおこなったのは安倍政権時からなのだが、それを隠して民主党政権からの問題だと主張するために、2011年からの人事課長5人に処分を下したのだ。

 まったく姑息と言うほかないが、しかも、これが安倍官邸による作戦であることが、きょうはっきりとした。というのも、「安倍首相の代弁者」たる田崎史郎氏が本日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に出演、さっそく「民主党政権ガー」とはじめたからだ。

田崎氏といえば、詳しくは後述するが「桜を見る会」問題でのワイドショー出演を昨年12月から見合わせていたのだが、ここにきて復活。そしてそれはあまりに見苦しいものだった。
 
 まず、番組では、歴代の人事課長5人が厳重注意処分を受けたことを司会の羽鳥が紹介すると、「かわいそうですね」と感想を漏らした。誰もが官僚が勝手に違法行為をおこなったのではなく、もっと上からの指示があったからに違いないと考えているからこそ、羽鳥はこんな感想をつぶやいたわけだが、これに田崎氏がすばやく反応し、こう反論した。

「いや、そりゃしようがないですよ。かわいそうじゃないですよ、これは。厳正な処分で」
「これね、人事課レベル、人事課長レベルでやってたんですよ。これは2011年からはじまっているんですね」
「公文書管理法に違反することですから、これ、当然やっていなきゃいけないんです。で、2011年からなんですよ。つまり、民主党政権から(記載がなかった)」

 さっそく飛び出した「民主党政権から」という文言に、羽鳥は「出た。『民主党もやってたじゃないか』という」とツッコんだのだが、対する田崎氏はまったく意に介さず「うん。これね、あのー、管理簿には記載しなかったこと、そのものが問題なんです」とつづけたのだった。

「いつも安倍政権に問題が起こると民主党政権もって言い出すよね」とツッコまれたのに、その返答が「うん」って……。もちろん、スタジオでは、先にも説明したように2011・12年は「桜を見る会」自体が中止となっているとツッコミが入ったが、田崎氏は「2011年になって、時の人事課長が名簿をつくったのに、記載しなかったんです。その責任は問われるんですよ。つくったことの記載しない責任」などと強調。菅義偉官房長官も「(2011・12年の名簿は)その時点での完成版があった」などと詭弁を弄しているが、田崎氏の主張はそれとまったく一緒だ。

元財務官僚の山口真由に助け求めるも「名簿は絶対ある」「国民はバカにされている」と返され

 

 しかも、田崎氏はコメンテーターで元財務官僚の山口真由氏にも、こう呼びかけはじめた。

「山口さん、よくご存知だと思いんですけど、官僚は前の年をそのまま踏襲するんですよ。そうすると2011年に最初に記載しなかったところを見て、2012年以降もずーっと踏襲して」

 田崎氏のこの主張は無理があるだろう。繰り返すが、2011・12年は会が中止になっているのだから、普通、踏襲するのは会が開催された2010年のはずだ。玉川徹氏も、田崎氏にこう反論した。

「たしかに官僚は前例踏襲するものですよ。これはもう本能みたいなもの。だけどそれ以上に、法律を犯さないということにかんしても彼らは徹底していますからね。そうすると、あえて法律違反とわかりながら前例踏襲が優先されたというふうなことも僕は不自然だと思います」
「これ、違反なんだから、違反したんだったら違反の動機があるはずで、その動機をきっちり訊かなきゃいけない」

 さらに、「よくご存知」と田崎氏に名指しされた山口氏は、「霞が関のなかでは法律よりも守るべき組織内のルールみたいなのが大きくなってしまうという部分はよくあるところ」と玉川氏の発言に意見しながらも、「私は玉川さんの仰るとおりだと思う」と言い、さらに根本にある問題をぶつけた。

「(招待者)名簿が出てこないというのは、私たちあまりにもバカにされていますよ。絶対あるはずのものを『ありません』と言うのは、これ、もっと怒っていいと思うんですよね」

 官僚組織について「よくご存知」と田崎氏も太鼓判を押す山口氏から飛び出した、「招待者名簿は絶対にある」「国民はあまりにバカにされている」というコメント。これには玉川氏も「『捨てちゃいました、再現できません』ということ自体がありえない」と同調したが、なぜか田崎氏はムキになり、「『捨てちゃいました』はもちろんアレなんだけれど、その前にね、つくったということを記載していないわけ。それがまずはじめなんですよ」と必死になって話題を名簿管理問題に戻そうとし、「(違法行為のはじまりは)2011年のとき民主党政権ですよね」と躍起になったのだ。

続きはリテラで

2020年1月22日 (水)

1・19市民デモHYOGO新年交流会、70人の参加で活発な討論

 1月19日午後、こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGOは、恒例になった新年交流会を70人の参加で開催。小橋かおるさん(さよなら原発神戸アクション)の司会で開 Img_0178 会。中村伸夫事務局長の経過報告、羽柴修弁護士・松本誠みなせん代表・高橋秀典神戸市議の挨拶をうけ昨年の運動の成果と今年の課題を確認した。
 その後、憲法、沖縄、原発、反貧困と15人~20人に分かれて分科会を開催。これまで全員自己紹介・発言を行って来たが参加者がどんどん増えてきたため、全員の発言は分科会でしかできない面もあり、各分科会では活発な討論が行われた。Img_0183
 休憩ののち、各分科会の報告と、後半メインは「新しい市民運動の展望」と題する提起と討論。提起では安保法制に反対する市民のつどいの畑中さんから「韓国参与連帯を目指して」、生協運動を担ってきた寺嶋さんから「生活に係わる課題」の補足提起があり、その後討論となった。そこでは政党から自立した市民運動のプラットホームの建設の必要性が論議された。
 ついで立憲民主党の衆議院選予定候補など5人から、憲法改悪や自衛隊中東派遣に反対する決意などが表明された。
 最後に代表の西信夫さんから、市民デモHYOGOが兵庫の市民運動でますます重要な位置を占めつつあることと、6月神戸市議会での辺野古決議採択に向けて署名運動などの課題を提起し、3時間半の討論・交流を終えた。

  その後、JR元町駅東口に場所Img_0200を映し、自衛隊の中東派兵の反対するスタンディング・ビラまき・マイクアピールをを行い、道行く市民に安倍政権の退陣を訴えた。

 

 

桜を見る会、「首相枠等」8894人

首相等枠 過半数

「桜」疑惑 野党が追及

内閣府が内訳 飲食契約文書も

写真

(写真)「桜を見る会」追及本部のヒアリング=21日、国会内

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に関し内閣府は21日、2014~19年の6年分の同会招待者数を記した内訳表の資料を初めて国会に明らかにしました。私物化疑惑が浮上した19年の招待者数は1万5420人で、うち「総理大臣等」による招待は8894人と半数以上となっていました。

 この資料は野党議員がこの間の国会質問などで求めてきたもので、今回参院予算委員会の与野党筆頭理事に示されたものです。

 各界功績者を「総理大臣等」と「各省庁」に分類した15年以降、「総理大臣等」の招待による各界功績者は毎年、招待者全体の半分以上となり、19年の「総理大臣等」の招待8894人は、過去の資料で明らかになっている05年の小泉内閣時の「総理大臣・官房長官等推薦者」2744人の3倍以上に膨れあがっています。ただ、安倍内閣時の「総理大臣等」の中の細かい分類については示されていません。

 また内閣府は同日、11~13年の桜を見る会の飲食物提供業務などの契約に関する関連文書が見つかったとして、これをもとに作成した支出額・参加者数の推移も提示しました。

 菅義偉官房長官が、文書が保存されているかについて調査しないとしてきたことについて、さらなる文書が残っている可能性があり、野党は21日の桜を見る会「追及本部」ヒアリングで、政府による徹底した調査を求めました。

 一方、カジノをめぐる収賄容疑で元内閣府副大臣の秋元司衆院議員(自民党を離党)が再逮捕された問題では、カジノ汚職事件の真相究明が求められているとともに、カジノの制度そのものが問われています。カジノ問題追及本部のヒアリングでは、カジノ利権による汚職事件が起きても、カジノ制度を推進する政府の姿勢が浮き彫りになりました。

 野党はいずれの問題でも、ヒアリングを引き続き行うことを計画。安倍政権を徹底して追及する構えです。

写真

(写真)内閣府が参院予算委員会の与野党筆頭理事に示した「桜を見る会」の関連文書

 

2020年1月21日 (火)

河井夫妻はアウトだ、2020年は政変の年

 通常国会が始まった。珍しく今朝のテレビで8チャンネル(小倉智明)番組で安倍の所信表明演説を取り上げていた。場組全体と多くのコメンテーターが「言っていないこと(桜、IR、2閣僚辞任)の方に問題がある」「言っている事(1億総活躍、外交)でも突っ込みどころ一杯」とコメントしていた。特に小倉は珍しく「聖火リレーがJヴィレッジから出発するのはいいとしても、その北にはまだ手付かずの福島原発があることを考えないと」と辛口批評。そして柿崎明二は「今年は何があるか(政変?)判らない」とも。さらにこのコーナーの進行役・サブキャスターが桜に招待されていたカズレーザーというのも、民心がすでに安倍から離れている事の象徴ではないかと思う。
 所信表明への批判はきっちり展開するが、その前に公選法違反の2閣僚・1議員は「国会議員不逮捕特権」を行使し、説明責任からも逃げ回るのだろうけれども、公選法違反が確定すれば議員辞職は不可避だ。爆弾を抱えた安倍政権。IRも上層部まで波及するだろう。
 そして野党は「敵失」を追及するだけでなく、政権交代とその後の政権の展望を示す必要がある。
 市民運動・社会運動も、憲法改悪、沖縄、原発、反貧困を課題に闘いながらも、私たちのめざす社会を示していく。
 2020年こそ、民衆決起で安倍を倒す市民革命を起こす年としたい。


あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

公開日: 更新日:

 

 



 




取材に応じる自民党の河井案里参院議員(C)共同通信社
取材に応じる自民党の河井案里参院議員(C)共同通信社
拡大する

 昨年7月の参院選で、自民党河井克行前法相の妻、案里参院議員の陣営が違法な報酬をウグイス嬢に支払っていた買収事件。50代の男性公設秘書やウグイス嬢は違法報酬を認める供述をしているという。立件へのカウントダウンに官邸は慌てふためいている。

  ◇  ◇  ◇

 広島地検は捜査を本格化させている。公選法違反(買収)容疑で、これまでに少なくとも8カ所を家宅捜索し、20人以上から任意で話を聞いている。15日には河井夫妻の地元事務所や男性秘書の自宅を家宅捜索した。

 19日の朝日新聞によると、地検の任意聴取に対し男性秘書は違法性を認識しつつ、13人のウグイス嬢に法定上限の倍額の日当を支払ったと供述。ウグイス嬢も全員、違法報酬の受領を認めたという。男性秘書は克行氏の元秘書で、参院選では案里陣営でウグイス嬢の人繰りなどを担当。選挙後、案里氏の秘書になった。

 

「違法報酬を支払った側と受け取った側双方が事実関係を認めるのは決定的です。ここまで本格的に捜査をして、国会議員は無罪放免というわけにはいかないでしょう。広島地検は立件するはずです」(司法担当記者)

 どうやら河井夫妻が無傷で済むのは難しいらしいが、官邸周辺からは“落としどころ”が聞こえてくる。

「案里氏本人はもちろん、会計責任者らの有罪が確定すれば、案里氏の当選は無効になり、最短で4月に補選が行われる。官邸は4月の補選は回避したい。また、逮捕はイメージが悪いので、書類送検や在宅起訴にしてほしい。加えて、夫婦そろって立件されるのは阻止したい意向です」(霞が関関係者)

「官邸の意向」に忖度せず ニュー検察の本気度

 はたしてこの先、捜査はどう進むのか。今回、“官邸の意向”は通用しない可能性がある。検察の体制が刷新されるからだ。

 検察ナンバー2である黒川弘務東京高検検事長は、菅官房長官の覚えめでたく、「官邸の守護神」と呼ばれた。その黒川検事長が2月に定年を迎え、後任には、林真琴名古屋高検検事長が就く予定だからだ。林検事長は、過去に官邸からひどい仕打ちを受けた経験がある。

 2016年、林氏は、法務事務次官への就任が有力視されていたが、菅長官が拒否し、ライバルの黒川氏が次官に抜擢されたとみられている。

河井克行も菅官房長官に近い人物。過去の経緯を考えれば、林さんに思うところがあってもおかしくありません。少なくとも、河井夫妻の買収事件について、検察が官邸に忖度するのは考えにくい」(法務省関係者)

 官邸の意向に反して、“ダブル立件”がみられるかもしれない。 

2020年1月20日 (月)

通常国会へ、安倍政権追及の運動を強めよう

力合わせ政治変えよう

国会前 今年最初の「19日行動」

写真

(写真)「安倍9条改憲許すな」「安倍政権退陣」とコールする人たち=19日、衆院第2議員会館前

 総がかり行動実行委員会は19日、今年最初の「19日行動」に取り組みました。衆院第2議員会館前を中心に1700人(主催者発表)が参加。安倍政権が閣議決定で自衛隊の中東沖派遣を強行したことなどに怒り、「戦争反対」「市民と野党の共闘前進」と声をあげました。

 主催者あいさつした藤本泰成さん(戦争をさせない1000人委員会)は、閣議決定のみで自衛隊を中東沖へ派遣したことに抗議。「桜を見る会」疑惑をはじめ「安倍政権は立憲主義をないがしろにしている」と指摘し、今年こそ安倍政権を倒すために力を尽くそうと呼びかけました。

 さまざまな立場の市民がスピーチ。沖縄県宮古島市から参加した清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)は、宮古島や石垣島で強引に建設・配備がねらわれている陸上自衛隊のミサイル基地・弾薬庫工事について告発し、「戦争の足音を感じています。安倍政権を止めないといけません。力をあわせて頑張りましょう」と述べました。

 日本共産党の吉良よし子参院議員と立憲民主党の岸真紀子参院議員があいさつ。吉良氏は、米国に求められるまま中東海域へ自衛隊を派遣した安倍政権を批判。通常国会でも野党は結束して安倍政権を徹底追及していくとのべ、「ご一緒に新しい政治をつくりましょう」と訴えました。

今日から通常国会、安倍政権の一日も早い退陣へ かつてない規模の3月14日までの市民の行動紹介

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

毎週土曜日 14時半~15時半 辺野古新基地反対神戸市請願署名 125日から

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

120日(月)  通常国会開幕

120日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5)

121日(火) みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

122日(水) 阪神社会運動情報センター情勢研究会 18時半 阪神センター

122日(水) 27菱山南帆子トークイベント実行委 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

1月23日(木) 第5回大逆事件サミット墓参 植木枝盛記念祭 岡林寅松・小松丑墓参 高知

1月24日(金) 幸徳秋水刑死109年忌 墓前祭 12時半 四万十市中村  講演会 14

125日(土) 中川ともこと歩む会総会 13時半 宝塚市立中央公民館(宝塚市役所西向い、
         阪急「逆瀬川」東へ12分)

125()  高橋あこ市政報告会 10時 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)

1月25日(土)  梅田解放区デモ 17時半 豊崎西公園 1750分デモ出発 HEP5へ

◇〇125日(土) 狭山北東5分)再審北摂キャラバン 10時 JR・阪急宝塚歩道橋上 12時 川西能勢口 14時 阪急伊丹  16時 阪急豊中  18時半 「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」上映会 茨木WITH YOU

Img004 125日(土) 2020社会主義ゼミナール IN 近畿  18時半 ドーンセンター視聴覚室(地下鉄「天満橋南東7分」) 報告:斎藤幸平大阪市立大准教授

126日(日) 小柳ひさし後援会演芸大会 10時 武庫地区会館(阪急「武庫之荘」北西20分)

126日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20)

126日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 浄土宗大林寺(阪急「清荒神」北15分)

126日(日) 関西合同労組春闘集会 13時 西宮・若竹文化会館(JR「西宮」北東5分)

126日(日) 北上哲仁新春の集い 12時半 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)

126日(日) 綿瀬和人新春の集い 尼崎中小企業会館(阪神「尼崎」北東4分)

1月26()   社民党大阪府連 新春の集い13時半 PLP会館(JR「天満」南6分) 

 

127日(月) 関西電力不正マネーの起訴を求める大阪地検行動 13時 大阪地検前(JR「福島」東南7分)

127日(月) 放射線被害からの「避難の権利」を求めて 18時半 北区民センター(JR環状線「天満」西2分) お話し:森松明希子(福島避難者)

127日(月) 憲法懇談会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

128日(火)  「戦争法」違憲訴訟判決 15時 大阪地裁 14時半:傍聴券抽選

1月28日(火) 市民の手例会 18時半 神戸・水岡事務所(「元町」北7分)

129日(水) 517いたみホール憲法フェスタ相談会 19時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1月30日(木) 高浜原発再稼働反対行動

1月31日(金) ガザとともに~人道危機に対し何が出来るか 18時半 ドーンセンター5F特別会議室(地下鉄「天満橋」東5分)

Img005_20200112010001

21日(土) 大逆事件映画『百年の谺』上映会  13時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

21日(土) 自衛隊中東派兵反対!緊急抗議行動 14時半 三宮マルイ前

21()  戦争法廃止いたみアクショントークイベント 14時 ことば蔵・地下ホール(阪急「伊丹」北東7分・JR「伊丹」北西7分) お話し:桜井周衆議院議員

2月1日(土) 大阪の教育を語り合おう~鈴木大裕さんとともに 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15)

22日(日) 伊丹市病院統廃合 市民への説明会 10時 いたみホール(阪急「伊丹」北3)

22日(日) 武庫川ユニオン春闘学習会 13時半 リベル(阪神「出屋敷」北1分)

22日(日) 神戸原発集会 第一部 毎日新聞・高橋記者に聞く 第二部 兵庫県下の脱原発グループの意見交換会  13時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

22日(日) 高橋あこ議会報告会 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15)

2月2日(日) 社民党兵庫県連旗開き 12時 神戸市内

Img002_20200112005901 22日(日) 平和まつりin灘 雨宮処凛Vs川元志穂 14時 シマブン・ホール(シマブンビル4階 阪神「岩屋」南すぐ、JR「灘」駅南3分)

 

25() 再開あこカフェ 10時 高橋あこ事務所 (阪急「新伊丹」西15)

28() 高橋あこ議会報告会 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15)

28() 市民デモHYOGO運営委員会 10時 神戸市生活創造センター(JR「新長田」南8分)

28() 大島淡紅子市政報告会 「おーちゃんの市政レポート&交流会」 10時 宝塚・花王園(阪急「山本」北西線路沿い3分)

28()  遡り日本近代史講座 11時 宝塚売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分)

28日(土) 菱山南帆子講演会 13時 小田南生涯学習プラザ(旧小田地区会館JR「尼崎」南8分)

2月8日(土)  日本の食と農が危ない! 売り渡される食の安全 14時 大阪府社会福祉会館 講演:山田正彦(元農水大臣)Img013

28日(土) 森友事件真相トーク 籠池泰典・諄子夫妻&佐藤弁護士 13時半 神戸・農業会館(JR・阪神「元町」南7分)
        集会後、モリカケ、桜、カジノ疑惑を許さない緊急デモ 16時半 市民デモHYOGOも合流

2月8日(土) あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 守口市西部コミュニティセンター(地下鉄「太子橋今市」南5分)

2月8()  「れいわ現象」左派ポピュリズムの登場? 13時半 高槻市生涯学習センター(阪急「高槻市」西南7)  講演:伊藤公雄(京大名誉教授) 中村克己(イタリア政治思想史)

2月9()  あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 こうべまちづくり会館(JR・阪神「元町」西南7分、阪急「花隈」南3分)) 

 

2月10日(月)  辺野古署名実行委 18時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

2月11日(火・休) 建国記念日反対闘争大阪 13時 大淀コミュニティセンター(阪急・地下鉄「天六」西7) 講演:高島伸欣

Img011211日(火・休) 北上あきひと県政報告会 里山の可能性 14時 アステホール 講演:服部保(兵庫県立大名誉教授) 報告:川西自然教室・さつきやま森の学び舎

212日(水) 517いたみホール憲法フェスタ第1回実行委員会 19時 いたみホール会議室(阪急「伊丹」北3分)

2月12日(水)  自由法曹団兵庫支部2月例会「表現の不自由展と表現の自由」 18時半 神戸婦人会館(「高速神戸」北3分)つばき 中谷雄二弁護士(名古屋共同法律事務 所)講演 申込先:神戸合同法律事務所 ☎078-371-0171(松山)

2月13日(木) 旧優生保護法による強制不妊・中絶手術国賠訴訟第6回期日 15時開廷、神戸地裁(湊川神社の東側) 傍聴抽選整理券配布は開廷1時間前頃

213日(木) 連帯兵庫みなせん世話人会

215日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15) 

2月15日(土) 徳田康之(ハンセン病家族訴訟弁護団共同代表)講演会「ハンセン病問題と私たちの責任」14時 兵庫保険医協会(JR「元町」駅東口を南へ7分神戸フコク生命海岸通ビル5階)会議室 

2月15日(土)  安倍改憲NO!市民アクション東灘学習会 14時 東灘区民センター(JR「住吉」東南すぐ) 講演:坪井兵輔(阪南大准教授)

215日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 総会&講演会 13時半 宝塚中央公民館(宝塚市役所西となり、阪急「逆瀬川」からバスで6分、歩いて12分)

215日(土) 猪名川クリーン作戦 940分~11時半 猪名川公園北側 猪名川公園河川敷

2月16日(日) 立憲民主党大会

2月16日(日) おおつる求伊丹市議 議会報告&意見交換会 10時 稲野センター(阪急「稲野」西南5分) 15時 いたみホール・大和室(阪急「伊丹」北3分)

216日(日) 植村邦彦講演会「資本主義野終わりをどう生きるか」 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)Img007

 

2月17日(月)~18日(火) 関西合同労組春闘行動

◇〇217() 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南西5)

2月18日(火) 神戸の大逆事件研究会 18時 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

2月22日(土)~23日(日) 社民党全国大会

222日(土) 立憲尼崎カフェ(29の可能性も)

Img004_20200112010101 222日(土) モリ・カケ・サクラ 政治の底割れと社会の劣化 14時 アクア文化ホール(阪急「曽根」東4分) 対談:高村薫(作家)×青木理(ジャーナリスト)

223()  神戸市議会での沖縄決議採択のためのスタートアップ集会 18時 兵庫県県私学会館・大ホール(JR「元町」北2分) 記念講演:稲嶺進(オール沖縄会議共同代表、前名護市長)

 

224日(月・休) 第4回・狭山事件の再審を実現しよう市民のつどい in 関西 13時 エル・シアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話し:石川一雄、早智子 袴田ひで子 講演:林力 ほか

3月1()  三里塚の今を語る 14時 エル大阪5階研修室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話:市東孝雄、大口昭彦

◇〇31日(日) 浪江消防団物語『無念』上映とトークの集い 945分 尼崎市中央北生涯学習プラザ(バス停「総合医療センター」西2分)

31日(日) 安田真理と学ぶ会「3月ジャーナリズムについて」 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) お話し:安田真理

 

Img008 3月7日(土) 拡大辺野古署名実行委 18時 神戸市勤労会館

37日(土) 護憲派が自衛隊とどう向き合うか 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:柳沢恭二(元防衛官僚)

38()  さよなら原発関西アクション 13時 エルおおさか大ホール

 

39日(月) 尼崎地区労春闘学習会 18時半 リベル会議室(阪神「出屋敷」北1分)

314日(土) 兵庫たたかう仲間の集会 13時半 兵庫県中央労働センター(弁護士9条の会)

314日(土) 芦屋憲法集会 14時 リード芦屋(阪神「芦屋」北3分) 講演:羽柴修

2020年1月19日 (日)

本日13時半、市民デモHYOGO新年交流会、神戸たちばな職員研修センターで

 Img004_20200105215001 本日13時半から、こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGOの新年交流会が開かれる。
 そこでは、憲法、沖縄、原発、反貧困の4つの分科会が開かれるとともに、後半は「あたらしい市民運動の展望」と題する報告と討論が行われる。2020年にはいり1団体増えは44団体になった市民デモHYOGOが、韓国参与連帯の運動に学び、市民運動・社会運動のローカルセンターをめざすという報告・討論会だ。
 実はその大きなきっかけとなったのは、昨年10月30日に、東京から白石孝さんを呼んでの討論会だった。そこで活発な質問・討論が行われ、その1人が、韓国ろうそく革命の牽引車となった参与連帯の日本版を目指すべきとの報告をまとめてくれた。このレポートを中心に、日本の市民運動・社会運動に欠けているものを抉りながら、安倍打倒・政権交代を目指そう、そのローカルセンターをつくろうという内容になる。
 そんな折、その集会の報告者の白石孝さんが『写真集 キャンドル革命』を出版したとの報が入った。
 今日の集会には間に合わないが、その記事を紹介する。

 

韓国で政権交代を勝ちとった闘いの記録『写真集キャンドル革命』(日本版)出版なる

    白石孝

 

 重さ1.1キロ、A5判311頁の本が出来た。
 写真集というと、写真がメイン。しかし、この本は「写真」に加えて「記録」に 大きな意味が込められている。もちろん、写真だけでも素晴らしい。特に、被写体 の一人ひとりの表情や目線に心が惹きつけられる。怒り、訴え、共感、カップルや 家族や仲間の愛、注視、歓喜などすべてに表情があり、目線に人そのものを感じる。

 韓国では「一人デモ」や「街頭(社前)記者会見」という運動スタイルがある。 どちらも、無届集会禁止などへの対抗手段として日常的に行われている。ただ「一 人デモ」といっても、まったく一人ではない。10分間や20分間は一人でメッセージ ボードなどを持って立つが、リレー式に仲間がつないでいくので、多くの人が共に 担っているのだ。私もかつて政府合同庁舎の通用口付近に30分ほど立ったことがあ るが、背後に仲間の視線を感じて、不思議な一体感を持つことができた。


*白石孝さん(左)と出版社・コモンズ代表大江正章さん

 「キャンドル革命」は、その一人デモの壮大な積み重ねとも言える。いちどきに 100万人、最大では230万人が集まり、徹頭徹尾平和裏に行われた市民の集会は、世 界でも稀とされている。それは、単なる数ではない。一人ひとりが意思を持ち、そ れが合わさった強靭な力を持っている。

 「記録」は「圧巻」だ。1910年の日本による強制併合に対して、1919年3月1日に 独立宣言を発して独立運動が広がり、1945年8月の日本敗戦、そして朝鮮戦争を経て、 韓国の戦後が始まる。それから続く保守政権や独裁政権と立ち向かい、1987年に民 主憲法を制定したが、まだ本格的な民主化は達成されなかった。さらに、30年の時 を経て迎えたのが2016年冬から17年春のかけての「キャンドル」だ。ここで初めて、 大衆運動によって民主政権の樹立が実現し、多くの社会運動の積み上げによって民 主的政策がつくられていく。

 本書は、その経過と内容を時系列的に記述することを通して、「キャンドル」の 真髄を示している。だから私は「写真集」+「記録集」と呼ぶことにする。

*キム・イェスル〈著〉、キム・ジュヒョンほか〈写真〉、パク・ノヘ〈監修〉、 白石孝〈日本語版監修・解説〉、韓興鉄〈訳〉 定価:本体3400円+税、B5変形判、312ページ
→発行 コモンズ
→著者メッセージ動画 https://youtu.be/oX2NkwTMOXQ

2020年1月18日 (土)

25年目の1・17 全国でも追悼のつどい

1月17日「25年目にも引き継がれる課題を前進させるため立ち止まらない」

 今朝は、6434人の死者を出した阪神・淡路大震災から25年目の1.17を迎え、下知地区減災連絡会の呼びかけで、青柳公園で1.17追悼の集いを開催しました。
 この集いは、追悼イベントは以前は県内各地で行われていたが、20年目の節目に次々と終了する中で、「風化させない」ために2015年から細々と行ってきましたが、今年は地域外の方も含めて今までで最も多い約20人が参加してくれました。
 黙とうで犠牲者を悼んだ後、下知地区減災連絡会副会長でもあり、当時兵庫県宝塚市で被災した皆本隆章さんから、体験談を語って頂きました。
 「発生時は激しい縦揺れで何もできなかった。建物が倒れたら死ぬかもしれないと思った。今年の神戸での追悼式では『刻む』という文字がともされている。震災を刻み次の世代に伝え続けて、南海トラフ巨大地震に備えていきたい。震災を次の世代に伝え、南海大地震に向けて何か行動を起こすきっかけにしてほしい。地域で助け合う関係性もつくっていきたい」と話して下さいました。
 日頃、地域の防災活動に参加されている方ばかりではなく、「自分でも、これに参加することならできる」との思いで、参加して頂いたご近所の方もおられました。
 今朝の朝日新聞の社説には、「6434人の尊い命が失われた阪神・淡路大震災は、防災・復興対策が見直され、さまざまな仕組みがつくられていく契機となった災害だった。」で始まり、「生活再建。人間の復興。誰も取り残さない――。この間さまざまなスローガンが掲げられてきた。空文に終わらせぬため、立ち止まってはいられない。」という言葉で締めくくられています。
 私達も、今朝の集いを、その課題を、「わがこと」として、具体化に向けていくため、立ち止まらないことの契機にしていきたいと思います。

2020年1月17日 (金)

木曜行動報告

1月16日(木)15時~16時半、三宮マルイ前で定例行動に取り組みました。今季一番と思われる寒さの中、12名が参加しました(先週19名)。いつも車で幟や横断幕やシール投票板三脚を運んでくれるIさんが14日(火)に入院されたので、今日はポスターと拡声器だけで、シール投票は画板を持ってやりました。リレースピーチは5人が交互に行い、チラシは280枚(先週320枚)を配布しました。用意したチラシ全部を撒けなImg004_20200105215001かったのは13週間ぶりでした。
   署名は、改憲発議反対署名が13筆、辺野古請願署名が5筆の計18筆(先週22筆)。シール投票は、「20日からの国会で、自衛隊中東派遣・桜疑惑・IR疑惑を追及するよう求めますか?」を問い、「求めます」が24票、「求めません」が0票、「わかりません」が2票の計26 票(先週87表)。過去最少(23票が3回)は上回りましたが、最近では昨年8月22日の41票以来の少なさでした。自由意見欄には、「安倍相、あなたは社会主義者らしいですね。国家社会主義(ナチス)ですか」と1名(先週7名)の方が書き込まれました。やはり、幟も幕もないと通行者は何をしているか分からず、その上に寒いとポケットから手が出ず、チラシの受け取りもシール投票も悪いようです。Iさんの入院は3週間ほど続きますから、来週以降どうするか憂鬱です。今更ながら、Iさんの貢献度の大きさを感じます。
   19日(日)13時半~17時、たちばな職員研修センター(湊川神社の西。あすてっぷKOBEの西隣)にて市民デモHYOGOの新年交流会があります。終了後の17時半から18時半、JR元町駅東改札口南広場で自衛隊中東派遣に抗議するスタンディングを行います。よろしければご参加ください。

2020年1月16日 (木)

山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察庁ナンバー2に!~リテラ

山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察庁ナンバー2に!『報ステ』に圧力、安倍秘書の息子の喧嘩にまで介入した“官邸の忠犬”


山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察庁ナンバー2に!『報ステ』に圧力、安倍秘書の息子の喧嘩にまで介入した官邸の忠犬の画像1
警察庁ナンバー2に中村格が!(警察庁HP)


 ついに、あの“官邸の忠犬” “政権の爪牙”が警察庁ナンバー2の座に就く。昨日14日、警察庁長官に松本光弘次長、警視総監に斉藤実副総監が昇格する人事が閣議で承認されたが、同時に警察庁次長に中村格官房長が就くことがわかったからだ。

 次長というと長官のたんなる補佐役のように受け取られがちだが、実際にはその権力は絶大で、指揮監督は全国におよび、事実上、警視総監以上の権限をもつ。しかも、予算をはじめ人事や政策立案まで握るポジションであり、さらに出世コースとしては次期長官が約束されたも同然だ。

 そのポストに官邸の忠犬たる中村氏が就く──。この人事に、憤りを覚える人はきっと多いはずだ。

 というのも、中村氏といえば、昨年12月に東京地裁で勝訴した伊藤詩織さん事件で山口敬之氏の逮捕を潰した最重要キーマンだからだ。

 あらためて振り返ると、元TBS記者で「安倍首相にもっとも近いジャーナリスト」と呼ばれていた山口敬之氏から性暴力を振るわれたという伊藤さんの相談を受け捜査を担当していた高輪署の捜査員が、2015年6月8日、逮捕状を持って成田空港で山口氏の帰国を待ち構えていた。ところが、この逮捕直前に上層部からストップがかかった。この逮捕取りやめを指示したのが、当時、警視庁刑事部長だった中村氏だった。実際、山口氏の逮捕を取りやめるよう指示したことについて、本人が「週刊新潮」(新潮社)の直撃に対し、「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と認めているのである。

 伊藤さんの著書『Black Box』(文藝春秋)には、伊藤さんが直接、中村氏への取材を二度試みたくだりが出てくるのだが、それによれば、中村氏は一切の説明をせずに逃げたのだという。

〈出勤途中の中村氏に対し、「お話をさせて下さい」と声をかけようとしたところ、彼はすごい勢いで逃げた。人生で警察を追いかけることがあるとは思わなかった。
私はただ、答えが欲しいのだ。中村氏にはぜひ、「私のした判断は間違いではなかった。なぜなら……」ときちんと説明して頂きたい。なぜ元警視庁刑事部長の立場で、当時の自分の判断について説明ができず、質問から逃げるばかりなのだろうか?〉(『Black Box』より)

 結果的に事件は2015年8月に書類送検され、山口氏は翌年7月22日付けで嫌疑不十分で不起訴処分に。逮捕寸前まで行った事件が、このように中村氏の逮捕取りやめ指示によって“ブラックボックス”のなかに押し込められてしまったのである。

 そして、この中村氏による逮捕取りやめ指示の背景にあるとみられてきたのが、中村氏と菅義偉官房長官の関係だ。中村氏は第二次安倍政権発足時に菅官房長官の秘書官をつとめており、“菅の懐刀”と言われてきた。

 その深い関係を象徴するのが、『報道ステーション』(テレビ朝日)の古賀茂明降板事件だ。2015年、IS人質事件に関してレギュラーコメンテーターだった古賀氏は安倍首相が「『イスラム国』と戦う周辺国に2億ドル出します」と宣戦布告とも取られかねない発言をおこなったことを批判。さらに「まぁ私だったら“I am not ABE”(私は安倍じゃない)というプラカードを掲げて、『日本人は違いますよ』ということを、しっかり言っていく必要があるんじゃないかと思いましたね」と発言した。

 この発言に官邸は大激怒。本サイトでも当時伝えているが、「菅官房長官の秘書官」が番組編集長に電話をかけまくり、編集長が出ないと今度はショートメールで「古賀は万死に値する」という、恫喝をかけた。その「菅官房長官の秘書官」が中村格氏だったのである。

『報ステ』に圧力メール、安倍首相秘書の息子のために「ゲーセンのケンカ」に捜査一課を投入

 

 古賀氏は著書『日本中枢の狂謀』(講談社)のなかで、この『報ステ』に恫喝メールを送った「菅官房長官の秘書官」が中村氏であることを明かし、こう綴っている。

〈一月二三日の最初の「I am not ABE」発言の直後、なんと番組放送中に、まず中村格官房長官秘書官(当時)から、報道局ニュースセンター編集長の中村直樹氏に電話があったという。たまたま中村編集長が電話を取り損ねると、今度はショートメールが入った。テレ朝関係者に聞いた話では、その内容は「古賀は万死に値する」といったような、強烈な内容だったそうだ。〉
〈報道によると、この日、菅官房長官は、秘書官と一緒に官邸で番組を見ていたそうだ。その真偽はさておき、仮に直接聞いていなくても、私の発言を知れば、菅官房長官が激怒することは容易に推測できる。
 秘書官としては、アリバイ作りのためにも、すぐに抗議しておかなければならない。それが秘書官の務めだ。そこで、とにかく放送中にアクションを起こしたことを菅官房長官に示すため、ショートメールを送ったのではないか、といわれている。〉

 つまり、菅官房長官によるメディア圧力の実行部隊として中村氏は動いてきた人物でもあるのだ。その後、中村氏は警視庁刑事部長として伊藤さんの事件の逮捕状を握り潰したわけだが、この一件にとどまらず、中村氏は安倍政権の“秘密警察”と化してきた。

 たとえば、中村氏がやはり刑事部長だった2015年、中村氏の指示により、安倍首相の秘書の息子が被害者となったゲームセンターでの喧嘩になんと凶悪犯罪を扱う捜査一課が投入され、強引に容疑者逮捕に及んだと昨年11月に「週刊新潮」が報道。記事によると、事情聴取で被害者の父親が「安倍総理の秘書をしていた」と話し、その報告書が本部に上げられたため中村部長が大騒ぎ。〈被害者は安倍(晋三)総理の秘書の息子さんなんだ。すぐに逮捕して欲しい〉と捜査一課長に精鋭を招集させた。そして、当時は東京・三鷹の小学校教諭の男性が児童に対する強制わいせつなどの疑いで逮捕されメディアでも大きく報じられたのだが、その捜査が大詰めを迎えていたときに釣宏志・捜査一課長が捜査員を呼び出し、こう命じたのだという。

〈三鷹をちょっと止めて別の件をやって欲しいんだ。世田谷署管内のゲームセンターで子供が殴られた。すぐやってくれ。(加害者を)3日で逮捕しろ。これは中村刑事部長のご下命だ〉  続きはリテラで

2月2日までの行動 安倍政権退陣にむけ、市民の闘いは目白おしだ

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

毎週土曜日 14時半~15時半 辺野古新基地反対神戸市請願署名 125日から

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

1月14日~18日  日本共産党大会

1月16()  三里塚裁判 14時 東京高裁Img002_20200105215101

117()  関生弾圧裁判 10時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10)

117日(金) 第11期沖縄意見広告発足集会 18時 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 報告:安次富浩・伊波洋一

1月18() 「遺伝子を編集した食物を食べさせられるの?」講演会 13時半 兵庫県教育会館(ラッセホール)5(JR・阪神「元町」北8) 講演:天笠啓佑(日本消費者連盟)

118日(土) 阪神・淡路大震災25周年の集い 13時 西宮勤労会館(JR[西宮」南西5分、阪神「西宮」東6]   講演:小出裕章ほか

1月18()  高作先生と学ぶ会「今、改めて『戦後補償』を問う」 14時 神戸学生青センター(阪急「六甲」北東3分)

1月18日(土) 新社会党兵庫県本部旗開き 18時 兵庫県民会館(JR・阪神「元町」北6分)

◇1月18日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)講師:石割信雄(大学講師)

Img004_20200105215001119日(日) 市民デモHYOGO新年交流会 13時半 神戸・たちばな職員研修会館(高速神戸)北西」5分) イラン戦争反対行動 17時半 JR元町南

1月19日(日)  憲法改悪反対市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR梅田駅南

119日(日)  国会開会前市民アクション 安倍政治を終わらせよう! 市民集会&デモ 14時 新町北公園(地下鉄「本町」南西7分)

 

120日(月)  通常国会開幕

120日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5)

121日(火) みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

122日(水) 27菱山南帆子トークイベント実行委 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

1月24日(金) 幸徳秋水刑死109年忌墓前祭 12時半 四万十市中村  講演会 14

125日(土) 中川ともこと歩む会総会 13時半 宝塚市立中央公民館(宝塚市役所西向い、阪急「逆瀬川」東へ12分)

125()  高橋あこ市政報告会 10時 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)

1月25日(土)  梅田解放区デモ 17時半 豊崎西公園 1750分デモ出発 HEP5へ

◇〇125日(土) 狭山北東5分)再審北摂キャラバン 10時 JR・阪急宝塚歩道橋上 12時 川西能勢口 14時 阪急伊丹  16時 阪急豊中  18時半 「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」上映会 茨木WITH YOU

1月25日(土) 2020社会主義ゼミナール IN 近畿  18時半 ドーンセンター視聴覚室(地下鉄「天満橋南東7分」) 報告:斎藤幸平大阪市立大准教授

126日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20)

126日(日) 関西合同労組春闘集会 13時 西宮・若竹文化会館(JR「西宮」北東5分)

126日(日) 北上あきひと新春の集い 12時半 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)

127日(月) 関西電力不正マネーの起訴を求める大阪地検行動 13時 大阪地検前(JR「福島」東南7分)

127日(月) 放射線被害からの「避難の権利」を求めて 18時半 北区民センター(JR環状線「天満」西2分) お話し:森松明希子(福島避難者)

127日(月) 憲法懇談会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

Img002_20200112005901 128日(火) 「戦争法」違憲訴訟判決 15時 大阪地裁 14時半:傍聴券抽選

1月31日(金) ガザとともに~人道危機に対し何が出来るか 18時半 ドーンセンター5F特別会議室(地下鉄「天満橋」東5分)

21日(土) 大逆事件映画『百年の谺』上映会  13時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

◇2月1日(土)  戦争法廃止いたみアクション・トークイベント 14時 ことば蔵・地下ホール(阪急「伊丹」北東7分・JR「伊丹」北西7分) お話し:桜井周衆議院議員

2月1日(土) 大阪の教育を語り合おう~鈴木大裕さんとともに 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15)

22日(日) 伊丹市病院統廃合 市民への最終説明会 10時 いたみホール(阪急「伊丹」北3)

22日(日) 武庫川ユニオン春闘学習会 13時半 リベル(阪神「出屋敷」北1分)

22日(日) 神戸原発集会 毎日新聞・高橋記者に聞く 13時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

22() 再開アコカフェ 15時 高橋あこ事務所 (阪急「新伊丹」西15)

22日(日) 平和まつりin灘 雨宮処凛Vs川元志穂 14時 シマブン・ホール(シマブンビル4階 阪神「岩屋」南すぐ、JR「灘」駅南3分)

 

2020年1月15日 (水)

今年の重大課題 大阪市消滅構想を粉砕しよう~山下慶喜ブログより重引

大阪都構想の「最悪のシナリオ」は隠蔽されている

 大阪市を廃止して四つの特別区に分割する「大阪都構想」の議論が大詰めを迎える中、特別区の運営が破綻する懸念が浮上してきた。大阪都構想を推し進める「大阪維新の会」は、人口約270万人の大阪市を人口70万人規模の特別区に分割することに「ニア・イズ・ベター」の理念を掲げるが、現実はその逆で、財政的に困窮した特別区は住民サービス削減に迫られ、市民生活はレベルダウンする可能性が高い。この「最悪のシナリオ」を、「大阪維新の会」だけでなく行政ぐるみで隠蔽したまま、大阪市廃止に向かう手続きを進めている。

■自治体運営の根幹が議論されていない

 特別区の財政問題は、大阪都構想について話し合う「大都市制度(特別区設置)協議会」(通称・法定協議会)の場で、大阪市議会の自民党会派副幹事長、川嶋広稔市議が追及して発覚した。政令指定都市の大阪市を廃止して設置される四つの特別区について、各特別区の運営に最低どれぐらいの費用が必要なのか、自治体運営の基本である「基準財政需要額」が計算されていないというのだ。

 大阪都構想に関しては、大阪府と大阪市の職員80人で構成する「副首都推進局」が事務局となり、4特別区の財政シミュレーションを行い「特別区素案」として公表している。2017年9月、法定協議会に提出された特別区素案では、大阪市を4分割することで発生する「分割コスト」は年41億~48億円と試算しているが、これはシステム運用経費の増大分や、特別区庁舎として新たに民間ビルに間借りする経費で、分割コストの一部に過ぎない。分割によって財政コストがどれぐらい増大するのか、全体像を知る手掛かりとなる「基準財政需要額」について、副首都推進局は計算するのを避けてきた。

 「基準財政需要額」とは、人口、面積などから算出された「これぐらいの規模の自治体であれば、最低これぐらいの費用は必要だ」というナショナルミニマムの金額であり、教育費、厚生費、土木費など公共が支える生活インフラの費用である。日本の地方自治体は、地方交付税法に基づいて「基準財政需要額」を算出し、税収がそれに足りなければ、国が地方交付税を払って補うという形で運営されている。

■基準財政需要額を計算しない官僚

 大阪都構想は「大都市制度改革」とされているが、行政改革ならば、大阪市を廃止して設置する4特別区の基準財政需要額を算出したうえで、現在の大阪市の基準財政需要額と比較をし、「特別区になった方がいいのか、政令指定都市の大阪市のままの方がいいのか」を検討するのは当然のことである。特別区は政令市のような権限もなく財源も乏しい。大阪府から財源を融通してもらって運営するという危なっかしい構造の基礎自治体なのだから、「特別区の財政がどうなるのか」は、はっきりさせておかなくてはならない。

 しかし、2013年2月から始まった大阪都構想の法定協議会では、一度たりとも具体的な基準財政需要額が議論の俎上に上ったことはない。法定協議会は大阪府知事、大阪市長ほか、大阪府議、大阪市議で構成されるが、府市両首長をはじめとする「大阪維新の会」の委員らは、新しく作る特別区という基礎自治体が運営していけるか否かの根本的な部分を議論の対象から外し、「特別区長は選挙で選ばれるのだからしっかり運営するはずだ」などと特別区長に責任を集約する主張をしてきた。

 川嶋市議は「基準財政需要額は非常に複雑な仕組みで、正確な計算は財政のプロしかできない。副首都推進局には何度も計算を頼んだが応じてもらえなかった。計算をしてしまうと、大阪市よりも4特別区になった方が財政コストがかかるとはっきりし、特別区素案の財政シミュレーションが成り立たないのを明らかにしてしまうからだ」と話す。つまり、与党である「大阪維新の会」の政策方針に逆風となるため、官僚としてはやりたくないわけである。

■自民党会派の独自試算では200億円のコストアップ

法定協議会でパネルを掲示しながら基準財政需要額の試算の必要性を訴える川嶋市議=11月5日、大阪府庁、川嶋市議提供
 そこで、自民党大阪市議団は独自で試算を実行。9月12日の法定協議会で川嶋市議は「大阪市を廃止して4特別区になれば、行政運営コストは200億円ぐらい増大する」と独自試算の結果を公表した。「大阪維新の会」は、大阪都構想によって大阪府と大阪市の二重行政が解消されて無駄が無くなるかのようにアピールしているが、現実の行政業務では、大阪市を廃止しても行政経費は減るどころかますます膨らむのだ。家計に置き換えれば、4人家族が一緒に暮らしていたところ、4人バラバラに分かれれば生活費は高くつくということになるだろう。

 この「200億円」という数字は、面積、人口などに基づき算出される基準財政需要額のうち、計算しやすい人口部分だけを取り出しており、厳密な試算ではないが、川嶋市議は「少なくとも法的根拠に基づき試算したもので、副首都推進局の作成した特別区素案のような机上の空論ではない。これまで基準財政需要額がどうなるかという議論をしてこなかったのは、非常に恐ろしいことだ」と言う。11月5日の法定協議会でも改めて基準財政需要額の算出を求めたが、法定協議会で過半数を持つ「大阪維新の会」の委員らは、「今さら基準財政需要額を出せとはちゃぶ台返しの議論だ」などと反論した。

 基準財政需要額の増大が深刻な問題なのは、増大分が国の地方交付税で補填されないことだ。国の方針で進められた市町村合併と違い、「大阪市の廃止・分割」は大阪府市独自の自治体再編なので、行政コストが増大しようが、特別区庁舎の建設が必要になろうが、その費用にはいっさい国の援助はない。財源の乏しい特別区が自らの責任で何とかするしかなく、住民生活にそのしわ寄せが行くのは明白だ。

■果たして大阪都構想は「行政改革」なのか?

 大阪都構想は最初、大阪市を五つの特別区に分割する計画だった。2015年5月、大阪市民の住民投票で否決された後、「五つがダメなら四つだ」と安直な練り直しが行われ、来年秋に2度目の住民投票が行われる見通しだ。「大阪維新の会」によって大阪都構想が政策の表舞台に出てからまもなく10年になろうとしているが、特別区は東京にしかないので「どんな基礎自治体なのか」が大阪の住民は未だに実感がない。一般市民が分かりにくい状況に乗じて、「特別区の闇」を隠蔽したまま2度目の住民投票に突き進むのでは、大阪都構想は「大都市制度改革」と呼べるようなものではない。

・・・・続く・・・・・

2020年1月14日 (火)

大久保利通の玄孫、吉田茂の孫=麻生副総理は最悪~政治家の劣化が止まらない

1月14日「相変わらずの暴言、偏見にあきれる自民副総裁」

 何故、この人は、このような発言しかできないのだろうかと、常々考えさせられます。
 12日に、麻生太郎副総理兼財務相は、地元の福岡県直方市であった成人式来賓あいさつで「皆さんがた、もし今後、万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃ済まねえぞ。間違いなく。姓名がきちっと出て『20歳』と書かれる。それだけはぜひ頭に入れて、自分の行動にそれだけ責任が伴うということを、嫌でも世間から知らしめられることになる。それが二十歳(はたち)だ」と言及したとのことで、マスコミで報道されています。
 多分、本人は、批判されると「責任感を強く持て」と言いたかったと言い訳するのだろうが、例えることがあまりに不適切ではないのかと誰もが思うのではないでしょうか。
 「新成人」という門出を祝うのに、もつとふさわしい言葉があってしかるべきであるはずだし、このような言葉を発することしかできない人が、首相も経験した政治家となれば、若者の政治家への不信感は高まるばかりではないだろうか。
 落語家の立川談四楼は「『皆さんがた、もし今後、万引きでパクられたら名前が出る。少年院じゃすまねえぞ。間違いなく』って麻生太郎さん、それ新成人への祝福でも激励でもなく、恫喝ですから。何ですその『パクられる』という言い草は。そうか、あなたが率いる財務省の誰も『パクられて』ないから、安心して使ってるわけね」とツィートしており、それに対する「この発言に続きを加えるとしたら・・・『まあ、大きすぎる悪はパクられねぇけどな!(笑)』」とのリツィートもあります。
 さらに、翌13日には、同直方市と飯塚市で開いた国政報告会で「2千年の長きにわたって一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と述べ、政府が、昨年5月にアイヌ民族を「先住民族」と明記したアイヌ施策推進法を施行しており、政府方針と矛盾する発言をしています。
 総務相時代の2005年にも「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」と発言し、北海道ウタリ協会(当時)から抗議を受けたという経緯もあるだけに、過去の幾多の暴言・失言の繰り返しなど、反省や学ぶと言うことのできない政治家でもありながら、副総裁として頂く自民党という政党の体質が問われています。
 そして、このような政治家の連続当選をこれ以上許すのかどうかも問われています。

注目したい日本共産党大会

きょうから第28回党大会

写真

(写真)準備が進む日本共産党第28回大会会場=13日、静岡県熱海市

 日本共産党はきょうから静岡県熱海市の伊豆学習会館で第28回大会を開きます。会期は18日までの5日間で、前回より1日長くなります。綱領一部改定案、第1決議案、第2決議案の大会諸決議案とそれについての中央委員会報告を討議・採択し、綱領と大会決議の具体化、実践の先頭にたつ新しい中央委員会を選出します。

 綱領の改定は、2004年の第23回党大会での全面改定以来、16年ぶり。今回は世界情勢論を中心に行い、それとの関係で未来社会論の一部を改定するものです。また、野党連合政権に向けた話し合いのよびかけを受け、各党との党首会談が実現するなかで大会を迎えます。大会では、野党連合政権の実現を掲げてたたかう総選挙に勝利するための大方針が示されます。また、党躍進の歴史的条件をくみつくし、党創立100周年を迎えるための方針も議論されます。

 前回大会につづき、野党各党・会派の代表らが来賓あいさつします。

 現地では、会場内の照明や音響の最終チェックが進み、全国から参加する代議員の座席設営などの準備が整いました。会場の入り口では看板も備え付けられ、休憩所の設営も進みました。

 大会初日は午後1時開会です。

ライブ中継

きょう・あす ご視聴ください

 日本共産党大会の模様は、党内通信などでライブ中継されます。

 1日目は、14日午後1時から。党大会へのあいさつ、野党各党・会派代表らの来賓あいさつ、綱領一部改定案、第1決議案にたいする中央委員会報告を見ることができます。

 2日目は、15日午前10時から。来賓あいさつ、第2決議案の中央委員会報告、午前中の討論の一部が中継されます。県・地区委員会の事務所などで視聴できます。

 日本共産党のホームページ(ユーチューブ)からもリアルタイムで視聴できます。ぜひご覧ください。

 ライブ中継は、「党大会特集」ページからご確認ください。
 ⇒ https://www.jcp.or.jp/web_info/2020-28th-congress.html

2020年1月13日 (月)

行動の紹介 1月28日は戦争法違憲訴訟判決日

 

皆様にお願いがございます。

裁判の傍聴に是非来ていただきたいのです。

「戦争法違憲訴訟」が、来る128日に判決公判を迎えます。その公判の傍聴をして下さい。201668日の提訴以来13回の公判を重ねてきました。522日には私も意見を述べさせていただき、昨年99日に結審しました。

なし崩し的改憲である「安保法制」を許さず、来年の改憲発議を止める裁判でもあります。どうか皆様方、128日は大阪地裁にお集まり下さい。お願いします。

 

戦争法違憲訴訟」第13回判決公判

大阪地裁大法廷 

2020128日午後3時より

手荷物検査と傍聴券のため 

午後2時に大阪高裁前集合

 

 

 

昨日12日、大阪では、北村小夜さん講演会と、安倍やめろデモ

 Img_0144 安倍政権とトランプ政権の迷走と暴走が危惧される2020年、1日も早くアベノタイジンを実Img_0148 現しようと、1月12日全国一斉デモが行われた。新宿では室井佑月も参加で3000人、大阪では最終的に400人。一方戦前軍国少女から戦後障がい者教育を中心に教育運動を続けてきた北村小夜さん、御年94才の2時間余の講演会&奥野・山口支援集会も会場一杯の100人(阪神間からも15人)が参加の大盛況であった。

以下は安倍退陣を求める大阪の行動の一部の紹介(たたかうあるみさんブログより)
 
Dsc03968
 で、また公園に戻って来た…人数は、主催者もきちんと数えていない。なんか出発時より大幅に増えている!目測では400名弱というところか。とにかく、事前宣伝があまりなされな中で、これだけの人が集まり、また雨も降らないでデモが貫徹できたぞ!。解散前のあいさつは、隣にある産経新聞が、安倍が辞めれば少しはマトモになるだろう…ってなおちゃらけなお話もあって終わった。
 同時行動の「新宿占拠」には3000人が集まったそうだ…Y!ニュース毎日新聞
 「戦争に加担するな」「改憲を止める」 新宿で安倍首相退陣求めるデモ

 終了後、主催者さんと梅田解放区の参加メンバー、肉球新党 さんの人たちとちょっと交流…主催者さんは何と、デモ初参加!+初主催!という若い人。なんでも「新宿占拠!」のツイッターを見て、これ大阪でもやりたい!とリツイートしたら、あれよあれよという間に支持・支援が広まって大阪・御堂筋占拠!を主催するようになったとか。もちろん、デモ経験者とかから直接メールでのアドバイスを受けながら、自分で警察に行き、デモ申請もやってきたとのこと。それでいてすごくおとなしそうな人でもあった。それでも今日、もし来なかったら自分一人でもやるぞ!という気持ちを持っていたそうな。
 こうゆう人が現れてきた…ということは、やはり世の中が変わりだしたということだ。あきらめないで、安倍瀬政権を打倒しよう!

2020年1月12日 (日)

3月1日までさらに充実のスケジュール 自衛隊をホルムズ海峡に出すな!安倍は退陣を!

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

1月12日(日)  山口・奥野さんを支援する会総会 北村小夜さん講演会 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分)Img005_20200105215001

112日(日)  桜を見る会闘争・尼崎 14時 阪神尼崎駅前

 

113(月・休) 28菱山南帆子集会成人式チラシ配布 915分 尼崎スポーツセンター

1月13日(月・休) 糟谷孝幸君追悼50周年集会 13時半 PLP会館(JR「丹間」南7分)

114日(火) 関生弾圧公判 10時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10)

1月14日(火)  神戸市の敬老パス廃止反対!署名集め行動 14時 三宮・マルイ前

1月14日(火)  神戸市議会沖縄決議のための署名実行委 18時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

1月15日(水)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

1月15日(水)  紛争地で生きる人々と私たちの社会 安田純・藤原亮司 19時 神戸青年学生センター(阪急「六甲」北東3分)

1月16()   三里塚裁判 14時 東京高裁

117()  関生弾圧裁判 10時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10)

Img002_20200105215101 117日(金) 第11期沖縄意見広告発足集会 18時 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 報告:安次富浩・伊波洋一

1月18() 「遺伝子を編集した食物を食べさせられるの?」講演会 13時半 兵庫県教育会館(ラッセホール)5(JR・阪神「元町」北8) 講演:天笠啓佑(日本消費者連盟)

118日(土) 阪神・淡路大震災25周年の集い 13時 西宮勤労会館(JR[西宮」南西5分、阪神「西宮」東6]   講演:小出裕章ほか

1月18()  高作先生と学ぶ会「今、改めて『戦後補償』を問う」 14時 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

1月18日(土) 新社会党兵庫県本部旗開き 18時 兵庫県民会館(JR・阪神「元町」北6分)

◇1月18日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)講師:石割信雄(大学講師)

119日(日) 市民デモHYOGO新年交流会 13時半 神戸・たちばな職員研修会館(高速神戸)北西」5分)  
         イラン戦争反対行動 17時半 JR元町南

119日(日)  国会開会前市民アクション 安倍政治を終わらせよう! 市民集会&デモ 14時 新町北公園(地下鉄「本町」南西7分)

 

120日(月)  通常国会開幕

120日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5)

121日(火) みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

122日(水) 27菱山南帆子トークイベント実行委 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

1月24日(金) 幸徳秋水刑死109年忌 墓前祭 12時半 四万十市中村幸徳秋水墓前  講演会 14

125日(土) 中川ともこと歩む会総会 13時半 宝塚市立中央公民館(宝塚市役所西向い、阪急「逆瀬川」東へ12分)

125()  高橋あこ市政報告会 10時 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)

◇〇125日(土) 狭山北東5分)再審北摂キャラバン 10時 JR・阪急宝塚歩道橋上 12時 川西能勢口 14時 阪急伊丹  16時 阪急豊中  18時半 「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」上映会 茨木WITH YOU

1月25日(土) 2020社会主義ゼミナール IN 近畿  18時半 ドーンセンター視聴覚室(地下鉄「天満橋南東7分」) 報告:斎藤幸平大阪市立大准教授

126日(日) 小柳ひさし後援会演芸大会 10時 武庫地区会館(阪急「武庫之荘」北西20分)

126日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20)

126日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 浄土宗大林寺(阪急「清荒神」北15分)

 

126日(日) 関西合同労組春闘集会 13時 西宮・若竹文化会館(JR「西宮」北東5分)

126日(日) 北上あきひと新春の集い 12時半 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)

126日(日) 綿瀬和人新春の集い 尼崎中小企業会館(阪神「尼崎」北東4分)

1月26()   社民党大阪府連 新春の集い13時半 PLP会館(JR「天満」南6分) 

 

127日(月) 関西電力不正マネーの起訴を求める大阪地検行動 13時 大阪地検前(JR「福島」東南7分)

127日(月) 放射線被害からの「避難の権利」を求めて 18時半 北区民センター(JR環状線「天満」西2分) お話し:森松明希子(福島避難者)

127日(月) 憲法懇談会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

128日(火)  「戦争法」違憲訴訟判決 15時 大阪地裁 14時半:傍聴券抽選

1月28日(火) 市民の手例会 18時半 神戸・水岡事務所(「元町」北7分)

 

Img005_20200112010001 21日(土) 大逆事件映画『百年の谺』上映会  13時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

21()  戦争法廃止いたみアクショントークイベント 14時 ことば蔵・地下ホール(阪急「伊丹」北東7分・JR「伊丹」北西7分) お話し:桜井周衆議院議員

2月1日(土) 大阪の教育を語り合おう~鈴木大裕さんとともに 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15)

22日(日) 伊丹市病院統廃合 市民への最終説明会 10時 いたみホール(阪急「伊丹」北3)

22日(日) 武庫川ユニオン春闘学習会 13時半 リベル(阪神「出屋敷」北1分)

22日(日) 神戸原発集会 毎日新聞・高橋記者に聞く 13時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

2月2日(日) 社民党兵庫県連旗開き 12時 神戸市内

22() 再開アコカフェ 15時 高橋あこ事務所 (阪急「新伊丹」西15)

2Img002_20200112005901 2日(日) 平和まつりin灘 雨宮処凛Vs川元志穂 14時 シマブン・ホール(シマブンビル4階 阪神「岩屋」南すぐ、JR「灘」駅南3分)

 

〇2月8日(土) 市民デモHYOGO運営委員会 10時 神戸市生活創造センター(JR「新長田」南8分)

28() 大島淡紅子市政報告会 「おーちゃんの市政レポート&交流会」 10時 宝塚・花王園(阪急「山本」北西線路沿い3分)

28()  遡り日本近代史講座 11時 宝塚売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分)

Img002_2019121910440128日(土) 菱山南帆子講演会 13時 小田南生涯学習プラザ(旧小田地区会館JR「尼崎」南8分)

2月8日(土)  日本の食と農が危ない! 売り渡される食の安全 14時 大阪府社会福祉会館 講演:山田正彦(元農水大臣)

28日(土) 籠池泰典講演会 14時 神戸・農業会館(JR・阪神「元町」南7分)
集会後、モリカケ、桜、カジノ疑惑を許さない緊急デモ 16時半 市民デモHYOGOも合流

2月8日(土) あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 守口市西部コミュニティセンター(地下鉄「太子橋今市」南5分)

2月8()  「れいわ現象」左派ポピュリズムの登場? 13時半 高槻市生涯学習センター(阪急「高槻市」西南7)  講演:伊藤公雄(京大名誉教授) 中村克己(イタリア政治思想史)

2月9()  あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 こうべまちづくり会館(JR・阪神「元町」西南7分、阪急「花隈」南3分)) 

2月11日(火・休) 建国記念日反対闘争大阪 13時 大淀コミュニティセンター(阪急・地下鉄「天六」西7) 講演:高島伸欣

211日(火・休) 北上あきひと県政報告会 里山の可能性 14時 アステホール 講演:服部保(兵庫県立大名誉教授) 報告:川西自然教室・さつきやま森野学び舎

2月12日(水)  自由法曹団兵庫支部2月例会「表現の不自由展と表現の自由」 18時半 婦人会館(「高速神戸」北3分)つばき 中谷雄二弁護士(名古屋共同法律事務所)講演 申込先:神戸合同法律事務所 ☎078-371-0171(松山)

2月13日(木) 旧優生保護法による強制不妊・中絶手術国賠訴訟第6回期日 15時開廷、神戸地裁(湊川神社の東側) 傍聴抽選整理券配布は開廷1時間前頃。連絡先:優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会 ☎078-341-9545

2月15日(土)徳田康之(ハンセン病家族訴訟弁護団共同代表)講演会「ハンセン病問題と私たちの責任」14時 兵庫保険医協会(JR「元町」駅東口を南へ7分神戸フコク生命海岸通ビル5階)会議室 

215日(土) 猪名川クリーン作戦 940分~11時半 猪名川公園北側 猪名川公園河川敷

2月16日(日) 立憲民主党大会

216日(日) 9条改憲阻止共同行動・植村邦彦講演会 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)

 

2月17日(月)~18日(火) 関西合同労組春闘行動

◇〇217() 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南西5)

2月18日(火) 神戸の大逆事件研究会 18時 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

222日(土) モリ・カケ・サクラ 政治の底割れと社会の劣化 14時 アクア文化ホール(阪急「曽根」東4分) 対談:高村薫(作家)×青木理(ジャーナリスト)

Img004_20200112010101223()  神戸市議会での沖縄決議採択のためのスタートアップ集会 18時 兵庫県県私学会館・大ホール(JR「元町」北2分) 記念講演:稲嶺進(オール沖縄会議共同代表、前名護市長)

 

224日(月・休) 第4回・狭山事件の再審を実現しよう市民のつどい in 関西 13時 エル・シアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話し:石川一雄、早智子 袴田ひで子 講演:林力 ほか

3月1()  三里塚の今を語る 14時 エル大阪5階研修室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話:市東孝雄、大口昭彦

◇〇31日(日) 浪江消防団物語『無念』上映とトークの集い 945分 尼崎市中央北生涯学習プラザ(バス停「総合医療センター」西2分)

31日(日) 安田真理と学ぶ会「3月ジャーナリズムについて」 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) お話し:安田真理

行動日程再録

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

1月12日(日)  山口・奥野さんを支援する会総会 北村小夜さん講演会 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分)Img005_20200105215001

112日(日)  桜を見る会闘争・尼崎 14時 阪神尼崎駅前

 

113(月・休) 28菱山南帆子集会成人式チラシ配布 915分 尼崎スポーツセンター

1月13日(月・休) 糟谷孝幸君追悼50周年集会 13時半 PLP会館(JR「丹間」南7分)

114日(火) 関生弾圧公判 10時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10)

1月14日(火)  神戸市の敬老パス廃止反対!署名集め行動 14時 三宮・マルイ前

1月14日(火)  神戸市議会沖縄決議のための署名実行委 18時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

1月15日(水)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

1月15日(水)  紛争地で生きる人々と私たちの社会 安田純・藤原亮司 19時 神戸青年学生センター(阪急「六甲」北東3分)

1月16()   三里塚裁判 14時 東京高裁

117()  関生弾圧裁判 10時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10)

Img002_20200105215101 117日(金) 第11期沖縄意見広告発足集会 18時 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分) 報告:安次富浩・伊波洋一

1月18() 「遺伝子を編集した食物を食べさせられるの?」講演会 13時半 兵庫県教育会館(ラッセホール)5(JR・阪神「元町」北8) 講演:天笠啓佑(日本消費者連盟)

118日(土) 阪神・淡路大震災25周年の集い 13時 西宮勤労会館(JR[西宮」南西5分、阪神「西宮」東6]   講演:小出裕章ほか

1月18()  高作先生と学ぶ会「今、改めて『戦後補償』を問う」 14時 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

1月18日(土) 新社会党兵庫県本部旗開き 18時 兵庫県民会館(JR・阪神「元町」北6分)

◇1月18日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)講師:石割信雄(大学講師)

119日(日) 市民デモHYOGO新年交流会 13時半 神戸・たちばな職員研修会館(高速神戸)北西」5分)  
         イラン戦争反対行動 17時半 JR元町南

119日(日)  国会開会前市民アクション 安倍政治を終わらせよう! 市民集会&デモ 14時 新町北公園(地下鉄「本町」南西7分)

 

120日(月)  通常国会開幕

120日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5)

121日(火) みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

122日(水) 27菱山南帆子トークイベント実行委 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

1月24日(金) 幸徳秋水刑死109年忌 墓前祭 12時半 四万十市中村幸徳秋水墓前  講演会 14

125日(土) 中川ともこと歩む会総会 13時半 宝塚市立中央公民館(宝塚市役所西向い、阪急「逆瀬川」東へ12分)

125()  高橋あこ市政報告会 10時 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)

◇〇125日(土) 狭山北東5分)再審北摂キャラバン 10時 JR・阪急宝塚歩道橋上 12時 川西能勢口 14時 阪急伊丹  16時 阪急豊中  18時半 「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」上映会 茨木WITH YOU

1月25日(土) 2020社会主義ゼミナール IN 近畿  18時半 ドーンセンター視聴覚室(地下鉄「天満橋南東7分」) 報告:斎藤幸平大阪市立大准教授

126日(日) 小柳ひさし後援会演芸大会 10時 武庫地区会館(阪急「武庫之荘」北西20分)

126日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20)

126日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 浄土宗大林寺(阪急「清荒神」北15分)

 

126日(日) 関西合同労組春闘集会 13時 西宮・若竹文化会館(JR「西宮」北東5分)

126日(日) 北上あきひと新春の集い 12時半 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)

126日(日) 綿瀬和人新春の集い 尼崎中小企業会館(阪神「尼崎」北東4分)

1月26()   社民党大阪府連 新春の集い13時半 PLP会館(JR「天満」南6分) 

 

127日(月) 関西電力不正マネーの起訴を求める大阪地検行動 13時 大阪地検前(JR「福島」東南7分)

127日(月) 放射線被害からの「避難の権利」を求めて 18時半 北区民センター(JR環状線「天満」西2分) お話し:森松明希子(福島避難者)

127日(月) 憲法懇談会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

128日(火)  「戦争法」違憲訴訟判決 15時 大阪地裁 14時半:傍聴券抽選

1月28日(火) 市民の手例会 18時半 神戸・水岡事務所(「元町」北7分)

 

Img005_20200112010001 21日(土) 大逆事件映画『百年の谺』上映会  13時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

21()  戦争法廃止いたみアクショントークイベント 14時 ことば蔵・地下ホール(阪急「伊丹」北東7分・JR「伊丹」北西7分) お話し:桜井周衆議院議員

2月1日(土) 大阪の教育を語り合おう~鈴木大裕さんとともに 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15)

22日(日) 伊丹市病院統廃合 市民への最終説明会 10時 いたみホール(阪急「伊丹」北3)

22日(日) 武庫川ユニオン春闘学習会 13時半 リベル(阪神「出屋敷」北1分)

22日(日) 神戸原発集会 毎日新聞・高橋記者に聞く 13時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

2月2日(日) 社民党兵庫県連旗開き 12時 神戸市内

22() 再開アコカフェ 15時 高橋あこ事務所 (阪急「新伊丹」西15)

2Img002_20200112005901 2日(日) 平和まつりin灘 雨宮処凛Vs川元志穂 14時 シマブン・ホール(シマブンビル4階 阪神「岩屋」南すぐ、JR「灘」駅南3分)

 

〇2月8日(土) 市民デモHYOGO運営委員会 10時 神戸市生活創造センター(JR「新長田」南8分)

28() 大島淡紅子市政報告会 「おーちゃんの市政レポート&交流会」 10時 宝塚・花王園(阪急「山本」北西線路沿い3分)

28()  遡り日本近代史講座 11時 宝塚売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分)

Img002_2019121910440128日(土) 菱山南帆子講演会 13時 小田南生涯学習プラザ(旧小田地区会館JR「尼崎」南8分)

2月8日(土)  日本の食と農が危ない! 売り渡される食の安全 14時 大阪府社会福祉会館 講演:山田正彦(元農水大臣)

28日(土) 籠池泰典講演会 14時 神戸・農業会館(JR・阪神「元町」南7分)
集会後、モリカケ、桜、カジノ疑惑を許さない緊急デモ 16時半 市民デモHYOGOも合流

2月8日(土) あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 守口市西部コミュニティセンター(地下鉄「太子橋今市」南5分)

2月8()  「れいわ現象」左派ポピュリズムの登場? 13時半 高槻市生涯学習センター(阪急「高槻市」西南7)  講演:伊藤公雄(京大名誉教授) 中村克己(イタリア政治思想史)

2月9()  あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 こうべまちづくり会館(JR・阪神「元町」西南7分、阪急「花隈」南3分)) 

2月11日(火・休) 建国記念日反対闘争大阪 13時 大淀コミュニティセンター(阪急・地下鉄「天六」西7) 講演:高島伸欣

211日(火・休) 北上あきひと県政報告会 里山の可能性 14時 アステホール 講演:服部保(兵庫県立大名誉教授) 報告:川西自然教室・さつきやま森野学び舎

2月12日(水)  自由法曹団兵庫支部2月例会「表現の不自由展と表現の自由」 18時半 婦人会館(「高速神戸」北3分)つばき 中谷雄二弁護士(名古屋共同法律事務所)講演 申込先:神戸合同法律事務所 ☎078-371-0171(松山)

2月13日(木) 旧優生保護法による強制不妊・中絶手術国賠訴訟第6回期日 15時開廷、神戸地裁(湊川神社の東側) 傍聴抽選整理券配布は開廷1時間前頃。連絡先:優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会 ☎078-341-9545

2月15日(土)徳田康之(ハンセン病家族訴訟弁護団共同代表)講演会「ハンセン病問題と私たちの責任」14時 兵庫保険医協会(JR「元町」駅東口を南へ7分神戸フコク生命海岸通ビル5階)会議室 

215日(土) 猪名川クリーン作戦 940分~11時半 猪名川公園北側 猪名川公園河川敷

2月16日(日) 立憲民主党大会

216日(日) 9条改憲阻止共同行動・植村邦彦講演会 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)

 

2月17日(月)~18日(火) 関西合同労組春闘行動

◇〇217() 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南西5)

2月18日(火) 神戸の大逆事件研究会 18時 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

222日(土) モリ・カケ・サクラ 政治の底割れと社会の劣化 14時 アクア文化ホール(阪急「曽根」東4分) 対談:高村薫(作家)×青木理(ジャーナリスト)

Img004_20200112010101223()  神戸市議会での沖縄決議採択のためのスタートアップ集会 18時 兵庫県県私学会館・大ホール(JR「元町」北2分) 記念講演:稲嶺進(オール沖縄会議共同代表、前名護市長)

 

224日(月・休) 第4回・狭山事件の再審を実現しよう市民のつどい in 関西 13時 エル・シアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話し:石川一雄、早智子 袴田ひで子 講演:林力 ほか

3月1()  三里塚の今を語る 14時 エル大阪5階研修室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話:市東孝雄、大口昭彦

◇〇31日(日) 浪江消防団物語『無念』上映とトークの集い 945分 尼崎市中央北生涯学習プラザ(バス停「総合医療センター」西2分)

31日(日) 安田真理と学ぶ会「3月ジャーナリズムについて」 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) お話し:安田真理

2020年1月11日 (土)

「桜を見る会あまがさき招待状」の元号表記、5人の呼びかけ人は撤回・謝罪を

  Img_0131 昨年12月15日ある会合で、「桜を見る会あまがさき」なる企画が進んでいることを知った。桜を見る会批判は重要だが、一過性のものやパロディ化はせずに、安倍を本当に追い詰めるものにしてほしいと関係者に意見を伝えた。その後メールが来たが、縮小された招待状は目にがいかずにいた。年明け改めて「招待状」が配信され、野党5人の呼びかけ人の名前の下に「〇WA元年十二月」と「〇WA」の所にはしっかり元号が使用されていることに驚いた。さっそく配信人に元号表記の誤りと、集会場で撤回・謝罪を求めたが音沙汰なく、昨日「尼崎地区労2020新年旗開き」で元号使用の招待状が配られているので、改めて驚き慌てた。
 昨年来、改元で菅官房長官が〇WAおじさんと呼ばれ人気が出たり、安倍が「万歳」を唱える一連の天皇代替わり儀式と、東京五輪での国威発揚のためのスポーツキャンペーンが、安倍政治の一環として進んでいる。その際使用されるのは「〇WA初の××」というフレーズと、「日の丸」・「君が代」に他ならない。間もなく始まる「聖火リレー」は全国をその県を代表する著名人が走り、沿道では子どもが「日の丸」をふり、メダル獲得には「君が代」に涙する選手が映し出されるだろう。このキャンペーンが、安倍のモリカケ、桜、カジノ疑獄隠し、支持率アップに使われることは間違いない。スキャンダルでの支持率低下を帳消しということだ。その裏で海上自衛隊が旭日旗を掲げて中東に派遣される。野党第一党の党首が伊勢神宮に参拝する。~あらためてこの国と社会が、人権が尊重され人々の暮らしが第一の社会なのか、天皇を頂点にした権威で序列づけられ、元号使用、「日の丸・君が代」総翼賛、そうでない人々はImg_0078 「非国民」とされるの社会なのかが、問われている。
 その新年早々、「桜を見る会あまがさき招待状」なるものが、野党5人の議員(1人は昨年の候補者)から元号表記で発送されるとは、もはやパロディではなく悪夢ではないのか。今さら改めて天皇制国家日本がアジア人民に筆舌に尽くしがたい苦しみを与え、今も謝罪や補償をしていない事を「知らないのか」と野党議員に問おうとは思わない。知っていたが、「元号使用など大きな問題でない、それとこれとは違う」と考えていたら大きな誤りで、その誤りを正してほしいと願わずにはおれない。
 新年早々、党大会を控え注目の集まる日本共産党の志位委員長は、ゴーンの国外逃亡に対し、この国の人質司法をを批判するのではなく保釈制度が甘いと批判し、日本共産党内外からの批判を受け謝罪し撤回した。「過ちを犯さば、改むる憚ることなかれ」で、志位委員長のような「左翼エリート」が誤りをみとめ謝罪するそのいさぎよさが、左派・リベラル勢力に問われているのではないか。尼崎の日本共産党や新社会党や社会民主党などの5人の議員呼びかけ人は、この志位委員長のように率直に誤り認め謝罪・撤回するのか、それとも安倍晋三のように頬かむりしてしらを切り「無かった事にする」のかが問われていると思う。
 最後に今年10月には、明治天皇にたいする大逆罪でデッチアゲで死刑にされた幸徳秋水ら12名と、12名の無期懲役囚を偲んで「第5回大逆事件サミット」が、神戸で開催される。神戸でも2名の犠牲者がおり(ほとんどの人は、事実も名前も知らないが)、その足跡をたどることを通じて、天皇制の暴虐と人権の普遍性を考えていく営みとして、隔月の研究会がなされ、2月1日には大逆事件映画の『百年の谺』が上映される。無名の人々の犠牲と無名の人々の営みは地下水脈のように続いている。議員・弁護士というそれなりの社会的地位を持つ「桜を見る会あまがさき」の呼びかけ人の元号使用は、これらの人々の営みも踏みにじる行為であると思う。
 「桜を見る会あまがさき招待状」の呼びかけ人5人の、率直な謝罪と撤回を求めたい。
                                 2020年1月11日 「社会運動情報阪神」ブログ管理人

写真 上は1・10尼崎地区労旗開き 下は1・1関生弾圧粉砕大阪府警抗議闘争~いずれも本文とは直接関係ありません
 

2020年1月10日 (金)

2020年初の木曜行動 19人参加 シール投票は6週連続の70票超え

  1月9日(木)15時~16時半、今年初めての木曜行動に取り組みました。割と暖かい日でしたが、さすがに16時頃から寒くなりました。参加者は19名(前回18名)、チラシは用意した320部すべて撒き切りました(前回420部)。署名は3千万署名が12筆、辺野古請願署名が109 10筆程度の計23筆程度(前回25筆)ありました。
   シール投票は、「危険な中東に自衛隊を派遣する政府の方針に賛成ですか?」を問い、「賛成です」が11票、「反対です」が75票、「わかりません」が1票の計87票(前回134票)と、6週連続の70票超え、新記録でした(これまでは5週連続が1度)。最初に「賛成です」に貼られた20代と思われる男性2人連れ、「本当は反対なのですが、友人がタンカーに乗船しているので自衛隊に守ってほしいから」と話されていました。自由意見欄には、「安倍は政権降りろ」、「安倍さんは司令官殺害した米トランプに抗議の声を上げ、平和のために尽くせ」、「派遣ヤメロ」、「安倍さん、反対です」、「対米従属ならぬ隷属ですね。安倍首相こそ反日日本人です。国民は見ています」、「自分自身が中東に行くのをやめたのに、自衛隊員を行かせるのは、どういうことだ。武器を持った組織は国際平和につながらない」、「戦争を私物化しているのは誰?トランプ、アベ、・・・」と7名(前回23名)の方が書き込まれました。
   11日(土)10時~12時、新長田合同庁舎(JR/地下鉄新長田駅から南へ8分)にて、市民デモHYOGO世話人会があります。どなたでも出席歓迎します。

2020年1月 9日 (木)

トランプは戦争行為をやめろ 自衛隊派兵反対

イラン 米軍駐留基地を攻撃   

イラク国内 ミサイル着弾 ~しんぶん『赤旗』

 【ワシントン=遠藤誠二、カイロ=秋山豊】米国防総省は7日、米軍が駐留するイラク国内の二つの基地に、イランから10発以上の弾道ミサイルが発射され着弾したと発表しました。イランの革命防衛隊もイラクの米空軍基地に地対地ミサイルを発射したと発表。声明で「殉教者ソレイマニの名において」攻撃したとし、米軍によるソレイマニ司令官殺害への報復と位置づけました。


 事態は米・イラン両国の軍事的応酬に発展。緊張がいっそう高まっています。

 国防総省はホフマン報道官の声明を発表。「これらミサイルは、イランから発射された」とし、標的は、イラクの首都バグダッド西方のアサドと北部クルド自治区のアルビルにある、米軍部隊が駐留するイラク軍基地だと報告。「米国要員と同盟国を守るために必要な手段をとる」としました。

 この時点で、米兵の死者や被害状況は報告されていません。

 米メディアは、トランプ大統領が、エスパー国防長官、ポンペオ国務長官と協議したと伝えました。トランプ氏はその後、「全員無事だ」とツイッターに投稿。「いまのところ問題ない」としました。大統領は8日朝(日本時間8日深夜)、イランの攻撃について見解を述べる予定です。

 トランプ氏はイラン側の報復攻撃前の5日、「イランが米軍基地や米国人を攻撃すれば、ためらうことなく素晴らしい最新鋭兵器を派遣する」と警告していました。

 イラン革命防衛隊はミサイル攻撃を発表した声明で、米国に対し、さらなる犠牲を避けるため、中東地域からの部隊の撤退を勧告。また、「(米国の)テロリスト軍に基地を提供する米国の同盟国に警告する。イランへの攻撃源として奉仕する同盟国は標的となる」とも主張しました。

 イランの最高指導者ハメネイ師は8日、首都テヘランでの演説で、今回のミサイル攻撃について「米国に平手打ちを浴びせた」と述べました。国営テレビは同日、今回のミサイル攻撃で「米部隊側の80人が死亡、200人が負傷した」と報じました。

 米野党民主党のペロシ下院議長は声明を発表し、「米兵の安全を守り、米政権による挑発をやめさせなければいけない。またイランへも暴力の停止を求める。米国と世界は戦争などをする余裕はない」と訴えました。

 米国の反戦運動連合体「戦争なき勝利」が声明を出し、イランと米国に対し「あらゆる軍事行動を直ちにやめ、戦争を選択しないよう」求めました。「イランとの戦争は地域全体をさらに不安定化させ、大量の人的被害をもたらす」と強調しました。

 

戦争に突き進むな

「派兵中止を」 総がかり行動実行委

写真

(写真)アメリカはイランへの軍事攻撃をやめろと声を上げる人たち=8日、東京・新宿駅西口

 緊迫する中東情勢を受けて「総がかり行動実行委員会」は8日、東京・新宿駅前で緊急街頭宣伝を行いました。「戦争反対」などと書かれたプラカードを手に多くの人が参加。市民や野党の代表がマイクを握って、関係各国は武力行使するなとアピールし、「安倍政権は今すぐ自衛隊の中東派遣を中止するべきだ」と声をあげました。

 主催者を代表して、「戦争をさせない1000人委員会」の藤本泰成さんがあいさつしました。中東情勢をめぐり、「絶対に武力行使をしてはいけない」と強調。「中東に自衛隊を派遣させるわけにはいきません。私たちは憲法9条のなかで、絶対に戦争はしないと決意してきました。大きな声をあげていこう」と力を込めました。

 ドイツ文学者・翻訳家の池田香代子さんをはじめ、さまざまな立場の市民4氏がスピーチしました。

 日本国際ボランティアセンター(JVC)の今井高樹代表理事は自衛隊の中東派遣にふれ、「有志連合に参加しないというが、現地から見れば、米国と軍事行動していると見えます。日本政府に、憲法9条をもつ国として軍事ではなく話しあいでの解決をと働きかけていきたい」と語りました。

 野党から、日本共産党の小池晃書記局長、立憲民主党の菅直人衆院議員がスピーチしました。

2020年1月 8日 (水)

カジノ導入の元祖は橋下徹維新創業者


カジノ疑惑で下地氏が現金受領…維新「生みの親」に火の粉

公開日: 更新日:

 

 

 



 




当時は超党派「カジノ議連」の副会長だった「日本維新の会」下地幹郎元郵政民営担当相(左)と橋下徹元大阪市長(C)共同通信社
当時は超党派「カジノ議連」の副会長だった「日本維新の会」下地幹郎元郵政民営担当相(左)と橋下徹元大阪市長(C)共同通信社
拡大する

 日本でのカジノ参入を巡って、「日本維新の会」の下地幹郎元郵政民営化担当相が6日、贈賄の疑いを持たれている中国企業「500ドットコム」からの現金受領を認めた。

 衆院選中の2017年10月中旬、職員が沖縄事務所でドットコム社の元顧問・紺野昌彦容疑者から現金100万円を受領。領収書を発行しようとしたが受け取りを固辞され、結局、領収書は発行せず収支報告書にも記載しなかったという。

 紺野容疑者はカジノ参入への便宜を期待したのだろう。下地氏は「自分はそのような立場にない」と否定したが、当時はカジノ推進派からなる超党派のカジノ議連副会長。14年の沖縄県知事選出馬の際も、「県民が納得できるものであれば(カジノを)誘致して沖縄の経済活性化に貢献させたい」と前向きだった。

 そもそも現金受領のタイミングは、安倍首相の「国難突破」解散のせいで、同年の臨時国会に提出予定だった「カジノ実施法案」が棚上げされた時期と重なる。ドットコム社が「カジノ実施をお願いします」とばかりに“裏金”を持参しても不思議ではないのだ。

■著書で「沖縄に譲る」と大胆提言

 維新の松井一郎代表も「裏金をもらったならけじめを」とし、「議員辞職すべき」と断じたほどだが、とばっちりを食いかねないのが、維新創設者の橋下徹元大阪市長だ。維新は大阪府・市でカジノ開設を目指しているのに、下地氏の現金受領後に刊行した著書で「沖縄にカジノを譲る」と言及したのだ。19年1月発行の「沖縄問題、解決策はこれだ!これで沖縄は再生する。」(朝日出版社)の中で橋下氏はこう書いている。

〈(カジノの)法律が成立する前の話ですけど、僕と松井府知事と菅官房長官で話をした時に、もし沖縄が手を挙げたら、沖縄には必ずIRを認めてあげなければならないね、という認識で一致していました〉〈もし沖縄のみなさんが、IRを沖縄でやらせてくれ!と声を上げれば、大阪は喜んで沖縄のみなさんにお譲りします〉  続きは日刊ゲンダイで

2020年1月 7日 (火)

反韓ヘイトの粉砕と、日韓共同の安倍打倒闘争へ~『未来』286号より

焦点
『反日種族主義』の思想実証主義による嫌韓ヘイト
請戸耕市

李栄薫(元ソウル大教授)編著『反日種族主義―日韓危機の根源』という書籍が日韓でヒットしている。韓国で7月に発売以来、各種ランキングで1位を記録、日本でも11月に発売し、アマゾンなどで1位となっている。 韓国の研究者らによる本だが、内容は嫌韓ヘイト本である。

徴用工はロマン!?

主な主張は以下― 〈徴用工は強制連行ではなく、志願ないし動員された労働者。日本人と同じ待遇を受けていた〉〈朝鮮人青年にとって日本はロマンであった〉
〈日本軍「慰安婦」は公娼制度。高賃金を受け取っており、性奴隷ではなかった〉
〈朝鮮半島から日本への米の搬出は、収奪ではなく、輸出〉
〈日本による土地調査事業は、収奪ではなく、所有権の確定作業〉
〈日本の植民地支配は、域内経済を開放・統合し、資本移動を促進、経済成長に貢献した〉
〈徴用工裁判の大法院判決は、基本的事実関係が事実ではなく、嘘の判決だ〉
要するに、日本の侵略戦争と植民地支配の歴史を肯定的に評価し、戦争責任・植民地支配責任は一切問う必要なし、という主張だ。
そして、日本の植民地支配責任を問う韓国民衆の声にたいしては、〈嘘をつく国民、嘘つきの学問〉と自虐的に罵る。

フェイク

共著の6人は、ソウル大などで経済史を専攻し博士の肩書きなどを持つ。また、実証主義(事実とデータに基づいて論証する)を標榜している。
しかし、その手法は、膨大な公開資料や研究成果に踏まえず、論争的には既に決着している知見を無視し、都合よく取捨選択した資料に依拠して、歴史をねつ造するやり方。学術的な装いを取っており、手は込んでいるが、百田尚樹や産経新聞と同類のフェイク。

種族主義?

「種族主義」という言葉は著者の造語。「民族主義」ではなく「種族主義」。「種族tribe」には、近代的西洋的な意味での民族と異なり、未開で固陋という蔑視観が込められている。つまり〈何の知性もなく、集団心理で嘘を広め、「反日」を騒いでいる〉という意味で「反日種族主義」と規定している。
「韓国の知識人が韓国民衆を蔑む」―これが本書の特徴である。
本書は、韓国での出版前から日本語版の出版が計画されていた。韓国・李承晩学堂(親米反共独裁の李承晩大統領の思想を称揚する機関)で行われたオンライン講義がもとになっている。この講義の映像には製作当初から日本語字幕が付けられていた。
そして、日本語版の版元が文芸春秋社、産経新聞編集委員の久保田るり子(安倍政権擁護、韓国叩きのプロパー)や拉致問題の「救う会」会長・西岡力が編集協力するなど、嫌韓ヘイトの安倍応援団と連携して出版されている。

「文明と野蛮の対決」

それにしても、何で韓国の研究者が?そして、なんでいまこんな本が?編著者である李栄薫の日本記者クラブでの来日講演(11月21日)がその疑問に答えている。〔傍線は引用者〕
「韓国はその歴史に原因がある重い病を患っています。個人、自由、競争、開放という先進的な文明要素を抑圧し、駆逐しようとする集団的、閉鎖的、共同体主義が病気の原因です。一言で言えば、文明と野蛮の対決です」「この国の自由民主主義体制は解体されるかもしれません。本『反日種族主義』は、そのような危機感から書かれました」

近代化論

「個人、自由、競争、開放」が「先進的な文明」であり、これに反対するのは「野蛮」であるという。典型的な近代化論、植民地近代化論というイデオロギー。
〈近代的個人、国民国家、産業と資本〉が成立し、社会が合理的に構成されて行くのが社会発展=近代化の方向であると信じ、それこそが「文明」であると全面肯定する考え方。
だから、帝国主義も、植民地支配、侵略戦争、資本攻勢も、「野蛮」を駆逐する「文明」の闘争として肯定される。そして、そこで流される血は、「文明」のための闘争という価値基準からすれば、些末なこととして切り捨てられる。

愚民観

このイデオロギーのポイントは、〈民衆は「愚昧」である〉という見方にある。〈愚昧な民衆には「先進的な文明」は理解できない。だから抵抗するが、そういう愚民には、「文明」化のための矯正・調教が必要である〉というのだ。
しかし、同時に、そういう見方の深層には、民衆の抵抗運動の中に「文明」を超える力が孕まれていることを直感した恐怖と敵意の心理がある。
このようなイデオロギーは新しくない。例えば、明治日本の支配層・知識人は、近代化論と民衆蔑視・敵視を基本としており、その下で天皇制支配、侵略戦争と植民地支配を正当化し、破壊と破局に突き進んだ。
今日、韓国の親日派と日本の支配層が、またぞろ近代化論と民衆蔑視・敵視で意気投合しているというわけだ。

文明の虚構

しかし、残念ながら彼らの信じる「文明」こそが虚構であり終焉であることを、「文明」世界のチャンピオン米国の現実とトランプという人格を通して、世界に知らしめている。
そして、韓国の民衆運動の中から、虚構の「文明」を突き破り、自主的な意志と力で、新しい社会と国際関係を構想する動きが始まっている。それがロウソク革命とその継続としての積弊清算のうねりである。まさに「この国の自由民主主義体制は解体される」のである。そのことへの恐怖と反動こそ、『反日種族主義』に他ならない。

戦争責任の再審を

戦後日本は、その再出発点において、戦争責任・植民地支配責任という重大問題を不問に付した。そのことによって、明治以来の天皇制と朝鮮侵略という日本の「国体」の問題を、本質的なところで、戦後体制に継続させてきた。また、そのことが、戦後の社会と運動の問題性・限界性(とりわけ主体性に関わる問題)を規定してきたと言える。そして、そういう諸問題の行き着いた先が、現在の安倍政治である。
換言すれば、ロウソク革命、徴用工裁判の大法院判決、日韓対立の激化、韓国における反安倍闘争という現下の展開は、戦後の再出発点において不問に付した問題を、国際階級闘争場裏に引きずり出し再審にかける絶好のチャンスである。
極右の側は、『反日種族主義』発刊を「歴史戦の武器」などと雀躍しているが、むしろ『反日種族主義』批判の言論戦をもテコに、日韓の反安倍闘争がようやく本格的に連携し、戦後日本の社会と運動の問題性・限界性を突破していくのである。

2020年1月 6日 (月)

カジノ汚職、下地幹夫衆議院議員(維新)が100万円受領認める

2020年1月6日(月)  しんぶん『赤旗』

広がるカジノ汚職

推進した政権の責任重大

写真

(写真)カジノ議連の総会=2016年10月12日、国会内

 カジノを中核とする統合型リゾート(IR)事業への中国企業の参入をめぐり、昨年末に秋元司衆院議員・元内閣府副大臣(IR担当)が収賄容疑で逮捕され政界に激震が走る中、年が明け、疑惑が一気に拡大しています。

 自民党や日本維新の会の5人の衆院議員に100万円前後の金が中国企業から渡ったと、贈賄容疑で逮捕されている中国企業関係者が供述していることが判明(4日)。供述では、秋元氏が300万円を受け取ったとされる2017年9月末ごろ、自民党の岩屋毅前防衛相や日本維新の会の下地幹郎衆院議員らにも、100万円前後の金を渡したとされています。

 疑惑がどこまで広がるのか予断できませんが、20日に召集が予定される通常国会で、徹底した疑惑解明が課題となります。

 またカジノ事業候補地が決まる前から、こうした重大な汚職疑惑が広がる根本にある、カジノ解禁・民営化をめぐる安倍政権の責任、政策の根本的見直しが問われます。

そもそも違法

 カジノは賭博場のことであり、賭博は本来、違法です。賭博が違法とされるのは、これを放置すれば人がまじめに働く意欲を失い依存症に陥るなど、ひいては社会全体が崩壊しかねないこと、けんかや殺人の原因にもなり治安の悪化や暴力団の資金源になるからです。

 競馬、競輪、オートレース、競艇、宝くじなどは賭博の一種ですが、それぞれ特別法によって公営賭博として「合法」とされてきました。ところがカジノ解禁は民営を前提としており「公設、公営、公益」のもとで「合法」とされてきたこれまでの法体系で説明できません。自民党や維新は、こうした疑問に答えないまま16年12月にきわめて短い質疑時間でカジノ解禁法を強行しました。「国策」として違法な事業を進める恐るべき決定でした。

 また、ギャンブル依存症の拡大、違法な資金洗浄(マネーロンダリング)、治安対策など、前提として解決されるべき諸問題についてまともな議論も対策もないままの強行でした。公明党は「自主投票」という形で協力しましたが、投票では山口那津男代表も「反対」せざるをえなかったのです。

癒着の可能性

 質疑の当時から、数兆円ともいわれるカジノの巨額利権をめぐり、業界と政治家、政府の癒着の可能性も指摘されていました。

 今回、まさに衆院内閣委員会委員長としてカジノ解禁法を強行し、その後IR担当の内閣府副大臣だった秋元氏やカジノ議連幹事長を務めてきた岩屋氏、一貫してカジノ推進で自民党に協力した維新の下地氏らに、疑惑が直撃しているのはまさに必然性のある状況といわれても仕方ありません。

 人の不幸や悲劇を食いものにするカジノを「成長戦略の目玉」などと位置づけ、深刻な国民的疑問を不問にして暴走した安倍政権の責任は極めて重大です。

カジノ=賭博場解禁の経緯(所属、名称などはいずれも当時)

 2001年12月  自民党議員36人が「公営カジノを考える会」(会長=野田聖子衆院議員)を結成

   02年6月   同会を「カジノと国際観光産業を考える会」と改称(同年12月に「国際観光産業としてのカジノを考える議員連盟」に再改称)

   04年6月15日 同議連が「ゲーミング(カジノ)法・基本構想(案)」を発表

   06年2月15日 自民党政調内に設置された「カジノ・エンターテイメント検討小委員会」(委員長=岩屋毅衆院議員)が初会合

    同年6月16日 同小委が「我が国におけるカジノ・エンターテイメント導入に向けての基本方針」策定

   10年4月14日 国会議員による超党派議連「国際観光産業振興議員連盟」(カジノ議連)が発足

   11年8月 同超党派議連がカジノを中心とした複合観光施設(IR)の国内整備のための議員立法「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(通称:IR推進法案=カジノ法案)を発表

   12年2月 自民党政調の内閣部会と国土交通部会の合同部会がIRをテーマに議論を開始

   13年9月 日本財団、三井不動産、鹿島建設、フジ・メディア・ホールディングスが政府の産業競争力会議国家戦略特区ワーキンググループに対し、東京臨海副都心に国際観光拠点を整備する「エンターテイメント・リゾート戦略特区」の設置を提案

    同年12月6日 臨時国会で自民、維新、生活の党が衆院にIR推進法案を共同提出。継続審議に

   14年4月28日 日本共産党の大門実紀史議員が参院決算委員会で、刑法が禁じる賭博場・カジノの合法化は、最悪のギャンブル依存症大国・日本で依存症をさらに増やすと厳しく批判

   15年4月28日 自民、維新、次世代の党が衆院に共同でIR推進法案(カジノ法案)を再提出

    同年10月 自民党の秋元司衆院議員が同党国土交通部会長に就任

   16年9月 秋元議員が衆院内閣委員長に就任

    同年12月1日 日本共産党の志位和夫委員長が記者会見で、カジノ法案はギャンブル依存症が深刻な日本社会に重大な影響を与え、経済効果も期待できないと断固反対を改めて表明

       同月2日 衆院内閣委でカジノ法案の採決を強行し可決

       同月6日 衆院本会議で同案が自公維の賛成多数で可決

       同月14日 共産、民進、自由、社民の野党4党が書記局長・幹事長会談を開き、安倍内閣不信任案提出とともに、カジノ法案の会期内成立を結束して阻止し廃案を目指すことで一致

          同日 参院本会議で同法案の修正案が自民、維新などの賛成多数で可決

       同月15日 衆院本会議で同法が自公維の賛成多数で可決・成立

       同月26日 同法施行。政府がギャンブル依存症対策を検討する関係閣僚会議を開催

   17年3月24日 政府の「特定複合観光施設区域整備推進本部」(本部長=安倍首相)が発足。内閣官房にIR推進室設置

    同年8月3日 第3次安倍晋三再々改造内閣が発足。同7日には秋元議員が国交副大臣に就任(内閣府のIR担当副大臣を兼務)

   18年4月27日 IR(カジノ)実施法案を閣議決定

    同年6月19日 衆院本会議で同実施法案が自公維などの賛成多数で可決

    同年7月20日 参院本会議で同実施法が自公維などの賛成多数で可決・成立

   19年12月25日 東京地検特捜部が秋元議員(同日自民を離党)を中国企業「500.com」社からの収賄の容疑で逮捕。その後、自民4人、維新1人の国会議員が同特捜部の事情聴取を受けていたことが判明

2020年1月 5日 (日)

元旦、大阪府警抗議闘争400人で闘われる~レイバーネット日本より

関西生コンつぶしの大弾圧を許さない元旦行動〜大阪府警グルグルデモ


*大阪府警ビル前の公園で大集会

 

 本日(1月1日)の「労働組合つぶしの大弾圧を許さない元旦行動-大阪府警グルグルデモ」は、約400名の参加者で大成功でした。滋賀・京都・兵庫・大阪など関西各地の参加者に加えて、「東海の会」も参加。

 主催者の全港湾大阪支部・樋口委員長あいさつの後、全日建関西生コン支部坂田副委員長から支援へのお礼と経過報告、闘う決意がありました。支援からは、京滋の会の稲村さん、東海の会、若狭の原発を考える会、自治体議員などから連帯あいさつが述べられ、なかまユニオンが呼びかけた会場カンパも多数寄せられました。
 ロックアクションの即興での演奏、郵政ユニオンや辺野古に基地を作らせない大阪行動の有志による替え歌で盛り上がり、全労協、港合同と発言が続きました。

 そして、集会後は、大阪府警をぐるりと一周する包囲デモで、抗議の声を上げ、大阪城公園に来ていた人々からも大きな注目を浴びました。最後に関西の実行委員会から行動の提起があり、一年のスタートに相応しい元気の出る行動になりました。(愛知連帯ユニオン)

新年おめでとうございます まずは3月1日までの集会・行動日程

 2020年こそ安倍政権を倒す年にしましょう。
 当ブログも10日間程の休暇をとって、再度活動開始。
 今年もよろしくお願いします。

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

11日(水・休) 関生弾圧元旦闘争 10時 大阪城公園教育塔前(地下鉄「谷町4丁目」東7分)  

15日(日)  立憲尼崎ビラまき 11時 塚口南   14時 園田

1月6日(月)  戦争アカン!ロックアクション 新春御堂筋デモ 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」南西7分)

19()   浪江町消防団物語『無念』上映とトークの集い IN 尼崎実行委結成集会18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

110日(金) 尼崎地区労旗開き 18時半 リベル(阪神「出屋敷」北1)

◎1月11日(土) 市民デモHYOGO定例運営委員会 10時 神戸市生活創造センター(JR「新長田」南8分)

111()  遡り日本近代史講座 11時 宝塚売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分) 2019通常国会安倍所信表明演説を読む

111日(土)  連帯労組関生支部旗開き 13時 学働館・関生(地下鉄「阿波座」西8)

Img005_20200105215101 1月12日(日)  北村小夜さん講演会 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15分)

112日(日)  桜を見る会闘争・尼崎 14時 阪神尼崎駅前

 

113(月・休) 28菱山南帆子集会成人式チラシ配布 915分 尼崎スポーツセンター

1月13日(月・休) 糟谷孝幸君追悼50周年集会 13時半 PLP会館(JR「丹間」南7分)

1月14日(火) 神戸市議会沖縄決議のための署名実行委 18時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

1月15日(水) 連帯兵庫みなせん世話人会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

1月15日(水)  紛争地で生きる人々と私たちの社会 安田純平・藤原亮司 19時 神戸青年学生センター(阪急「六甲」北東3分)

117日(金) 第11期沖縄意見広告発足集会 18時 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5Img002_20200105215101 分 JR「大阪天満宮」南15分) 報告:安次富浩・伊波洋一

1月18() 「遺伝子を編集した食物を食べさせられるの?」講演会 13時半 兵庫県教育会館(ラッセホール)5(JR・阪神「元町」北8) 講演:天笠啓佑(日本消費者連盟)

118日(土) 阪神・淡路大震災25周年の集い 13時 西宮勤労会館(JR[西宮」南西5分、阪神「西宮」東6]   講演:小出裕章ほか

1月18()  高作先生と学ぶ会2019「今、改めて『戦後補償』を問う」 14時 神戸学生青センター(阪急「六甲」北東3分)

1月18日(土) 新社会党兵庫県本部旗開き 18時 兵庫県民会館(JR・阪神「元町」北6分)

◇1月18日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分) 講師:石割信雄(大学講師)

119日(日) 市民デモHYOGO新年交流会 13時半 神戸・たちばな職員研修会館(高速神戸)北西」5分)

1月19日(日) 憲法改悪反対市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR梅田駅南

119日(日)  国会開会前市民アクション 安倍政治を終わらせよう! 市民集会&デモ 14時 新町北公園(地下鉄「本町」南西7分)

 

1月20日(月)  通常国Img004_20200105215001会開幕

120日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5)

121日(火) みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

◇1月22日(水) 2・7菱山南帆子トークイベント実行委 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

125日(土) 中川ともこと歩む会総会 13時半 宝塚市立中央公民館(宝塚市役所西向い、阪急「逆瀬川」東へ12分)

125()  高橋あこ市政報告会 10時 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)

◇〇125日(土) 狭山再審北摂キャラバン 10時 JR・阪急宝塚歩道橋上 12時 川西能勢口 14時 阪急伊丹  16時 阪急豊中  18時半 「SAYAMAみえない手錠をはずすまで」上映会 茨木WITH YOU

  125日(土) 2020社会主義ゼミナール IN 近畿  18時半 ドーンセンター視聴覚Img004 室(地下鉄「天満橋南東7分」) 報告:斎藤幸平大阪市立大准教授

126日(日) 小柳ひさし後援会演芸大会 10時 武庫地区会館(阪急「武庫之荘」北西20分)

126日(日) 第3師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第3師団西門(阪急「伊丹」西北20)

126日(日) 北上哲仁新春の集い 12時半 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)

126日(日) 綿瀬和人新春の集い 尼崎中小企業会館(阪神「尼崎」北東4分)

 

127日(月) 放射線被害からの「避難の権利」を求めて 18時半 北区民センター(JR環状線「天満」西2分) お話し:森松明希子(福島避難者)

127日(月) 憲法懇談会 18時 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分)

128日(火)  「戦争法」違憲訴訟判決 15時 大阪地裁 14時半:傍聴券抽選

21日(土) 大逆事件映画『百年の谺』上映会  13時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

21()  戦争法廃止いたみアクショントークイベント 14時 ことば蔵・地下ホール(阪急「伊丹」北東7分・JR「伊丹」北西7分) お話し:桜井周衆議院議員

2月1日(土) 大阪の教育を語り合おう~鈴木大裕さんとともに 13時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分 JR「大阪天満宮」南15)

22日(日) 伊丹市病院統廃合 市民への説明会 10時 いたみホール(阪急「伊丹」北3)

22日(日) 神戸原発集会 毎日新聞・高橋記者に聞く 13時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

2月2日(日) 社民党兵庫県連旗開き 12時 神戸市内

22() 再開アコカフェ 15時 高橋あこ事務所 (阪急「新伊丹」西15)

22日(日) 平和まつり灘 雨宮処凛Vs川元志穂 14時 シマブン・ホール(阪神「岩屋」南すぐ)

 

28() 大島淡紅子市政報告会 「おーちゃんの市政レポート&交流会」 10時 宝塚・花王園(阪急「山本」北西線路沿い3分)

28()  遡り日本近代史講座 11時 宝塚売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分)

Img002_20191219104401 28日(土) 菱山南帆子講演会 13時 小田南生涯学習プラザ(旧小田地区会館JR「尼崎」南8分)

2月8日(土) 籠池泰典講演会 14時 神戸・農業会館(JR・阪神「元町」南7分)

2月8日(土) あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 守口市西部コミュニティセンター(地下鉄「太子橋今市」南5分)

2月8()  「れいわ現象」左派ポピュリズムの登場? 13時半 高槻市生涯学習センター(阪急「高槻市」西南7)  講演:伊藤公雄(京大名誉教授) 中村克己(イタリア政治思想史)

2月9()  あいちトリエンナーレとTRANSKOBEのその後とそれから 14時 こうべまちづくり会館(JR・阪神「元町」西南7分、阪急「花隈」南3分)) 

 

2月11日(火・休) 建国記念日反対闘争大阪 13時 大淀コミュニティセンター(阪急・地下鉄「天六」西7) 講演:高島伸欣

211日(火・休) 北上あきひと県政報告会 里山の可能性 14時 アステホール 講演:服部保(兵庫県立大名誉教授) 報告:川西自然教室・さつきやま森野学び舎

2月12日(水)  自由法曹団兵庫支部2月例会「表現の不自由展と表現の自由」 18時半 婦人会館(「高速神戸」北3分)つばき 中谷雄二弁護士(名古屋共同法律事務所)講演 申込先:神戸合同法律事務所 ☎078-371-0171(松山)

2月13日(木) 旧優生保護法による強制不妊・中絶手術国賠訴訟第6回期日 15時開廷、神戸地裁(湊川神社の東側) 傍聴抽選整理券配布は開廷1時間前頃。連絡先:優生保護法による被害者とともに歩む兵庫の会 ☎078-341-9545

2月15日(土)徳田康之(ハンセン病家族訴訟弁護団共同代表)講演会「ハンセン病問題と私たちの責任」14時 兵庫保険医協会(JR「元町」駅東口を南へ7分神戸フコク生命海岸通ビル5階)会議室 

215日(土) 猪名川クリーン作戦 940分~11時半 猪名川公園北側 猪名川公園河川敷

2月16日(日) 立憲民主党大会

216日(日) 9条改憲阻止共同行動・植村邦彦講演会 14時 PLP会館(JR「天満」南7分)

 

◇〇217() 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南西5)

2月18日(火) 神戸の大逆事件研究会 18時 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

2月22日(土) 社民党全国大会

222日(土) モリ・カケ・サクラ 政治の底割れと社会の劣化 14時 アクア文化ホール(阪急「曽根」東4分) 対談:高村薫(作家)×青木理(ジャーナリスト)

223()  神戸市議会での沖縄決議採択のためのスタートアップ集会 18時 兵庫県県私学会館・大ホール(JR「元町」北2分) 記念講演:稲嶺進(オール沖縄会議共同代表、前名護市長)

 

224日(月・休) 第4回・狭山事件の再審を実現しよう市民のつどい in 関西 13時 エル・シアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話し:石川一雄、早智子 袴田ひで子 講演:林力 ほか

3月1()  三里塚の今を語る 14時 エル大阪5階研修室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) お話:市東孝雄、大口昭彦

◇〇31日(日) 浪江消防団物語『無念』上映とトークの集い 945分 尼崎市中央北生涯学習プラザ(県立尼崎総合医療センター西すぐ、バス停「総合医療センター」西2分)

31日(日) 安田真理と学ぶ会「3月ジャーナリズムについて」 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) お話し:安田真理

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村