« 森友文書、不開示は「違法」 大阪高裁 | トップページ | 山下慶喜さん高知紀行より写真引用 来年1月24日は幸徳秋水忌 高知にある小松丑次、岡林寅松の墓も訪ねます »

2019年12月18日 (水)

「森友裁判」(情報開示請求訴訟のちに国家賠償訴訟に切り替え)の控訴審「判決」、勝利したぞ

不当判決を予想して、「不当判決」の幟のみ、「勝訴」の幟を用意せす、公判と抗議行動を呼びかけてしまいました。すみません、「森友裁判」は全面勝訴でした。詳細はのちほど書きますね。大川弁護士も マスコミもびっくりでした。
・・・・・・・・・・・・・・
本当に驚きの裁判でした。

★木村真市議が原告となり、国を相手取って起こした「森友裁判」(情報開示請求訴訟のちに国家賠償訴訟に切り替え)の控訴審「判決」。
控訴審第一回で証人申請もすべて却下され、「議論は熟した」と告げられ、「控訴棄却」以外にあり得ないと臨んだのですが・・・・
なんとなんと、全面勝訴!!
以下のような判決文が読み上げられました。

★近畿財務局長が国有財産に関する情報公開を不開示にした行為は、事実の裏付けが不十分であり、職務上、通常尽くすべき注意義務を尽くすことなく、漫然と不開示の判断をしたことは国家賠償法上違法である。
また、原審(地裁の判決)で、土地の汚染を公表すれば、保護者の印象を悪くし、森友学園に不利益を与えるため、不開示にしたというのは抽象的であり、不開示の理由にはならない。

★不開示にされたことで、控訴人(木村真市議)は精神的苦痛を被ったと認められる。その苦痛を賠償するための慰謝料は10万円とする。

最初に「被控訴人は控訴人に11万円を支払う」と判決が言い渡されたとき、「?」、「誰が誰に支払うんやろ」と。
そして、主文が読み上げられ、「えっ、勝訴?」と思わず隣の平川さんや中山さんに。
そう、「勝訴」でした。思わず拍手して怒られましたが。。

法廷内で暴れるつもりで袋に隠し持っていた「不当判決」「恥を知れ」などのバナーやポテッカーは出さずしまいでした。
そして、「不当判決」の幟のみ用意し、「勝訴」の幟がないまま、マスコミの写真に応じる結果となりました。

大阪高裁の「棄却」を信じ切っていて(?)申し訳ありませんでした。
そして、応援ありがとうございました。
「森友学園問題を考える会」はますます頑張ります!!

« 森友文書、不開示は「違法」 大阪高裁 | トップページ | 山下慶喜さん高知紀行より写真引用 来年1月24日は幸徳秋水忌 高知にある小松丑次、岡林寅松の墓も訪ねます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森友文書、不開示は「違法」 大阪高裁 | トップページ | 山下慶喜さん高知紀行より写真引用 来年1月24日は幸徳秋水忌 高知にある小松丑次、岡林寅松の墓も訪ねます »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村